ヨーロッパ 素材。 磁器

ヨーロッパの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ヨーロッパ 素材

定義 [ ] 一般的には陶磁器のうち素地が多孔性で透光性がなく吸水性があるものを陶器、素地が緻密質で透光性があり吸水性がないものを磁器という。 中国では、やきものはと磁器(現代中国語では「瓷器」)とに二大別され、一般的には「」という分類呼称は用いられない。 中国では無釉すなわち(うわぐすり)を掛けないやきものは焼成温度の高低にかかわらず「陶器」と呼び、釉の掛かったものでも、低火度焼成のもの(のなど)は「陶器」に分類している。 中国では、胎土のガラス化の程度にかかわらず、高火度焼成された施釉のやきものを「瓷器」と称する。 日本語の「磁器」は、にを多く含み、施釉して高温で焼成し、ガラス化が進んだやきもののことを指す。 ドイツや日本では磁器の概念が比較的明確であるが、アメリカやイギリスでは素地の特性だけでなく用途を含めた分類と呼称になっているため磁器の概念が不明瞭といわれている。 磁器は英語の porcelainの訳に当てられている。 ただし、英語のポースレン porcelain は白いやきもののことであり、中国・朝鮮・日本では磁器とみなされるは、英語ではストーンウェア stoneware とみなされる。 なお、ポースレンの語源は『』にあるとされる。 すなわち、が磁器を見た際に、白地で硬い殻をもつポルセーラ貝に似ていることからポルセーラと表記したことにはじまるといわれている。 アメリカでは製品としての磁器 technical porcelain はホワイトウエア Whiteware に分類されるが、ホワイトウエアは緻密な組織をもつ(一般的には白色の)焼成品の総称で無釉素地のものも含み陶器や炻器も含まれる。 また、英語の Chinaware(または China)は狭義には磁器 porcelain であるが、アメリカではディナーウエア dinnerware のことをいう。 イギリスでも vitreous dinner ware(磁器化(熔化)されたディナーウエア)を porcelainと呼ぶことがある。 また、陶磁器の中では最も硬く、軽く弾くと金属音がする。 焼成温度や原料によって硬質磁器(hard porcelain SK13 - 16焼成)と軟質磁器(soft porcelain SK8 - 12焼成)に分けられる。 日本の主な磁器として佐賀県などで焼かれる肥前磁器()やなどがある。 は磁器よりはるかに古くから知られており、単に磁質化(ガラス化)するのが磁器製作の目的ではない。 焼成温度の高いと、比較的低温で焼成されるに分けられる。 原料 [ ] してとなる 、除粘剤となり可を向上させ、かつ(融剤)としてを下げる (SiO 2)、ガラス相を形成し強度を向上させ、石英と同種の効果も示す の3種類が主原料である。 粘土質物にはが使用され、この他、軟質磁器には、には骨灰()が添加される。 原料処理では、まず透水性向上のために長石・石英を細かくする。 続いてを水篩などで除去した後に原料を全て混合し、荒練りとと呼ばれる作業で練り上げる。 これにより土中の水分を均一にしてによる歪みを防止するとともに、空気を抜くことで成形性を向上させる効果がある。 練った土はしばらく放置し、水を細部まで浸透させると同時に、繁殖したの排泄物により可塑性を向上させる。 作製方法 [ ] ・の -頃。 ()所蔵 練られた土は、まずロクロやヘラで大まかな形が作られる。 複雑な形状の製品(人形など)は泥漿(でいしょう)法等により成形する。 続く焼成は、通常2 - 3段階に分けて行なわれる。 これによって釉薬はガラス化し、光沢や色が得られるとともに、ガラス層が亀裂の進展を抑えるために強度が向上する。 磁器は焼成中に高温で融解しつつ、と呼ばれる針状鉱物結晶を生成するため、成分の多くが融解しても形状を維持し続け、ガラス質の器質となる。 によって磁器に模様を描く作業は 絵付と呼ばれる。 絵付には施釉前に行なう 下絵付と施釉後に行なう 上絵付がある。 下絵付は2次焼成の必要がないため低コストだが、釉薬と反応しない安定な顔料しか使えない。 このため金属や化合物が主に使われ、緑、青、黄などを発色する。 のは下絵付によって描かれる。 これに対し、上絵付は二次焼成の手間がかかるものの、熱処理温度が低いため使用できる色が多く、特に赤色顔料や金彩を使用できるのが特徴となっている。 歴史 [ ] 中国・朝鮮 [ ] 景徳鎮窯、代、(壺:11世紀、碗:12-13世紀、明器:13世紀) ) 高温で焼成されが溶けかかった硬質のやきものである磁器の製法は、中国で発明されたものであり、草木の灰を溶いて焼きものの器面に塗布し、人為的に釉薬をつくりだしたの誕生はの時代までさかのぼることが明らかになった。 灰釉は長い年月をかけて少しずつ改良され、安定して技術として確立し、の時代には、素地が堅く焼き締まり釉薬がなめらかに溶けかかった「瓷器(じき)」(半磁器)としての完成の域に達した。 本格的なの製作は、この後漢代に始まった。 青磁の発祥地は、現在のの一帯とみられ、現在までに30か所以上の後漢代の青磁窯址が発見されている。 古くはの中心地であった当地は、磁土や燃料といった原材料にも恵まれて窯業の長い伝統を有し、また農耕がさかんで人口も多く、水運の利便にも恵まれた地域であり、窯炉の改良もさかんだったとみられる。 これに続く、からにかけて、日本では一般に「古越磁」と称される青磁が製作されたのは、現在の浙江省を中心とする地域で、や人物、鳥獣などさまざまな装飾をほどこされた多様な造形の器物が、に副葬されるいわゆる「」としてもさかんにつくられた。 