明治天皇 側室。 知られざる天皇家の「闇」をあぶり出した、ある女官の手記(原 武史)

明治天皇の子供がなんと18人?死因に暗殺説があるんです。

明治天皇 側室

皇太子時代にヨーロッパを外遊して以来、昭和天皇はライフスタイルを欧米風に切り替えられていた。 それゆえ新婚時代からずっとベッドを使用し、パジャマを着用されていた。 昭和天皇がベッドから起き上がられると、共に寝ていた良子皇后はすでに傍らにいない。 身支度を整えるために一足先に洗面所へと向かわれているからだ。 ガウンをはおり、スリッパを履いた天皇はブザーを押す。 これは侍従の控える部屋など関係部署に通じていて、昭和の宮廷の一日が始まる。 一方、明治天皇は美子皇后と御寝室を共にされていない。 2人が不仲だったのではなく、それが皇室の伝統だったのだ。 明治天皇は御寝台という、宮廷伝来の天蓋付きの寝具の上で目覚めた。 白羽二重(しろはぶたえ)の寝間着を身につけた天皇を起こすのは、御寝台の脇に侍寝した権典侍(ごんてんじ)、所謂(いわゆる)お后女官(きさきにょかん)の役目である。 お后女官は江戸時代の将軍家の側室と似た存在で、大正天皇の生母・柳原愛子も、成人した4人の皇女の生母・園祥子もお后女官だった。 天皇のお目覚めを確認すると、お后女官はおもむろに「おひーる」と声を張り上げる。 「おひる」といっても朝8時頃だ。 すると、これに呼応して隣室に当直した女官が、「申しょー、おひるでおじゃーと、申させ給う」と声を張る。 さらにこれに応えて……と女官たちの甲高い声がさざなみのように伝わってゆき、明治宮廷の一日が始まる。 明治天皇と昭和天皇の御寝室の違いは、なんといってもお后女官の有無に尽きる。 お后女官は大正時代まで存在したが、貞明皇后から4人もの皇子が誕生したことで、「お后」としての役目はなかった。 表面的な制度は残したまま、実質的には一夫一婦制度へと移行していたことになる。 昭和天皇はさらに改革を推し進め、権典侍という役名そのものを宮廷からなくす。 これにより、皇室は完全な一夫一婦制となり現在に至っている。 続いて天皇家の食卓をのぞいてみる。 明治天皇は寝間着から和服へと着替えられて、お一人で朝の食卓に向かう。 美子皇后は化粧着のまま、自室で朝食をとられる。 昼食、夕食は両陛下揃ってとる。 とはいえ、一つの食卓は囲まない。 天皇皇后が別々のテーブルに着席する。 給仕は天皇に2人、皇后に1人の女官が付く。 彼女たちが最も気を遣ったのは、食事をいかに美味しく召し上がって頂くか、ではない。 最大の注意を払ったのは、食器を触る手の平が何かの加減で自分の衣服に触れないようにすることだ。 このような場合、もう一度手を洗い直さなければならない。 こうした独特な作法を守るため、お給仕に時間がかかってしまう。 しかし、天皇皇后は文句も言わずじっと待っていた。 ところで、両陛下のお食事というと、懐石料理のようにほんのちょっぴりずつ、美しくお料理が盛りつけられているイメージを抱く方が多いのではないか。 しかし明治の御代はイメージと逆で、大きなお皿に驚くほどの量が盛られていた。 そこから、女官が天皇皇后用としてほんの少しだけ取り分け、残りは全て臣下に下賜された。 これは「おすべり」という宮廷で古くから続く慣習である。 おすべりは天皇から臣下への思いやりの気持ちを表すもので、同じ料理を食べることで和気藹々(わきあいあい)とした雰囲気作りに一役買っていた。 一方、昭和の宮廷では、三食とも天皇皇后が揃って一つのテーブルを囲まれた。 また、明治天皇ご夫妻の食事と異なるのは、それぞれ一人前が一つの器に上品に盛りつけられていた点だ。 臣下へのおすべりという習慣は残っていたが、厨房で最初から天皇皇后用と臣下用に取り分けられていた。 明治の御世と昭和の御世では、このように臣下へのおすべりの形式が異なる。 その意味するものは何か。 明治の宮廷では、天皇の周囲に常に多くの人々が控えていて、およそプライバシーというものはなかったが、それが当たり前だった。 身分の差こそあったものの、宮殿全体がまるで一つの家庭のようで、いつも笑いが絶えなかった。 大きなお皿から同じ料理を取り分けるスタイルは、天皇皇后を中心とした大家族の雰囲気をよく表している。 昭和天皇も祖父と同様に多くの人々に囲まれて生活していたが、近代的な教育を受け外遊を経験し、君主といえども、ある程度のプライバシーは守られるべきだと考えられていた。 天皇は皇后やお子さまたちとの時間を殊の外大事にされており、家族団欒の様子は世間一般のそれと変わらない。 一つのお皿に一人前ずつ盛りつけられたスタイルは、伝統を受け継ぎつつも、個というものを大切に考え始めた昭和の宮廷の姿を図らずも表している。 あわせて読みたい関連本•

次の

