大野 くん ドラマ。 嵐の大野くん、相葉くんの演技力について質問です。

死神くん ドラマの感想(大野智)

大野 くん ドラマ

受賞歴 ドラマ『魔王』 日刊スポーツ 第12回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 夏ドラマ : 主演男優賞 日刊スポーツ 第12回2008年度日刊スポーツ・ドラマグランプリ : 主演男優賞 TVnavi ドラマ・オブ・ザ・イヤー2008(7月 — 9月期) : 主演男優賞 TVnavi 第5回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2008年間大賞 : 最優秀主演男優賞 TV LIFE 第18回年間ドラマ大賞2008 : 主演男優賞 ドラマ『歌のおにいさん』 ザテレビジョン 第60回ドラマアカデミー賞 : ドラマソング賞 (「曇りのち、快晴」矢野健太 starring Satoshi Ohno 名義) ドラマ『怪物くん』 日刊スポーツ 第14回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 春ドラマ : 主演男優賞 TVnavi ドラマ・オブ・ザ・イヤー2010(4月 — 6月期) : 主演男優賞 ザテレビジョン 第65回ドラマアカデミー賞 : 主演男優賞 TV LIFE 第20回年間ドラマ大賞2010 : 主演男優賞 GQ メン・オブ・ザ・イヤー 2011 ドラマ『鍵のかかった部屋』 日刊スポーツ 第16回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 春ドラマ : 主演男優賞 日刊スポーツ 第16回2012年度日刊スポーツ・ドラマグランプリ : 主演男優賞 ザテレビジョン 第73回ドラマアカデミー賞 : 主演男優賞 TVnavi ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012(4月 — 6月期) : 主演男優賞 TVnavi 第9回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012年間大賞 : 最優秀主演男優賞 TV LIFE 第22回年間ドラマ大賞2012 : 主演男優賞 ドラマ『死神くん』 日刊スポーツ 第18回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 春ドラマ : 主演男優賞 日刊スポーツ 第18回2014年度日刊スポーツ・ドラマグランプリ : 主演男優賞 TVnavi ドラマ・オブ・ザ・イヤー2014(4月 — 6月期) : 主演男優賞 TVnavi 第11回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2014年間大賞 : 最優秀主演男優賞 TV LIFE 第24回年間ドラマ大賞2014 : 主演男優賞 ドラマ『世界一難しい恋』 日刊スポーツ 第20回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 春ドラマ : 主演男優賞 ザテレビジョン 第89回ドラマアカデミー賞 : 主演男優賞 TV LIFE 第26回年間ドラマ大賞2016 : 主演男優賞 2016年度「第20回日刊スポーツ・ドラマグランプリ(GP)」 : 主演男優賞 全出演ドラマ一覧 世界一難しい恋(2016年4月13日 — 6月15日、日本テレビ) — 鮫島零治 役 死神くん(2014年4月18日 — 6月20日、テレビ朝日) — 死神くん 役 24時間テレビドラマスペシャル「今日の日はさようなら」(2013年8月24日、日本テレビ) — 富士岡耕太 役 パパドル! 