ゲッターズ飯田 2020 夏 事故。 <ゲッターズ飯田さんが占う 2020年の運勢>金の時計座

<ゲッターズ飯田さんが占う 2020年の運勢>金の時計座

ゲッターズ飯田 2020 夏 事故

・2020年から価値観が大きく変わり始める。 お金に価値がなくなっていく。 儚いものの価値が高まり、残るものの価値が減る。 神秘的なものが流行る。 ・新しいタイプの占い師が出てくる。 ・夏は危ない。 大きい事故が起こる。 ・庶民からスターが生まれる。 ・マイノリティーがフィーチャーされる。 ・権力者とか大企業はあと1年。 大手は2020年からガタッとくる。 2020年夏、東京オリンピックについて尋ねられ「ない」と松原照子氏の発言との符合が気になる。 新しいタイプの占い師は、どのようなものなのか。 元来占いは政のためのものであり、原点回帰するということなのか。

次の

【ゲッターズ飯田の占い】2020年下半期を鑑定「緊急事態宣言解除」予言的中か

ゲッターズ飯田 2020 夏 事故

ゲッターズ飯田さんが占う、2020年の運勢は? 金の時計座の2020年ラッキーカラーは紺! 気になる今年の運勢をチェックしてみましょう。 ゲッターズ飯田さんの開運占い:優しくて正義感が強い金の時計座の2020年の運勢 ・全体運 これまでの努力が報われ、大きな幸せやチャンスに恵まれます。 運を味方につけるためには、自分の力を出しきること。 遠慮しているとせっかくの運気が逃げてしまうので、あなたの個性や魅力を全力でアピールしてください。 困ったり、不安になったときは、これまで築いてきた人脈を頼ることで解決策が見つかりそうです。 ・健康運 前にあった不調や持病がぶり返しやすいとき。 予防のために生活習慣を見直してください。 ストレスによる肌荒れや口内炎も起きやすいので、メンタルケアも大切に。 ダイエットを始めると、今後も体型を維持しやすいですよ。 ・金運 収入が上がったり、臨時収入が得られたり、いい流れを実感できそう。 ついチャンスを他人に譲ってしまうあなたですが、正当な対価はしっかり受け取ること。 後半は人が集まる場所に顔を出すと、おトクな情報を得られそう。 ・家族運 安定した運気で、夫婦仲も良好です。 ただし、家族でも踏み込みすぎるとぎくしゃくするので、ほどよい距離感を保つこと。 とくに春は気持ちが不安定になりやすいので、余計なひと言を子どもに言ってしまわないよう気をつけて。