愛子さまは本当は生まれてなかった? 「側室なしで男系維持はムリ」を実証的に完全論破!(宮本タケロウ)|菊ノ紋ニュース

明治天皇 側室

今上天皇 皇后・正田美智子…父:日清製粉社長 正田英三郎 側室なし 昭和天皇 皇后・良子女王(香淳皇后)【今上天皇の生母】…父:久邇宮 邦彦王 側室なし 大正天皇 皇后・九条節子(貞明皇后)【昭和天皇の生母】…父:従一位大勲位公爵 九条道孝 側室なし 明治天皇 皇后・一条美子(昭憲皇太后)…父:左大臣従一位 一条忠香 側室 権典侍・葉室光子…父:権大納言 葉室長順 典侍・橋本夏子…父:橋本實麗 権典侍・柳原愛子【大正天皇の生母】…父:権大納言 柳原愛光 権典侍?・園祥子…父:園基祥 孝明天皇 女御・九条夙子(英照皇太后)…父:従一位関白 九条尚忠 側室 典侍・中山慶子【明治天皇の生母】…父:従一位権大納言 中山忠能 典侍・坊城伸子 典侍・藤原(堀川)紀子 仁孝天皇 贈皇后・新皇嘉門院 藤原繁子…父:関白 鷹司政熙 女御・新朔平門院 藤原祺子…父:関白 鷹司政熙、義父:関白太政大臣従一位 鷹司政通 女院・新待賢門院 藤原雅子【孝明天皇の生母】…父:正親町実光 側室 権典侍・観行院 藤原経子《和宮 親子内親王の生母》…父:橋本実久 典侍・藤原研子…父:甘露寺国長 光格天皇 中宮・新清和院 欣子内親王…父:後桃園天皇 女院・東京極院 藤原婧子【仁孝天皇の生母】…父:勧修寺経逸 側室 内侍:菅原(東坊城)和子 藤中納言局 藤原(葉室)頼子 菖蒲小路局 藤原(姉小路)聡子 小侍従局 藤原(富小路)明子 とりあえずちょっと遡って、正妃(皇后およびそれに準じた立場の人)と子供を生んだ側室を列挙してみました。 明治天皇の側室は、典侍、権典侍という身分のある「女官」です。 御所や皇居内に局や部屋をもらい、天皇の身の回りの世話(という仕事)をしていたと思われます。 天皇の子を妊娠した女性は、実家に帰って出産することが多かったようですが(お産は「穢れ」とされていたので、宮中で出産することはできなかったようです)、その後は、また「女官」として生涯宮仕えであり、天皇の子は、実際に自分が産んでも自分の子ではない-ということで、自分の子供にも「仕える」という形だったようです。 私も蛇足ながら…。 #2さんがお答えのように、今の天皇陛下(時々、名前を使って明仁天皇-という表記をされることもありますが)のことは、「今上天皇」、「今上陛下」というのが正しいですね。 明治以降の慣習からすれば、将来、「平成天皇」と言われるのでしょうか、51代の「平城天皇(へいぜいてんのう)」と紛らわしいような気がするので、本当に「平成天皇」になるのかなぁ-と思っています。 Q イギリス王室の世紀の結婚式を拝見してました。 もし、ダイアナさんが生きてらしたら何処の席で息子さんの結婚式を ご覧になってたんでしょうか? いつも疑問に思ってたのは何故美しいダイアナさんよりあの下品なカミラ さんと長い間不倫を続け、愛を注いだのでしょうか? 男女間のミステリーを感じます。 不誠実な夫に耐えかねた妻の最後はあまりにも悲劇的、それなのに カミラはちゃっかりとイギリス王室の一員となってしまった。 カミラの前の夫が彼女は凄い床上手だと発言したのを記事で読んだ 事があります。 そこまでカミラを愛し続けたのは何故?相性?同じ趣味?価値観? 真面目に答えて欲しいです。 A ベストアンサー 真面目に答えます・・・。 カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。 そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。 充分に王妃としての素質はあったように思います。 ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。 (すでに最愛の人だったみたいですね) 何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。 ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠れする方みたいですが、伝統を破るほどの革新的な王子ではないそうです。 ダイアナは正直、自分の言いたい事を言う、好きな時に好きなことを楽しみといった自由人で強く、暖かい人情のある方だったそうです。 しかし一般的な母性はあるとしても極端に甘えさせてくれるなどの懐の深さはなかったようです。 チャールズの母であるエリザベスは王女だった為にチャールズに対して母として接する機会があまりなく愛情不足だったと思われます。 チャールズは気難しく理屈っぽい。 正直さ、率直な振る舞いが特徴です。 