ドテラ ペパーミント。 スッキリ系のペパーミントの効果効能について解説!

ドテラのペパーミントで冬の頭痛とサヨウナラ

ドテラ ペパーミント

Contents• ペパーミントとは? メントールの香りでおなじみの万能選手 スーッとした清涼感はペパーミントに含まれるメントールという成分です。 この香りには イライラや高ぶった感情をしずめ、意識をはっきりさせる働きがあります。 また、 鼻づまりや花粉症、 吐き気などに作用し、 筋肉痛をやわらげます。 夏には清涼感をもたらしますが、実は 血行を促進するため、冬に用いれば身体を温めるといわれています。 ペパーミントの香りは 非常に刺激が強く、使用量に注意が必要ですが、 スペアミントにすると刺激性が弱まるため、子供にも使用できます。 また日本種である和ハッカはペパーミントよりさらにメントールの含有率が高く、より甘みが少なくキリッとした香りです。 妖精が姿を変えたハーブ ミントの語源は、ギリシャ神話に登場する ニンフの名「メンタ」が由来となっています。 美しい妖精メンタは冥王星の象徴神・プルートに愛されますが、嫉妬したプルートの妃ペルセポネーによって殺されてしまいます。 悲しんだプルートはメンタの亡骸を背の低い植物に変え、香りを与えたといいます。 ヨーロッパでは古代エジプト人、ギリシャ人、ローマ人たちも愛用していたという、 歴史の古いハーブです。 消化を助けるため、現在はハーブティーとしても人気があります。 [スポンサーリンク] ペパーミントの効果・効能は?原液でも使える? 効果・効能 *心への働き ・ 怒りによる興奮、イライラ、疲労した心をしずめる ・ 脳を刺激して意識をクリアにする ・ 集中力、記憶力の強化を助ける *体への働き ・ 胃腸のつかれをとり、下痢や便秘、消化不良の症状をやわらげる ・気管支炎、風邪、 呼吸器系の痛みをやわらげ呼吸をスムーズにする ・ 頭痛、歯痛、神経痛、筋肉痛、肩こりなどの痛みをやわらげる ・ 発熱、ほてり、めまい、吐き気、乗り物酔いなどの症状をやわらげる *皮膚への働き ・ニキビや日焼けによる 炎症をしずめる ・ かゆみを抑える *その他 ・ 虫よけ(とくにゴキブリ)に効果を発揮する 私は 頭痛がひどい時(緊張性頭痛)にのみ、 をこめかみや首の後ろ、額の生え際に少量擦り込んでいます。 とてもスーッとしますが、清涼感が消えるとともに頭痛も一緒に弱まっていきます。 ただし目の近くに塗ると目が開かないくらい痛くなるので注意!! あと香りも結構強いので、会社にいる時は、外に出たときにつけたり、トイレでつけたりと、少し気をつかっています。 *こちらの記事もご参照ください* ペパーミントの学名・成分・主な作用は? 学名・産地・採油方法 学名 Mentha piperita(セイヨウハッカ) 科名 シソ科 おもな産地 インド、イギリス、フランス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、中国、スペイン、ブラジル 採油方法 葉の水蒸気蒸留法 主な作用• 強肝作用• 去痰作用• 駆風作用• 血管収縮作用(低濃度)• 解熱作用• 健胃作用• 抗炎症作用• 抗炎症作用• 抗ウイルス作用• 抗カタル作用• 抗寄生虫作用• 抗菌作用• 抗催乳作用• 抗真菌作用• 昆虫忌避作用• 殺菌作用• 刺激作用• 収斂作用• 消化促進作用• 神経強壮作用• 頭脳明晰化作用• 創傷治癒作用• 鎮痙作用• 鎮掻痒作用• 鎮痛作用• 通経作用• 粘液溶解作用• 免疫調整作用• 冷却作用 ペパーミントは万能アロマである一方、香りの主張がとても強いので、ブレンドするときは少しコツが入ります。 