カナヲ目が点。 【鬼滅の刃】栗花落カナヲの強さを考察

【鬼滅の刃】しのぶとカナエと最後のお別れ。その時流れたカナヲの涙に感動した!

カナヲ目が点

注意この記事には『週刊少年ジャンプ』掲載分の『鬼滅の刃』のネタバレを含みます。 カナヲはしのぶとカナエというの命を奪った宿敵を倒したことにより、ふたりがくれた「仲間」という大切なものの価値を改めて認識します。 彼女は童磨を倒したことにより、精神的に大きく成長しました! またカナヲに倒された瞬間に、童磨は自分自身に欠けていた「愛」という「感情」を見出します。 彼が好きになった相手は何と、自分に毒を盛ったしのぶだったのです。 童磨の恋愛感情は歪んでいますが、なぜ 彼はしのぶに恋することになったのでしょうか? しのぶは童磨を憎んでいたため、ふたりがくっつく可能性はゼロなのでご安心を。 それよりもしのぶ様にはカナヲや蜜璃などの女の子とイチャイチャしてもらって、百合百合してもらいたいなぁ。 彼は鬼になる前、人間の頃から感情がありませんでした。 鬼になった人間は生きることに固執する傾向があり、どんなに絶望な状況飲み込まれても生き延びようと必死になっていた奴が多いです。 しかし童磨は他の人とは違い、自分の死を客観的なものとして捉え、どうしようもない事実だと認めています。 彼は感情がないため、自分の死をただを受け入れるしかないのです。 死んだ後に恋を知る そんな彼は死に際に恋言う感情を知ることになります。 恋と聞くと同じ雑誌に連載されている『ゆらぎ荘の幽奈さん』や『ぼくたちは勉強ができない』のような、ちょっとサービスシーンがありものすごく甘酸っぱくドキドキするような展開を思い浮かべるかもしれません。 確かに本作にも恋愛的な描写はありますが、 しのぶと童磨の間柄には甘酸っぱい関係なんて生まれるはずがありません。 まずしのぶは童磨に大好きな姉を殺されており、彼を毛嫌いしているため、死んでも恋仲になる事は無いでしょう。 今回にはしのぶと童磨が会話しているのは心があったんですが、しのぶは童磨に対して暴言ばかり吐きます。 一部の人にはご褒美かもしれませんが、私には童磨の異性のタイプがそのような感じと思いませんね。 それに しのぶ様には年下の面倒をしっかり見る、頼りになるお姉ちゃんとして百合百合しい関係になって欲しいなという個人的な希望もあるので、童磨とはくっついてほしくないですね。 なぜ童磨はしのぶを好きになったのか? ここで気になるのは、なぜ感情が無かったはずの童磨がしのぶのことを好きになったのかですね。 その理由は作中では具体的に述べていないので、私個人の予想になります。 自分に敵を向けた相手と言う理由で好きになったなんて事はないと思います。 そのような理由で恋をしたのであれば、他の鬼殺隊の隊士にも恋心を抱いていた可能性が高く、しのぶではなくても良いかと思います。 おそらくしのぶが自分を殺すきっかけとなった、とても強い能力を持った女性だったからでしょう。 童磨の鬼としての実力は高く、先に鬼になった猗窩座よりも早く上弦の弍の座に着くことができました。 上弦の鬼のメンバーが100年間変わらなかった事も考えると、 童磨が鬼になっているからそんなに苦労していないことがわかります。 少なくとも自分が死ぬような危機は訪れていないはずですね。 そんな彼ですがしのぶと出会い、彼女に毒を盛られた事により死ぬことになってしまいます。 童磨は以上に実力がある鬼である上に、感情を失っているので、自分の死と言うものを実感することができませんでした。 彼が死亡するまで追い詰められたのは、しのぶの毒が効いたからです。 しのぶの毒を食らって初めて死を実感したことに、その感動を与えてくれた彼女に恋心を抱いただけだと思いました。 私は童磨かしのぶに恋した理由は、彼女を通して自分の死を実感したからだと予想しました。 カナヲについて 彼岸朱眼の代償により片目が失明 花の呼吸終ノ型「彼岸朱眼」は自分の目に血流を集中させることにより動体視力を高める技です。 その技を使用することにより童磨の攻撃をたやすくかわすことができるようになるのですが、目と言う繊細な場所に血流を集中させると言う技の特色上、長時間使用すると失明するリスクがあったのです。 今回カナヲは視力を全て失うことはなかったものの、右目の視力をほとんど失ってしまいました。 これ以上を使ってしまった場合、彼女は鬼殺隊の隊士として戦えなくなる上に、因縁の相手である童磨を倒すという目的を達成しています。 これらの要素を踏まえると彼女がこれから「彼岸朱眼」を使う事は無いだろうと思います。 親に売られる カナヲは幼い頃に暴力を受けていました。 家の中で泣いてしまうと親に蹴飛ばされるなどわ暴力を受けてしまいます。 彼女は生まれた頃から誰かと幸せな日々を過ごすことが出来なかったのです。 彼女が優れた動体視力を持つ目を持っていたのは、親から受ける暴力をうまく見てないと、当たりどころが悪くなり自分自身が死んでしまうからです。 またカナエとしのぶに引き取られた当初は、自分の意思を表示することなく、誰中に命令しないと行動することができなく、食事も食べなさいと命令されるまでは絶対に食べませんでした。 