天草 ジオパーク。 日本ジオパーク委員会

ジオパークに関する研究助成金情報

天草 ジオパーク

概要 [ ] 活動 [ ] ジオパークの活動は以下の3つに要約される。 (conservation) - 大地の遺産を保全する。 (education) - 大地の遺産を教育に役立てる。 (geotourism) - 大地の遺産を楽しむジオツーリズムを推進し、地域のを持続的な形で活性化する。 認定 [ ] 地域が「ジオパーク」と名乗るには、ジオパークネットワークに加盟するための審査および認定を受ける必要がある。 また、4年に1回、現地審査を含む再認定審査があり、加盟認定が取り消される場合もある。 ()( GGN)の審査を受けて同ネットワークへの加盟を認定されているジオパークを、 世界ジオパークと称する。 これは(ユネスコ)の正式事業である。 なお、日本にある世界ジオパークは、すべて日本ジオパーク(後述)でもある。 日本ジオパークは、日本ジオパーク委員会( JGC)の推薦を受けると、世界ジオパークネットワーク( GGN)への加盟申請を行うことができる。 日本にある世界ジオパークは、世界・日本それぞれの再審査・再認定を4年に1回受ける。 国や地域のレベルで認定されたジオパークも存在する。 の場合、( JGN)に加盟している地域を 日本ジオパークと称する。 詳細は後述する。 沿革 [ ]• (12年) - の有志により(EGN)設立。 (平成16年)• 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の支援により、ヨーロッパとを中心に ()( GGN)設立。 のジオパークとそれを目指す地域により、(APGN)設立。 (平成19年)• - 「日本ジオパーク連絡協議会」発起人会が東京で開かれる。 - 日本ジオパーク連絡協議会を13地域で設立。 (平成20年)• - 日本における国内の審査団体として、が中心となって日本ジオパーク委員会( JGC)が発足。 - 7地域が日本ジオパークに決定。 同時に、 GGN加盟申請への3地域の推薦が決定。 (平成21年)• - 日本ジオパークネットワーク( JGN)設立。 日本ジオパーク連絡協議会は発展的解散。 - ()、()、()が GGNに加盟を認められ、日本初の「世界ジオパーク」となる。 (平成27年) - 世界ジオパークが国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の正式事業として認定される。 ジオパーク教育・学習 [ ] は、や地球のあり方を考え、行動するための教育 であり、ユネスコや・が重視する(Education for sustainable development: ESD)の考え方と一致する。 世界ジオパーク [ ] 日本 [ ] 日本にある世界ジオパークは、以下の通りである。 - 2009年8月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2009年8月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2009年8月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2010年10月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2011年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2013年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2009年10月加盟)• - 2014年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2009年加盟)• - 2015年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2018年4月加盟(日本ジオパークネットワークには2012年8月加盟) 日本以外 [ ] ()も参照。 ジオパーク• ジオパーク• ジオパーク• ジオパーク• ジオパーク• 日本ジオパーク [ ] 日本ジオパークは、日本ジオパーク委員会( JGC)により日本ジオパークネットワーク( JGN)への加盟を認定されたジオパークである。 2016年9月現在、43地域が加盟。 