ニキビケアの方法。 元皮膚科ナースが教える!思春期ニキビと大人ニキビを治す方法

大人ニキビを治す方法【1週間で改善】もう再発させない!大人ニキビケア化粧品特集

ニキビケアの方法

【監修】 成城松村クリニック院長 松村圭子先生 婦人科専門医。 1995年広島大学医学部卒業、同年広島大学付属病院産婦人科学教室入局。 2010年、成城松村クリニックを開院。 女性の「体の健康」「心の健康」のために、一般の婦人科診療だけではなく女性のあらゆる面をトータルにケア。 講演、執筆、TV出演など幅広く活動。 著書に、『女30代からのなんだかわからない体の不調を治す本』(東京書店)、『医者が教える女性のための最強の食事術』(青春出版社)など多数。 adobe. ニキビのでき始めは、毛穴に皮脂がたまった状態です。 毛穴の先が閉じていると 「白ニキビ」、毛穴が開いていると 「黒ニキビ」と呼ばれます。 その皮脂がたまった毛穴が炎症を起こすと、ぷつっとした 赤いニキビ「丘疹(きゅうしん)」となり、さらに炎症が大きくなるとうみがたまって 「膿疱(のうほう)」となります。 さらに炎症が進むと、皮ふの下にうみのたまった袋ができる 「嚢腫(のうしゅ)」、または初期に比べて大きく硬い状態の 「硬結(こうけつ)・結節(けっせつ)」に進行します。 炎症が治まり、プツっとした状態が治っても、 炎症後紅斑(えんしょうごこうはん)と呼ばれる赤みが一時的に残ることがあります。 これは時間がたつにつれ、少しずつ消えていきます。 しかし、炎症が強かった場合はケロイドのように盛り上がったり、へこんだあとが残ってしまったりすることもあります。 ニキビが悪化すると、何より 精神的な影響が大きいでしょう。 ニキビあとが気になって引っ込み思案になってしまったり、素肌に自信がもてなくなったり…。 できるだけニキビあとで悩まないためにも、予防やケアをきちんと行うことが大切です。 また、「ニキビは思春期特有のもの」という思い込みはありませんか? 確かに思春期はニキビができやすいので「青春のシンボル」のような扱いをされがちですが、大人になってからもできるもの。 そして、ニキビは約90%の人が経験する病気です。 ドラックストアではニキビケア用化粧品が数多く販売されているので、初期ニキビなら、それを使って自己流で治そうとする人が多いでしょう。 「ニキビはひどくなってから病院にかかる」というイメージがあるかもしれませんが、最近は 初期の軽い症状でも皮ふ科受診が一般的になり、治療の選択肢が広がってきています。 参考サイト:日本皮膚科学会 大人ニキビ 大人のニキビとは、医療用語で 「思春期後ざ瘡(ししゅんきござそう)」といい、「大人になってもニキビの症状が続くもの」や「大人になって初めてできたニキビ」のことをさします。 大人のニキビは 女性に多く、ストレスや不規則な生活、睡眠不足、合わないスキンケアなどが悪化の要因です。 大人の女性は 乾燥肌が多いため、治療の副作用を軽くするために 保湿剤が必要になることもあります。 もし 無月経が続いていたり、 体毛が濃くなったりなどの症状がある場合は要注意。 ホルモン異常の 多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)の可能性があります。 早めに病院を受診しましょう。 額や鼻を代表とする「Tゾーン」は、思春期ニキビができやすい部分です。 皮脂腺が活発に働き、皮脂が多く出るために毛穴が詰まることが主な原因です。 対して、頬やあご、口周りにできるニキビは、大人ニキビとしてできやすい部分です。 一つだけ大きくできることも多く、同じ場所に繰り返しできることもあります。 大人ニキビの主な原因は皮脂の分泌のほか、 メイクの洗い残しや スキンケアのやりすぎなどです。 さらに、ストレスや不規則な生活による ホルモンバランスの乱れなども考えられます。 規則正しい生活を送れるように工夫が必要でしょう。 adobe. 