ウィット に 富む 意味。 「ウィットに富んだ」とはどんな意味?会話例やジョークの例を交えて解説!

「ウィット」の意味・例文6つ|ウィットに富む・ユーモアとの違い

ウィット に 富む 意味

「示唆に富む」という言葉を漢字の意味から考えていきます。 「示唆(しさ)」という言葉を国語辞典で引くと「こうすればいい」「こうするということをほのめかす」となっています。 富む(とむ)という言葉の意味は「多く持つ」「豊かに持つ」ということです。 「示唆」と「富む」、二つの言葉をそのままつなげて直訳すれば「こうすればいいということが多い」「こうするということをほのめかすことが豊かである」という意味になりますが、これでは何のことかよく分りません。 漢字を一つづつ見ていくと、示唆の示(し)は示す(しめす)ことです。 はっきり分るように相手に見せたり知らせたりするという意味を持っています。 示唆の唆(さ)という言葉は「そそのかす」という意味で、これは直接はっきり言ったり、指示したりはしませんが、求めていることをそれとなく分からせ、やらせるように仕向けるという意味です。 示唆という言葉は相反する意味を持つ二つの漢字が並んでいる訳ですが、これは、明確に言ったり、指示したり、教えたりするのではなく、色々な事実や事例、言葉を使って言いたいことを分らせる、知らせる、教えるということです。 「示唆に富む」という言葉は、いわばはっきり教えたり伝えたりしている訳ではありませんが、教えられることや気付かされることがそこには多く含まれているという意味になります。 「示唆に富む」という言葉の意味が分っても、普段の日常生活では使う機会の少ない言葉ですので、どんな時にどんな場面で使えばいいのか分りにくいのではないでしょうか。 目下のヒトが目上のヒトに使う敬語表現で「ご示唆」という言葉あります。 示唆という言葉はもともと敬語と密接な関連性があります。 この言葉には教える、教えられるという意味が含まれている訳ですから、そこには上下関係が成立します。 上下関係には敬語表現が介在しますので、敬語を理解していないと正しく使えません。 直接的な対人関係の中で何かヒントが欲しい時、「示唆して下さい。 」と普通は言いません。 教えて欲しい側は自分を目下と位置づけ、「ご示唆下さい。 」という敬語表現を使うのが普通です。 また、ヒントを教えてもらってお礼を言う時も「示唆してくれてありがとうございます。 」とも言いません。 この場合は「ご示唆頂きありがとうございます。 」とか「ご示唆下さりありがとうございます。 」という敬語表現になるのが普通です。 このように「示唆」という言葉には「示唆する側」イコール目上、「示唆される側」イコール目下という上下関係があり、示唆を受ける側は普通、示唆する側に対して一般的に敬語表現を使います。 「示唆に富む」話もよく目上の人から目下の人になされます。 目上の人は目下の人より、たくさんの経験を積んでいるのが普通ですので、その経験を元に目下の人に示唆に富む話ができます。 特に会社やビジネスどでは、目上の人間が目下の人間に直接指示したり教えたりする場合もありますが、「示唆に富む」話をして自分で考えさせ、気付かせて育てる意図を持つケースも多々あります。 また上下関係はなくても、色々なモノや事柄がヒトに示唆を与えるケースもあります。 この場合、モノや事柄はヒトではありませんので、敬語を使う必要はありませんが、何か得るものがたくさんあったという点で、モノや事柄を自分より上と位置づけている点では同じです。 「示唆に富む」、この言葉は色々な場面で色々な使われ方をしますので、もう少し詳しく、その使い方を説明します。 この使い方をする時は、示唆されている側が何か問題意識を持っていることが前提になります。 例えば、自分が仕事などでどういう方向に進めばいいのか、どのようにすればいいのか迷っている時に、上役や先輩などの目上の人の話の中に多くのヒントがあり、それを判断材料にして自分で解決する機会を得た。 また目上人の話でなくても、本や映画などから問題解決のヒントをたくさん得た場合も、「示唆に富んだ本」とか「示唆に富んでいる映画」という使い方をします。 示唆されている人に問題意識がなければ、目上の人の話はただの話にしか過ぎませんし、本や映画もただの娯楽にしか過ぎません。 