鬼滅の刃 煉獄死ぬ。 【鬼滅の刃】死なないで兄貴!カッコよすぎる煉獄杏寿郎の最期とは?家族との関係は?

煉獄杏寿郎死亡シーンは?炎柱が死ぬ最期に対して殺した鬼は誰なのか

鬼滅の刃 煉獄死ぬ

Contents• 【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎死亡!心の強さを魅せた最後の戦い では、順を追ってご紹介していきますね! 初登場は、単行本6巻44話。 那田蜘蛛山編が終わった直後ですね。 鬼である禰豆子を連れていることに関しての柱合会議に参加していました。 その際は、はっきりとした物言い、 笑顔だけど鬼に対する許せない気持ちがにじみ出ていました! そして、再登場してくるのは、その少し後。 煉獄杏寿郎と合流し、下弦の壱・ 魘夢(えんむ)を討伐する為、共に戦います。 最初は魘夢の血鬼術により支配されてしまいますが、真っ先に目を覚まし炭治郎たちに指示を出します! その的確な判断により、炭治郎が魘夢の頸を落とすことに成功するのです! が、しかし。 ここでなんと上弦の参・ 猗窩座(あかざ)が突如現れます!! 魘夢戦で負傷した炭治郎たちを庇い、一人で立ち向かう煉獄杏寿郎。 猗窩座は煉獄杏寿郎を 「 すでに至高の域に達している」 と高く評価し、死も老いも無い鬼にならないかと誘いますが、 「 老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ。 相容れない2人は戦い始めます! 両者互角で戦い続けるも、煉獄杏寿郎はダメージを負い、猗窩座は再生していく。 有利なのは猗窩座でした。 煉獄杏寿郎は薄れゆく意識の中で、幼い頃を思い出します。 「自分がなぜ強く生まれたのか」 と母に問う杏寿郎。 「弱き人を助けるため」 母が答えた言葉。 このままでは炭治郎たちも乗客たちも殺される。 そんなことがあってはならないと、煉獄杏寿郎は最後の力を振り絞り、猗窩座の首を落とそうとします!! 「俺は俺の責務を全うする!!」 「ここにいる者は誰も死なせない!!」 第1位 【下弦壱魘夢戦〜上弦参猗窩座戦】 2017年ジャンプと言えばこれ あえて魘夢戦も含めてるのは猗窩座戦が鬼と人の対比を描いていたことに加えて下弦と上弦の対比も描いていたから — ウララ urara256 しかし、猗窩座は昇り始めた日の光を恐れ、自らの手を切り落として逃げ出してしまいます! 炭治郎たちも乗客たちも守りきった煉獄杏寿郎でしたが、すでに死からは逃れられません・・・ 死を悟った煉獄杏寿郎は炭治郎たちに 「 胸を張って生きろ」 「竈門少年、猪頭少年、黄色い少年。 もっともっと成長しろ。 そして… 今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。 俺は信じる。 君たちを信じる 」 と言葉を残します。 「 立派にできましたよ」 そう温かに煉獄杏寿郎を労うのでした・・・。 以降飲んだくれになってしまいましたw 理由は、 日の呼吸の存在を知り、他の呼吸は日の呼吸の派生であることを知ってしまいます。 その結果、メンタルがやられ引退しお酒を飲むようになりました。 杏寿朗さんの死を聞いた際は、才能がないのにと攻めながらも遺言を聞いた際に堪えていた悲しみが溢れたように泣き出しました。 まとめると….

