日 病 薬 病院 薬学 認定 薬剤師。 認定薬剤師と専門薬剤師の種類一覧と取得方法とは?34団体53種を紹介

認定薬剤師と専門薬剤師の種類一覧と取得方法とは?34団体53種を紹介

日 病 薬 病院 薬学 認定 薬剤師

5 <III-2> P04-19- 04340 鹿児島県薬剤師会館 鹿児島市与次郎2丁目8番15号 共催 2月8日(土) 18:00~19:45 105分 第292回姶良地区薬剤師研修会 第21回鹿児島腎と薬剤研究会 0. 5 <II-5> P04-19-04371 サザン・リージョン病院 2F多目的室 鹿児島県枕崎市緑町220 TEL:0993-72-8855 共催 2月2日(日) 9:30~18:00 465分 第4回鹿児島県病院薬剤師会学術大会 会員:無料 非会員:1,000円 3. 5 <III-1> 0. 5 <V-1> P04-19-03895 ホテル さつき苑 「さつきの間」 鹿屋市西原1-9-10 TEL:0994-40-1212 共催 1月14日(火) 19:15~20:45 90分 指宿内科医会学術講演会 「抗血栓薬服用患者の消化管出血リスクマネージメント」 0. 5 <V-2> P04-19-03549 指宿いわさきホテル 指宿市十二町3755 TEL:0993-22-2131 共催 12月5日(木) 19:00~20:45 105分 第284回姶良地区薬剤師研修会 「 リウマチ治療 uptodate バイオシミラーの可能性を踏まえて 」 0. 5 <V-2> 0. 5 <III-2> P04-19-02955 谷山サザンホール 第一会議室 鹿児島市谷山中央一丁目4360番地 TEL:099-260-2033 共催 11月9日(土) 16:00~18:00 110分 鹿児島HIV感染症研究会講演会 0. 5 <V-2> 0. 5 <II-6> P04-19-02725 株式会社アステム鹿児島営業部 5階 会議室 鹿児島市宇宿2丁目4番7号 TEL:099-285-5111 共催 11月7日(木) 19:00~20:45 105分 姶良地区薬剤師研修会 特別プログラム 「 骨粗鬆症と最新の治療 」 0. 同時に受講証と領収書をお渡しします。 5 <V-2> 0. 同時に受講証と領収書をお渡しします。 5<IV-2> P04-19-02182 株式会社アステム鹿児島営業部5階 会議室 鹿児島市宇宿 2丁目 4番 7号 TEL:099-285-5111 共催 9月13日(金) 19:15~20:45 90分 姶良地区薬剤師研修会 特別プログラム 「みんたま PLUS!」 0. 5 <V-2> P04-19-01460 指宿いわさきホテル 2階 ダイアモンドルーム 指宿市十二町3805-1 TEL:0993-22-2131 共催 7月18日(日) 19:00~20:45 105分 第271回姶良地区薬剤師研修会 「 糖尿病と歯周病 〜その対策〜 」 0. ご注意ください。 ご自身の薬剤師免許番号を控えてご持参ください。 交付時にお忘れの際には、交付できませんのでご注意ください。 当日参加費として500円を徴収させて頂きます。 尚、軽食をご用意しております。 受講を希望される際には事前にお振込みください。 同時に受講証と領収書をお渡しします。 5 <IV-2> P04-19-01293 鹿児島大学医学部 鶴陵会館 大ホール 鹿児島市桜ヶ丘8丁目35番1号 共催 6月22日(土) 13:45~17:15 180分 第7回鹿児島セーフティーマネジメント研究会学術集会 【会費】:1,000円 1. 5 <IV-1> P04-19-00993 鹿児島県市町村自治会館 4F ホール 鹿児島県鹿児島市鴨池新町7番4号 共催 6月20日(木) 19:30~21:15 105分 第267回姶良地区薬剤師研修会~基礎シリーズ その3~ 「糖尿病診療に求められる知識 ~ 基礎から最近のアップデートまで ~ 」 0. 5<II-5> 0. 5<V-2> P04-19-00794 城山ホテル鹿児島4F「エメラルドホール」 鹿児島市鴨池新町7番1号 TEL:099-254-1125(内線 310) 共催 5月21日(火) 18:00~19:45 105分 第417回 医師会病院薬物療法研修会 「子宮内膜症・子宮筋腫の診断と治療について」 0. 5 <V-2> P04-19-00241 指宿いわさきホテル 2F「ダイアモンドルーム」 指宿市十二町3805-1 TEL:0993-22-2131 共催 4月24日(水) 19:00~20:45 105分 臨床薬学研究会 「ガイドライン2018を踏まえたパーキンソン病治療の進歩」 0.

