豊胸手術 おすすめ医院。 男性の豊胸手術の事情や詳細と口コミ5つまとめ

豊胸手術の比較解説|バスト医療の美容外科ナグモクリニック

豊胸手術 おすすめ医院

脂肪(幹細胞)注入のメリット 脂肪(幹細胞)注入のデメリット• 触り心地が、本物の乳房と非常に近い。 自然にバストアップすることができる。 胸に生着した脂肪(幹細胞)は、半永久的になくなることがない。 体の余分な脂肪を吸引・活用するので、痩身も同時に行える。 痩せすぎていると、脂肪の吸引ができず手術が難しい。 脂肪(幹細胞)の生着率(注入して残る率)が不安定で、しこりができる可能性もあり、医師の技術力に依るところが大きい。 k-biyou. 生着率が高く、平均で2. 5カップバストアップ• 脂肪(幹細胞)の注入量が無制限• 無料のアフターケアでしこりの心配なし kunoクリニックは、日本で唯一、注入した脂肪が手術後に成長する「高度再生豊胸術」を行っています。 吸引した脂肪をキレイに精製して、成長成分を加えたうえでバストに注入するので、体の中で細胞が増え、 術後の細胞の状態をコントロールできるんだとか。 そのおかげで、 最終的な脂肪(幹細胞)の生着率は、従来の脂肪だけを注入する豊胸手術よりも高く平均は2. 5カップのバストアップです。 kunoクリニックの豊胸手術で一生もののバストが手に入ります。 料金内訳• 脂肪注入(片側 標準注入料金):216,000円• 幹細胞注入:216,000• 濃縮幹細胞:432,000• 濃縮幹細胞+自己コラーゲン+繊維芽細胞注入:648,000円• PRP 4種類の成長因子 +フィブロネクチン 細胞足場 注入:108,000円• 濃縮PRP 多種多量の成長因子 +フィブロネクチン 細胞足場 注入:324,000円• プレミアムフル注入:216,000円 施術の相場 1,000,000円~1,400,000円 kunoクリニックの脂肪(幹細胞)注入の流れ• カウンセリングで専門医に相談しながら、なりたいのバストの形や大きさを決めます。 同時に、どこから脂肪を吸引するかどうかも決定。 豊胸のついでに痩せられるのが、脂肪(幹細胞)注入の大きなメリットですので、気になる部位を伝えておきましょう!• 手術当日は健康状態などを確認したうえで、脂肪を吸引し、注入のために分離・精製します。 精製した脂肪(幹細胞)はその場で胸に注射器で注入。 脂肪を吸引した傷が目立たないように縫合し、手術終了です。 術後はしっかり休んでから、処方された薬をもらって帰宅します。 処方時間はだいたい3時間程度です。 痛みが強い場合があるので、術後に予定を入れるのは控えましょう。 胸の痛みは2~3日、脂肪を吸引した部位は1~2週間で腫れや内出血がおさまります。 kunoクリニック・銀座院のアクセス情報 所在地 銀座院:東京都中央区銀座5-9-12ダイヤモンドビル2F 営業時間 9:00~21:00 電話番号 0120-874-432 アクセス 銀座線・日比谷線・丸ノ内線 「銀座駅」徒歩2分 日比谷線「東銀座駅」徒歩2分 都営浅草線「東銀座駅」徒歩2分 脂肪(幹細胞)注入を受けた人の口コミ 豊胸と脚痩せで理想体型になれました 太ももから脂肪吸引して、胸に注入してもらいました。 注入は片方に250ccずつ。 手術にかかった時間は6時間くらいでした。 元は下半身が太くて上半身が細い洋ナシ体型だったので、 胸が大きくなったことでバランスがよくなったと思います。 1ヶ月ほど過ぎたときに1度だけ胸が小さくなったときがありましたが、手術を受ける前より大きいままなので問題には感じていません。 それからはほとんど変わりがないので、定着してきたのではないかなと思っています。 太ももが痩せたので、細身のパンツが履きこなせるようになったし、胸も大きくなったので満足です。 違和感は半月でなくなります! 授乳、年齢、急激なダイエットが理由でバストがかなりサイズダウンしてしまったので、定着率が高いと評判のクリニックで脂肪(幹細胞)注入の豊胸手術を受けました。 脂肪吸引のときは若干痛みを感じましたが、注入するときの痛みはほとんどなし。 脂肪(幹細胞)を入れたあとはパンパンに固くなっていましたが、半月ほどでほとんど違和感がなくなりました。 あとはしっかり定着してくれることを祈るばかりです。 バッグ除去と同時に脂肪(幹細胞)注入 4年前に豊胸していたシリコンバッグが片方だけ硬縮してしまったので、思い切って除去を決意。 ただ除去するだけでは胸がたるんでしまうので、同時に脂肪(幹細胞)注入も行いました。 筋肉質な体形で脂肪が取れるか心配でしたが、意外とたくさん取れて十分注入できてます。 シリコンバッグの違和感と不安がなくなって気持ち的にも軽くなりました。 期間限定のお試し バストアップなら『プチ豊胸』 胸にヒアルロン酸や特殊なジェルを注入して 手軽にバストアップする手術法です。 バストアップしたい胸の位置に注射をし、バランスを整えていきます。 1度に注入するのは片胸200ccほどで大幅なボリュームアップは望めません。 プチ豊胸のメリット プチ豊胸のデメリット• カウンセリングした当日に手術ができる。 