おおかみ おとこ。 『おおかみこどもの雨と雪』小説版の徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで!|よなよな書房

細田守監督の映画おすすめランキング。やはり1位はこれでしょう。

おおかみ おとこ

30 2010年3月号」で発表して、メジャーデビューしました。 「季刊エス」は2015年1月号までは、飛鳥新社が発行・発売していました。 しかし、2015年3月号からは、復刊ドットコムが発行し、徳間書店が発売しています。 以後、2012年3月までに「季刊ゼラチン」(ワニマガジン社)や後継誌「ひめ」シリーズなどを中心に読み切りマンガを9編発表しています。 その繊細で、独特の感性を持つマンガが認められて、優さんは2012年4月、アニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』のコミカライズ版を月刊青年漫画誌「ヤングエース5月号」に連載開始しました。 以来、連載は2013年9月号まで1年6カ月、計17回、続きました。 その成果は、角川書店(現KADOKAWA)発行のコミックス全3巻に収まっています。 『おおかみこどもの雨と雪』は、2012年7月に公開されたアニメ映画です。 監督は、細田守(ほそだ・まもる)さん(50歳)で、雑誌「ニュータイプ」や映画事業を持つ角川書店とつながりの強い監督さんです。 2006年にはアニメ版『時をかける少女』、2009年には『サマーウォーズ』と角川書店とのタイアップヒット作を連発。 満を持して臨んだタイアップ3作目が『おおかみこどもの雨と雪』でした。 〈おおかみおとこ〉と人間の母親の間に生まれた〈おおかみこども〉の長女・雪、弟の長男・雨の姉弟の成長を、豊かな自然を背景に作り上げた大作は、世界34カ国・地域で上映され、興行収入42億2000万円を挙げました。 映画の公開は7月だったのですが、角川書店はメディアミックスの一環として「ヤングエース」で先行連載を決定。 白羽の矢が立ったのが、優さんでした。 当時の「ヤングエース」の編集長は、古林英明(こばやし・ひであき)さん。 徳間書店から角川書店へと移った名物編集長でしたが、奇(く)しくも2015年1月19日に、51歳で急死しています。 優さんも、抜擢(ばってき)してくれた編集長も、そろって急死するなんて、何か運命的なものを感じさせられますね。 2017年2月の『五時間目の戦争』が遺作に 9カ月の休養を経て、優さんは2014年5月、オリジナル漫画『五時間目の戦争』を「ヤングエース」6月号に連載を始めます。 連載は2017年2月まで2年9カ月、34回に及びました。 コミックス全4巻(KADOKAWA)に収められています。 『おおかみこどもの雨と雪』で知られる優さんですが、ある意味『五時間目の戦争』のほうが代表作と言えるんじゃないでしょうか。 正体不明の敵と開戦して5年の日本。 徴兵された離島の中学3年の双海朔(ふたみ・さく、女性)たちは、金曜日の5時間目に戦争に行くことになった。 この「恋とごはんと戦争の青春アンサンブル」は、いずれアニメ化がほぼ確実で、優さんの名をいっそう高めてくれる作品になるはずでした。 ところが、優さんは『五時間目の戦争』の連載を終えたあと、新作を出さなくなるのです。 いったい、何があったんでしょうか。 おそらく、連載を終えた2017年2月ごろから、体調の悪化が始まる契機があったのだろうと思います。 優さんの急死の原因は? 優さんの夫は、日付が変わったばかりの9月25日午前0時6分、優さんのツイッター上で、訃報をツイートし始めました。 「妻の優ですが、病気療養中のところ、2017年7月1日に急性心不全により急逝いたしました」 「5月末頃より体調を崩しておりましたが、徐々に回復傾向にあった最中のことでした。 持病に直接的な関係はなく、突発的なことでした」 初めまして。 優の旦那です。 大切なご報告があり、優のアカウントで呟いております。 妻の優ですが、病気療養中のところ、2017年7月1日に急性心不全により急逝いたしました。 本来であれば、早速お伝えするところ、あまりにも突然のことで悲しみ深くご連絡が遅くなりお詫び申し上げます。 持病に直接的な関係はなく、突発的なことでした。 小さい頃から絵を描くことが大好きで、ずっと絵を描いているような子供時代だったと優のご両親から伺っています。 「先日から心身ともに体調が悪く、こんなに悪くなったのは初めてで、病院に行くと薬を出され実家に帰って1か月~2か月ぐらい休んだほうがいいと言われたので、ぽつぽつ絵をアップしつつお休みしようと思います」 「小林麻央さんのニュースを見て、『だんなさん、私が死んだら再婚する?』『しないって』『でも、わたしの希望としては、傷が癒えたころに誰かと幸せになってほしいなあ』という会話をしました」 「ちなみに希死念慮が出るくらいのうつ状態はお薬を何度も何度も調整してようやっとなくなりました。 でもまたいつか調子が悪くなるんではないかと言う不安はあります」 先日から心身ともに体調が悪く、こんなに悪くなったのは初めてで、病院に行くと薬を出され実家に帰って1か月~2か月ぐらい休んだほうがいいと言われたので、ぽつぽつ絵をアップしつつお休みしようと思います。 