次の

煉獄杏寿郎死亡シーンは?炎柱が死ぬ最期に対して殺した鬼は誰なのか

鬼滅の刃 煉獄死ぬ

第10位 禰豆子が小さくなって逃げるシーン 第10位は炭治郎に逃げるように言われて走り出す禰豆子。 カナヲに狙われて切られそうになった瞬間、背を縮めて子供の姿に変身し「とててててて」と可愛らしい足音を立てて逃げ出します。 最終的には追い詰められてしまいますが、カラスの伝令で本部へ連れ帰るように命令が入り助かりました。 その頃冨岡としのぶは…… しのぶの継子カナヲは禰豆子を追いかけ仕留めようとしていましたが、その頃冨岡も禰豆子を逃がす為にしのぶをアームロックで食い止めていました。 そして2年前からの話で間を伸ばそうとしたところ、しのぶに「嫌われているといった事根に持ってます?」といわれかなりダメージを受けてしまいました。 第7位 天元が最後の言葉を言い残せなかったシーン 第7位は天元が最後の言葉を妻に残……そうとしたシーン。 大けがと毒により瀕死となってしまった天元は最後の言葉を妻たちに残そうとします。 しかし3人の妻のうちの1人が大騒ぎ!天元の言葉を遮ってしまい最後の言葉を告げる事も出来ないまま毒が回って喋れなくなってしまいました。 このシーンはコミカルに描かれていたので助かる気はしていましたが…… 天元を救った救世主は禰豆子 もはやこれまでかと天元もあきらめかけたその時、4人の元へひょっこりやって来たのは禰豆子でした。 禰豆子は天元に触れると毒を燃やす血鬼術で天元の身体から毒を消し去ってしまいます。 しかしその姿はまさに燃えている姿そのもので、一時は妻の1人に怒られてお尻を叩かれそうになりました(笑) 第6位 甘露寺が走り寄ってくるシーン 第6位は個人的に好きだったこのシーン。 刀鍛冶が暮らす里へやって来た炭治郎の元へ甘露寺が泣きながら走り寄ってくるのですが、その際に大きく開いた胸元を見て炭治郎が「乳房が零れ出そうです!」と注意します。 しかも2回も「危ない!!」と真剣に言っている所がなんだか笑える名シーンでした(笑) 第5位 禰豆子の覚醒シーン 第5位は禰豆子が炭治郎のピンチで大人の姿になって鬼化が進んでしまうシーン!体中に紋様のような物と血管が浮き出て、右の額からは鬼の証でもあるツノが生えてしまっています。 こうなった禰豆子はパワーだけでなく再生能力も飛躍的に向上するのですが、自我を失ってしまい本当の鬼になってしまいそうになります。 そんな禰豆子を落ち着かせたのは炭治郎の子守歌 鬼化が進み過ぎて炭治郎でも止められなくなってしまった禰豆子でしたが、天元に「子守歌でも歌ってやれ」といわれて炭治郎は昔母親が歌っていた子守歌を禰豆子に歌って聞かせます。 すると禰豆子はみるみる落ち着きを取り戻し、最終的に子供の姿に戻り涙を流しながら眠りにつきました。 第4位 鱗滝からの手紙を読み上げるシーン 第4位はお館様の前に柱が勢ぞろいしひざをついて話しを聞くシーン。 普段個性が強すぎてまとまりがほとんどない柱たちですが、お館様を前にするとビシッとまとまりを見せます。 この時は炭治郎と禰豆子の事についての話だったのですが、禰豆子の扱いに関して騒ぎ立てる一面もあったものの、お館様が指を口に当てるとぴたりと静まり返りました。 第3位 妓夫太郎兄妹の最後のシーン 第3位は妓夫太郎と堕姫の最後のシーン。 首を切られた2人は顔を向い合せるように転がり激しい口喧嘩を始めてしまいます。 喧嘩はエスカレートし、妓夫太郎はつい「お前なんか生まれて来なきゃよかった」と言いそうに……その時炭治郎は妓夫太郎の口をふさぎ、代わりに「嘘だよ」と言いました。 大泣きする堕姫。 それでも最後は一緒に…… 灰のように消えてしまい死んでしまった2人。 妓夫太郎は地獄へ行く覚悟をして歩き始めます。 そこへやって来た堕姫。 その姿を見ると昔の人間の姿になっていました。 これから地獄へと落ちていく妓夫太郎は堕姫に向かって「お前は反対の明るいほうへ行け」と告げます。 しかし泣きながらずっと一緒だと言って飛びつく堕姫。 2人はそのまま地獄へと仲良く落ちていきました。 第2位 禰豆子が冨岡から炭治郎を守るシーン 第2位は序盤で鬼化した禰豆子が炭治郎を必死に守ろうとするシーン!最初は鬼化の影響で炭治郎の命を狙っていたのですが、冨岡に気絶させられた姿を見ると一瞬の隙をついて炭治郎の元へ駆け寄ります。 この時冨岡も「食われる」と思ったのですが、禰豆子が取った行動は「守る」という行為。 これに驚いた冨岡は禰豆子を気絶させ、殺さずに見逃す事にしました。 第1位 煉獄の最後のシーン 第1位はやはり煉獄の最後のシーン。 現在のところ柱で唯一死んでしまったキャラクターですが、さまざまな名言を残して最後は笑顔で逝ってしまいました。 ちなみにこの笑顔は既に亡くなった母の姿を見て、自分がやるべきことを果たせたか尋ね「立派にできましたよ」と褒められたのを喜んで息を引き取ったシーンです。 名シーンランキングまとめ ここまでランキングを付けてきましたがいかがだったでしょうか?正直他にも沢山名シーンはあって悩みましたが1位は煉獄の最後にしました。 善逸や伊之助の名シーンを上げなくて怒られそうですが、今回はここまででご勘弁願います(笑).