手術直後も傷跡がほとんどない。 細かい部分の調整が可能。 一定の期間で元のサイズに戻る。 shinagawa. プチ豊胸の種類が豊富• 国産のヒアルロン酸を使用• 料金が他クリニックより安い 品川美容外科はプチ豊胸だけで、3つ( アクアリフト、アクアフィリング、プリンセスバストプレミアム)のコースを用意しています。 さらに、プリンセスバストプレミアムは安全性の高い国産のヒアルロン酸を使用。 プチ豊胸の場合、だいたい2年くらいかけてだんだんと元のサイズに戻ってしまうので、定期的に注入するなら 1cc1,850円~という安さも魅力的です。 所在地 品川本院:東京都港区港南2-6-3 シントミビル5F 営業時間 10:00~20:00 電話番号 0120-189-900 アクセス 品川本院:JR「品川駅」徒歩約1分 京急「品川駅」徒歩約5分 新宿院:JR「新宿駅」徒歩2分 京王線「新宿駅」徒歩1分 都営大江戸線「新宿駅」徒歩1分 プチ豊胸の口コミ 痛みが気になる人でも受けやすい ヒアルロン酸を使ったプチ豊胸がどんなものか試してみたかったので、評判のよかったクリニックで受けてみました。 かかった時間は1時間くらい。 手術を受けた当日は軽い痛みがありましたが、翌日には気にならない程度に落ち着き、腫れもだんだん引いてきました。 また同じクリニックで受けます! 自分の脂肪の量では脂肪注入が向いていないといわれてしまったので、ヒアルロン酸を使った豊胸手術をすることに。 手術を受けてからしばらくは、動くたびに違和感がありましたが、そんなに不便ではありませんでした。 生活できる程度です。 最近また小さくなってしまったので、同じクリニックで手術をお願いしようと思っています。 手軽さでプチ豊胸を選びました シリコンバッグと悩みましたが、仕事があるので、長くは休めないしダウンタイムが気になってしまったので、ヒアルロン酸注入に決めました。 注入する量や希望の形についてカウンセリングで決め手から手術を受けたので、不安はありませんでした。 麻酔で寝ている間に終わってしまうので、あっという間です。 術後は痛み止めの点滴をして帰りました。 腫れが落ち着いて少しサイズが落ちましたが、 見た目がキレイになって満足しています。 大きさ重視! 3カップまで 豊胸できる『シリコンバッグ』 シリコンバッグを乳腺の内側に挿入してバストアップします。 クリニックによっては人口乳腺という名称を使用していますが、同じ手術方法です。 シリコンは脇か、胸の下から挿入していきます。 シリコンバッグのメリット シリコンバッグのデメリット• 一度に3カップ以上のサイズアップが可能。 術後、サイズダウンの心配がない。 どんなに痩せていても豊胸できる。 感触が本物のバストと違う。 シリコンが破裂・変色する場合がある。 年齢を重ねると、不自然な形や固さになる。 nagumo. 種類が豊富で、自分に合ったものを選べる• 破裂する可能性が低い高粘度のシリコンを使用• 乳がん検診も含むアフターフォローが整っている ナグモクリニックは、シリコンバッグを数多く揃えていて、触感はなめらか、ざらざら、形は丸型・しずく型から選ぶことができます。 使用するシリコンは「コヒーシブシリコンジェル」という、 破裂しにくい高粘度のジェル。 サイズは100~800ccまで選択できます。 さらに、 術後は乳がん検診受けられるアフターサービスが整っています。 料金内訳• アンダー法(乳房下溝切開):838,000円• 腋窩法(腋窩切開):742,000円• 腋窩法+内視鏡:942,000円 施術の相場 1,200,000円~1,500,000円 ナグモクリニックの シリコンバッグ手術の流れ• 看護師、医師による診察を行い、胸の形や患者の希望する形などを相談します。 このとき、実際に挿入するバッグを触って確かめることも可能です。 血液検査で健康状態のチェックも行います。 診察とは別の日に、手術を行います。 麻酔は全身麻酔。 手術自体は1時間弱で終了します。 術後は2時間ほど、病院内で安静にしたあと帰宅できます。 入院の必要はなく、術後1週間から半年後まで経過観察を行います。 ナグモクリニックのアクセス情報 所在地 東京都千代田区三番町3-10 乳房再建センタービル 営業時間 9:30〜18:00 電話番号 03-6261-3251 アクセス 地下鉄半蔵門線半蔵門駅より 徒歩4分 シリコンバッグの口コミ 術後1週間で普段通りの生活に もともと小さかったバストが授乳を終えてさらに小さくたるんでしまったので、シリコンバッグの豊胸手術を受けました。 麻酔を使ったので手術の痛みはほとんどなし。 術後はだるさがありましたが、翌日には動けるまで回復しました。 抜糸も済ませた今は違和感があるものの、普段の生活も仕事もいつも通りこなせています。 形と大きさに満足です 胸が小さく、夏でも水着が着れないのが悩みでしたが、「今度こそ夏を楽しみたい!」と決意し、豊胸手術を受けることに。 クリニックではプチ豊胸を勧められましたが、 定着しないのが嫌でシリコンバッグを選びました。 