万全になったら全力で新作取り組みます。 いつも遅筆で申し訳ございません。 また、優さんのダンナさんが言う「急性心不全」とは、単なる結果に過ぎません。 突然、心臓が止まったって言っているのと一緒ですね。 よくあるエピソードですが、長らく飢餓状態にあった人に、急にたっぷり食事を与えてはいけません。 心臓発作を起こしてしまうからです。 それも、医師の死亡診断書の死因では「急性心不全」と書かれます。 また、死因の分からない人も「急性心不全」と表記されます。 新生児やお年寄りは「気付いてみたら、死んでいた」って結構あるんです。 それで、遺体を解剖しても、死因が分からないってことは、本当にあります。 そんなとき、死因に「急性心不全」と書かれます。 あと、本当は死因が明らかなのに、対外的に体裁を取り繕うために「急性心不全」とする例も、ままあります。 ダンナさんと優さんのツイートをまとめると、希死念慮が出るぐらいの重いうつ病が引き金になって体調不良が続いていたが、回復にあった矢先に、突発的に亡くなられたということですね。 これが、何を意味されるか、わたしが説明しなくても、皆さん、お分かりになると思います。 さらに、7月1日に優さんが亡くなってから88日、2カ月24日も、ダンナさんの心の準備がかかったということからも、ダンナさんがいかに優さんの死を悲しんでいたかが、分かりますね。 妻・小林麻央(こばやし・まお)さん(享年34)を6月22日に亡くされた歌舞伎役者・市川海老蔵(いちかわ・えびぞう)さん(39歳)と比べれば、よく分かると思います。 ちょうど、時期的にカブっていますよね。 なのに、市川海老蔵さんは、小林麻央さんの死後100日がすぎた9月5日(火)に、納骨式を行われています。 それ以前に、市川海老蔵さんは、舞台を務めたり、自宅で犬を飼い始めたり、必死に前向きに生きて行こうとなされています。 ところが、優さんのダンナさんは、ショックで、優さんの死を報告するのにも、これだけの時間がかかったんです。 おそらく、その理由は、病死というよりも、ダンナさんが優さんを救えなかったという後悔なのではないでしょうか。 優さんの年齢は? 優さんは、生年を公表されていないので、亡くなった年齢は分かりません。 ただし、メジャー活動期間が2010年4月から2017年7月までの7年3カ月間ですので、常識的に見て、30代前半の女性に間違いないでしょう。 ダンナさんの年齢も、それぐらいと推測できます。 年代的に、優さんは、これから出産を迎える時期だったはずで、お子さんはいなかったと思います。 もしもいたら、ツイッターやInstagramで触れられるはずです。 子育て期の女性が、子育てに関してまったく言及しないなんて、ちょっと考えられません。 なので、優さんの家族は、ダンナさんだけだっただろうと思います。 わたし個人も、漫画家さんの知り合いが何人かいます。 まあ、優さんほどの売れっ子ではありませんので、全く参考にならないのですが、ある1人(女性)は、こう教えてくれました。 「漫画家としてプロデビューしてしまうと、猛烈に忙しくなるので、出会いは全くないですね(笑)。 周りを見ても、ゴールインする相手は編集者、同業者、アシスタント……ああ、1人だけお姉さんの主催するバーベキューで知り合った男性と結婚した女性漫画家がいました。 基本、独身の、狭い社会ですので(苦笑)」 ご同情、申し上げます(汗)。 土田世紀(つちだ・せいき)さん(1969~2012年、享年43歳)の漫画『編集王』(1993~1997)を見ても分かりますが、マンガの世界は激務です。 葬儀・告別式の予定は? 最後に、優さんの葬儀・告別式の予定ですが…… 7月1日に亡くなった優さんは現時点(9月25日)で死後88日が過ぎています。 つまり、仏教でいう四十九日も、神道の相当する五十日祭も、とっくにすぎております。 四十九日をすぎて、お別れの会を開くケースは、あまりないと思います。 もちろん、絶対にないとは言えませんが……。 優さんのダンナさん、それに「ヤングエース」編集部の意向もあるでしょうが、読者様にはこのまま優さんとお別れになる可能性が高いのではないでしょうか。 あるいは、納骨を終えられた時点で、ダンナさんや「ヤングエース」編集部から、何らかの形で読者様に対して、お礼を申し上げたいというイベントがあるかもしれません。 現時点(2015年9月25日)では未発表ですが、把握次第、このブログで追記してゆきますので、折に触れて、チェックしてみてください。 最後に。 わたしは、優さんの優しい絵柄が大好きでした。 『おおかみこどもの雨と雪』『五時間目の戦争』は連載中からずっと読んでいたし、コミックスでも持っています。 今日も、仕事が終わったら、読み返すつもりです。 この場を借りて、お願いが、二つあります。 関係者の皆様、優さんの遺作『五時間目の戦争』を、ぜひアニメ化していただけないでしょうか。 ファンの皆様も、 『五時間目の戦争』アニメ化 とぜひ、ツイッターでリクエストしていただけないでしょうか。 よろしく、お願いします。 そして、最後に。 優さん。 あなたの作品が、世界観が、絵が、わたしは大好きです。 こんな形で、お別れを述べるのが、残念でたまりません。 優さん、あなたは、わたしたちの胸の中で、永遠に生きています。 スポンサードリンク.

