ラミシール錠 通販。 ラミシール錠125mg 20錠|Family Pharmacy Global

爪水虫の飲み薬の種類 服用期間は?費用は?通販で買える?

ラミシール錠 通販

現在欠品中です。 類似商品をご利用ください。 ・:テルビシルクリームはサンタファーマ社が開発した抗真菌薬です。 ・:ニゾラールはインタスファーマ社が開発した抗真菌薬です。 特徴 ラミシールはノバルティス社が開発した抗真菌薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 当サイトが取り扱っているラミシールは、 ノバルティス社が製造・販売している正規品です。 効果 ラミシールの主成分であるテルビナフィンは真菌(カビ)の増殖を抑え、カンジダ症、水虫、いんきんたむしなどの他にも、体内の奥底に感染する深在性真菌症の治療にも効果があります。 副作用 主な副作用は、肝臓機能障害、発疹、消化器障害、神経障害などがあげられます。 成分量 日本国内においては125mgが処方されています。 当サイトでは250mgが購入可能です。 皮膚カンジダ症• 癜風 有効成分:テルビナフィン/Terbinafine Hydrochloride 250mg• ご注文 ラミシール 250mg 内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文 28錠 ラミシールの特徴 ラミシールはノバルティス社が開発した抗真菌薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。 ラミシールの効果 ラミシールの主成分のテルビナフィンは、真菌(カビ)の増殖を抑える働きがあります。 テルビナフィンは抗真菌薬としてアリルアミン系に属し、真菌の細胞膜や酵素の成分であるエルゴステロールに介入します。 皮膚真菌症の原因となる真菌の細胞膜を構成する物質である エルゴステロールの働きを阻害し、血中テストステロン濃度を低下させ真菌の細胞膜の生成を抑えます。 特にカンジダ症や水虫などの真菌の増殖を抑える効果が高いです。 内服薬であるため、体内の奥底に感染する深在性真菌症の治療に効果的です。 ラミシールの成分量 日本国内において、125mgが処方されています。 個人輸入を行っている当サイトでは250mgの購入が可能です。 その他 現在ラミシールは成分特許が切れたことで、世界で多くの製薬会社から価格が抑えられたジェネリック医薬品が販売されています。 水虫やいんきんたむしなどの感染症にはクリームタイプやジェルタイプの外用薬での治療から始めることをお薦めします。 外用薬での治療で効果が得られなかった場合に、体の内側から治療することが可能です。 ラミシールの関連ページ カンジダ治療薬一覧 ・ 水虫・いんきんたむし治療薬一覧 ・ 参考サイト 商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。 ・ 服用方法・使用方法 服用のタイミング 1日1回食後の服用 ラミシールは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく 毎日決まった時間に服用してください。 服用量の目安 当サイトで取り扱っているラミシールの用量は250mgですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。 1日1回125mgを服用してください。 中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。 途中で服用を止めてしまうと症状が再発する可能性があります。 推奨用量 成人には、125mgを1日1回食後に経口投与することが推奨されています。 しかし、年齢、症状に合わせて適宜増減してください。 服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。 副作用 主な副作用 主な副作用には、発疹、蕁麻疹、そう痒症、紅斑、肝臓機能障害、消化器障害、神経障害、感覚器障害などがあげられます。 頻度不明な重篤な副作用として、アナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、肝不全、薬剤性過敏症症候群、亜急性皮膚エリテマトーデス、横紋筋融解症などの症状が現れる場合があります。 万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。 90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。 症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。 高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。 また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。 併用禁止薬 併用禁忌 現在報告されておりません。 併用注意 併用注意薬は、ラミシールと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。 ・シメチジン、フルコナゾール、リファンピシン テルビナフィンの血中濃度が上昇する恐れがあります。 ・三環系抗うつ剤、イミプラミン、ノルトリプチリン、アミトリプチリン、マプロチリン、デキストロメトルファン これらの薬剤の血中濃度が上昇する恐れがあります。 ・黄体・卵胞ホルモン混合製剤、経口避妊薬 月経異常が生じる恐れがあります。 ・シクロスポリン シクロスポリンの血中濃度が上昇する恐れがあります。 参考サイト 服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。 ・ 保管方法 決済が失敗する場合があります。 まれにカード発行会社の規制により、国をまたいだクレジット決済がエラーとなる場合がございます。 クレジット決済ができない場合には、カード発行会社にご連絡いただき、クレジット決済をしたい旨をお伝えいただくことで決済が可能となる場合がございます。 【ご注意ください】 本来、医薬品のクレジット決済はカード規約で禁止されています。 医薬品である旨を伝えてトラブルになったケースもあるようですので、ご連絡される際には「海外の通販サイトを利用したいので制限を解除して欲しい」という旨だけとお伝え下さい。 請求金額が異なる場合があります。 昨今は外貨の変動幅が大きく、元から円へのエクスチェンジ時に為替差益が発生しており、1~2%前後の手数料が掛かっております。 購入金額以外に、この為替差益がお客様の負担となりクレジット会社から請求される可能性がございます。 ご負担頂いた3%分を当サイトでは、次回購入時に利用頂けるポイントとして付与しております。 こちらをご理解の上で、クレジット決済をお願い致します。