古越州窯の青磁は、はじめ一帯で出土する。 南北朝時代の北朝では、その末期に北方青磁独自の様式があらわれ、代に引き継がれた。 なお、北方の青磁はがかった暗緑褐色・暗褐色・黄褐色を呈するという特徴がある。 代以降、青磁は多くの文人・知識人に愛されたが、その理由の一つとして中国で古来珍重されてきた(碧玉)に近い色合いが挙げられる。 碧玉は古代よりが身に付ける装身具の素材とされ、においては「徳」の根源とみなされてきたので、青磁は「假玉器(かぎょくき)」とも称されて宝器などとして貴族層に受容された。 さらに、には、後世「茶祖」と称されるが『』を著し、それに則ったの習慣が流行した。 『茶経』において陸羽は、浅黄色に抽出した煎茶を越州窯の青磁茶碗に淹れると茶の色が緑に映える、と述べている。 唐代から代にかけて、陸羽茶道の流行とともに、王侯や文人たちはおおいに青磁茶碗を求めた。 宋代には官窯が設置され、の白磁、(じょよう)の青磁などに代表される、器形、釉調ともにきわめて高度な技術を駆使した磁器が生み出された。 また、華北・華南の各地に、、、、などの個性的な窯が栄えた。 とりわけ。 代から存在感を発揮し、以後の中国陶磁史を主導するのがのである。 台には、白地にコバルトによる青色で絵付けをした磁器である「青花」(日本語では「」という)の生産が隆盛し、輸出磁器として諸国の憧憬の的となり、圏などで競って求められるようになった。 代には景徳鎮窯が中国の磁器生産の中心となり、青花や「五彩」などの絵画的な加飾を施した器が盛んに生産された。 明末から初にかけては、景徳鎮の民窯や福建省の漳州窯などで、官窯とは作風の異なる輸出向けの磁器がされ、、、日本などへ運ばれた。 清代に入ると、の技法を応用した粉彩(彩)の技術が開発され、磁器の器面に絵画と同様の絵付けが施されるようになった。 この時期、窯業技術の進歩によってさまざまな色釉が新たに開発され、成形や施釉の技術、絵付けの技法とともに中国陶磁の頂点を迎えた。 しかし、清朝後期以降は、社会情勢の不安定化とともに従来の技術水準を維持することが困難になり、一時は一世を風靡した中国陶磁も変革と進歩の歴史に終止符を打った。 景徳鎮の官窯、1723年 - 1735年(清代) 日本 [ ] 近代以前 [ ] 日本では、の朝鮮出兵によって、から連れて来た陶工・(金ヶ江三兵衛)が有田で磁石(じせき、磁器の原料)を発見したことから製作が始まったと言われている。 窯跡の発掘調査の結果からは、1610年代に有田西部の諸窯で磁器(初期伊万里)の製造が始まったというのが通説となっている。 もともと景徳鎮でも青磁を作っていたが、用いていた近傍の高嶺()という山の白土は、超高温で焼かなければ固まらない難物だった。 そこで出来た青白磁はすでに磁質(ガラス)化していたが、「影青(インチン)」といって青みが薄く掛かり、氷のような硬く冷たい色をしていた。 の人々は、これは地の白土がガラスのように透き通るので純白にならないためだと考え、他の陶石を混ぜるなどして改良したらしい。 こうしてできた白地が圧倒的に美しかったために、いつしか唯一無二の絵付けの生地として中国を席巻していった。 西洋の磁器も、初めはこの景徳鎮の青磁やを粉砕・溶解するなど長年にわたる詳細な科学調査を繰り返してようやく確立された。 積み出し港の名からと呼ばれた肥前磁器は、後期まで隆盛を極め、また中国風の赤絵などのデザインだけでなく、日本独自のによる濁手、金襴手、錦染付などが生まれ、明末初の混乱で磁器生産が滞った中国に代わってにも輸出され、高い評価を得た。 またでは藩窯として生産を行ない、美しく緻密な作品が作られた。 江戸時代後半には磁器焼成は、など各地に広まり、頃にはで大量に生産されるようになり、庶民にも磁器は広まっていった。 砥部焼、19世紀 近現代 [ ] 明治以降はなどからヨーロッパの潤科学技術を取り入れて、生産効率が飛躍的に向上した。 具体的には、• ・など輸送手段の発展により原料となる陶土の選択肢が増加。 機械化や泥漿鋳込法導入による成形の高速化。 科学的な精製による顔料調合の効率化。 や電気、を燃料とし、より正確な焼成の温度管理が実現。 などの要因が挙げられる。 そして趣味の流行や国内の安価な労働力を背景として、職人を吸収した会社組織による洋食器の輸出が盛んに行なわれた。 戦前は日本の主な輸出産業の一つであり、戦後も輸出は伸び続けた。 の陶器メーカーであるWeller社やMaccoy社などが、前半には繁盛したものの以降衰退、廃業したのも日本製陶磁器に圧されたのが原因の一つと言われている。 しかしその後、などにより、以降は輸出が急減した。 近年では、原料にを配合して強度を増した 強化磁器が小児向け食器として生産され、の滲出が懸念されたプラスチック製食器に代わってで採用されている。 ヨーロッパ [ ] 19世紀 キャンドルライトと置時計 中国からヨーロッパに磁器の製法が伝わったのは、の・と言われ、中国の軟質磁器の複製品の試みがのブランドとして成功を収めて広がったとされる。 からにかけて中国の磁器は、交易品として大きな位置を占めていたと言われている。 ヨーロッパでは磁器を軟質磁器と硬質磁器に分けることが多く、初期ののように磁土にカオリンを含まず、焼成度の低いものは軟質磁器と呼ばれている。 白地に青の中国磁器を模倣する試みは、イタリアのやオランダのに見られたが、これらはあくまでも陶器であり、磁器の製造には至らなかった。 現在もそれらは伝統の製法を守り、陶器としての製造を続けている。 