ポケモン ソード ニン フィア。 【ポケモン剣盾】ニンフィアの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

リーフィア

ポケモン ソード ニン フィア

ページ:• 投稿者:半熟卵• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:gettaban• コメント 37 みんなの評価 :• 投稿者:白紙• コメント 43 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:ランボ• コメント 21 みんなの評価 :• 投稿者:びるどん• コメント 29 みんなの評価 :• 投稿者:ローズ• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:まっちぃ• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:フルト• コメント 8 みんなの評価 :.

次の

リーフィアの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ソード ニン フィア

ページ:• 投稿者:sia• コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:みゃこ• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:りんふぃあ• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:たんすSUN• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:ケーネ• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:ぽん• コメント 9 みんなの評価 : 【削除済】型• コメント 0 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:まだお• コメント 23 みんなの評価 :• 投稿者:ジュラーゲン• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:ipshadow• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:ラギ• コメント 24 みんなの評価 :• 投稿者:ラウラぽけ• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:ラウラぽけ• コメント 7 みんなの評価 :• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:ぶんそん• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:けーき• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:いぶ しゃわわ• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:猫神にゃいと• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:tamashiiiiiiiiiii• コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:アズリー• コメント 16 みんなの評価 :.

次の

【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策

ポケモン ソード ニン フィア

基本的にはハイパーボイスを打ち続けて倒す型のため、他の技はフェアリータイプの技が通りにくい相手に使用していきます。 素早さは、素早さに努力値を振っていない、あるいは4振っている「バンギラス」を抜ける調整となっています。 ダイマックス時や、残り体力が少ない時の最後の技として使用する。 対ゴースト用の攻撃技。 ハイパーボイスで無理に攻めるよりもダメージを出せる場合は多い。 耐久ポケモンを流せるようにする技。 こだわりメガネとの相性はいまいちなため、使う場合はのどスプレーなど他の道具を持たせる事。 とつげきチョッキ型 性格 ひかえめ 努力値 HP252 特攻252 特防4 実数値 HP202-防御65-特攻178-特防151-素早さ80 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 実数値は理想個体で計算し、不要ヶ所は省略しています 技構成は上記と似ていますが、「ニンフィア」の高い特防を活かして戦う特殊アタッカー型です。 不利な相手とは無理に戦わずに引きながら、タイプ一致になっている「ハイパーボイス」を主軸に攻撃していきましょう。 いわゆるサイクル戦と呼ばれる、こちらが有利になるように交代しながら戦っていくのがこの型の基本戦法です。 物理アタッカーとは戦わず、物理に強い控えと交代していきましょう。 ハイパーボイスで無理に攻めるよりもダメージを出せる場合は多い。 ニンフィアの役割と立ち回り 高い特攻・特防種族値を活かす 「ニンフィア」は特攻と特防が高く、相手の特殊アタッカーの攻撃を受け止めつつ戦う事ができるポケモンです。 夢特性である「フェアリースキン」と高火力のノーマル技「ハイパーボイス」を組み合わせることで、手軽に高火力を発揮することができます。 ハイパーボイスは音系の技でみがわりを貫通できるのも利点です。 特性による威力上昇はダイマックス技には未適用 「ニンフィア」の夢特性である「フェアリースキン」は、ノーマルタイプの技をフェアリータイプとして扱い、威力を1. 2倍にすることができます。 しかしダイマックス技の場合、ダイアタックはダイフェアリーになるものの、威力を1. 2倍にすることはできません。 ニンフィアの対策 弱点の物理技で一気に倒す 「ニンフィア」は特防は高いものの防御は低めのため、弱点の物理技で攻めていくのが基本になります。 特に鋼タイプには、素早さが高く物理アタッカーに向いたポケモンが多くなっています。 ただしニンフィアは「マジカルフレイム」を覚えている事が多く、倒しきれないと鋼タイプの場合は逆に倒されてしまうことも多いため注意が必要です。

次の