伝統や格式を担う公人としては適役と思われます。 そして問題なのが、公人としてダイアナを妃にした事としかしダイアナは公人としてでは無く私人として愛して欲しかった事です。 ダイアナは彼を変えられると幻想を抱いてたのかもしれません。 ダイアナは言いたい事を言う性格ですので、キレて文句を言う日々が続いたのかもしれません。 しかし、チャールズはグッと考え込んで大事な事だけ発言するタイプです。 ですから元々の性格は真逆だったと思われます。 その為チャールズはダイアナに寄りつかなくなったのかもしれません。 もちろんダイアナは理屈を理解しようと努力をした事は伺えるのですが・・・理解は出来ても許容する事が出来なかったと思われます。 そしてカミラの場合は難しい理屈などは置いておきたい人のようです。 カミラにとって重要な事は自分を求め愛してくれる人がいること。 ドロドロとした三角関係にあってもチャールズの事を理解しそして許容する事が出来る方のようです。 気難しい彼に対してデリケートな部分を刺激したりしない、とても尊重してくれる方だと言われてます。 そして最大の彼女の魅力は強い母性愛です。 愛する男性を子の様に慈しみ、命を捧げて生涯を守るほどの古典的な母たる姿勢を崩さなかった事と周りから何を言われても誇り高く、強い女性であった為にチャールズにとっては不可欠な女性だったのだと思います。 長くなりましたが、カミラとダイアナでは性格が真逆であることは一番の原因だったのではないでしょうか? ただ、誰が悪いとかでは無いと思います。 私も最初は否定派でしたが、現在はお二人の関係を暖かく見守って差し上げたい様な心情です。 真面目に答えます・・・。 カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。 そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。 充分に王妃としての素質はあったように思います。 ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。 (すでに最愛の人だったみたいですね) 何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。 ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠... A ベストアンサー 実はそのことについてわからないので困っているんです。 というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。 神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。 それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。 と予測する立場があるんですね。 ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。 とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。 そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。 いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。 いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。 もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。 その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。 ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。 実はそのことについてわからないので困っているんです。 というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。 神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。 それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの... A ベストアンサー そもそも、結婚制度が現代とは違うので、「現代みたいに…」という発想自体が当てはまりません。 側室というのは、徳川家のみならず、その家を守るために皇室や公家、有力な武家にも脈々と受け継がれた日本の伝統的結婚制度とも言えます。 