手術の痛みは思ったよりなかったので良かったです。 今は形が整っているし、大きさにも満足しています。 痛みがありましたが抜糸したら落ち着きました 豊胸手術でアンダーバストにシリコンバッグを入れました。 術後に胸を圧迫固定されましたが、思ったより苦しくなかったかも。 固定が取れてからのほうが痛かったです。 抜糸してからは落ち着いて、ハリもなくなってきました。 シリコンバッグは難くなるといわれているので、ちょっと不安ですが、今の形を維持できるようにしっかりストレッチしようと思います。 豊胸手術の ダウンタイムはどれくらい? 豊胸手術のダウンタイムは、受ける手術法によって異なります。 ダウンタイムが長いシリコンバッグで2週間、プチ豊胸では2~5日ほど考えておけばいいでしょう。 痛みは人によって違うので、ダウンタイムも人それぞれ。 どうしたら痛みを少なくできるのかも解説していきます。 ちなみに、脂肪(幹細胞)注入の場合は、胸のダウンタイムは3日ほど。 脂肪吸引した部位のダウンタイムは1週間程度でしょう。 豊胸手術の進化の歴史最新の豊胸方法とは? 豊胸手術というとシリコンバッグのイメージが強く、バッグの破裂事故などを想像する人も多いのではないでしょうか?しかし、今では次々に安全な手術法が開発されています。 安心して手術法を選べるように、豊胸手術の技術の進歩を紹介します! 豊胸手術のはじまりは 1950年代から なんと、豊胸手術は1950年代に登場した50年以上の歴史のある手術なのです。 もともと、シリコンジェルやパラフィンを直接挿入する手術法が主流でしたが、安全性を重視したバッグ型の挿入も登場しました。 1980年には脂肪注入が誕生 脂肪注入は体から吸引した脂肪をバストアップに利用するという、当時では斬新で画期的な手術でしたが、生着率の低さ、しこりのできやすさが課題となっていました。 それを解決するために、さまざまな脂肪注入が開発されています。 ヒアルロン酸による プチ豊胸が登場 「プチ整形」の登場により身近になった整形は、豊胸にも進出。 ヒアルロン酸以外にアクアフィリング、アクアリフト注入をバストに注入するクリニックがあります。 一番手軽で、身近な手術法です。 破裂しないシリコンバッグが 開発される! 現在、「破裂しない」「硬くならない」といわれるシリコンバッグが次々に登場しています。 しかし、挿入したシリコンが固くなるのは、手術後、何年もたったあと。 少し不安が残りますね。 自然な乳房を再現できる、脂肪(幹細胞)注入法が誕生 脂肪注入は生着率アップ、しこりができない方法が開発され続けています。 最新の脂肪(幹細胞)注入では、注入した脂肪が成長するという驚きの手術法も出現。 不純物を取り除いた脂肪細胞にダメージ保護成分、成長因子を加えたものを注入することで、手術後もバストが成長します。 この方法により、もともと30%といわれていた 生着率がどんどん高くなっています。 最新の豊胸を扱える クリニックはまだまだ少ない 脂肪(幹細胞)注入の手術法は日本のさまざまなクリニックに浸透しはじめていますが、 東京で手術後も成長を続ける豊胸手術が受けられるのはkunoクリニックだけでした。 生着率が高くしこりのできにくい豊胸手術を実現してくれます。 kunoクリニックで行ってる「高度再生豊胸術」は、体の中で脂肪幹細胞を成長させる手術方法。 院長である九野先生は、日本美容外科学会や、日中韓合同美容外科学会といった最新の美容医療を扱う学会で論文を発表している実績のある医師です。 脂肪(幹細胞)注入の豊胸術においても、注入する脂肪(幹細胞)をできるだけ胸に残すために研究を進めており、医療学術・学会で発表を行っています。 kunoクリニック・九野広夫総院長 論文の掲載先: 発表学会: 豊胸手術の料金は いくらくらい?【東京編】 正直、一番気になるのが、豊胸手術にかかる料金ですよね。 脂肪(幹細胞)注入・プチ豊胸・シリコンバッグの3種類の料金を比較してみました。 手術法によっては、高額になることもありますが、医療ローンを使うという選択肢も。 医療ローンの使い方も解説します。 豊胸手術を行っている 東京のクリニック一覧 池田ゆう子クリニック・渋谷院 経験豊かな院長が全手術を担当 これまでに院長が行った手術は1万件以上、さらにここ10年間での「脂肪注入法豊胸手術」件数は5,000件超です。 こちらのクリニックでは、全ての手術を院長が担当します。 豊かな経験による安定した技術で、質の高い豊胸手術を受けることができます。 安心して任せられますね。 手術への不安感を和らげてくれるシステム 無料カウンセリングでは、患者さんの理想をしっかりとヒアリングしてくれます。 細かなニュアンスや希望のラインなど、遠慮せずに相談してみましょう。 「最初からクリニックで直接カウンセリングを受けるのはちょっと不安…」という人には嬉しい「メールカウンセリング」も設けられています。 また、白を基調とした清潔感のある院内は、リラックスしやすい雰囲気となっています。 東急各線・東京メトロ渋谷駅13番出口から、徒歩1分弱という近さです。 