吉川 市立 東 中学校。 吉川市立吉川中学校建設

吉川中学校(新潟県上越市)

吉川 市立 東 中学校

吉川中学校通学区域の編成と南中学校通学区域の見直しについて 市教育委員会では、平成32年4月に開校を予定している、吉川中学校の通学区域の編成とこれに伴う南中学校の通学区域の見直しについて、平成28年8月に学区審議会(学識経験者、関係学区の学校長、関係学区のPTA会長、関係学区の自治会長、市議会議員で構成)への諮問を行いました。 学区審議会には、平成28年8月から10月にかけて、3回の審議会を開催していただき、諮問に対する答申を市教育委員会へ提出していただきました。 市及び市教育委員会ではこの答申を受け、11月に吉川中学校の建設や美南小学校の仮設校舎建設などと合わせて、「市長キャラバン」を中曽根小学校区と美南小学校区において開催させていただきました。 また、12月には、吉川中学校の通学区域に特化した内容で「どこでも市長」を美南一区自治会及び育まち自治会で開催させていただきました。 市及び市教育委員会では、学区審議会からの答申を基に、「市長キャラバン」や「どこでも市長」で市民の皆様からいただいたご意見を尊重しつつ、中学校選択制度の弾力的運用により、中学校の指定を行うことを前提に、次のとおり吉川中学校の通学区域の編成を行い、合わせて南中学校の通学区域の見直しを行うことを12月22日開催の教育委員会へ議案として上程し、承認されました。 今後は、通学区域を定めた規則の改正や中学校選択制度の弾力的運用を行うための規則の制定に向けた作業を進めてまいります。 吉川中学校の通学区域 高久一丁目、高久二丁目、中曽根一丁目、中曽根二丁目、道庭一丁目、道庭二丁目、美南二丁目、美南三丁目、美南四丁目、美南五丁目 吉川中学校開校後の南中学校の通学区域 中川台、平沼1番地から50番地まで、53番地から195番地まで、214番地から316番地まで、平沼一丁目、保、保一丁目、 木売新田、富新田、中野、木売、高富、高久、中曽根、道庭、木売一丁目から三丁目まで、高富一丁目、高富二丁目、美南一丁目 中学校選択制度の弾力的運用について 中学校への進学(新1年生)に際しましては、通学区域外の学校を選択希望(申請)した場合、各校の受入可能数の範囲内において通学区域外の生徒を受入れる制度(中学校選択制度)がございます。 今回の中学校選択制度の弾力的運用とは、南中学校の通学区域の内、JR武蔵野線以南の木売二丁目・三丁目、高富一丁目・二丁目、美南一丁目の区域内に住所を有する方が中学校進学の際に、吉川中学校を選択希望された場合、吉川中学校施設規模に基づく受入可能数の範囲内において抽選によることなく、且つ優先的に吉川中学校を指定校として受け入れるものでございます。 この制度運用に関しましては、「吉川市立小学校及び中学校の就学に関する規則の特例に関する規則」を制定し、平成31年度より施行してまいります。 吉川中学校通学区域の調整選択区域の追加について 吉川中学校の通学区域である高久一丁目の区域内に住所を有し高富町会に所属する方が中学校へ進学する際には、吉川中学校ではなく南中学校を選択(調整選択校)することもできます。 この追加に関しましては「吉川市立小学校及び中学校の就学に関する規則」を改正し、平成31年度より施行してまいります。 平成31年度に南中学校1年生、2年生に在籍する場合について 平成32年度からは原則として、通学区域により指定された中学校へ就学していただきますが、平成31年度にJR武蔵野線以南の区域に住所を有する全ての南中学校1年生、2年生を対象に、南中学校又は吉川中学校いずれの中学校への就学を希望するか意向確認アンケートの実施を検討しております。 一部が改正された規則及び新たに制定された規則について 吉川中学校の通学区域の編成及びこれに伴う南中学校の通学区域の見直し、吉川中学校通学区域の調整選択区域の追加を行うために、改正及び制定された規則は次のとおりです。 中学校選択制度の弾力的運用のために、新たに制定された規則は次のとおりです。 PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布している ADOBE READER アドビリーダー が必要です。 お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。

