イオンカード 国際ブランド変更。 楽天カードの国際ブランド変更 の裏技?「JCB」を「MasteCard」に変更する方法!

イオンカードをVISAからマスターに変更!まさかの展開に唖然!

イオンカード 国際ブランド変更

Contents• イオンカードをVISAからマスターに変更 VISAからマスターカードへの変更は電話一本 以前の記事でも書いてますが、 イオンカードの国際ブランドの変更は電話一本で行えます。 一度解約して作り直す必要もないですし、同じカードをブランド違いで2枚作る必要もありません。 イオンカードはその辺は融通が利きます。 但し、再びVISAに戻ることは出来ません。 各ブランドへの変更は一度だけ出来るので、VISAからマスターカード、更にマスターカードからJCBへと変更することが可能です。 しかし、VISAからマスターカードに変更した後にVISAに変更することは不可能ということです。 もちろん、カードの種類が変われば再びVISAを持つことは出来ます。 例えば、イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトは2枚持ちすることが出来ますからね。 イオンカードをVISAからマスターに変更したはずが! あり得ないミスに遭遇?! 私は確実にVISAからマスターカードへの変更手続きを行いました。 2日後くらいには、暮らしのマネーサイトの「電子マネーWAONポイント」のカード番号もきっちり新しい番号が増えていました。 10分ぐらい待ってようやく繋がりましたが、淡々と用件を聞いてくるだけでした。 忙しいのだとは思いますが、それを客に感じさせるのはダメですよね。 まあ、年会費無料のカードだし、しょうがないかと思っていましたが、唯一の用件を間違えるとは何事だって話しです。 ブランド変更してるのにVISAからVISAに変更しておかしいとは思わなかったのでしょうか( ̄ー ̄) 速攻で電話! またVISAブランドのイオンカードが送られてきて最後は笑ってしまいましたが、このまま放置しておくことも出来ません。 速攻でイオンカードのコールセンターに電話です。 コールセンターは9時から21時まで年中無休なので、その点は便利だと思います。 イオンカードのお問い合わせ先 コールセンターは0570から始まるナビダイヤル(有料)ですが、もう一つ普通の市外局番から始まる番号も予備で記載されています。 私はいつも市外局番から始まる番号に掛けています。 前回は繋がるまで10分くらいかかりましたが、今回は数秒ですぐに繋がりました。 そして、担当オペレーターさんは今回は女性で、話し方もかなり印象が良かったです。 スムーズにテキパキ用件をこなしつつ、客に対する接し方にも心がこもっているのが分かりました。 前回のオペレーターさんとはエライ違いです(笑) ・本人確認 ・新しいWAON番号の確認 名前や住所、電話番号、生年月日といった本人確認と、今回間違えて届いたイオンカードのWAON番号の確認をされました。 同じVISAなので、カード番号は全く変わっていませんでしたからね(笑) 1~2分ほどで前回の担当オペレーターのミスだったことが判明し、女性オペレーターから間違えたことに対しての謝罪がありました。 すぐにマスターカードブランドのカードを発送するとのことでした。 最後に「前回も説明があったと思いますが・・・」という前置きの後に、今回マスターカードにブランド変更するとVISAには戻れないという説明がありましたが、思い出してみれば、前回の男性オペレーターからこの説明は聞いておりません。 オペレーターにも当たり外れがありますね(笑) 今回のまとめ VISAからマスターカードへの変更 イオンカードの国際ブランドをVISAからマスターカードへ変更することは出来ますが、間違ってVISAからVISAになることもあります。 あとがき 今回ブランドを変更したイオンカードはWAON一体型ですが、私はイオンカードセレクトも持っているので、WAONはそちらを利用しています。 セレクトのWAONはオートチャージでポイントが貰える分お得になりますからね。 今回のイオンカードはWAONを全く利用していなかったので、WAON移行手続きなどの手間がかかりません。 もし、WAONを利用していたとしたら、WAON番号が2回変わっていますから、移行手続きも2回しなければいけなかったことになります。 そうならなかっただけラッキーということでしょうか(笑) ということで、イオンカードをVISAからマスターに変更のお話でした!.

