けっ ちゅう さん その うど 英語。 医学用語(English_E)

けっさつじゅつ を 英語

けっ ちゅう さん その うど 英語

すべての人の血液の中に尿酸という物質は含まれているのですが、その濃度(血清尿酸値(けっせいにょうさんち))が高くなる病気を、高尿酸血症(こうにょうさんけつしょう)といいます。 血清尿酸値は一時的に高くても、なんの症状もでませんが、高い状態が続くと、尿酸は静かに着実に、おもに関節に沈着していきます。 尿酸は針状の結晶ですので、痛覚神経を刺激して、突然キリで刺すような激しい痛みをおこします。 これが(つうふう)です。 患者さんの90%以上は男性です。 高尿酸血症と痛風に分けて説明しましょう。 そのうち500mgが尿中に排泄(はいせつ)され、200mgが汗や便(べん)の中に排泄されます。 つくられる尿酸の量が多くなるか、尿中への排泄が抑えられると、高尿酸血症になります。 このプリン体は、細胞の核に含まれている物質で、動物にも植物にもあります。 ですから、多くの食物の中にはプリン体が含まれているのです。 食品中に含まれているプリン体の量は差がありますが、多く含まれている食物は高プリン食と呼ばれています。 高プリン食を多くとると、肝臓に尿酸の原料がどんどん送られるため、血清尿酸値が高くなります。 多くの血球(けっきゅう)が壊れる病気 血液中の赤血球(せっけっきゅう)と白血球(はっけっきゅう)にもプリン体が含まれています。 健康な人でも、1日に決まった数の赤血球・白血球が自然に壊れ、その中に含まれているプリン体が血液中に放出され、尿酸に変わっていきます。 しかし、健康な人の場合より、はるかに多くの赤血球や白血球が壊れる病気があります(「」)。 こうした病気では、血液中に放出されるプリン体も大量になるために、血清尿酸値が高くなります。 激しい運動 個人の運動能力の限界に近い激しい運動、たとえば非常に速く走る陸上トレーニングとか、重量挙げをくり返したりすると、筋肉から血液中に、別の尿酸の原料(キサンチンなど)が大量に流れ込み、一時的に尿酸が高くなります。 高血圧の治療薬である利尿薬(りにょうやく)は、高尿酸血症をおこすことで有名です。 腎臓(じんぞう)の病気 慢性糸球体腎炎(まんせいしきゅうたいじんえん)や多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)など、原因が何であっても、腎機能が低下してくると、血液の濾過(ろか)がうまくできなくなり、たくさんの老廃物が体内にたまってきます。 尿酸もその1つで、腎臓病の患者さんには、高尿酸血症がみられます。 肥満 太っている人は、尿酸の尿中への排泄量が減ります。 実際、肥満の程度が強いほど、血清尿酸値が高い傾向がありますので、肥満が排泄力低下の原因になっていると考えられています。 ふつう、飲酒量の多い人は、血清尿酸値が高くなっているものです。 誰でもアルコールを摂取するだけで血清尿酸値が上がるのですが、いつも大量のアルコール飲料を摂取している人では、とくに血清尿酸値の上がり方が激しくなります。 つまり、いつもアルコール飲料を大量に飲む人は、痛風にかかりやすいわけです。 1990~95年の人間ドックのデータを調べると、成人の20%が高尿酸血症になっています。 人によって差はありますが、尿酸の高い状態が5年、10年と長く続くと、痛風発作(つうふうほっさ)がおこるのがふつうです。 