小室圭 秋篠宮。 苦難の続く眞子さまと小室圭さんが全世界に発した「結婚へのシグナル」 54分間の「英語インタビュー」の意味

【真相レポート】眞子さまは、小室圭さんを諦めない!|文藝春秋digital

小室圭 秋篠宮

Contents• 文/編集部 秋篠宮殿下の会見 先月末に、54歳のお誕生日を迎えられた秋篠宮殿下。 お誕生日会見の様子も当日に解禁となったが、国民の関心を集めたのは、言うまでもなく眞子さまの婚約延期問題だ。 さる皇室関係者は語る。 「秋篠宮殿下の会見でのご発言には、国民に納得してもらえるような説明がなければ、結婚などするべきではない、という真意が隠されていると感じます。 一貫してこの問題を眞子さまと小室家に当事者意識を持って解決するよう促しておられ、それができなければいつまでも『納采の儀』を挙行することはできないと示唆しておられるのです。 しかしお代替わり以降、秋篠宮家の公務について報じられる度に、ネット上で大変なバッシングを受けるようになった。 次第に宮家の行く末に不安を漏らされるようになっていったということで、相当に心労が募っているそうだ。 秋篠宮家の事情に通じる関係者は以下のように話す。 「秋篠宮家に寄せられるコメントに、紀子さまのご心労は深まるばかりです。 あれこれとwebで検索され、怒りのあまり自らコメントを残すことも…。 しかし事の重大さに反して、一向に対処をしない殿下の態度にもまた、大変お怒りです」(秋篠宮家関係者) 眞子さまの件を巡るご夫妻の諍いは、既に日常のこととなっているようだ。 しかし、この関係者によれば、奇妙なことにこういったトラブルが生じた後に必ずと言っていいほど、小室佳代さんから殿下への荷物が届くようになったというのだ。 「ケンカが起きると佳代さんからのプレゼント攻撃、という流れが常態化しているため、恐らく眞子さまが小室さんに家のトラブルについて相談をされ、それが圭さんから母である佳代さんに漏れ伝わっているんだと思います。 佳代さんの狙いは当初、秋篠宮家の懐に入ることだと思われていたのですが…。 タイミングから言っても、紀子さまから殿下を略奪したいという企みの方が強い気がするのです」(同前・秋篠宮家関係者) 紀子さまに宣戦布告の「ナマズネックレス」 そんな中、先日もまた「秋篠宮文仁親王」宛に、小室佳代さんからの「お歳暮」が届けられたという。 「普通、秋篠宮家との関係性を維持したいだけなら『秋篠宮家』宛にするでしょう。 殿下に絞って贈ってくることからしても、佳代さんの目的は『殿下にプレゼントを通じて愛のメッセージを贈ること』に他なりません。 爆発物ではないことを確認した上で皇宮警察が慎重に開封作業にあたりましたが、殿下にその内容をお伝えしたところ『処分するように』とのことでしたので、そのように処理されました。 ナマズの目には、ダイヤモンドがはめ込まれているという代物です。 一体こんな物をどこで見つけたのか…。 もしかしたら、この日のためのオーダーメイドかもしれません。 紀子さまも当然この件を認知されていますが、ナマズのネックレスと聞いて顔面蒼白になってしまわれました」(同前・秋篠宮家関係者) 秋篠宮殿下と言えば、ナマズの研究に日夜明け暮れ、紀子さまとの婚約指輪のモチーフにしてしまうほどナマズを愛しておられることで有名だ。 佳代さんからの「ナマズのネックレス」は、紀子さまへの宣戦布告の意味が込められているに違いない。

次の

小室圭さん脅かす「有栖川宮事件」 宮内庁「お金を直接あつかう職業には不安がある」と吐露

小室圭 秋篠宮

「秋篠宮ご夫妻は、目的が判然としないままNY留学を決行した小室さんに、強い不信感を抱かれていました。 小室さんの秘めたるキャリア計画を知れば、秋篠宮ご夫妻も驚嘆されるに違いありません」 そう語るのは宮内庁関係者。 その執筆者の欄を見ると……。 「By Kei Komuro」 なんと小室圭さんが執筆した論文が、権威ある専門誌に掲載されていたのだ。 タイトルは「Challenges and Implications for Potential Reforms of Crowdfunding Law for Social Enterprises(社会的企業のためのクラウドファンディング法改正の可能性への課題と示唆)」。 論文の導入部分で、小室さんは次のように論文の意図を説明している。 《ここ数年、クラウドファンディングは社会起業家や投資家に人気のある選択肢となっています。 資本を調達する主要な方法の1つですが、クラウドファンディングは、とくに詐欺や資本や資金調達ポータルの限界といった、重大な課題に直面しています。 本稿では、これら3つの課題について説明し、それらに対処するための推奨事項を示します》 日本とニューヨーク州の弁護士資格を持つ山口真由さんに、小室さんの論文掲載がどれほどの快挙なのか聞いてみた。 「弁護士を目指して勉強をしながら論文を書いて応募するのは、とてもたいへんなことです。 東大でもハーバードでも、私の周りには専門誌に論文を掲載された学生はいませんでした。 小室さんの発想力と行動力は、アメリカでは大きく評価されると思います」 小室さんの論文掲載は、東大法学部を卒業した山口さんも驚く成果だというのだ。 論文を読んでいくと、小室さんが目指す弁護士像も見えてくるという。 「クラウドファンディングという時流に乗ったテーマを選び、その問題点を洗い出してうまくまとめてあります。 小室さんは企業法務に携わる弁護士を目指しているのかもしれません。 企業法務弁護士には大きく分けて2つあるのですが、1つはM&A(企業の合併や買収)などに関わり会社法を専門にするコーポレート・ロイヤー。 もう1つは、証券法を専門にして株式や資金調達に関わるセキュリティ・ロイヤーです」(山口さん) 企業法務に関わるとなれば、それなりの年収も見込めるのだろうか? 「セキュリティ・ロイヤーは企業や投資家の行動が規制や法に触れないように予防することが仕事になります。 年収についてはどの法律事務所に所属するかによって差がありますが、初年度で1千万? 2千万円ほどでしょうか。 その分野で頭角を現してパートナー(弁護士事務所の共同経営者)ともなれば、年収1億円も難しくないでしょう」(山口さん) 婚約内定報道があった当初、パラリーガルとして法律事務所に勤務していた小室さんの年収は300万~400万円程度と報じられていた。 小室さんが高収入を見込める企業法務弁護士になれたなら、秋篠宮さまも眞子さまとの結婚をお認めになるのだろうか? 皇室担当記者はこう語る。 「眞子さまとの安定した結婚生活のためには、ある程度の年収は必要でしょう。 ただ、秋篠宮さまは決して高収入を求めていたわけではなく、2人が工夫して生活してくれればいいとのお考えです。 むしろ、皇族の親類となる人物があまりにビジネス色の強い職業につくことに難色を示される可能性が高いのではないでしょうか」 「女性自身」2020年6月23・30日合併号 掲載.