ブレンドする精油に対して、ペパーミントの割合は控えめ(2:1くらいでよい)にすると、うまく行きます。 うまくブレンドできるとペパーミントのツーンとする感じが和らいで、とってもいい香りになります! ペパーミントオイルのおすすめの使い方 頭痛、乗り物酔いに *ペパーミント&ラベンダー ペパーミント、ラベンダーのオイルを各1滴、 ハンカチに染み込ませ、香りを吸入します。 頭痛には、5ml(小さじ1)のキャリアオイルに希釈してこめかみ、首すじなどをマッサージするのもおすすめです。 胃腸の不快感に *ペパーミント&レモン ペパーミント1滴、レモン2滴を15ml(大さじ1)のキャリアオイルに希釈して、胃腸の不快感を感じたときに 腹部をマッサージします。 ペパーミントは胃の疲れをやわらげ、レモンは体を温めて下痢などの症状を暖和します。 キャリアオイルがない場合は、食後にディフューザーなどで香らせるのもよいです。 体のほてりに *ペパーミントのみ 氷水をボールにはり、ペパーミントオイルを1〜3滴垂らします。 そこへハンドタオルかてぬぐいを浸して絞り、 首筋にあてます。 真夏に暑くて仕方がないときなど、クーラーより早く暑さを解消するのでおすすめです。 メーカーによる価格比較 手に入りやすいもの 百貨店やネットで手に入りやすく、少量ずつ売られているため、初心者にもおすすめです。 当サイトでは 体への作用、影響をふまえて、なるべく オーガニックのものをおすすめします。 人気の記事• 脳を活性化させ、集中力や記憶力を高めるとして知られるローズマリー。 やや強めの爽やかな香りには心身の疲労を和... 539件のビュー• ハーブティーでもおなじみの、りんごのような優しい香りが特徴のカモミール。 ローマン・カモミールとジャ... 237件のビュー• 多くの女性が好むローズの香りは、情緒を安定させ、傷ついた気持ちを癒やします。 またスキンケアにもすばらし... 178件のビュー• バラに似たフローラルな香りをもつゼラニウムは、女性にうれしいホルモンバランス調整作用や、スキンケア作用... 133件のビュー• 食欲をそそる香りで、イタリア料理にかかせないバジル。 香りが好きな方も多いのではないでしょうか。 イタリ... 126件のビュー• 甘酸っぱい爽やかな香りのグレープフルーツ。 ハッピーな気分になれるフレッシュな香りには、デトックス作用やダイエ... 108件のビュー• シダーウッドはマツやヒノキなどの針葉樹の一種で、深くて少しビターな香りをもつ精油です。 原料のシ... 107件のビュー• ガムや歯磨き粉にも使われる、スーッとする香りでおなじみのペパーミント。 強い清涼感はリフレッシュするだけでは... 93件のビュー• リツェアクベバは別名をメイチャンとも呼び、中国原産のコショウに良く似た木の実からとれます。 あまり聞き慣... 85件のビュー• オレンジの香りは、世界中で老若男女問わず愛されています。 アロマテラピーのスイートオレンジは誰にとっても馴染... 63件のビュー.

