鬼滅の刃 202話 ネタバレ。 【鬼滅の刃202話ネタバレ】「帰ろう」文字バレまとめ

鬼滅の刃203話ネタバレ〜最終章クライマックス!鬼滅の刃はあと2話で最終回!?〜|ふうたのにわかブログ

鬼滅の刃 202話 ネタバレ

炭治郎を止める禰豆子(ねずこ) 伊之助を攻撃する炭治郎ですが、人間に戻った禰豆子(ねずこ)が炭治郎に抱きつき止めます。 禰豆子は炭治郎に、ごめんねと謝ります。 ずっと何もわからなくなっていてごめんなさい、お兄ちゃん一人に全部背負わせたねと禰豆子。 炭治郎に肩を噛じられながら、禰豆子は泣きながら言います。 どうしていつもお兄ちゃんばっかり苦しいめにあうのかなあ、どうして一生懸命生きてる優し人たちが、いつもいつも踏みつけにされるのかなあ。 悔しいよ、お兄ちゃん負けないで、あと少しだよ、鬼になんてなっちゃだめ。 帰ろう、ね、家に帰ろう。 突然、炭治郎は叫び声を上げ、周囲に衝撃が走ります。 必死で炭治郎に抱きつく禰豆子ですが、炭治郎の爪が禰豆子の背中を刻みます。 善逸と「隠」も炭治郎に抱きつき、やめろー!と叫ぶ善逸。 善逸は、禰豆子ちゃんだぞ、元に戻ってる、人間に戻ってる。 こんなことしたら死んじゃうよ!お兄ちゃんて呼んでるだろ!と善逸は叫びます。 再び叫ぼうとする炭治郎ですが、伊之助が炭治郎の頭を叩き、やめろー!と言います。 伊之助は炭治郎をボカボカ叩きながら、ガーガー言うなと叫びます。 禰豆子に怪我とかさせんじゃねえ!お前そんな、そんな奴じゃないだろ! あんなに優しかったのに、元の炭治郎に戻れよぉぉ!と伊之助は泣きながら訴えますが、再び叫んで衝撃波を放つ炭治郎。 炭治郎の衝撃波で冨岡、善逸、伊之助は吹き飛びます。 禰豆子は殺さない炭治郎 四つん這いになり、背中からは骨状の触手が何本も飛び出している炭治郎。 ますます鬼化が進んでいます。 禰豆子は四つん這いの炭治郎の胸元にしっかりと抱きつき、負けないでお兄ちゃんと言い続けます。 炭治郎が禰豆子を噛んだことで、血の味を覚えてしまった、もうお終いだと考える冨岡。 早く!炭治郎を殺さなければ、人を殺す前に、しかし、日光も、赤い日輪刀も炭治郎には効かない、殺す方法がない。 口から球体のエネルギー弾のようなものを作りはじめる炭治郎に、禰豆子は、誰も殺さないで!お兄ちゃんお願い!と叫びます。 そして炭治郎の口元に手を出し、炭治郎が放ったエネルギー弾を逸(そら)しますが、禰豆子の左手は血だらけになります。 四つん這いで動き出す炭治郎に、だめ!もう今のやったらだめ!と禰豆子は炭治郎を止めますが、触手で攻撃を続ける炭治郎。 善逸は、禰豆子に離れるよう言い、炭治郎にも頼むからやめてくれと叫びます。 瀕死の伊之助は、たんじろ・・・ねず・・・と、言葉を発すのがやっと。 冨岡は炭治郎の攻撃をかわしながら、なぜ禰豆子を殺さないのか考えます。 血のしたたる食い物が目の前にあるというのに、先刻の攻撃はなぜ逸れた? 抗(あらが)っているのか、炭治郎、お前も。 炭治郎の自我を取り戻すことができれば、しかし、そんな奇跡が容易く起こせるのか、俺に。 カナヲが両目失明で死亡!? 戦況を建物の陰から見ている愈史郎(ゆしろう)は焦ります。 