しかし、示唆されているヒトに何か問題意識があり、そこから何か暗に教えられるものがあれば、それは「示唆に富んでいるモノ」になります。 示唆を得る側に何か問題意識があリ、示唆を得る側以外の何かから暗に多くのことを教えられた場合、その対象物に対して「示唆に富む」という使い方をよくします。 もう一つの使い方は別に示唆されている人に問題意識がある訳ではありませんが、その人が全く考えてもみなかった新たな視点をある対象物から発見した場合です。 違う視点から物事を見れるようになり視野が広がった時もその対象物に対して「示唆に富む」「示唆に富んでいる」「示唆に富んだ」という使い方をします。 この場合も示唆を与える側は、示唆を得る側に直接的に何かを教えたり、明示したりする訳ではありませんが、示唆を得る側がそこから何か有益なことに気付いたことで何かを示唆していることになります。 それとなくではあるが目上の人の話や映画、本などから多くのものごとに気付かされ、発想が自由になったり、思考範囲が広がったりすれば、それは「示唆に富む話」「示唆に富んでいる映画」「示唆に富んだ本」になります。 「示唆に富む」という言葉はポシティブな意味合いの強い言葉です。 示唆を与える側は、示唆される側に対して有益なことや何か得るものがあることを教える、伝えるという意図があります。 示唆される側は、そこから何かためになる話をたくさん聞くことができたとか、新たな発想が数多く加わったとか、思考範囲が大きく広がり、それにより自分がいい方向に進めるという気持ちがあります。 日本語にはこれに似た意味合いを持つ類語が他にも色々たくさんあります。 例を挙げると、「有益な」「建設的な」「貴重な」「ためになる」「意味の深い」「含みのある」などですが、これらの類語は、受け手にとっては全てポシティブな意味合いのあるいい方向性に導かれるニュアンスがあります。 類語 意味 例文 有益 良い結果をもたらす この情報は私にとっては非常に有益である。 建設的 現状をよくしていく 険悪な関係にある両国は建設的な話し合いをした。 含みのある 表面には出てこないが意味がある 妻の友人の含みのある言い方で妻の浮気に気付いた。 上記以外にも色々な類語がありますが、「示唆に富む」に関連する類語はその言葉の中に、いい方向へ向かうとか問題解決につながるというニュアンスが感じられることが重要です。 示唆に富む話や表現がされる時は、大事な話をしなければならない場合によく使われます。 特に責任のある立場にある人はその発言が大きな影響力を持ちます。 大事な話は相手に正確に伝える必要がありますが、表現が直接的ですと鋭利な刃物のようにそのまま心に入っていく分、相手を傷つけてしまう恐れがあります。 例え相手のことを思って言ったり、伝えたりしても、表現が直接的ですから相手が動揺したり、人々や現場が混乱したりする可能性が高くなります そうなると、事態を収拾するには多大な労力を払わなければならなくなるかもしれませんし、何よりその人のために言ったことが誤解され、逆にその人のためにならないことになってしまうかもしれません。 示唆に富む伝え方は受け手に、その意図を咀嚼させます。 その場ではその意図が伝わらなくても、受け手に色々考えさせ、判断を促します。 そしてその判断は受け手が自分の頭で考えて導き出した判断ですから、強要されたり、強制された訳ではない自分が責任を持たなければならない判断になります。 「示唆に富む」伝え方は示唆を与える側も示唆される側も納得できるウィンウィンの表現方法といえるのではないでしょうか。

次の

「示唆に富む」の正しい意味や使い方|類語や言いかえ表現や例文

ウィット に 富む 意味

「ウィット」の意味とは? 「ウィット」の意味は機知・理解力のこと 「ウィット」の意味は機知や理解力のことを意味します。 とはいうものの「ウィット」は賢さや優秀さを直接的に示すのではなく、どちらとと言えば、「とんち」や「機転」と言ったニュアンスが強いとなります。 状況や相手に合わせて臨機応変に面白いアイデアが出る力、 また、思いも寄らないような鋭い知恵をとっさに考えつく才能を表しています。 たとえば、「1+1=2」という当たり前の答えではなく、「1+1=田」といった捻りのきく冴えた答えをさらっと言ってのけるような才知、また「さすが! 」「なるほど! 」と思わず言ってしまうよう知力が「ウィット」です。 