余分な皮脂や汚れを落とすために洗顔はしなくてはならないですが、ニキビの原因が皮脂だからといっても、ただ洗顔の回数を多くすれば良いというわけではありません。 1日に何度も洗顔したり、ゴシゴシ強くこすったりしてはかえって炎症をおこし、ニキビを悪化させてしまうでしょう。 洗顔は 1日に2回を目安に、ニキビ用の洗顔石けん(洗顔料)を泡立てて、手でやさしく洗います。 そのあとは十分に水ですすぎましょう。 化粧をしている場合は、メイク落としでしっかりメイクを落として、その次に洗顔石けんを使用して洗っていきます。 肌が乾燥する場合は、ニキビのできにくい 「ノンコメドジェニック」または 「ハイポコメドジェニック」と明記された保湿用の化粧品を使用しましょう。 間食はできるだけ避けて、規則正しい食生活をするように心がけましょう。 バランスの良い食事は、主食・主菜・副菜を意識して組み合わせることがおすすめです。 ・主食:主に炭水化物で、エネルギー補給源です。 お米や麺類、パンなどの穀類を選びます。 ・主菜:主に良質なたんぱく質や脂質を摂取します。 おかずの中心となる、肉や魚、大豆製品、卵などです。 ・副菜:主菜だけでは足りない食物繊維やビタミン、ミネラルを補給します。 主に野菜を使った料理となります。 つい触ってしまいたくなりますが、早く治したいなら、ニキビは触らないようにします。 触ってしまうとなかなかよくならないものです。 髪の毛もニキビに触れないように、束ねるなどの工夫が大切です。 特にニキビをつぶすのは絶対にやめましょう。 つぶしてできた傷に雑菌が入ったりすると、さらに炎症が悪化したり、あとが残りやすくなったりします。 もしニキビの原因となる毛穴の皮脂を外に出したいなら、医療機関で行うことがおすすめです。 ニキビの炎症がそこまでひどくない場合には、これらの市販薬でセルフケアをしましょう。 ただし、1週間を目安に使ってみて改善がみられない場合は、慢性化していて治りにくくなっている、別の疾患の可能性があるなどが考えられます。 その場合は、医療機関の受診をおすすめします。 個々に応じて適切な治療を行ってもらえるからです。 日本皮膚科学会が策定した「ニキビ治療のガイドライン」にのとった薬も出してもらえます。 現在は、毛穴の詰まりを改善してニキビをできにくくする薬 「アダパレン」と、炎症やアクネ菌に効く抗生物質の飲み薬や塗り薬が処方されることが多いでしょう。 そのほか、毛穴のたまった皮脂を針によって出す 「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」という処置やケミカルピーリング、漢方の処方なども行われています。

次の

顎ニキビの治し方|しこり、かゆみ、繰り返す顎ニキビをケア!跡が残りにくいケア法やおすすめの薬や食べ物など!

ニキビケアの方法

大人ニキビは洗顔料選びや保湿ケアなど正しいニキビケアを知らないと治りにくいばかりかひどいニキビに悪化しやすく、最悪の場合ニキビ跡が色素沈着して、お肌に残ってしまったり、クレーターのような凸凹のニキビ跡が残ってしまいます。 大人ニキビを治す方法や繰り返すニキビの予防法、肌荒れ知らずのツルスベ肌を保つ秘訣を知ってニキビのないキレイな肌を維持しましょう。 タイプ別ニキビを治す方法 年代別のニキビを治す方法 ひどい大人ニキビ・繰り返す大人ニキビを治す!からだの内側からのケアと外側からのケアまとめ 大人ニキビの中でも、頬やアゴにポツポツと1個、2個程度しかできない程度の軽い大人ニキビであればそれほど心配なく、朝晩の洗顔を丁寧にするだけでも自然と治ってきます。 しかし、 頬全体に無数にできてしまうような大人ニキビがひどい場合は洗顔を見直す程度では改善してくれません。 本当にひどく膿がでてくるような大人ニキビの場合は、 皮膚科への診療をまず考えてください。 皮膚科にて処方されたお薬で、まず ひどい状態の大人ニキビの炎症を改善させるのが先決です。 