無惨が死んでなお、これほど他人に不快感を味わわせるとはと苛立ち、同時に、日の光のせいで向こうに行けない自分を悔しがります。 太陽の下では血鬼術(札)すら塵と消える。 自分にはもう何もできることがないと考える愈史郎ですが、フラフラと歩きながら炭治郎のもとへ向かうカナヲを発見します。 カナヲは、炭治郎と禰豆子を見て、可哀想にと呟きます。 胸ポケットから、しのぶに渡されていた薬を出し、割れていない、使えると確認します。 しのぶから薬を渡された時のことを思い出すカナヲ。 禰豆子に使う薬が足りなかったらと思い、藤の花から作った薬でカナヲに預けていました。 鬼を人間に戻す薬は珠世(たまよ)さんが3つも作ってくれ、これはもう必要なかったとしのぶは説明します。 炭治郎と禰豆子を見ながら、カナヲは涙を流して言います。 私の目を片方残してくれたのは、このためだったんだね、姉さん。 鬼になってすぐだから、今ならまだ片目でも炭治郎の攻撃を掻い潜れるはずと考えるカナヲ。 炭治郎の爪の攻撃をかわし、炭治郎を飛び越し背中に薬を差し込むことに成功したカナヲですが、触手の攻撃を胸に受け、大量の血が吹き出します。 カナヲは炭治郎に、だめだよ、早く戻ってきて、禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ・・・と言い、その場に倒れます。 禰豆子は、カナヲちゃんと泣きながらカナヲの名前を呼びます。 動かない炭治郎。 ドクンと炭治郎に衝動が走ります。 次回のジャンプは休載になります。 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで鬼滅の刃の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新刊ではなく、鬼滅の刃公式ファンブック「鬼殺隊見聞録」を購入するという 選択肢もあります。 「鬼殺隊見聞録」は940円なので、無料にはなりませんが安く購入することは可能です。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 鬼滅の刃202話の感想 人間に戻って駆けつけた禰豆子(ねずこ) 炭治郎を抱きしめ必死で止めようとしますが、炭治郎の鬼化は容赦なく進みます。 それでも禰豆子は殺さない炭治郎、そして冨岡への攻撃も逸れたことから、鬼化を抗っている様子。 なんとか炭治郎の自我を取り戻したいところですが、ここでカナヲがフラフラになりながら現れました。 しのぶから渡されていた薬を、両眼失明の覚悟で炭治郎への注入を試みます。 薬の注入には成功しましたが、ただでさえフラフラのカナヲが、触手の攻撃を受けたことから、おそらくカナヲは死亡してしまったと思われます。 無惨との命懸けの戦いのあと、今度は炭治郎を止めるため命懸けの戦いが続いてますが、愈史郎(ゆしろう)が言うように、死んでなお、これほど他人に不快感な気分にするとはです。 ここまで圧倒的な悪は久しぶりに見ましたが、果たして炭治郎は自我を取り戻すことができるのか!? 鬼滅の刃203話のネタバレはコチラになります。