次の

ラミシール錠125mg|医療用医薬品 通販サービス|MEDEX

ラミシール錠 通販

重篤な肝障害(肝不全、肝炎、胆汁うっ滞、黄疸等)があらわれることがあり、死亡に至った例も報告されている。 重篤な肝障害は主に投与開始後2ヵ月以内にあらわれるので、投与開始後2ヵ月間は月1回の肝機能検査を行うこと。 また、その後も定期的に肝機能検査を行うなど観察を十分に行うこと。 (「4. 副作用」の項参照) 汎血球減少、無顆粒球症及び血小板減少があらわれることがあるので、定期的に血液検査(血球数算定、白血球分画等)を行うなど観察を十分に行うこと。 (「4. 副作用」の項参照) 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、急性全身性発疹性膿疱症、紅皮症(剥脱性皮膚炎)があらわれることがあるので、本剤の投与中は観察を十分に行うこと。 (「4. 副作用」の項参照) 本剤の投与は、皮膚真菌症の治療に十分な経験を持つ医師のもとで、本剤の投与が適切と判断される患者についてのみ投与すること。 本剤の投与にあたっては、添付文書を熟読し、本剤の副作用について患者に十分説明するとともに、異常が認められた場合には速やかに主治医に連絡するよう指示するなど注意を喚起すること。 眠気、めまい・ふらつき等があらわれることがあるので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させること。 相互作用 シメチジン フルコナゾール 本剤の血中濃度が上昇するとの報告があるので、併用する場合には用量に注意すること。 これらの薬剤によるチトクロームP450の抑制により本剤の代謝が遅延する。 リファンピシン 本剤の血中濃度が低下するとの報告があるので、併用する場合には用量に注意すること。 リファンピシンによる肝代謝酵素の誘導により、本剤の代謝が促進される。 三環系抗うつ剤 イミプラミン ノルトリプチリン アミトリプチリン マプロチリン デキストロメトルファン これらの薬剤又はその活性代謝物の血中濃度が上昇することがあるので、併用する場合には用量に注意すること。 本剤のCYP2D6の阻害により、これらの薬剤又はその活性代謝物の代謝が遅延する。 黄体・卵胞ホルモン混合製剤 経口避妊薬等 月経異常があらわれたとの報告があるので注意すること。 機序不明。 シクロスポリン シクロスポリンの血中濃度が低下したとの報告があるので、併用する場合にはシクロスポリンの血中濃度を参考にシクロスポリンの投与量を調節すること。 特に、移植患者では拒絶反応の発現に注意すること。 機序不明。 副作用 承認時までの調査767例中、何らかの副作用(自他覚症状又は臨床検査値異常)が報告されたのは81例(10. 56%)であった。 主な自他覚症状は、胃部不快感29件(3. 78%)、下痢15件(1. 96%)、悪心14件(1. 83%)、腹痛13件(1. 69%)、胃部膨満感10件(1. 30%)、めまい8件(1. 04%)、発疹7件(0. 91%)、頭痛6件(0. 78%)、食欲不振4件(0. 52%)等であった。 また、主な臨床検査値異常は、AST(GOT)上昇13件(1. 69%)、ALT(GPT)上昇12件(1. 04%)、LDH上昇5件(0. 65%)等であった。 市販後の使用成績調査6,929例中、何らかの副作用(自他覚症状又は臨床検査値異常)が報告されたのは825例(11. 91%)であった。 主な自他覚症状は、胃部不快感114件(1. 65%)、肝障害・肝機能異常等の肝胆道系障害106件(1. 53%)、腹痛53件(0. 76%)、悪心37件(0. 53%)等であった。 また、主な臨床検査値異常は、白血球減少90件(1. 04%)、貧血62件(0. 89%)、ALT(GPT)上昇51件(0. 74%)、LDH上昇42件(0. 61%)等であった。 (承認時まで及び再審査終了時までの集計) 重大な副作用及び副作用用語 頻度不明 1%〜5%未満 0. 1%〜1%未満 0. 高齢者への投与 比較試験を含む有効性解析対象554例について1日1回投与による本剤の臨床試験成績は次のとおりである。 疾患名 有効率 表在性皮膚真菌症 爪白癬 84. テルビナフィン塩酸塩は皮膚糸状菌(T. rubrum、T. mentagrophytes)に対して0. 001〜0. また、T. mentagrophytes発芽分生子に対し低濃度で明らかな殺真菌作用を示す。 テルビナフィン塩酸塩はC. albicansに対して0. 実験的白癬に対する作用 一般名 テルビナフィン塩酸塩 一般名(欧名) Terbinafine Hydrochloride 化学名 2E -N,6,6-Trimethyl-N- naphthalen-1-ylmethyl hept-2-en-4-yn-1-amine monohydrochloride 分子式 C 21H 25N・HCl 分子量 327. メタノール、エタノール(99. 5)又は酢酸(100)に溶けやすく、水に溶けにくい。 0gを水1000mLに溶かした液のpHは3. 5〜4. 5である。 分配係数 7. 4(1-オクタノール/水) KEGG DRUG 包装. 松本忠彦ほか, 西日本皮膚科, 56 2 , 374, 1994. Jensen,J. , Clin. Exp. Dermatol. , 14 2 , 110, 1989. Vickers,A. et al. , Drug Metab. Dispos. , 27 9 , 1029, 1999. 香川三郎ほか, 基礎と臨床, 28 1 , 141, 1994. Terbinafine研究班, 西日本皮膚科, 56 4 , 794, 1994. Terbinafine研究班, 西日本皮膚科, 56 3 , 569, 1994. Ryder,N. , Clin. Exp. Dermatol. , 14 2 , 98, 1989. 西山彌生ほか, 日本医真菌学会雑誌, 32 2 , 165, 1991. 平谷民雄ほか, 日本医真菌学会雑誌, 33 1 , 9, 1992. Petranyi,G. et al. , Antimicrob. Agents Chemother. , 31 9 , 1365, 1987. 平谷民雄ほか, 日本医真菌学会雑誌, 32 4 , 323, 1991. 内田勝久ほか, 日本医真菌学会雑誌, 32 4 , 343, 1991. Schuster,I. et al. , "Preclinical characteristics of allylamines. ";in Berg,D. et al. eds. Sterol Biosynthesis Inhibitors:Pharmaceutical and Agrochemical Aspects. , 449-470, 1988 Pbl. :Ellis Horwood Ltd. ,Chichester UK. Schaude,M. et al. , Mykosen, 30 6 , 281, 1987. Petranyi,G. et al. , Antimicrob. Agents Chemother. , 31 10 , 1558, 1987. 内田勝久ほか, Jpn. Antibiot. , 47 1 , 50, 1994 作業情報.

