創価 グロリア 吹奏楽 団。 吹奏楽コンクールデータベース(団体名:創価グロリア吹奏楽団)

全日本吹奏楽コンクール 全国大会出場団体一覧

創価 グロリア 吹奏楽 団

以来、常に「民衆に力強い希望と生命力を与えること」をモットーとして、地域に根ざした音楽運動を志向。 1980年には、「創価学会東京吹奏楽団」と改称し、毎年の定期演奏会を中心に各地のイベントへの出演やレコーディングなど広範な活動を展開する。 1996年には、東京交響楽団・主席クラリネット奏者(当時)の佐川聖二氏を指揮者として迎え、コンクールに初挑戦。 翌1997年に東京都代表として、第45回全日本吹奏楽コンクール(主催:全日本吹奏楽連盟・朝日新聞社)の全国大会に出場を果たし、金賞を受賞する。 同年11月1日に、楽団名を「創価グロリア吹奏楽団」と改め、一層の飛躍を期した。 2000年には同コンクール全国大会で、2度目の金賞に輝く。 アンサンブル・コンテストにおいては、同楽団のクラリネット四重奏が、1999年、2000年に全国大会に出場し、2年連続で金賞に輝く。 本年3月には、金管八重奏が全国大会で金賞を受賞している。 近年の定期演奏会や吹奏楽フォーラムでは、ティエリー・カンス(Tp)、ジャン・イブ・フルモー(Sax)、外囿祥一郎(Euph)、ベルリンフィル木管五重奏団など、世界的に活躍するアーティストを招聘し、多くの反響を呼んでいる。 CDでは、「火の鳥」、「ARIA」が好評発売中。 本年7月には、「日韓国民交流年」を記念し、「RAVEL」を 株 グッドライフ社「CAFUA」レーベルより発売予定。 楽団員は、首都圏に在住する10代から30代までのメンバーで構成されている.

次の

全日本吹奏楽コンクール 全国大会出場団体一覧

創価 グロリア 吹奏楽 団

以来、常に「民衆に力強い希望と生命力を与えること」をモットーとして、地域に根ざした音楽運動を志向。 1980年には、「創価学会東京吹奏楽団」と改称し、毎年の定期演奏会を中心に各地のイベントへの出演やレコーディングなど広範な活動を展開する。 1996年には、東京交響楽団・主席クラリネット奏者(当時)の佐川聖二氏を指揮者として迎え、コンクールに初挑戦。 翌1997年に東京都代表として、第45回全日本吹奏楽コンクール(主催:全日本吹奏楽連盟・朝日新聞社)の全国大会に出場を果たし、金賞を受賞する。 同年11月1日に、楽団名を「創価グロリア吹奏楽団」と改め、一層の飛躍を期した。 2000年には同コンクール全国大会で、2度目の金賞に輝く。 アンサンブル・コンテストにおいては、同楽団のクラリネット四重奏が、1999年、2000年に全国大会に出場し、2年連続で金賞に輝く。 本年3月には、金管八重奏が全国大会で金賞を受賞している。 近年の定期演奏会や吹奏楽フォーラムでは、ティエリー・カンス(Tp)、ジャン・イブ・フルモー(Sax)、外囿祥一郎(Euph)、ベルリンフィル木管五重奏団など、世界的に活躍するアーティストを招聘し、多くの反響を呼んでいる。 CDでは、「火の鳥」、「ARIA」が好評発売中。 本年7月には、「日韓国民交流年」を記念し、「RAVEL」を 株 グッドライフ社「CAFUA」レーベルより発売予定。 楽団員は、首都圏に在住する10代から30代までのメンバーで構成されている.