次の

鬼滅の刃 本誌204話最新ネタバレ情報 永きに渡る死闘決着!時は流れ時代は現代

鬼滅の刃 202話 ネタバレ

炭治郎が鬼化する• 無残は消滅• 義勇が日光の下で灼き殺そうとするが、炭治郎は日光を克服• 伊之助と善逸も炭治郎を止めようとする• 伊之助はどうしても炭治郎を斬れない 『鬼滅の刃』202話のネタバレ 鬼となった炭治郎。 義勇も伊之助も善逸も、絶望していたその時。 禰豆子があらわれた。 禰豆子は炭治郎をグッと抱きしめた。 そして、 「お兄ちゃん、ごめんね。 ずっと私、なにもわからなくなっててごめんなさい。 お兄ちゃんひとりに全部背負わせたね。 どうしていつもお兄ちゃんばっかり苦しい目にあるのかなあ。 そうして一生懸命生きてる優しい人たちが、いつもいつも踏みつけにされるのかなあ。 苦しいよ。 お兄ちゃん負けないで。 あと少しだよ。 鬼になんてなっちゃだめ。 帰ろう、ね。 家に帰ろう」 炭治郎はグオオオオオ、と叫び、禰豆子の肩をするどい爪でひっかいた。 そこに善逸も抱き留めにかかる。 「炭治郎やめろーっ!禰豆子ちゃんだぞ。 元に戻ってる、人間に戻ってる。 こんなことしたら死んじゃうよ! お兄ちゃんて呼んでるだろ!」 グワウ!炭治郎は叫ぶ。 そこに、後ろから伊之助が炭治郎の頭をバシンとはたく。 「やめろーっ! ガーガー言うな。 禰豆子にけがとかさせんじゃねえ。 お前そんな…そんなやつじゃないだろ。 あんなに優しかったのに。 もとの炭治郎に戻れよおおお!」 ガアッ! 炭治郎が叫ぶと、周囲に衝撃波が走った。 「ううっ…」炭治郎を抱きしめていた禰豆子は、そのままの状態で叫ぶ。 善逸と伊之助は吹き飛ばされた。 そして炭治郎は、禰豆子に抱きしめられたまま、四つん這いになった。 その背中からは鞭のようにしなる骨が無数に突き出ていた。 「お兄ちゃん、負けないで。 お兄ちゃん…!」 ハアッ、ハアッ。 グルルル。 炭治郎はうなりながら、汗をたらしていた。 そして善逸に、背中の骨を鞭のようにしならせて攻撃した。 それを、 水の呼吸 肆ノ型・打ち潮! なんとか義勇がふせぐ。 義勇はあせっていた。 (禰豆子をかんだ!血の味をおぼえてしまった。 もうおしまいだ…! 早く!早く炭治郎を殺さなければ、人を殺す前に。 だが…。 日光も赫い日輪刀も炭治郎にはきかない。 殺す方法がない…!) キキキキキ… 炭治郎が大きく口を開けると、その少し前方に球体状の力が集まっていく。 「誰も殺さないで!お兄ちゃんお願い!やめて!」 禰豆子は左手を炭治郎の口の前に差し出す。 ドギャ! 炭治郎の放った球体は、少しそれた。 「わああ禰豆子ちゃん!」善逸が叫ぶ。 禰豆子の左手は爪がはがれ、血が大量に出ていた。 炭治郎はさらに仕掛けようとする。 「だめ!もう今のやったらだめ!」 「いやだいやだ禰豆子ちゃん離れて! 