ひどいニキビを治すには、ニキビ薬 ディフェリンゲルやクレアラシルなど処方薬や市販薬 と併用しながら自分でできる大人ニキビ対策(ニキビ用洗顔やニキビケア化粧品)も併用して早く治しましょう。 これから紹介する自分でできる大人ニキビ対策は、たとえニキビが治ったとしても今後繰り返しニキビができないように予防にもなりますし、きれいな肌をずっと維持していくコツでもあります。 大人ニキビができてしまう原因にはからだの外からの原因とからだの内側からの原因があります。 それぞれの原因について思い当ることがあれば、実践してください。 ニキビの治療薬はあくまでも、今現在できてしまったニキビの炎症をすばやく抑え、ひどいニキビになるのを防ぐためでもあります。 今後、大人ニキビを繰り返さないためにも大人ニキビの対策や予防方法を知っておいてください。 大人ニキビができる外的要因と改善方法 枕カバーや寝具の汚れはニキビ・肌荒れの原因 枕カバーやシーツが汚れていると寝ている間に顔の毛穴に菌やアレルギー物質、酸化した皮脂などが刺激を与え、肌荒れやニキビができる原因につながります。 枕カバーやシーツ、布団カバー、夏場のタオルケットなどはこまめに洗濯して清潔に保ちましょう。 洗髪後に髪に残ったシャンプーの影響 普段使用しているシャンプーにもよりますが、合成界面活性剤や香料を多く配合しているシャンプーのすすぎが不十分な場合、おでこや肩、背中の皮膚に刺激をあたえて、ニキビができる原因になることがあります。 特に前髪をおろしているヘアスタイルやロングヘアーの方はシャンプー後のすすぎは念入りに行うようにしてください。 フェイスタオルの汚れは毛穴にばい菌が入りやすくニキビができやすくなります 洗顔後に使用するフェイスタオルや夏場など汗を多くかく季節に使うフェイスタオルの汚れも、お肌の炎症を引き起こしやすくニキビの原因につながります。 タオルも清潔なものを使うように心がけましょう。 毎日の洗顔やメイク落としがニキビの原因になることも 普段しっかりめのメイクをする方は、クレインジグの選び方や使い方によって、お肌に負担をかけてしまいお肌のコンディションを悪くしてしまうのでニキビができてしまう原因になります。 なぜクレンジングが大人ニキビの原因になるかというと、メイク落ちの良いクレインジングは皮膚の必要な皮脂までごっそりと落としてしまうため、乾燥肌を招いてしまうからです。 乾燥肌が大人ニキビの原因になることについては次の項目で説明いたします。 また、メイク落ちをよくするために合成界面活性剤を多く使っているので、肌への刺激が比較的強いのが特徴です。 クレンジングには時間をかけず(1分以内!)素早くメイク落としをして、お肌への悪影響を最小限に抑えるようにしましょう。 洗顔についても同様でメイクなどの油分までスッキリ落とせるような洗顔料は、洗い上がりがすっきりして気持ち良いですが、その分肌への刺激は強くなります。 ニキビができやすい人は、 石けん素地がメインの固形石鹸タイプか 天然クレイの洗顔料をおすすめします。 乾燥肌や混合肌のような肌質は大人ニキビができやすい ニキビは皮脂が多い脂性肌の人にできやすいという印象があると思いますが、 大人ニキビの場合は肌の乾燥が原因になることが多いです。 それは、 乾燥肌によってターンオーバーが乱れて固くなった角質が毛穴を詰まれせてしまうことで、詰まった毛穴の中にアクネ菌が繁殖してしまうことによってニキビができてしまうからです。 混合肌の場合は、皮脂が多いTゾーン付近は青春ニキビと同じ原因でニキビができます。 乾燥する頬やアゴは角質の毛穴つまりや乾燥によるバリア機能の低下によって大人ニキビができます。 このように、肌質によって大人ニキビができやすい人は、ニキビケア化粧品など 保湿重視のスキンケアに変えることでお肌の状態を改善していってください。 大人ニキビができる内的要因と改善方法 大人ニキビができてしまうと、どうしても洗顔やスキンケア、塗り薬ばかりに関心が向いてしまいやすいですが、実はからだの内面からの影響が大きいこともあります。 