次の

『おおかみこどもの雨と雪』なぜ狼の姿でSEXをしたのか?賛否両論である理由を考える

おおかみ おとこ

30 2010年3月号」で発表して、メジャーデビューしました。 「季刊エス」は2015年1月号までは、飛鳥新社が発行・発売していました。 しかし、2015年3月号からは、復刊ドットコムが発行し、徳間書店が発売しています。 以後、2012年3月までに「季刊ゼラチン」(ワニマガジン社)や後継誌「ひめ」シリーズなどを中心に読み切りマンガを9編発表しています。 その繊細で、独特の感性を持つマンガが認められて、優さんは2012年4月、アニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』のコミカライズ版を月刊青年漫画誌「ヤングエース5月号」に連載開始しました。 以来、連載は2013年9月号まで1年6カ月、計17回、続きました。 その成果は、角川書店(現KADOKAWA)発行のコミックス全3巻に収まっています。 『おおかみこどもの雨と雪』は、2012年7月に公開されたアニメ映画です。 監督は、細田守(ほそだ・まもる)さん(50歳)で、雑誌「ニュータイプ」や映画事業を持つ角川書店とつながりの強い監督さんです。 2006年にはアニメ版『時をかける少女』、2009年には『サマーウォーズ』と角川書店とのタイアップヒット作を連発。 満を持して臨んだタイアップ3作目が『おおかみこどもの雨と雪』でした。 〈おおかみおとこ〉と人間の母親の間に生まれた〈おおかみこども〉の長女・雪、弟の長男・雨の姉弟の成長を、豊かな自然を背景に作り上げた大作は、世界34カ国・地域で上映され、興行収入42億2000万円を挙げました。 映画の公開は7月だったのですが、角川書店はメディアミックスの一環として「ヤングエース」で先行連載を決定。 白羽の矢が立ったのが、優さんでした。 当時の「ヤングエース」の編集長は、古林英明(こばやし・ひであき)さん。 徳間書店から角川書店へと移った名物編集長でしたが、奇(く)しくも2015年1月19日に、51歳で急死しています。 優さんも、抜擢(ばってき)してくれた編集長も、そろって急死するなんて、何か運命的なものを感じさせられますね。 2017年2月の『五時間目の戦争』が遺作に 9カ月の休養を経て、優さんは2014年5月、オリジナル漫画『五時間目の戦争』を「ヤングエース」6月号に連載を始めます。 連載は2017年2月まで2年9カ月、34回に及びました。 コミックス全4巻(KADOKAWA)に収められています。 『おおかみこどもの雨と雪』で知られる優さんですが、ある意味『五時間目の戦争』のほうが代表作と言えるんじゃないでしょうか。 正体不明の敵と開戦して5年の日本。 徴兵された離島の中学3年の双海朔(ふたみ・さく、女性)たちは、金曜日の5時間目に戦争に行くことになった。 この「恋とごはんと戦争の青春アンサンブル」は、いずれアニメ化がほぼ確実で、優さんの名をいっそう高めてくれる作品になるはずでした。 ところが、優さんは『五時間目の戦争』の連載を終えたあと、新作を出さなくなるのです。 いったい、何があったんでしょうか。 おそらく、連載を終えた2017年2月ごろから、体調の悪化が始まる契機があったのだろうと思います。 優さんの急死の原因は? 優さんの夫は、日付が変わったばかりの9月25日午前0時6分、優さんのツイッター上で、訃報をツイートし始めました。 「妻の優ですが、病気療養中のところ、2017年7月1日に急性心不全により急逝いたしました」 「5月末頃より体調を崩しておりましたが、徐々に回復傾向にあった最中のことでした。 持病に直接的な関係はなく、突発的なことでした」 初めまして。 優の旦那です。 大切なご報告があり、優のアカウントで呟いております。 妻の優ですが、病気療養中のところ、2017年7月1日に急性心不全により急逝いたしました。 本来であれば、早速お伝えするところ、あまりにも突然のことで悲しみ深くご連絡が遅くなりお詫び申し上げます。 持病に直接的な関係はなく、突発的なことでした。 小さい頃から絵を描くことが大好きで、ずっと絵を描いているような子供時代だったと優のご両親から伺っています。 「先日から心身ともに体調が悪く、こんなに悪くなったのは初めてで、病院に行くと薬を出され実家に帰って1か月~2か月ぐらい休んだほうがいいと言われたので、ぽつぽつ絵をアップしつつお休みしようと思います」 「小林麻央さんのニュースを見て、『だんなさん、私が死んだら再婚する?』『しないって』『でも、わたしの希望としては、傷が癒えたころに誰かと幸せになってほしいなあ』という会話をしました」 「ちなみに希死念慮が出るくらいのうつ状態はお薬を何度も何度も調整してようやっとなくなりました。 でもまたいつか調子が悪くなるんではないかと言う不安はあります」 先日から心身ともに体調が悪く、こんなに悪くなったのは初めてで、病院に行くと薬を出され実家に帰って1か月~2か月ぐらい休んだほうがいいと言われたので、ぽつぽつ絵をアップしつつお休みしようと思います。 万全になったら全力で新作取り組みます。 いつも遅筆で申し訳ございません。 また、優さんのダンナさんが言う「急性心不全」とは、単なる結果に過ぎません。 突然、心臓が止まったって言っているのと一緒ですね。 よくあるエピソードですが、長らく飢餓状態にあった人に、急にたっぷり食事を与えてはいけません。 心臓発作を起こしてしまうからです。 それも、医師の死亡診断書の死因では「急性心不全」と書かれます。 また、死因の分からない人も「急性心不全」と表記されます。 新生児やお年寄りは「気付いてみたら、死んでいた」って結構あるんです。 それで、遺体を解剖しても、死因が分からないってことは、本当にあります。 そんなとき、死因に「急性心不全」と書かれます。 あと、本当は死因が明らかなのに、対外的に体裁を取り繕うために「急性心不全」とする例も、ままあります。 ダンナさんと優さんのツイートをまとめると、希死念慮が出るぐらいの重いうつ病が引き金になって体調不良が続いていたが、回復にあった矢先に、突発的に亡くなられたということですね。 