そのような過去があるので、 彼女は感受性が死んでおり、うまく流涙を流せなくなってしまいました カナエが童磨によって殺されてしまった時、しのぶなどの親しい人が涙を流していたのに対し、彼女だけは唯一涙を流さなかったのです。 カナヲはそんな辛い過去があったため、初めて自分に優しくしてくれたカナエとしのぶは何よりも大切な特別な存在だったんです。 また彼女の子供を命がけで助けてくれる大切な仲間ができたのは、しのぶとカナエの2人が自分を大切に育てて導いてくれたからでした。 しのぶとカナエという、自分の命よりも大切な人たちの命を奪った童磨を許していなく、絶対に殺したい存在だと思っていました。 そして童磨を討伐したことにより、大切な仲間との絆など2人が自分に与えてくれたものの大切さを再び思い出し、自分自身が1人じゃないということを自覚したのです。 しのぶとカナエはもうこの世にはいなく一生会うことはできません。 その上ちゃんとお別れすることもできなく、彼女自身もとても後悔があったでしょう。 ですがこの2人がくれた 仲間と言う大切なものの尊さを再び認識して、彼女がどんどん前に進んでいくんです。 カナヲは童磨を倒したことにより、前よりももっと大きく強くなったはずです。 これからはしのぶとカナエがいなくても、大切な仲間たちと一緒に困難を乗り越えられるはずです。 カナヲはしのぶとカナエに沢山の愛情をもらったことにより、ふたりが倒せなかった童磨をも討伐できるほどの力を得ました。 これからは自分自身が2人の大愛と愛情と同じ位の愛情を他の人に与えることにより、自分の周りの人を助けて、より強くしていくはずです。 カナヲが大切な人から与えられた愛情を受け継ぎ、他の人にも愛を持って接すると言う使命はこれからもついていきます。 しのぶとカナエとの別れの涙は特別なもの 大切な人との別れは誰でも悲しいものであり、良かったと言うのにはちょっと語弊があるような気がします。 それでも今回カナヲが童磨を倒して、大切な2人に「がんばったね」と褒めてもらったシーンはとても良く、 心がジーンとしてしまいました。 その後しのぶとカナエが身に付けていた髪飾りを手に持ち、彼女は号泣するのです。 カナヲにとってこの涙は超特別なものです。 自分の大切な人の尊さなどを実感してな事は当たり前ですが、彼女の場合2人が死んだときには泣くことさえ許されませんでした。 しのぶが死んだときには童磨との戦闘中だったため仕方ないですが、カナエの葬式では自分のトラウマが原因で泣けなかったため、彼女自身にも申し訳ない気持ちと、自身の心の冷たさに絶望してしまい 懺悔の念を感じた思います。 しかし今回涙を流したことにより、過去に暴力を受けたトラウマなどを完全に払拭することが出来ました。 その上に2人が死んでしまったときに流すなかった涙を流したことにより、長い間彼女自身を苦しめた後悔などが洗い流され、 過去を振り返らず明るい未来だけを求められるようになったんです。 カナヲがしのぶとカナエと出会った時のエピソードはコミックス7巻に載っています。 カナヲも童磨みたいになっていたのかもしれない? 幼い頃のカナヲと童磨には、感情がないという共通点があります。 愛情に触れて感情を取り戻したカナヲ• 感情を取り戻せなかった童磨 カナヲはしのぶとカナエの優しさに触れることで、徐々に感情を取り戻していきましたが、童磨にはそんな機会がなく死ぬまでずっと感情を失ったままでした。 もしかしたらカナヲがしのぶとカナエと出会っていなく、鬼になってしまった場合は、童磨のような外道になっていたのかもしれません。 その力を手に入れるためには何かしらの条件があるとは思いますが、 その条件が何なのか見当がつきません。 それ以前に鬼舞辻無惨と猗窩座には共通点があまりないので、二人の関係から不死になる条件を予想するのは難しいかと思います。 少なくとも私にはできない。 鬼舞辻無惨 は猗窩座が女性と子供を食べないことを黙認しており、彼だけ特別扱いしていました。 おそらくは鬼舞辻無惨は、猗窩座が自分と同じく不死になる可能性があるのではないかと思ったのが理由だと思うのですが、その根拠となるシーンがわかりません。 なので不死と戦闘力はあまり関係ないと予想できます。 猗窩座の意志の強さというのも理由に挙がりそうです。 上弦の陸の妓夫太郎が妹の堕姫を守るためだけに生きていたのにも関わらず死んでしまったことを考慮すると、不死になる理由には繋がりません。 やはり鬼舞辻無惨のような能力を得るためには、彼が平安時代に医者によって服用された薬を飲むぐらいしかないのでしょうか? 不死の力を得るための条件とは何だったのか気になりますね。 彼女は弦楽器を鳴らすことで、人間や鬼を転移させる力があります。 鬼舞辻無惨が十二鬼月を呼び出してパワハラ会議を行う際には、鬼たちを呼び寄せるために彼女の能力が使われる時がほとんど。 最近になって十二鬼月になったばかりなので、童磨ほどの実力はないと思いますが、油断はできない相手であることには変わりありません。 琵琶鬼 鳴女とのバトルも楽しみですね。 この4000文字近い記事で何が伝えたかったかと言いますと、 しのぶ様には生きてもらいもっといろいろな女の子と百合百合しい関係になってもらいたいなという個人的な希望でした! 以上! 一緒にチェック!.

