阪急 電車 映画 キャスト。 阪急電車 ~片道15分の奇跡~

阪急電車の原作を読み、映画を見たという両方を知られている方に感...

阪急 電車 映画 キャスト

ローカル電車の中で、お節介で投げた親切が波紋のように人の中で広がっていき、優しい世界が出来る・・そうだよね~皆が、ちょっと他人に親切にすれば、もっと気持ちの良い世界になるよね~で、最後の翔子とミサの台詞「なんか悪くないよね,この世界って」「はい、悪くないです」がすごく心に染みる映画。 今津線近辺が生活圏の私などには風景に馴染みがあって嬉しい(でも阪急今津線には、あんなガラの悪いおばちゃんは乗ってません、西川ヘレンさんのような方は、よく居られます)。 芸達者な方々ばかりですが、私が一番驚いたのが時江の若い頃を演じた 黒川芽以が、宮本信子と同じ顔の筋肉を使って笑う事・・女優さんの凄さに驚きました。 有村架純の友人役の子が「神戸にしてはおっとりした関西弁やな~」と思って調べたら京都出身だった、というくらい関西人は関西弁に敏感ですので(笑)• 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

阪急電車 片道15分の奇跡

阪急 電車 映画 キャスト

阪急電車の原作を読み、映画を見たという両方を知られている方に感想を聞きたいです。 自分の中では、有川浩さんは一番好きな作家さんで作品は全部読んでいて、阪急電車は一番好きな作品です。 なので、映画は見に行けなっかったんですけど、今回DVDがでるということで特別版を予約して、当日届かなかったんで、当日に朝一でレンタルいってきて見たほど本当に大好きな作品です。 けれど、見終わった後「何これ」という嫌悪感があるほど話が原作と変えられすぎで、映画やからと割り切れば納得できるぐらいです。 映画は映画なりに所々に好きになれる部分はあったですけど、全体的に見ると本当にごく一部分になってしまって、やはり違和感が強烈すぎで勝ってしまいます。 それに原作を読んでいない人には、人と人の交流の掛け合いのすごさなどが理解できなくて、話しの展開についていけなくてつまらいと思うですけど・・。 具体的に言うと、 キャストがイメージとのギャップの差が強い。 特に翔子は年齢的にキャストミスだと思うんです。 彼氏と別れて再スタートを切るのにまだ大丈夫という設定だとされているので違和感がある。 ミサの親友のお兄ちゃんは少しミサが惚れるまでのルックスがない。 あと、やっぱり話を根本的に変えすぎです。 宣伝のためか、征志とユキの話を抜いたのは仕方ないとしても、「結婚式で翔子のところにキャンドルサービスしにきていない」「ミサの送信を決意する話が軽いし、彼氏が帰ってくる展開が必要?」「軍オタ君あんなに一人ぼっちで、しかも原作より度合いが派手にして、窓に張りつくまではやりすぎ」「ゴンちゃん台詞と行動を変えすぎで、変えなくても話が成立するのに」「ゴンちゃんたちの所だけアニメーション効果入れてうている」「終わりのおばちゃん連中のところにキャスト無理やり集め過ぎ。 あと、おばあちゃんの声なしの説教シーンはなんでそっちの演出にした?それにキャストを集めたなら誰かに征志とユキの代わりをさせればいいし、最後のゴンちゃんたちの拍手シーンが意味不」など。 けれど、好きな箇所もあります。 まず、キャストで玉山さんを持ってくるあたりは好きですし、「植物図鑑」の雑草という草はないていうくだりを盛り込んだり、最初の人物紹介で小学生の翔子を「少女」にしてあったり。 嫌いな部部分よりは数なくなってしまいますが。 書ききれないほど感想はありますが、小説と映画の両方を知っている方に意見を聞きたです。 ちなみに、自分の結論は原作どおりにドラマ化希望です。 映画化やドラマ化の場合、原作通りってほとんどないですよね。 特にライトノベルは。 フリーターも原作とは大きく違いました。 でも、視聴率や評判も良く、あれはあれで良かったのかなと。 今回の阪急電車は、そんな中、割と原作に沿った形での展開だから、見やすかったよ。 原作と違い過ぎると、違和感ばかりだけど、そういう面ではすんなりと終わりまで見れた気がする。 まあ、ドラマしか作ったことのない人が初監督と言う作品だから、ちょっと物足りない部分や、キャストの駆け引きで軽すぎる部分が目に付きますが、・・・。 でも、伊藤美咲、南果歩、宮本信子、戸田恵理子、谷村美月・・・、この手の映画としては、キャスト的には豪華と言えば豪華で、映画だからこその配役だと思う。 もう少し、一人一人のエピソードを掘り下げても面白いだろうし、そういう面では映画よりもドラマの方が良かったかも知れませんが、ドラマだと、またジャニーズ系とか入れて、それこそ原作を改編しまくるんじゃないだろうかと危惧します。

