タカトシ 温水 の 路線 バス の 旅。 タカトシ温水の路線バスで! #11「小田原・金目鯛のしゃぶしゃぶ」

ぶらぶらサタデー 2020年6月20日(土)放送 タカトシ温水の路線バスで! 最後の楽園・真壁~魅惑の街・つくば

タカトシ 温水 の 路線 バス の 旅

出典: ぶらぶらサタデータカトシ温水の路線バスの旅、今回は「傑作対決! 大雪でバスが! 台風でゲストが」。 今回のゲスト がタカトシ湯水と巡ります!4月25日放送で紹介されたグルメテレビ情報をまとめました。 2020年4月25日 出典:フジテレビ ゲスト: MC:タカアンドトシ、湯水洋一 *テレビを見て行ってみたいと思った貴方のために紹介されたお店の情報(連絡先・定休日のお休み・営業時間・メニュー・地図・予約・カード使用)をご案内します。 台風でゲストが飛んだvs大雪でバスが来ないコーナーオープニング 超大型台風の直撃でアクアラインが通行止めとなり、房総半島へ渡れずUターンしたタカトシらは、別ルートで房総半島を目指した。 その間、先に到着していたゲストの金子昇がオープニングの挨拶を行った。 金子昇 嵐の一人旅 台風の影響で到着が遅れているレギュラー陣。 その間、ゲストの金子昇が一人旅。 金子は、ごはんを食べるために、バスを下車した。 金子昇が「盤洲」に立ち寄り食事をする為、台風の影響で遅れているトシ達に電話をした。 その後、トシ達3人も合流し、生しらすと生桜えび等を注文して食べた。 木更津駅へ バスで移動を開始。 金子昇は22歳の頃から芸能活動を始めて現在は40歳。 役らしい役をもらったのは、なかよしという本の付録についているビデオの魔王役だった等と話した。 そして、バスは木更津駅に到着し、次に乗るバスの時刻を確認した。 ムチャ振り!生放送に出演させて ラジオ「かずさFM83. 4」の生放送中に、出演交渉に向かったタカと金子昇。 タカと金子は出演させてもらえる事となり、トシと温水洋一も合流してラジオに出演した。 その後、バス停に移動したが、台風の影響でバスが遅れている為、金子昇が家族の話し等をした。 珈琲&ランチ タイム 次のバスまで時間がない中、「珈琲&ランチ タイム」を訪れた。 直ぐに出来るアイスコーヒーを頼んで飲み、バス停まで走った。 バス移動 バスで移動中、渡辺直美が合流した。 ニューヨークに行っていた直美は、ビヨンセのバックダンサーをしていた人のレッスン等をうけたと話した。 パテスリー ロンシャン バスを下車した一行だが、直美はニューヨークで教わったダンスを披露した。 次の目的地「貞元社宅前」行きのバスまで時間があるため、ぶらぶらすることになった。 そして「パテスリー ロンシャン」というケーキ屋を発見し、立ち寄った。 お土産を購入した金子昇は、ここで帰宅。 そして、直美の誕生日が近いという事で「ストロベリー・ショートケーキ」でトシ達がお祝いした。 バス移動 次のバス停を目指してバス移動を開始。 渡辺直美は元々コンビで活動していたが解散をしてしまった。 その後、ソロでの舞台を今田耕二がたまたま見ていて、さんまのまんまに出演が決まったと話した。 バスを下車し、徒歩で目的地へ。 歩いていると、車に乗った男の子に声をかけられ、パンを分けてもらった。 台風でゲストが飛んだvs大雪でバスが来ない房総・君津の幻の枝豆 幻の枝豆と言われている「小糸在来」を栽培する農家の元に到着した。 トシや温水ら4人は収穫を体験。 その後、収穫した小糸在来を焼き枝豆や茹で枝豆、枝豆ご飯に調理してもらって食べた。 鎌倉まめや 小町通り店 外はあいにくの雪模様となっている中、今回は三浦半島の長井へ路線バスで向かってイカを食べに行くことについて語った。 バスで移動 更に雪が強まる中、タカトシら一行はバスに乗り込んで移動。 このバスは横須賀へ向かうという事で温水はドブ板通りでぶらっとしないかと提案し、バスを降りる。 台風でゲストが飛んだvs大雪でバスが来ないジュピター ドブ板通りに到着したタカトシら一行は、スカジャン専門店「ジュピター」でドラマ「医龍4」で活躍中のゲスト・池田鉄洋と柄本佑が合流。 一行は店内にある様々なスカジャン試着し、各々お気に入りをセレクト。 お店のはからいで破格の値段で手に入れていた。 バスで移動 タカトシら一行は次の目的地までバス移動。 雪が降る中ノロノロ運転で車内は超満員。 車窓から見えたお店が気になり、お昼ご飯を食べるべくバスを下車。 横須賀武 熱烈餃子房 タカトシら一行はバスの車中から見えたお店「熱烈餃子房」へ来店。 池田鉄洋らはデビュー当時の話や温水は実はスゴイ人だった事について語りつつ、注文した料理を美味しく堪能。 バスの時間が迫る中、坦々麺がまだ来ていないので温水と池田鉄洋が店内に残り、他のメンバーが先にバス停へ。 しかし、雪の影響でバスが遅れておりタカトシらはバス停で待ちぼうけ。 坦々麺を美味しく堪能し終えた温水らがバス停へ向かうとタカトシらはまだバス待ち状態。 すると遅れていたバスがタイミング良く到着し、みんなで乗り込む。 ジャンル 中華料理、餃子 住所 4-35-2 交通手段 津久井浜駅から3,391m 営業時間・ 定休日 営業時間[月~金] 11:00~23:30日曜営業定休日無休営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。 新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。 ご来店時は事前に店舗にご確認ください。 バスで移動 バスで移動している車中では、これまでのロケで一番辛かったロケなどについて振り返りつつ、更に雪が舞う中で数本のバスを乗り継ぐ。 タカトシら一行は様々な過酷な条件を乗り越えながら、いよいよ今回の目的地である「竜海丸」へ到着した。 竜海丸 「竜海丸」へ到着したタカトシら一行に、鈴木直樹さんが昨日獲れたという新鮮な活きイカを使って漁師料理を披露。 まずはイカ刺しの味に一同絶賛。 「竜海丸」で新鮮な活きイカ料理を堪能しているタカトシら一行。 鈴木直樹が一行のために披露した活きイカの漁師料理の数々が完成。 肝だれ掛けのあまりの美味しさを大絶賛。 特にイカのなめろうはご飯にも合う逸品で、一行は白いご飯をかき込みながら活きイカ料理を美味しく堪能した。 タカは絶品すぎるイカのなめろう全部に白飯を入れて贅沢食いした。 後記:コチラの情報は放送当時のものとなります。 情報が変更されている場合がありますので予めご了承下さい。

