スクーターギャング。 スクーターギャングって何?犯罪率の高いロンドンで安全対策!

ギャング・スターの在庫一覧(一覧表示)|新車・中古バイクなら【グーバイク】

スクーターギャング

このページの目次(もくじ)• イギリスの治安について 外務省の安全情報 2020年1月現在、外務省の海外安全ホームページでは、 テロに対する特別な警戒が必要ですと注意を促しています。 というのも、イギリスでは、2017年3月と6月にロンドンで、5月にマンチェスターでテロ事件が発生しているからです。 今でもイギリス国内のテロ脅威度は、5段階中上から 2番目の「severe(深刻)」レベルに設定されています。 とはいっても、 2018年以降大きなテロ事件はありませんし、あまりテロに敏感になりすぎてしまうと、観光が楽しめなくなってしまいます。 世界中どこにいても(日本にいても)テロだけでなく事故や事件に巻き込まれることはありますので、気にしすぎないことも大事です! 犯罪データ イギリスは日本と比べて、 殺人件数が1. 6倍、強盗が87倍、侵入盗が11倍発生しています。 ロンドンと東京を比較すると、殺人が3倍、強盗が128倍、侵入盗が20倍となり、どれだけイギリスやロンドンの治安は悪いかわかります。 特に強盗などの 軽犯罪は日本と比べ物になりません。 ロンドンやエディンバラ、グラスゴーなどの大都市になる程、犯罪件数が多いです。 近年、イギリスは国の緊縮財政政策のせいで、2009年から警察官の数が16%も減少し、2018年には過去最低の水準になっています。 警察の数が足りず、ロンドン警視庁はHPでは 「被害額50ポンド(8,000円)以下の窃盗などの軽犯罪は捜査できない」と言った 驚きの発表がされました。 イギリスで2日に1回、日本人がパスポートを盗まれている計算になりますね。 パスポートの再発行は本当に面倒です。 ウエストポーチや首からぶら下げられるポーチに入れておくなど、盗難対策をとりましょう。 イギリスに限らず海外旅行の際にはジッパーやチャックなど 完全にかばんの口を閉じられるものを選び、バッグが開く所を手で閉めながら歩いたり、目の前で持つと言った工夫が必須です。 スリ・ひったくりに注意 最近、特にロンドンでは スリ、ひったくり が増えています。 地下鉄や駅構内、バスの利用時には 混み合う時間帯やエスカレーターの乗り降りの際、また、 人が多い場 所に注意して下さい。 具体的には、広場やマーケット、パブ、ナイトクラブ、ファーストフードレストランなどです。 バッグの紐を知らない間に切り取られて持ち逃げされていたり、ケチャップを意図的につけ、気をとられている隙に荷物を盗むと言うものもあります。 他には、旅行者だけを狙ったり、 逃走経路もしっかりと調べた上で反抗に及ぶというような計算し尽くされたグループもいます。 海外では多いのですが、一人が親切に近寄ってきている間にもう一人が金品を盗むと言う定番の犯行パターンがあります 近年は小さい外国人少女グループによる犯行も多く、見かけではわかりませんので、油断をしないようにして下さい。 置き引きに注意 置き引きは、わたしたちがほんの一瞬気を緩めた瞬間に起きます。 ショッピングで休憩がてら荷物を置いた瞬間、レストランのビュッフェでバックを放置してしまった時、ホテルでの宿泊の手続き中、空港や駅、バスターミナルなどで置き引きは発生しています。 常に気を張っているのは疲れてしまいますが、それでも貴重品からは常に目を話さないようにしましょう。 強盗に注意 スリ・置き引きに加えて、 強盗も多くなって来ています。 地下鉄では他の乗客もいる車両に乗ったり、バスでは 1階のドライバーの近くに乗りましょう。 駅の出口などで後をつけられ、人気のない道に入った所をひゅっと狙われてしまいます。 