硬質磁器 真正磁器 は、にドイツのベットガーがで磁土を発見したことを端緒としている。 これにより、が生産地として発展を遂げた。 マイセンの技術は厳重に秘密裏とされたが、フランス王家による技師の招聘によってにも伝わり、の保護のもとから方面へ向かう近郊のでとして磁器製造が発展した。 現在はセーヴル市としてパリ市に隣接し、国立陶芸美術館がある。 セーブルのほか、フランスでは、、オーストリアの、イタリアの、ドイツのヘフストやニンフェンブルクなどでも磁器の焼成に成功し、18世紀中葉にはヨーロッパ各地で制作が広がった。 後は、に磁器技術が伝わり、現在もフランスの陶磁産業を代表するがある。 リモージュにもという磁器がメインの博物館がある。 にマイセンの技術を導入したの「」では、時代・現代も通して独特な磁器を制作してきた。 古賀直樹「」『Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan』第7巻第285号、無機マテリアル学会、2000年、 143-148頁、 :。 (2011年12月29日確認)• 参考文献 [ ]• 『青磁』〈中国の陶磁4〉、1997年4月。 『日本史小百科 』東京堂出版、1991年8月。 ・今井敦『日本出土の中国陶磁』平凡社〈中国の陶磁12〉、1995年9月。 『中国と茶碗と日本と』、2012年8月。 『「特別展 中国の陶磁」図録』、1992年。 を主とする東洋の美術品の評価と、中南米へもたらされた日本美術の影響」 『純心人文研究』 23巻 、2017年。。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

海外の音2 ヨーロッパ・フランス〜フリー効果音・無料効果音素材

ヨーロッパ 素材

中世ヨーロッパにおける靴の素材 中世ヨーロッパの職業を調べているうち、 靴屋の数の多さに疑問を覚えました。 パン屋、仕立て屋などはわかるのですが、 靴を履きつぶすことも少ない現代人の感覚だと少し不思議だなと。 しかし、当時の人たちは現代人よりはるかによく歩き、 現代のように優れた靴もないので消耗品なのだろうと考えました。 間違っていたらご指摘ください。 さて、本題です。 中世ヨーロッパにおいて靴の素材は皮が主だったとされていますが、 実際はなんの皮だったのでしょう? いわゆる毛皮は高級だろうし、牛は個体数が少なかっただろうし。 庶民が容易に手に入れられるものとなると、羊や山羊や豚あたりでしょうか? 豚の皮は日常的に使われていたのでしょうか? 日本ではなじみがないので判断できないのですが、 もし中世期から使われていたのなら 現代でもけっこうポピュラーだったりするのでしょうか? ご存知の方がおられたらご教授くださいませ。 神聖ローマ時代、ツンフやギルドが発達して、靴屋や皮のなめしやなどがツンフとしてヨーロッパでは発達したのだと思います。 (なめしの文化はメソポタミア文化からあったはずです。 ) 皮ですが、豚や牛、いのしし、熊、狼、馬、鹿、羊、ヤギ、いたち、かわうそ、ミンク、ウサギ等考えられます。 普通、狩は貴族だけが出来ることで、農民は畑を荒らす小動物の退治程度に許されたことだったと思います。 ただ、16世紀の農民戦争が激しくなる前までは、川や湖などで魚を釣るにも庶民には税金がかけられた時代背景ですので、小動物を狩っても税金を支払わなくてはいけなかったかもしれません。 皮の加工について言えば、皮のなめしは馬の鞍や乗馬のためのブーツ、手袋にも必須でした。 また、鍛冶屋などは、皮のエプロンや手袋が必要でした。 羊の皮はやわらかすぎますので靴には使えないと思います。 靴のほとんどは貴族と一部の市民の物で、下級兵士はローマ人のサンダル、修道士も皮製の簡単なサンダル、下級市民はオランダの木靴の様な物か、木のサンダルまたは麻布製またははだしだったろうと思われます。 ほとんどの農家が豚を家畜として飼っていて、クリスマス前になるとハムやソーセージなどに加工し、皮はなめし業者に回していたのだと思います。 豚は100%捨てるところが無く、血はソーセージ、油脂は皮を磨くのに適しています。 現代では、豚の皮はゼラチンに加工されることが多いのではないでしょうか。 YouTubeで下を検索すると、4:30から若いお母さんがルターに「私も免罪符を買いました」…。 の会話の後ろで市民が歩いているその足元をご覧ください。 その場面は、1517年10月31日直前の話で、(10月下旬、ドイツでは晩秋で、そろそろ冬のコートが要る時期)です。 普通の皮より6倍強いそうです。 回答ありがとうございます。 毛皮や皮革には多くの種類があったわけですね。 猪や鹿は失念していました。 このへんは貴族階級でないと狩れなさそうですが。 個人的には、靴を含めた衣服類は、貴族階級の使い古しが買い取り売られて 庶民や農民に用いられたのではないかと思います。 この辺はもうちょっと文献なんかを調べて補完できればよいのですけど。 物が皮だけに当時のモノは残っていないでしょうね。 技術的には現代まで伝えられているのかな。 ルネサンス以前の技術がどの程度なのやら、イマイチ判断しきれません。 教えていただいたサイトはとても参考になりそうです。 最初のサイトは中世やファンタジーのコスプレみたいなものでしょうか? イメージ的にはぴったりなのですが、これほどのものは中世期では 作れていなかったでしょうね。 しかし、視覚的な資料としては色々と考えるネタが増えそうです。 海外のサイトは検索もしきれないので助かります。 狩猟権とか森の権利は実情を知るのは難しそうですね。 どの程度守られていたのか、どの程度罰則があったのか、 けっこう場所や情勢によって違っていそうですし。 