モンハン アイス ボーン クラッチ クロー。 【MHW:アイスボーン】「クラッチクロー」徹底攻略!~注意点や怒り時の判別方法など~

【モンハンワールド:アイスボーン】クラッチクローの使い方とコツ

モンハン アイス ボーン クラッチ クロー

どうも、えなおです! 絶賛配信中の 【モンスターハンターワールド アイスボーン】。 今回は新アクションである「クラッチクロー」について解説していきたいと思います。 クラッチクローとは? 特徴 クラッチクローは、MHW時代から装備されていた「スリンガー」の追加機能のことです。 『L2ボタン+〇ボタン』で敵にしがみつき、その後武器毎の攻撃・クロー攻撃・スリンガー全弾発射などに派生することが可能となっています。 クラッチクローの最大の特徴は 『傷をつけた部位の肉質を柔らかくする』ことです。 これにより、その部位を攻撃した時に与えるダメージが増え、弾かれにくくなることから、特に序盤は攻撃したい部位にクラッチクロー攻撃を行うのが非常に効果的となります。 『傷をつけやすい武器』• ハンマー• 狩猟笛• ランス• スラッシュアックス• チャージアックス• ヘヴィボウガン 『傷をつけにくい武器』• 片手剣• ガンランス• 操虫棍• 注意点として以下があります。 クラッチ中はスタミナを消費し続ける• クラッチ中も敵は自由に動き続ける• 縄張り争い中はクラッチクロー不可 1. クラッチ中はスタミナを消費し続ける クラッチ中のスタミナ減少速度については、 "強走薬"や "ランナー スキル "で低下させることが可能です。 クラッチ中にスタミナが0になってしまうと、強制的にクラッチが解除されしばらくの間 息を整える間 動けなくなるというデメリットが生じます。 もし仮にスタミナが少ない時にクラッチしてしまった場合、すぐに次のアクションに移るようにして下さい。 クラッチ中も敵は自由に動き続ける 乗り状態の時と違い、クラッチ中もモンスターは自由に動き回ります。 攻撃を受けるとダメージを受けて振り落とされてしまうので、クラッチクローの使いどころはプレイヤー自身がキチンと見極めていく必要があります。 基本的に攻撃が激しいタイミングでの使用は避け、よろけた時や攻撃に使用していない部位 尻尾攻撃中の頭部など ・滞空中の翼など、攻撃を受けにくいタイミングで狙っていくようにしましょう。 縄張り争い中はクラッチクロー不可 モンスター同士がぶつかり合う『縄張り争い』。 ハンターそっちのけで怪獣大戦争を初めてしまいますが、この間はクラッチクローで敵にしがみつくことは出来ません 仮に出来たとしても命懸けでしょうけどねw。 通常攻撃などでダメージを与えていきましょう。 怒り状態の判別方法 モンスターが怒り状態の時にクラッチしてしまうと、スリンガー全弾発射が使えなかったり、振り落とされてしまったりと逆にこちらが不利になってしまいます。 この「怒り状態かどうか」を判別する簡単な方法は『画面左下のミニマップ』で行えます。 モンスターの目がミニマップ上に表示されていますが、• 黄色の場合は『非怒り時』• 赤色の場合は『怒り時』 となります。 ミニマップのアイコンを確認するだけで、怒り状態かどうかを判別出来るので、是非活用してみて下さい。 使いどころ選ばないとダメージ受けたり吹っ飛ばされたりするので危険ですが、使用タイミングを見極めて使えれば強力な武器になります。