次の

第302回姶良地区薬剤師研修会 姶良地区薬剤師研修会 特別プログラム「がんたま!」

日 病 薬 病院 薬学 認定 薬剤師

研修認定薬剤師になるには 研修認定薬剤師になるための流れは以下のとおりです。 薬剤師研修手帳の入手 研修認定薬剤師の認定に必要な単位を記録するため、「薬剤師研修手帳」を購入します。 認定の対象となる研修 認定の対象となる研修には、次のようなものがあります。 1)集合研修・実習研修 当センター主催の研修会をはじめ、日病薬や日薬の支部等、集合・実習研修会実施機関として登録されている団体が行う研修会です。 いずれも集合・実習研修会実施機関が事前に「研修会開催計画書」を研修センターへ提出し、受理された研修会をいいます。 また、集合研修は座学のみならず、ビデオ・インターネットなどを用いて実施されるものもあります。 研修会に参加するためには、原則として、予め実施機関への受講申込が必要です。 なお、当センター主催の研修会には、「薬剤師研修支援システム」からお申込いただける研修会もあります。 なお、具体的にどのような研修が実施されているかについては、以下を参照してください。 2)グループ研修 集合研修や実習研修に該当しない研修で、複数人数で行った研修会をいいます。 例えば、薬局内の勉強会や企業による新薬説明会などです。 また、日病薬や日薬の支部等の研修会でも、研修センターが事前に受理していない研修会(会場で受講シールの配布がない研修会) は全てこの扱いとなります。 グループ研修に該当する研修は、 自己研修としても報告することが可能です。 3)通信講座研修 大学等が行う通信講座で、集合研修と同様、事前に研修センターへ「研修会開催計画書」を提出し、受理された研修会をいいます。 4)自己研修 集合研修や実習研修に該当しない研修で、個人が書籍・雑誌及びテレビ、ビデオ、インターネット等、視聴覚器の活用により医学・薬学関連分野の学習をした場合をいいます。 また、研修センターが事前に受理していない公共団体の研修会又は学会等への出席による場合(会場で受講シールの配付がない公共団体の研修会又は学会)は、自己研修として報告することが可能です。 認定に必要な単位を集める 研修認定薬剤師として認定されるためには、必要な単位を取得する必要があります。 認定の新規申請・更新に必要な単位 認定の新規申請 最初の申請は 4年以内に40単位以上(各年5単位以上)を取得することにより認定薬剤師の申請ができます。 認定の更新 認定を取得した後は、 3年毎に更新を受ける事になります。 この 3年間では30単位以上(各年5単位以上)の取得が必要です。 研修で取得できる単位数 単位の取得については、以下の図を参考にしてください。 以下に詳しく説明します。 なお、以降で説明する 「一期」とは、認定されてから、次の申請までの期間のことです。 新規申請(4年以内に受講)の場合は4年、更新申請の場合は3年を指します。 実習研修は、 年間5単位までとなっています。 3)通信講座研修 取得可能な単位数 年間約15単位 取得単位数に制限はありませんが、認定薬剤師申請の際に計算される単位数は、 一期15単位までで、それ以上の単位についてはグループ研修若しくは自己研修の扱いとなります。