次の

創価学会には「創価グロリア吹奏楽団」ていうのがあるんですが。

創価 グロリア 吹奏楽 団

創価学会には「創価グロリア吹奏楽団」ていうのがあるんですが。 Gloria グロリアって「キリスト教」のミサの聖歌のひとつなんですが いわゆるミサ曲(キリエ、グロリア、クレド、サンクトゥス+ベネディクトゥス、アニュスデイ) の第2曲にあたるグロリアですが、四旬節中は歌われません。 (待降節中も歌われません) グロリア(栄光の賛歌)は、もとは聖務日課の賛歌でした。 創価学会のグロリア吹奏楽団の グロリアは まさかキリスト教の真似をしたんじゃないですよね。 でも創価学会は 他の宗教では地獄に落ちる、なんていってるんですよ。 自動車メーカーはそんなこといいません。 せめて 疑問をもたれないような名称を考えるべきだったのでは? 創価学会のような他は邪教、だなんていってるからトンチンカンなネーミングになるのでは? そうなのかなあ、私も音楽は好きだから良く聴きます。 クラシックなんかも好きですよ。 たとえばバッハなんかも。 そのなかにはキリスト教の教会のオルガンで引くような曲もたくさんありますし、キリスト教を賛美する賛美歌なんかもたくさんありますが、その曲に感動したから、キリスト教を賛美し、キリスト教を信じることになるとかならないとかといいだす人なんてどこにもいません。 おはぎさんが勘違いしているのは宗教と宗教音楽が同じく宗教だと理解しているところにあるのではないでしょうか。 音楽と宗教は違うものです。 たしかに宗教音楽というのはジャンルとして定着しています。 たとえばゴスペルなんかもそうですよね。 でも宗教音楽というのは音楽のひとつのジャンルに過ぎず、宗教そのものではありません。 こういうのは日本にもありますね。 たとえば伊勢神宮などに行くと雅楽が奉納されています。 もうすぐ伊勢神宮の式年遷宮がありますが、そのときにこの雅楽なども見られるのでしょうけれど、この雅楽にしても伊勢神宮という宗教とおなじ宗教なのかというと、そうではなくてあくまでも雅楽は音楽です。 みやびな古代の音楽の様式美のようなものをそこに見出すことができます。 同様にキリスト教の音楽であるミサ曲も音楽としての様式美をそなえた立派な音楽であって、それだからこそ万人のこころを打つ美しさを兼ね備えているものなのです。 キリスト教の音楽だからと偏見を持つ必要はどこにもありません。 グロリアというのは他の色々なところで使われていて、グロリアのほかにグローリーというのもあり、これも良く使われます。 創価グロリア吹奏楽団のオフィシャルサイトへのリンクは違っていますので、こちらから入ってください。 ここでみる楽団のこれまでの活動実績をみると、グロリアというのを名に冠してもまったくそん色ない見事な実績を積み上げていることがわかります。 2009年活動記録• 02 東京都吹奏楽コンクール一般の部で金賞を受賞• 20 金祝) 第32回全日本アンサンブルコンテストで金管八重奏が金賞を受賞• 01 第32回東京都アンサンブルコンテスト クラリネット八重奏が銀賞、金管八重奏が金賞を受賞。 金管八重奏は全国大会へ 2008年活動記録• 20 TAMAアンサンブルフェスタにてクラリネット八重奏が銀賞、金管八重奏が最優秀賞を受賞• 09 第32回アンサンブルコンテスト(東京都予選) クラリネット八重奏・金管八重奏ともに金賞受賞、両チームともに東京都大会へ• 07 全日本吹奏楽コンクール東京都大会(一般の部)で銀賞を受賞• 03 全日本吹奏楽コンクール東京地区予選にて金賞を受賞 方面大会へ 2007年活動記録• 11 日)第31回アンサンブルコンテスト 東京都予選)クラリネット八重奏・金管八重奏ともに金賞受賞 金管八重奏が東京都大会へ• 02 日)全日本吹奏楽コンクール東京都大会にて銀賞受賞• 05 日)全日本吹奏楽コンクール東京地区予選にて金賞受賞 方面大会へ 2006年活動記録• 04 日)全日本吹奏楽コンクール東京地区予選にて金賞受賞 方面大会へ• 29 日)アンサンブルコンテスト都大会で金管八重奏が金賞・代表として全国へ 2004年活動記録• 31 日 第52回全日本吹奏楽コンクール3年連続金賞受賞• 23 木 第44回東京都吹奏楽コンクール3年連続で金賞を受賞 とりあえずご参考まで。 「グロリア」は、ラテン語で「栄光」を意味する単語です。 質問者の方が書かれている、キリエ、グロリア、クレドという形式をもつミサ曲は、グレゴリオ聖歌を引用しており、歌詞はラテン語で書かれています。 また、国産車にも「グロリア」という名が冠せられた高級車があったのをご存じでしょうか? 昭和34年に、富士精密工業(後のプリンス自動車)から発売された、高級セダン車に「グロリア」という名が付けられましたが、その由来は、昭和34年の皇太子ご成婚にちなみ、宮内庁とのつながりが深かった富士精密工業が、ラテン語で「栄光」を表わす「グロリア」を、新車の名前につけたのです。 ちなみに、その「グロリア」は、プリンス自動車が日産自動車に吸収されて以降も、「日産グロリア」として、2004年まで販売されていました。 さて、このように書くと、「皇室とつながりが深かったという富士精密工業は、キリスト教の真似をしたんじゃないですよね」と、質問者の方が書きそうです(笑) 質問者の方が、聞き分けのない(笑)補足を書いていますが、「グロリア」という言葉が、ラテン語で「栄光」を表わす語だという意味が分からないのでしょうか(笑) ラテン語は、特定の宗教の専有物ではないんですが(笑).

次の