古くは4~5世紀頃の天皇家に、すでに側室と思われる女性の名前があります。 逆に側室を持たなくなったのは大正天皇以降ですから、千年を超す天皇家の歴史で、一夫一婦制の方が圧倒的に短く、新しい制度だということになります。 嫁ぐ娘を誇りに思ったかどうかは、「側室だから不名誉だ」とか「正室だから名誉だ」ということではなく、婚家と実家の格の差の問題だったと思います。 日本では天皇家以上の家格はありませんから、天皇家に嫁ぐということは、どんな家でも名誉だったはずです。 徳川将軍家であれば、側室の多くは庶民や身分の低い武家の出が多かったので、やはり側室でも名誉なことだったはずです。 それをきっかけに実家が取り立てられることもあったので、うらやましがられることはあっても、「不倫」だとか「みっともない」などと思われたりはしなかったはずです。 反対に、徳川将軍家の正室には、京都の公家から迎えられたことが多く、武家を見下していた公家の姫にしてみれば、東下りは不名誉というよりは屈辱と感じられたかもしれません。 周囲もきっと、陰で「御気の毒に」などと思っていたのではないかと思います。 そもそも、結婚制度が現代とは違うので、「現代みたいに…」という発想自体が当てはまりません。 側室というのは、徳川家のみならず、その家を守るために皇室や公家、有力な武家にも脈々と受け継がれた日本の伝統的結婚制度とも言えます。 古くは4~5世紀頃の天皇家に、すでに側室と思われる女性の名前があります。 逆に側室を持たなくなったのは大正天皇以降ですから、千年を超す天皇家の歴史で、一夫一婦制の方が圧倒的に短く、新しい制度だということになります。 嫁ぐ娘を誇りに思ったかどうかは、「側室だか... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... wikipedia. これらの国王の中でも序列というか「格の違い」ってあるのでしょうか? 例えば、「世界の王室が集まった時、天皇が最も上座に座る」と聞いた事が ありますが、それは天皇家の格によるものでしょうか? その理由は、この2つです。 ・天皇家は世界で最も歴史のある王室である事。 ・「King」よりも格上とされる「Emperor」であるから。 歴史的に言えば「King」よりも「Emperor」の方が格上。 「Emperor」は世界でただ一人。 世界的には、「差別や格差はいけない事だ」みたいな風潮がありますが、 そんな事を言ってしまえば王室の存在が崩壊してしまいます。 王族の世界とは歴然とした格差社会であり、格とか身分の差を公認する 社会だそうです。 彼ら王族は「王族の何たるか」という教育を受けているため、天皇家の 格の高さをちゃんと認識しているため上座を譲りますが、天皇家の権威を よく知らないのは、もしかすると我々日本人かもしれませんね。 wikipedia. これらの国王の中でも序列というか「格の違い」ってあるのでしょうか? 例えば、「世界の王室が集まった時、天皇が最も上座に座る」と聞いた事が ありますが、それは天皇家の格によるものでしょうか? その理由は、この2つです。 ・天皇家は世界で最も歴史のある王室である事。 ・「King」よりも格上とされる「Empe... A ベストアンサー 私も以前考察しました。 その結果、多国間での「格の違い」は存在しません。 まずタイ国王即位60周年記念式典での写真をご覧下さい。 thaiembassy. htm 天皇皇后両陛下はスウェーデン・ブルネイ両国王王妃より下座です。 なぜなら、国の公式行事で複数の元首が並ぶときは、即位(就任)順で席順が決まります。 ただしカトリックを国教とする国ではローマ教皇を自国元首よりも上座に位置させる国も存在するようです。 ただし、国(公的)ではなく王室(皇室)の行事、つまり私的な席では元首同士、国同士でのつきあいの深さによって、席次が決まることもあります。 ですから国家間では格に違いはない、国の規模、王家の歴史、称号の違いなどは関係なく、また元首が王であろうと大統領であろうとすべて平等です。 西欧社会のEmperor、Kingの関係と、中華文化圏の皇帝(天皇)と王の関係を混同させて「天皇はKingよりも格上である。 なぜならEmperorだからだ」というのはむちゃくちゃな理論です。 ヨーロッパにおけるEmperorと、中華文化圏の皇帝(天皇)はまったく異なる政治概念です。 ただ、似たような意義が含まれるから皇帝(天皇)をEmperorと翻訳に当てただけにすぎません(King・Queenを王・女王と訳すのも同様です)。 また近代以降ではEmperor、King、皇帝、王と、どのように名乗るのも勝手でした。 だから明治になって天皇の訳語にEmperorを当てたに過ぎません。 