次の

埼玉県吉川市の中学校一覧

吉川 市立 東 中学校

そのため、中には実情とは違う情報が掲載されている可能性もございます。 情報に誤りを見つけられた場合や、新たな情報をお持ちの場合は、から投稿をお願いいたします。 回答のあった学校に偏りがあった場合など、必ずしも実情とは一致しない場合もあります。 例えば、実際にはプールのある学校は珍しくなくても、たまたまある地域でプールのない学校ばかりが投稿された場合、プールのある学校は「珍しい」と判定されます。 予めご了承ください。 ガッコムが提供する情報は、すべて公的に利用可能な情報に基づいています。 調査年度について 通学区域 学区 情報は【2018年度調査】のものです。 また、児童生徒数情報は【2019年度調査】のものです。 校区マップ 学区地図 について 公立学校のページでは、通学区域 学区 情報を地図上で視覚的に把握することも可能です。 地図上で表示されている通学区域 学区 情報は、【2013年度】の通学区域情報を元に、ガッコムが独自に作成・加工したものです。 学区の可能性が高いエリアは、より濃いオレンジ色で色塗りされています。 データは必ずしも正確とは限りません。 また、通学区域 学区 は毎年見直しの対象となります。 どうかご注意の上、ご参考までにご利用ください。 尚、通学区域は、地域によって「学区」「校区」「校下」等の通称が使用されていますが、当サイトでは主に「通学区域」「学区」を使用しています。 小学校は平成27年度~平成31年度、中学校は平成24年度~平成27年度のものです。 学級編制の弾力化 少人数学級の導入 について 学級編制の弾力化によって、全県一律に国の標準 40人、小1は35人 を下回る一般的な学級編制基準を設定することか? 可能になりました。 児童生徒数情報ページにおいて、学級編制の弾力化を実施する都道府県の状況を紹介しておりますが、この情報は【2013年5月1日現在】のものです。 地域別情報について 市区町村別の情報として、以下を掲載しています。 公立小中学校における学校選択制の導入状況 【2012年度】• コミュニティ・スクール 学校運営協議会制度 の指定状況 【2016年4月1日現在】• 公立学校の耐震化率 【2018年4月1日現在】• 公立小中学校における情報化状況 【2018年3月1日現在】• 小中学校における外国人児童数・帰国子女数 【2013年5月1日現在】• 長期欠席者数 【2013年5月1日現在】• 乳幼児医療費援助 【2017年4月1日現在】• 医療従事者数 【2016年12月31日現在】• 火災発生件数 【2008年度】• 事故発生件数 【2009年度】• 犯罪発生件数 【2009年度】 都道府県別の情報として、以下を掲載しています。 公立小中学校における学校選択制の導入状況 【2012年度】• 学級編制の弾力化 少人数学級の導入 について 【2013年5月1日現在】• 学校給食実施率:公立 【2015年度】• 学校給食費:公立 【2018年度】• 不登校児童生徒数:国立・公立・私立 【2017年度】• 生徒一人当たり教育費等:公立 【2016年度】• 公立小中学校における情報化状況 【2018年3月1日現在】• 公立小中学校における空調(冷房)設備設置状況 【2017年4月1日現在】• 小中学校における外国人児童数・帰国子女数 【2013年5月1日現在】• 医療従事者数 【PARADEMIC現在】• 建物火災出火件数 【2008年度】• 交通事故発生件数 【2009年度】• その際には、利用者の皆様からのフィードバックや情報提供が必要な場合もございます。 どうか皆様のご理解とご協力をお願い申しあげます。 学校の公式情報について ガッコムでは各学校の公式サイトへのリンク状態を常に確認していますが、学校により、それまでなかったホームページが突然設置されたり、URLが変更されたりすることもあります。 もし上記のような変更にお気づきになりましたら、「ガッコムへのお問い合わせ」からご連絡ください。 尚、公式情報の更新については、トップ画面の情報のみをチェックしています。 また、同情報は公式ページの更新有無を保証するものではございません。 サイトメンテナンス等により、更新が確認できない場合もございます。 本サービスのご利用により生じる不利益には一切責任は負いかねます。 予めご了承ください。