次の

【MHWアイスボーン】抜刀クラッチ特化のヘビィボウガンは強い?冰気錬成+砲術のガチ構成が強い

モンハン アイス ボーン クラッチ クロー

アイスボーンで追加された要素 コンボダメージチェックが追加 『アイスボーン』にて、トレーニングエリアに「コンボダメージチェック」という要素が追加されました。 「柱」か「荷車」を攻撃した際、実行中の連続攻撃で与えた合計ダメージと、ヒット回数が表示されるようになります。 クラッチクローの練習用配置物が追加 クラッチクローで「荷車」にしがみついて、実際のモンスターに対するようにアクションを練習することができます。 クラッチクローのアクションボタンも表示されているため、非常に練習しやすいです。 モンスターが落とすスリンガー弾も補充可能に 「」や「」など、モンスターが落とす4種のスリンガー弾も「石ころ採集ポイント」から入手できます。 クラッチクローの練習に役立ちそうですね。 トレーニングエリアの場所と移動方法 調査拠点内に存在する トレーニングエリアは、調査拠点内に存在します。 しかし、調査拠点内をいくら探しても見つけることはできないので、下記の移動方法を参考に移動しましょう。 全域マップから行ける トレーニングエリアには、全域マップから移動が可能です。 マイハウスからも移動可能 マイハウスからでもトレーニングエリアへ移動可能です。 ルームサービスのアイルーに話しかけ、トレーニングエリアへ行くを選択することで移動することができます。 トレーニングエリアの肉質 柱や樽によって肉質が異なる トレーニングエリアの肉質は、柱や樽などのオブジェクトによって異なります。 上記画像の様な 大きい樽だと肉質が硬く、斬れ味の悪い武器だと弾かれてしまいます。 オブジェクトによって肉質が異なるため、様々な状況でのダメージを検証することができます。

次の

【アイスボーン】クラッチクローでぼぼ確実にぶっ飛ばす方法!画像で記載しているので分かり易いと思います。

モンハン アイス ボーン クラッチ クロー

狙った部位へダメージを与えられるだけでなく、モンスターをダウンさせたり部位の肉質を軟化させる効果も持っているため、アイスボーンの攻略には不可欠な新要素です。 クラッチクローの特徴 モンスターの部位に傷を付けて肉質を柔らかくする クラッチクローを当て、武器攻撃を行った箇所は傷が付き肉質を柔らかくできます。 視覚でも確認できる大きな傷が付き、付与された箇所へのダメージは増加します。 肉質の変化は他ハンターにも影響を与えるため、ソロプレイはもちろんマルチプレイでもモンスターを効率的に狩猟する際は活用しましょう。 傷が付いた箇所は肉質が軟化し与えるダメージが増えるため積極的に使っていきましょう。 弱点へ傷を付けダメージの増加を狙う戦術だけでなく、部位破壊のために肉質の硬い場所へあえて傷を付けるのも効果的です。 クロー攻撃で向きを変えてぶっ飛ばしで転倒を狙う クロー攻撃 頭部クラッチ中に ぶっ飛ばし 頭部クラッチ中に スリンガー弾を全弾消費 頭部にしがみついた際にクロー攻撃を行うとモンスターの向きを変更でき、ぶっ飛ばしでモンスターの向いている方向へ強制移動させられます。 移動先に障害物があれば、ダメージとダウンを与えられるため、積極的に狙っていきましょう。 傷が付与された箇所に障害物が当たれば、ダメージはさらに増加します。 クラッチクローのコツ 攻撃中の連携に組み込む 攻撃中にクラッチクローを発射できる武器種は、追撃感覚でクラッチクローを発射するとスムーズにクラッチ攻撃を行えます。 攻撃をしてから発射するまでの動作を一連の流れで行えるため、照準で狙う隙が無く、攻めを継続できるため非常に強力です。 中間距離から奇襲を掛ける クラッチクローは、モンスターとの距離を詰める目的としても非常に強力です。 射程はそこまで無いので、中間距離からモンスターの隙を付き、差し込む様な感覚で使いましょう。 狙った箇所に飛びついて攻撃できるので、届かない箇所の部位破壊手段としても使えます。 リーチの短い片手剣や双剣はぜひ活用しましょう。 振り落とされない不動の装衣とは相性抜群 クラッチ中にモンスターの攻撃を受けると振り落とされてしまうため、ダメージのリアクションを無くせる不動の装衣とは相性が抜群です。 受けるダメージも減少するので、注意して使えば、多少強引なゴリ押しからチャンスを生み出す立ち回りも可能です。 おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の