cool. goo. html No. 3氏の良回答をご覧下さい。 hatena. さらに重要なことは三大権威とか、天皇はKingよりも格上などというものは、ネットで、しかもなんら確たる証拠も提示しない掲示板やブログの書き込みでしか見あたらないということです。 この時点で眉唾物です。 そういったものが公的に認められているのであれば、その条文なり、条約なりを提示すればいいのにしない。 「不文律なんだ」「世間では隠されているのだ」とすれば、それほどのものがだれが書いたとも分からぬ掲示板ごときに流れること自体がおかしいでしょう。 誤解無きようにいえば、わたし自身は毎朝、神仏に天皇家の繁栄を祈り、皇室に敬意を持っています。 だからこそ、このようなデマにすがりつく必要はない。 なぜなら、天皇は「日本の天皇」だから敬意を持っているのです。 ほかの国よりも偉いから敬意を持っているのではないのです。 正直、この手のデマにすがりつく人って、天皇を敬うフリをしながら、正直天皇に敬意など持ち合わせていない。 天皇の権威が分からない。 だからこんな恥ずかしい理屈にすがりつかなければ、「天皇への敬意」が表現できないのではと思えます。 また、この手のデマにすがりつくサイトは、天皇への敬意、敬愛の念よりも、「俺さまの天皇は偉いんだぞ!! お前らなんか…」といった他国への憎悪、罵倒が表立っています。 正直、他国を見下すダシに皇室を利用しているのではとしか思えません。 わたしは日本の天皇だから敬意を持っています。 決して他国より偉いから、他国を見下したいからではありません。 私も以前考察しました。 その結果、多国間での「格の違い」は存在しません。 まずタイ国王即位60周年記念式典での写真をご覧下さい。 thaiembassy. htm 天皇皇后両陛下はスウェーデン・ブルネイ両国王王妃より下座です。 なぜなら、国の公式行事で複数の元首が並ぶときは、即位(就任)順で席順が決まります。 ただしカトリックを国教とする国... Q 初めて質問させていただきます。 よろしくお願いします。 先日、知人より皇室についての不愉快な噂を聞きました。 内容は、日本の皇族は近親婚などで血が濃くなっているので 男子が生まれない。 たとえ、男子を妊娠しても流産してしまう。 なので、文仁親王妃紀子さまが悠仁親王殿下を妊娠した時は 体外受精を行い受精卵に手を加えて流産しないようにした。 その際の精子は秋篠宮文仁親王では無い別人のを使った。 と、言う噂でした。 誰から聞いたの?なにで見たの?と聞いても 噂だ、とか皆言ってる、とか言われました。 余りにも不快な為にこの噂が頭から離れません。 本当にこの様な噂が流れているのでしょうか? 教えてください。 それから、私はデマだと思いますので反論をしたいのですが 何と言って否定すれば良いか解りません。 教えてください。 A ベストアンサー まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。 一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。 女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。 寧ろ逆なのです。 それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。 それなりの現実性と合理性があります。 ・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。 原始から、部族間の戦争で男達が死にました。 さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。 ・二つ目は寿命が短かったこと 昔の平均年齢は二十歳を超えていません。 多く生まれ多く死んでいくわけです。 そして何時、病気にかかり夫が死んでもおかしくは無いわけです。 そんな世界では一生を共に添い遂げる可能性など寧ろ低いのです。 一人残された女性はどうなるでしょうか?差別や現金収入を得にくい環境で晒されながら子供を育て、働いていく人もいるかもしれませんが、飢え死にしたりする者も多かったのです。 一夫多妻制では、一人の有力な男に性関係と家事という労働と引き換えに養ってもらうことができます。 さらに女性にとって家事を分担できるため非常に楽です。 とても家事の巧い女性がいた時、第一夫人からの推薦で第ニ夫人、第三夫人を招き入れることもあるようです。 本題に入りましょうか。 