炭治郎やめてくれ、頼む!」 「たん、じろ…、ねず…」伊之助は瓦礫にうまりながら、かろうじて声を出す。 義勇は考えていた。 なぜ、禰豆子を殺さない? 血のしたたる食い物が目の前にあるというのに。 あらがってるのか、炭治郎、お前も。 炭治郎の自我を取り戻すことができれば…! しかしそんな奇跡をかんたんに起こせるのか、おれに。 兪史郎は建物の影にかくれて、日光にあたらないようにしながら、戦況を見ていた。 太陽の下では血鬼術すらチリと消える。 俺にはもう、なにもできることがない。 そこに、フラフラとあるくカナヲの姿があった。 「炭治郎…、禰豆子ちゃん…」 カナヲ は腰に刺した縦長の木箱を見て、まだ割れてない、使えると感じた。 これは、しのぶから預かった、人間に戻す薬だった。 珠世がつくった3つのうちの一つ。 「私の目を片方残してくれたのは、このためだったんだね。 姉さん」 今なら片目でも炭治郎の目をかいくぐれるはず。 花の呼吸 終ノ型・彼岸朱眼(ひがんしゅがん) そしてカナヲは炭治郎にすばやく近づく。 そして炭治郎が仕掛けた爪の攻撃をくらいながらも、背中に人間に戻す薬を刺した。 「炭治郎だめだよ、早く戻ってきて 禰豆子ちゃん、泣かせたらだめだよ…」 (禰豆子…) ドクン、炭治郎の目に迷いが生じた。 『鬼滅の刃』203話以降の考察 仲間たちの必死の声と行動が、炭治郎に届くのか。 なんとか人間に戻す薬を刺したカナヲ。 これがすぐに効くのか、それとも時間がかかるのか。 珠世のつくった薬なら、いまの状態の炭治郎を人間に戻せる可能性が高そうですね。 炭治郎も禰豆子の名前を心の中で呼んでいたので、必死の行動が効いているように感じました。 次回を楽しみに待ちたいと思います。 アニメ『鬼滅の刃』全話を、登録から解約まですべて無料で楽しむための方法は、こちらの記事をご覧くださいませ。 『鬼滅の刃』を含むアニメ見放題サービスをすべて無料で楽しみたいなら、こちらの記事をご覧くださいませ。 現在の戦況整理(柱・善逸達の生存状況) ここでは、炭治郎たちの戦況の整理をしていきます。 炭治郎 鬼化するが、あらがっている 善逸 炭治郎を止めようとする 伊之助 炭治郎を止めようとする カナヲ 炭治郎に『人間に戻す薬』を刺す 不死川玄弥 黒死牟戦にて死亡 悲鳴嶼 最後の力を振り絞り、亡くなる 冨岡 炭治郎を止めようとする 伊黒 最後の力を振り絞り、亡くなる 不死川実弥 生存。 手当てを受ける 甘露寺 最後の力を振り絞り、亡くなる 胡蝶 童磨戦にて死亡 時透 黒死牟戦にて死亡 宇随 屋敷にて見守る 煉獄 猗窩座戦にて死亡 兪史郎 日光の下に行けず、立ち尽くす 村田 生存。 描写なし 珠世 無惨を見事倒し、成仏 禰豆子 炭治郎を抱きしめ、必死に止めようとする 次回も非常に楽しみです。