第1話(2012年4月19日、TBS) — 大野智(ゲスト出演) 役 鍵のかかった部屋SP(2014年1月3日、フジテレビ) — 榎本径 役 鍵のかかった部屋(2012年4月16日 — 6月25日、フジテレビ) — 榎本径 役 もう誘拐なんてしない(2012年1月3日、フジテレビ) — 樽井翔太郎 役 世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・秋 〜人気作家競演編〜「はじめの一歩」(2010年10月4日、フジテレビ) — 篠崎肇 役 怪物くん完全新作スペシャル!! (2011年10月15日、日本テレビ) — 怪物太郎(怪物くん) 役 もう帰って来たよ!! 怪物くん全て新作SP(2010年6月26日、日本テレビ) — 怪物太郎(怪物くん) 役 怪物くん(2010年4月17日 — 6月12日、日本テレビ) — 怪物太郎(怪物くん) 役 特上カバチ!! 最終話(2010年3月21日、TBS) — 本多修平 役 新春スペシャルドラマ「最後の約束」(2010年1月9日、フジテレビ) — 益子悟 役 0号室の客「憧れの男」(2009年10月23日 — 11月13日、フジテレビ) — 松田弘行 役 歌のおにいさん(2009年1月16日 — 3月13日、テレビ朝日) — 矢野健太 役 魔王(2008年7月4日 — 9月12日、TBS) — 成瀬領 役 山田太郎ものがたり 最終話(2007年9月14日、TBS) — ビラ配りの兄さん(特別出演 嵐代表) 役 劇団演技者。 「勝手にノスタルジー」(2004年7月6日 — 8月3日、フジテレビ) — 沖ノ島淳二 役 四分の一の絆(2004年5月19日、TBS) — 鈴木直也 役 よい子の味方 〜新米保育士物語〜 第8話(2003年3月8日、日本テレビ) — クレームエージェント嵐(友情出演) 役 演技者。 結成していたバンドが解散、恋人関係だった明音にライブ会場で振られてしまう。 子ども番組のスタッフとして面接に行ったがスタジオを入り間違え「みんなでうたお!パビプペポン」【通称みなうた】の出演者として起用されてしまう。 最初は、自信なく歌っていたが徐々に変化していく。 子どもたちとの交流もあり歌のおにいさんとして自覚していきます。 大野智くんは、歌が上手いとして評判はありますが実際は声が小さいと言われてしまうそうです。 感想は、大野くんがかわいい、演技が上手いし何回見ても面白いとたくさんのエピソードがありました。 これを機にもう一度見てみようと思わせてくれました。 嵐としても波に乗り出し俳優業も順調に進んでいた時に放送開始されたのが魔王だった。 実はこの魔王という作品は韓国で放送されていたドラマでそれをリメイクして放送されていた。 実の弟を殺された大野智演じる成瀬領はその犯人に深い憎悪を抱いていた。 その犯人は検挙率ナンバー1である刑事 生田斗真演じる芹沢直人という人物だった。 弟を殺された深い憎悪を抱きながらも緻密に計算された復讐を始める___弟を殺された怒り、悲しみ、憎悪色々な感情が入り混じる難しい役を見事演じた大野智は俳優としても認められた。 劇団演技者。 「勝手にノスタルジー」(2004年7月6日 — 8月3日、フジテレビ) — 沖ノ島淳二 役• 演技者。 「ミツオ」(2002年11月12日 - 12月10日、フジテレビ) - 三男 役• 劇団演技者。 「勝手にノスタルジー」(2004年7月6日 - 8月3日、フジテレビ) - 沖ノ島淳二 役• 魔王(2008年7月4日 - 9月12日、TBS) - 成瀬領 役• 歌のおにいさん(2009年1月16日 - 3月13日、テレビ朝日) - 矢野健太 役• 0号室の客「憧れの男」(2009年10月23日 - 11月13日、フジテレビ) - 松田弘行 役• 怪物くん(2010年4月17日 - 6月12日、日本テレビ) - 怪物太郎(怪物くん) 役• 鍵のかかった部屋(2012年4月16日 - 6月25日、フジテレビ) - 榎本径 役• 死神くん(2014年4月18日 - 6月20日、テレビ朝日) - 死神くん 役• 世界一難しい恋(2016年4月13日 - 6月15日、日本テレビ) - 鮫島零治 役.