日本のように明日の飯に困ることもなく、病原菌にあふれてもいない国で、 砂漠国家のように驚異的自然に囲まれており炎天下に放り出されれば間違いなく死ぬという事もない国 明日、獣に襲われたり、隣町との抗争に巻き込まれて死ぬ可能性のないよう文明が進んできた国々 そのような国では女性が一人でも生きていけるので男性に無理に付き従うことがなく、自然に権利も大きくなっていき一夫一妻になって行くわけです。 つまり現代日本では一夫多妻は 社会的に必要とされていないし合理性も無い。 一夫一妻の国々では未亡人を「キズモノ」とか「純潔が既に無い」とかそういう扱いになってしまいますね。 残念なことに。 ちなみに日本は大昔は自然に恵まれ人口が500万人程度であれば田畑など耕さなくても野山に行き芋や山菜や果実をとって生きていけたわけです。 そのような国々では女が定住地として家を持ち男は蝶のように自由に飛び回っているという母系国家が形成され、子供は女性が養うもの、財産も女性に付くものでした。 結婚と言う取り決めは無く。 彼氏、彼女位の恋愛関係ですね。 しかし今のように町にデートに行くような関係ではありません。 女性は多くの男性と関係を持ち、男は種を付けに夜這いに来るわけです。 短歌や笛などを吹いて女の家に入ってもよいか確認をとる時に読まれるような句が今でも教科書に載ってますね。 あれは短歌集というと堅苦しいですが、口説き文句集といっても過言ではないもので昔の人々はセックスをするために一生懸命短歌を勉強したわけです。 日本では廃れましたが国によっては現代でもそういう文化は残っています。 一夫一妻は現代の貞操観念を強調した宗教感によるものでもあります。 それを気にしすぎて逆に心を痛めてしまうこともありますし、一長一短ですね。 南米のある部族ではセックスは特定の相手を決めるものではなくスポーツ感覚で楽しむものであり。 子供は村全体で養うものという考え方があったようですがキリスト教が入りこみ貞操観念が付いてからはなくなってしまったようです セックスと結婚の形態はその国々の事情にあっているという事です。 脱線が過ぎましたね。 そういう事です。 まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。 一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。 女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。 寧ろ逆なのです。 それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。 それなりの現実性と合理性があります。 ・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。 原始から、部族間の戦争で男達が死にました。 さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。 ・二つ目は寿命が短かっ... A ベストアンサー 同じようなご質問は度々出ていますので、検索すれば見つかるはずですので、簡単に書きます。 【女性天皇】文字どおり女性の天皇。 【女系天皇】母方を天皇の血筋に持つ天皇。 女性天皇は、さらに「男系」と「女系」に分けられます。 歴史上、8代10人の女性天皇が実在しましたが、いずれも「男系の女性天皇」です。 これを「万世一系」といいます。 もし、近い将来、愛子さまが即位されることがあるとすると、「男系の女性天皇」ですから、過去の事例に反するわけではありません。 しかし問題はその次で、愛子さまが平民と結婚されてその子供が即位すれば、男子であろうが女子であろうが、「女系の天皇」ということになります。 これは神武天皇以来、2千数百年の歴史に一度もありません。 今年の大きな政治課題になることが確実な、皇室典範の改正に関する有識者会議の結論は、まさに皇室伝統の破壊、天皇制の崩壊をめざしているとも言えるのです。

次の

明治天皇の子供や妻は何人?子孫や家系図?竹田恒泰氏は玄孫!?

明治天皇 側室

タグ 聖徳太子 5分で知る偉人! 坂本龍馬 5分で知る偉人! 