次の

鬼滅の刃第202話ネタバレ|最強の鬼の王・竈門炭治郎爆誕!?禰豆子が「青い彼岸花」を探す!?|マンガふりかけ

鬼滅の刃 202話 ネタバレ

もくじ• 「鬼滅の刃」のネタバレ ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました! 気になる箇所へ飛んでみてくださいませ! 「鬼滅の刃」202話ネタバレ 鬼滅の刃 202話 あんな展開になるとは思わなかったな😭 来週の話どうなるだろうか…… BADENDだけは無しにして欲しい…… — そら n96605326 鬼として完全に理性を失った炭治郎の前に禰豆子が現れる。 禰豆子は 「お兄ちゃん・・・ごめんね」 そう言うと炭治郎に抱き着く。 しかし、炭治郎に肩を噛まれてしまった。 禰豆子はそんな事も気にせず炭治郎に抱き着いたまま話し始める。 「悔しいよお兄ちゃん。 」 「負けないで、あと少しだよ。 」 「鬼になんてなっちゃダメ・・・帰ろう。 」 「家に帰ろう・・・」 しかし、炭治郎に禰豆子の思いは届く様子はない。 炭治郎は激しく叫んだ後、禰豆子を投げ飛ばそうと振りかぶった。 善逸が 「炭治郎やめろーっ!禰豆子ちゃんだぞ!」 「元の人間に戻ってる!こんなことしたら死んじゃうよ!!」 「お兄ちゃんって呼んでるだろ!!」 と叫び、止めに入り、事なきを得た。 善逸は必死に炭治郎にしがみつくが、それでも炭治郎の勢いは止まらない。 そこに伊之助も割って入り炭治郎の頭を平手で叩く。 そして伊之助は 「ガーガー言うな!禰豆子に怪我とかさせんじゃねえ!」 「お前そんな・・・そんな奴じゃないだろ」 「あんなに優しかったのに・・・」 「元の炭治郎に戻れよォォォォ!!」 と叫ぶ。 しかし炭治郎は理性を失ったまま近くにいた禰豆子以外の、伊之助、善逸、義勇の三人を吹き飛ばした。 既に無惨との闘いでボロボロのため、炭治郎に吹き飛ばされてもすぐに動く事はできない。 炭治郎は四つん這いになり背中から骨のような物が蛇のようにグネグネ動いている。 一人吹き飛ばされなかった禰豆子は、どうにか炭治郎にしがみつき説得を続ける。 そして、炭治郎の背中から出る骨の様な物が善逸に攻撃を仕掛ける。 まるで無惨の鞭の様な動き・・・。 義勇がサポートに入り、被弾を避けた善逸。 義勇は 「禰豆子を噛んだ!!血の味を覚えてしまった」 「もうお終いだ・・・!!早く!!」 「早く炭治郎を殺さなければ、人を殺す前に・・・」 「だが・・・日光も日輪刀も炭治郎には効かない。 殺す手段がない・・・!」 と困惑する。 大きく口を開けた炭治郎の口元にエネルギーの様な物が溜まっていき、一つの玉ができ上がった。 誰も殺さないでという禰豆子の思いは届かず義勇に向かってエネルギーを放出しようとする炭治郎。 禰豆子が口元を手で覆ったが構わず放出する炭治郎。 炭治郎の攻撃を被弾した禰豆子の腕は血だらけに・・・。 善逸と伊之助も必死に声を上げるが炭治郎は止まらない・・・。 そこで義勇の中に一つの疑問が生まれた。 血の滴る食い物が目の前にあるにも拘らず、禰豆子を食べない炭治郎をみて炭治郎も抗っているのだと悟る。 「炭治郎の自我を取り戻すことが出来れば・・・!!」 と考える義勇。 そして、日陰から事態をみた愈史郎が衝撃を受ける。 しかし、日光のせいで近くに行くことも出来なければ、血鬼術すら使うことができず、自分に出来ることは何もないと感じていた・・・。 そこへフラフラとした足取りでカナヲが現れる。 カナヲは禰豆子に使う用の薬を念の為に持たされていたが、珠世が作った薬が優秀だったため、預けられた薬を使うことなくずっと胸ポケットにしまっていた。 そしてカナヲは 「私の眼を片方残してくれたのは、このためだったんだね・・・姉さん」 自分の宿命じみたものを噛みしめる。 鬼になってまだ間もない今なら、炭治郎の攻撃を掻い潜れると確信を持ったカナヲ。 「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」を発動し、薬を片手に炭治郎へ向かって走り出す! しかし炭治郎の攻撃をかわし切ることが出来ず、被弾するカナヲだった。 しかし、どうにか薬を炭治郎に打つことに成功! カナヲ 「炭治郎だめだよ、早く帰ってきて」 「禰豆子ちゃん泣かせたらダメだよ・・・」 そして、薬を打たれた炭治郎は何かを感じ始めていた・・・。 「鬼滅の刃」202話はここまでです! 203話ではどうなるのか! 炭治郎は我に返ることは出来るのか!? 「鬼滅の刃」202話を読んだ感想 女性Cさんの口コミ・感想 鬼滅の刃202話泣いた — りんたろーTV。 popchan820 鬼滅の刃202話 グッときたシーンその3〜5 終わり 「私の目を片方残してくれたのはこのためだったんだね。 姉さん」 「あの人は…凄い人です。 尊敬します」 「帰ろう、ね。 この後も続くかもしれませんし、今の話が落ち着けば、それで終わるかもしれません。 これからどのような展開になっていくのか・・・まさかの炭治郎が無惨のようになってしまうんじゃ・・・というような展開も考えられますが、さすがにそれはないでしょう・・・。 という事でこれからの鬼滅の刃も見逃せませんね! ちなみに、鬼滅の刃を電子書籍で読みたい場合は下記からご確認くださいませ。

次の