胃 カメラ 鎮静 剤 死亡 有名人。 胃内視鏡

内視鏡検査への不安|内視鏡検査Q&A|オリンパス おなかの健康ドットコム

胃 カメラ 鎮静 剤 死亡 有名人

かく言う私もその一人でした。 はじめて胃カメラを飲んだ時の苦しみは、今でも忘れることができません。 のどを通過する時の刺激でオエッとなり、そのあとは、ゲーゲーと吐き続けるばかり。 つらさのあまりスコープを引き抜いてしまい、検査の先生からこっぴどく怒られました。 「こんな苦しい検査、二度と受けたくない!」と思ったのが、私の「内視鏡原体験」。 そこから「苦しくない内視鏡検査」への探求が今に至るまで続いているわけです。 「嘔吐反射」もその一つ。 口の中や胃の中に、変なものが入ってきたら一気に外へ吐き出してしまう仕組みです。 80歳から90歳と、年齢が進むにつれて、内視鏡は楽に飲めるようになります。 自分を守るシステムが衰えてくるからです。 その代わりに、食べ物が気管に入り込み、「誤嚥性肺炎」を起こしやすくなったりします。 「嘔吐反射」は私たちの身を守るためにとても重要な役割を果たしているわけです。 1950年に、最初の「胃カメラ」が作られて以来、この難問に、多くの方たちが挑んできました。 「うどんを飲むようなものだから」と看護師さんがやさしく告げて、緊張を取るやり方もありました。 しかし実際のところ、「うどん」どころの騒ぎではありません。 太いし、噛み切れない! 催眠をかけて飲ませるという発表を、学会で聞いたことがあります。 催眠術師を呼ぶべき? その中で、「これは効く」と評判になったのが、「静脈麻酔」。 鎮静剤を注射して、眠っているうちに 検査が終わります。 私も早速試してみて、その効果に感銘を受けました。 「セルシン」とか「ホリゾン」とかいう商品名で、不眠や不安によく処方されていた薬の注射薬。 ただし、効き目が長く、朝検査をすると夕方まで眠い感じが残ってしまうのが難点でした。 こうした鎮静剤には「拮抗薬」という薬があります。 「麻酔薬」としての効果を打ち消してしまう薬です。 検査が終わってから拮抗薬を打つと、すぐに目が覚めて、しばらく休んだあとに仕事にも行けます。 ただし、拮抗薬の効き目が切れてしまうと困ります。 ジアゼパムは長く残るので、拮抗薬の効き目が先に切れてしまい、夕方になってから眠気で交通事故を 起こしたという話を聞いたこともあります。 使う薬は慎重に選ばなければならないのです。 ・ミタゾラム 商品名:ドルミカム) ・フルニトラゼパム サイレース、ロヒプノール ・塩酸ペチジン オピスタン) などが有名です。 どの薬もそれなりによく効く薬ですし、私どものクリニックでも使うことがあります。 こうした中、1990年代になって新たに登場した薬が、「プロポフォール」です。 プロポフォールは、他の鎮静剤と同じ程度の効果があり、副作用などもほぼ同程度とされています。 しかしこの薬が知られるようになったのは、「すぐ効いて、すぐに覚める」という印象からです。 実際には、この薬の半減期、つまり血中濃度が半分になるのは、30分から1時間後とされています。 それでも、これまでの薬に比べて、注射してすぐ効き始め、10分~20分で目が覚める感触があります。 手術の時の麻酔から使われ始め、次第に内視鏡検査の現場でも広く使われるようになったのです。 作用が強過ぎるとと、心臓や肺の動きに影響が出て血圧が下がったり、酸素濃度が下がったりします。 だから、長時間に及ぶ手術では、麻酔医の技術と経験がとても大切な要素になってくるのです。 プロポフォールは、短時間作用型なので、副作用の出る時間が短くて済みます。 また鎮静剤で問題になる「効果の遅延」の問題をかなりクリアすることもできます。 これは「まだ薬が効いてないな」と思って、鎮静剤を追加しているうちに、血中濃度が高くなりすぎて思わぬ副作用を生じることです。 プロポフォールでは効果がすぐ出るため、過剰投与の危険性を減らせる可能性があるのです。 また、GABA ガンマアミノ酪酸 に関係する経路で効果を出すため、検査が終わった後に、とても爽快な感じが残ることがあります。 「これならまた検査を受けてもいいな」と思わせる効果が、この薬にはあるのです。 しかし、注意点もいくつかあります。 一つは、「依存性」の問題です。 お酒と同じように「すぐに効いてすぐに覚める」薬は、「もっとほしい」という欲求が強く生じます。 もう一度使うと「もっともっと」となって、結果的に「依存症」になりやすい。 もちろんプロポフォールは注射薬しかないので、普通の方が手軽に手に入れることができません。 マイケル・ジャクソンの場所は、担当の医師を雇って毎日のように注射をしてもらっていたようです。 「ザ!世界仰天ニュース」では、韓国の男性が、毎日のように内視鏡検査を受ける話が出ていました。 現在の日本では、ちょっと難しい気がします。 もう一つは「急性毒性」の問題です。 お酒の「一気飲み」が生命を奪うことがあるように、どんな麻酔薬でも「使いすぎ」は厳禁! 私たちは、必ず血圧と血中酸素濃度をモニターしながら、注意深く薬を投与しています。 内視鏡検査をらくにうけることができれば、「また受けてもいいかな」という気になります。 逆に、一度つらい思いをしてしまうと、「こんな検査、二度と受けたくない」と敬遠されてしまいます。 内視鏡検査さえ受ければ、早期に見つかったはずの胃がんや大腸がん。 検査のつらさが理由で見落とされていた例を何度も経験しました。 だから、検査は「楽に」受けてほしい。 そして「安全に」受けてほしいと切に思います。 内視鏡検査を、どうすれば楽に受けられるか、相談してみたいと思ったら、いつでも、お気軽にご連絡ください。 2018年2月27日 カテゴリー : 投稿者 : shinbashi 投稿ナビゲーション.