次の

ぶらぶらサタデータカトシ温水の路線バスの旅!傑作対決4月25日

タカトシ 温水 の 路線 バス の 旅

お笑いコンビ・タカアンドトシと俳優の温水洋一が路線バスで旅を繰り広げるフジテレビ系バラエティ特番『タカトシ温水の秘境路線バスの旅SP~まさか京都にこんな秘境が! ~』が、あす20日 19:57~21:54 に放送される。 木々の中をすり抜けて行く山奥の秘境や、断崖絶壁と隣り合わせの海の秘境といった、まだあまり知られていない奥京都の山と海の神秘的な世界を巡る。 山路線には、ゲストに遼河はるひを迎え、山奥を走行する京都バス・花背線に乗車。 花背線は、曲がりくねった「負のスポット」と呼ばれるワイルドな峠道を抜けて行く路線で、一行は、小さな谷間の小さな集落や、牛若丸が修行したと言われる伝説の"木の根道"を目指して鞍馬へと向かう。 途中では、集落での人々との心温まる出会いや、今もなお廃校に残る子供たちの息吹に触れる。 一方の海路線では、大林素子を迎え、京丹後市丹後町の袖志バス停から「日本のヴェネチア」とも呼ばれる伊根を目指し、丹海バス・経ヶ岬線を旅する。 バスの車窓からは、断崖絶壁と美しい日本海の絶景も。 一行は、日本最古の浦島太郎伝説が残る神社を訪れたり、ブリしゃぶ発祥の地で漁港めしを堪能し、さらに雨が降った後や融雪期の水量が豊富な時にしか見られない幻の滝「布引の滝」などの感動の絶景にもたどり着く。 山路線• 予めご了承ください。 関連記事•