次の

【鬼滅の刃】無限列車編まとめ!炎柱・煉獄杏寿郎に炭治郎は何を学ぶのか?ネタバレ【鬼滅の刃】

鬼滅の刃 煉獄死ぬ

Contents• 鬼滅の刃8巻65 話「誰の勝ちか」の内容&あらすじ・ネタバレ! 夜が明けるかどうかの瀬戸際の頃合いに、煉獄は猗窩座(あかざ)に胸を貫かれながらも意識を保っていた。 猗窩座(あかざ)は朝日を浴びれば消滅が待っているので、陽光から逃げねばと焦る。 しかし、煉獄は、猗窩座(あかざ)の頸を斬り落とすまでは絶対に放さないと右手に持った刀に力を入れる。 そんなとき、炭治郎は重症の体ではあるものの、なんとか鬼の頸を斬らねばと刀を握って叫んだ。 「伊之助動けーっ!!! 煉獄さんのために動けーっ!!!」 その声を聞いた伊之助は、猗窩座(あかざ)に技を繰り出そうとするが、そのときに猗窩座(あかざ)は自身の両腕を引きちぎって距離をとる。 両手を失っても、鬼はすぐに再生するのだ。 そのまま陽光から逃げるように森へと走る猗窩座(あかざ)に向かい、炭治郎は刀を全力で投げつけた。 炭治郎の日輪刀は猗窩座(あかざ)の胸を後ろから貫く。 「逃げるな卑怯者!! 逃げるなァ!!!」 その炭治郎の叫びを聞いた猗窩座(あかざ)は、自分は鬼殺隊から逃げているのではなく、太陽から逃げているのだと言い、煉獄は間もなく死ぬから勝負はついていると苛立ちを覚える。 それでも炭治郎は言葉を止めない。 自分たち鬼殺隊はいつも鬼に有利な環境で戦っており、人間は失った手足が戻ることもなければ、傷だって簡単に塞がらないと叫ぶ。 「煉獄さんの方がずっと凄いんだ!!強いんだ!! 煉獄さんは負けてない!! 誰も死なせなかった!!」 「戦い抜いた!! 守り抜いた!! お前の負けだ!! 煉獄さんの勝ちだ!!」 炭治郎は息も整わぬまま、森へと向かって叫び、涙を流す。 その姿を観た伊之助は体を震わせ、煉獄は優しい表情で口角を上げた。 「もうそんなに叫ぶんじゃない」「腹の傷が開く 君も軽傷じゃないんだ」 「竈門少年が死んでしまったら俺の負けになってしまうぞ」 そう言うと、煉獄は炭治郎をそばに来させて告げた。 「思い出したことがあるんだ 昔の夢を見た時に」 煉獄が語るのは何なのか。 死をも覚悟した青年は、心優しき少年に何を伝えるというのか。 スポンサーリンク 鬼滅の刃8巻65話ネタバレ感想!煉獄は死ぬ?あらぶった感想メモ いや、いやさー。 まじか。 まじですか。 いや、そんな、、、、 何この流れ。 これ煉獄さんマジで死ぬのですか、、、、いや、ちょっと待とう。 WAIT,WAIT,,, うん。 いやー 確かに、煉獄さんが猗窩座(あかざ)に胸を貫かれた時にヤバイなぁ、、、と思ったよ。 思ったけど、ここまでいい人な煉獄さんをここで殺したらだめじゃん。 弟一人残されるとかさぁ。。。 お父さんどうしてるんだろうか。。 で、本当に煉獄さんは死んでしまうのか考えてみたんだけど、この流れで逆に死なないためにはどうしたらいいのか予測してみる。 煉獄さんが死なないで済む方法は?考えてみた。 《その1》 お館様には実はすごい力があって、煉獄を助けに来てくれる。 《その2》柱の誰かが助けに来てくれる。 というか、柱の誰かは 治癒専門で、瀕死状態でも助けれちゃう。 《その3》動けるようにはならないけど、呼吸を使えるから 仮死状態みたいになって、一命はとりとめれる。 なんというか、あんまりどれもしっくり来ないです。 ただ、このまま死ぬんじゃなくて、意識を失ったまま眠り続ける的な救済措置だと嬉しい。 それならまだ希望あるし。 はじめは、無理やり鬼にさせられるとかも考えてたんですが、朝日が出てしまったので、猗窩座(あかざ)はもう帰ってこないだろうし、無いかなーという感じ。 一番怖いのは、ここで死んだと見せかけて、 ラスボスで出てくるパターン。 約束のネバーランドでもノーマンが死んだのかどうかあやふやにされているので、どうなるのか怖いです。。。 1時間でかいた鋼鐡塚さん 炭治郎が猗窩座(あかざ)に日輪刀を突き立てたところが気になっています。 というのも、2巻を読み返していて疑問に思う箇所があったからです。 鋼鐡塚さんも言っておりましたが、日輪刀の原料は特殊です。 そもそも、何故鬼は日の光を浴びることが出来ないのか。 「陽の光」と作中では書かれていますし、炭治郎の刀は「陽の光」を吸収する原料で出来ています。 そして、炭治郎が日輪刀を投げるときに、「ボッ」と炎が灯ったような描写をされているのが気になります。 猗窩座(あかざ)は結局、頸を落されたなかったので、生きてはいるのでしょうが、けっこうな致命傷を追っていることを祈ります。 ああああああああああああああああ それにしても、、、煉獄さん。。。。 煉獄さんは死ぬのか緊急アンケート!!!! 作っといてなんですが、こればっかりは選択出来ないと思うので、その他選んでもらって、ありったけをぶつけていただければと思います。。。 れんごくさん。。。 まじか。。。

次の