次の

クレジットカードの国際ブランド変更は可能?複数の国際ブランドから選べるカードも紹介

イオンカード 国際ブランド変更

イオンカードの中でも最もおすすめする というより必須の1枚! である、 イオンカードセレクトですがカードを作る時JCBにすべきか?VISAにすべきか?はたまた!?と迷いませんか? 今回は、 イオンカードセレクトなど イオンカードを作る時におすすめの国際ブランド選定や その他もろもろイオンカードセレクトのメリットなどを紹介したいと思います。 その前に、 デザインが可愛い!として人気の イオンカードセレクト ミッキーマウス デザインの意外な落とし穴をお伝えしたいと思います。 イオンカードセレクト ミッキーマウス デザインは可愛いけど意外な落とし穴! 確かに、 イオンカードセレクトのミッキーマウス デザインは、 オリジナルのデザインですし可愛いんですよね。 ただし! この国際ブランド!というポイントで見てみると・・・ はい!!! 注意書きで 「ディズニー・デザインはJCBブランドでの発行となります。 カード払いできるだろう!と思って入ったお店が、 実は現金払い限定だった!なんて経験をしたことがある人も多いのでは? お店を利用するお客さまとしての立場で考えれば、 どこのお店もクレジットカード払いに対応させた方が絶対にお客さん増えるのに!と思いません? それはそうだと思うんですよ。 現金で支払うのか?• クレジットカード払いにするのか?• はたまた電子マネーで支払うのか? お客さんの選択肢を増やしてあげたほうが絶対に良いですよね。 ただですよ。 実は、このクレジットカード決済って お店も無料で導入できるわけではないんですよ。 というのも、 クレジットカード決済をできるシステムを導入するためには、 クレジットカード会社にお店が加盟店手数料というのを支払わなければならないのです。 この加盟店手数料というのは、 一般的に4%から7%と言われています。 つまり、 アナタがどこかのお店で買い物をして、 クレジットカード決済をしたとします。 その時に、 10000円分の買い物をしたとしても、 4〜7% ここでは5%とする の手数料がクレジットカード会社に取られてしまうんです。 金額にすると、 500円ですよね。 お店の経営者としては、 1%の違いも大きいわけですから、 10000円に対する500円って物凄い大きいんですよね。 で、 話の前フリが長くなってしまいましたが、 この【加盟店手数料】というのが JCBは高い!と一般的に言われているんです。 加盟店手数料が高いとどうなるかわかりますか? お店側の立場にたってみればわかりますが、 決済できるのは【VISA】と【MasterCard】だけにしておいて 【JCB】カードでの決済は出来ないようにしておこう。 となってしまうわけです。 アナタも経験があるかもしれませんが、 VISAカードとMasterCardは使えるけどJCBカードは使えません!というお店を見たことがないですか? それって、 高い加盟店手数料は払いたくないから、 あえてJCBを外しているということなのです。 こういった店舗って意外と多いんですよね。 これを利用ユーザーとして考えると、 JCBカードはあまりおすすめできないんです。 だって、 いざクレジットカード決済をしようと思ったら、 「すみません!うちのお店JCBカード利用できないんですよ〜」と言われてしまいますから。 ということで、 VISAかマスターカードか?となるわけですが、 ハッキリ行ってしまうとVISAとマスターカードはさほど違いがありません。 日本国内で利用できる店舗数もほぼ同じですし、 海外での利用においてもほとんど同じと言えます。 中国は別です ということで、 好み!ということになってしまうのですが、 あえてどちらが良いか?と言われれば、世界中でユーザーが多いVISAとを選ぶのが無難でしょう。 それか、 既に1枚クレジットカードを持っているのであれば、 それとは違う国際ブランドを選択されるのが良いかと思います。 イオンカードセレクトを申込むメリットとは? ということで、 国際ブランドはVISAでもMasterCardでもどちらでも良いのですが、 ミッキーマウス デザインのJCBは個人的にはあまりおすすめできません。 ということで、 イオンカードセレクトを申込む際は、 ミッキーマウス デザインではなくノーマルタイプを申込むのが無難です。 nanacoに対応しているセブンカードなどではミッキーマウス デザインがありませんから、 確かに可愛いですが、使い勝手という意味では普通の 一択ですね。 さて、 イオンカードセレクトを申込むメリットですが、 色々とあるのですが、重要ポイントだけピックアップしましょう。 まず、 最初にして最大のメリットは、 イオンカードセレクトを申し込んだメンバー限定で付与されるイオン銀行の特別優遇金利です。 イオン銀行の普通預金では、 普通にイオン銀行の口座開設をしてしまうと 年利で 0. 02%と極々普通のネット銀行レートになってしまうのですが、 イオンカードセレクト経由で自動的に開設されるイオン銀行の場合は、 なんと年利で最大0. 10%という超破格レートが適用されるのです。 今の超低金利時代の日本において、 普通預金に最大0. 10%という高金利はこのイオンカードセレクト経由のイオン銀行だけですよ。 これって、 UFJや三井住友などのメガバンクの定期預金よりも全然高金利ですから。 ハッキリ言って、 これだけでもイオンカードセレクトを今すぐ申込む理由になります。

次の

イオンカードの提携?をVISA→マスターカードへ変更すること...