これが、何を意味されるか、わたしが説明しなくても、皆さん、お分かりになると思います。 さらに、7月1日に優さんが亡くなってから88日、2カ月24日も、ダンナさんの心の準備がかかったということからも、ダンナさんがいかに優さんの死を悲しんでいたかが、分かりますね。 妻・小林麻央(こばやし・まお)さん(享年34)を6月22日に亡くされた歌舞伎役者・市川海老蔵(いちかわ・えびぞう)さん(39歳)と比べれば、よく分かると思います。 ちょうど、時期的にカブっていますよね。 なのに、市川海老蔵さんは、小林麻央さんの死後100日がすぎた9月5日(火)に、納骨式を行われています。 それ以前に、市川海老蔵さんは、舞台を務めたり、自宅で犬を飼い始めたり、必死に前向きに生きて行こうとなされています。 ところが、優さんのダンナさんは、ショックで、優さんの死を報告するのにも、これだけの時間がかかったんです。 おそらく、その理由は、病死というよりも、ダンナさんが優さんを救えなかったという後悔なのではないでしょうか。 優さんの年齢は? 優さんは、生年を公表されていないので、亡くなった年齢は分かりません。 ただし、メジャー活動期間が2010年4月から2017年7月までの7年3カ月間ですので、常識的に見て、30代前半の女性に間違いないでしょう。 ダンナさんの年齢も、それぐらいと推測できます。 年代的に、優さんは、これから出産を迎える時期だったはずで、お子さんはいなかったと思います。 もしもいたら、ツイッターやInstagramで触れられるはずです。 子育て期の女性が、子育てに関してまったく言及しないなんて、ちょっと考えられません。 なので、優さんの家族は、ダンナさんだけだっただろうと思います。 わたし個人も、漫画家さんの知り合いが何人かいます。 まあ、優さんほどの売れっ子ではありませんので、全く参考にならないのですが、ある1人(女性)は、こう教えてくれました。 「漫画家としてプロデビューしてしまうと、猛烈に忙しくなるので、出会いは全くないですね(笑)。 周りを見ても、ゴールインする相手は編集者、同業者、アシスタント……ああ、1人だけお姉さんの主催するバーベキューで知り合った男性と結婚した女性漫画家がいました。 基本、独身の、狭い社会ですので(苦笑)」 ご同情、申し上げます(汗)。 土田世紀(つちだ・せいき)さん(1969~2012年、享年43歳)の漫画『編集王』(1993~1997)を見ても分かりますが、マンガの世界は激務です。 葬儀・告別式の予定は? 最後に、優さんの葬儀・告別式の予定ですが…… 7月1日に亡くなった優さんは現時点(9月25日)で死後88日が過ぎています。 つまり、仏教でいう四十九日も、神道の相当する五十日祭も、とっくにすぎております。 四十九日をすぎて、お別れの会を開くケースは、あまりないと思います。 もちろん、絶対にないとは言えませんが……。 優さんのダンナさん、それに「ヤングエース」編集部の意向もあるでしょうが、読者様にはこのまま優さんとお別れになる可能性が高いのではないでしょうか。 あるいは、納骨を終えられた時点で、ダンナさんや「ヤングエース」編集部から、何らかの形で読者様に対して、お礼を申し上げたいというイベントがあるかもしれません。 現時点(2015年9月25日)では未発表ですが、把握次第、このブログで追記してゆきますので、折に触れて、チェックしてみてください。 最後に。 わたしは、優さんの優しい絵柄が大好きでした。 『おおかみこどもの雨と雪』『五時間目の戦争』は連載中からずっと読んでいたし、コミックスでも持っています。 今日も、仕事が終わったら、読み返すつもりです。 この場を借りて、お願いが、二つあります。 関係者の皆様、優さんの遺作『五時間目の戦争』を、ぜひアニメ化していただけないでしょうか。 ファンの皆様も、 『五時間目の戦争』アニメ化 とぜひ、ツイッターでリクエストしていただけないでしょうか。 よろしく、お願いします。 そして、最後に。 優さん。 あなたの作品が、世界観が、絵が、わたしは大好きです。 こんな形で、お別れを述べるのが、残念でたまりません。 優さん、あなたは、わたしたちの胸の中で、永遠に生きています。 スポンサードリンク.

次の

アニメ「 おおかみこどもの雨と雪 」でお母さんの強さを感じた

おおかみ おとこ

概要 [ ] 監督による長編オリジナル作品第2作である。 細田は本作で初めて自ら脚本も手がける。 テーマは「親子」であり 、19歳の女子大学生が「」と出会い、その間に生まれた「おおかみこども」の姉弟が成長して自立するまでの13年間を描く。 監督・脚本の細田を始め、脚本に、キャラクターデザインにと、『』、『』に関わってきたスタッフが製作を手がける。 監督の細田は、この作品を製作するために新たにスタジオ地図を立ち上げた。 『』にて2012年5月号よりによる漫画版が、『』にて2012年6月号よりによるスピンオフ4コマ漫画がそれぞれ連載されている(2013年12月時点)。 ストーリー [ ] 物語は、娘の雪が、母である花の半生を語る形で綴られる。 女子大学生の「花」は、教室で、ある男と出会い恋をする。 彼は自分がの末裔「おおかみおとこ」であることを告白するが、花はそれを受け入れ2人の子供を産んだ。 産まれた娘の「雪」と息子の「雨」は人間でありながらも、おおかみに変身できる「おおかみこども」であった。 しかし雨の生後間もなく、突然「おおかみおとこ」は亡くなってしまう。 花は独力で「おおかみこども」としての育児に挑むが、まだ変身を自由にできず、周囲に迷惑をかけはじめたため、都会での育児を断念し、人里をはなれ、動物も多く、雨と雪が野性的になっても大丈夫という理由から田舎のに移住する。 当初、蛇や猪をも恐れず活発な性格の雪に対し、弟の雨は内気で逃避的であったが、最初の冬を超えてから雨は変わり始める。 雪が小学校に通い始めて友達が出来ると、自分が野獣的なことを意識して葛藤を感じ、人間の女の子として振る舞おうと決意する。 一方で雨は小学校に馴染めず、学校を抜け出したり休みがちになり、山に魅かれるようになっていく。 