ロンドンは街が入り組んでいて、人込みの多い場所からちょっと道を曲がっただけでいきなり雰囲気が変わってしまうような場所が多くあります。 また、そういう場所には 物乞いや ホームレスもたくさんいるため、お金をせがまれたり、要求されたりするかもしれません。 夜道は一人で歩いたりせず、なるべくタクシーを使って移動しましょう。 デートレイプやドラッグに注意 イギリスは残念ながら、 ドラッグ犯罪率が高めです。 音楽が盛んな国なので夜のクラブで、盛り上がって使っている若者を多数目撃するかもしれません。 もちろんドラッグをすすめられたら無視しなければいけませんが、気付かないうちにドラッグや睡眠薬を飲まされる事件も発生しています。 特に女性で注意したいのが、 「バーで1杯おごるよ」と言われる手口。 飲んだら、ドリンクの中に睡眠薬が入っていて、事件に巻き込まれるというものがあります。 どうやら犯人は人種差別的な発言を言ってきて襲ってきたそう・・・。 イギリス人は「酒は酔っぱらうために飲むもの」と考える人が多く、 酔っぱらうとマナーが悪い人が続出します。 バーやクラブの立ち並ぶ付近では、酔っ払いを避け、なるべくタクシーで移動しましょう。 スクーターギャングに注意 先程ご紹介したように、 スクーターギャングが突然現れ、強盗や ひったくり をする事件が主に ロンドン を中心に頻繁に起きています。 彼らはスクーター何台かで突然歩道に乗り上げてきてターゲットを銃で脅し、 スマートフォン、財布、カバンやPC、腕時計 を持って行ったり、ひったくりをします。 夜間ではなく日中も繁華街で普通に狙われますので旅行者は注意が必要です。 ウエストミンスター、カムデン、イズリントン 周辺などの観光地や高級住宅 街でも多く発生しています。 イギリスで注意すべき危険エリア イギリスととひと口に言っても、さまざまなエリアがあります。 イギリスの中で危ないのは、 ロンドン、バーミンガム、グラスゴー、マンチェスターなどの巨大都市です。 田舎の方へ行くと、都会の喧騒とはかけ離れた、のどかで平和なイギリスの人々の暮らしを見ることができます。 ロンドン 言わずと知れたイギリス最大の都市です。 世界中からいろんな人種、考え方の人が集まっているため、もちろん犯罪率もイギリスでトップ。 スリや窃盗などが多いのは、ビッグベンがある Westminster地区、カムデンマーケットがある Camden地区、ハロッズのある Kensington地区、アーセナルのある Islington地区などロンドンの中心部です。 テムズ川をはさんで北側は、観光名所が多く、特に西側は高級住宅地が多いのでスリやひったくりが多くなります。 西側の移民の多い Hackney地区、テムズ川をまたいで南側 Brixton地区などはドラッグ売買があるという噂が後を絶たず、足を踏み入れたくない地域です。 バーミンガム バーミンガムは、ロンドンから北へ電車で1時間半ほどの、イギリスの人口第2位の工業都市です。 工業都市というだけあって、労働移民が多く、夜になると喧嘩や酔っ払いもよく起こるそう。 酔っぱらいを見かけたらなるべく目を合わさずその場から立ち去りましょう! グラスゴー スコットランド最大の都市グラスゴーは、ギャングの抗争で有名な都市です。 特に 北西のMaryhill地区は近づかない方がいいかもしれません。 英語に自信がない方は、メインストリートからはずれないようにしてください。 マンチェスター マンチェスターといえば「サッカー」が有名なので、旅行者もたくさん訪れます。 ピカデリーガーデンズという広場はスリや中毒者、酔っ払いが多い場所。 なるべく一人で歩くのは避けましょう。 イギリスで犯罪にあわないために気をつけたい6つの安全対策 危険な場所を避ける 上記の危険スポットはもちろん、 宿泊先の従業員にこの辺りで 危険なスポットはないかどうか聞いてみてください。 