テセウスの船 犯人の日記 無料。 テセウスの船完全ネタバレ動画を無料視聴する方法!犯人の日記大公開

テセウスの船Paravi「犯人の日記大公開」ネタバレ!おじいさんの古い斧

テセウスの船 犯人の日記 無料

もくじ• テセウスの船の原作の漫画は完結してるネタバレ 「テセウスの船」が実写ドラマ化される事になりました。 詳細についてはまだ言えませんが、情報解禁になり次第随時お知らせしていきます。 そして来週発売の週刊モーニングで最終回を迎えます。 単行本は、9巻まで発売されていますが、連載では完結して最終回を迎えていています。 完結しているので、犯人や結末が明らかになっている! 衝撃の展開が面白くて、9巻一気に読んでしまいました! スポンサーリンク ドラマ「テセウスの船」最終回結末までの完結ネタバレ 父親が逮捕された無差別殺人事件 主人公の田村心(竹内涼真)は、警察官の父親・文吾(鈴木亮平)が殺人事件を起こして逮捕された 加害者家族として、生きてきました。 田村は母親(榮倉奈々)の旧姓で、家族は事件に触れないようにしながら、身を隠すように生きてきました。 心は、父親と母親、姉と兄の5人家族でした。 父親の佐野文吾(鈴木亮平)は、 31年前に逮捕されて死刑判決を受けましたが、拘置所で 冤罪を訴えています。 母親の田村和子(榮倉奈々)は、加害者家族として、笑ったり泣いたりすることを子供に禁止して、周りにバレるたびに借金をして引っ越す生活をしてきました。 そして、12歳上の姉の鈴(白鳥玉季)と6歳上の兄の慎吾(番家天嵩)、父親が逮捕された時には、心は母親のお腹の中にいました。 父親が逮捕された事件は、小学校のお泊り会で、青酸カリの入ったオレンジジュースを飲んで、21人が死亡した無差別殺人。 その後、 家から青酸カリが見つかったため、父親の文吾が逮捕されました。 31年経った今でも週刊誌の話題になる事件で、誰もが知っている 史上最悪の殺人事件です。 心が結婚・由紀が妊娠 心は、教師を目指して大学で教員免許を取りましたが、ふさわしくないと諦めて、就職していました。 妻の由紀(上野樹里)とは、大学で知り合って、心の立場を知りながら、親に反対されたまま結婚しました。 最愛の妻・由紀は、妊娠中で臨月を迎えて、幸せをかみしめていました。 由紀は、心に事件と向き合って欲しくて、事件のことを調べてノートにまとめていて、義父は冤罪の可能性があることを心に話します。 すると、父親の事件の前に、 周辺で不可解な事件が連続していたことがわかりました。 しかし、事件の時に心は母親のおなかの中にいたので、父親に会ったこともなく、母親を苦しめてきた 父親をただ恨んでいました。 最愛の妻・由紀が悲劇に そんな中、由紀(上野樹里)が、女の子を出産した直後に亡くなってしまいます。 由紀の両親は、孫を渡すように言いますが、 未来と名付けて、自分が育てていくことを決心します。 そして、最愛の由紀が言っていた 「お父さんを信じてみて」の言葉を胸に事件と向き合うことを決心します。 テセウスの船の原作漫画は、 一度読んだら止まらなくおもしろいです! スポンサーリンク タイムスリップするネタバレ 31年前にタイムスリップ とりあえず、31年前の事件現場の小学校に行ってみましたが、更地になっていました。 そして、突然の霧に包まれると、目の前に小学校が建っていて、事件が起こる直前の1989年(平成元年)にタイムスリップしていました。 霧の中、たどり着いた家は 佐野さんの家で、そこは 心が生まれる前の実家でした。 そこで心が目にしたのは、今と全く違う明るく笑う母親と、12歳年上の姉の鈴、6歳上の兄の慎吾、そして、明るく優しい父親でした。 