姫路 バイパス 事故。 姫路バイパスとは (ヒメジバイパスとは) [単語記事]

姫路バイパスとは (ヒメジバイパスとは) [単語記事]

姫路 バイパス 事故

概要 [ ]• 総延長 : 18. : 第1種3級(自動車専用道路)• 数 : 4車線( - は6車線)• 事業費 : 338億6千9百万• : 70 2000年の無料開放までは、 - と - はが、 - 姫路東と中地-姫路西はが管理していた。 料金は高砂北-姫路東はで200円、中地-姫路西は無料であった。 無料開放後は全区間を国土交通省が管理しているが、が頻発している。 インターチェンジなど [ ]• 上側が起点側、下側が終点側。 左側が上り側、右側が下り側。 路線名の特記がないものは。 施設名 接続路線名 から 所在地 ・方面 76. 4 79. 9 E95 - 84. 0 姫路方面 方面 88. 2 姫路市街方面 飾磨方面 89. 0 姫路市街方面 ・方面 90. 6 青山方面 94. 8 ・方面 沿革 [ ]• : 事業化。 : 施工開始。 : 全線2車線(一部4車線)で暫定供用開始。 12月 : 全線4車線で供用開始。 また、太子竜野バイパスが開通。 : 高砂西IC - 姫路南ICで6車線供用開始。 : 償還完了。 太子竜野バイパスと合わせてプール制適用(償還計画上、両バイパスを同一路線とみなす。 姫路プールと言われた。 連続区間なので回数券も共通とされた。 : 同年ので3・路面1の損傷を受けるが全面復旧。 : 料金徴収期間満了に伴い、午前0時より太子竜野バイパスと合わせて無料開放。 : 別所ランプがフルランプ化された。 交通量 [ ] 全線を通した平均交通量は一日当たり11万1866台。 国道2号はの最重要道路の一つであるため、広島や岡山などの通過主要都市においても局地的には10万台前後に達する区間は存在するが、この姫路バイパスから神戸方面に向けてを通過しにかけては約40kmの長距離にわたって連続的に交通量が10万台前後に達している。 2005年調査時と比較すると交通量は軒並み減少しており、特に姫路市内では大幅に減少している。 は6車線区間である高砂西ランプ-姫路南ランプでは「1」を辛うじて維持しているが、その前後の4車線区間では「1」を大きく超え、やや混雑状態となっている。 2010年 [ ] 24時間交通量(2010年度交通センサス) 区間 観測地点 交通量 昼間 昼間平均旅行速度 2010年 前回比 上り 下り 高砂北ランプ-高砂西ランプ - 8万2115台 -8297台 1. 59 67. 00 72. 04 70. 00 78. 05 79. 27 65. 20 46. 69 9. 95 40. 11 67. 高砂市中筋 : 90,412• 高砂市北浜町西浜 : 121,974• 姫路市四郷町見野 : 126,891• 姫路市苫編 : 101,453• 姫路市広畑区西蒲田 : 86,583 道路照明灯 [ ]• 高砂北IC-姫路東IC• 中地IC-太子東IC• 各IC,PA,SA,JCT付近前後 姫路バイパスでは全線を通した連続は設置されていない。 設置されているのは特にの多い地点であるが、その結果全く設置されていない区間は実質的に姫路東-中地のみになっている。 なお東隣に接続する加古川バイパスにいたっては各IC付近、加古川大橋以外には道路照明灯は設置されていない。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の

加古川バイパスペシャンコ軽自動車玉突き事故画像、スクラップヤバいしエグい、親子の死体は?