次の

「胃カメラ体験記:アニサキス」患者さんの声〈こうちクリニック胃腸科・内科〉

胃 カメラ 鎮静 剤 死亡 有名人

内視鏡検査への不安 Q1:内視鏡検査を楽に受ける方法は? 痛みの感じかたはひとぞれぞれで、「これだけ痛い」と数値などを用いてはっきり言うことはできません。 しかし、口や鼻や肛門からものを入れるわけですから、何も感じないことはないので、検査時には入り口に部分麻酔をします。 うっすら眠るくらいの鎮静剤を使って検査を行うこともありますが、鎮静剤の使用は検査を受ける人や、施設によってそれぞれです。 内視鏡がある程度入ってからは、痛いというよりは「何か入っている」といった異物感や、ものが詰まったような感じがします。 また、観察しやすくするために空気を送って胃腸をふくらませるので、腹部膨満感があります。 楽に検査をする良い方法のひとつは、検査を受けるにあたって、体調を整えておくことが大切です。 また、緊張していたり、不安な状態だと、些細なことでも敏感に反応してしまうので、十分にリラックスすることも大切です。 安心感をえて良い状態で検査にのぞむためにも、検査前に説明をよく聞くこともよいでしょう。 Q2:ポリープを取るときは、痛い? 胃や大腸の粘膜には知覚神経がありませんので、内視鏡でポリープを切除する際の直接的な痛みはありません。 しかしながら、ポリープのある場所によっては内視鏡をひねったりしながら、切除しやすいポジションで治療を行うため、腸管が引っぱられて(過伸展)、固有筋層の周辺にある末梢神経が刺激され、それにより痛みに似た感じがすることがあるようです。 そのような患者さんの不快感を緩和するために、軽い鎮静剤を使い患者さんがよりリラックスした状態で治療を行う場合もあります。 Q3:口から内視鏡が入ることに抵抗が… 麻酔はする? 胃や食道を検査する場合、通常、口から内視鏡の管を挿入しますが、抵抗感のある太さだった昔にくらべ、今ではだいぶ細くなりました。 施設によっては鉛筆ほどの細い管も用意されており、負担や恐怖心も随分軽減されています。 とはいえ、喉を通過させるときは、やはり飲みやすくするため、前処置として咽頭(いんとう)に局所麻酔を行います。 麻酔の方法は、ゼリー状の麻酔薬を喉の奥にふくませておく、あるいはうがいするやり方です。 なお、効き目が不十分な場合には、スプレー麻酔も使います。 また、最近では極細の内視鏡で鼻から挿入する経鼻挿入法が行われることもあります。 鼻腔が狭い方でなければ、咽頭通過時の反射がおさえられる分、検査時の負担も楽になると言われています。 一方、大腸を検査する場合に局所麻酔は通常使われません。 施設によっては鎮静剤をつかって、リラックスした気分で検査を受けられるところもあります。 また、幼いお子さんの場合は、検査中に暴れたりする可能性が高いため、麻酔を要とする場合もあります。 麻酔では、ごくまれながらショック症状などの合併症のリスクもあるため、付き添いの方は、麻酔科医などの医師から説明をよく受けて下さい。 内視鏡(スコープ)を飲みやすく するために、ノドの奥を麻酔します。 細くなった内視鏡 経鼻挿入法 Q4:大腸内視鏡検査はお尻が見えそうで恥ずかしい。 何か配慮はされている? 大腸内視鏡検査では、肛門から内視鏡を入れるため、特に女性の方は抵抗感を持たれることが多いようです。 しかし、それが原因でがんの発見が遅れた、ということになれば悔やんでも悔やみきれないことになります。 勇気を出して定期的に検査を受けましょう。 しかしながら、病院とはいえ人前でお尻を出すことは、誰でもやはり恥ずかしいものです。 ですから、検査する側もその点には十分な配慮を払っていて、検査着には工夫がこらしてあります。 