次の

【ドテラ】花粉症対策に!おすすめアロマ5選 ~イージーエアー、ユーカリ、ティートゥリー、ラベンダー、ペパーミント|人生は遊園地

ドテラ ペパーミント

自分で動くことができない植物は、古来から、自分の身を守り、子孫を残すために、抗菌力や誘因力、収れん力等様々な力を持って繁栄してきました。 エッセンシャルオイルを使った アロマテラピーは、その 植物の力をお借りして、私たちの暮らしを安全に、豊かにするための素敵なサポートツール。 アロマテラピーというと「香り」の癒しが一般的ですが、 植物療法としての側面もあり、花粉症などにも役立つアロマが沢山あるんですよ。 もちろん、 ひどい場合や、即効性、体質改善、治療が必要な場合は、病院を受診することをお薦めします。 でも、 軽い場合や、病院での治療の補助に、アロマを使ってみると随分楽になると思いますよ。 実際、ひどい花粉症に悩まされている会社の同僚に、エッセンシャルオイルをマスクに1滴垂らしてあげたら、「ずいぶん呼吸が楽になって眠気も飛んでよかったよ!」なんて喜んでもらっています。 女性だけじゃなくて男性も! そんな 花粉症の方におすすめしたいエッセンシャルオイルは、次の5つ。 1.ユーカリプタス (画像をクリックするとamazonサイトに飛びます。 ) オーストラリア原産のユーカリプタスは、 スーッとした香りと大地に茂る葉っぱと太陽を連想させる力強い香りが印象的です。 抗菌力や去痰効果、免疫力を高めたり、血行を促進する効果があるといわれ、花粉症特有のボーっとした感じを和らげてすっきりする効果があるようです。 殺菌力が強く、オーストラリアの原住民アボリジニは、解熱剤や傷薬として使用していました。 2.ティートゥリー (画像をクリックするとamazonサイトに飛びます) ティートゥリーも原産はオーストラリア。 すっきりした香でちょっと薬っぽさもありますが、気持ちがシャキっとする香り で、ファンは多いです。 抗菌力、抗ウィルス力、免疫力を高める作用等があるといわれます。 炎症を緩和させる効果もあるとのこと。 第二次世界大戦中はオーストラリア軍の感染症や傷の手当にも使われたそう。 戦後も家庭で傷や日焼け、風邪等に万能薬として使われています。 3.ラベンダー (画像をクリックするとamazonサイトに飛びます) アロマテラピーと言ったらラベンダー。 どうしても1本だけ選ばなければいけないとしたらラベンダー、というほど、 アロマテラピーでは基本中の基本。 まさに近代「アロマテラピー」の発祥になったオイル。 リラックスできる香りで、 鎮静効果、抗菌作用、鎮痛効果、抗炎症や細胞の成長促進、血圧降下等の作用があるといわれます。 4.ペパーミント (画像をクリックするとamazonサイトに飛びます) ポピュラーな、すっきりとした香りです。 吸うと気持ちがスパっと切り替わるような感じになりますね。 抗菌力や抗ウィルス力、去痰作用、鎮痛作用、消化器系機能の調整作用等があるといわれます。 また、スーッとした抗痒(こうよう)作用があるため、かゆみ止めとしても利用されます。 呼吸を楽にし、神経を落ち着かせる作用を目的にブレンドされています。 抗菌力や、抗ウィルス作用、去痰作用や消炎作用、解熱作用などのあるオイルをブレンドしていますので、花粉症対策のほか、風やインフルエンザ対策としてもよく使われます。 使われているオイルは、 ユーカリプタス、ティートゥリー、ペパーミント、レモン、ラベンサラ。 ユーカリプタスとティートゥリー、ペパーミントは上記の説明にある通りですが、レモンは 殺菌作用や抗ウィルス作用、解熱作用があり、呼吸器系のトラブルや感染に対応します。 ラベンサラは、クローブとナツメグの交配種。 抗菌感染作用や抗ウィルス作用等があります。 花粉症対策に!おすすめエッセンシャルオイルの使い方 ~【ドテラ】アロマテラピーの基本 では、上記のおすすめオイルを、花粉症対策としてどうやって使ったら良いのでしょうか? ご自宅で簡単に活用できる方法を3つ、ご紹介しますね! 1.マスクに垂らす 花粉対策のため、マスクをすることが多いですよね。 そのマスクに1滴たらしてみてください。 スーッとして呼吸が楽になりますよ。 なお、垂らす場所は、直接口や鼻にかかるところではなく、外側や下の方などがおすすめです。 2.瓶から直接吸う エッセンシャルオイルのフタをあけて、直接香りを吸い込みます。 香りと清涼感で、すっきりしますよ。 3.ディフーザーで芳香浴 エッセンシャルオイルを空気中にサンプルするディフューザーがあれば、ディフューザーで芳香浴をするのもオススメです。 部屋の空気全体に散布できますから、香りと抗菌力等の作用でリラックスできます。 そのほか、スプレーにして散布したり、ココナッツオイル等のキャリアオイルに混ぜて、胸や背中に塗る方法もあります。 ドテラのオイルならば、直接肌に塗れますので、直接胸や背中に塗って寝るなどもできます。 上記のように、いくつか方法をご紹介しましたが、 私が一番おすすめしたいのは、「マスクに1滴垂らす」方法です! なんといっても 一番簡単で、長持ちするから。 ただ、一つ気を付けていただきたいのは、アロマによっては香が強すぎて、かえって気分が悪くなってしまうことがあるということです。 私が使っている ドテラ社のオイルは精製レベルが非常に高く、そんなことはないのですが、世の中の多くのエッセンシャルオイルが、残念ながらそこまで繊細には製造されていません。 エッセンシャルオイル(アロマ)の力で、少しでも快適に過ごしてもらえればなと思ってご紹介しました。 ぜひ、ご参考になさってくださいね! あなたの春が少しでも快適なものになりますように。 なお、ドテラのエッセンシャルオイルは、amazonでも購入できます。 1本からでも購入OK。

