焼売 の 皮 余り。 シュウマイの皮が・・・・

手作り餃子の皮の作り方

焼売 の 皮 余り

普段と違う雰囲気の会社の飲み会。 飲み会で盛り上がるゲームと言... 春巻きとは? 春巻きは中華料理の点心の一つで、小麦粉でできた春巻きで使う四角い専用の皮に具を包み、包んだ具をクルクルと巻いていき、 細長い棒状にして油で揚げた料理。 具は豚肉・タケノコ・シイタケ・ニラなどを千切りにして、炒め醤油で味付けしたものを使う。 春巻きは日本ではご飯のおかずとしてよく食べられているが、中国では点心ん一つなので、ご飯のおかずとしてではなく飲茶の一品としてよく食べられている。 中国の春巻きも日本の春巻きもどちらも具材でニラを使うことが多いが、日本の春巻きでは緑色のニラをよく使い、中国では黄ニラをよく使うので春巻きの風味が多少違う。 春巻きという名前の由来はいくつかの説があり、タケノコなどの春が旬の野菜を使うという説や、立春の日に春野菜を薄い餅で巻いて食べていたのが始まりという説や、旧正月である春節に食べる巻物であるなどの説がある。 袋を開けて余った春巻きの皮の場合は、未開封のものと同じに袋ごとそのまま冷凍保存をするのではなく、ジッパーが付いたフリージングパックなどに、余った春巻きの皮を入れて冷凍保存しておきます。 なるべく短時間で凍らせた方がいいので、金属製のバットに入れて冷凍するのがいいです。 冷凍保存した時の賞味期限は1か月くらいなので、なるべく早めに食べてください。 下の端から上に向かってクルクル巻いていき、あまりきつく巻かずにふんわりと巻き、ふんわりと巻くことにより春巻きの皮の食感がパリパリになります。 低温から一気に高温にすると、油切れがよくなりパリパリでサクサクとした食感に仕上がる。 もっと詳しく知りたい場合はAMAZONで本を買おう! 春巻きに関する200kオススメの書籍はココから検索!.

次の

余った餃子の皮の活用方法を教えて下さい!