尿酸は水に溶けにくく、基準値以上になると、全身に沈着し始め、関節炎(かんせつえん)と痛風結節(つうふうけっせつ)という症状をおこします。 痛風の診断は、この2症状と、診断基準によって行なわれます()。 おもな症状として、痛風性関節炎と痛風結節(しこり)がみられます。 これが痛風発作(つうふうほっさ)です。 この症状は、24時間以内にピークに達し、約10日で自然に消えます。 痛風発作は、手足のどの関節にもおこりますが、大部分(70%)は足の親指の関節に現われます。 これを間欠期といいます。 40%の患者さんでは、1年以上もたってから2回目の発作がおこります。 こうした発作は、前ぶれなくおこるので、急性痛風性関節炎(きゅうせいつうふうせいかんせつえん)といいます。 この状態を、とくに慢性痛風性関節炎(まんせいつうふうせいかんせつえん)といいます。 これを痛風結節といいます。 結節の60%は耳たぶ(耳介(じかい))にみられ、ほかに足関節(そくかんせつ)、肘関節(ちゅうかんせつ)、手指などにもみられます。 触れると、痛い場合と痛くない場合があります。 典型的な痛風は、診断が容易です。 症状が、外反母趾(がいはんぼし)(「」)、関節(かんせつ)リウマチ(「」)、変形性骨関節炎(へんけいせいこつかんせつえん)などと似ていて区別できない場合は、関節腔(かんせつくう)から関節液を採取し、これを顕微鏡で調べ、好中球(こうちゅうきゅう)(リンパ球の一種)に尿酸ナトリウムの針状結晶が見つかれば、痛風と確定されます()。 痛風結節の場合も、そのしこりの中から結晶を見つけ出すことができれば、診断が確定できます()。 (にょうろけっせき) 痛風の患者さんの20~30%に尿路結石がおこります。 痛みの発作があり、X線検査を行なって結石が見つかれば診断できます。 痛風腎(つうふうじん) 腎臓に尿酸が沈着してくると、腎臓の機能が低下します。 腎臓の検査をすれば、診断できます。 悪化すると尿毒症(にょうどくしょう)(「」)になります。 症状がみられなくても、尿酸値が高ければ下げます。 尿酸値を下げるためには、高尿酸血症の原因をさがし、それを除くことです。 痛風の発作時には、非ステロイド抗炎症薬を、できるだけ早く使います。 痛む部分への冷湿布(れいしっぷ)は、痛みをやわらげる効果があります。 発作の再発を防ぐために、24時間の安静をとることが勧められます。 痛風の患者さんは、1965年の調査では、約400人という報告でした。 ところが、2001年の厚生労働省の調査では約28万人と激増しています。 遺伝が原因で痛風になることもありますが、日本ではきわめてめずらしく、したがって痛風の患者さんが、このように爆発的に増えた原因は、毎日の生活のなかにあると思われます。 痛風の発作をおこした人は、つぎのチェックを行なってみてください。 不健康な生活を続けないように注意する必要があります。 肥満しているほど、血清尿酸値が高い傾向があります。 太っている人は、減量する必要があります。 ビールは、とくによくありません。 プリン体を制限すると、尿中の尿酸排泄量が低下するため、尿路結石の予防にもなります。 また、尿が濃縮されると、尿路結石がおこりやすくなります。 予防のためにも、多めの水分をとることがたいせつです。 とくに夏場や運動した後は、水分補給を忘れないようにしてください。 出典 家庭医学館について.