イオンカード 国際ブランド変更

Contents• イオンカードをVISAからマスターに変更 VISAからマスターカードへの変更は電話一本 以前の記事でも書いてますが、 イオンカードの国際ブランドの変更は電話一本で行えます。 一度解約して作り直す必要もないですし、同じカードをブランド違いで2枚作る必要もありません。 イオンカードはその辺は融通が利きます。 但し、再びVISAに戻ることは出来ません。 各ブランドへの変更は一度だけ出来るので、VISAからマスターカード、更にマスターカードからJCBへと変更することが可能です。 しかし、VISAからマスターカードに変更した後にVISAに変更することは不可能ということです。 もちろん、カードの種類が変われば再びVISAを持つことは出来ます。 例えば、イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトは2枚持ちすることが出来ますからね。 イオンカードをVISAからマスターに変更したはずが! あり得ないミスに遭遇?! 私は確実にVISAからマスターカードへの変更手続きを行いました。 2日後くらいには、暮らしのマネーサイトの「電子マネーWAONポイント」のカード番号もきっちり新しい番号が増えていました。 10分ぐらい待ってようやく繋がりましたが、淡々と用件を聞いてくるだけでした。 忙しいのだとは思いますが、それを客に感じさせるのはダメですよね。 まあ、年会費無料のカードだし、しょうがないかと思っていましたが、唯一の用件を間違えるとは何事だって話しです。 ブランド変更してるのにVISAからVISAに変更しておかしいとは思わなかったのでしょうか( ̄ー ̄) 速攻で電話! またVISAブランドのイオンカードが送られてきて最後は笑ってしまいましたが、このまま放置しておくことも出来ません。 速攻でイオンカードのコールセンターに電話です。 コールセンターは9時から21時まで年中無休なので、その点は便利だと思います。 イオンカードのお問い合わせ先 コールセンターは0570から始まるナビダイヤル(有料)ですが、もう一つ普通の市外局番から始まる番号も予備で記載されています。 私はいつも市外局番から始まる番号に掛けています。 前回は繋がるまで10分くらいかかりましたが、今回は数秒ですぐに繋がりました。 そして、担当オペレーターさんは今回は女性で、話し方もかなり印象が良かったです。 スムーズにテキパキ用件をこなしつつ、客に対する接し方にも心がこもっているのが分かりました。 前回のオペレーターさんとはエライ違いです(笑) ・本人確認 ・新しいWAON番号の確認 名前や住所、電話番号、生年月日といった本人確認と、今回間違えて届いたイオンカードのWAON番号の確認をされました。 同じVISAなので、カード番号は全く変わっていませんでしたからね(笑) 1~2分ほどで前回の担当オペレーターのミスだったことが判明し、女性オペレーターから間違えたことに対しての謝罪がありました。 すぐにマスターカードブランドのカードを発送するとのことでした。 最後に「前回も説明があったと思いますが・・・」という前置きの後に、今回マスターカードにブランド変更するとVISAには戻れないという説明がありましたが、思い出してみれば、前回の男性オペレーターからこの説明は聞いておりません。 オペレーターにも当たり外れがありますね(笑) 今回のまとめ VISAからマスターカードへの変更 イオンカードの国際ブランドをVISAからマスターカードへ変更することは出来ますが、間違ってVISAからVISAになることもあります。 あとがき 今回ブランドを変更したイオンカードはWAON一体型ですが、私はイオンカードセレクトも持っているので、WAONはそちらを利用しています。 セレクトのWAONはオートチャージでポイントが貰える分お得になりますからね。 今回のイオンカードはWAONを全く利用していなかったので、WAON移行手続きなどの手間がかかりません。 もし、WAONを利用していたとしたら、WAON番号が2回変わっていますから、移行手続きも2回しなければいけなかったことになります。 そうならなかっただけラッキーということでしょうか(笑) ということで、イオンカードをVISAからマスターに変更のお話でした!.

次の