次の

【鬼滅の刃】しのぶとカナエと最後のお別れ。その時流れたカナヲの涙に感動した!

カナヲ目が点

鬼殺隊は解散。 炭治郎の左腕はマヒになったかのように、上げ下げはできても握ることはできず。 ひじから下は触られていることも分からない状態。 そして右目も形は整っているものの機能していない状態になっていました。 ただ鬼となった炭治郎にかまれた禰豆子(ねずこ)は無事でした。 そしてその後は、これまで出会った人たちとの触れ合いの後、善逸や伊之助と共に家に戻った炭治郎。 ここまでが204話で描かれていました。 その後の展開ですが、左腕と右目に不自由を抱えていましたので、 体を使った仕事をすることが炭治郎には難しかったのかもしれません。 とはいえ炭治郎が最後に鬼を葬った事実は、周囲に知れ渡っていたことでしょう。 鬼殺隊は政府公認組織ではないため、表立った表彰などはなかったはず。 ただそれでも 藤の花の家紋の家は、炭治郎たち鬼殺隊の面々のその後の面倒を見たと思われます。 大きな傷を負った剣士・炭治郎は、左腕と右目が不自由でも周囲に助けられて、妹の禰豆子とゆっくりとした生活を続けていったでしょうね。 ヒノカミ神楽の継承も難しく また炭治郎の左腕と右目の状況からすると、おそらくですが 炭治郎はヒノカミ神楽を体で再現することは不可能だったはずです。 それでも、もしかすると 炭治郎はヒノカミ神楽のやり方を文章で残していた可能性はあるのかもしれません。 善逸も鬼を倒した時のことを小説として残していたように、炭治郎はヒノカミ神楽を念のために記録として残していた。 古き平安の世に鬼が出たのならば、また今後に鬼が出ないとも限らない。 そんな想いからヒノカミ神楽の文書化を進めていたと思われます。 禰豆子に善逸が迫り続ける そして妹の禰豆子には、善逸が迫り続けたことでしょう! 最終回の205話で描かれていた、我妻善照(あがつま よしてる)と我妻燈子(あがつま とうこ)はそれぞれ善逸と禰豆子に似ていました。 ということは善逸と禰豆子が一緒になったということなのでしょう。 個人的には女好きな善逸は禰豆子ではなく、別の女性と一緒になって欲しかったかな?という気持ちもあります。 女好きな善逸は浮気でもしたのではないか?と思うと、禰豆子がかわいそうに思えるからです。 この辺りはどうだったのでしょうか? 想像にすぎませんが、具体的に物語が描かれなくて正解だったのかもしれませんね。 カナヲと交友を深める炭治郎 また炭治郎に恋をしていたのでは?とウワサされていたカナヲ。 最後に登場した204話では、目も全然見えないわけではないとのことでしたが、「全然見えないわけではない」というその言い回しはほとんど見えていないほど状態がひどいことを表していたと思います。 そんなカナヲは伊黒の鏑丸(かぶらまる)を不死川にもらったと言っていました。 この鏑丸の世話をカナヲと炭治郎が行っていって、2人はその後も交友を深めていったのかもしれませんね。 スポンサードリンク 炭治郎、カナヲと結婚! カナヲと付き合う炭治郎 美容院連れてくのもなぁ、と思って娘の前髪を切ったらまあ案の定ぱっつんになってしまったんだけど。 そして心優しい炭治郎は自分も右目が見えない中で、カナヲの不自由さを解消しようと何かと助けていたのかもしれません。 そんな炭治郎の優しさに触れて、さらに炭治郎に対する恋心が強くなっていくカナヲ。 そして徐々に心を開いてきたカナヲとの会話がとても楽しくなってきた炭治郎。 いつしか炭治郎もそんなカナヲに対して恋心を抱くようになったのかもしれませんね。 カナヲと結婚する炭治郎 そしてついに炭治郎がプロポーズする時が訪れます。 