次の

個展も開く大野智くんの絵がすごい!絵、デッサン、彫刻など芸術作品まとめ

大野 くん ドラマ

魔王 ジャンル 脚本 演出 加藤新 坪井敏雄 出演者 オープニング 『』 製作 プロデューサー 高橋正尚 渡辺良介 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 — 放送時間 毎週金曜 22:00 — 22:54 放送枠 金曜ドラマ TBS 放送分 54分 回数 11 特記事項: 初回は15分拡大(22:00 - 23:09)。 『 魔王』(まおう)は、系列でから同年まで毎週の22:00-22:54(、)に放送されたの。 全11話。 主演はと。 にで放送された連続ドラマ『』を日本でリメイクした作品である。 大野智の連続ドラマ初レギュラー出演作及び初主演作。 は「 差出人不明のタロットカードが届く時 連続殺人の幕がひらく」 目次• ストーリー [ ] 成瀬弁護士事務所所長でである 成瀬領は、11年前に弟・英雄を殺害され、加害者の少年はによる無罪となったという過去を持ち、犯人に対して深い憎悪を抱いていた。 一方、渋谷東署の刑事課強行犯係刑事で検挙率ナンバー1である 芹沢直人は、世の中の悪を憎む、正義感の強い青年。 実は彼こそが、領の弟である英雄を刺殺した張本人であった。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 成瀬領/真中友雄/ 雨野真実(28) - (11年前:) 本作品の主人公。 ・成瀬弁護士事務所所長。 本名は真中友雄であり、真中友雄としては(55年)生。 に育ち、中卒からを経てに合格したという異例の経歴の持ち主。 プライベートが一切不明で謎に包まれている。 しかし本人は、写真を撮られることを嫌い、顔の露出は避けている。 弟を殺した直人や直人と繋がりのある人物たちに対して強い憎しみを持っており、 雨野真実と名乗って復讐計画を企てるが、11年前に弟のために証言してくれた、特別な存在であったしおりのことが再会以来次第に気になるようになり、復讐遂行との狭間で苦悩する。 その復讐の最終目的は、直人に自身を殺害させることで今度こそ彼に殺人犯としての裁きを受けさせることであった。 しかし、典良の死や山野の暴走など想定外の悲劇をも巻き起こした復讐の罪深さに苦しんでもいた。 取り乱した山野に刺され致命傷を負いながらも、目的を果たすために英雄の死んだ廃材置き場で直人と対峙する。 しかし復讐の最終目的を悟った直人には領を殺すことはできず、英雄と母を失った絶望と重い罪を抱えてただ死を待つことに耐えかね、直人が取り落とした拳銃で自殺を図ろうとするが、揉み合いの末に拳銃を暴発させ直人を撃ってしまう。 直人の最期の言葉を聞き彼を座らせた後、遺体の手に英雄の形見のハーモニカを握らせ、直人にも自分の罪と直人自身の罪を赦してほしいと告げて静かに息を引き取る。 芹沢直人(26) - (11年前:) 本作品のもうひとりの主人公。 階級は。 渋谷東署の刑事課強行犯係刑事で、検挙率ナンバー1。 金と権力のことしか頭にない父親に反発し、リゾート会社社長の跡取りとしての道を捨て、卒業後に過去の行為を清算するつもりでとなる。 そのせいで父・栄作とは険悪な仲だが、兄・典良とは仲が良い。 正義感が強いあまり、しばしば度を越した行動に走り、上司である中西からは幾度となく叱責されているが、本人はそれをあまり反省していない。 自分なりの正義を貫き通しており、犯人逮捕への執着は人一倍ある。 はあまり信じておらず、初めはしおりの能力を信じなかった。 父との軋轢からいじめや暴力などの非行に走っていた中学時代、領の弟である英雄を刺殺してしまうが、父が雇った弁護士によりになった経験がある。 のナイフを握っただけで思い出してしまうほど、過去の事件がとなっている。 