また「機知にとんだ話」や「機知にとんだ人」を「ウィット」と呼ぶことがあります。 「ウィットに富む」はとんちと機転に溢れること 「ウィットに富む」とは、とんちや機転に溢れる、それらが花開いていることを意味します。 もともと「ウィット」には「機知に富んだ人」という意味があります。 たとえば「ウィットに富んだ人」とは「とんちの才能や理解力、知恵や知力などが備わっている人」を指します。 誰かに「あなたはウィットに富んでいる」と言われたら、それは「なかなか面白い答えだね」「頭が冴えてるね」と褒め言葉でもあるのです。 ウィットねじはJIS規格廃止後も業界で使用 ウィットねじとは山の部分の角度が55度のインチねじです。 これに対して山角度が60度のねじをユニファイねじと言います。 ウィットねじは英国のウィットウォースという人物が考え出したねじの一つで、1968にJIS規格は廃止されたものの、現在も業界で使用されているねじの一つとなります。 「ウィット」の使い方と例文 「ウィットに富んだ〇〇」はよく使う言い回し 「ウィット」はあらゆる環境において「ウィットに富む」という熟語表現で使われることが多い言葉です。 前述でご説明したように「ウィットに富んだ人」なら「機転が利いて味のある答えが出せる人」、ウィットに長けた人なら「とんちや知力が誰よりもある人」という意味で使われます。 もともと「富む」はたくさん持っている、豊富にあるという意味があり、「ウィットい富む」で「ウィット(機知や知力)がたくさんある」となります。 「ウィット」は斬新なアイデアを求めるときに使われる 「ウィット」が使われるシチュエーションはさまざまありますが、最もよく用いられるのが「斬新で一味違ったアイデアを求める時」です。 たとえば、プロジェクトやイベントの企画、新作商品のデザインなど、発想が愉快で独創性あるものを求める時に、「ウィットに富んだアイデア」「ウィットに溢れる企画」というように使うことがあります。 「ウィット」の軸となるものは、純粋な思い付きやひらめきで場合も多く、これらは一晩中考え込んでも浮かんでくるものではありません。 だからこそ、企画やデザインなどのフィールドでは「ウィット」が意味する「捻りのあるアイデア」や「色彩の異なる考え」を求めるのでしょう。 「ウィット」を使った例文• お隣さんは、ウィットに富んだデザインの家に住んでいる。 ウィットに長けたアイデアを求めるのは、市場で顧客を独占したいためだ。 彼の商品企画は機知に富んだウィット溢れるものがばかりだ。 我が社の社訓はウィットに富んだ内容が多い。 彼はIQが高いだけではなく、捻りの利いた話し口調で人気がある。 彼は知的ながらヒューマーのある人だ。 思ったよりヒューマーある映画だった。 まとめ 「ウィット」は英語の「wit」が語源で、「機知」「才能」「理解力」「機転の利く」「とんち」、また「機知に富んだ人」という意味で使われ、純粋に頭が良くて物知りであるというだけではなく、「捻りの利いたアイデアを持つ人」「状況に合わせt臨機応変に答えが出せる人」という意味で使われます。 言ってみれば、とんちで有名な一休さんのイメージが最もわかりやすいでしょう。 「ウィット」でよく使われる言い回しは「ウィットに富んだ〇〇」という熟語表現です。 斬新で驚きのある何かを追及しているシチュエーションで用いられることが多いので、ぜひ活用してみて下さい。

次の

ダージリン・プッタボン茶園byインド紅茶専門店・シルバーポット

ウィット に 富む 意味

2011年10月17日 21時00分 世界の偉人・著名人たちによるウィットに富んだ「切り返し」32例 世界の偉人たちの言葉は、悩んだときに道を示してくれる力強さを持っているものです。 しかし、今回集められたのは 「名言」ではなく、見事な言葉の 「切り返し」。 ウィットに富んだものから、人柄をよく表しているもの、時には苦しい言い訳や口汚い罵り合いまで、32個の切り返しが集まっています。 vs 他国の外交官 エイブラハム・リンカーンは、第16代アメリカ合衆国大統領。 南北戦争に勝利し、奴隷解放宣言を発布しました。 下のやりとりは、外交官の質問を受けてのもの。 外交官: 大統領! あなたは自分の靴を自分で磨くんですか? リンカーン: そうだよ。 君は誰の靴を磨くんだね? 