次の

索引「け」130ページ目

けっ ちゅう さん その うど 英語

もともとお薬は1日3回飲むのが一般的でした。 最近では1日1回でいい薬や3日間飲めば7日間効果が持続する、なんて薬もあります。 いったい何がどうなっているのでしょう。 飲んだりして体に取り入れるお薬は、血液にのって体をめぐって働きます。 腰の痛みをとる薬だって腰だけに薬が届くのではなく、体全体に行き渡って働いているのです。 その働きをコントロールするにはある程度の濃度の薬が血液中になければなりません。 ちょっと専門的ですが、この濃度のことを血中濃度と呼んでいるのです。 薬を飲むと、吸収されて体の中に広がり、分解されて体から出て行きます。 このサイクルは横の時間軸に対して、縦軸の血中濃度は山の形を描きます。 連続して薬を飲んでいるとこの山が繰り返され、頂上と谷の部分が血中濃度の振幅に相当するのです。 この頂上部分での血中濃度が多すぎるとでお伝えしたような中毒症状が起きてしまいます。 また、谷の所が少なすぎると充分な治療効果がえられず、薬による治療が無駄になってしまいます。 でもそれでは寝ている時間にわざわざ起きたり、空腹の時に飲んだりしなければなりません。 また、仕事中にも薬の時間を気にしなければならないかもしれません。 もちろん、厳密に時間コントロールが必要な薬もありますが、たいていの薬は若干の時間差があってもオッケーです。 そして1日3回、食事のあとに飲むというのが一般的なのは、食事というイベントに連動して飲む事で服用するのを忘れないようにする事、食事の後に飲む事で消化管への刺激や薬の急激な吸収を防いでいる事、などいろいろなメリットがあって考えられてきました。 昼間忙しい方などにはこの方が便利なのかもしれません。 こうした薬は、薬が消化管の中で徐々に溶け、ゆっくり体に取り込まれるようにコントロールされていたり、肝臓で分解されてはじめて効果のある成分に変化したり、体の中のタンパク質成分などにくっついたりして、体の中を通り抜ける時間を長くしているのです。 この場合、血中濃度は24時間かけて緩やかな山を作っていきます。 これまで3回に分けて維持していた血中濃度を、様々な技術を使って1回ですむようにしているのです。 <注意!> すべてのケースがあてはまるわけではありません。 決められた時間に作用するように、24時間にコントロールされていなくてもあえて1日1回で使う薬もあります。