花は自給自足を目指して田畑に勤しみ、次第に村の人々と打ち解けて、学芸員として仕事も始めるようになった。 ある日、雪のクラスに草平という転校生がやってくる。 雪は草平にいきなり「獣臭い」と言われて動揺し、正体の発覚を恐れて彼を避けるが、どうして自分が避けられるのか理解できない草平に執拗に追いかけられて、パニックでおおかみの姿のまま彼の耳を傷つけてしまう。 負傷した草平は、雪が自分の母親やクラスメイトに責められるのを見て、おおかみがやったことだと取り繕った。 しかし、その件で落ち込み学校を欠席する雪を草平は見舞い、それをきっかけに距離の近い関係となる。 その頃、雨は山を統治する一匹の狐を「先生」と呼んで、彼から山で生きる術を学び始める。 ある夜、自分は人間ではなくおおかみであるという雨と、人間だからもうおおかみにならないと言い放った雪は、お互いの生き方を否定しあい大喧嘩をしてしまう。 ある大雨の日、雨は「先生」がもうすぐ死ぬことを受けて、おおかみとして先生の後を継ぎ、山を守っていくことを決意する。 台風の中で山に入っていった雨を花は連れ戻そうと追いかけるのだった。 ちょうどその頃、親が迎えに来なかった雪と草平は学校で二人きりで夜を過ごしていた。 教室で将来の夢を語る草平に、雪は自分が「おおかみこども」で、草平に怪我をさせたのは自分だったことを告白し、おおかみの姿に変身してみせる。 草平は驚く様子も見せず、雪が「おおかみこども」であることを本当は知っていたことを打ち明け、今までも、これからも誰にも言わないことを約束する。 一方、花は雨の捜索の中で滑落してしまう。 明け方、雨に運ばれ山の駐車場で意識を取り戻した花は、山へ戻ろうとするおおかみ姿の雨を呼び止めるも、雨は山奥に消える。 花はその場で泣き崩れるが、山の崖から雨の上げる大きく力強い雄叫びに心をうたれ、不安を払拭し、雨に向けて「しっかり生きて」と励ます。 雪と雨は結局、最後まで和解が出来なかったが、花はそれでも二人が成長したと誇らしげに思った。 中学校にあがった雪は花の勧めで寮生活を選択し、草平や友人達と共に、人間として過ごし、雨はおおかみとして山を支配していく。 登場人物 [ ] 花(はな) - 本作の主人公。 苗字は不明。 父子家庭に育つが、高校生の時に父親を亡くし天涯孤独の身となる。 花という名前は父親が家の裏庭に咲いたコスモスをみたことで「花のように笑顔を絶やさない子に育って欲しい」という願いをこめてつけられた名前であり、そのことを聞いてからは辛いときでも笑っていようという信念を持ち続けている。 東京のはずれにあるの社会学科に奨学金を用いて進学。 アルバイト で生活費を工面する日々を送っていたが、ある日大学内で出会った「彼」(おおかみおとこ)に一目惚れし、彼の正体を知った後もその想いは変わらず、同棲して後に2人の「おおかみこども」である雪と雨を産む。 「彼」の死後、となり、田舎へ引っ越し、2人の子供を育てる決意をする。 「彼」の死後も暫くは雪と雨を育てながら大学に籍を置いていたが、子育てに苦慮して休学する。 田舎で「おおかみこども」を孤軍奮闘しながら育て、静かに暮らすつもりだったが周りと仲良くなり、農業についても教えてもらい、雨と雪を育てる。 学校へ行かなくなってしまった雨を気にかけるが、雨はおおかみとして生きることを選択し、雪は人間として生きることを選択したため、雪と雨の仲を修復しようとする。 後に大雨の日に雪を迎えに行く直前の停電の中、山に向かう雨を止めようと山に入っていくが、熊に遭遇し、疲れと恐怖で動けなくなる。 そしてボロボロになりつつ雨を探し続けるが、小さな沢で足を滑らせ、数百メートル滑落し、気を失ってしまうも、雨に助けられる。 翌日の明け方に目を覚まし、山へ戻ろうとする雨を引き留めようとするが、振り切って山の上のほうへ行ってしまう雨を見ながら泣き崩れる。 しかし、雨の猛々しい雄叫びを聞き、雨の強さを身にしみて感じながら微笑む。 雪は学校を卒業したあと、寮に入り、花は一人になった家でのんびりと日々を過ごしている。 彼(おおかみおとこ) 声 - 雨と雪の父親。 作中では「彼」と呼ばれ、雨と雪が生まれるまでは最後の「おおかみおとこ」であった。 本名は不明(運転免許証には氏名が載っているが、ほぼ書き潰しになっているため、名前の判読は不可能。 ただし、苗字は「伊賀」である模様)。 運転免許証記載の生年月日は。 独身時代の居住自治体は。 好物は花に教えてもらった。 穏やかな性格だが、雪を妊娠したで体調の優れない花の滋養強壮のために自らを狩ってくる等、野性味溢れる一面も見せる。 幼い頃に両親をなくし、子供のころから養子として育ったが、大きくなったころに上京して、街で運送ドライバーとして働く一方、花の通っていた大学に忍び込んで勉強していた。 実は、人間と狼の交雑によって生き延びてきたの末裔 で、人間の姿にもおおかみの姿にもなれる半。 当初は突き放した様な態度こそ取っていたが、花とは互いに惹かれあい、花との間に2人の子供を授かるが、雨が生まれて間もないある雨の日に死亡する。 遺体は近所の川でおおかみの姿で見つかり、そのままで処理されてしまった。 雪(ゆき) 声 - (少女期)、(幼年期) 「おおかみこども」で、雨の姉。 本作品の語り部。 花が長髪になったような容貌をしている。 名前は、雪の日に生まれたことから名付けられた。 幼少のころはお転婆で活発な性格で、野性動物を追い掛け廻す等、雨よりも雪の方が野性的だった。 しかし、小学校生活の中で自分のような野性味溢れる(おおかみの)嗜好の女子がいないことを知り、淑やかに振る舞うようになる。 小学校での生活を通じ、草平を傷付けてしまった事もあり、おおかみではなく完全に人間として生きることを選ぶが、それが原因で雨とは険悪になってしまう。 小学校卒業後、中学の寮に入る。 その他、写真には小学校の時の友達と映る写真やを行う写真、なんらかの署名や募金活動のようなことをしている写真があり、中学校でも活躍している模様。 雨(あめ) 声 - (少年期)、(幼年期) 「おおかみこども」で、雪の弟。 名前は、雨の日に生まれたことから名付けられた。 幼少の頃はひ弱で内向的な性格で、雪よりも雨の方が人間的だった。 