そんな父親を見ているうちに、冤罪を信じ始めて、父の事件を阻止することを考えます。 事件を止めようと過去を変える 心は、由紀の残したノートを基に、小学校無差別殺人事件の前に起きた事件を前もって止めようとします。 佐野家に行くと姉の鈴が雪下ろしをしていて、屋根から転落して倒れていました。 心は、鈴を近くの三島医院に運びました。 そのことで、 鈴の命の恩人と温かく迎えられました。 本来ならば、新聞配達員の長谷川翼(竜星涼)に助けられていましたが、心が助けたことで過去が変わってしまいました。 千夏の事件 そこで、今日起きるはずの、三島医院の千夏が除草剤のパラコートを飲んで中毒死する事件を止めようとします。 心は、三島家の倉庫でパラコートを見つけると持ち去って捨てます。 これで、千夏の事件は解決すると思った時、千夏と心の父親が一緒に歩いているところを見かけて、父親を疑います。 その後、父親が千夏がパラコート中毒で倒れているところを発見して、更に疑わしくなります。 やっぱり、父親が犯人なのか? ねこまろ しかし、心がパラコートを盗んだところを見たという新聞配達の長谷川翼(竜星涼)の言葉で、心は父親(文吾)から疑われます。 パラコートを捨てて、過去を変えたつもりでしたが、千夏は亡くなりました。 その後、千夏の姉の明音が行方不明になる事件も発生してしまいます。 父親に未来から来たと話す 心を疑って免許証を盗み見た文吾(鈴木亮平)は、平成生まれに戸惑いましたが、聞かれた心は正直に話すことにしました。 父親と触れ合う度に、殺人事件を起こしたとは考えられずに信頼していきます。 未来から来て、文吾の子供だということや小学校のお泊り会で事件が起きて、文吾が逮捕されることを伝えます。 心が事件を前もって知っていたことで、半信半疑だけど信じた父親は、心と協力して事件を阻止しようとします。 由紀は?娘の未来はどうしてる? ねこまろ 由紀が生きてる 由紀の実家を訪ねると、由紀の両親は心のことを知らないと言い、 由紀は週刊誌の記者として、31年前の文吾の事件を調べていました。 小学校無差別殺人事件の記事を見ると、事件が起きたのが一日遅くなっていて、青酸カリがオレンジジュースではなく、地元の人が作るはっと汁になっていました。 また、被害者の先生や児童が変わっている! 事件で亡くなったはずの木村さつき先生(麻生祐未)や児童の佐藤や藤崎が生きていました。 姉の鈴に会う 文吾に会うことを決心して、拘置所に行くと、姉の鈴が面会に来たことを知ります。 姉の鈴(貫地谷しほり)に会うと、 村田藍という名前で、整形をしていて、別人になっていました。 鈴は妊娠5か月で、 内縁の夫の木村みきお(安藤政信)は、車いす生活でした。 そんな中、父親の事件の冤罪に協力してくれる証言者が現れます。 それは、新聞配達の長谷川(竜星涼)の妻だった佐々木紀子(芦名星)でした。 原作漫画は、一度読んだら止まらなく面白い! 衝撃的な最終回の結末! ねこまろ 佐々木紀子が殺される 父親の冤罪を証言してくれることになった佐々木紀子(芦名星)は、病気で余命1年と宣告されたので、過去の事件を証言する覚悟を決めました。 佐々木紀子は、31年前、新聞配達をしていた長谷川(竜星涼)の婚約者で、小学校の先生だった木村さつき(麻生祐未)の実家の工場で働いていました。 ある日、 長谷川に工場から青酸カリを盗むように命令されてDVを受けていました。 その後、長谷川は、三島明音を監禁する事件を起こして、青酸カリで自殺していました。 長谷川は一度家に帰ってきたときに、騙されたとか、本当に殺すとは思っていなかったと言っていました。 