焼売 の 皮 余り

シュウマイの皮の特徴 中華料理の点心の一つであるシュウマイは、豚のひき肉を皮で包んで蒸した料理です。 北京、山西省、山東省、広東省、江蘇省など中国各地でお馴染みです。 もちろん日本でも人気のポピュラーなメニューです。 一般的には主に豚のひき肉と海老のみじん切りを練り合わせて味付けした餡を薄い皮で円柱状に包んで蒸したもので酢や醤油、辛子などを付けていただきます。 シュウマイの皮の見た目の特徴 一般的には白い正方形の形をしています。 たまに丸い形をしているものもあります。 5cmの大きさのものが一般的なサイズです。 厚さは約0. 5mmくらいです。 シュウマイは餡の肉汁を包んで柔らかく蒸すのが特徴の料理なので皮が薄いのが特徴です。 材料は? シュウマイの皮は小麦粉とぬるま湯を使って作ります。 小麦粉は薄力粉と強力粉を1対1に合わせたものを使います。 そこに塩を加えたぬるま湯を加え最初は粉がぽろぽろになるまで混ぜます。 次に手でこね滑らかになったら布巾かラップにくるんで15~30分寝かせます。 時間が来たら、台に打ち粉をして寝かせておいた生地を厚さ0. 5mm程度に伸ばし8cm四方の大きさに切り分けて出来上がり。 餃子の皮の特徴 餃子は肉(豚や牛のひき肉)、エビ、野菜(白菜、にら、椎茸など)などで作った具を皮で包み調理した中国料理です。 調理法によって水餃子、焼き餃子、蒸し餃子、揚げ餃子などの種類があります。 中国では水餃子がポピュラーですが、日本では焼き餃子が人気です。 餃子の皮の見た目の特徴 白い丸型をしています。 サイズは直径7cmから大きいものでは12cmほどのものもあります。 厚さは約0. 8mm~1. 5mm程度です。 厚さに幅があるのは水餃子や焼き餃子など調理法によって皮の厚さに違いがあるからです。 材料は? 餃子の皮の材料はシュウマイの皮と同じです。 小麦粉の薄力粉と強力粉そしてぬるま湯でシュウマイの皮を作る時と同じ要領で作ります。 上記シュウマイの手作りする場合の基本のレシピの分量で直径約9cmの餃子の皮が約24枚作れます。 シュウマイの皮との違いは生地の厚さと形です。 ワンタンの皮の特徴 小麦粉で作った薄い皮にひき肉や魚介類、野菜などを混ぜて作った餡を包んで茹で、スープに入れた中華料理の一つです。 基本は皮を三角に折って調理しますが、イタリアのパスタトルテッリーニのような形に餡を包むこともあります。 ワンタンのスープはとろみのないものが多く鶏がらスープや干しエビなどのスープはポピュラーです。 日本ではラーメンに入れてワンタンメンとして味わったり、揚げワンタンにして食べることがあります。 ワンタンの皮の見た目の特徴 形は正方形をしています。 5cm位のサイズが一般的です。 厚さは0. 6mm位と シュウマイの皮より幾分厚く、餃子の皮より薄いです。 材料は? ワンタンの皮の材料も小麦粉です。 小麦粉の中でも 中力粉を使います。 そのほか、シュウマイや餃子の皮との違いは、 中力粉にアルカリ塩水溶液(シュウマイの皮に使う場合は粉末状のもの)のかんすいを使うことです。 かんすいを小麦粉に混ぜることで柔らかさと弾力のある皮になります。 かんすいは一般のスーパーでは販売されていないことが多いので、手作りでワンタンの皮を作る場合は、コーンスターチを代用してもかまいません。 熱湯を少しずつ混ぜポとポロになり熱が冷めたら手でまとめていきます。 生地を耳たぶくらいの固さに仕上げ、ラップかビニールに包んで15~30分寝かせます。 寝かせた生地を台の上に振り粉をふって0. 6mm程度の厚さに延ばし8cmの正方形に切って出来上がりです。 春巻きの皮の特徴 春巻きは中華料理の点心の一つです。 広東省では飲茶として良く食べます。 豚肉、たけのこ、椎茸、黄にら、春雨などを細かく切って調理したものを小麦粉で作った皮に長方形に包んで油で揚げた料理です。 パリパリした皮としっとりした中の具が特徴的な料理です。 山東省では幾分厚めの皮に衣を付けて天ぷらのように揚げたり、とき卵を付けて揚げるものもあります。 ちなみに春巻きとは、春の新芽が出て時の野菜を具にして作られたことでこのようなネームングが付けられたそうです。 春巻きの皮の見た目の特徴 形は長方形をしています。 4~0. 5mm程度です。 材料は? 小麦粉の中でも水で練った時に 弾力性と粘りが一番強い強力粉を使います。 シュウマイや餃子などの皮と違う点は、 寝かせて作った生地に火を通して作ることです。 生地はシュウマイなどの生地よりゆるく、そしてクレープの生地を焼くように油をひいていないフライパンなどに流して火を通します。 <手作りする場合の基本のレシピ> 強力粉と水の割合は1対3の割合を基本にします。 強力粉100gで10枚くらい作れます。 作り方 強力粉に水を加えて15~30分程寝かせます。 寝かせた生地をフライパンでクレープを焼くように薄く伸ばして火を通します。 この時フライパンが熱すぎると生地が乾いて割れてしまうので気をつけてください。 生地に火が通ると透明になります。 さらに火を加えると白くなりそして黄色っぽくなります。 そうしたら皮の端からゆっくりフライパンからはがして出来上がりです。 【結論】シュウマイ、餃子、ワンタンそして春巻きの皮の違いは シュウマイと餃子の皮の材料は同じです。 この2つの違いは皮の厚さと形に違いがあります。 ワンタンは材料に中力粉にかんすいを使い柔らかさを出した皮、そして春巻きの皮は強力粉を使い弾力を持たせ火を通して作られています。 焼き餃子の皮はちょっと厚めでもっちりした食感がおいしく、シュウマイは薄い皮で包まれている餡が美味しいですよね。 ツルンとした皮に包まれたワンタンはスープによく合いのど越しが滑らかで、春巻きは弾力のある強力粉で作られているので揚げた時のパリパリ感が味わえます。 材料の小麦粉の種類の違いや皮の形や厚さなどの違いで、それぞれのお料理を皮が美味しく演出してくれているようです。 それぞれの皮で包まれた中華の点心!美味しく味わってください。