しかし、ある雪の日に、獲物への恐怖心が無くなったことを境におおかみの本能に目覚めていく。 自分とは正反対に、人としての誇りを持つようになり、人間として生きたい雪と対立し、おおかみの姿で喧嘩に発展、雪が全く歯が立たない程の野性味を見せる。 『新川自然観察の森』で初めてシンリンオオカミを見た事から、学校を理事長の天童曰く「ずる」してそこに通う 等、山の生態系に興味を持ち、雨達が住む山一帯を治めるを「先生」として慕う。 足を悪くした「先生」が死ぬかもしれないと、大雨が来るのを気にかけ、「先生」の死後 、大雨の日に「先生」がしていた生態系の保全の役割を引き継ぐため、10歳の夏に一人、山へと入って行き、おおかみとして生き始める。 藤井 草平(ふじい そうへい) 声 - 転校生の少年で、雪が人間として生きる決め手を作った人物。 雪からは「草ちゃん」と呼ばれている。 雪を獣臭いと言ったことから、正体の発覚を恐れた雪に避けられるようになる。 その理由を雪に詰問した際に、動揺しておおかみになった雪に右耳を傷つけられる。 雪がおおかみであることに気付いたが他の人間には伝えず、怪我は「おおかみがやった」と説明して雪を庇った。 後に、勇気を振り絞った雪から自分がおおかみだと打ち明けられるが、「最初から気付いてた」と、答え、「雪の秘密は誰にも言ってないし、誰にも言わないから、もう泣くな」と同時に彼女を勇気付けている。 母子家庭で育ったが、母の結婚・妊娠によって、疎外感を感じている様子。 格闘に興味があるようで、もしも一人で生きていくことになったら「ボクサーかレスラーにでもなって、一匹狼で生きていく」と話していた。 クレジット等では単に「草平」となっているが、作中ではフルネームで「ふじいそうへい」と呼ばれるシーンがあり、細田自身が執筆した原作小説でも「藤井草平」と表記されている。 韮崎(にらさき 、「韮崎のおじいちゃん」とも) 声 - 90歳。 花の近所に住む農家の老人。 強面でぶっきら棒だが、優しく、花に農業の助言をしてくれる。 本人の前では決してそぶりを見せないが、家ではいつも花のことをとても気にかけているそうで、家族からは「惚れている」と言われるほど。 のに乗っている。 韮崎のおばさん 声 - 韮崎の娘。 強面な父とは違い、明るく人懐っこい。 何かと花の世話をしてくれる。 韮崎の旦那さん 声 - 韮崎の婿養子。 細川(ほそかわ) 声 - 近所に住む農家の主人。 花に農業のコツを教えてくれる、気の良い老人である。 山岡(やまおか) 声 - 近所の農家の主人。 細川と一緒に、花をいろいろと助けてくれる。 細川とは野菜の栽培の仕方で意見の相違はあるが、実はとても仲が良い。 天童(てんどう) 声 - 『新川自然観察の森』の理事長で、就職した花の上司。 学校に馴染めず休みがちな雨を気に掛けてくれる。 田辺(たなべ) 声 - 雪の小学校の担任教師。 草平の母 声 - 女手ひとつで草平を育てた母。 草平のクラスメイトからも美人と評される。 草平が怪我をさせられたとして、雪に対して激怒した事もある様に、草平を当初は溺愛していた。 作中で再婚・草平の異父弟を妊娠した事で、草平によると、「新しい子供が生まれてくれば、もう要らない」と冷たく突き放したという。 土肥(どい) 声 - 花の近所に暮らす主婦。 仕事と育児を両立させている。 花に育児の助言をする。 遠くへ出勤する足で保育園に子供を預けている。 堀田(ほりた) 声 - 花の近所に暮らす主婦。 当初は花を「近所付き合いをしない人」と思っていたが、誤解が解けてからは親しくなる。 信乃(しの) 声 - 雪と同じ小学校に通う親友の一人。 草平を傷つけてしまった雪が他のクラスメイトに責められている時に、「わざとやった訳じゃない」と彼女を庇った。 そのまま同じ中学校に進学している。 文子(ぶんこ) 声 - 荘子(そうこ) 声 - 毛野(けの) 声 - 以上3名は雪と信乃の親友。 信乃と共に責め立てるクラスメイトから雪を庇った。 仁(まさし) 声 - 忠与(ただとも) 声 - 礼儀(まさのり) 声 - 信道(のぶみち) 声 - 不明 以上4名は雪のクラスメイトで後の草平の親友。 彼が転校してきた当初は草平を傷つけた雪を快く思っていなかったが、中学に入る頃には打ち解け合っている。 ラジオ・アナウンサー 声 - (日本テレビアナウンサー) 台風の接近を知らせた。 スタッフ [ ]• 原作・監督 -• 脚本 - 細田守、• キャラクターデザイン -• 作画監督 -• 美術監督 -• 音楽 -• 製作指揮 -• 製作 - 藤本鈴子、斎藤佑佳、岡田浩行、、平井文宏、阿佐美弘恭、弘中謙、、高田佳夫、植木英則• エグゼクティブプロデューサー -• エグゼクティブプロデューサー -• アソシエイトプロデューサー - 、村上泉• 色彩設計 - 三笠修• CGディレクター - 堀部亮• 美術設定 -• 衣装 -• 劇中画 -• 編集 -• 録音 - 小原吉男• 音響効果 - 今野康之()• 音楽プロデューサー - 北原京子• キャスティングディレクター - 増田悟司• 助監督 - タムラコータロー• 製作幹事 -• 企画・制作 -• プロダクション協力 -• おおかみこどもの雨と雪(2枚組、2013年2月20日発売)• ディスク1:本編ディスク• 音声特典• ディスク2:特典ディスク(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)• イベント映像集• ジャパンプレミア• ワールドプレミア in パリ• 初日舞台挨拶• 「花の日」大ヒット御礼舞台挨拶• 劇場公開時コラボ番組• いよいよ公開! 