他にも、長谷川の事件現場を訪れたときに、 金丸 刑事(ユースケ・サンタマリア)が犯人と話している内容を聞いていて、直後に金丸が崖から突き落とされるところも見ていました。 そのことを証言しようとしましたが、家を訪れた 木村さつき(元小学校の先生・麻生祐未)に刺されて、殺されてしまいます。 犯人は加藤みきお 木村さつきは、小学校の事件で生き残った先生で、事件の後に 加藤みきお(大人になって安藤政信)を養子にしていました。 それが、鈴(貫地谷しほり)の内縁の夫の木村みきお(安藤政信)です! 小学校の事件やその周辺で起きた事件の犯人は、加藤みきおでした! 加藤みきおは、父親がおらず、母親を早くに亡くしていて、祖母と暮らしていて、元々サイコパスな思考を持っていました。 転校してきて、鈴と隣の席になって、鈴の優しさに触れて、鈴に執着するようになりました。 そんな時、みきおは、長谷川(子供が好きな特殊な趣味がある)に乱暴されたことで、逆に周りにバラすと 長谷川を脅して犯行を手伝わせます。 犯行動機が鈴のヒーローになりたい 犯行動機が子供っぽい!みきおと鈴が一緒に帰った時に、好きな人の話になりました。 鈴は、好きな人はいないけど、結婚するなら お父さんのような正義感のある人がいいと言います。 それを不満に思ったみきおは、父親の文吾を陥れるために、小学校の事件を起こして、文吾の家に青酸カリを置きました。 そんな時、木村さつき先生は、祖母が亡くなると一人になってしまうみきおを養子にしてくれました。 最初の事件ではオレンジジュースですが、過去や未来が変わると、はっと汁にかわります。 みきおは少しだけ舐めて、倒れて被害者を装いました。 車いすも偽装で、本当は歩けます。 ドラマの共犯者は、霜降り明星のせいやでした! ねこまろ お祭りで母親が間違って毒キノコを入れてしまって、亡くなる人が出た事件で、いじめられて佐野文吾に逆恨み! 村を離れていたが、父親の介護のために実家に戻ってきたときに、文吾に「家族を大切にしろ」と言われて殺意が芽生える! 文吾を陥れたいみきおと利害が一致して犯行が始まりました! 音臼小の事件は起きない・心が死ぬ 加藤みきおは、小学校の事件を起こさずに、鈴を助けて正義の味方になることを計画します。 鈴を助けて、正義の味方になれば、 鈴の父親の文吾のように鈴に好かれると思いました。 せいやに文吾が刺されて、止めに入った心ともみあいになって、心が刺されました。 そして、心は亡くなります。 中にあった宝物の中には、過去にタイムスリップしていた時に心が入れた佐野家と田村家の家系図と結婚指輪、写真が入っていました。 妊娠している鈴(貫地谷しほり)が見つけた週刊誌には、逮捕された 少年A( 加藤みきお)の記事が特集されていました。 そして、写真を見ると文吾をかばって 亡くなった心(竹内涼真)と末っ子の心がそっくりです! すると鈴は、末っ子の名前を「正義」にしようとしていたけど、お父さんが命の恩人と同じ名前にしたいからと「心」にしたと話します! その頃、心は同僚教師の岸田由紀(上野樹里)にランチに誘われて、その後、婚約者として家族に紹介しました。 心と岸田由紀が結婚することで、感激する文吾! 未来が変わってハッピーエンドになりました。 テセウスの船の最初の問いかけでしたが、ハッピーエンドなら本当の家族でOKだと思います。 長いネタバレを読んでいただいて、ありがとうございました! パラビでは、「テセウスの船完全ネタバレ!犯人の日記大公開 前編 音臼小毒殺計画のはじまり」が動画配信されました! パラビで無料で見る方法あります!.