直人本人は、英雄を刺してしまったのは倒れ込んだ際の事故であり、刺すふりをして威そうとナイフを握った手で英雄の腹部を殴っただけだったと訴えたが、目撃者である葛西たちは直人の手元が見えていなかったため直人が自らの意思で英雄を刺したと思っており、栄作も直人を無罪にすることを優先してその訴えを黙殺していた。 兄と父を立て続けに失ったことで自らが領の復讐を終わらせるしかないと思い詰め、署から無断で拳銃を持ち出し領を呼び出すが、領が望む復讐の結末と彼の絶望の深さに気付いたことで彼を撃つことができず、自殺を図ろうとした領との揉み合いの末、拳銃の暴発によって致命傷を負う。 領が山野との諍いによって既に致命傷を負っていることを知らないまま、最期は領に、自分の罪も領自身の罪も赦して生きてほしいと告げ息絶える。 直人の同級生 [ ] 葛西・宗田・石本・山野は、11年前の事件の際、芹沢栄作によって直人の行為はであったと証言させられている。 葛西均(26) - (11年前:) 芹沢リゾートの社長秘書。 直人の中学時代の親友で、4人の中で唯一大卒。 父親の縁で芹沢リゾートに入社した。 真面目な勤務態度で栄作や典良からは絶大な信頼を得ている。 典良からは「彼女くらい作れ」とからかわれているが、典良の妻・麻里とは関係にあった。 物語終盤で典良によって宗田殺害の罪を着せられ、麻里を庇うために自分が犯人と主張するが、典良が逮捕されたことによって釈放される。 その後は麻里との平和な生活を夢見ていたが、暴走した山野に刺殺される。 宗田充(26) - (11年前:本間春男) 直人の中学時代の親友で、職業不定の。 交際している女性から借金を断られて暴行事件を起こし、その弁護を領が担当することになる。 ことあるごとにトラブルを起こし、過去の事件をネタに栄作や典良から金をむしり続け、直人のことも裏では「人殺し」と思っており、信用していない。 また、自分の人生の破綻を、11年前の事件の偽証から来る良心の呵責に転嫁しており、自分に「人殺し」の肩棒を担がせたとして芹沢家を逆恨みし、芹沢家に面倒を見てもらうのは当然だと考えている。 実は典良の妻と葛西が不倫関係にあるのを知っている。 終盤では葛西の不倫関係などをネタに芹沢リゾートに脅迫をかけるが、大隅の配下によって暴行された挙句、助けに来たと思わせた典良に毒入りのタバコで始末された。 "雨野真実"から送りつけられたタロットカードは、「ジレンマ、仲間同士の争い」を暗示する「ワンドの5」のカード。 石本陽介(26) - (11年前:中村竜之慎) 直人の中学時代の親友で、。 威圧的な外見とは裏腹に、同級生に対しては優しい部分を見せる。 多恵への取立てを最後に取立て屋を辞め、夢であったを開こうとしていたが、娘をされたと勘違いした多恵にを噴射され、持病であったの発作を起こし、死亡する。 "雨野真実"から送られたタロットカードは、「今は夜で不安な状態なため、明るくなるまで待て」という意味を表す「月」のカード。 山野圭太(26) - (11年前:) 光泉出版で働く雑誌編集者。 直人の中学時代の同級生であり、直人たちからは酷いいじめを受けていた。 陰気で疑い深い性格。 英雄とは親友で、彼が直人に殺害される現場を目撃している。 直人たちは勿論、英雄を見殺しにしてしまった上に偽証までした自分のことも許せず、領の計画に加担している。 計画が進むにつれ、自ら罪を被ったということで復讐の対象から外れた葛西が生きているということ、さらには領が葛西を許したことに憤慨し、自らの手で葛西を殺そうとするのを止めるため説得を試みた領に致命傷を負わせ、その後は葛西を衝動的に殺害する。 最期は半狂乱の状態でそのまま刃物を振り回していたところを、危険人物として警察に射殺される。 真中英雄(享年15) - 友雄(領)の弟。 正義感が強く、優しい性格で、直人たちのいじめから山野をかばっていた。 山野が直人たちに復讐しようとナイフを持っているのを見つけ、思い留まるように説得してナイフを預かる。 