「おおかみこどもの雨と雪」カウントダウン(1日目〜3日目)• NEWS ZERO特別版 宮﨑あおい パリ〜北アルプスへ おおかみこどもを巡る旅• 夏休みコラボスペシャル(かわいい名演技! ZIP! コラボコンテンツ素材集(Part1〜5)• 各種プロモーション映像集• 細田守監督編集プロモーション映像(花Ver. 2012 アヌシー国際アニメーション映画祭特別プロモ上映用映像• 特報・劇場予告編集• TVスポット集• 封入特典• ブックレット(パンフレット縮刷版)• 初回限定特典• フィルムブックマーカー(5コマ)• 特製アウターケース付きデジパック仕様• ディスク1:本編Blu-ray(本編のみを収録)• ディスク2:本編DVD(本編のみを収録)• 封入特典• ブックレット• 初回限定特典• フィルムブックマーカー(5コマ)• 特製スリーブケース付きクリアーブルーレイケース仕様• おおかみこどもの雨と雪 期間限定スペシャルプライス版(DVD2枚組、2015年7月1日〜2015年12月31日まで)• ディスク1:本編DVD• ディスク2:特典DVD• 『』トレーラー映像 公開 [ ] 全国381スクリーンで公開され、公開初日と翌日の2日間で興行収入3億6514万9000円、観客動員数27万6326人を記録、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった。 また、公開後30日間で観客動員数240万人 、公開後59日間で興行収入40億円を達成した。 さらに同年11月末までには観客動員数341万人を突破 、興行収入は最終的に年内で累計42. 2億円。 日本での公開に続き2012年にはでも公開された。 公開に先駆けて(現地時間)には、でが行われ 、「細田守アートワーク展」も開催された。 フランスでは「や作品とは一線を画すアニメーション映画だ」とも評価されており、フランスで公開されるとしてはの『』や、『』と並ぶ公開規模であり 、世界34の国と地域での公開も決定した。 海外映画祭 [ ] ロサンゼルスで開催されている「」にて招待作品として上映されている。 テレビ放映 [ ] テレビ放送の視聴率 [ ]• 系「」枠 回数 放送日時 視聴率 1 2013年12月20日 15. 放送枠を25分拡大し、本編ノーカットで放送された。 では用の場面説明も同時放送した。 また、細田直筆のキャラクターイラスト入りサイン色紙などのプレゼント企画も実施された。 視聴率はで 15. には『』公開記念3週連続スペシャルの第2弾として、『金曜ロードSHOW! 』で放送された。 前回同様、放送枠を25分拡大し、本編ノーカットで放送された。 視聴率はで 13. に『金曜ロードSHOW! 』で放送される。 前回同様、放送枠を25分拡大し、本編ノーカットで放送された。 視聴率はで 11. では2015年ににて初放映、同年にで無料局初放送。 作風 [ ] モデルとなった家(富山県上市町にあり、基本的に日中は見学可能) 細田が本作について、取り組みの動機のひとつが自分の周囲のが子育てを始めたことであり、「親になった彼らが輝いて見えた」からであるとのべている。 2013年の2月の「アニメ!アニメ!」のインタビューにおいて、細田は、子育てものであるにもかかわらず、「おおかみこども」という設定にした理由について、「子供が育っていったり子供を育てることは世間一般に当たり前のことと思われている。 しかし当人たちにとっては全然当たり前ではない。 その感覚を観客が共有するためには、誰もしていない経験(狼男の子どもを育てること)をみんなで共有すればいいと考えたからだ」と述べている。 『ファミ通. com』のインタビューの中で、細田は「人が子供をつくるのは、当たり前のことと簡単に思ってきた。 しかし結婚してからは、都会で子供を育てるのは公的な支援など環境面で苦労があり、だからと言って田舎暮らしで楽ということもなく同世代がいないという苦労があることに気づかされるようになった。 そのがんばりを映画にしたかったのだ」と述べている。 (ヒトの)子育ては全くの孤立無援では成り立たず、今回オオカミという素材を選んだ理由は、「オオカミはとても家族的であって、リーダーがいて群れを統率し、全体のことを考えながら生きている律儀な動物だから」と答えている。 ロケーション [ ] 物語序盤の舞台である「東京のはずれにある国立大学」は、のがモデルとなっている。 また、移住先の田舎はの里山をモデルとしている。 本作の背景には細田の出身地であると隣のの景観が描かれており、上市町の伊藤尚志町長からも「町をモデルにした映画を」と、監督に打診があったことが明かされている。 花の家のモデルとなった古民家は上市町に居住していた山崎正男の所有する個人宅である。 映画が公開される5年前の2007年に山崎正男が亡くなり、取り壊しが検討されていたが、花の住む家のモデルとして採用され、その後に映画が大ヒットしたことから、公開後に持ち主(山崎正男の親族)と有志により公開されている(2015年現在)。 雨と雪が通った小学校はがモデルとなっている(現在は体育館のみ現存)。 作中に出てくるタレを後付する焼き鳥は、監督の妻の実家があるの郷土料理、おいだれ焼き鳥である。 評価 [ ] 2012年10月5日の『』において、細田と親交のあるは、「この手の作品(家族の交流もの)はかつての日本映画が得意としたジャンルであったのだけれども、シリーズが終わってから、絶えて久しかったという情況があり、当作品について久しぶりである」とコメントしている。 また対談の中で「完成の後に監督が母を失くしていること、細田が孝行息子ではなかったことから考えても、この作品がなくした母への贖罪の意味があったのだろう」と言及されている。 また鈴木は、「幼少期にさんざん手をかけさせておいて、成長したら親孝行もなしで、山に入っていってしまった『雨』は細田本人がモデルに違いない」と述べている。 アニメーション監督のは、『「おおかみこどもの雨と雪」の衝撃』と題したコメントの中で本作について「絶賛」している。 変身ものや恋愛ものといった従来の作品ジャンルを超えた作品であるとし、その描写について冷静・リアルだと指摘、「 新しい時代を作った」「 本作の前では、もはや過去の映画などは、ただ時代にあわせた手法をなぞっているだけのものに見えてしまうだろう」と述べている。 の吉田広明は、細田のこれまでの作品、『』第40話『どれみと魔女をやめた魔女』や、『』、『』、『』について、いずれも主人公たちの選択を焦点に描いてきたと述べたうえで、本作では子供らの選択よりも、むしろ母親である花がそのいずれをも受容し祝福するという「大いなる肯定」を表現しているとし、「 ほぼ同世代の映画作家が人間として一回り大きくなったのを目撃したのはこれが初めてのように思う。 