ストレスによってできてしまう大人ニキビ ストレスが大きいとニキビができやすいくなるということを聞いたことがあると思います。 仕事や人間関係のストレス、家庭内や子育てでもストレスを感じてしまうこともあるでしょう。 実は、ストレスをからだが感じると肌の表面の温度が下がって肌冷えという現象がおきることが確認されています。 肌冷えがおきると、血流が下がってしまうためお肌を健康に保つための栄養素が不足してきます。 すると肌のバリア機能が低下し肌荒れやニキビ、吹き出物ができてしまうのです。 ストレスを解消することが一番ですが、お風呂などで身体を温めたりマッサージをすることで血流を上げて肌荒れや大人ニキビを予防することができます。 睡眠不足も大人ニキビの原因になります 睡眠不足もお肌のコンディションを悪化させる要因として知られています。 もちろんお肌のコンディションが悪化することで肌荒れや大人ニキビができやすくなるのは言うまでもありません。 睡眠不足解消が一番の解決策ですが、なかなかできない場合は ビタミン類を積極的の摂るなどお肌へ栄養が行きわたるような食生活を心がけて補うようにしましょう。 便秘はお肌の大敵!大人ニキビを引き起こす原因にも! 便秘がちな人は肌荒れしやすく、同時に大人ニキビができやすいというのは周知のことですね。 便秘になると、腸にたまったガスや毒素が排出されず、血液を通して体中に毒素がまわってしまいます。 すると当然お肌にも悪影響を及ぼし、肌荒れ、吹き出物、大人ニキビが出来てしまう原因につながるのです。 大人ニキビができやすい人で便秘に心当たりがある人は、便秘解消するだけで大人ニキビが治ってしまう可能性もありますので、ヨーグルトや納豆などの乳酸菌の摂取、野菜などの食物繊維の摂取を心がけましょう。 便秘がひどい場合は、便秘薬やビオフェルミンなどお薬に頼ってでも解消させることが大切です。 ビタミン不足が大人ニキビの原因にも 肉や野菜に多く含まれるビタミン類ですが、ダイエットをしたり、野菜の摂取が少ないと体の機能を維持するためにビタミンが消費されてしまい、皮膚や髪の毛、爪など末端までビタミンが行きわたりません。 ビタミン不足が続くと、爪が割れた少なったり、髪の毛にハリやコシがなくなるのと同時に、やはり肌荒れ、ニキビができやすくなります。 特に美肌ビタミンと言われるビタミンCやビオチンの不足がお肌に影響を及ぼしますので、積極的に摂取するようにしましょう。 生理前のニキビは誰もが一度は経験する大人ニキビ 生理前にできる大人ニキビは多くの方が経験することではないでしょうか? 生理前になると、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れ、普段より皮脂を多く分泌してしまうことがあります。 皮脂が多く出てしまうだけでは、直接ニキビができる原因にはなりにくいのですが、ほかの要因(毛穴詰まりや便秘など)と合わさって、大人ニキビができてしまう確率が上がってしまうのです。 毛穴が詰まってしまうことが大きな原因になるので、生理前は特に毛穴を詰まらせないような洗顔を心がけて、合わせて保湿ケアをいつもより丁寧に行うことで生理前の大人ニキビを防ぐことができます。 大人ニキビは1週間で改善できます 大人ニキビを治したり予防するために大切なことがあります。 それは毎日の正しいスキンケアです。 ニキビ用の洗顔や大人ニキビ用スキンケア化粧品で毎日正しいケアをしていくことで1週間でお肌が改善し大人ニキビが解消していくことを実感できるでしょう。 ひどい大人ニキビ対策に、どのニキビケア化粧品がおすすめなのかすぐに知りたいという方はこちらから! 角質や皮脂、メイク汚れを毛穴に詰まらせないようにしっかり落とせるか? 大人ニキビができてしまう大きな原因の一つがて肌の乾燥によって 角質肥厚になり固くなった古い角質が毛穴に詰まって毛穴の中のわずかな皮脂で炎症をおこしてしまうことです。 