最新の情報はやはり実際に住んでいる方から聞くのが一番です。 怖いもの見たさで危険な場所へ立ち入るのは絶対にやめてください。 日本とは違うということをお忘れなく! スリは 混雑している時間帯や人の多く集まる場所で発生します。 広場やマーケット、パブ、ナイトクラブ、ファーストフードレストランなどでは注意を怠らないようにして下さい。 現金を大量に持ち歩かない イギリスでは支払いの際、デビットカードやクレジットカードでの支払いが主流になっています。 日本人を見ると、現金をたくさん持っていると思われて強盗などのターゲットにされてしまいますので、 現金はなるべく持たず、クレジットカードをメインに持ち歩きましょう。 しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。 派手な服装はせず荷物は少なめに ヨーロッパの冬というと、 黒をメインとした暗い服装でお出かけする人がほとんどです。 日本のようにあまり華やかな恰好をしているとすぐに旅行者だとわかって狙われてしまうかもしれません。 なるべく現地に馴染むようなカジュアルな恰好を心掛け、荷物も少なめにお出かけしましょう! 現地の若者は通常高級ブランド品を身につけていることはなく、 ブランドバッグや紙袋をもっていると 「お金持ちだ!」と広告を背負って歩いているようなもの。 普段派手な洋服を好む方は気を付けてくださいね! 夜間の一人歩きは避ける 恐喝や窃盗の被害を最小限にするためにも、基本的にヨーロッパの夜は一人で出歩くのをおすすめしません。 特にロンドンは町が入り組んでいて、一歩曲がると怪しい路地に紛れ込んでしまったりすることも。 道に詳しくない人は、極力タクシーを使った方がいいでしょう。 「 Subway」と呼ばれる 地下道も便利ではありますが、夜に使用するのはやめましょう。 ちなみにイギリスでは地下鉄のことを「 Underground」 や「 Tube」と言います 安全な地域でホテルを予約 ロンドンでホテルを予約するなら おすすめエリアはヴィクトリア・ケンジントン・チェルシー・カムデンなど。 旅行者が多いので、スリなどの軽犯罪はあるものの 重大な事件は少なく治安のよい地域です。 少し値段が上がっても、治安のよい地域でホテルを予約されることを絶対におすすめします。 イギリス旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険 イギリス旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。 Wi-Fiレンタルでネット環境を整える 何か困ったことが起きたとき、ネットが使えると安心感が違います。 海外では無料でWi-Fiを使えるスポットもありますが、いざという時のために海外Wi-Fiのレンタルをしておくことをおすすめします! Uberが使えるだけでも旅の快適度はかなり変わるので、ネット環境は超重要。 友達がスリにあった時、ネットが使えて本当に助かりました・・・。 道に迷ったり、危険情報をチェックするためにもネット環境を整えることはとても大切です。 海外旅行保険でいざという時に備える 実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。 補償が手厚い上にマイルもたくさんたまるので、できればゴールドカード以上のクレカを1枚持っておくと本当に重宝します。 空港から自宅まで たった500円でスーツケースの宅配ができるのも神!! とはいえ年会費が高いのでなかなか思い切りが必要かも・・・。 ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のことです。 エポスカードの海外旅行保険の内容.