なお、日本の世界ジオパークはすべて日本ジオパークとしても認定されている。 2008年12月加盟(7地域)• 洞爺湖有珠山ジオパーク - 2009年8月に世界ジオパークネットワークに加盟• 糸魚川ジオパーク - 2009年8月に世界ジオパークネットワークに加盟• 島原半島ジオパーク - 2009年8月に世界ジオパークネットワークに加盟• アポイ岳ジオパーク - 2015年9月に世界ジオパークネットワークに加盟• 山陰海岸ジオパーク - 2010年10月に世界ジオパークネットワークに加盟• 室戸ジオパーク - 2011年9月に世界ジオパークネットワークに加盟• 2009年10月加盟(4地域)• 隠岐ジオパーク - 2013年9月に世界ジオパークネットワークに加盟• 阿蘇ジオパーク - 2014年9月に世界ジオパークネットワークに加盟• - 2014年10月にジオパークに合併• 2010年9月加盟(3地域)• 2011年9月加盟(6地域)• - 2017年12月22日に認定取消し• 2012年9月加盟(5地域)• - 2018年4月に世界ジオパークネットワークに加盟• 2013年9月加盟(7地域)• 2013年12月加盟(1地域)• (平成26年)加盟(3地域)• - 2014年10月にが合併• 2014年12月加盟(1地域)• 2015年8月加盟(3地域)• 2016年9月加盟(4地域)• 2017年12月加盟(1地域)• 2018年9月加盟 1地域• 日本ジオパーク功労者表彰 [ ] 日本ジオパークネットワークは、日本におけるジオパーク活動に対して大きな貢献をした個人または団体に対して表彰を行っている。 2013年 岩松 暉氏• 2014年 まちこん伊東• 2014年• 2015年 ジオガシ旅行団 糸魚川のジオパーク運動 [ ] 国際的なジオパークの活動とは別に、より糸魚川市ではジオパークという語を用いた活動が行われていた。 糸魚川市は、とというの形成に関わる重要な、など貴重なや多様な・が産出する地域であることから、に市がまとめた「フォッサマグナと地域開発構想」に基づいて、には人工的に糸魚川静岡構造線を露出させたを設置した。 さらに博物館の建設準備と市内の地質見学地のガイドマップや解説板の整備が進められる中、に新設されると調和のとれる名称として、それまでの地質見学地に代わってジオパークという名称が1991年に 博物館のによって造語され [ ]、使い始められた。 ジオパークという言葉を世界で最初に使い始めたのは糸魚川市である。 中央博物館としてのフォッサマグナミュージアムと、野外博物館としてのジオパークの保全や利用の促進と、それらを通じた地域の振興が進められてきたが、これはに始まる国際的なジオパーク活動とは独立に発想され進められてきたものであり、に特化した施設との総称として使われていた。 2008年に世界ジオパークネットワークに加盟し、独自のジオパークという名称の使用を止め、国際的なジオパークへと転換した。 参考文献 [ ]• 田辺裕「On the translation of Geopark(ジオパークの「地質公園」への誤訳)」『観光産業の現状と問題点:経済社会の変化と産業構造に与える影響』田邉裕編、日本産業リサーチセンター〈日本産業リサーチセンター受託研究報告書別冊〉、2009年、263-265頁。 Wolfgang Eder; Margarete Patzak 2004. PDF. Geological Society of India 27 3 : 162-164. (神戸新聞、2015年11月17日)• Global Geoparks Network. 2015年9月23日閲覧。 2014年9月23日. の2014年10月6日時点におけるアーカイブ。 時事ドットコム. 2014年9月23日. の2014年9月23日時点におけるアーカイブ。 2015年9月22日, at the. 2018年4月17日. 2018年4月17日閲覧。 日本経済新聞、2017年12月22日更新、2017年12月22日閲覧。 朝日新聞デジタル、2017年12月22日更新、2017年12月22日閲覧。 朝日新聞社 : p. 朝刊 富山全県版• 読売新聞. 2015年9月4日. の2015年9月7日時点におけるアーカイブ。 Report. 自治労. 第33回愛知自治研集会報告資料. 2017年1月15日閲覧。. 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ].