毛穴の黒ずみが目立つ方は、特に毛穴ケアに効果的なクレイ(天然の泥)が入った洗顔料を使った大人ニキビ用のスキンケアで念入りに! 古い角質と同様に落としきれなかったメイクや皮膚の汚れが毛穴を詰まらせることも大人ニキビができてしまう原因になります。 毛穴に詰まった角質等を取り除くためには毛穴の中に入り込める粒子の細かい 天然クレイを使った洗顔料やケミカルピーリングなどが有効です。 ただし 本格的なケミカルピーリング等は刺激が強いものがあるので注意が必要です。 天然クレイは粒子が細かいことに加え、汚れや角質などを吸着する作用があります。 毛穴の奥まできれいにできて肌にとてもやさしいのも特徴で大人ニキビ用の洗顔料としては最適です。 ニキビ予防に有効な成分の配合も確認! 大人ニキビのケアは洗顔と保湿ケアが最も大切な要素ですが、繰り返すニキビをできにくくしたりニキビの炎症を抑える働きや大人ニキビ予防、肌荒れの予防が期待できる有効成分が配合されているニキビケア化粧品も多いのでチェックしておきましょう。 グリチルリチン酸ジカリウムやグリチルリチン酸ステアリル、ビタミンC誘導体などのほか、色素沈着したシミに効果があるといわれているハイドロキノンやヒドロキシチロソールなどの美白成分が入ったスキンケアも場合によってはチェックしてみましょう。 ちなみに ビタミンCはニキビの炎症を抑える働きの他、ニキビ跡の色素沈着のシミを薄くする働きがあります。 これ以外にも化粧品メーカー独自開発のニキビ有効成分などもあるのでメーカーの販売ページをよく読んでみましょう。 大人ニキビを治すためにはまず原因を知り根本を改善することが大切です。 自分のニキビがなぜできてしまうのかわからないまま間違ったニキビ対策をすることで余計に悪化させてしまうことがあります。 アゴや口の周り、頬などにポツポツできる白ニキビ、コメドができてしまうことや肌荒れしやすいのも間違った対策やスキンケアを行っているからです。 ニキビ治療用市販薬(クレアラシルやビフナイト)などでも赤ニキビや黄ニキビの炎症は治まりますが、 一時的に改善したように見えても普段のスキンケアや生活習慣など根本的な改善ができなければすぐにまた再発してしまいます。 大人ニキビが治りにくいといわれたり、一度治ってもまた同じところに繰りかえしできやすいのは根本的な大人ニキビ対策ができていないためです。 大人ニキビができる原因と思春期ニキビの違いをまず知ろう 思春期ニキビの原因 10代にできるいわゆる思春期ニキビは活発な新陳代謝で過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってできるのが主な原因です。 皮脂分泌が多い顔のTゾーンにできるのが特徴です。 このようなニキビは、ニキビ用の薬で毛穴のアクネ菌を殺菌し皮脂を抑えるスキンケアと毛穴の中まで清潔にできる洗顔をしっかりやっていれば比較的簡単に治ります。 大人ニキビの原因 大人ニキビの場合は思春期ニキビほど単純ではありません。 便秘やビタミン不足、生活環境や仕事のストレス、ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥やターンオーバー周期の遅れなどさまざまな内面の要因が引き金となって肌環境が乱れて大人ニキビができてしまうのです。 ですから皮脂の分泌が増えることだけが原因ではなく、肌の乾燥によって肌荒れをおこし硬くなった角質が毛穴に詰まったり、バリア機能が低下しやすい部分(頬やアゴ、口の周り)など顔のUゾーンにできやすいのです。 大人ニキビを治すために仕事のストレス軽減や生理前などのホルモンバランスやターンオーバーの乱れを改善しようとしてもすぐには無理ですよね。 今日から生活を改善します!なんてなかなか出来ることではありません。 でも大丈夫!今までのスキンケアをニキビを予防する正しいスキンケアに改善し実践することで肌荒れやニキビができにくい肌になることができます。 