次の

スッキリ系のペパーミントの効果効能について解説!

ドテラ ペパーミント

汗を掻くことにより、体温調整をしてくれる。 身体の中の毒素・老廃物を排出し免疫力アップをしてくれる。 汗を流した後のスッキリ感からリラックス効果を与えてくれる。 美肌効果が期待できる。 (汗と一緒に出たミネラルが再吸収されため、肌をしっとりさせる効果がある。 ) 疲労物質を排出し、疲れを取り除いてくれる。 このようなメリットもありますので、汗を掻くことは断然必要です。 さらに、人間の汗には良い汗と悪い汗があることをご存知でしょうか? 人間にとって良い汗は、無味無臭で、水に限りなく近く、 サラサラしていて小粒だといいます。 皮膚表面で蒸発しやすく、効率的に体温調節できているなだとか、、、。 この汗は運動などで汗腺を鍛えている人に見られるといいます。 一方、あまりよろしくない汗もありまして、、 その汗はしょっぱくて、ネバネバしていて大粒だといいます。 蒸発しにくいため体温調節効果が良くなく、ただ流れるだけの、 無駄な汗となってしまいます。 これは、幹線が鍛えられておらず、普段あまり汗をかかない人に多いと言われます。 汗腺というのは、使わないと機能が低下していくそうです。 暑いからといって、冷房の中にばかりいて汗をかかなければ幹線は機能低下してしまい うまく汗をかくことができなくなるのです。 上手く汗をかけない場合、もちろん体にも不調が起こります。 冷え性、冷え性から慢性疲労や熱中症の原因を引き起こすこともあると言われています。 出た汗がひくことには問題ありませんが、やはり汗をかかないのは健康上、 良くないということですね。 気になるワキ汗 着衣も薄くなり、夏の汗で最も気になるのはワキ汗ではないでしょうか? 服の上から見えるワキ汗は見た目にも良いものではないため、 汗がひくのを期待したい部位でもあります。 実は、ワキ汗は体温を調節する汗とは違うものなのです。 皆さんは 人前で発表しなければいけない。 とても偉い上司に会わなければいけない。 などと緊張感を伴う際に、すごく脇汗をかいたりしませんか? おでこや手のひら、足の裏にかく汗と同じ精神性発汗と言われる汗です。 精神性発汗は、気遣いによる緊張汗なので、汗がひくどころか、 気にすれば気にするほどかいてしまい、悪い汗の一種となります。 汗がひく方法 リンパを冷やすと、汗がひくと言われていますね。 首の後ろ・左鎖骨下・脇・太ももの付け根・ひざ裏などを冷やすと体内に巡るリンパ液や血液が冷やされ体温の上昇を防いでくれます。 汗がひく方法として、冷却ジェルシートなども効果的ではないでしょうか? 発熱した時に冷却ジェルシートを貼る原理と同じで、 冷たいものを当てることで血流を冷やし、冷えた血流が全身に駆け巡ることでからだのほてりを解消してくれます。 汗がひく、即効性のある方法です。 汗がひくペパーミントを活用 夏といえば、ペパーミント! あの爽快な香りだけで汗がひくような気がしますよね? 夏はペパーミントオイルが欠かせない季節です。 ドテラ( doterra)のペパーミント・エッセンシャルオイル(精油)は「汗がひく」アイテムとしておすすめです。 ペパーミントには一般的に鎮静効果があり、精神的な緊張を和らげ、イライラをしずめ、心身をリラックスさせてくれます。 無気力や抑うつを改善する精神安定化作用もあり、神経症などにも利用されてきました。 ドテラ( doterra)のペパーミント効能は次の通りです。 