その後、直人たちにをやめるよう訴えるが、「英雄が山野の仕返しに来た」と誤解した直人にナイフを奪われ、取り返そうと揉み合いになった末に直人に腹部を殴られてよろけ、直人にもたれ掛かるように倒れ込んだ拍子に、彼が持っていたナイフが腹部に刺さり、死亡する。 渋谷東署 [ ] 中西弘道(45) - 渋谷東署の刑事課係長。 階級は。 叩き上げの現場主義者で、部下からの信頼も厚く、暴走しがちな直人の一番の理解者。 高塚薫(26) - 渋谷東署の刑事課強行犯係刑事。 生真面目な性格。 階級は巡査で、直人の後輩にあたるが、大卒であるため直人とは同い年。 直人に好意を寄せているが、素直になれずな態度をとってしまうことが多い。 倉田隆(36) - 渋谷東署の刑事課強行犯係刑事。 石原管理官 - 本庁から渋谷東署に派遣されてきた管理官。 芹沢家 [ ] 芹沢栄作(62) - 直人の父で、芹沢リゾート会長・議員。 冷酷で傲慢な性格で、金の亡者。 心臓に重い病を抱えている。 息子たち、特にリゾート会社の跡取りとしての道を捨てて別の道を選んだ直人に対しては冷淡に接しているが、内心では息子たちを大事に思っており、11年前の事件の際に直人の告白を黙殺し正当防衛を主張したのも彼なりに直人の将来を想っての行動であった。 自身の遺言状の作成について領と相談した際、領が口に出した言葉から、彼の正体が11年前の事件で死亡した真中英雄の兄・友雄であることを知り、「自分の目的の為に他人を不幸にする」領の復讐は息子を守るために真中家を不幸に陥れた過去の自分と変わらないと批判しながらも、彼の弟と母を死なせてしまったことを謝罪した。 典良の死後、息子たちの社会的地位を優先し心を蔑ろにした己の罪を悔い、初めて直人に正直な父としての愛情を見せるが、程なく心労から持病の発作に倒れ、そのまま世を去る。 領の復讐の対象だが、彼の病死は領の想定外の出来事であった。 芹沢典良(32) - 直人の兄で、芹沢リゾート社長。 父親の敷いたレール通りに生き社長の地位についたが、いまだ後継者として認めてくれないとして父に不満を持っている。 父には「正直すぎる」と評価されるなど温和な人柄とは裏腹に、冷酷な一面を持つ激情家でもある。 直人とは仲が良く、栄作と直人の不仲を心配するなど気遣っているが、その反面、父親に対し言いたいことを言える直人のことを羨ましいと思っている。 葛西の麻里との不倫を知ってしまったことから彼への復讐を決意、宗田を始末させようとするも葛西が最後に躊躇ったことから自身の手で宗田を殺害、さらに現場に葛西の万年筆を残すことで殺人の罪を着せる。 宗田が死亡した日時のアリバイについても、大隅の根回しで「九州に出張していた」という偽のアリバイを立てていたが、麻里の証言と山野が撮影した事件当時現場にいた自身の写真からアリバイが崩れ、実弟である直人の手で逮捕される。 最期は罪の意識に耐えかね、留置所で宗田を殺した毒入りタバコを自ら吸い自決する。 芹沢麻里(30) - 典良の妻、直人の義姉。 典良との結婚は政略結婚だったが、典良の一目惚れという形で結婚。 ほどなく典良の秘書の葛西と不倫関係になるが、彼女自身は裕福で幸せな生活を捨てる気はなく、葛西との関係は遊びのつもりであった。 葛西が殺人容疑を晴らすことを諦めてまで自分を庇おうとしていることを知り、直人の説得もあって彼のアリバイを証言し、その後は葛西に芹沢家を出ることを告げた。 その他 [ ] 咲田しおり(22) - (11年前:)。 カフェ「ガランサス」でをしている。 素手で触れた物体から過去の残像を見ることができる、サイコメトリストとしての能力を持っている。 幼くして両親を亡くしたことから、少女時代をで過ごしていた。 優しく明るい性格で人懐っこい。 11年前の事件の第一発見者であり、このときにサイコメトリストとしての能力を開花させ、警察に事件のあらましを証言している。 