便秘やビタミン不足を感じているのでしたら、マルチビタミンや乳酸菌などのサプリメントを毎日の食事の補助として取り入れることも大人ニキビ予防につながります。 体の内側と外側両方から大人ニキビができやすい肌環境の改善をするだけで、短期間で繰り返すしつこい大人ニキビに悩まされることがなくなります。 それは、当サイトでも人気ランキング1位の フジフイルムのルナメアACです。 肌にやさしいファイバーフォーム+汚れ吸着に優れたクレイ洗顔料・お肌をしっとりさせる保湿成分たっぷりの化粧水や水分を逃さないニキビケアに有効な成分を配合したジェルクリームと大人ニキビ対策に大切な要素が揃った薬用ニキビケア化粧品です。 大人ニキビ用のスキンケアを選ぶときに特に注目するポイント 大人ニキビは毛穴の黒ずみの原因である汚れや毛穴に詰まった皮脂・古い角質をきれいに取り除くことがとても大切です。 毛穴のなかまですっきりさせることが大人ニキビの予防や大人ニキビをいち早く治す近道となります。 大人ニキビ用の化粧品には洗顔料、化粧水、美容液などのセットが多いですが、その中でも「洗顔料」に注目してみましょう。 大手化粧品メーカーでも大人ニキビ化粧品は毛穴ケアに優れた洗顔料に力を入れています。 肌にやさしくて汚れを吸着する性質のある 天然のクレイを素材にした洗顔料が大人ニキビ用の洗顔に適していて肌荒れをおこしやす人でも安心して使えるため、多くの化粧品メーカーで使われています。 当サイトでも人気の ルナメアACや ビーグレンの大人ニキビセットにも天然クレイの洗顔料が採用されています。 また、乾燥しやすいお肌は硬くなった角質が毛穴を詰まりやすくしてしまいますのでこのような方にはノブACアクティブの洗顔料をお試しいただくと良いかもしれません。 ノブACアクティブの洗顔料はマイルドピーリング効果のある洗顔料で古い角質を優しく取り除いてくれるので、乾燥して角質が詰まりやすいタイプの大人ニキビには効果的に作用するでしょう。 ケミカルピーリングのお肌への刺激が心配な方でも大丈夫です。 気になる大人ニキビ用スキンケアを見つけたら、自分と同じような肌質の方の口コミなども参考にトライアルセットを選んでみても良いでしょう。 大人ニキビ用のスキンケア化粧品を選ぶ際には、価格の安さなどで決めずにあなたの肌タイプに合う洗顔料に注目して選んでみてください。 「大人ニキビを治す方法|1週間で改善できるニキビケア特集」 「大人ニキビを治す方法」では20歳を過ぎてから30代にできる大人ニキビや40代、50代になってからできてしまう更年期ニキビまで治りにくいとされるニキビの原因や、毎日の正しいスキンケアの仕方をお伝えしています。 口の周りやアゴ周辺、ほっぺにできる吹出物やニキビは大人ニキビというふうに区別され、思春期にできるニキビとは違ってとても治りにくく、繰り返しできやすいのが特徴です。 それは、女性ホルモンのバランスが乱れたり、ストレスなどで皮脂の異常な分泌が原因だったり便秘や腸内環境の乱れによるコメドや白ニキビができるなど様々ですが、正しいニキビ洗顔とビタミンC美容液などのニキビ集中ケアで驚くほど肌がきれいになることが実感できます。 抗酸化作用のあるポリフェノールのヒドロキシチロソールなどがとれるオリーブオイルやビタミンの豊富な野菜や乳酸菌を多く摂って体の中からニキビのケアをすることも大人ニキビの改善に効果的です。 更年期や生理前の大人ニキビはホルモン治療をするとよくなるとも言われていますが、毎日の正しいニキビケアが大切なのは変わりません。 大人ニキビはおでこよりも肌の乾燥によって角質肥厚になりやすいあごやほっぺに出来やすいニキビです。 正しくニキビの集中ケアをしないと治りにくいばかりか、悪化してしまうこともあります。 多くの人が間違っている大人にきびの対処法、肌質やニキビの原因ごとにピッタリの大人ニキビケア化粧品で繰り返さない大人ニキビの対策方法を紹介!.

次の

ニキビを治す方法【中学生編】将来の美肌のためには今が大切!