名言 フリーメイソン トーマス・グラバー 紫式部 清少納言 藤原道長 織田信長 家紋 武田信玄 上杉謙信 濃姫 福沢諭吉 千利休 一休さん 一休宗純 西郷隆盛 近藤勇 徳川家康 豊臣秀吉 徳川光圀 水戸黄門 土方歳三 新選組 明智光秀 本能寺の変 宮本武蔵 巌流島の戦い 佐々木小次郎 真田幸村 小野小町 ねね 細川ガラシャ お市の方 まつ 芳春院 浅井長政 芥川龍之介 夏目漱石 茶々 淀殿 初 江 石田三成 井伊直弼 和宮 北条政子 卑弥呼 東郷平八郎 天武天皇 中大兄皇子 天智天皇 蘇我入鹿 持統天皇 推古天皇 聖武天皇 中臣鎌足 大化の改新 源頼朝 源義経 勝海舟 高杉晋作 北条早雲 北条時宗 直江兼続 小野妹子 足利尊氏 室町幕府 後醍醐天皇 足利義満 伊達政宗 フランシスコ・ザビエル 井伊直政 島津義弘 毛利輝元 細川忠興 前田利家 保科正之 島左近 竹中半兵衛 黒田官兵衛 加藤清正 毛利元就 上杉景勝 新田義貞 二宮尊徳 二宮金次郎 斎藤道三 司馬遼太郎 本居宣長 豊臣秀頼 塙保己一 ヘレンケラー 徳川綱吉 徳川吉宗 大石良雄 天草四郎 大塩平八郎 小林一茶 新井白石 春日局 支倉常長 シーボルト 楠本イネ 黒田長政 親鸞 徳川秀忠 徳川家光 近松門左衛門 伊能忠敬 高野長英 井原西鶴 最澄 空海 平清盛 源義朝 松尾芭蕉 市川団十郎 杉田玄白 青木昆陽 関孝和 滝沢馬琴 行基 鑑真 桓武天皇 石川五右衛門 雪舟 柳沢吉保 都市伝説 藤原秀衡 北条時政 藤原定家 後鳥羽上皇 北条泰時 遠山景元 大岡忠相 江川英龍 緒方洪庵 今川義元 大友宗麟 松平定信 田沼意次 平賀源内 水野忠邦 徳川慶喜 チンギス・ハン フビライ・ハン マルコ・ポーロ 吉田松陰 出雲の阿国 狩野永徳 足利義政 楠木正成 世阿弥 観阿弥 宗祇 山田長政 菱川師宣 シャクシャイン ペリー 岩倉具視 三井高利 大久保利通 明治天皇 ハリス 樋口一葉 新渡戸稲造 沖田総司 伊藤博文 大隈重信 野口英世 板垣退助 井伊直虎 宮崎安貞 葛飾北斎 歌川広重 津田梅子 クラーク博士 陸奥宗光 田中正造 小村寿太郎 北里柴三郎 平塚らいてう 内村鑑三 森鴎外 与謝野晶子 滝廉太郎 高峰譲吉 黒田清輝 幸徳秋水 石川啄木 尾崎行雄 西園寺公望 犬養毅 吉野作造 原敬 島崎藤村 宮沢賢治 小林多喜二 市川房枝 マッカーサー 湯川秀樹 吉田茂 田中角栄 ネタ 前田利常 ペドロインファンテ イケメン ヤン・インゲンホウス 佐藤栄作 マレーネ・ディートリヒ ハー・ゴビンド・コラナ アラン・ペイトン 周有光 ケティ・フラド セルゲイ・エイゼンシュテイン モーツァルト ヴァージニア・ウルフ パウラ・モーダーゾーン=ベッカー アインシュタイン ジョージ・ピーボディ 猿橋勝子 ハナー・グラス マヤ・アンジェロウ マリア・フェリックス エミール・ベルリナー エジソン ジョルジュ・ルメートル クルト・マズア ドナルド・ブラッドマン オスカー・シュレンマー 橋本左内 アンケート いだてん 歴史クイズ タイラス・ウォン 三島弥彦 関ヶ原の戦い ド・レペ 藤田嗣治 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ クラリッセ ・リスペクトール テレサ・カレーニョ 田畑政治 高石勝男 薩長同盟 レフ・ランダウ 池田屋事件 君の名は。 瀬織津姫 イグナチオ・デ・ロヨラ お札 煕子 神社 神様 人気の偉人 忠臣蔵 吉良義周 赤穂事件 古代文字 豊臣秀次 土偶 埴輪 最上義光 長谷堂城の戦い 京極高次 戊辰戦争 細谷十太夫 外山脩造 河井継之助 長岡半太郎 会津藩家訓 庄内藩 酒井忠次 酒井玄蕃 大石内蔵助 仁科信盛 解体新書 夏目吉信 源頼政 織田長益 甲陽軍鑑 佐久間盛政 柴田勝家 会津藩 長州藩 宇喜多直家 木曾義仲 渋沢栄一 岡田以蔵 前田慶次 池田輝政 岡潔 松平定敬 松平容保 徳川茂徳 徳川慶勝 河野安通志 押川春浪 橋戸信 三島通庸 小栗忠順 吉田兼見 嘉納治五郎 古今亭志ん生 美濃部孝蔵 河上彦斎 五稜郭 松平乗謨 斎藤利三 明智秀満 相楽総三 キスカ島撤退作戦 木村昌福 樋口季一郎 足利義輝 豊臣秀長 織田信秀 佐々木只三郎 斎藤義龍 ブリュネ 榎本武揚 島津義久 島津歳久 小田氏治 島津家久 藤原不比等 林忠崇 斎藤龍興 稲葉一鉄 氏家卜全 氏家直元 佐竹義重 本多忠勝 歴史アンケート 石川数正 馬場信春 本多正信 徳川家茂 弥助 榊原康政 鳥居元忠 山本義路 山本帯刀 足利義教 関鉄之介 中川清秀 山本勘助 楢山佐渡 遠藤七郎 秋山真之 日露戦争 小山田信茂 深芳野 お船の方 石原莞爾 町野主水 愛姫 小田野直武 佐竹義敦 小林虎三郎 内ケ島氏 白川郷 ウィリアム・ラムゼイ卿 教師の日 水野勝成 ジョゼフ・プラトー 楠瀬喜多 ナイチンゲール 五郎八姫 伊達成実 ガロン 高松凌雲 義姫 イグナーツ 目次• 明治天皇、プロフィール 名前:明治天皇 諱:睦仁(むつひと) 出身地:山城国 (現・京都) 生誕:1852年11月3日 死没:1912年7月30日 享年:61歳(病死) 時代:江戸時代から明治時代 かんたんな経歴、何した人?どんな人? 明治天皇は、1852年11月3日に山城国(現・京都)の中山邸に生まれました。 父は 孝明天皇で、母は公家・中山忠能(なかやま ただやす)の娘・慶子(よしこ)です。 