通院しやすい場所にクリニックがあることで、便利さだけでなく心にもゆとりが生まれそうです。 さらに、お財布にやさしい支払い方法が選択可能。 クレジットカードやローンも受け付けています。 所在地 東京都渋谷区神南1-11-1 市野ビル8F 湘南美容外科・東京16院 充実のカウンセリング 直接お医者さんと会う前に、メールや電話で悩みを相談したり、豊胸手術について質問することができます。 公式ホームページには、「今まで実際にあった質問と回答」などが紹介されているので、そちらもチェックしてみてください。 自分と同じような悩みを抱えている人が、どのような相談をしているか知るだけでも、参考になるはずです。 実際にお医者さんと対面して行うカウンセリングでは、できるだけ「具体体的な要望をハッキリと」伝えましょう。 患者さんのの体質や体型、生活環境など、多くを考慮しながらピッタリの手術方法を紹介してくれます。 また、お医者さんにしづらかった相談を、女性カウンセラーにすることもできます。 完璧に納得してから手術を受けることができそうです。 安心の保証制度 豊胸手術を受けたあとのサポート体制も、きちんとしています。 「バックが拘縮してしまった」「傷口が目立つ」など、術後の状態に問題がある場合、無料で手術などを受けられる可能性があります。 保証制度として行われるこの手術が可能であるかどうかの基準は、豊胸手術の方法などにより異なります。 お医者さんに相談してみてください。 アフターケアがきちんとしている病院は、術後も安心です。 リーズナブルな値段設定 最高品質を誇る医療を、低い価格で提供しているこちらの病院。 お客さんに喜んでもらうことを大切に考えているのがわかりますね。 値段表示なども、「アフターケア代」「薬代」が含まれているのが良心的です。 また、支払い方法もさまざまある中から選べるので便利です。 所在地 新宿本院:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F 銀座院:東京都中央区銀座1-3-9 マルイト銀座ビル2F 渋谷院:東京都渋谷区宇田川町20-11 渋谷三葉ビル5F 表参道院:東京都港区南青山5-6-26 青山246ビル8F 池袋西口院:東京都豊島区池袋2-6-1 KDX池袋ビル3F 秋葉原院:東京都台東区秋葉原1-1 秋葉原ビジネスセンター6F 湘南メディカル記念病院(両国):東京都墨田区両国2-21-1 立川院:東京都立川市曙町2-13-1 TK 立川 ビル9F 新宿南口院:東京都新宿区新宿4-2-23 新四curumuビル6F 新橋銀座口院:東京都港区新橋1-12-9 A-PLACE新橋駅前9F 渋谷アネックス院:東京都渋谷区渋谷3-18-8大野ビル6F 池袋東口院:東京都豊島区南池袋1-19-6 オリックス池袋ビル 2F 品川院:東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル3F 上野院:東京都台東区上野2-7-13 JTB損保ジャパン日本興亜上野共同ビル3F 東京蒲田院:東京都大田区蒲田5丁目17-2 ヒューリック蒲田ビル8F 町田院:東京都町田市原町田6-3-20 TK町田ビル5F 高須クリニック・東京院 美容外科業界ではめずらしい40年以上の歴史 美容外科業界のように、40年以上の歴史を誇るところはそれほど多くありません。 長い歴史がある分、豊胸手術をはじめとした多数の施術の実績が多く、それとともに培ってきたノウハウの期待ができます。 施術では常に安全を最優先にして臨んでいるそうです。 また、カウンセリングを通して、患者さんに「このお医者さんになら任せることができる」という気持になってもらうことも大切に考えています。 美容医療では理想通りの結果に近づけるためにも、患者さんの希望や思いを受け止めてくれる相性の良い医師に担当してもらうのが重要です。 そのため、カウンセリングに力を入れているのは嬉しいポイントだと言えます。 また、「タイムズ国際新赤坂ビル東館駐車場」や「赤坂パーキングセンター」など、24時間営業の有料駐車場も近くにあるため、車での通院も可能です。 選択肢の多いシリコンバッグプロテーゼ 豊胸手術に用いる「シリコンバッグプロテーゼ」を、100種類以上の中から選ぶことができます。 その選択肢の豊富さは、まるでオーダーメイドの施術を受けている感覚と言えます。 失敗のしたくない豊胸手術。 理想のバストを手に入れたいという希望に配慮して、豊富なバリエーションを用意してくれているのでしょう。 また、患者さんの体の安全を第一としているため、負担が大きすぎるものをすすめられたりすることはありません。 所在地 東京院:東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館12F 東京美容外科・銀座院・新宿院 経験豊富な医師が在籍 患者さんに適切な施術を提供するため、こちらの美容外科では、経験豊かな医師のみが執刀することを許されています。 