仁科江里(23) - しおりの高校時代の先輩。 カフェ「ガランサス」を経営している。 陽気でおしゃべりだが、しおりが事件に深入りしていくことを心配している。 真中好美 - (第1話、第2話) 友雄(領)と英雄の母。 (30年)生。 英雄の葬儀の直後に心臓発作を起こして亡くなった。 熊田高広 - (第1話、第2話、第8話) 栄作の顧問弁護士。 弁護士になる以前は検事を務めていた。 かつて事件を起こした直人を弁護していた人物。 自身の事務所に押し入った林に刺殺される。 "雨野真実"から送られたタロットカードは、「過去の罪への償い」を意味する「審判」のカード。 熊田正義 - (第1話:) 熊田弁護士の息子。 林邦夫 - (第1話、第2話) かつての常習犯で、検事時代の熊田によって不当に長い懲役刑を課せられ、刑に服していた。 熊田を殺害したが、領の弁護により正当防衛となる。 新谷多恵 - (第2-5話) 芹沢リゾートで働いている女性。 空という名の一人娘がいる。 知り合いのになった結果、借金を抱え、石本の執拗な取り立てを受けていた。 勘違いにより、石本の死のきっかけを作ってしまうが、領の弁護により正当防衛となる。 成瀬領 - (第5話) 本物の成瀬領。 両親がおらず、当時から入院中の姉がいた。 10年前に資材置場で鉄骨の下敷きになり、顔面が完全に潰れた状態で死亡する。 出会いについては不明だが、友雄とは境遇が近かったことが影響してか気が合い、のような生活であったが、少しの間一緒に過ごしていた。 成瀬真紀子 - (第4-7話:) 領の姉。 で、幼い頃から入院生活を送っており、自分の死が近いことも悟っている。 人生を半ば諦めていたが、10年ものあいだ毎週かかさず見舞いに通いつめてくれる友雄の優しさにふれ、生きる希望になっていたとまで語り、領が死んで友雄が成り代わっていたことには当初から気がついていた。 池畑隆宏 - (第4-7話) 雑誌記者。 11年前の事件の折、直人を庇う記事を書いた。 その数年後に栄作を告発する記事を書くが、栄作の圧力で握り潰され、勤めていた会社もクビにされる。 それ以降、金のためならも厭わないようになった。 数々の証拠・証言から"雨野真実"=成瀬領=真中友雄であることを突き止め、本物の領が亡くなった事故現場で働いていた従業員の話を録音したボイスレコーダーとCD-Rをネタに脅迫する。 しかし、逆に領(友雄)から、「殺害予告」の赤い封筒と「避けられない変化」を暗示する「ソードのエース」のタロットカード、さらに11年前の事件で自ら書いた直人を庇う記事を送りつけられたことに激怒し、"雨野真実"の正体を直人に伝えようとするが、その前に大隅の手下によって転落死を装い殺害され、直人に渡そうとしていたボイスレコーダーも、息を引き取る直前に領に没収された。 口封じのために殺されたかのように思われたが、実際は直人を庇う記事を書いたことで最初から領の復讐の対象だった。 "雨野真実"の正体が領=友雄であることを知った後、領を真似て、彼に「悲劇・災難・転落」を意味する「塔」のカードを入れた赤い封筒を送りつけるが、皮肉にも池畑自身が、そのカードの意味通りの最期を迎えることとなった。 大型モニター画面の目 - (第4話:) 街中の建物にある大型モニターに映し出された赤い目。 山野が歩道橋を降りるシーンに登場する。 藤野昭仁 - (第5、8話) 領が事故死した資材置場で10年以上前から働いており、友雄と領について知っている唯一の人物。 大隅和真 - (第5-7話、第9話) 表向きは「オオスミ観光開発」などの事業を営むだが、裏では金で何でも引き受ける裏社会の顔役として警察にも知られている。 佐々木 - (第6話、第8話、第9話) 大隅の手下。 実行の際にはリーダー的な役回りを務め、大隅と直接連絡をとることができる。 池畑を追い詰め、宗田に最後の一撃を加えようとした。 