次の

【ゲッターズ飯田が2020年を大予想】ガラっと価値観が変わる運気

ゲッターズ飯田 2020 夏 事故

新型コロナが発生してから数か月が過ぎようとしています。 各地では自粛モードが緩和され町に賑わいが戻ってきましたね。 でもその一方でクラスターが発生し、アラートが発令された地域もありますしテレビなどでは第二波に備えて今できる対策なども特集されています。 収束のはっきりした時期は、何とも言えない状況です。 第二波が来たら、また自粛が始まるのでしょうか?もううんざり、と思う方も当然いらっしゃることと思います。 過去の感染症の歴史を見てみると、 だいたい第二波、第三波がありしかも第一波よりも被害が拡大していることがほとんどです。 一刻も早くコロナが収束してほしいですよね。 そしてわかることならコロナ収束時期も知りたいところです。 そこで今日は コロナ収束時期はいつ?スピリチュアル予言の最新情報から コロナ収束時期は一体いつなのでしょうか?世界や日本で注目されているスピリチュアルな予言者が何人もいますが、 過去に予言が当たっている信憑性の高いスピリチュアル予言の最新情報をまとめていきたいと思います。 松原照子さん 過去に 東日本大震災を予言し近年では2020年の東京オリンピックを中止を予言した 松原照子さん。 雑誌やマスコミにも取り上げられるスピリチュアル界では有名な方です。 彼女の公式ブログでは たびたび予言めいた言葉が並びます。 今回のコロナに関することでは先月も検証しましたが最新情報を入手しました。 コロナの収束時期の内容と思われる記事がこちらです。 新型コロナウイルスは、私達の心までも陰気にしてしまいました。 私が改まって書くまでもなく経済にも大きな打撃を与えています。 プロ野球も、サッカーも、相撲も、コンサートさえも中止になってしまっています。 子ども達も我慢我慢の日々です。 「ごめんなさい」「許してください」こんな思いがいたします。 いったい何に許しを乞えばいいのかわかりませんが、必ずや終息する日がやってきます。 もしかするとすぐそこにやって来ているかもしれません。 本来なら、今頃は来月始まる東京オリンピックを楽しもうと心を躍らせていたことでしょう。 来年の東京オリンピックにワクワクする思いは、今は薄れていますが、きっと来年の今頃は、新型コロナウイルスに勝利して、日本中がオリンピックを楽しみに待ち焦がれていると信じたい思いでいっぱいです。 引用:松原照子公式サイト「幸福への近道」 こちらの記事は6月上旬に公表されています。 なのでもうすぐ コロナの収束時期に入るという事でしょうか?それならかなり嬉しいですよね!中止になっていたイベントもまた企画され直すでしょうか。 今からとてもワクワクします! 「ごめんなさい」は自然界に対しての言葉かもしれません。 松原さんは公式ブログの中では自然界に対して畏敬の念や感謝を持ちましょうと繰り返しお話されています。 スピリチュアル界のでは今回の新型コロナも今まで自然を粗末にしてきた自然界からの警鐘だとお話される方もいらっしゃいます。 それにしても、もうすぐコロナ収束時期に入るとするならばほっとしますよね。 必ずや終息とありますが、確かに終わりは必ず来るので焦らず待ちたいところですよね。 ちなみに松原照子さんは東京オリンピックについても言及されていますが、東京オリンピックの開催を信じたい思いでいっぱいですという記載ですから開催を予言はしていませんね・・・・。 近い日にコロナ収束時期が来るだろうという松原さんのスピリチュアル予言、当たってほしいですね。 ゲッターズ飯田 ゲッターズ飯田さんもスピリチュアル界では 大人気の占い師さんで有名です。 芸能人からもよく当たると評判が高いですし本も売れていて日本中から愛されている占い師ですが、ゲッターズ飯田さんのコロナ収束時期の予言が無いか気になります。 検証した結果、コロナウイルスについても言及していました。 4月末から5月頃に節目を迎えます自宅にいる時間を利用して新しい時代への生き方や考え方を変えていくのは良いのかもしれません。 夏はちょっと危ない。 ほんとに。 大きい事故起きるよ。 大変です。 なので、本当に気を付けて欲しいので。 5月ということはもう過ぎていますので 収束したということでしょうか?だとしたらめちゃめちゃ嬉しいですよね!夏の大きい事故はコロナには関係あることなのでしょうか?ゲッターズ飯田さんによると 日本の運気が2020年の夏には下がってしまうそうなのでコロナに機を付けながら安全に過ごしたいですね。 インドの14歳の少年占術師「アビギャ・アナンド」くん インドに住む14歳の少年で占術師の 「アビギャ・アナンド」くんのコロナの予言が当たっているとネットで話題になっています。 アナンド少年は占星術でこのたびの世界的に不運に見舞われることが出てきたようで公表したのは2019年の8月のユーチューブです。 この時の内容が 「ウイルスパンデミックが2019年11月から発生し、3月29日から4月2日にかけてピークに達するが5月29日から収束に向かうが6月末まで良い知らせがない・・・。 」とのことです。 本格的にコロナ収束時期を迎えるのは7月からということです。 今の世の中の流れをみているとこれはほとんど当たっているといえそうですよね。 スピリチュアルな予言に鳥肌が立ってしまいます!さらにアナンド少年の予言が続きます。 「 次のパンデミックは2020年12月に始まり2021年3月にかけて起こり新型コロナウイルスよりも事態は深刻になる」となんとも恐ろしい予言をされています。 このウイルスがコロナが毒性を強めたのか、新種の別のウイルスなのかははっきりと名言されていません。 そして助かる方法がただ一つあるといい「根本的な免疫力を向上させるのみ」ということです。 有機野菜や ウコンをすすめています。 ウコンというのはさすがインドという感じがしますよね。 アナンド少年によれば今回の新型コロナは人間のカルマによって起こっていて人類が覚醒してようやくこの疫病を乗り越えることができる とのこと。 まさにアセンションにより地球全体がふるいにかけられ生き残るものとそうでないものに分かれてくということになりますね。 ちなみにアナンド少年は次のパンデミックは今回のコロナウイルスとは比較にならないほどの危険なものであり。 、スーパーパグ(耐性菌)というあらゆる治療薬が効かない細菌だそうです。 この予言が当たればちょっと恐く感じてしまいますね。 ということはやはり、 コロナ収束時期は自分達次第ということなのではないでしょうか? 自然を壊しあぐらをかいて生きてきた人間の生き方を根本的に変えることが早急に必要だと思われます。 今すぐ、自分達が自然界に出来ることを考え実行していきましょう! まとめ コロナ収束時期はいつ?スピリチュアル予言の最新情報!という検証でしたがいかがでしたでしょうか? 予言者によって時期はまちまちですが、一つの目安として考えていただければ幸いです!このまま本当に収束してくれたら嬉しいですよね! 私達の覚醒を促してくれているような今回のコロナウイルス。 スピリチュアルの検証がまだまだ必要かと思われますので今後も情報が入り次第追記していきたいと思います。 今日はこの辺で失礼しますね!最後までご覧いただきありがとうございました! また、お会いしましょう!.

次の