施術に携わるためには、「美容外科医師の経験が10年以上ある」あるいは「形成外科学会の認定を受けたのちに3年以上の経験がある」という条件がかされるそうです。 また、厳しい条件をクリアしただけでなく、新しい美容医療研修も受け続けています。 他科のアルバイト医師に担当されたりすることがないので、信頼して任せたいと思えるでしょう。 清潔感を感じられる落ち着いた院内 銀座院・新宿院ともに、院内は患者さんが快適に過ごすせるための構造となっています。 清潔感のある白が多く使われ、観葉植物などがセンスよく配置。 広々としたパウダールームは高級感があり、ゆったりと過ごすことが可能です。 美容医療はどんな施術であれ、術前は緊張するもの。 落ち着いた雰囲気のある待合室であれば、施術前の緊張を抑えて、リラックスした状態で施術に臨めるでしょう。 柔らかく安全性の高いタイプが人気の「エンジェルバッグ」 仕上がり・安全性の両方を重視した豊胸手術です。 日帰りで受けることができるのも嬉しいポイントです。 痛みを抑えた施術が特徴的で、術後も痛みをあまり感じずに済んだという人も多いようです。 そのため、痛みが苦手な人でも比較的受けやすい施術と言えます。 また施術時間が短いため、忙しい人にもピッタリです。 生活リズムにあまり影響をおよぼさずに、理想のバストに近づけることができます。

次の

東京の豊胸クリニック比較【豊胸方法別のおすすめ3院】

豊胸手術 おすすめ医院

豊胸手術とプチ豊胸の違いは? 豊胸と言うと手術のイメージがありますが、 プチ豊胸とはメスを使わないヒアルロン酸注入法の豊胸の事です。 手術だといくら、バストで悩んでいると言ってもなかなか決断するのは難しくなると思います。 でも、手術がいらない、ダウンタイムも軽減されているとあったら受けてみようと思うのではないでしょうか。 は料金も安い事から、最も手軽に受けられる豊胸としても知られています。 プチ豊胸について 大幅なバストアップは、期待出来ませんが自然なバストが実現出来ます。 見た目にも違和感が無く、周りからもまず気付かれないでしょう。 ヒアルロン酸を注入してバストアップさせるので 入院の必要はありません。 異物だと拒絶反応により、トラブルが発生してしまいますが、ヒアルロン酸注入法ならその可能性は、殆ど無いと言って無いでしょう。 面倒なアフターケアも無く、当日から入浴も可能です。 (但し、熱めのお湯や長湯は避けましょう。 ) ただ、 ヒアルロン酸は時間が経つと体内に吸収されてしまうので持続効果は豊胸バッグや脂肪注入に比べると短くなってしまいます。 今では粒子が大きくなっており、6ヶ月~1年しか持たなかった効果が数年間は持つようになりました。 身体には全く負担がかかりませんから、今後のリスクも無いとして安全性の高い豊胸でもあります。 料金もクリニックや注入量にもよりますが、16万円~50万円と豊胸にしてはかなり、リーズナブルなものになっています。 施術の際は、局所麻酔を使います。 術後の傷みはそれぞれ違うかと思いますが、内出血を起こす場合があっても徐々に消えていくので不安を感じる事はありません。 クリニックによって扱っているヒアルロン酸が変わってきますが、全てのクリニックが質の良いヒアルロン酸を使用している訳ではありません。 あまりにも安い場合は、注意が必要です。 料金が安いからと安易に決めるのではなく、事前にどのクリニックが良いか調べてから施術を受ける事をお勧めします。 場合によっては後の祭りになってしまいますよ。 あっという間に悩み解消。 私は背が高く、体重も軽めであった為、ひょろっとしていて前から胸も小さく、年追うごとに悩みになってきました。 高校の時、着替える際、友達の胸の大きさに羨ましさと改めて自分の小ささに気付かされました。 ただただ周りの友達がみんな胸が大きい子が多かったんです。 Tシャツを着る時も胸が大きいとかっこよく着れていいなあと思っていました。 姉にまな板とふざけて言われて豊胸を視野に考え始め、ネットで見たりしてました。 Tシャツをかっこよく着たい!もうまな板て言われたくないという思いから決心し、受けました。 怖さもありましたが、あっという間に終わり、 悩みも共に吹っ飛びました。 今やTシャツ着るのがワクワクです。 彼の願望を叶え、自分の幸せのために決意しました ことあるごとに「もう少し大きかったらなぁ」と寂しげにいう彼の願望を叶えてあげたくて豊胸を考え始めました。 最近の豊胸の施術は失敗することも少なく安全にできると美容クリニックの説明書きを目にしていたので、自分自身の幸せのためにも豊胸をすることにしました。 ヒアルロン酸を注入するだけの施術だったので、簡単に短時間で終わってしまいました。 大きくふくよかになった私の乳房を見た彼の嬉しそうな顔は忘れることができません。 手術で大きくしたとは思えないほど自然な感触に自分自身でも驚いています。 こんなに喜んでくれるならもっと早く施術を受ければ良かったと後悔もしていますが、大きな喜びも感じています。 豊胸は女性だけでなくパートナーまで幸せにしてくれます。 自分に自信がつきました。 胸の大きさを気にするようになったのは、中学生くらいの頃でした。 