内視鏡検査を受けるにあたって、あらかじめ特別なトランクス型の紙パンツに履き替えていただきます。 このパンツには、ちょうど肛門の部分に縦の切り込みが入っています。 そこを通して内視鏡を入れられるようになっているわけですから、お尻を出すことなく検査が受けられ、女性の方でも恥ずかしい思いをすることはありません。 また、大腸内視鏡検査は、ドアやカーテン等で仕切られた検査室で行われるため、他の患者さんに見られる心配もありません。 Q5:内視鏡による感染が心配。 器具の洗浄はきちんと行われている? 日本では内視鏡の洗浄・消毒についてのガイドラインが制定されています。 現在では、内視鏡は使用ごとに毎回洗浄・消毒が行われるのが基本です。 特に血や組織がつく処置具は、使い捨てのものを使用したり、再利用する場合には高温高圧の蒸気で滅菌(菌がなくなる)するなど、十分に感染対策がなされています。 最近の内視鏡はいろいろな機能があるため、つくりが複雑になり、なおさらしっかりと洗浄されるべきといえます。 近年では十分な消毒できる消毒薬や、自動洗浄機なども開発され、短時間でしっかり洗浄・消毒されるようになっています。 Q6:内視鏡の外径はどれくらい?身体に入る部分の素材は何? 内視鏡検査を受けた患者さんが、「この間胃カメラを飲んで…云々」と話されているのをよく耳にします。 確かに胃カメラは、内視鏡の別称として根付いている感はありますが、しかし、胃カメラと内視鏡とはまったく異なる機器です。 内視鏡は、挿入する人体の部位により種類も異なり、外径も様々です。 太いものでは大腸用の13ミリ程度、細いものでは血管用の0. 5ミリ程度のものがあります。 現在の内視鏡にくらべ、昔の内視鏡の直径は太く、患者さんの負担が大きかったのは事実です。 しかし、不断の技術改良がなされ、内部に収納している部品の小型化が進むにつれて、直径は当時のものと比較すると驚くほど小口径化しています。 また、管状の挿入部 シャワーのホースのような部分 は、曲がりくねった体内を滞りなく、かつ傷つけることなくすすむことができるように作られています。 柔らかすぎず、硬すぎずという相反する条件を内視鏡はクリアしたのです。 内視鏡の開発当初は、"硬性鏡"と呼ばれ、その名の通り硬くまっすぐでしたので、苦痛があり、また医師のテクニックが要求されました。 現在の内視鏡の外皮は、体腔表面を滑りやすくするための樹脂チューブとそれを支える金属製のフレームから成り、挿入作業や消化管内での手技も比較的簡便になっています。 また、その内部には、鉗子(かんし)・吸引(きゅういん)チャンネル、送気・送水チャンネル、照明用の光を伝送するライトガイドなどと呼ばれるファイバースコープ、その他、画像を送るための経路などが内蔵されており、格段の進歩を遂げています。 Q7:内視鏡検査による事故には、どのようなものがある? 内視鏡による事故は大きくわけて2つに分けられます。 検査前の処置に伴う事故:検査前に用いる喉の麻酔や、鎮静剤に対してアレルギー反応を起こす人がいます。 また、高齢者や肝疾患患者では麻酔薬、鎮静薬が効き過ぎてしまい危険な状態になることもあります。 検査時の事故:内視鏡の挿入が困難で強く押しこんだりして、胃腸に穴をあけてしまったり、出血を起こしてしまうことがあります。 また、高齢者や呼吸器疾患の患者さんでは、検査中に低酸素の状態になることもあります。 これら内視鏡検査による事故は、受診者の協力と医師の注意や判断により、十分に防げるものです。 検査の前に、不安や心配、ご自身の体質などを医師とよく話し合い、十分に注意して検査をすすめることにより、事故のない検査が実現されます。