次の

バイクセンター Don chan 日記

スクーターギャング

【車輌販売】 当店では、あらゆる中古車輌と、国内外・逆輸入車・並行車・正規取扱車など全ての新車を扱っております。 店頭には、常時50台以上の車輌を展示。 大型車はもちろん、お手軽な50ccの原付までサイズもいろいろ。 車輌タイプも、レプリカ・ネイキッド・ツアラー・オフロード・シングル・アメリカン・ビッグスクーター等、さまざまな車種に対応しております。 店頭在庫にお探しの車輌が無い場合でも、全国より厳選してご希望の車輌をお探し致します。 【下取り・買取り】 当店は、お乗り換えの際の下取りや、乗らなくなった車輌の買取りも行っております。 名義変更、廃車届けなどの面倒な書類手続きも、当店で責任をもって行います。 カスタムされている車輌でも、取り外した純正部品がお手元にございましたら是非ご用意下さい。 オーナー様が大切にしてきた愛車だからこそ、適正な査定を心がけております。 また、ローン返済中でも下取り・買取りが可能な場合もございますので、「どうかな…」と思いましたら、一度当店へご相談下さい。 【車検】 検査項目を事前に点検し、検査に掛かる項目に関して対応(部品交換、修理)を行います。 検査整備の際に発生する消耗品や部品の交換等は、事前にお客様に確認を頂いてから作業させて頂きます。 中には、検査にはクリアできる状態であったとしても、オーナー様の安全面や今後の負担を考え、修理や部品交換等をご提案させて頂くことがございます。 ですが、検査項目必要最低限以外に関しては、あくまでオーナー様のご了承を得てからの作業としますので、ご安心して検査整備をお任せ下さい。 一般車検はもちろん、当店ではカスタム車輌公認車検も実施しております。 もし、カスタムをされている場合の車検にご不安な事がございましたら、当店へご相談下さい。 【整備・修理】 オイル交換やタイヤ交換、パンク修理にライトの球切れ…些細な日常のメンテナンスから、一般修理や事故保険修理などの大きな作業まで当店にお任せ下さい。 簡単な部品交換で解消できる問題も、異常な状態で走行を続けていますと大きな事故にもなりかねません。 「いつもと違うな…」、「何だか調子がおかしいな…」と感じましたら、当店へご連絡下さい。 他店でご購入された車輌の修理にも対応致します。 普段のメンテナンスが、オーナー様の安全に繋がります。 当店は、バイクを通じてオーナー様をサポート致します。 また、「修理を依頼したいのにお店まで持って行けない…」などの不動車輌でも、引き取り配送サービス(有料)がございますのでご活用下さい。 ご希望に応じたパーツの取寄せ・取付けも可能。 ワンオフパーツ、ペイントなども承ります。 オーナー様の「声の具現化」のお手伝いを致します。 しかし、オーナー様の「声」全てを満たすカスタム車輌作りとなると大変高価になってしまいます。 ですので、じっくりご相談させて頂いた後の車輌作成を心がけております。 また、コストダウンのご提案などもさせて頂きますので、是非オーナー様の「声」をお聞かせ下さい。 【自賠責保険】 東京海上日動、あいおいニッセイ同和損害保険 【任意保険】 あいおいニッセイ同和損害保険 各種取扱.

次の

ロンドンで治安悪化 “スクーターギャング”が襲来【ワールドビジネスサテライト(WBS)】|テレビ東京ビジネスオンデマンド【BOD】

スクーターギャング

金曜日のテレビ東京のWBSで放送していたロンドンのスクーターギャング。 スクーターを盗んで、そのスクーターでギャングをする。 白昼堂々、ひったくりや店を襲う。 衝撃的なことにロンドンの警察は50ポンド以下の盗難だと捜査をしない。 不法侵入も暴力を伴わない場合は介入をしない。 さらに殺人事件の件数でNYを上回った。 いわゆるネットの出羽守がロンドンがいいとは言わなくなった。 ロンドンはそれほどいいところではないのだろう。 国外から来る人が東京は治安がいいと言うのがわかる。 かっては普通の人が寄りつかなかった山谷地区もバックパッカーなどの国外からの人を受け入れている。 治安が悪いと言われた東京の西のほうは昨今はそんなに悪くない。 アジア人の多いと言われる地域はあるが、そこはそこで独自の治安ルールがある。 皇居は特殊な空間とは言え、夜にジョギングをしても何も起こらないことを考えると東京の治安はいいのだろう。 東京は安全な街と言える。 日本の警察は都道府県の一般会計から予算が出ている。 警視庁の予算は約6,000億円で海上保安庁より多い。 インバウンドのためにも警察力は維持して欲しい。 治安の良さは観光にとって大きな魅力だ。

次の