せき・気管支炎・喘息・肺炎・頭痛・発熱・肩こり・筋肉疲労・腱鞘炎 胸やけ・胃の不調・集中力低下・眠気・リンパ循環の不調・殺菌・消毒 モヤモヤ気分も瞬時にリセットや集中力アップにも効果があり 勉強や、仕事の時など集中力を高めたいときにも大活躍してくれます。 また、口臭ケアとしてもよく使われるペパーミントですが、 汗がひくためのお手伝いとしても最適です。 ドテラのオイルは「肌に直接塗布できる」「飲むことができる」という特徴があります。 (他のエッセンシャルオイルは手で直接触ることは避けた方が良いとされています) そのドテラオイル(精油)のメリットを活用して、汗をかいたら汗がひくようにこのペパーミントを使用します。 ペパーミントオイルの活用例 首筋や脇に塗る 汗をかいたら、首筋や脇にすかさず塗る。 1, 2分でスーーッとしはじめ、瞬時に汗がひくので、しばし涼しさを味わうことができるのです。 ずっと持続するわけではないので、真夏は頻繁にこのペパーミントオイルを使用しております。 入浴後に首筋、背中につけると、とても気持ち良くくつろぐことができます。 (湯船に数滴垂らしておくと、ひんやり気持ちいいバスタイムが楽しめます) ドテラのペパーミントオイルは副作用などがありませんので、 一日に何度塗布しても大丈夫です。 水に入れて飲む ペパーミントウォーターです!! いつも飲んでいる水に、 2、 3滴のペパーミントオイルを垂らして飲みます。 口の中がスーーッと爽やかになり、涼しさを感じることができます。 口臭タブレットなどと同じ効果がありますよ。 頭痛や咳にも効果あり 頭痛の際は、こめかみ・目から一番遠い部分につけると頭が軽くなります。 ペパーミントオイルは汗がひくだけではなく、発熱などにも効果がありますよ。 熱が出たら足の裏に塗ると良いです。 また、咳がひどい時などは胸あたりに塗ると、スーッと感で少し楽になることができます。 冬場はチョコミント?! 冬場はホットチョコレートに数的垂らして飲むと、チョコミントドリンクを味わうことができます。 美味しいですよ。 ペパーミントは我が家で大活躍のアイテムですが、一つだけ注意が?! 顔に汗をかいたからといって、目のまわりに塗るのは危険です。 スーツとしすぎて目を開くことができなくなります。 顔に塗る場合は、おでこ(髪の生え際あたりがベスト)にうっすら塗るだけで 十分汗がひくので、決して目のまわりに塗りすぎないようにご注意ください。 個人的に、夏の「汗」の不快感に、最も効果のあるのがドテラペパーミントオイルです。 これなくして、夏を乗り切ることはできません。 汗がひく便利アイテムとして、キッチン、浴室、寝室など家中のあちらこちらにおいています。 あっ、寝る前に首筋に塗って布団に入るのもおすすめですよ!! スーーッとした気持ち良い状態で眠ることができます。 質のいい睡眠にもつながりますね。 汗をかかないのは健康に良くない、でも汗を掻くと不快感を伴い、憂鬱な気分になります。 その悩みも、この「ペパーミント」なら解消できます。 一度に 2, 3滴使えば、十分に効果がありますのでコスパもとても良いと思いますよ。 「汗がひく」「汗をひかせる」アイテムとして、 断然 ドテラ( doterra)のペパーミントオイルをおすすめします。 「汗がひく」効果的なアイテムをご紹介 ~ ドテラペパーミントの活用法を 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の