歌謡 曲。 歌謡曲(かようきょく)とは

今さら聞けない!「歌謡曲」と「演歌」の違い

歌謡 曲

「歌謡曲」は 日本の大衆音楽のことで、歌手が歌う歌詞のついた歌のことです。 「演歌」は 歌謡曲のジャンルの一つで、日本独自の要素を多く含む歌のことです。 「歌謡曲」をもっと詳しく 「歌謡曲」は、広い意味では 現代日本の代表的なポピュラー音楽、つまり大衆の音楽全般のことをいいます。 現在では「J-POP」と呼ばれている、歌手が歌う、歌詞のついた日本の大衆音楽全般のことを指します。 したがって、「演歌」や「ロック」も「歌謡曲」の中に入ります。 歌謡曲は、演歌としばしば混同され、日本の昔ながらの歌、というイメージで見られがちです。 しかし、本来「歌謡曲」の原点は、明治以降にアメリカやヨーロッパから入ってきた欧米の新しい音楽を日本で「 歌謡曲」と呼んだことにあります。 その後、昭和時代に入り、それまで「流行歌」として放送されていた大衆歌曲を、 NHKラジオが「はやるかわからないのに、はやり歌とするのは適当でない」として「歌謡曲」として放送するようになったのです。 これにより、「歌謡曲」は西欧の歌曲という意味だけでなく、 日本のポピュラー音楽全般で歌詞のあるものの総称として用いられるようになりました。 現在も、欧米のクラシックの歌曲や、欧米のポピュラー音楽のカバー曲、シャンソンなどを指す和名として幅広く使用します。 「演歌」をもっと詳しく 「演歌」とは、 歌謡曲のうち小唄や民謡など日本独自の伝統音楽の要素を多く含んだ歌のことをいいます。 日本人独特の感覚や情念を表現しており、義理、人情、男女の情愛、日本の地域性などをテーマにした歌詞が多く見られます。 また、「演歌」は「艶歌」や「怨歌」とも言われ、独特な「暗さ」や「感傷性」を持っています。 歌唱方法も特徴的で、「 ヨナ抜き音階」や小節のあるもの、コブシを使う歌唱法などがあります。 「ヨナ抜き音階」とは、「4」と「7」の音、つまり「ファ」と「シ」を抜いたものです。 その音階をメロディーにすることで、独特の演歌の雰囲気が出てくるのです。 演歌は、昭和時代の歌というイメージがあるかもしれませんが、その発祥は、明治時代にまでさかのぼります。 当時、盛んになっていた自由民権運動に対し、政府が取り締まりを行いました。 それにより、公然と演説をすることができなくなりました。 そのことにより、自由民権運動家は演説の代わりに歌を歌うことで政治を風刺するようになったのです。 この歌を「演説歌」といい、これが演歌の始まりとなりました。 その後、昭和時代に入りレコード歌謡の時代になると、「演説歌」は徐々になくなっていきますが、1960年代に「演歌」という形に生まれ変わり再び脚光を浴びます。 それまで「流行歌」としていたジャンルの中から新たに「演歌」というジャンルが生まれたのです。 これが、現在耳にする「演歌」の形です。 まとめ 以上、この記事では、「歌謡曲」と「演歌」の違いについて解説しました。

次の

歌謡曲(かようきょく)とは

歌謡 曲

「その気もないくせに」 今日のホッとゲストは、藤井香愛さんでした。 歌手デビュー前には、読者モデルや東京ヤクルトスワローズの公認パフォーマンス・アーティストとして活動していた経歴を持つ藤井香愛さん。 そんな藤井香愛さんが歌手デビューのきっかけとなったのが、徳間ジャパンとラジオ日本主催のオーディションでした。 そして、そのオーディションの司会をしていたのが夏木さんという事で、今日もオーディション当時の話に・・・。 夏木さんは、オーディションでは 質問が少なくて さみしい思いをする人がいないように、あえて当たり障りのない質問をし、参加した皆さんに平等に接したそうです。 その理由は、オーディションで選ばれた人も選ばれなかった人も普通に帰ってほしいという思いから。 しかし、そんな思いとは裏腹にこのオーディションで選ばれなかった藤井香愛さんは、その悔しさから中華街へ。 餃子とビールを飲んでやさぐれていたそうです。 今作は、作曲:幸耕平、作詩:千家和也の 両先生が手がけた勝負作です。 ラテンテイストの歌謡曲でカラオケファンにオススメしたい1曲になっています! 今日のゲストコーナーの模様は下のリンクからradikoでお聞きいただけます。

次の

新曲歌詞情報(演歌・歌謡曲) 2020/06/01~2020/06/30

歌謡 曲

他方、演歌サイドにとっての「歌謡曲」とは「ひたすら耳に快感を与える」音楽といった説明がなされることもある。 この用法は現在でも使用されることがあり、的な歌曲、欧米のポピュラー音楽の曲、を指すとしてなど、広いカテゴリーを持っている。 『』の8年7月7日の記事には「『歌謡曲』というから、やのリート )を放送するのかと早合点すると、そうではない。 渋谷の姐さんが歌う流行歌であり、AK(現在のNHK東京)の当事者に理由を聞くと、何故か放送ではなるべく流行歌なる語を使いたくないそうだ」(仮名遣い等を一部現代語化、小学館日本国語大辞典「歌謡曲」の項に掲載)と書かれており、当時、「歌謡曲」がクラシック音楽の歌曲を意味していたこと、そしてNHK側も「流行歌」という言葉を使用しなかった事情の一端が窺える。 これらの戦中時代の歴史については一部では現在の「歌謡曲」と繋がりがありながらタブー視される傾向が強い。 戦後、番組は『』として再開する。 しかし、戦後の歌謡曲の流行においてはNHKの歌の系譜が軽視される傾向があるが、その理由については「NHKが戦後、戦時中の音楽をタブー視し、『國民歌謠』から『國民合唱』の歴史を回顧しようとしないことが大きい」と述べている。 この頃には演歌の歌唱法と比較した場合に感情表現が少なめな音楽として歌謡曲という用語が用いられている。 にレーベルが『テクノ歌謡』をタイトルとするを発表。 に収録。 13-21, 鳴門教育大学" が論じている。

次の