堂島勇雄 - 成瀬弁護士事務所事務長。 江口玲子 - 輿夏実 成瀬弁護士事務所事務員。 エピソード [ ]• 主演の大野は役作りのために、実際にへしに行ったという。 第4話にて、本ドラマの宣伝課長であったがわずかに出演している。 ただし、視聴者からは判別不能の演出であった。 第1話で友情出演したは、次クール放送の『』に主演している。 主題歌も本作の「truth」と同様嵐が歌う「」。 主題歌・挿入歌 [ ]• 主題歌: 「」()• スタッフ [ ]• 脚本:、• 音楽:• タロットカード監修:• 協力プロデューサー:渡辺良介()• プロデューサー:高橋正尚• 演出:加藤新、坪井敏雄、• 制作:• 魔王に届く赤い封筒 片山剛 10. 加藤新 7. 坪井敏雄 12. 加藤新 14. ニュースの番付による満足度投票において1位を獲得。 「第12回日刊スポーツ・ドラマグランプリ(GP)」の夏ドラマ選考で、優秀作品賞、主演男優賞(大野智)、助演男優賞(田中圭)、助演女優賞(小林涼子)、全4部門を獲得。 「第12回2008年度日刊スポーツ・ドラマグランプリ (GP)」で主演男優賞(大野智) 、作品賞 を獲得。 のドラマ大賞(7月-9月期)で、優秀作品賞、主演男優賞(大野智)、助演男優賞(田中圭)、助演女優賞(小林涼子)など4冠を獲得。 第5回「ドラマ・オブ・ザ・イヤー2008」でも、大賞(最優秀作品賞)、最優秀主演男優賞(大野智)、2冠を獲得。 の第18回年間ドラマ大賞で作品賞、主演男優賞(大野智)、主題歌賞(truth)で3冠を獲得。 TV LIFE創刊30周年メモリアル読者が選んだ思い出NO. 1ドラマ1位 原作との主な相違点 [ ] 韓国ドラマ『魔王』のリメイクのドラマ化にあたって、韓国から日本に移ったということや、出演者の年齢等や文化、設定の違いなどから、原作との違いがある。 復讐の発端となった事件は、原作では12年前・直人(オス)が17歳の頃の事件という設定だが、本作では11年前・直人が15歳の頃の事件になっている。 領(スンハ)と英雄(テフン)の兄弟設定が逆になっており、本作では英雄(テフン)が兄から弟に変更されている。 事件の日、英雄(テフン)を刺してしまった直人(オス)が逃げ出す際に踏み潰してしまうのは、原作では英雄(テフン)たち兄弟の母親の好物であるだが、本作では領が弟の誕生日にプレゼントしたになっている。 英雄(テフン)たちの母の死因は、原作では事件のショックによって泥酔した末に友雄(テソン)の姿に気を取られトラックの前に飛び出してしまった交通事故であったが、本作では心臓発作になっている。 池畑(ジュンピョ)の死について、原作では交通事故死であったが、本作では転落死になっている。 典良(ヒス)は、原作では逮捕される描写のみで終わっているが、本作では逮捕された後、署内で自殺している。 領(スンハ)の死について、原作では石本(デシク)の弟(クォンの息子(日本版でいう熊田正義)という誤認が広がっているが、本家魔王公式サイト最終回についてのコメント欄にて管理者から回答が出ている為クォンの息子ではない)に刺されているが、本作では山野に刺されたことが致命傷となっている。 本作では山野が葛西を殺害するが、原作では山野(ヨンチョル)は警察の取り調べを受けているシーン、葛西(ソクジン)は殺人容疑が晴れたことを告げられるシーンで出番が終わっている。 原作での最後の対峙シーンで、直人(オス)は領(スンハ)を呼び出した時点で彼の真の目的を察しており、対面した直後に自分を殺させるつもりだろうと指摘しているが、本作では撃つのを躊躇する直人の姿を見た領が取り乱すまで、直人は領の真の目的に気付いていなかった。 原作では、領(スンハ)は直人(オス)からしおり(ヘイン)を経由して自身の手に渡ったホイッスルを手にして息絶えるが、本作では弟のハーモニカを直人の手に握らせて息を引き取る。 脚注 [ ].