次の

タカトシ温水の路線バスで!【城ヶ島~横須賀・走水の黄金アジ】

タカトシ 温水 の 路線 バス の 旅

フジテレビ「タカトシ・温水の路線バスの旅~篠原ともえと行く、籾殻かまど御飯と、のざき牛の素焼きを求めて、武蔵国(埼玉県)の旅~」の、名場面ダイジェスト記事です。 オープニングは、草加市にある、牛もつを使ったラーメンが、名物の店の前で、今回のゲスト・篠原ともえと、早くも合流、彼女の提案した、「シノラー、朝ラー!」と声を出しながら、皆でジャンプをする演出に、タカトシも、温水も・・・揃って、拳を握り締めます。 実は、ラーメン屋の外でも、「ツルンとしてるから、寒い感じがしちゃうの」と、温水の薄毛いじりをしていた、篠原ですが、入店してからも、「ここからのアングル、パンチありますね」と、再び、温水の薄毛いじり・・・日本の薄毛界を代表する、稀代のカリスマ(温水)に、無礼を働いた罪は重く、彼女は、必ず、日本の薄毛界全体を、敵に回すこととなるでしょう。 勝手に、予定外の場所で、バスのボタンを押し、「レッツ、シノラー!」と、はしゃぐ篠原に、思わず「(アスファルトに)パワーボム」を食らわしたくなる、タカでしたが、さすがに女性相手に、それは不味いと断念・・・もしかしたら、このことが切っ掛けとなり、次の国会で、「男女パワーボム機会均等法」が、成立するかも知れません。 道を訊ねるフリをして、自転車を奪おうとした、おかしな発言を繰り返す女を、トシが現行犯で捕まえ、説教してみるものの、女は、全く、反省することなく、自転車のベルを、「リンリンリーン!」と、嫌がらせで鳴らして、この街のパン屋の名店の方へ、逃げて行くのでした。 トーストしなくても美味しい、生食パンが売れている、平日でも行列が出来る、人気のパン屋さんには、あの明石家さんまと、野球選手のイチローと、仮想通貨の勧誘で有名な、サングラスの芸人のサインが、3枚、飾られていました。 バス停の前に出来た、雪のリンクを使って、最近、習っているらしい、フィギュア・スケートを披露する篠原・・・密かに、温水が「手、放してもいい?」と、番組スタッフに、アイ・コンタクトを取りますが、この後、放さなかったところみると、「気持ちは分かりますが、堪えてください」と、プロデューサーあたりに、言われたようです。 篠原が、自分のファンの子供に出会ったら、配っているという、ライトが光る指輪に、どうしても反応してしまう、トシを見て、相方のタカが「懐中電灯の光だって、いつも、追い掛けるからね」と、これまでずっと、隠し通して来た、トシの「昆虫的性質」を、ついに暴露します。 一足作れば、一生モノになる、オーダーメイドの靴屋さんは、あのTBSドラマ「陸王」の、ランニング・シューズも作っていたそうで、ビックリする、タカトシや温水でしたが・・・ただ一人、陸王なんて観ていない、篠原は、「わあ、これはマニアには堪らない!」と、万能のテキトー・コメントで、この場を、何とか、切り抜けます。 沖縄出身の、明るいたこ焼き屋のおばちゃんに、篠原が、「北海道産の、まだまだ活きの良い、タコ(トシ)」を紹介しているところです。 名字が同じだから、という理由だけで、テンションがマックスになり、寝具店の前で、記念撮影をする、篠原に対して、カメラマンのタカに限らず、トシも、温水も、全番組スタッフも、お茶の間の全視聴者も、きっと、「やれやれ」と思っていることでしょう。 いかにも、インスタ映えする、ジャンボシェイクを、勢い良く、ストローで吸い上げる温水を、タカは「チョウチョ」、篠原は「妖怪」と例えながら、この「チョウチョの妖怪」を、みんなでじっくり、観察しているところです。 タカトシを使って、動画撮影をしたいから、二人並んで、頭を横に揺らして欲しい、と頼む、篠原に対して、もはや、バラエティーとは言えない、ドキュメンタリー・タッチな、本気の拒絶顔をしてしまう、トシの姿です。 去年、浦和レッズが、アジア制覇を果たした時、選手が、打ち上げにやって来たという、浦和サポーターの聖地とも言うべき、居酒屋で、各種焼き鳥を食べ、去り際、店員さんたちに、タカ「サッカー、頑張ってください!」、トシ「あの人たちは、サッカーやってないから!」という、超オーソドックスな、ボケとツッコミを、プレゼントします。 料理だけではなく、庭も、建物も、階段のホラーな人形も素晴らしい、高級感のある料亭で、お目当ての「のざき牛(日本で初めて、個人名がついたブランド牛)の素焼き」を食べ、タカトシも、篠原も、「これまで食べた、牛の中で一番!」と断言する中、温水だけが、「一番に近いかも」と発言、この状況で、何という、正直な男・・・。 今回の旅の、もうひとつの目的、「籾殻かまど御飯」を食べた、タカが「測定不能!強烈な旨味!今までの米の概念が、ぶっ壊れましたよ!もう、普通の米、食べられなくなっちゃう!」と、さっきの温水とは対照的な、「少なくとも、普通の米、これからも食べるだろ!」と、全視聴者に突っ込まれるだけの、大袈裟な食レポを、タカがしたところで・・・この記事も終了です。 読者の皆さん、私のくだらない、結構な長文、最後まで、お付き合い頂き、本当に、有り難うございました。 機会があれば、また、訪問してください。 kitafumi.

次の