姫路 バイパス 事故

今日、兵庫県の加古川パイパスで発生した事故について。 下記が報道内容ですが、なぜトラック運転手が逮捕されるのですか? 逆走してきた車に衝突された側がなぜ逮捕されるのです? トラック運転手は被害者では? 29日午前2時10分頃、兵庫県加古川市野口町の加古川バイパス下り線で、大型トラックと乗用車が衝突し、乗用車を運転していた男性が車外に放り出されて間もなく死亡した。 県警高速隊は、大型トラックの運転手徳武清容疑者(38)(名古屋市南区)を自動車運転過失致死容疑で現行犯逮捕した。 死亡した乗用車の男性はトラックと衝突する前に、同県赤穂市の会社員男性(22)が運転する乗用車に追突。 その後、バックで約400メートル逆走していたという。 同隊は、死亡した男性の身元を調べている。 事故の主たる原因は、 バック400mで走行していた乗用車側にある事は、明白。 しかしながら、 この加古川バイパスのこの付近は、アップダウンはあるものの、 直線の道路。 したがって、異常な状況で走行(バック走行)している車輌の発見は、 容易。 これが遅れたのは、「前方不注意」の可能性有り。 また、この道路は制限速度は、「60km」だったと思うが、 昼間でも、スピード違反が頻繁に行われている箇所。 60km/時で走行していれば、「ひんしゅく」もので すめば、良いですが、煽られる。 直ぐ前に割り込まれる ような箇所。 真夜中で、法定速度で走行していたなんて、到底考えられない。 従って、スピード違反の可能性も有り。 また、人1人が死亡している事実を考えれば、 トラック運転手の身柄を拘束(=逮捕)して、 原因を調査するのは、妥当な措置と思えますが・・・。 トラックがそのバック走行車を発見して、 ブレーキをかけていれば、その乗用車の 運転手は死ななかったかも・・・。 多分2日間以内に、解放されると思いますが・・・・。

次の

加古川バイパス4台玉突き事故で小橋浩二、金哲寿容疑者の顔画像は?現場で事故が多い理由、事故原因も調査 │ オノマトペ

姫路 バイパス 事故

概要 [ ]• 総延長 : 18. : 第1種3級(自動車専用道路)• 数 : 4車線( - は6車線)• 事業費 : 338億6千9百万• : 70 2000年の無料開放までは、 - と - はが、 - 姫路東と中地-姫路西はが管理していた。 料金は高砂北-姫路東はで200円、中地-姫路西は無料であった。 無料開放後は全区間を国土交通省が管理しているが、が頻発している。 インターチェンジなど [ ]• 上側が起点側、下側が終点側。 左側が上り側、右側が下り側。 路線名の特記がないものは。 施設名 接続路線名 から 所在地 ・方面 76. 4 79. 9 E95 - 84. 0 姫路方面 方面 88. 2 姫路市街方面 飾磨方面 89. 0 姫路市街方面 ・方面 90. 6 青山方面 94. 8 ・方面 沿革 [ ]• : 事業化。 : 施工開始。 : 全線2車線(一部4車線)で暫定供用開始。 12月 : 全線4車線で供用開始。 また、太子竜野バイパスが開通。 : 高砂西IC - 姫路南ICで6車線供用開始。 : 償還完了。 太子竜野バイパスと合わせてプール制適用(償還計画上、両バイパスを同一路線とみなす。 姫路プールと言われた。 連続区間なので回数券も共通とされた。 : 同年ので3・路面1の損傷を受けるが全面復旧。 : 料金徴収期間満了に伴い、午前0時より太子竜野バイパスと合わせて無料開放。 : 別所ランプがフルランプ化された。 交通量 [ ] 全線を通した平均交通量は一日当たり11万1866台。 国道2号はの最重要道路の一つであるため、広島や岡山などの通過主要都市においても局地的には10万台前後に達する区間は存在するが、この姫路バイパスから神戸方面に向けてを通過しにかけては約40kmの長距離にわたって連続的に交通量が10万台前後に達している。 2005年調査時と比較すると交通量は軒並み減少しており、特に姫路市内では大幅に減少している。 は6車線区間である高砂西ランプ-姫路南ランプでは「1」を辛うじて維持しているが、その前後の4車線区間では「1」を大きく超え、やや混雑状態となっている。 2010年 [ ] 24時間交通量(2010年度交通センサス) 区間 観測地点 交通量 昼間 昼間平均旅行速度 2010年 前回比 上り 下り 高砂北ランプ-高砂西ランプ - 8万2115台 -8297台 1. 59 67. 00 72. 04 70. 00 78. 05 79. 27 65. 20 46. 69 9. 95 40. 11 67. 高砂市中筋 : 90,412• 高砂市北浜町西浜 : 121,974• 姫路市四郷町見野 : 126,891• 姫路市苫編 : 101,453• 姫路市広畑区西蒲田 : 86,583 道路照明灯 [ ]• 高砂北IC-姫路東IC• 中地IC-太子東IC• 各IC,PA,SA,JCT付近前後 姫路バイパスでは全線を通した連続は設置されていない。 設置されているのは特にの多い地点であるが、その結果全く設置されていない区間は実質的に姫路東-中地のみになっている。 なお東隣に接続する加古川バイパスにいたっては各IC付近、加古川大橋以外には道路照明灯は設置されていない。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の