次はこのへんを詰めてみようかな。 鮭の皮の靴は写真で見たのは初めてでした。 前に科学番組でジャンパーを作ったのは見たことありますが(笑 大量にあまっているけど、加工の手間とコストを考えると 現代では採算がとれないそうです。 アイヌの食性から、余り物になる鮭の皮を有効利用したわけですね。 このへんは人間が築く文明の基本的な知恵ということでしょうか。 他の文化圏でも検証してみたいと思います。 しかしルターの動画はすごいですね。 よくこの情報を提示できるなあと感心しきりです。 また面白い情報があればご教授くださいませ。 ANo. 2です。 前回、羊の皮は靴に向いていないと書きましたが、去年の冬に羊の皮のブーツが流行しました。 もし、昔もなめし皮を重ねて靴底を作っていたら、こんな靴もあったと思います。 ヨーロッパでは、夏になると、あちらこちらの古城で時代劇の様な催しが行われ、そこの俳優たちは、城の周辺に野営して、普通昔と同じ生活をするのが普通です。 催し期間中は、ツンフなどの手工業者達も樽の作り方や、紙のすき方、毛糸の紡ぎ方、陶器の作り方から、鷹狩りの仕方などを、全く昔と同じ様な衣装で行われます。 ローマ人のはいていたサンダルも今でも使われていたり、現代風にアレンジしたものが、去年の夏に流行していました。 貴族や地位の高い市民の衣装等に関しては、昔の方が現代よりも手が込んでいて質が高いと思います。 私は、最近はほとんどしませんが、以前は手芸が好きで、刺繍やレース等に興味がありますが、そういった手の込んだ技術は需要が無くなることで、廃れていっています。 靴に関しても、昔は靴はオーダーメードでもっとおしゃれだったと思います。 ヨーロッパのどこの町でも一軒ぐらい、オーダーメードの靴屋がありますが、それは左右の脚の長さが違うとか、足の型が左右違うとか、外反母趾とかで、整形外科にかかっているような人のための靴屋です。 オーダーメードの靴は丈夫で、修理も可能です。 日本の防人もそうですが、ローマ兵士、布教の修道士、神聖ローマ時代の皇帝の御付の人たち、十字軍など、昔の人の歩く距離はすごかったですね。 ものの無い不便さ、獣道、山賊等の悪条件なども考えると感心を超えて不思議に思えてしかたがありません。 回答ありがとうございます。 素材として羊の皮と明確にわかるモノの写真ははじめて見ました。 なかなかカッコいいですね。 高級感がありすぎて、 いま日常で使うには抵抗ありますが(笑 さすがに靴底はゴム製のようですが、中世当時なら余った皮でツギハギ補修 してでも使っていたんじゃないかな、と予想してしまいます。 木のサンダルというのも、磨り減る靴底としては妥当な選択だったのでしょう。 コルクの靴底とか言われると、想像だけでも履き心地は悪くなさそうですし。 昔と同じ生活を模したものというのは面白そうです。 祭の一環でしょうか。 ヨーロッパは今でも日常の中に中世期からの伝統が融合している印象がありますね。 それとも日本人的あこがれでそう感じているだけなのかな? 日本でも金沢などの特定地域では伝統が継承されているようですが、 日常の中では技術的には完全に廃れてしまっている感じですから。 こういうものは単品ではなく、素材の調達から加工・製造にいたる すべての経路を考えないと、技術の保持は難しいようです。 情勢における需要ゆえに高い技術が保たれる、というのはその通りだと思います。 日本の職人技術なども素晴らしいものがありますもんね。 西洋でも同等かそれ以上の技術が発展したことは想像に難くありません。 しかし、どうしても自分がイメージしている、例えば紹介していただいた サイトの商品のようなものは、技術レベルの飛躍したルネサンス期以降に 確立したのではないかという印象を脱しきれません。 日本の伝統工芸が、政治的情勢の安定した江戸期に発展したように、 西洋においてもある程度の安定を得た時期にならないと 技術的な水準は上がらなかったのではないかと。 ただ、自分の中の認識が低く見すぎている気はします。 文献だけだと文章的な説明ばかりで モノとしての具体的な状態が認識ができないんですよね。 歴史的・経済的な発展の背景なども勉強し、 自分なりに納得のいく答えを出したいものです。 靴をネタにする以上、歩行に関する情報も自然と意識させられますね。 当時の人々がどれぐらい歩いていたのか、数値上の情報は簡単に得られるのですが、 それが実際にどれぐらいの苦労かというのはなかなか理解できないものです。 自分は普通に歩いてだと10kmぐらいでしんどくなりました。 これを、大荷物かついで何時間も歩いていたというのだから、 当時の人々恐るべしと思わざるを得ません。 もう体が歩くために最適化されていたんでしょうね。 答えになってないかもしれませんが・・・、 中世の靴は柔らかい皮か布地で作られ、硬い革(皮をなめして加工したもの)は使用していないはずです。 靴底にヒール(かかとの部分)も無く、ぺったんこの靴です。 (ヒールのある靴は16世紀以降に登場しました。 ) その為、当然靴底が長持ちしないので、靴屋に需要がそれだけあったのではないでしょうか? ちなみに、中世も末になると靴底に下敷きを入れるタイプも登場していたようです。 こちらは、靴底を長持ちさせるのと、泥汚れを避けるための工夫のようです。 又、15世紀頃には雨天用の靴に縛り付けるゲタのような木の台もありました。 余談ですが、機能性は低い中世の靴ですが、カラフルなものが意外と多く、美しい布地を用いたり、赤や白の靴が多く出回っていたようです。 デザインとしては、つまさきを長くするのが流行になり、とんがった靴が横行した為、 「2インチ以上のつま先の靴は禁止」という法令が15世紀のイギリスで出た事もあります。 