次の

【レシピ】焼売の皮でミニクリスピーピザ【料理リレー】 : sweet+

焼売 の 皮 余り

まず最初に、焼売を手作りした場合の正しい保存方法について紹介していく。 チルドや冷凍の市販品を使用する場合は、記載されている方法に従って保存しよう。 手作り焼売を保存する場合、加熱したあとの状態で冷凍保存するのが基本になる。 点心のほとんどは、「調理工程で蒸した後に冷凍する」ということを知っておこう。 生のまま冷凍したほうが美味しそうなイメージがあるが、美味しい焼売を食べるためには「加熱後に冷凍」が鉄則だ。 また、焼売の皮同士がくっついてしまうと、皮が破れて見た目がきれいに仕上がらないばかりでなく、肉汁が流出して風味の低下につながる。 冷凍するときはなるべく隙間を開けて、バラバラに冷凍するのがポイントだ。 焼売を冷凍するときは、バットがあればその上にラップを敷いて焼売を並べる。 さらにラップを上に被せてから急速冷凍室で冷凍しよう。 冷凍に時間がかかると味が低下してしまう可能性があるため、なるべく早く凍らせることを心がけてほしい。 焼売が冷凍されたら、そのあとは袋などに移して保存してもよい。 バットのまま冷凍室に置いておくとほかのものを入れるスペースがなくなるため、普段は袋に保存しておく方がよいだろう。 焼売を冷凍するときは、バットにラップを敷いて冷凍室に入れると説明したが、ラップがもったいなく感じる人は片栗粉を使った冷凍法を試してみてほしい。 ラップを敷くときと同様に、バットに片栗粉を振り、焼売を並べるだけである。 片栗粉の上に焼売を並べて、上からさらにラップをかけた状態で冷凍室に入れる。 ラップを使う方法と変わりはないが、口に入ってもよい食品を使うという点でこちらの方が安心、という人もいるだろう。 粉っぽさを心配する人もいるかもしれないが、もう一度加熱して食べるためとくに問題はない。 冷凍室に入れて完全に冷凍されたら、お互いにくっつかないようにバラバラにしてから袋などに入れて保管する。 食べるときは少量ずつ出して使えるため、食べすぎる心配もなくお弁当のおかずにも大活躍だ。 生の焼売を解凍する場合は、自然解凍すると形が崩れてしまう可能性もあるため、そのまま加熱する方法がおすすめだ。 凍ったまま水を張ったフライパンに並べて、ふたをして加熱をするだけで、手作りした直後の様な味を楽しむことができる。 おすすめはこの方法だが、時短調理がしたいときはレンジスチーマーを使ってレンジ加熱をしてもよいだろう。 冷凍食品の焼売はそのまま電子レンジで加熱するだけで食べることができるが、蒸したあとに冷凍した焼売でも同じように簡単に解凍することが可能である。 耐熱容器に並べて、水を含んだキッチンペーパーをふんわりと上からかけ、電子レンジで加熱すれば完成だ。 焼売は蒸したあとでも冷凍することができるため、一度にまとめて作っておけば、忙しいときでもサッと立派なおかずが完成する。

次の