2. vs アーネスト・ヘミングウェイは、20世紀前半に活躍したアメリカの小説家。 1954年にノーベル文学賞を受賞しています。 ウィリアム・フォークナーもヘミングウェイと並び称される20世紀アメリカ文学の巨匠です。 フォークナーも1949年にノーベル文学賞を受賞。 フォークナー: 彼は読者に辞書を引かせるような単語を使ったことが無い。 ヘミングウェイ: 馬鹿フォークナーめ。 大きな感動が大仰な単語から生まれると本当に思っているのか? 3. vs ウィンストン・チャーチルは第61代、第63代イギリス首相。 第二次大戦と冷戦期に首相として活躍、ジョークの名手、毒舌家としても知られています。 ジョージ・バーナード・ショーはアイルランド出身の劇作家で、イギリス近代演劇の確立者として知られ、ノーベル文学賞を受賞しています。 写真はチャーチル。 ショー: 開演の日に2枚のチケットを予約しておきました。 そしてもしお持ちなら、ひとりの友人を連れてきてください。 チャーチル: 最初の日に行くのは難しいな。 2日目に行くよ、もしもう1日公演があるならね。 vs ビル・クリントンは第42代アメリカ合衆国大統領。 ダン・クエールはその前任の第41代大統領のもとで副大統領を務めました。 クエールは「ラテン・アメリカ諸国ではラテン語が話されている」などの発言を繰り返したころから、1991年にイグノーベル賞が贈られ、ゲームでは、プレイヤーのプレイに対する最低の評価として「ダン・クエール」という称号が設けられています。 クリントン: アメリカ中の消火栓が噴き出さないか心配だ。 (ダン・クエール氏が、第42代大統領選で、クリントン氏とその対抗のアル・ゴア氏に対するピット・ブルとなろうと考えていたと語ったことに対して) 5. vs オスカー・ワイルドはアイルランド出身の作家で、「ドリアン・グレイの肖像」や「サロメ」などの耽美的な作品を残しています。 ルイス・モリスはニューヨーク州モリサニアに生まれた土地開発者で、アメリカの独立戦争を支持し、独立後はサウス・ブロンクス地区の一部をアメリカ合衆国の首都の用地として提供しました。 写真はオスカー・ワイルド。 モリス: 私をおとしめようとする陰謀がある。 静かなる陰謀だ。 しかし、一個人に何ができる? 私はどうしたらいい? ワイルド: (陰謀に)参加しなさい。 vs モーツァルトのファン モーツァルトは18世紀後半のドイツの作曲家。 、と並んでウィーン古典派三大巨匠の一人とされます。 幼い頃から音楽の優れた才能を発揮し、7歳の時の演奏を文豪が聴き、そのレベルは絵画での、文学のに並ぶと語っています。 ファン: モーツァルト、交響曲を書こうと思うのです。 どのように始めたらいいか、教えてくれませんか? モーツァルト: 交響曲は非常に複雑な形式の音楽です。 多分、もっと単純な音楽から初めて、それから交響曲へ進むといいでしょう。 ファン: でもあなたは8歳の時から交響曲を書いていましたよね? モーツァルト: ええ、でも私は誰かに作り方を聞いたりしませんでしたよ。 エイブラハム・リンカーン vs スティーブン・ダグラスは、1860年の民主党大統領指名候補で、共和党候補者エイブラハム・リンカーンに敗れています。 下の言葉は、ダグラスがリンカーンを「Two-faced(うそつき野郎)」と批判したことに対して言ったもの。 リンカーン: 聴衆に任せよう。 もし私がもうひとつ顔を持っていたとしたら、今の顔を着けると思いますか? 8. vs コンテスト出場者 グルーチョ・マルクスは、兄弟4人で「マルクス兄弟」として活躍したアメリカのコメディ俳優。 チャップリンと同世代ながら、彼らはしゃべりで笑いを取るタイプの喜劇役者で、トーキーの出現によりようやく映画での日の目を見ることになりました。 のちにグルーチョはテレビにその活躍の場を移します。 下の会話は、「You Bet Your Life」というコンテストで、出場者が10人の子どもの父親であると分かった時のもの。 グルーチョ: なんでそんなに子だくさんなんだい? 出場者: それは、グルーチョ、妻を愛しているからさ。 グルーチョ: 僕も葉巻が好きだけど、それでも時々は口から離すよ。 vs アルキビアデスはで活躍したアテナイの軍人であり、政治家でもありました。 ソクラテスの弟子兼恋人としても知られており、プラトンによって対話篇「アルキビアデスI」「アルキビアデスII」が書かれています。 