次の

天草ジオパーク「御所浦」にて化石採集体験♪

天草 ジオパーク

日本ジオパーク委員会 Japan Geopark Committee (JGC) 日本ジオパーク委員会は、日本における ジオパークの認定機関です。 日本ジオパーク委員会は日本ジオパークの認定と世界ジオパークに申請する国内のジオパークを認定、推薦する機関です。 ジオパークがユネスコの正式事業になったことをうけ、2016年1月25日に、日本におけるユネスコ世界ジオパーク事業の、登録審査業務に関して権限を持つ機関であるナショナル・コミッティとして、日本ユネスコ国内委員会より正式に認証されました。 2020年06月08日 更新 最新情報 2020年06月08日 2020年6月1日に第39回日本ジオパーク委員会が開かれました。 ユネスコ世界ジオパーク国内推薦申請地域(白山手取川ジオパーク)のプレゼンテーションの後、現地審査の可否について審議されました。 プレゼンテーションの内容についてはこちらをご覧ください。 2020年01月21日 昨年(2019年)に実施されたユネスコ世界ジオパーク再認定審査の結果が公開されましたので、お知らせいたします。 洞爺湖有珠山ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 室戸ユネスコ世界ジオパーク(再認定) アポイ岳ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 詳細は、をご覧ください。 2019年12月25日 第38回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審査の結果、恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク、白山手取川ジオパーク、佐渡ジオパーク、三陸ジオパーク、栗駒山麓ジオパークが再認定。 磐梯山ジオパーク、ジオパーク秩父、男鹿半島・大潟ジオパーク、三島村・鬼界カルデラジオパークが条件付再認定。 詳細はをご覧ください。 2019年12月16日 2019年10月03日 第37回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審査の結果、Mine秋吉台ジオパークのユネスコ世界ジオパーク国内推薦見送り。 Mine秋吉台ジオパークが日本ジオパーク再認定。 桜島・錦江湾ジオパーク(エリア拡大)の日本ジオパーク新規認定は保留。 五島列島の日本ジオパーク新規認定は見送りとなりました。 詳細はをご覧ください。 2019年09月24日 2019年06月12日 2019年5月25日に第4回日本ジオパーク委員会調査運営部会が開かれました。 ユネスコ世界ジオパーク国内推薦申請地域(Mine秋吉台)、日本ジオパーク新規認定申請地域(桜島・錦江湾、五島列島の2地域)のプレゼンテーションの後、現地審査の可否について審議されました。 プレゼンテーションの内容については こちらをご覧ください。 2019年02月26日 昨年(2018年)に実施されたユネスコ世界ジオパーク再認定審査の結果が判明しましたので、お知らせいたします。 山陰海岸ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 阿蘇ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 詳細は、をご覧ください。 2019年01月18日 第36回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審査の結果、八峰白神ジオパーク、霧島ジオパーク、南紀熊野ジオパーク、苗場山麓ジオパークが再認定。 立山黒部ジオパーク、天草ジオパークが条件付再認定。 詳細はをご覧ください。 2018年09月20日 第35回日本ジオパーク委員会が開催されました。 ユネスコ世界ジオパーク3地域の国内再認定審査の結果、「洞爺湖有珠山ユネスコ世界ジオパーク」および「室戸ユネスコ世界ジオパーク」が再認定、「アポイ岳ユネスコ世界ジオパーク」が条件付き再認定となりました。 さらに日本ジオパーク新規申請をしていた2地域のうち、「萩」が日本ジオパークとして認定され、「土佐清水」は認定見送りとなりました。 詳細はをご覧ください。 2018年05月19日 第34回日本ジオパーク委員会・第1回JGC調査運営部会合同会議が開催されました。 審議の結果、日本ジオパーク認定申請を行った「土佐清水」と「萩」の2地域の現地審査を行うことになりました。 プレゼンテーションの内容については こちらをご覧ください。 2018年04月17日 2018年02月13日 日本ジオパーク委員会調査運営部会員を公募致します。 詳細については下記の資料をご覧下さい。 2017年12月22日施行 2018年02月02日 昨年夏に実施されたユネスコ世界ジオパーク再認定審査の結果が判明しましたので、お知らせいたします。 洞爺湖有珠山ユネスコ世界ジオパーク(2年間の条件付き再認定) 糸魚川ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 島原半島ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 隠岐ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 2017年12月22日 第32回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審議の結果、新たに島根半島・宍道湖中海ジオパーク(申請時は「国引きジオパーク構想」)が新規認定。 