次の

大野智のドラマ!人気ランキングTOP21【2020最新版】

大野 くん ドラマ

嵐が2020年12月31日をもって活動休止することを、本日2019年1月27日に有料ファンクラブサイトで発表しました。 2017年6月中旬ごろに、大野智さんはメンバーを集めて「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」という気持ちを伝えたとのこと。 幾度の話し合いの末、2018年6月ごろに活動休止を決定したといいます。 ツイッターでは活動休止を話している動画や4人のメンバーそれぞれの文章が拡散されている中、 本日の夜、緊急記者会見が行われました。 自由な生活を手にした大野くんは今後、 ペットのフトアゴヒゲトカゲと楽しいひとときを過ごすでしょう。 今回の記事では爬虫類メディアとして、大野くんとフトアゴヒゲトカゲ「 カーギー」を出会いから追っていきます。 苦手な方は閉じるか、戻るボタンを押してください。 鍵のかかった部屋の4話収録のロケ地で訪れたペットショップ で、 大野くんはフトアゴヒゲトカゲに一目惚れをします。 そして、チームに迎え入れることを決めスタッフと一緒になって飼育をはじめます。 これが、大野くんとフトアゴヒゲトカゲの出会いです。 画像はイメージです。 大野くん、フトアゴヒゲトカゲをカーギーと名付ける カーギーという名前は、「鍵のかかった部屋」というドラマの名前からつけたそうです。 撮影中、カーギーはスタッフルームにいて、休憩中は大野くんと戯れたりしていました。 スタッフさん含めてとっても愛されていたそうです。 ドラマ終了後のカーギー ドラマの終了後しばらくは、スタッフが預かっていたカーギー。 大野くんが引き取るというお話はすでにしていたそうです。 数カ月後、大野くんも落ち着き、無事に引き取りをしました。 自分で面倒を見る予定だった大野くんでしたが、 なんと 大野くんのお父さんも、フトアゴヒゲトカゲに一目惚れ。 お父さんはあーだこーだ理由をつけて、里親になります。 「(ドラマが終わって)とりあえず実家に持って帰って、『トカゲだよ』って。 そっから自分で面倒見る予定だったんですけどね…オヤジの方が気に入ってしまいまして」 大野の手元にいたのはわずかの間で、お父さんが自ら里親に名乗り出たという。 多忙な息子を思いやってか、完全に自分の趣味なのか、 「智は飼えないだろ? 毎日掃除して餌あげるの、結構大変だよ!」 と愚痴をこぼしつつも、お風呂に入れたり、部屋を掃除したりと、かいがいしく世話を焼いているという。 「で、結構話しかけてるんですよ。 『じゃあもう寝るな?な?』って、肩に乗っけて」 出典: お父さんは、フトアゴヒゲトカゲを「カーギー」ではなく「トカゲ」と呼んでいるそうです。 お母さんは、はじめフトアゴヒゲトカゲが苦手だったそうですが、 現在は、頭に載せることも抱きつくこともできるほど、惚れてしまったそうです。 家族全員、爬虫類が好きなんですね。 冬だから特殊なライトを当てないといけないんだけど。 ほんで当ててるとたぶん体の中があったかくなるんだろうね。 口開けんの、ずーっと。 ほんで熱を出してる で、俺それ初めて見て 『おい、何、カーギーがずっと口開けてるぞ』と思って。 『腹減ってんじゃないの?』つったら 母ちゃん「いや、あのね熱を出してるのよ。 このライトで、体の中に熱がたまるから、口を開ければ熱が出るから」 とか言って。 『熱を出してるの』とか言ってもうね、ベテランみたいに言われて。 詳しい 笑 『知らないの!? 』とか言われて 『知らないよ!』つって 笑 もうね、カーギーに首ったけですよ、母ちゃん。

次の