次の

テセウスの船ネタバレ!最終回の結末はハッピーエンドで犯人に衝撃

テセウスの船 犯人の日記 無料

3か月にわたるサスペンスフルな物語もついに完結。 最終回の視聴率は19. 6%と、番組最高記録で有終の美を飾りました。 SNSで盛り上がっていた謎解きにも解答が出されましたが、共犯者は意外な人物でしたね。 あるいは、ひょっとすると予想通りだった人もいるかもしれません。 しかし、まだ『テセウスの船』の謎は終わっていません。 最終回の放送終了後から、動画配信サービスParaviで「犯人の日記大公開」と題された動画が配信されています。 『テセウス』ファンには見逃せない内容となっているので、この機会に紹介したいと思います。 もちろん、本編のネタバレが満載なので、未見のかたはご注意ください。 無料期間中の解約で動画が無料! テセウスノ船「犯人の日記大公開」とは? 音臼小事件を計画していた犯人、加藤みきおが残した日記。 その記録を振り返りながら、物語に隠された秘密が明らかにされます。 みきおの日記は1989年12月5日から始まります。 両親を亡くし、祖母とともに音臼村に引っ越してきたばかりの彼は、周囲からいじめを受けていました。 そこに割って入ったのが佐野鈴。 「正義の味方が現れた」と日記に記したみきおは、鈴に対する思いを募らせるようになります。 一方、村議会議員である田中義男の家に上がっていたみきおは、そこで義男の息子・正志と出会います。 後に共犯関係を結ぶようになる二人でしたが、この時はまだ正志の真意を知りません。 それでも、みきおは正志から何気ない思い出話を聞かされます。 彼は昔、小学校のお楽しみ会に毒を入れる計画を妄想していたのです。 その話にヒントを得たみきおは、彼の計画を実際に実行に移し、鈴の父親である文吾に罪を被せることを思いつきます。 そのためには周到な準備が必要。 みきおは農家である徳本卓也の家から農薬を盗み、三島千夏に飲ませようとします。 ところが、そこに思わぬ事態が発生。 1989年1月7日、田村心が音臼村にタイムスリップしてきたのです。 千夏ちゃんを死なせまいと奮闘する心でしたが、結局、彼女はみきおの手にかかって殺されてしまします。 とはいえ、正体の分からない彼が自分の計画を知っていることに、みきおは強い警戒心を抱くようになります。 みきおの実験は次の段階へと進み、青酸カリの入手に成功します。 この頃から、彼は計画の内容を正志にも話すようになりました。 心が音臼小に着任した翌日、みきおは学校のウサギを青酸カリで殺します。 次のターゲットは、鈴と喧嘩をしていた三島明音ちゃんでした、ところが、利用していた長谷川翼は逃げ出してしまい、翌朝には自殺。 明音ちゃんも一命をとりとめてしまいます。 そんな折、みきおは心が投げ捨てたノートを偶然にも拾うのでした。 音臼小事件が起きる未来を知ったみきおは、邪魔者である心や他の人間を排除するために動きます。 彼は事件の捜査を進めていた刑事・金丸を崖から突き落として殺害。 一方、心はふたたびタイムスリップし、村から消えてしまいます。 こうして、物語は現代へと移ります。 「犯人の日記」は後編へと続くのでした。 みきおは思いを寄せる鈴を独占するため、そして正志は12年前に捕まった母の復讐を果たすため、文吾に罪を被せようとしました。 しかし、そんな危険な思惑を抱いていた二人が、最初に知り合ったきっかけはいつだったのでしょうか。 今回の動画で、その詳細が明らかにされました。 どうやら田中義男の家に上がっていたみきおは、そこで正志とファーストコンタクトを果たしていたようです。 正志はみきおがノートに描いていた不気味な絵を見て、彼の心の闇を知ってしまったのかもしれません。 それと同じ闇を、きっと正志自身も抱えていたはずだからです。 直接手を下したのは加藤みきおなのか、あるいは田中正志なのか判然としませんでしたが、この「犯人の日記」で前者だったことが分かりました。 田村心を演じた竹内涼真は「子どもに押されて落ちるか?」とツッコミを入れていましたが、金丸役のユースケ・サンタマリアいわく、「意外と落ちる」とのこと。 これでひとつの謎が解けました。 そんななかで目撃したのが、文吾が三島千夏ちゃんを引きつれて森へと入っていく光景。 もちろん、文吾は彼女の殺害にまったく関与していないことは、すぐに明らかにされます。 とはいえ、なぜ二人は森へと入っていったのでしょうか。 その答えも、今回の動画で判明しました。 千夏ちゃんは森のリスに餌をあげるため、ひとり森の中に入ろうとしていたとのこと。 文吾はそんな彼女を連れ戻そうとしていたのです。 細かい謎ですが、こうやってひとつひとつ明らかになるとスッキリします。 『テセウスの船』犯人の日記(前編)ネタバレ 昭和63年12月5日の日記 今日もあいつらは汚い手で僕を叩いてきた。 