下仁田ジオパーク、四国西予ジオパーク、おおいた姫島ジオパーク、おおいた豊後大野ジオパーク、三笠ジオパーク、とかち鹿追ジオパーク、桜島・錦江湾ジオパークが再認定。 佐渡ジオパーク、三陸ジオパークが条件付再認定。 茨城県北ジオパークが認定取り消しとなりました。 詳細はをご覧ください 2017年10月03日 今年度の再認定のための現地審査が始まりました。 12月22日に日本ジオパーク委員会を開催し、再認定の可否について決定し発表する予定です。 2017年09月27日 第31回日本ジオパーク委員会が開催されました。 「山陰海岸ユネスコ世界ジオパーク」および「阿蘇ユネスコ世界ジオパーク」の国内再認定審査の結果、両ジオパークとも条件付き再認定となりました。 さらに日本ジオパーク新規申請をしていた2地域のうち、「国引き」は認定保留、「十勝岳」は認定見送りとなりました。 詳細はをご覧ください。 2017年05月21日 第30回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審議の結果、ユネスコ世界ジオパーク推薦申請を行った立山黒部ジオパークについては、現地審査を見送り推薦しないことを決定しました。 また、日本ジオパーク認定申請を行った4地域の内、「国引き」と「十勝岳」の2地域は現地審査を行うこととしましたが、「土佐清水」と「那須烏山」の2地域は現地審査を見送り認定しないことを決定しました。 プレゼンテーションの内容については こちらをご覧ください。 2016年12月09日 第29回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審議の結果、洞爺湖有珠山、糸魚川、隠岐、南アルプス 中央構造線エリア 、白滝、伊豆大島、銚子、ゆざわが再認定され、島原半島、八峰白神が条件付再認定となりました。 2016年09月09日 第28回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審議の結果、領域拡大して新たに申請した箱根と、下北、筑波山地域、浅間山北麓、鳥海山・飛島の5地域が日本ジオパークとして認定され、月山と萩が見送りとなりました。 2016年05月21日 第27回日本ジオパーク委員会が開催されました。 霧島および桜島・錦江湾のユネスコ世界ジオパーク推薦申請審査と箱根、下北、筑波山地域、浅間山北麓、月山、鳥海山・飛島、萩の7地域による日本ジオパーク加盟申請審査のためのプレゼンテーションが行われ、その後、現地審査の要否について審議が行われました。 その結果、ユネスコ世界ジオパーク推薦申請地域を除く7地域に現地審査を行うことが決定しました。 プレゼンテーションの内容については こちらをご覧ください。 2016年04月26日 第26回日本ジオパーク委員会が開催されました。 新委員の紹介および正副委員長の互選を行い、引き続き尾池委員長と中田副委員長が選出されました。 2015年12月14日 2015年12月14日に第25回日本ジオパーク委員会が開かれました。 今回の委員会では、恐竜渓谷ふくい勝山、磐梯山、下仁田、茨城県北、秩父、男鹿半島・大潟の6つのジオパークについて再認定審査が行われました。 審査結果については、 こちら をご覧ください。 2015年09月04日 Mine秋吉台、三島村・鬼界カルデラ、栗駒山麓の3地域が新たに日本ジオパークに認定され、全部で日本ジオパークは39地域になりました。 2015年09月19日 アジア太平洋ジオパークネットワーク(APGN)山陰海岸シンポジウムにおいて、アポイ岳が世界ジオパークに認定されました。 これにより、日本ジオパークのうち8地域が世界ジオパーク(同年11月17日よりユネスコ世界ジオパーク)として認定されています。 2015年09月14日 2015年9月04日に第24回日本ジオパーク委員会が開かれました。 今回の委員会では、世界ジオパーク(GGN)加盟を目指す1地域については推薦の可否が、新規に日本ジオパーク認定を目指す3地域については認定の可否が審査されました。 審査結果については、 こちら をご覧ください。 2015年07月10日 2015年5月23日に第23回日本ジオパーク委員会が開かれました。 今回の委員会では、白山手取川の世界ジオパーク推薦申請審査、Mine秋吉台、栗駒山麓、三島村の3地域の日本ジオパーク加盟申請審査が行われました。 プレゼンテーションの内容については こちら をご覧ください。

次の

天草ジオパーク「御所浦」にて化石採集体験♪

天草 ジオパーク

Advertisement 関連する記事• 2019. 29 新聞記事などによると、10月27日天草市河浦町崎津教会周辺で「キリシタン伝来450年祭」がおこなわれ、16年ぶりに「聖体行列」が行われたそうです。 2019. 28 9月28日02時33分ころ、天草灘を震源とする地震がありました。 揺れを感じただけで被害はなかったようです。 津波の心配も有りませんでした。 2020. 17 熊本県内は、この冬一番の寒気の影響により初雪が降っている所があります。 天草も、時折雪が降ったとネットで書き込みが有り、初雪(なのかな?)と思われます。 […]• 2019. 26 本日やっと九州北部が梅雨入りしたと気象庁が発表しました。 なんとこれまでで最も遅い記録だそうです(平年より21日遅い)。 参考表:気象庁のホームページか[…]• 2020. 07 九州地方は朝から季節外れの暖かさとなっています。 天草でも上天草市松島町で最高気温20. 9[…].

次の