次の

吉川市立吉川中学校建設

吉川 市立 東 中学校

内覧会の中止について 令和2年3月28日(土曜日)に予定しておりました「吉川中学校内覧会」は、新型コロナウイルス感染防止のため、中止となりました。 外構工事が完了し、校舎内に備品を搬入しています 外構工事のグラウンド整備及び校舎周辺工事が完了しました。 校舎内は、学校備品搬入作業が始まり、開校に向けて準備が整いつつあります。 搬入作業は3月中旬までを予定しています。 1月工事状況の様子 工事の航空写真を撮影しました。 1月下旬工事進捗状況 建物本体工事が終了し、外構工事を進めています 建物本体工事が終了し、現在は手直し作業を行っています。 外構工事は、引き続きグラウンド整備及び校舎周辺工事を進めています。 2月中旬からは、学校備品搬入作業が始まります。 12月工事状況の様子 工事の航空写真を撮影しました。 12月下旬工事進捗状況 内装工事・外構工事を進めています 内装工事も残りわずかとなり、仕上げを中心に工事を進めています。 体育館は床の仕上げが終わり、広々とした空間となりました。 校舎周辺のグラウンド・駐車場の整備も進んできています。 11月工事状況の様子 工事の航空写真を撮影しました。 11月下旬工事進捗状況 内外装工事を進めています 外部足場が外れ、校舎全体を確認できるようになりました。 敷地西側受水槽の壁面になまりんを表示しています。 校舎内部は床が貼られ、各教室の内装工事が進んでいます。 11月下旬工事進捗状況 10月工事状況の様子 工事の航空写真を撮影しました。 10月下旬工事進捗状況 外壁塗装と内装工事を進めています 外壁塗装のほか、校舎内装工事を行っています。 一部では外部足場が外れ、敷地の外からでも校舎外壁色を確認することができます。 内装工事では、仕上げとなる天井材の設置が進んでいます。 10月下旬工事進捗状況 9月工事状況の様子 工事の航空写真を撮影しました。 9月下旬工事進捗状況 体育館屋根と内装工事を進めています 防水工事や体育館屋根工事のほか、引き続き校舎内部を中心に工事を進めています。 4階部分に設置されるプール下地には、下の階に水が漏れないように防水工事が行われています。 教室ごとの壁も設置され、大きな空間が少しずつ学校らしい空間へと変化してきました。 9月上旬工事進捗状況 8月工事状況の様子 工事の航空写真を撮影しました。 8月下旬工事進捗状況 校舎の内部を中心に工事を進めています 校舎及び体育館の躯体が完了し、1階部分から内装工事を進めています。 外部に面する建具の搬入及び設置も完了し、1階部分から順に仕切り壁の設置や天井下地の工事に取り掛かっています。 8月上旬工事進捗状況 7月工事状況の様子 工事の航空写真を撮影しました。 7月下旬工事進捗状況 校舎屋上に着手、体育館屋根の下地鉄骨が組み上がりました 校舎屋上部分の工事に着手し、屋上に上がる階段室のほか、太陽光パネル基礎などの工事を行っています。 体育館部分については、屋根下地の鉄骨が組み上がりました。 外観は一歩一歩、完成形に近づいています。 7月上旬工事進捗状況 6月工事状況の様子 工事の航空写真を撮影しました。 6月下旬工事進捗状況 内部工事も進んでいます 内部工事もいろいろな工程があり、工事が進められています。 コンクリートを打つ下の階は、その荷重を支えるため足場だらけとなります。 コンクリートが固まったことを確認した後、支えていた足場を外し、内装工事に着手することができます。 6月上旬工事進捗状況 5月工事状況の様子 工事の航空写真を撮影しました。 5月下旬工事進捗状況 5月上旬工事進捗状況 4階床部分に着手しました 3階部分まで建物が建ち上がり、現在4階部分の工事を進めています。 校舎棟1階部分は内装工事に着手する箇所もあります。 4月中旬工事進捗状況 2階部分及び3階床工事に着手しました 1階部分と2階の一部でコンクリート工事が完了し、現在2階部分をメインに工事を進めています。 工区により工事の進捗状況が異なっているため、既に3階床工事に着手している箇所もあります。 校舎部分は2階まで建ち上がり、敷地外からも工事の様子が見られるようになってきました。 3月下旬工事進捗状況 2月下旬工事進捗状況 1階壁面の工事に着手しました 基礎部分の工事も終わりに近づき、部分的ではありますが1階壁面工事に着手しました。 外部仮設足場も設置され、徐々に建物らしさが見られるようになってきました。 2月上旬工事進捗状況 1月下旬工事進捗状況 建物基礎工事を進めています 基礎部分の鉄筋工事、コンクリート工事及び型枠工事を進めています。 クレーンによる材料の移動に対して、落下防止等安全対策に努めています。 12月下旬工事進捗状況 12月上旬工事進捗状況 建物基礎工事に着手しました 11月から建物地中部分の基礎工事に着手しました。 