低脳なヤツらの相手をするのは疲れる。 みんないなくればいいのに 昭和63年12月7日の日記 正義の味方が現れた。 これからは僕が鈴ちゃんを守ってあげたい。 僕が鈴ちゃんの正義の味方になりたい。 昭和63年12月8日の日記 田中のおじいちゃんの詩は相変わらずつまらない。 書くふりをしてノートに落書きしていたら まさしとかいう息子がおかしそうに笑ってた。 変わったヤツだ。 昭和63年12月11日の日記 田中のおじいちゃんの家で まさしがアリの巣に農薬をかけた。 いっぱいのアリがのたうちまわって動かくなった。 気持ちがすうっとした。 人間だったらどうなるのかな。 昭和63年12月12日の日記 またイジメられておじいちゃんの家に行ったら まさしがいた。 まさしもまさしの妹も昔、イジメられたという。 まさしが面白い話を聞かせてくれた。 小学校のお楽しみ会で オレンジジュースを毒に入れるという計画。 まさしは昔考えた妄想だけどと笑った。 だったら、僕がやるよ。 お楽しみ会のことを考えているだけでワクワクする。 父親は捕まって、僕だけが鈴ちゃんの正義の味方になれる。 サイコー! 昭和63年12月17日~の日記 みきおがどんどん暴走していく。 まさしは思ったよりもバカだ。 完璧な計画には準備が必要なのに。 なにも分かってない。 まずは実験しないと。 失敗は許されない。 実験の計画は決まった。 まずは農薬で試してみよう。 さあ、モルモットは誰にしようか。 昭和64年1月1日の日記 音臼神社に初詣に行った。 三島医院の家族が来ていた。 あの小さい女の子がいい。 実験はあの子にしよう。 昭和64年1月6日の日記 農薬は手に入れた。 マヌケそうな農家のオジサンの軽トラから盗んだ。 もう、待ちきれない。 実験は明日にしよう。 ラムネに入れて飲ませればいい。 キレイな青色のラムネ、美味しそうだ。 平成元年1月7日の日記 パラコートは予想外に時間がかかった。 やはり『本番』は、あの薬でいこう。 計画通り、次はもっと大きい人間試しみる。 知らない男が邪魔をしようとした。 アイツは誰だ? どうして農薬を持ち出した? 実験のことをどうして知ってる? 平成元年1月8日の日記 みんなバカだ。 僕が飲ませたのに、何も気付いていない。 あの薬は手配した。 『本番』に向け、まずは準備だ。 念入りに、慎重に。 誰にも邪魔はさせない。 平成元年1月9日の日記 超能力?笑える。 誰だろうと邪魔はさせない。 計画は完璧だ。 平成元年1月10日の日記 次のモルモットを決めた。 いよいよ『本番』に向けてカウントダウンだ。 ワクワクする。 平成元年1月11日~の日記 警察は千夏の捜査を続けている。 でも案外バレない。 『本番』に向けて、そろそろ次のイベントを始める。 ワクワクしておじいちゃんのノートに落書きした。 次のイベントの計画をまさしに教えてあげた。 まさしはすごいねと楽しそうだった。 まずはウサギで実験だ。 平成元年1月13日の日記 アイツ、先生だったんだ。 なんで僕の名前を知ってる? なんかおかしい。 アイツには気をつけないといけない。 やっぱりあの薬はすごい! 朝になったら皆がどんな顔するか・・・ 楽しみ過ぎて今夜は寝られそうにない。 平成元年1月14日の日記 明音が鈴ちゃんをイジメた。 やっぱり明音は許せない。 計画通りにお仕置きしないと。 もっとあの薬が必要だ。 翼にやらせよう。 アイツの秘密は全て知っている。 平成元年1月15日の日記 今日は気分が悪い。 気晴らししたくてウズウズする。 やるなら今日だ。 今日がいい。 翼のヤツ、逃げやがった。 青酸カリの実験をしろって言ったのに。 もう明音はいらない。 バイバイ。 平成元年1月17日の日記 翼が死んだ。 バカなヤツだが盛り上げてはくれた。 本番まで、あと2ヶ月。 待ちきれない。 平成元年1月18日の日記 未来のノートを拾った。 僕の音臼小の計画が新聞に載っている。 スゴイスゴイ。 僕は未来を手にした。 平成元年1月19日の日記 贈り物をするって楽しいなぁ。 今どんな顔してるんだろう。 もっともっと楽しませてあげないと。 平成元年1月20日の日記 教室に21と書かれた箱にオレンジジュースを入れるみきお。 心先生の驚いた顔、サイコー。 これでもう、僕は止められないって 分かってくれたはず。 計画の邪魔をするヤツは許さない。 平成元年1月21日の日記 金丸って刑事と 未来のノートを探しに行く約束をした。 もうすぐ、まさしが迎えに来る。 さあ、心先生もそろそろ気付く頃かな。 平成元年1月22日の日記 さよなら、刑事さん。 誰にも僕の邪魔はさせない。 心先生も消えた。 これで邪魔者はいなくなった。 前半の「犯人の日記大公開」は以上となります。 後半は大人になった加藤みきおの日記が3月29日に公開され、4月6日からは本編のディレクターズカット版も配信されます。