ニキビケアの方法

あとで詳しく説明しますが、赤ニキビは菌による皮膚の炎症で起こってしまうもの。 炎症を起こしたニキビには、適切なケアが必要なんです。 もちろん、 医薬品を使用することも効果的ですが、普段のスキンケアから赤ニキビの炎症を抑えることも重要です! は、 独自の浸透力 ナノBテクノロジーを採用し、ニキビを繰り返して赤くなってしまった肌や硬くなってしまった皮膚を柔らかくしてくれます! 【若いのにシミが多い】【肌の調子が悪いとみられている気がして嫌だ!】という女性にも、 【メンズコンシーラーを使ったけどうまく隠れない】【いつまでも赤みが引かない】という男性にもとにかくおすすめのスキンケアアイテム! 何度も繰り返してできる赤ニキビには リプロスキンがおすすめですよ! ニキビが赤くなる理由 ニキビにもいろんな種類があります。 ・白ニキビ ・赤ニキビ ・黒ニキビ ・黄ニキビ ・紫ニキビ など、それぞれ症状の度合いや原因が異なるニキビですが、その中でも一般的にできやすいのが赤ニキビです。 赤ニキビの主な原因は皮脂の過剰分泌とそれによる 皮膚の炎症です。 そもそもニキビの根本的な原因となるのはアクネ菌と呼ばれている菌で、このアクネ菌が繁殖してしまう事で、皮膚に炎症を起こします。 そして、皮脂が過剰分泌される事で、毛穴が詰まりやすくなったり詰まってしまい、それが原因で アクネ菌が増殖して皮膚が炎症し、赤ニキビを作り上げてしまうのです。 ニキビの赤みを消す方法 ニキビの赤みを消す方法としては、以下のような方法が挙げられます。 ・軟膏薬を使う ・洗顔とスキンケア ・皮膚科で治療 基本的にはこのいずれかのパターンでニキビの赤みを消すことはできます。 市販やネット通販を利用して ニキビの治療に効果的な軟膏薬を使う手段。 他にも内服薬で体内からニキビを治療する方法などもありますが、多くの方は市販などで売っている軟膏薬を使っていると思います。 この治療法は決して間違った治療法ではありません。 むしろ普通です。 ポイントとしては、 自分の肌質や症状に適したニキビ治療薬を購入する事です。 洗顔に関しては、ただ洗えば良いとうわけでもありません。 洗顔して綺麗に汚れを落としたら、化粧水や乳液を使って保湿をする事が重要。 乾燥肌や肌が乾燥している状態もニキビの原因となりますので、乾燥する前に保湿しておくのがポイント。 ニキビの赤みを消す方法としては 一番の最善策だと言えるでしょう。 専門分野に特化した医師が、原因と治療法を教えてくれますし、その症状に適したお薬も処方してくれるので、安心して治療を進める事ができます。 ただし、病院だと 診察料・処方料・検査料などが発生する事もあるので、市販で薬を買うよりかは少し割高です。 市販の軟膏薬などで効果が無かった時に皮膚科に相談するという流れでも良いでしょう。 病院でのレーザー治療 ニキビ跡の赤みを消す方法として、 専門機関でのレーザー治療などもあります。 色素沈着してしまったニキビ跡にレーザーをあてる事で、重度のニキビ跡でも目立たなくすることができます。 人によって異なりますが、 数回通院してレーザー治療を行えばだいたいのニキビ跡は目立たなくなります。 バレないようにメイクで隠す これは女性に多い手段かもしれませんが、ニキビの赤みやニキビ跡を消すにはメイクもオススメです。 周囲にバレたくない!というだけで考えるなら一番効率の良い方法かもしれません。 普段の化粧でもニキビを隠す事ができるので、治療代なども無駄にかかる事がありません。 ただし、 メイクしたまま寝てしまったり、長時間メイクしっぱなしだと肌荒れの原因やニキビを増やす原因にもなるのでご注意ください。 赤みのあるニキビに対してダメな対処法 ニキビが赤い時にやってはいけない事は、 ・温める事 ・潰さない事 この2点です。 ニキビを温めてしまうと炎症が促進されて症状が悪化する事が考えられます。 更に、 赤みのあるニキビを潰してしまうと潰した部分から菌が入り込んでしまい、更に症状が悪化する可能性があります。 そうなると、一時的に症状が緩和したとしてもニキビが再発する可能性が高いので、後々厄介です。 毎日のスキンケアの大切さについて 毎日のスキンケアはニキビの対策としても非常に大切です。 肌に優しい化粧品などを使うのがベストです! ブランド名や流行りにばかりこだわってしまわずに、 自分の肌に適切なアイテムを選ぶことがニキビを作らない為の第一歩です。 洗顔は低刺激がGood これは男性と女性のどちらにも言える事ですが、洗顔フォームは出来る限り低刺激の物を使用するのがオススメです。 特に 乾燥肌・敏感肌・混合肌の方に言える事です! 刺激が強い洗顔フォームなどは、肌にダメージを与えてしまったり成分そのものが ニキビの炎症に刺激を与える可能性も考えられます。 なので、化粧水や保湿クリームなどを選ぶ事も重要ですが、洗顔フォームを選ぶのも重要だという事を覚えておきましょう! ちなみに、 顔の洗い過ぎもお肌にはよくありませんので、1日2回までを目安にしてください。

次の