参考になれば幸いです。 回答ありがとうございます。 皮はすべてなめし加工ぐらいはしていたと思いますよ? 剥いだだけでは加工しにくいし、そのままでは腐ってしまいますし。 ただ、素材として柔らかかったであろうことは納得できます。 靴底がすぐに磨り減ってしまうからこそ、それだけ仕事の需要があり、 靴屋は数が多くても生計が立てられたのでしょうね。 靴一つとってもその地の文化や状況がわかりますね。 西洋では靴の持つ意味が日本にくらべて多く深いようです。 靴先はファッション性から伸びていったようですが、 ハイヒールは汚物を踏まないためだそうですし、 クリスマスでプレゼントが長靴に入れられるのも靴の重要性を示しているらしいし。 小人の靴もその系統でしょう。 物に対する認識の違いというのは知ってみると面白いですわ。 A ベストアンサー ざっくりということで,ざっくり回答してみます。 (笑) 税には幾つかの種類が存在しますので,主な税を纏めてみます。 ・人頭税 一番有名な税かもしれません。 これは,そこに住むだけで一人ひとりに課される税です。 全ての人に同じ率の税が課されるため,世界で最も平等な税とも言われています。 しかし,所得などまったく考慮されないため低所得層の負担が大きな税制でもあります(これを税の逆進性と言い,消費税値上げ論議でよく言及されます。 ) ・土地税 名前の通り,土地に課される税です。 今で言う固定資産税みたいなものでしょうか。 納税は,その土地で出来た作物や一定の時期における労役などがあります。 ・荘園制 領主が一定の領地を支配し,その中で人々が暮らす社会制度です。 そこに住む人々は,自由民と農奴にわかれます。 (農奴も法的には自由民だが実態は奴隷のようでした) 農地も自由民に貸し与えられた農民保有と,領主自身が経営する直営地とからなっていました。 納税は,現物納税と直営地での労役が課され,領主はその収入の中から国などに収めました。 また,土地は世襲されるため,結果的に農奴の移住は殆ど認められていませんでした。 ・十分の一税 住民に対して,教会に収める税金です。 その名の通り,教会が収入の十分の一を教会(貧者・病人の救済,教会運営が名目)に収めさせた税です。 領主への税負担と同時に求められたため,農民からしてみれば二重負担のようなものでした。 この場合も物納が基本でした。 これ以外にも,結婚税・死亡税・粉挽き小屋使用税,輸出入にかかる税金などなど,あらゆる機会にあらゆる税が課されました。 しかし,農業生産能力が上がり庶民が裕福になると,こうした税負担に反発して反乱を起こすようになっていきます。 それが宗教改革・社会革命に繋がり,フランス革命の遠因にもなりました。 >納める物や、納期、徴収される対象の人は? 納めるものは,農作物・工業製品・労働力・貨幣などなど。 納期は,農作物が収穫できる夏~秋頃であったり,春先であったり,何かの行為(結婚,商売など)をするタイミングだったりと色々です。 もちろん,王侯貴族も直営地や荘園を持っており,それに加えて庇護下におく貴族からも徴収するという感じですね。 と,ざっくりと纏めるとこんな感じです。 ではでは、参考になれば幸いです。 ざっくりということで,ざっくり回答してみます。 (笑) 税には幾つかの種類が存在しますので,主な税を纏めてみます。 ・人頭税 一番有名な税かもしれません。 これは,そこに住むだけで一人ひとりに課される税です。 全ての人に同じ率の税が課されるため,世界で最も平等な税とも言われています。 しかし,所得などまったく考慮されないため低所得層の負担が大きな税制でもあります(これを税の逆進性と言い,消費税値上げ論議でよく言及されます。 ) ・土地税 名前の通り,土地に課される税です。 今で言う... 王様がどうとかいう話を読んでいると、おとぎ話のように感じてしまうのですが 人間がかかわっている以上、政治組織が組まれていたということは分かります。 ですが、その組織体系が全くわかりません。 イギリスの場合は国王のほかに議会があり、そのトップが首相ですよね? その首相は貴族がなったという考えであっているでしょうか。 またいわゆる王様の周辺を整える王室府(?でいいのでしょうか)が あったと思うのですが、それらは議会とは別ですよね。 いわゆる侍従長のような 存在の人は貴族なのでしょうか・・・? ちんぷんかんぷんです。 フランスに関しても絶対王政下で各大臣やら元帥やらがいたと思うのですが どうなってるのかさっぱりです。 図書館で調べてみようと思ったのですが、政治史の所には現代ヨーロッパを 扱った本しかなく・・・。 西洋史も見てみたのですが、各時代の君主や 西洋史全体を扱った本はありましたが求める答えは見つかりませんでした。 どなたかヨーロッパの政治組織に詳しい方教えていただけないでしょうか。 どういった役職があり、君主とはどのようにつながっているのでしょうか。 もしくはお勧めの本などあれば教えていただけますと大変助かります。 よろしくお願いします。 王様がどうとかいう話を読んでいると、おとぎ話のように感じてしまうのですが 人間がかかわっている以上、政治組織が組まれていたということは分かります。 ですが、その組織体系が全くわかりません。 イギリスの場合は国王のほかに議会があり、そのトップが首相ですよね? その首相は貴族がなったという考えであっているでしょうか。 またいわゆる王様の... A ベストアンサー イギリスのエリザベス1世の時代だと (エリザベス朝の貴族とジェントルマン-政治上における活動分野- 大野真弓著 を参考にして書いてます。 ) 枢密院 20名足らずで構成。 女王より個別に任命され、彼らは女王にのみ責任を負う。 その職務は、内政・外交の助言と女王の政策の執行です。 女王の治世では、貴族とそれ以外の者が同数になるように配慮されています。 (なお初代[自らの功績で貴族に叙勲]や二代目と言った歴史の浅い貴族が多い) 政治組織としては、以下の組織が有ります。 1宮内府 ・チェンバー 宮廷の日課や儀式の調整に当たる ・ハウスホールド 宮廷の必需品の調達を行う ・主馬寮 宮廷の御召馬やその他の馬の管理を行う 2政府 ・大法官府 国璽を保管し、主宰者は貴族院の議長も務める ・財務府 徴税・王領の管理・王室の債務者に関する諸事務を扱う ・秘書 元来は御璽を管理し、国王の書簡を作成し・外交を司る (後に権限が強化され、実質的には宰相クラスの役割を担う者も輩出) 3地方行政官 地方行政の担い手は、主に各州における地方判事が行った。 一部の特別地区には地方院長官が置かれた。 ・地方判事 各州に数十名程度おり、裁判権・行政権・警察権を行使。 大法官の選任のもと国王が任命した。 ・地方院長官 北部などの辺境に置かれ当該地区の司法権・行政権を握る。 北部地方院では対スコットランド防衛の責を負った。 ・アイルランド統治官 女王の代理として統治を行うと共に、軍司令官を務めた。 4陸軍 従臣制(貴族などが提供する兵員) 民兵制(従臣の対象外の男子[16~60才]を統監が徴集した兵員)の二本立て。 戦時には、女王を頂点とし、枢密院に戦時評議会がおかれ、軍司令官を指揮する。 軍司令官は、国内戦は当該州の統監が多いが、外国の場合その他の者が起用された。 ・統監 枢密院の専門部会、六人委員会の元、1~複数の州の民兵の査閲。 戦時には、軍司令官として民兵の指揮を行う。 5海軍 陸軍と異なり常備海軍が存在しており、二箇所の海軍工廠と海軍局を創設。 (戦時に不足する場合は、民間からも徴発) ・海軍局 長官の下に財務官・管理官・検査官・兵器総監・軍艦書記がある。 海軍行政に当たった。 ・艦隊司令官 海外遠征時の艦隊指揮を実施 6議会 立法機関と言うよりも、王提出の法案や予算案や新規徴税の了承をする機関 ・貴族院 聖職貴族24名と世俗貴族64名 ・庶民院 州選出90名と都市選出議員372名(庶民院の過半は、ジェントリー階級出身) なお、現在のイギリスでも行政の最高権限を保有しているのは、枢密院です。 (内閣はこの枢密院の一委員会) まあ殆どの行政権の行使を内閣が行っていますし、庶民院の過半数を占める党派の党首が首相に成ると言う慣例が有りますので議会制民主主義と呼べるのですが…。 ちなみに、イギリスの首相というのは慣例(例外が無い訳では有りませんが)として第一大蔵卿 兼 国家公務員担当大臣を指しています。 第一大蔵卿は王室財政を司る者の役職でした。 (国家財政を担当するのは第二大蔵卿[財務大臣]) イギリスのエリザベス1世の時代だと (エリザベス朝の貴族とジェントルマン-政治上における活動分野- 大野真弓著 を参考にして書いてます。 ) 枢密院 20名足らずで構成。 女王より個別に任命され、彼らは女王にのみ責任を負う。 その職務は、内政・外交の助言と女王の政策の執行です。 女王の治世では、貴族とそれ以外の者が... Q 貴族や騎士・兵士は一国あたり何人ぐらいが妥当でしょうか? 異世界ファンタジーの世界設定をしているのですが、行き詰っています。 一国あたりの貴族の人数、またはそれに伴った領地の数がよくわからないからです。 モデルとなる時代は14~15世紀ごろです。 銃やプレートメイルが普及し始めたぐらいで、船は帆船が主流という設定です。 色々調べてはみたのですが、例えば公爵が何人で伯爵が何人などの具体的な数を探しあてられなかったので、知識人の力をお貸しいただけたらと考えた次第です。 ちなみに騎士はほぼ騎兵で、歩兵は傭兵を雇うのが一般的ということでお願いします。 貴族は文官と武官に別れ、文官は領地を持たず武官は領地を持っている。 士爵は領地を持たず、武勲をうちたてた騎士に贈られる一代限りの爵位。 軍は国の軍(王の常備軍?)のみ。 ただ、全員が王都にいるわけではなく、王族を守る近衛兵と、王都を守る兵、国境を守っている兵(全て騎士)に別れる。 王都と国境以外の街は、領主が雇った警備兵(庶民)が常駐する。 稀に警備兵から騎士に取り立てられる者がいる。 戦時中のみ傭兵を雇う。 海洋貿易が盛んで、海軍がある。 海軍は貿易航路と海岸沿いを守っている。 同程度の規模の敵国と国境(山と川)を接していて、現在は冷戦中。 隣国の二国 東西の国 と三国軍事同盟を結んでいる。 あまり裕福ではなく、極端に貧乏でもない。 海が無い。 士爵は領地を持たず、武勲をうちたてた騎士に贈られる爵位。 世襲制。 名誉士爵は伯爵以上の位を持つ者が、何かしら国に貢献した者に与えられる一代限りの位。 免税と、街に入る際の優先権が与えられる。 軍の形は海軍が無いこと以外はA国と同じ。 同盟のため東西の守りは薄く、南の国境を重点的に固めている。 北は砂漠で、国が無い。 以上です。 そもそも上記の条件の時点で無理があるという場合は、そちらもご指摘いただけたらと思います。 それとタイトル外のことなのですが、上記の設定で色々考えた結果、全世界の人口が二億人ちょっと程度になってしまいました。 ちょっと人口が少なすぎるかなと思うのですが、いかがでしょうか……。 もしわかるなら、合わせて答えていただけると嬉しいです。 貴族や騎士・兵士は一国あたり何人ぐらいが妥当でしょうか? 異世界ファンタジーの世界設定をしているのですが、行き詰っています。 