4歳までは、母の実家である中山邸で過ごし、その後、天皇の居る御所に移りました。 この時、睦仁(むつひと)の名を父・孝明天皇より受けています。 1867年、父の孝明天皇が天然疱(感染症)で亡くなると、 14歳の若さで122代天皇として即位しました。 時は、幕末の動乱期であり日々目まぐるしく世の中が動いた時代でした。 大政奉還によって、第15代将軍(とくがわよしのぶ)から、政権を朝廷に返してもらいました。 しかし、実際の政治には、まだ幕府が深く関わっていました。 そこで、(いわくらともみ)、(おおくぼとしみち)らによる 「王政復古の大号令」により、 天皇を中心とした新政府を作ったのでした。 1868年、新政府の基本方針である 「五か条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)」を発布し、元号を明治と定め、都を東京に遷しました。 1869年に 「版籍奉還」、1871年に 「廃藩置県」が行われ、 近代国家としての日本が確立していきました。 国民は、みんな平等になり苗字を名乗ります。 食事や衣服も洋風が取り入れられ、髪型も変わり、文明開化を楽しみました。 日本で初めての鉄道が出来たのもこの頃です。 1889年に、 「大日本帝国憲法」を発布します。 主権は天皇にある立憲君主制の基礎となりました。 立憲君主制とは、憲法によって君主の権力が決めてあることです。 1894年の日清戦争、1904年の日露戦争と 明治天皇自らが指揮をとり、日本を勝利へと導いてくれました。 その後もイギリスやフランスなど大国の仲間入り出来るように、軍事力や経済力を高め強化することに力を注ぎます。 不平等条約の改正も行いました。 1912年7月、最期は糖尿病の悪化により61歳で崩御されました。 経歴だけみても、偉大な天皇だったことがわかります。 すり替え説がある? 明治天皇ですが、実は 「すり替え説」があるのですね。 と、いうのも即位する前後で、残されている写真や人物像が違うというのです。 よく比較される写真がこちら。 それでも、写真自体がぼんやりしているので、断言はできません。 しかし、そもそもの 人物像が変わって、明治天皇に仕えていた者は騒然となったとされています。 当時からすり替え説があったのですね。 こんな感じ。 即位前 ・内向的なインドア派 ・利き手が右利き ・乗馬は下品と思っていた ・アバタ顔(ボコボコの肌)じゃない ・字が下手 即位後 ・体格の良いアウトドア派 ・利き手が左利き ・乗馬と相撲が大好き ・アバタ顔(ボコボコの肌)だった ・字が上手 などが、挙げられているのです。 性格は即位前はインドア派だったのに、即位後は活発なアウトドア派に。 即位後にボコボコ肌になり、髭で隠したり。 即位後に字が上手くなったり。 そもそも利き手が変わったり。 すごい違和感なわけです。 ちなみに、すり替わって明治天皇となったのは、 大室寅之祐(おおむろとらのすけ)だといわれています。 この大室寅之祐は、のつくった南朝の子孫なのです。 そもそも明治天皇を中心とした新政府の基には、倒幕の理由である尊王思想がありました。 尊王思想=正統な天皇家、という事になります。 この思想をめぐり、歴史をさかのぼると、室町時代の後醍醐天皇に行き着くのです。 後醍醐天皇が作った南朝が正統とされ、その南朝の子孫こそが大室寅之祐なのです。 また、活躍した明治天皇は、後醍醐天皇に忠義を尽くした楠木正成の銅像を作り、南朝こそが正統と結論付けています。 すり替え説に関する真相は謎に包まれていますが、意外とデタラメでもないのです。 コメント欄でも多く指摘がありますが、上の即位直後と紹介した写真は伏見宮貞愛親王であることが濃厚です。 遊びがすぎて梅毒ってほんとう? 明治天皇には、すり替え説の他にも 梅毒だったとのうわさがあります。 梅毒とは、性病の一つで日本には江戸時代にヨーロッパから入ってきました。 明治天皇が梅毒だったといわれる理由は、子どもの大正天皇があまりにも病弱で、先天性の梅毒とされていたからなのです。 また明治天皇には、5人の親王(男児)と10人の内親王(女児)が居ましたが、その殆どが若くして亡くなっています。 こちらの噂も真相はわからないのですが、梅毒だった説も本当なのかもしれません。 まとめ 明治天皇は、14歳で問題だらけだった日本の政治に取り組みました。 新しい国を作ろうとした明治新政府のトップに立ち、様々な政治改革で日本を近代国家化へと導いてくれました。 もしかしたら、すり替えられた人物で、梅毒だったかもしれませんが、明治天皇のバイタリティーは凄過ぎますよね。 ということで、 明治天皇を5分で!すり替え説の真相、遊びすぎて梅毒って?でした。 最後まで読んでいただきありがとうございます^^.

次の