スパッとプロポーズを切り出す炭治郎。 炭治郎のプロポーズを涙で受け止めるカナヲ。 目に不自由さを抱えた二人の結婚に周囲は少し心配したかもしれませんが、禰豆子はとびっきりの笑顔で大賛成。 善逸や伊之助、冨岡義勇や鱗滝などの鬼殺隊の面々もそろって二人の門出が祝われたことでしょう。 また大正時代には新婚旅行も一般化していたそうですが、ただ二人は目の不自由さを抱えていましたし、藤の花の家紋の家々から助けをもらいながらの生活だったはず。 新婚旅行は心優しい炭治郎がしないことを決めたのかもしれません。 子供は2人できた そんなささやかな結婚生活を営んでいた炭治郎たちが子宝に恵まれることになります。 先に女の子が誕生。 そして2年後に男の子が誕生。 他の人を助けたいと願う野口英世は、心優しい炭治郎と気が合ったかもしれません。 そして意気投合して医療の将来を熱く語る二人の姿がそこにはあった。 そんな微笑ましい光景が大正時代に見られたのかもしれません。 スポンサードリンク まとめ 鬼滅の刃かっこいいシーンとかあるのにたまにこうゆうバラエティ感ある発言とか絵好きだわ〜😆 — けい kei1003oo ここまで鬼滅の刃の炭治郎のその後を考察してきました。 鬼殺隊の面々は最終回の一つ前の204話までしか登場していませんでした。 そのため炭治郎をはじめとするメンバーのその後については、現時点では何も語られてはいません。 ただ最終回の205話で、炭治郎など鬼殺隊の子孫であろう人の姿はチラホラと見ることができ、そこから炭治郎とカナヲが無事にゴールインしたことも予想されます。 また炭治郎は左腕と右目に不自由さを抱えることになりました。 その後の生計を立てるのに苦労したのかな?とも思ったのですが、鬼舞辻無惨を倒したという功績は世間一般からは評価されなかったとしても、藤の花の家紋を掲げている家々からはその大きな功績から様々な援助の手が差し伸べられたはずです。 そうした周囲からの温かいサポートの中で、炭治郎もカナヲも不自由なく生活できていたかもしれませんが、心優しい炭治郎だけに、カナヲの世話をする中でカナヲの目を何とかしようと、医学を学ぶようになるかもしれないとも想像しました。 炭治郎のその後については他にも様々な可能性があるとは思いますが、ここで最終回を迎えた鬼滅の刃の「炭治郎のその後」に関する考察を終わります。 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!.

次の

鬼滅の刃カナヲが失明した理由とは?

カナヲ目が点

影を意識して塗れているので良いと思います。 ただ、地の色に濃い色を塗り重ねるだけだとあまりぱっとしない絵になるので、光源を意識して、明るい暗いを作ると良いですよ。 例えばスカートですが、薄めの黒に濃い黒を塗るだけでなく、布が持ち上がる部分に明るい色を使う、等。 脚に違和感があります。 理由としては、膝下のバランスかと。 ふくらはぎの、膨らむところは膨らむ、細まる所は細まる、を意識すると更に良くなると思います。 ドリンクを持つ手が、物を持っている様に見えないので、自分で1度同じポーズをしてみて、写真を撮ってそれを再現するといいと思います。 筒は丸いです。 曲線に沿わせるようにしたら、それらしさが出ますよ。 目のバランスが少し悪いように思います。 奥まれば小さくなる、を意識してらっしゃると思うのですが、少し極端ですね。 目全体を傾けずとも、奥行きなどを表現できますよ。 雑かつアナログで申し訳ありませんが、こうした方が良いのでは、と訂正したものを載せておきます。

次の