周りの女の子達と比べて、中々自分の胸に自信が持てなかったのと、他の女の子達の下着が可愛い物になる中、自分はずっとスポブラだったのも恥ずかしかったです。 高校に入っても中々大きくならなくて、最初はナイトブラやサプリを使ってバストアップを試みましたが、サプリを飲むのを辞めた途端元のサイズに戻るのと、学生にはちょっと高い出費だったので途中から飲むのを辞めちゃいました。 大学を卒業したのと同時に、バイトで貯めたお金を使って思い切って美容外科に行って相談したところ、別の身体の箇所から脂肪を持ってきて胸を大きくする豊胸手術がある事を知って、思い切って受けてみることにしました。 結果、お腹周りと背中の脂肪を胸につけたことによって、AカップからDカップになることができました。 最初の頃は、手術をするのに不安もあったし、麻酔は効くのか、副作用はあるのか…と悩んだりもしましたが、ネットなどで書かれていた激しい副作用などもなく、今でもカップ数を維持できてます。

次の

東京の豊胸クリニック比較【豊胸方法別のおすすめ3院】

豊胸手術 おすすめ医院

吸収率が高いため時間の経過とともに消えていく• 大幅にサイズアップが出来ない• しこりが出来る可能性がある 固まってしまったヒアルロン酸を分解する成分を注射することによってしこりを解消することが可能です。 バストの横、またはアンダーバストに 2~3mm程度のごく小さな穴をあけて、専用の注射針を使ってバストにヒアルロン酸を注入します。 ヒアルロン酸をどれだけ注入すれば目に見えてバストアップができるかというと、個人差はありますが、片方のバストにおよそ150㏄~300ccのヒアルロン酸を注入すれば、1サイズアップできるというのが目安になります。 ヒアルロン酸は、もともと人間の体の中に自然に作られている成分であるため、急にまとまった量を体内に注入したとしても、副反応が起きる心配はほとんどありません。 1度のヒアルロン酸の注入でかかる時間は、 およそ30分程度で、忙しい方でも気軽に受けやすいのが特徴です。 また、施術後はすぐに帰宅することができます。 公式サイト 値段 185,000円 185,649円 300,000円 360,000円 ヒアルロン酸の注入は、ほかの豊胸手術と比べると、やや低料金で行えるのが特徴です。 とはいっても、1度の施術で目に見えて実感できるようなバストアップを望んでいる場合には、両胸で およそ30~40万円ほどが相場であり、ヒアルロン酸の注入は決して格安というわけではありません。 なお、この料金の目安は、一回に100㏄のヒアルロン酸をそれぞれのバストに注入した場合のものになり、注入するヒアルロン酸の量が少なければその分料金が抑えられることがあります。 「思ったよりも高い」という印象を持った方もいるかもしれませんが、これには理由があります。 ヒアルロン酸は人体のあらゆる部分を形成する大切な成分であり、どうしても原価そのものが効果になってしまうためです。 クリニックによっては、上に書いた料金の目安よりも低料金でヒアルロン酸の注入が受けられることがあります。 そうした場合は、クリニック側にメリットがあったり、低コストでヒアルロン酸を仕入れることができるシステムが整っていることなどがあります。 ヒアルロン酸の中には、韓国製などで比較的低価格なものがあったり、クリニックがヒアルロン酸を大量に仕入れることでコストを抑えるシステムがあることがあります。 また、新規顧客獲得のためにキャンペーンを行っている時には通常よりも低料金で施術を受けられることがあります。 手術後の痛みに悩まされることがある• 最低でも1週間程度の休みが必要• 自然になるまで違和感を感じやすい シリコンを挿入して行う豊胸手術を簡単に説明すると、 バストのまわりやわきの下などを切り、そこからバストにシリコンのバッグを挿入してバストの大きさや形を整えるという方法です。 切る位置は、そのほとんどがわきの下が最も多いです。 なりたいバストの大きさや形に応じて使用するシリコンバッグの形が変えられることがあります。 シリコンバッグの形には大きく分けて 2つがあり、1つは丸い「ラウンドタイプ」、もう1つは本来のバストの形に似ている涙型をしている「アナトミカルタイプ」です。 両者の違いとしては、 アナトミカルタイプ 理想とするのバストの形に近ずけているといわれているが硬いシリコンバックを使用するため硬くなりがち。 ラウンドタイプ 円錐形に近い形で、より自然な仕上がりに近づける。 現在では、およそ7割以上のクリニックでラウンドタイプのシリコンバッグが使われています。 シリコンバッグを入れる位置にも「乳腺下法」と「大胸筋下法」という2種類があります。 両者の違いとしては、 乳腺下法 乳腺の下、大胸筋と筋膜の上にシリコンバッグを挿入する方法です。 自然なバストの丸みを実現しやすい方法で、 もともとのバストにやや厚みのある方におすすめの方法です 大胸筋下法 大胸筋の下にシリコンバッグを挿入する方法です。 