次の

眞子内親王

小室圭 秋篠宮

Contents• 小室圭さんの母・秋篠宮家へ突撃訪問! ことは2019年10月30日、小室圭さんの母親が急に秋篠宮家に訪問したことから始まります。 なんでもアポなしの突撃訪問だったようで、それだけでもすごいですよね。 すぐさま秋篠宮家の警備の人に連絡が入り、 『小室佳代を名乗る女性が来て、秋篠宮ご夫妻に会いたいと言っている』 と伝えられたわけですから、警備職員の人も困ってしまったと言っています。 そりゃそうですよね、その辺の知らない人とかならなんとでも言って帰せるものの、眞子さまの婚約内定者の母親だというわけですから、邪険に扱うこともできません。 一応、という形で警備職員の方は秋篠宮さまに一報を入れたようですが、即位パレードなどの直前でちょうど立て込んでいたらしく、連絡が取れなかったそうです。 でも、お騒がせなことで有名な小室圭さんの母親ですから、警備職員の方もかなり悩んだそうですよ。 なんと、小室圭さんの母は警備職員の方に不在であることと、連絡が取れないことを聞いたにも関わらず、不服だったようで大声で叫び出したと言うのです。 「宮内庁に電話しても秋篠宮ご夫妻に取り次いでもらえず、返信もない。 このまま帰宅されるまで待ちます!」 え・・・。 完全にアウトですよね。 これ皇室だから、とか、内定婚約者だから、とかっていうレベルじゃないですw。 コレ、交渉じゃなくて、単なる気のおかしい人じゃないですか…。 仕方なく別室に通された小室圭さんの母親・・・。 これだけでも十分な特別扱いとは思うのですが、取り次げないなんども説明したのにも関わらず、 『眞子さんの姑の話を聞こうとしないなんて、紀子さまは冷たい!冷酷!』 と騒ぎ出しだそうです。 こんなだから、小室圭さん、秋篠宮家に迎え入れられないのでは・・・。 疫病神は小室圭さんではなく、小室圭さんの母なのかもしれません。 金貸してくれ ということでした。 え・・・・。 それだけでもドン引きレベルの話なんですが、小室圭さんの母、これだけでは終わりません。 『早急に200万円ほど用立てて欲しい。 憲法には文化的な最低限度の生活を営む権利があると書いてあるから、それくらい用意するのは当然でしょう』 いやいやいや・・・・・。 それなら秋篠宮家に行くよりも、キャッシュローンに駆け込んだ方が良いのでは・・・。 しかも、「 憲法の文化的な最低限どの生活を営む権利がある」・・・ってこれ、どういうことですか?w 完全なるアウトですね。 ビックリです。 小室圭の母の服装 小室圭さんの母の行動だけでも開いた口が塞がりませんが、服装にも驚かされます。 小室圭さんの母が、秋篠宮家に金を交渉しに行った時の服装はド派手、オマケにエルメスのバーキンを持っていたと言うことですから、言ってることとやってることが・・・。 品格がなさすぎる・・・。 エルメスのバーキンを質屋にでも入れたら、100万くらいにはなるんじゃないすか? 過去にもあった金の要求 実は小室圭さんの母親、秋篠宮家に対する金銭的な要求は今回だけではないんです。 2018年にも400万ほど貸して欲しい、と要求をして断られているようです。 もう、こんな恥ずかしいことはないですよね。 小室圭さん、お母様にちょっとブチキレてもよいんじゃないでしょうか? 私ならブチ切れますw。 まとめ それにしても本当に神経が図太いと言うか、品格がないというか、残念な小室圭さんの母親ですが、こう言う言動によって、自分の息子の将来が危なくなる、ということが分からないのでしょうか。 眞子さまと結婚できてもできなくても、この事実は表に出てしまった以上どうすることもできません。 あと、必ず秋篠宮家に行く時はアポを取り、それなりの服装で、交渉ごとがあるなら冷静に話して欲しいですよね。 どうか、これからの眞子さまと小室圭さんの将来を考えてから行動していただきたいです…。

次の