次の

胃カメラ鎮静剤してから喉の麻酔をされた方いますか?

胃 カメラ 鎮静 剤 死亡 有名人

検診の申し込みをする時に、「自己情報の開示」を すると良かったのです。 今からでも遅くはありませんから、ご自分の不安を 伝えることです。 そして、その不安に応じた検診をお願いされたらと 思います。 自身の例ですが、大腸カメラを人間ドックでお願い したのですが、カメラの挿入が痛くて痛くて途中で 止めて貰いました。 そうは言ってもドックで「要精検」とあり、放置し て置く訳にも行かず、別の病院に行って、それ迄の 経緯を話して再検診をお願いしました。 いろいろ準備して、対応して頂いたのですが、カメ ラの挿入が難なく入り、無事に終わりました。 不安や怖れがある時は、事前に相談することです。 私達は、勝手に想像して怖い怖いと恐れ戦くのです。 ユーザーID: 1412086159• 鎮静剤って意識不明になるやつ? 私は鼻からの内視鏡を入れたのですが、 注射か何かしたような気もしますが、よく覚えていません。 麻酔もうろ覚えなのですが、 始まる数十分前に鼻だったか喉にトロっとした薬を入れて 喉の方に流れたら自然に飲み込んでくださいと言われて それが麻酔だったようです。 でも、効きが遅くて 検査中はそこそこ感覚があったので嫌な感じでした。 検査が済んで会計を待っている頃が一番効いていたので そのくらいのときにやって欲しかったと思いました。 あとで聞いたら、病院によっては 全身麻酔でしてくれるところもあることを知りました。 局所麻酔だと何かあったときに本人に確認できるのと、 身体への負担は少ないので本当はその方がいいようですが、 寝ている間に済むならその方がいいですよね。 具合が悪いから検査を受けるのに、 そもそも検査自体が苦痛を伴うので負担に感じていまいます。 お近くの病院で、全身麻酔で内視鏡をしてくれるところがあるかどうか 調べてみてはいかがですか? ユーザーID: 3120428176• 健康ランキング• 鎮痛剤ありの経口でした >鎮静剤をして眠ってから喉の麻酔のスプレー出来たらいいなと思うんですが、実際鎮静剤を先にされた方がいたら、それで上手く行ったか教えて頂きたいです。 毎年一回、胃内視鏡検査を受けます。 喉が過敏で脆弱なので、鎮静剤注射で眠って行いますが、喉の麻酔は、注射前にやりますよ。 スプレーじゃなくて、喉の奥に流し込んでうがいをするようなタイプです。 いずれのタイプにせよ、患者が口を開けて上を向いて喉に薬がかかるような体位をとらないといけないので、注射してからではムリです。 そこまで、看護師に手間をかけさせるのは申し訳ないと思いませんか?「患者様かい」と院内で語り継がれることになりますよ。 >前処置が怖すぎてもうキャンセルしたいくらいです。 キャンセルすればいいじゃないですか。 医者から強制はされません(笑)。 ユーザーID: 4825839762• 胃カメラ20回はしています 毎年胃カメラで検診を受けています。 今まで2回ほど鎮静剤ありの胃カメラを受けてきましたが、落ち着かせる効果があるだけのものだと思います。 全く眠くなどならなかったですし、変わりません。 ただ鎮静剤(注射)を受ける場合は事前に車を運転して来ないように言われました。 注射後数時間、眼の反射か何か?がおかしくなるようで、運転は危ないから歩きか乗せて貰ってくるように言われます。 その後喉の麻酔をスプレーなり、コップ半分くらいの薬剤を飲んでするなりは、鎮静剤のあるなしに関係なく全く同じです。 私は、気分的にもどちらがどうと違いはないように感じてるので、鎮静剤のない方が運転で帰れるし好きです。 