次の

ドラマ『テセウスの船』犯人の日記が公開!?

テセウスの船 犯人の日記 無料

動画配信サービス「Paravi パラビ 」では、3月22日 日 に最終回を迎えたTBS日曜劇場『テセウスの船』の Paravi特典映像『テセウスの船 完全ネタバレ! 犯人の日記大公開』を独占配信することが決定した。 前編は最終回放送直後から配信スタートし、後編は3月29日 日 より配信する。 『テセウスの船』は、殺人犯として逮捕された父親の事件の謎を追う息子が事件の起きた平成元年にタイムスリップしてしまう人気コミックを原作とした本格ミステリー。 主人公の田村心(たむら・しん)をTBSの連続ドラマ初主演となった竹内涼真が演じ、心の父親・佐野文吾(さの・ぶんご)役を鈴木亮平、母親・佐野和子(さの・かずこ)役を榮倉奈々、心の妻・田村由紀(たむら・ゆき)役は上野樹里が演じた。 その他にも、心を怪しんで正体を暴こうとする刑事・金丸茂雄(かねまる・しげお)役にユースケ・サンタマリア、殺人事件のあった小学校の教員・木村さつき(きむら・さつき)役には麻生祐未など、令和と平成、二つの時代をまたぐ壮大な事件の鍵を握る人物に多彩で本格派の俳優陣が集結したことでも注目を集めた。 さらに、原作者の東元俊哉がイベントで、「真犯人は原作とは違うと聞いている」と発言したこともあり、放送が進むにつれ犯人が誰かという「犯人考察」ブームが過熱。 放送回を増すごとに謎が深まるドラマの内容と相まって、ネットやSNS上でも様々な意見が飛び交い、話題を呼んだ。 そして、最終回でついに事件の黒幕とその動機が明かされたのだが…。 緻密かつ大胆、予測不能な犯行で主人公・田村心と視聴者を翻弄し続けた犯人の視点から、その犯行の一部始終を前編・後編に分けて振り返る内容だ。 Twitterで密かに運営されていた真犯人のアカウント「おじいさんの古い斧」 gfsoldaxe の謎めいたツイートの秘密や、地上波本編では明かされなかった事件の裏側の未公開映像も含まれている。 そんな犯行日記の全貌を見届けるのは、本編で犯人に翻弄され続けた竹内涼真(田村心)と鈴木亮平(佐野文 吾)。 2人もはじめて知る事件の裏側に、思わず飛び出す本音トークも見どころのひとつ。 事件の裏側を知ることで、もう一度本編を見たくなること間違いなし!Paraviでは、『テセウスの船』の1話から最終話までの全話を独占配信中だ。 さらに、4月6日 月 0時より未公開シーンを含んだ 『テセウスの船 ディレクターズカット版』の独占配信も決定!犯行の詳細を『テセウスの船 完全ネタバレ! 犯人の日記大公開』で把握してから見直すことで、本編をより一層楽しんで頂けるはずだ。 【Paravi特典映像 配信情報】 [タイトル]『テセウスの船 完全ネタバレ! 国内ドラマのアーカイブ数は日本最大級。 その他、人気ドラマのバラエティや映画、アニメ、音楽、経済情報、海外作品など豊富なラインナップを月額1,017円 税込 で楽しめるParaviベーシックプランの他、コンテンツ毎に購入できるレンタル作品もご覧いただけます。 Paraviベーシックプランは初回登録から2週間無料。 *Paraviの最新情報は「News.

次の