」と結んでいる。 主人公の花の母親としての描かれ方には「理想の母親」とする視点もあるが、ライターの青柳美帆子は本作を分析して花が理想の母親像のロールモデルを持たずに孤独に育ち、母としてのふるまいを必死に「勉強」している人間であるといい、それは理想の家族像に外側からの視点で憧れを抱く細田自身の姿に重なると述べた。 またライターの西森路代は、の著書『シングルマザーの貧困』の書評で本作を取りあげ、子育ての困難にぶつかっても公的な制度を利用したりそのために充分な金銭を得ようとすることもなく、図書館の本を読んで自分で解決する花の、美化された母としての姿に疑問を抱く声が公開時にあったことを指摘し、(2014年頃の)現実のシングルマザーの現状とはかけ離れた、宗教意識の希薄な日本における「信仰」の対象の如き「」の理想像として紹介している。 受賞 [ ]• 第45回アニメーション部門 Gertie Award 最優秀長編作品賞• 第34回審査員特別賞 「おおかみこどもの雨と雪」細田守監督とその制作チーム• 第16回優秀賞• iTunes Store「Best of 2012」サントラ部門 ベストアルバム• 第30回優秀銀賞• 第3回ロケーションジャパン大賞 グランプリ• 第67回• 最優秀アニメーション作品賞• 映画館大賞2012 ベスト10 邦画部門第1位• 第17回日本映画部門 アニメ賞 監督賞• 第12回「アニメーションオブザイヤー」「監督賞」「脚本賞」「美術賞」「キャラクターデザイン賞」「国内劇場部門 優秀作品賞」• 第4回日本シアタースタッフ映画祭 グランシャリオ賞(邦画部門1位)監督賞• 第16回ニューヨーク国際児童映画祭長編観客賞• 第22回 アニメーション作品賞• 第29回イマジン・フィルム・フェスティバル(アムステルダム)グランプリ Black Tulip 2013• 第22回日プロ大賞ベストテン 第10位 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 死因は不明。 それこそ、父の葬式の時も辛さを忘れるために笑っていたとのこと(そして親戚に「不謹慎だ」と怒られたという)。 モデルは。 現実の一橋大学にも社会学部社会学科が実在する。 作中ではクリーニング屋で働く描写がある。 自然観察員補佐の応募時に提出した履歴書には「中退」と記載されている。 そのため、移住する際に中退したと考えられる。 運転免許に記載。 雪いわく、(作中での)文献では約100年前に絶滅していたとのこと。 身体の周りには雉か何らかの鳥の羽があったことから、それらを捕獲しようとしていた様子。 なお、死因は不明。 但し、天童は「ずる」と言いながらも、雨に対し「何時でも来たら良いよ」と言っている。 死んだことは話の中では明らかにされていないが、花が雨を探しに山へ入っていったとき、「先生」が棲んでいた大木のあたりに何もいなかったことや、雨が家へ帰ることをせず、山へ入っていったことから、すでに死んでしまったと思われる。 同時に、おおかみとして生きる雨と対立するきっかけも作っているが、雨が学校に来なくなった頃に転校してきたため、彼女の弟に雨がいた事に気づくことは二度となかった。 「韮崎」という苗字は、演じた菅原がで農業を営んていたことに因み、キャラクターデザインも菅原を模した顔つきになっている。 に亡くなった菅原の遺作となった。 出典 [ ]• 2 2013年1月. 2013年1月30日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年12月13日. 2011年12月13日閲覧。 ニュースウォーカー 角川マガジンズ. 2012年4月5日. の2012年4月6日時点におけるアーカイブ。 2019年9月7日閲覧。 細田守『おおかみこどもの雨と雪』、142頁。 アニメ!アニメ! 2012年5月30日. 2012年6月6日閲覧。 Movie Walker 株式会社ムービーウォーカー. 2014年12月1日. 2019年9月7日閲覧。 - HITSPAPER、• - 、2012年5月30日• 専門のである伊賀がキャラクターに合わせた実物の衣装をスタイリングし、それをアニメ化するという珍しい手法が取られている。 伊賀のプロフィール、コラムを参照。 、2012年7月22日参照。 シネマトゥデイ 2012年7月24日. 2012年7月24日閲覧。 まんたんウェブ• 毎日新聞デジタル 2012年9月18日. 2012年10月3日閲覧。 マイナビニュース 2012年12月10日. 2013年1月31日閲覧。 Walkerplus 2012年6月29日. 2012年7月2日閲覧。 アニメ! アニメ! 2012年5月30日. 2012年6月6日閲覧。 スポーツ報知. 2017年3月27日. 2017年3月27日閲覧。 2012年8月24日時点のよりアーカイブ。 2019年9月7日閲覧。 国立ハッピースポット 2012年7月22日. 2019年9月7日閲覧。 2012年7月19日付夕刊8面(映画欄)「シネマガイド」より。 2012年8月20日付中日新聞10面「芸能風向計」より• 、2015年1月25日閲覧。 MANTANWEB(毎日新聞デジタル) 2012年7月20日. 2012年8月24日閲覧。 吉田広明「読む、映画『おおかみこどもの雨と雪』」『キネマ旬報』第1619号(通巻2433号)、キネマ旬報社、2012年8月、 85頁。 青柳美帆子 2013年12月20日. 2015年1月25日閲覧。 西森路代 2015年1月14日. 講談社BOOK倶楽部. 2015年1月25日閲覧。 Sitges Film Festival 2012年10月12日. 2012年10月14日閲覧。 鈴木隆; 広瀬登 2013年1月18日. 1-2. 2013年2月7日閲覧。 2013年1月30日. 2013年12月23日閲覧。 2013年3月19日. 2013年12月20日閲覧。 外部リンク [ ]• ookamikodomo -• - (英語).

次の