一国あたりの貴族の人数、またはそれに伴った領地の数がよくわからないからです。 モデルとなる時代は14~15世紀ごろです。 銃やプレートメイルが普及し始めたぐらいで、船は帆船が主流という設定です。 色々調べてはみたのですが、例えば公爵が何人で伯爵が何人などの具体的な数を探しあてられなかったので、知識人の力をお貸しいただけたらと考えた次第です。 下記の条件... そして、この頃のイギリスの人口は約900万人で軍隊の規模は約7万人でした。 ちなみに現在のイギリスにおける貴族は公爵が31家、侯爵が36家、伯爵が197家、男爵が495家となっています。 なお現在のイギリスの人口は約6000万人です。 軍隊は約35万人。 ロシア・・・・人口約1700万人。 軍隊は約22万人。 プロイセン・人口約200万人。 軍隊は約3万9千人。 スペイン・・・人口約600万人。 軍隊は約3万人。 ちなみにその頃のヨーロッパの人口の約四分の一は、ハプスブルク家の領地に住んでいたと推定されています。 戦争状態にあったり、敵対国家が隣接していれば大きな軍が必要になりますし、周辺全てが友好国ならば、軍の大きさも抑え目になる場合もあるでしょう。 前述した1700年頃の人口と軍隊規模からは、人口の約0. ただし、これも絶対というわけではなく色々なケースがあります。 特に傭兵を雇う場合、資金があればかなりの軍を維持できます。 16世紀、「北方の獅子」と呼ばれたスウェーデンのグスタフ2世王は、ドイツに進攻し軍事的成功をおさめ、15万人の軍隊を率いています。 しかし、そもそもこの頃のスウェーデンの人口は約100万人程度しかなく、15万人もの兵士のうちスウェーデン人はその約2割の3万人程度でしかなく、他は現地のドイツ人やイギリス人などの傭兵だったそうです。 ただ、傭兵を雇えばお金がかかります。 グスタフ2世王は現地ドイツの味方の貴族や都市から寄付金を募り、味方でないところの都市や、貴族からは、攻めない略奪しないと約束して、安全保障費を払わせ、軍を維持する資金を得ていたそうです。 ただし、傭兵を雇用し資金繰りに苦しみ失敗した例もあり、それがハプスブルク家です。 前述した16世紀におけるハプスブルク家の領地の人口は約2500万人ですが、この頃、ハプスブルク家の軍は、傭兵を主体に30万人を超えました。 戦争も多く戦費も嵩みます。 その結果、国の財政は殆ど破綻しています。 良い作品ができますようお祈りいたしております。 そして、この頃のイギリスの人口は約900万人で軍隊の規模は約7万人でした。 ちなみに現在のイギリスにおける貴族は公爵が31家、侯爵が36家、伯爵が197家、男爵が495家となっています。 なお現在のイギリスの人口は約6000万人です。 A ベストアンサー >「ノートルダムの背むし男」は「ノートルダムの鐘」でしょうか? 「ノートルダムの背むし男」はアンソニー・クイーン、ジーナ・ロロブリッジ主演の50年以上前のハリウッド映画です。 ディズニーの漫画映画のタイトルは「ノートルダムの鐘」です。 その他にも「ロビンフッド」や「ジャンヌダルク」『The Name of the Rose』の映画も中世ヨーロッパが舞台です。 wikipedia. それまでカトリック教会はたいへん多くの献金や巡礼者のもたらすものでたいへん富んでいましたが、ルターの宗教改革により収入はほとんどなくなります。 それまで、カトリック教会は巡礼者を呼ぶために、立派な教会を建て、有名な彫刻家や画家に作品を作らせますが、宗教改革以降、宗教画など 資金不足によりずっと数を減らします。 ドイツでは初夏~秋にかけてあちらこちらの城で中世の生活を体験できる催し物が行なわれます。 ritterturnier. ディズニーの漫画映画のタイトルは「ノートルダムの鐘」です。 その他にも「ロビンフッド」や「ジャンヌダルク」『The Name of the Rose』の映画も中世ヨーロッパが舞台です。 wikipedia. A ベストアンサー 1. 馬車屋のカタログを見ていると、人の乗り所の大きさを coach dimensions と下記のように言っているので、coach ということも出来るようです。 coyaltix. html もっとも車など全部をひっくるめて coach という場合もあり、イギリスでは鉄道の「客車」の意味にも使います。 下記のしたの方にはなかなかいい、馬車がでているのですが人が乗る部分の名前はありませんでした。 coyaltix. html 2. 下記には「釣りかけのキャリッジ」(suspended carriage)という表現があり、懸架装置で人の載る部分が、車輪軸に直接繋がっていないので、緩衝装置となる表現があり、carriage とも言えそうです。 wikipedia. 何しろ山坂が多いため日本では駕篭が発達したものの、下記では西洋の馬車は9種も名前があったようですから、一語では言えなかったのでしょう。 weblio. 馬車屋のカタログを見ていると、人の乗り所の大きさを coach dimensions と下記のように言っているので、coach ということも出来るようです。 coyaltix. html もっとも車など全部をひっくるめて coach という場合もあり、イギリスでは鉄道の「客車」の意味にも使います。 下記のしたの方にはなかなかいい、馬車がでているのですが人が乗る部分の名前はありませんでした。 coyaltix. html 2. 下記には「釣りかけのキャリッジ」(suspended carriag... A ベストアンサー No. 1さんと大体同じです。 私はランプ屋の回し者ではありませんが、下のURLに、現在のランプ用語の使われ方の相場が出ていると思います。 