建物を5つの工区に分けて、円滑な工事の進捗と工事の適正管理に努めています。 11月下旬工事進捗状況 11月中旬工事進捗状況 杭工事に着手しました 9月末から建物基礎部分となる杭工事に着手しました。 1か月程度を掛けて、5本繋ぎとなる長さ46メートルの杭を地中内に104本設置します。 10月下旬工事進捗状況 10月上旬工事進捗状況 9月下旬工事進捗状況 根伐り工事を実施しています 8月中旬から校舎基礎部分の土を搬出する根伐り工事に着手しました。 9月中旬以降、建物を支える杭工事に着手する予定です。 8月下旬工事進捗状況 建設工事に着手します 7月中旬から敷地外周の草刈りなどを実施し、敷地外周部に仮囲いを設置しました。 今後、建物の着工準備のための場内整備を完了し、建設工事に着手します。 8月上旬工事進捗状況 開校準備事業について 吉川中学校開校準備に向けた情報などは、学校教育課のページで確認できます。 中学校建設事業者が決定しました 校舎および体育館の本体工事に対し、建築工事、電気設備工事、機械設備工事の3事業者を決定するため、5月中旬に入札を行い、6月定例議会の議会承認を得て工事事業者が決定しました。 また、併せて工事監理事業者も入札により決定し、本体工事に関わる全ての事業者が決定しました。 これから仮設計画などの検討に入り、計画がまとまり次第、工事に着手します。 工事に際してご迷惑をおかけしますが、安全に心掛けて工事を行いますので、ご協力いただきますようお願いいたします。 事業者• 建築工事 関東建設工業株式会社 さいたま支店• 電気設備工事 株式会社イートラスト埼玉• 機械設備工事 株式会社サイエイヤマト• 施工監理 株式会社相和技術研究所 吉川中学校実施設計の決定 基本設計を基に検討を重ね、吉川中学校の実施設計がまとまりました。 今後、工事着手に向けて事業を進め、平成32年4月開校を目指します。 学校名称が吉川中学校に決定しました 学校名が吉川市立吉川中学校に決定しました。 学校教育課のページで確認できます。 (仮称)吉川市立第4中学校基本計画及び基本設計の決定 必要となる学校施設としての機能と、これまで行ってきた市長キャラバン、市民代表ワークショップ及びパブリックコメントなどでいただいた皆様の意見を検討し、基本計画及び基本設計を決定しました。 今後、実施設計において詳細部分の検討、修正を行いながら、学校建設に必要となる申請手続きなどを行なってまいります。 (仮称)吉川市立第4中学校基本計画及び基本設計(案)の意見について 広く皆様方からの意見をいただくためにパブリックコメントを実施して、平成29年2月27日(月曜日)に意見の募集を終了しました。 提出されたご意見について十分に検討の上、それに対する市の考え方をまとめました。 皆様からの貴重なご意見ありがとうございました。 (仮称)吉川市立第4中学校の設計に係る市民代表ワークショップについて報告書を作成しました。 (仮称)吉川市立第4中学校の設計に係る市民代表ワークショップについて 概要 新たな中学校を建設するにあたり、学校関係者をはじめ、地域や学校に関わる方々などの代表者から、学習環境における施設構成や施設利用、地域における学校施設の在り方や関わり合いなどについてご意見頂き、施設計画への提言とすることを目的としたワークショップを開催しました。 参加メンバー21名• 保護者代表・美南小学校、中曽根小学校、南中学校から各1名• 地域代表・美南地区自治連合会及び吉川南部自治連合会から各1名• 議員代表・市議会議員1名• 学校代表・美南小学校長、中曽根小学校長、南中学校長• 学識経験者1名(元学校長)• 教職員代表・学校教育課教職員3名• 学校管理代表・学校教育課職員、教育総務課職員から各1名• 設計者(進行役)・ 株 相和技術研究所3名• 事務局・教育総務課職員3名 開催日時• 第1回・平成28年10月6日(木曜日)美南小学校2階会議室18時30分から20時30分• 第2回・平成28年10月20日(木曜日)美南小学校2階会議室18時30分から20時30分• 第3回・平成28年11月4日(金曜日)美南地区公民館洋会議室18時30分から20時30分• 第4回・平成28年11月17日(木曜日)美南小学校2階会議室18時30分から20時30分 テーマ(仮称)吉川市立第4中学校のあり方を考える• 報告書 第1回から第4回までのワークショップでの討議内容及び提言、基本設計への反映事項等について、報告書を取りまとめました。 PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布している ADOBE READER アドビリーダー が必要です。 お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。

次の