次の

急性胆管炎・胆嚢炎 Minds版ガイドライン解説

けっ ちゅう さん その うど 英語

説明 開放術式(かいほうじゅつしき) (lay open法) 痔瘻(じろう)の手術方法のひとつ。 瘻管(ろうかん)(痔瘻の管)を切開して、そのまま縫合(ほうごう)しない手術。 切開した部分は自然に閉じるのを待つ。 括約筋(かつやくきん) (内肛門括約筋〈ないこうもんかつやくきん〉・ 外肛門括約筋〈がいこうもんかつやくきん〉) 直腸と肛門の周囲を取り囲み、肛門を開閉する働きをする筋肉。 無意識のうちに働く内肛門括約筋(ないこうもんかつやくきん)と、自分の意思で動かせる外肛門括約筋(がいこうもんかつやくきん)がある。 括約筋温存術式(かつやくきんおんぞんじゅつしき) (coring out法) 痔瘻(じろう)の手術方法のひとつ。 瘻管(ろうかん)を肛門外側の穴からくりぬく手術。 括約筋(かつやくきん)をなるべく切断しないで、肛門の変形や機能障害を最小限に抑える。 嵌頓痔核(かんとんじかく) 進行した内痔核(ないじかく)が脱出した際に、脱出部分が肛門の括約筋(かつやくきん)でしめつけられて血栓(血豆)ができ、腫れて元にもどらなくなった状態。 血栓性外痔核(けっせんせいがいじかく) 静脈叢(じょうみゃくそう)の血管内に血栓(血豆)ができ、急に腫れて硬くなったもの。 皮膚が破れて出血することがある。 硬化療法(こうかりょうほう): ゴム輪結紮療法(ごむわけっさつりょうほう) 痔核(じかく)の外来でできる治療法のひとつ。 痔核の根元に輪ゴムをかけて締め付け、痔核を壊死(えし)・脱落させる治療法。 硬化療法(こうかりょうほう): PAO注(フェノールアーモンドオイル注〈ふぇのーるあーもんどおいるちゅう〉) 痔核(じかく)の外来でできる治療法のひとつ。 痔核に5%フェノールアーモンドオイルを注射して、痔核を硬化・縮小させる注射療法。 肛門(こうもん) 消化管の出口。 表面は皮膚で覆われており痛みを感じる。 肛門陰窩(こうもんいんか) 歯状線(しじょうせん)を形成している肛門内の小さなポケット状のくぼみ。 肛門腺に連絡する。 肛門縁(こうもんえん) 肛門の皮膚側辺縁(へんえん)。 通常皮膚と肛門上皮の境界部。 肛門管(こうもんかん) 直腸と肛門を結ぶ管状の部分。 肛門鏡診(こうもんきょうしん) 肛門鏡(こうもんきょう)という器具で肛門管を押し広げ、内部の状態を観察する診察方法。 肛門クッション(こうもんくっしょん) 細かい血管と柔らかい筋肉でできている。 肛門の皮膚を保護したり、肛門のすきまを閉じて、便汁やガスが漏れるのを防ぐ役割がある。 肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう) 肛門陰窩(いんか)から細菌が侵入して肛門腺が化膿し、その炎症が肛門周囲に広がって膿がたまった状態。 激しい痛みや腫れ、発熱などを伴う。 痔瘻(じろう)の初期症状としてのものが多い。 肛門腺(こうもんせん) 肛門陰窩(いんか)に開口する十個程の分泌腺(ぶんぴつせん)。 肛門ポリープ(こうもんぽりーぷ) (肥大乳頭〈ひだいにゅうとう〉) 慢性裂肛(れっこう)にみられる病変。 歯状線(しじょうせん)の乳頭(にゅうとう)部分が肥大して隆起したもの。 説明 砕石位(さいせきい) 診察時に、仰向けで両足を上げる姿勢。 シートン法(しーとんほう) (seton法) 痔瘻(じろう)の手術方法のひとつ。 瘻管(ろうかん)の入り口から出口へゴム紐や絹糸などを通してしばり、時間をかけて切開する手術。 肛門の変形や機能障害が少ない。 痔核(じかく) (内痔核〈ないじかく〉・ 外痔核〈がいじかく〉) 肛門に強い負担がかかることにより、肛門クッションがうっ血して腫れや脱出を起こす病態。 歯状線より上側にできる内痔核(ないじかく)と、下側にできる外痔核(がいじかく)がある。 一般にいう「いぼ痔」。 歯状線(しじょうせん) 解剖学的な直腸と肛門の境となるギザギザの線。 肛門管のほぼ中央に位置する。 シムス体位(しむすたいい) 診察時に、通常左を下にして横向きに寝る姿勢。 股関節をまげて、おしりを突き出すようにする。 下着を少しずらすだけで診察できる。 手術療法(しゅじゅつりょうほう):PPH 痔核(じかく)の手術方法のひとつ。 特殊な器具を使って直腸粘膜を環状に切除し、脱出する痔核をつりあげて固定する手術。 手術療法(しゅじゅつりょうほう): 結紮切除術(けっさつせつじょじゅつ) 痔核(じかく)の手術方法のひとつ。 皮膚を切開して、痔核に血液を送っている血管の根元をしばると共に痔核を切除する手術。 手術療法(しゅじゅつりょうほう): ALTA注 (硫酸アルミニウムカリウム水和物・タンニン酸注〈りゅうさんあるみにうむかりうむすいわぶつ・たんにんさんちゅう〉) 痔核(じかく)の手術方法のひとつ。 痔核に硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸の注射をして止血し、痔核を固定して硬化・縮小させる手術。 静脈叢(じょうみゃくそう) 直腸の粘膜の下や肛門管上皮の下で静脈血管が網目状に集まっている部分。 痔瘻(じろう) 肛門周囲膿瘍(のうよう)が自然に破れるか切開することによって、膿が排出された後に肛門内側に通じる管(トンネル)が残った病態。 一般にいう「あな痔」。 側方皮下内括約筋切開術(そくほうひかないかつやくきんせっかいじゅつ)(lateral subcutaneous internal sphincterotomy:LSIS) 肛門の皮膚を切開して、狭くなった内肛門括約筋(ないこうもんかつやくきん)を浅く切り、肛門を広げる手術。

次の