自然なバストの丸みやふくらみ感を実現するには手術を行う医師の高い技術が必要になりますが、 日本人に多い皮下脂肪が薄い体系の方や、バストに厚みのない方でも自然なバストアップがしやすい手術方法になります。 公式サイト 値段 400,000円 435,750円 725,000円 950,000円 シリコンバッグを挿入して行う豊胸手術は、バストをしっかりとサイズアップさせたい方や皮下脂肪が薄くてほかの手術方法が行えない方など、あらゆる方が受けやすい手術です。 数年前から、さらにあらゆる方が手術を受けやすくなった理由として、料金が手ごろになり始めています。 豊胸手術はクリニックによって料金に大きな開きがあることがあります。 シリコンバック挿入による豊胸手術は、 およそ400,000~1,200,000円ほどと、かなり料金に幅があります。 手術全体でかかる費用としてはそれぞれの料金よりも数万円ほどプラスされるよう準備していただければよいかと思います。 脂肪吸引のし過ぎで肌の表面が凸凹になる可能性あり• 余分な脂肪がついている人でないと施術が難しい 脂肪注入法を簡単に説明すると、 体の余分な脂肪を吸引し、それをバストに注入するという方法になります。 自分の体の脂肪を移動させる方法のため、なじみやすく、本来のバストの柔らかさにごく近い自然な感触を実現しやすいという特徴があります。 また、下半身に脂肪がつきやすい女性特有のバランスの悪さを解消できるということで、ダイエット効果を期待する方にも選ばれているのがこの脂肪注入法です。 脂肪を吸引する場所としては、 最も多いのが太ももで、その次にヒップなどがあります。 麻酔液を流しながら余分な脂肪を吸引した後、麻酔液と脂肪を特殊な装置で分解し、脂肪分だけをバストに注入し、大きさや形を整えていきます。 脂肪の注入は、ヒアルロン酸の注入と同様、小さな穴をあけた後に注射針で注入していきます。 ダウンタイムはシリコンバッグの挿入による豊胸手術よりもやや短く、痛みやバストの突っ張る感じが引くまでは2~3日が目安となります。 脂肪注入法による豊胸手術には 仕上がりに応じてランクが分かれており、それぞれで料金の目安が異なります。 最もベーシックなタイプでは、500,000~700,000円ほど、次に高いランクのものでは、700,000~900,000円ほど、最も高いランクのものになると、1,000,000~1,200,000円ほどが目安になります。 最も高いタイプの脂肪注入になると、場合によってはシリコンバッグの挿入よりも高くなることがありますが、それでも「自分の理想のバストになりたい」と強く望む方の多くから選ばれています。 アクアフィリング豊胸術も有名ですが使用する薬剤に関しては同じ成分のものが使用されており、製造会社と製造場所に関して異なる、という違いです。 聖心美容クリニックが行っているアクアフィリングもこれにあたります。 ヒアルロン酸注入は、やや硬い感触になる場合があることがデメリットでしたが、このアクアリフト豊胸術では、 脂肪注入法のような柔らかな感触に近づきます。 また、こちらもヒアルロン酸の注入ではなかなか難しい 2カップ以上のサイズアップが可能な点や、ヒアルロン酸よりも長持ちするジェルで、その効果の 持続性はおよそ3~5年と言われています。 もちろん、アクアリフト豊胸術は注入法ですので、ダウンタイムが少なく、かつこっそりとバストアップしたいという方にもおすすめです。 デメリットとしては他の注入法であるヒアルロン酸注入が20~35万なのにたいして価格が高いということでしょうか。 価格:400,000円(税抜) アクアリフトに使用されているアクティブジェルは、医療機器産業に特化している 品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO-13485」を取得していることからもわかるように、高品質な注入剤です。 ヒアルロン酸の注入では256,000円から、脂肪注入法では380,000円から、シリコンバッグの挿入では470,610円から、豊胸手術業界でも屈指の低価格が魅力の一つで、初めての豊胸クリニックとしても多く選ばれています。 「とにかく手術直後の痛みなどが心配」という方でも安心して手術が受けられるサービスが充実しており、 医療従事者が24時間体制で医療ケアしてくれる宿泊サービスの「術後ステイ」が人気です。 湘南美容クリニックで人気の3つの施術方法をご紹介します。 聖心美容クリニック 【最先端の豊胸術】 *触ってもばれにくい *0. 5~3. 通常のシリコンバッグの挿入では、2カップアップ程度が限界というクリニックが多い中、こちらの聖心美容クリニックでは、場合によっては、3. 8カップのサイズアップが可能な手術方法もあり、 かなり大胆なバストアップをかなえてくれる実績があります。 バストの大きさだけでなく、もちろん柔らかさや、寝たときに横に流れる自然なバストづくりをサポートしており、手術のための傷跡が目立たない独自の工夫もあります。 豊胸手術(処置)には大きく分けて 3種類があります。 これまでにご紹介した、それぞれの手術(処置)方法によるバストアップ効果の特徴を踏まえて、ご自身がなりたいバストのイメージに近い方法が受けられるクリニックを選えらびましょう。 