次の

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」ネタバレあらすじと結末/作品情報とキャストの紹介

阪急 電車 映画 キャスト

阪急電車の原作を読み、映画を見たという両方を知られている方に感想を聞きたいです。 自分の中では、有川浩さんは一番好きな作家さんで作品は全部読んでいて、阪急電車は一番好きな作品です。 なので、映画は見に行けなっかったんですけど、今回DVDがでるということで特別版を予約して、当日届かなかったんで、当日に朝一でレンタルいってきて見たほど本当に大好きな作品です。 けれど、見終わった後「何これ」という嫌悪感があるほど話が原作と変えられすぎで、映画やからと割り切れば納得できるぐらいです。 映画は映画なりに所々に好きになれる部分はあったですけど、全体的に見ると本当にごく一部分になってしまって、やはり違和感が強烈すぎで勝ってしまいます。 それに原作を読んでいない人には、人と人の交流の掛け合いのすごさなどが理解できなくて、話しの展開についていけなくてつまらいと思うですけど・・。 具体的に言うと、 キャストがイメージとのギャップの差が強い。 特に翔子は年齢的にキャストミスだと思うんです。 彼氏と別れて再スタートを切るのにまだ大丈夫という設定だとされているので違和感がある。 ミサの親友のお兄ちゃんは少しミサが惚れるまでのルックスがない。 あと、やっぱり話を根本的に変えすぎです。 宣伝のためか、征志とユキの話を抜いたのは仕方ないとしても、「結婚式で翔子のところにキャンドルサービスしにきていない」「ミサの送信を決意する話が軽いし、彼氏が帰ってくる展開が必要?」「軍オタ君あんなに一人ぼっちで、しかも原作より度合いが派手にして、窓に張りつくまではやりすぎ」「ゴンちゃん台詞と行動を変えすぎで、変えなくても話が成立するのに」「ゴンちゃんたちの所だけアニメーション効果入れてうている」「終わりのおばちゃん連中のところにキャスト無理やり集め過ぎ。 あと、おばあちゃんの声なしの説教シーンはなんでそっちの演出にした?それにキャストを集めたなら誰かに征志とユキの代わりをさせればいいし、最後のゴンちゃんたちの拍手シーンが意味不」など。 けれど、好きな箇所もあります。 まず、キャストで玉山さんを持ってくるあたりは好きですし、「植物図鑑」の雑草という草はないていうくだりを盛り込んだり、最初の人物紹介で小学生の翔子を「少女」にしてあったり。 嫌いな部部分よりは数なくなってしまいますが。 書ききれないほど感想はありますが、小説と映画の両方を知っている方に意見を聞きたです。 ちなみに、自分の結論は原作どおりにドラマ化希望です。 映画化やドラマ化の場合、原作通りってほとんどないですよね。 特にライトノベルは。 フリーターも原作とは大きく違いました。 でも、視聴率や評判も良く、あれはあれで良かったのかなと。 今回の阪急電車は、そんな中、割と原作に沿った形での展開だから、見やすかったよ。 原作と違い過ぎると、違和感ばかりだけど、そういう面ではすんなりと終わりまで見れた気がする。 まあ、ドラマしか作ったことのない人が初監督と言う作品だから、ちょっと物足りない部分や、キャストの駆け引きで軽すぎる部分が目に付きますが、・・・。 でも、伊藤美咲、南果歩、宮本信子、戸田恵理子、谷村美月・・・、この手の映画としては、キャスト的には豪華と言えば豪華で、映画だからこその配役だと思う。 もう少し、一人一人のエピソードを掘り下げても面白いだろうし、そういう面では映画よりもドラマの方が良かったかも知れませんが、ドラマだと、またジャニーズ系とか入れて、それこそ原作を改編しまくるんじゃないだろうかと危惧します。

次の