次の

第302回姶良地区薬剤師研修会 姶良地区薬剤師研修会 特別プログラム「がんたま!」

日 病 薬 病院 薬学 認定 薬剤師

1970年代、医薬分業開始当時、薬剤師は医師の処方せんを調剤するだけの存在でした。 しかし時代は変わりました。 この40年で、医療は医学や薬学の進歩とともに高度かつ複雑化したのです。 医師をはじめ医療スタッフは、患者さんに最善の治療を提供するために、いろいろな職種がチームを組み、連携して治療にあたるようになりました。 いわゆる チーム医療です。 このチーム医療の一員として医師や看護師とともに臨床の現場に立ち、効果的な薬物治療を行うために活躍している薬剤師 臨床薬剤師 が増えています。 最近では、がん治療での分子標的治療薬など新たな薬剤も登場し、専門領域での最新の知識・技能が薬剤師に求められるようになってきました。 このようにして誕生したのが 「専門薬剤師」です。 専門薬剤師は、 各専門領域の医学や医療の知識、薬物治療の高度な知識と技能を持っている薬のプロフェッショナルです。 その医療の場で役立つ最新の薬学的専門情報をつねに医療スタッフに提供し、患者さんへの治療がより効果的で安全に行えるように活躍しています。 このページの目次 CLOSE• 専門薬剤師、認定薬剤師とは? 現在、専門薬剤師として認定されているのは• がん専門薬剤師• 感染制御専門薬剤師• 精神科専門薬剤師• 妊娠・授乳婦専門薬剤師• HIV感染症専門薬剤師 などがあり、他にも専門薬剤師の名称を使ってないものの、各種の認定薬剤師制度があります。 認定薬剤師とは専門薬剤師の途上というイメージがわかりやすいです。 基本的には、 認定薬剤師の上に専門薬剤師があります。 専門薬剤師を認定しているのは、主に日本病院薬剤師会です 現在、 1 がん(2)感染制御(3)精神科(4)妊婦・授乳婦(5)HIV感染症の 5 つの領域で専門薬剤師が認定されています。 がん専門薬剤師制度は平成21年11月1日より日本医療薬学会に移管• がん専門薬剤師• 精神科専門薬剤師• HIV感染症専門薬剤師 専門領域の病気を深く理解し、薬の専門知識を生かすとともに、患者さんを取り巻く環境などを考慮して、安全で効果的な薬物治療を推進しています。 妊婦・授乳婦専門薬剤師 妊娠・授乳期の薬に関する高度な知識と正確な情報収集技術で、母子への薬の影響を考え、医師と連携して母子の健康に貢献しています。 感染制御専門薬剤師 細菌やウイルスの感染、消毒薬や抗菌薬 に対する高度な知識を持って、患者さんの安全と安心できる治療環境を提供するために幅広く活動しています。 そのため、認定薬剤師はかなりの数が存在しています。 「乱立しすぎ」「数が増えすぎて質の確保ができない」といった批判も挙がっています。 認定薬剤師取得を目指す場合は、こういった点も考慮しながら決めたいですね。 詳しくは書籍をご覧ください。 この資格は各専門領域での実務経験や実績、一定期間の研修や講習で知識と技能を高め、試験に合格することで認定されます。 その上で各専門領域の研究業績が吟味されてはじめて「専門薬剤師」と認定されます。 また、認定を受けた後も 5年毎の資格更新が必要です。 なぜ資格更新が必要かというと、日々進歩する医学、医療の進歩についていくためです。 専門薬剤師取得の難易度はかなり高いです。 下記が感染制御専門薬剤師取得の条件ですが、最低条件として 病院薬剤師であることが必須です。 認定薬剤師までなら中小病院でも可能ですが、 専門薬剤師になると研究能力のある大学病院などでないと困難であることがわかります。 専門薬剤師を目指すなら、病院へ就職をお勧めします。 (1)日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えていること。 (2)薬剤師としての実務経験を5年以上有し、日本病院薬剤師会の会員であること。 ただし、別に定める団体のいずれかの会員であればこれを満たす。 (3)別に定める学会のいずれかの会員であること。 (4)日病薬病院薬学認定薬剤師であること。 ただし、日本医療薬学会認定薬剤師であればこれを満たす。 (5)申請時において、引き続いて3年以上、施設内の感染対策委員会または院内感染対策チームの一員(院内感染対策チームと連携しての活動を含む)として感染制御活動に従事していること(病院長あるいは施設長等の証明が必要)。 (6)施設内において、感染制御に貢献した業務内容及び薬剤師としての薬学的介入により実施した対策の内容を20例以上報告できること。 (7)日本病院薬剤師会が認定する感染制御領域の講習会、及び別に定める学会が主催する感染制御領域の講習会などを所定の単位(20時間、10単位)以上履修していること。 (8)病院長あるいは施設長等の推薦があること。 (9)日本病院薬剤師会が行う感染制御認定薬剤師認定試験に合格していること。 「別添」 感染制御認定薬剤師認定申請資格に関する事項 1.(2)で「別に定める団体」とは、以下の通りである。 日本薬剤師会• 日本女性薬剤師会 2. (3)、(7)で「別に定める学会」とは、以下の通りである。 日本医療薬学会• 日本薬学会• 日本臨床薬理学会• 日本TDM学会• ICD制度協議会に加盟している学会・研究会 3.(6)で「感染制御に貢献した内容」とは、以下の通りである。 院内ラウンドの実施• 薬物血中濃度モニタリング業務への参画• 院内感染対策マニュアル及び抗菌薬使用ガイドラインの作成• 感染制御に関する各種サーベイランスへの参加 等 4.(7)で「日本病院薬剤師会が認定する感染制御領域の講習会」とは、以下の機関または団体が実施する講習会である。 厚生労働省・都道府県• 日本病院薬剤師会• 日本病院薬剤師会が実施する e ラーニング• jshp. 申請時において、感染制御認定薬剤師あるいはICD制度協議会が認定するインフェクションコントロールドクター 以下「ICD」という。 の資格を有している者であり、かつ、ICD制度協議会に加盟している学会・研究会のいずれかの会員であること。 日本医療薬学会、日本薬学会、日本臨床薬理学会、日本TDM学会、ICD制度協議会に加盟している学会・研究会、日本薬剤師会学術大会、関連する国際学会あるいは日本病院薬剤師会ブロック学術大会において感染制御領域に関する学会発表が3回以上 うち、少なくとも1回は発表者 、複数査読制のある国際的あるいは全国的な学会誌・学術雑誌に感染制御領域に関する学術論文が2編以上 うち、少なくとも1編は筆頭著者 の全てを満たしていること。 病院長あるいは施設長等の推薦があること。 日本病院薬剤師会が行う感染制御専門薬剤師認定試験に合格していること。 jshp. とくに、 がん専門薬剤師は、医師から一目置かれる存在といっても過言ではないでしょう。 専門薬剤師によって医師の負担が軽減され、薬物治療の効果を上げ、副作用を抑えることができるので、医療チームの中で高い評価を得ることができます。 専門薬剤師は転職、収入に有利か 病院に転職するのであれば、専門薬剤師は評価されると思います。 しかし、それは転職が有利になるというだけで、収入に反映されるわけではありません。 現在の専門薬剤師は名誉職という意味合いが強く、なかなか収入増につながらないのが問題ではあります。 ただ、今後は 臨床経験豊富な専門薬剤師が、大学で教鞭を執る時代が来ると思います。 臨床薬剤師の必要性が叫ばれている今、現在の大学では、実務経験のある教授が不足しているからです。 現在は実利的なリターンが望めなくても、 将来的には様々なキャリアが期待できます。

次の