とにかく自然な見た目と簡単に行える手軽さやダウンタイムの短さを優先するのであれば、 ヒアルロン酸の注入がおすすめです。 確実なバストアップと、バストの大きさを長年維持したいというのであれば、 シリコンバッグの挿入がおすすめです。 バストアップとともにダイエット効果や体全体のバランスを良くしたいという方は、 脂肪の注入がおすすめです。 それぞれの手術(処置)方法は、受ける方によって合う・合わないがあります。 クリニックで初めに受けるカウンセリングで、「どのくらいの大きさ・形にしたいか」「痛みやダウンタイムへの不安」「豊胸手術をしたと気づかれたくない」などの希望をできるだけ具体的に伝えることで、医師はそれらの希望と、ご本人の体格や皮下脂肪の量などを考慮し、より体に負担がなく希望に沿うように手術(処置)計画を立ててくれます。 また、「絶対にこの方法がいい」という手術(処置)方法があるのであれば、希望する方法で実績のある医師がいるクリニックを選ぶというのもおすすめです。 共通して導入している機械や器具は同じであっても、豊胸の技術は医師の腕やクリニックによって大きく異なることがあります。 「初めての豊胸手術で不安」という方や、「とにかく上手な人に手術をしてもらいたい」という方は、 長年の歴史があるクリニックや、これまでに数多くの症例を診療してきた 実績と 評価のある医師で選ぶのがよいでしょう。 また、最新の機械や器具、ケア用品などを積極的に取り入れて手術を受ける方の負担軽減に取り組んでいるクリニックもおすすめです。 もちろん、ただ新しいものや方法を取り入れていればよいというわけではなく、それら 安全性が確立されたうえで使用しているかどうかもポイントになります。 長年の歴史や数多くの診療実績のあるクリニックや医師で受ける場合、手術(処置)の費用が高くなることがありますが、万が一のトラブルにも的確かつ迅速に対応してくれるスキルが高いため、一概に料金だけ選ばないことが安心して手術(処置)を受けられるコツです。 豊胸手術は残念ながら、全国どこにいても手術が受けられるというわけではありませんし、治療後のトラブルがないとは言えません。 そのため、手術後も安心して通えてアフターフォローや保証制度がしっかりしているクリニックを選ぶのがおすすめです。 特にシリコンバッグなどのプロテーゼ挿入法による豊胸手術では、万が一のバッグの破損や体系の変化などでバストの形に違和感を感じるようになったというケースがあります。 こうした場合、手術後の保証制度が整っているクリニックでは、 数年~永久的にバッグの交換などを無料で受けられるサービスがあります。 また、遠方にお住まいの方は、手術を受けたクリニックに何度も通うことが難しく、「これは手術後のトラブルなのか」ということも含めて、疑問がわいてしまい、不安になってしまいますよね。 そうした、手術後のトラブルで悩んだときに 電話などで医師が対応してくれるアフターフォローがしっかりしているというのもよいクリニックのポイントです。 豊胸手術を受けるときに気になる要素の中でも、かなり大きな割合を占めるのが、手術にかかる料金ではないでしょうか。 豊胸手術は決して安いものではありません。 そのため、クリニック側が しっかりと明確で適切な料金を提示してくれているかも大きなポイントになります。 実際の手術を受ける前に、医師とのカウンセリングがありますが、多くの場合はこのカウンセリング時に手術にかかる料金を提示してくれます。 ご本人の希望と医師の判断の上でどの手術方法を選ぶかと診療の計画を立ててくれます。 中には、ホームページや広告などで低料金の手術を宣伝しているにもかかわらず、それよりも高額な手術やオプションを強くすすめてくるケースがあり、「そっちのほうが自分の希望通りになるなら」と当初の予定よりも高額な契約をする流れになってしまうことがあります。 重要なのは、 自分の希望と出せる費用の目安をしっかりと医師に伝えることです。 それでも適切な診療をしてくれるよう感じないクリニックであれば、できれば避けていただいたほうがよいでしょう。 まとめ 豊胸手術は、以前よりも価格が抑えられて手軽になったこともあり、人気の美容整形の1つになっています。 手術方法によっては、かなり短く、軽いダウンタイムで済む場合もあり、トラブルが少ない方法もあります。 しかし、クリニックや医師の選び方によっては、自分が希望していたものと大きく異なっていたり、思わぬトラブルになることもあります。 それらを避けるためには、 よいクリニック・医師を選ぶとともに、自分の希望をしっかり伝えることが重要です。 カウンセリング時などに伝えた希望を考慮し、不安感や疑問をできるだけ解消したうえで治療を進めてくれるというのがよいクリニックであることのポイントです。 一度のカウンセリングで手術を受けるクリニックを決めなくていけないということはありませんから、いくつかのクリニックを比較して本当に自分に合ったクリニックや手術方法を探してみるのもよいでしょう。

次の