毎年同じクリニックで受けるようになったからか、ここ数年鎮静剤はしてません。 喉や口がしびれる感じは確かに愉快ではありませんが、話せないほどではないし、胃カメラを円滑に通すため必要だと聞いていますので、もう慣れました。 胃カメラ検診中も写される画像を確認出来ますし、「異常なし」の結果が出た爽快感は格別です。 病院なりクリニックなりでかなり違いがあるようですので、信頼出来る方々から胃カメラの評判を訊いて、よい所でお受けになるのが何よりだと思います。 ユーザーID: 9366132683• 飲み込みしなければならないので、眠った状態では検査しないと思います。 思いますって言われても困るよ(笑)。 事実として、私は毎年なので三十数回の胃内視鏡検査を受け、最初の2回は我慢に我慢をして受けたけど、あまりに嘔吐反応(中身は空だから出ないけどね)が酷いので、医者の方から麻酔を勧められ、以後は意識を失った状態(眠った)で受けました。 手順としては 1. 正気なうちに、胃の動きを止めるブスコパン注射を受け、「どろり」とした液体の薬を、上を見た姿勢で喉の奥に留めて麻酔をする(最近はスプレーもあるらしい)。 胃の中の泡を消すための薬を飲む。 ベッドに横たわり、マウスピースを咥える。 そして、(麻酔?)注射を受け、10秒もしないうちに意識を失う。 約2時間後目覚めて、検査が終わったことを知る。 患者にとっては「簡単、楽ちん」です。 しかし、検査後にベッドをしばらく占有することや、検査台からベッドへの移動に人手が複数必要だし、麻酔で意識が無い間は定期的に見回りをしないといけないので、医者は敬遠します。 特に、意識の無い、体重の重い人を、持ち上げ(転がし?)て移動させるのはタイヘンですのでね。 私は170センチで55キロしかないので、看護師さんにあまり嫌がられませんでした。 ユーザーID: 3163075189• 私も近々内視鏡検査をします 胃カメラ、同じ病院で3回しました。 最初の2回は、喉にスプレーして、すぐ(1分後)に睡眠剤を点滴に入れたので、ほとんど苦しくなかったです。 何も記憶に残らないように熟睡してました。 ところが、その病院が建て替えして手順が少し変わったのか、喉にスプレーした後、看護師が別室に準備に行かれ、4,5分後に戻って来て睡眠剤が入った思います。 (時計を見てないので、正確にはわかりません。 ) その間の4,5分が、長くて苦しかったです。 口にたまる唾を飲み込まずに脱脂綿に吐き出すように言われたけど、喉の状態が本当に苦しかったです。 次にする時は、喉にスプレーして、すぐに睡眠剤を入れるようにお願いしたいと思ってます。 ユーザーID: 9103119705• みなさんありがとうございました。 喉から胃カメラ 鎮静剤なし。 暴れました。 かなりの華奢体格(でも長身)の女性ですが体力・腕力もあるので複数の皆様で 抑えられました。 鎮静剤あり。 驚くほど 楽々でした。 経鼻 胃カメラ。 こちらは麻酔、鎮静剤 無関係に 当方の顔が小さく(頭はでかい)、鼻の孔も細い。 最初から懸念されましたが… なんと 鼻血。 もう1度は終わった後の夜、鼻のなかの違和感… 大きな鼻血の塊がゴソッと。 身長があるので、顔が小さくみえるのではなく、本当に顔が小さく、鼻孔が細い と思い知りましたね。 1週間位 突っ込まれた方だけ時々ひりっとしたし… 喉から胃カメラ 鎮静剤ありは ほぼ 何もなしです(直後から快調)。 一応 勤務先からの人間ドックでオプションとして 乳がん系、子宮系等々と胃カメラつけて(同僚が出来立てホヤホヤみつけてもらい、元気で働いている)もらうのですが、鎮静剤で喉から胃カメラが最良かと。 ユーザーID: 3327885173•

次の