ペリクレスもまたペロポネソス戦争で活躍したアテナイの政治家です。 ペリクレス: 俺が君の年代の頃はな、アルキビアデス、ちょうど君が今話しているみたいな話し方をしたものさ。 アルキビアデス: その時の君を知っていればよかったのに、ペリクレス、最上の時の君をね。 ウィンストン・チャーチル vs ナンシー・アスターは、英国議会初の女性代議士。 1919年から1945年に在任。 アスター: 私があなたの妻だったら、あなたに毒を盛るでしょうね。 チャーチル: 私があなたの夫だったら、喜んでその毒を飲むでしょうな。 (画像ではコーヒーに毒を入れることになっていますが、この問答について正しくは「If you were my husband I'd give you poison. 」「If you were my wife, I'd drink it. 」という内容だったと言われています) 11. vs オペラ歌手 カルビン・クーリッジは、アメリカ合衆国第30代大統領。 任期中に「競争の20年代」と呼ばれる急速な経済発展をアメリカにもたらし、税の低減、国債の縮小に功績がありました。 「必要以上の税を集めるのは合法的強盗である」との名言を残しています。 オペラの観客: 歌手の演技 execution はどうでしたか? クーリッジ: 「execution:処刑」に 大賛成だ。 vs モハメド・アリはアメリカの元プロボクサー。 オリンピック金メダル獲得後プロへ転向、無敗で世界ヘビー級王座に登り詰め、通算19度の防衛を果たしています。 ジョー・フレージャーはそのアリにプロ転向後初めての敗北を味わわせたボクサー。 2人のリング外でのやりとりは、対戦を盛り上げるためとはいえ、口汚い罵り合いになってしまったことで知られています。 フレージャー: ヤツは偽物だ。 自分が黒人であることを、自分のために利用している。 アリ: フレージャーはブサイクだからアメリカ環境局に顔を寄付すべきだよ。 ウィンストン・チャーチル vs ベシー・ブラドックは労働党の女性議員で、社会改革に尽力しました。 ある日、酔っ払ったチャーチルが議院でふらついてブラドック議員にぶつかってしまったことがあり、その時のやりとりが下の会話と言われています。 ベシー・ブラドック: ウィンストン、あなた酔っ払っていますね!? チャーチル: あなたは正しいよ、ベシー。 そしてあなたはブサイクだ。 しかし明日の朝になればどうだろう、私はしらふになる。 そして君はブサイクのままだ。 vs レポーター エド・コッチは元ニューヨーク市長。 同性愛に対する差別の根絶や、法的措置によるストライキの阻止に取り組みました。 コッチ: これを君に説明することはできるよ。 でも君のためにこれを理解してあげることはできないな。 (コッチが作った文について矛盾した点を指摘されて) 15. vs 無名の歌手 ミリアム・ホプキンスはアメリカの歌手。 1931年の映画で注目を集め、1935年でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされています。 無名の歌手: あなた、知ってるでしょ。 私が自分の声に5万ドルの保険をかけたってこと。 ホプキンス: スゴイわね。 で、お金は何に使ったの? 「5万ドルもの保険をかけるほどの美声」を自慢する歌手に対し、ホプキンスは「声が潰れているようだから、もうお金をもらったはず」という皮肉を込めて、鋭い切り返しで応えています。 vs 無名の女優 イルカ・チェイスはアメリカの女優で、1920年代からブロードウェイで活躍、1960年にはにも出演しています。 無名の女優: あなたの本、楽しく読ませていただきました。 誰が書いてくれたんですか? チェイス: お気に召していただいて光栄です。 どなたがあなたに読んで聞かせてくださったのかしら。 本を出したと言ってもゴーストライターに違いないと高をくくって皮肉を言う女優に対して、チェイスは「どなたが読んで聞かせてくれたのかしら」と返すことで、言外に「あなたは書くことどころか読むこともできないのでしょう」という痛烈な皮肉で応えています。 vs ジョン・ウィルクスは1760年ころに活躍したイギリスの急進的なジャーナリストで、のちにロンドン市長にも就任しています。 