イク チオ サウルス イルカ。 Ark攻略 恐竜紹介 水棲生物のメガロドン、イクチオ、エラスモサウルスをテイム

コレクタ イクチオヴェナトル 恐竜 フィギュア 88654 :88654:サファリフィギュア専門店 NAVYS

イク チオ サウルス イルカ

breviceps , 1881• conybeari Lydekker, 1888• 魚竜の中で最も著名な属であり、魚竜目(イクチオサウリア)の模式属となっている。 イクチオサウルス・アニンガエの復元図 イクチオサウルスのは硬く、水の振動をへ伝搬していたと考えられている。 とはいえ解剖学的特徴からイクチオサウルスが視力に重点を置いた捕食者であることが証明されており、巨大で敏感な目はに保護されていた。 とを主な食糧としていたことがから判明している。 当初イクチオサウルスは陸上で産卵したと信じられていたが、雌が幼体を産んでいたという化石証拠が存在する。 陸上に上がらないなど、完全なる海洋生活によく適応していることが伺える。 胎児は尾から産まれ、水中で溺れることを防いでいた。 分類 [ ] 以下のクラドグラムは Fischer らによる2013年の系統解析に基づく。 Lomax; Judy A. Massare 2016. Papers in Palaeontology Online edition. 2010. Paludicola 8 1 : 22—36. Maisch MW, Matzke AT. 2000. The Ichthyosauria. McGowan C, Motani R. 2003. Ichthyopterygia. — In: Sues, H. : Handbook of Paleoherpetology, Part 8, Verlag Dr. Friedrich Pfeil, 175 pp. , 101 figs. Maisch MW, Reisdorf AG, Schlatter R, Wetzel A. 2008. A large skull of Ichthyosaurus Reptilia: Ichthyosauria from the Lower Sinemurian Lower Jurassic of Frick NW Switzerland. Swiss Journal of Geosciences 101: 617-627. Pierce, P. 2006. Jurassic Mary: Mary Anning and the Primeval Monsters. Sutton Publishing• 2015年2月22日閲覧。 2015年2月22日時点のよりアーカイブ。 2015年2月22日閲覧。 Lomax, Dean R. ; Massare, Judy A. 2015. Journal of Vertebrate Paleontology: e903260. Lomax, D. ; Sachs, S. 2017. Acta Palaeontologica Polonica. 1990. Martill D. 1993. Soupy Substrates: A Medium for the Exceptional Preservation of Ichthyosaurs of the Posidonia Shale Lower Jurassic of Germany. Palmer, D. , ed 1999. The Marshall Illustrated Encyclopedia of Dinosaurs and Prehistoric Animals. London: Marshall Editions. Fischer, V. ; Arkhangelsky, M. ; Uspensky, G. ; Stenshin, I. ; Godefroit, P. 2013. Geological Magazine 151: 1. この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、/、)。

次の

イクチオサウルス

イク チオ サウルス イルカ

breviceps , 1881• conybeari Lydekker, 1888• 魚竜の中で最も著名な属であり、魚竜目(イクチオサウリア)の模式属となっている。 イクチオサウルス・アニンガエの復元図 イクチオサウルスのは硬く、水の振動をへ伝搬していたと考えられている。 とはいえ解剖学的特徴からイクチオサウルスが視力に重点を置いた捕食者であることが証明されており、巨大で敏感な目はに保護されていた。 とを主な食糧としていたことがから判明している。 当初イクチオサウルスは陸上で産卵したと信じられていたが、雌が幼体を産んでいたという化石証拠が存在する。 陸上に上がらないなど、完全なる海洋生活によく適応していることが伺える。 胎児は尾から産まれ、水中で溺れることを防いでいた。 分類 [ ] 以下のクラドグラムは Fischer らによる2013年の系統解析に基づく。 Lomax; Judy A. Massare 2016. Papers in Palaeontology Online edition. 2010. Paludicola 8 1 : 22—36. Maisch MW, Matzke AT. 2000. The Ichthyosauria. McGowan C, Motani R. 2003. Ichthyopterygia. — In: Sues, H. : Handbook of Paleoherpetology, Part 8, Verlag Dr. Friedrich Pfeil, 175 pp. , 101 figs. Maisch MW, Reisdorf AG, Schlatter R, Wetzel A. 2008. A large skull of Ichthyosaurus Reptilia: Ichthyosauria from the Lower Sinemurian Lower Jurassic of Frick NW Switzerland. Swiss Journal of Geosciences 101: 617-627. Pierce, P. 2006. Jurassic Mary: Mary Anning and the Primeval Monsters. Sutton Publishing• 2015年2月22日閲覧。 2015年2月22日時点のよりアーカイブ。 2015年2月22日閲覧。 Lomax, Dean R. ; Massare, Judy A. 2015. Journal of Vertebrate Paleontology: e903260. Lomax, D. ; Sachs, S. 2017. Acta Palaeontologica Polonica. 1990. Martill D. 1993. Soupy Substrates: A Medium for the Exceptional Preservation of Ichthyosaurs of the Posidonia Shale Lower Jurassic of Germany. Palmer, D. , ed 1999. The Marshall Illustrated Encyclopedia of Dinosaurs and Prehistoric Animals. London: Marshall Editions. Fischer, V. ; Arkhangelsky, M. ; Uspensky, G. ; Stenshin, I. ; Godefroit, P. 2013. Geological Magazine 151: 1. この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、/、)。

次の

コレクタ イクチオヴェナトル 恐竜 フィギュア 88654 :88654:サファリフィギュア専門店 NAVYS

イク チオ サウルス イルカ

おっしゃるとおり典型的な収斂進化です。 尾の向きですが、もともと爬虫類は陸上で身体を左右にくねらせて移動します。 その移動方法を海中に持ち込んだので、魚竜類は魚のように尾が垂直になったのでしょう。 イルかは今のラッコやカワウソのように、背骨を立てにしならせて水中を移動していたのでしょう。 陸上のチーターやネコの走りと一緒です。 それで尾が水平になったのでしょう。 同じ哺乳類でもアザラシの仲間は、ヒレ足を左右に振って魚の様に泳ぎますから、もし将来アザラシがイルカ並みに洋上生活に進化したら全く別の泳ぎ方になるでしょう。 もっともアザラシは尾がほとんどなくて泳ぎの役に立たないので、サメやイクチオサウルスノのようにはならないでしょうね。 知能については知識がありませんが、頭骨を見る限り目は大きいですが脳が大きいとは思えません。 知能が高かったという根拠はないように思います。

次の