次の

価格.com

ラミシール錠 通販

効果効能 皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による下記感染症。 但し、外用抗真菌剤では治療困難な患者に限る。 1 深在性皮膚真菌症 白癬性肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシス 2 表在性皮膚真菌症 白癬 爪白癬、手・足白癬、生毛部白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡、生毛部急性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬 手・足白癬は角質増殖型の患者及び趾間型で角化・浸軟の強い患者、生毛部白癬は感染の部位及び範囲より外用抗真菌剤を適用できない患者に限る。 使用上の注意 次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。 肝障害、血液障害がある。 妊娠または授乳中 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。 自分で気づかない副作用が発生していないかを確認するために、医師の指示を守って定期的に受診することが大切です。 この薬を飲んでいる間は肝臓や血液の働きを調べるため、飲み始めてから2ヵ月間は月に1回、その後も定期的に検査する必要があります。 眠気、めまい・ふらつきなどの症状があらわれることがありますので、高い所での作業、自動車の運転など危険を伴う機械を操作するときには十分に注意してください。 乳幼児、小児の手の届かないところで、光、高温、湿気を避けて保管してください。 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。 禁忌 主な副作用として、胃部不快感、下痢、吐き気、腹痛、胃部膨満感、めまい、頭痛、食欲不振、味覚異常、発疹、かゆみ、乾癬様発疹、血清病様反応(蕁麻疹、発熱、関節痛)、蕁麻疹、紅斑、光線過敏性反応、顔面浮腫、リンパ節腫脹、多形紅斑、水疱性皮膚炎などが報告されています。 このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。 食欲不振、全身けん体感、皮膚や白目が黄色くなる[重篤な肝障害] かぜ様症状(発熱、喉の痛み)、出血傾向、貧血症状[汎血球減少などの血液障害] 発熱、皮膚の発疹・水疱、目の充血や唇・口内のあれ[中毒性表皮壊死融解症などの重篤な皮膚障害] 筋肉痛、脱力感、赤褐色尿[横紋筋融解症] 息苦しい、じん麻疹、唇・舌・咽頭の腫れ[ショック、アナフィラキシー] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。 上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

次の