ジョン・モンタギューは、第4代サンドウィッチ伯で、キャプテン・クックの太平洋探検を協力に支援しました。 サンドイッチの発明者とも言われています。 2人はもともとという社交クラブに所属しており、クラブは上流紳士たちが集まっては娼婦たちと乱交を繰り返すなど、放蕩の場となっていました。 ウィルクスはのちにこのクラブの実態を新聞紙上で糾弾、クラブを解散に追い込みました。 サンドウィッチ伯は、名誉毀損その他諸々の罪でウィルクスを告訴、逮捕投獄しましたが、この件で民衆の反感を買い、暴動が引き起こされています。 モンタギュー: ウィルクス、お前なんか絞首台でも天然痘でもくたばるがいい ウィルクス: 閣下、そのどちらになるかは、閣下の裁きを受け入れるのが先か、閣下の恋人を抱擁するのが先か次第です サンドウィッチ伯が出した絞首台と天然痘という2択に対して、ウィルクスは「embrace(抱擁する・受け入れる)」を「さばきを受け入れる」と「恋人を抱く」の2重の意味で使って、見事に切り返しています。 vs 西洋文明 インド独立の父として知られるマハトマ・ガンディーは、18歳でロンドンに渡り、法学を学んでいます。 その後、1915年にインドに帰国してからインド独立のための運動に尽力しました。 ガンディーは一方で、「鉄道によって欲望が加速するため邪悪が広げられる」「病院があるせいで体に注意を払わなくなる」などの西洋文明批判を繰り返したと言われています。 下の会話は、ガンディーから西洋文明批判を引きだそうとした記者によるインタビューに答えたものです。 レポーター: 西洋文明についてどう思われますか? ガンディー: 良い考えだったんだろうと思うよ。 (画像の中では「I'm all for it. (大賛成だ)」となっていますが、実際にはと答えているようです) 19. vs エドナ・ファーバーは1956年の大ヒット映画の原作者として知られ、女性の自立の問題や人種問題などと向き合ったアメリカの女流作家です。 ノエル・カワードはイギリスの作家で、「人生はうわべだけのパーティー」という考えを持ち、真剣に人を愛したり、真剣に人生に悩んだりすることを嫌い、シリアスな人生劇より、洗練された喜劇を好みました。 下の会話は、を着たファーバーを見て、カワードが皮肉を言った時のものとされています。 カワード: あなたはほとんど男性のように見えるね。 ファーバー: あなたもよ。 vs オスカー・ワイルド ジェームズ・マクニール・ホイッスラーは、19世紀後半のアメリカの画家。 浮世絵をはじめとする日本美術の影響を色濃く受けた、独自の絵画世界を展開しました。 ワイルドとの親交は深く、ワイルドからは日本をいっしょに旅行し、日本についての本を共著で書こうという提案を受けていますが、これは実現しませんでした。 下の会話はホイッスラーが気の利いたジョークを言った後で、ワイルドが悔しがったもの。 ワイルド: それを言おうと思ったのに。 ホイッスラー: 君は言うよ、オスカー、君は言う。 このネタを、イギリスの代表的なコメディユニットがコントにしています。 下のムービーはその日本語吹き替え版です。 vs 教会会議出席者 Melville Fullerは、1888年から1910年までアメリカ合衆国最高裁判所長官を務めました。 下の会話は、ある男が大学教育を批判して、大学に行くことによって汚されずに済んだことを神に感謝したことを受けて。 Fuller: 発言者は彼の無知を神に感謝したと理解してかまわんかね? 男: そのように解釈したければ、それでも構いません。 Fuller: ならば、あなたは感謝すべきものを非常に沢山持っておられますな。 vs ニューヨーカー編集者 ドロシー・パーカーはアメリカの詩人、短編小説家。 風刺とウィットに富んだ作風で知られています。 3度の結婚を経て、何度も自殺未遂を起こし、アルコール依存症に苦しみましたが、終生そのウィットと皮肉は衰えることを知りませんでした。 下の発言は、新婚旅行中、ニューヨーカーの編集者が彼女をつかまえて、なぜ依頼していた本のレビューが遅れているのかを問い詰めた時の言葉です。 パーカー: 私はクソ忙しくって、ファックにも忙しいのよ。 vs ピエール・トルドーはカナダの政治家で、第20・22代首相を務め、多文化主義や途上国援助などでカナダの再構築に大きな貢献を果たしました。 