shopping. yahoo. shopping. yahoo. shopping. yahoo. shopping. yahoo. html 私は次のように区分しています。 「ランプ」「らんぷ」:明治時代に使われていた和風のタイプ。 昭和に入っても山小屋などで使われています。 「ランタン」:洋風の外用のランプ。 農家やアウトドアで使われているタイプ。 「カンテラ」:洋風で、工場や炭鉱、駅などで使われる主として手提げ用。 ぶつけても中が壊れないようになっている。 1さんと大体同じです。 私はランプ屋の回し者ではありませんが、下のURLに、現在のランプ用語の使われ方の相場が出ていると思います。 shopping. yahoo. shopping. yahoo. shopping. yahoo. shopping. yahoo. A ベストアンサー 具体的な意味は、他の方が解説されているので、別の視点から。 ファンタジーは仮想の国なので、役職も作者が作った仮想のものなわけです。 ただ、読者にわかりやすいように、実在の役職や、歴史上に実際あった役職名を借りてくるわけですね。 読む側としては、それほどこだわらずに、その役職名からくるイメージ+小説の登場人物の振る舞いや言動から推測できる権力や役割をイメージして読めばいいだけです。 もし、質問者さんが小説を書こうとしているのなら、どんな役職名を付けるか、自分で生み出すか、歴史上の役職名から借りてくるかは、作者の腕のみせどころとなります。 ファンタジーの場合、役職名はどのように付けてもかまわないのですが、大統領と首相など、現実のものと物語上のしくみがあまりに違うと読者が混乱するでしょう。 ヨーロッパのファンタジーでは、ヨーロッパの歴史的な役職名を使っている場合が多く、それを日本に翻訳するときは、歴史的な役職名から借りてくるようですね。 『十二国記』は、役職名などを中国から借りてくることが多いようですね。 宰相というのは、日本では平安時代にあった役職名ではないかと思います。 王に任命されるのであれば、大統領でも首相でもないということで、都合良く使われることが多いのでしょう。 読者が宰相という言葉を知らなくても、「何となく偉い人らしい」とわかれば、それでいいわけです。 トールキンの『指輪物語』でゴンドールのstewardは「執政」と訳されていますが、執政という役職は、実際にはあまり見かけません。 でも、漢字と物語の展開を見れば、どういう役職かは読者にわかるわけです。 もしこれを英和辞典通りに「執事」と訳してしまうと、「国の権力者」という立場がわかりにくくなったし、「宰相」とすれば、王に任命されていないのに、世襲なの?って感じですね。 作者も翻訳者も、どんな役職名にするかは、頭をひねっているのだろうと思います。 教育係の正式な呼び方も国によって違うので、ファンタジーなら作者の自由だと思います。 戦国時代の大名なら「お目付役」かな。 でも、これだと日本の時代劇調になってしまいます。 歴史的にどんな役職名が使われていたかを参考にして役職名を作る作家は、多いと思います。 具体的な意味は、他の方が解説されているので、別の視点から。 ファンタジーは仮想の国なので、役職も作者が作った仮想のものなわけです。 ただ、読者にわかりやすいように、実在の役職や、歴史上に実際あった役職名を借りてくるわけですね。 読む側としては、それほどこだわらずに、その役職名からくるイメージ+小説の登場人物の振る舞いや言動から推測できる権力や役割をイメージして読めばいいだけです。 もし、質問者さんが小説を書こうとしているのなら、どんな役職名を付けるか、自分で生み出すか...

次の

磁器

ヨーロッパ 素材

ヨーロッパ写真・画像素材 ヨーロッパ-[No. 475773]の写真・画像素材は、ヨーロッパ、イギリス、ロンドン、アフタヌーンティー、バスツアー、B-Bakery、ルートマスター、Brigit's Bakeryのタグが含まれています。 この素材はshamyさんの作品です。 購入者会員にご登録いただくと、お気に入り機能やカンプデータのダウンロードがご利用になれます。 コメント by shamyさん:クラシックな2階建バス「ルートマスター」に乗って、ロンドン市内を巡りながらアフタヌーンティーが楽しめるバスツアー。 可愛いスイーツやサンドウィッチがすごく美味しかった!コベントガーデンにあるBrigit's Bakeryというお店がやってるみたいです。 (個別の感想コメント) ヨーロッパ-[No. 475773]の写真・画像素材は、ヨーロッパ、イギリス、ロンドン、アフタヌーンティー、バスツアー、B-Bakery、ルートマスター、Brigit's Bakeryのタグが含まれています。 この素材はshamyさんの作品です。 購入者会員にご登録いただくと、お気に入り機能やカンプデータのダウンロードがご利用になれます。 コメント by shamyさん:クラシックな2階建バス「ルートマスター」に乗って、ロンドン市内を巡りながらアフタヌーンティーが楽しめるバスツアー。 可愛いスイーツやサンドウィッチがすごく美味しかった!コベントガーデンにあるBrigit's Bakeryというお店がやってるみたいです。 (個別の感想コメント)• Sサイズ 600 x 800 px• 330 (税込)• Mサイズ 1,125 x 1,500 px• 550 (税込)• 原寸大 3,024 x 4,032 px• 1,320 (税込)• 3,300 (税込)• 写真をカートに入れてください• Mサイズ 1,125 x 1,500 px•

次の