リチャード・ニクソンはアメリカ合衆国の第36代副大統領および第37代大統領。 ベトナム戦争における南ベトナムからのアメリカ軍の完全撤退や、冷戦当時ソ連と対立していた中国共産党率いる中華人民共和国の承認など、外交面で特に顕著な業績を残しました。 トルドー: 私はもっと素晴らしい人たちから、もっとひどい言葉で呼ばれてきたよ。 (ニクソンがトルドーのことを「ケツの穴」と呼んだと言われて) 24. vs 米国議会上院 エドワード・エベレット・ヘールは19世紀アメリカの作家で、ユニテリアン派の牧師でもありました。 下の言葉は、アメリカの上院議員に祈りを捧げて欲しいと頼まれた時のもの。 へール: いいえ、私は上院議員を見ながら、国のために祈るのです。 vs トーマス・リードは1890年代にアメリカ下院議長を務め、強力なリーダーシップを発揮し、「皇帝リード」と揶揄されることもありました。 ヘンリー・クレイ・ワークはスティーヴン・フォスターと並んで19世紀のアメリカ合衆国を代表する歌曲作曲家。 などの作詞作曲で知られています。 クレイ: 私は大統領になるよりも、むしろ正しくあろうと思う。 リード: この紳士 クレイ は悩む必要は無い。 彼はどちらにもならないだろう。 vs 女性用の浴室に入っていた女性 ジョン・バリモアは、サイレント期から活躍した映画スターの一人で、の祖父。 下の会話は、泥酔したまま間違えて女性用の浴室に入り、放尿した際に遭遇した女性とのやりとり。 女性: 何をしているんですか! ここは女性用ですよ! バリモア: ああ、奥さん、こいつのことですか。 (股間に手を当てて) 27. vs 制服の男 Robert Benchleyはアメリカのユーモア作家。 新聞のコラムニストや俳優としての仕事で知られています。 Benchley: 親切な方、タクシーを止めてくれませんか? 制服の男: 俺はドアマンじゃないよ。 ひょっとしたら俺はアメリカ海軍の少将様かもしれないぜ。 Benchley: よろしい、それじゃあ戦艦を止めてくれたまえ。 vs レポーター ニールス・ボーアはデンマークの理論物理学者で、量子論の育ての親として、前期量子論の展開を指導し、量子力学の確立に大いに貢献しました。 下の会話は、ある時、記者が彼の家を訪ねると、玄関に馬の蹄が吊してあるのを発見し、驚いてボーアに質問した時のものです。 レポーター: まさか馬の蹄が幸運を呼ぶなんて信じちゃいませんよね? ボーア: もちろん信じちゃいないよ。 でも、信じていようといまいと幸運をもたらしてくれるものだと理解しているよ。 vs アーネスト・ホリングスは1966年から2005年まで、サウスカロライナ州から米国民主党の上院議員を務め、最も長く在位した上院議員です。 ヘンリー・マクマスターは、サウスカロライナ州の共和党の司法長官で、1981年から1985年の間、サウスカロライナ州法執行調整委員会を結成。 マリファナの密輸調査に尽力し、最終的にマリファナの密輸に関連した犯罪について100以上の男女を逮捕しています。 ホリングス: 私は薬物検査を受けますよ、もしあなたがIQテストを受けてくれるならね。 vs ヘンリー・クレイは19世紀アメリカ合衆国の政治家。 の創設者で、その調整能力から「偉大な調停者」と呼ばれました。 ダニエル・ウェブスターは、19世紀前半のアメリカを代表する政治家の一人で、、ホイッグ党に所属しました。 この2人にジョン・カルフーンを加えたトリオは、「偉大な三頭政治」と呼ばれています。 下の会話は、一群のラバを見てウェブスターが冗談を言ったときのもの。 ウェブスター: クレイ、あそこにケンタッキー州の選挙区民がいるぞ。 (クレイはケンタッキー州の議員) クレイ: ああそうだな、マサチューセッツ州の学校に教えに行くところだろう。 (ウェブスターはマサチューセッツ州の議員) 31. vs ホワイトハウスでのディナーに同席した女性 女性: ミスター・クーリッジ、私、友達と賭けをしましたの。 あなたから3語以上なにか聞き出せるかどうかって。 クーリッジ: あなたの負けだ。 (You Lose. ) 32. ウィンストン・チャーチル vs 国会議員 国会議員: ミスター・チャーチル、(どうして)私が話している間に、寝なければならないのですか? チャーチル: 寝る義務はない。 自発的に寝ていたよ。

次の