茄子 揚げ 浸し。 なすの揚げびたしのレシピ/作り方

なすの揚げ煮|レシピ|ゆとりの空間

茄子 揚げ 浸し

1 大根はすりおろし、麺つゆと混ぜておく。 麺つゆが濃縮タイプのものは薄めてください。 2 オクラは網のパックに入れたまま塩(分量外)を振りかけ、こすり合わせるように洗い、額のフチを剥く。 沸騰した湯に入れてサッと茹で、ザルに上げておく。 3 ナスは、縦4等分に切る。 フライパンに油を熱し、ナスを皮目から焼く。 4 じっくり焼いて、しんなりしてきたらパタンと倒して焼く。 焼き色がついたら同じように倒し3面焼く。 5 焼きあがったら1の麺つゆにドンドン入れていく。 6 オクラも少し焼き色がつく程度に焼いて麺つゆにつける。

次の

なすの揚げ煮|レシピ|ゆとりの空間

茄子 揚げ 浸し

なすの煮びたしのなすの切り方 なすの煮びたしは、 味の染み込みをよくし、箸や口で皮を割きやすくするために、皮に切り込みを入れるとよいです。 ヘタを切り落として縦半分に切り、皮に2〜3mm間隔で浅く切り込みを入れます。 次にフライパンの底面に皮が当たりやすくするために、なすをさらに縦半分にします。 あとは水にさっとつけてアクを抜きます(炒める直前にざる上げして、キッチンペーパーなどで水気をふき取るとよいです)。 なすの煮びたしには生姜の風味がぴったりなので、生姜は 皮ごと包丁の腹の部分で軽くつぶして使います。 生姜を入れて弱めの中火にかけ、生姜がフツフツとなってくれば一度火を止め、 なすの皮を下にしてきれいに並べてから、再び火をつけます(中火程度)。 ここでなすの皮側を油で炒めます。 なすの皮側に火が通って全体的にきれいな紫色になれば、なすを返して残りの2面を軽く焼きます。 Aを加え、煮汁が沸いたら そのまま3~4分煮ます。 はじめにしっかり炒めているので煮る時間は短めでOKです。 なすに火が通れば、保存容器や器に煮汁ごと移します。 熱々でも美味しいですが、2〜3時間以上味をなじませてから食べるのもおすすめです。 冷蔵庫に移して、翌日に食べてもとても美味しいおかずです。 仕上げに刻みねぎやみょうがなどの薬味を合わせても。

次の

茄子の揚げびたし。 by ラビー 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

茄子 揚げ 浸し

今後お客様に出せるくらいに極めたいのでどうかご教授願います。 色の変色が特にひどかったのは、皮の切り口に沿ってです(灰色)。 格子状に切れ目を入れたのでその部分もひどく。 いろいろ調べて自分で考えた理由は。。。 などです。 ラビーさんはナスを揚げる際、煮汁につける際はどのような鍋を利用してますか?(広い口のフライパン等) 面倒な質問で申し訳ありません。。。 どうしてもうまく作りたくて。 もし何かアドバイスあればよろしくお願いします(><) matu55さん、はじめまして。 揚げ浸し、作ってくださってありがとうございます。 味付けを気に入っていただけて嬉しいです。 茄子の変色についてですが、もしかすると「あく」のせいではないかなと思いました。 そして、水を切ったら時間を置かずにすぐに揚げていただくと良いと思います。 100%これだ!という自信がないので申し訳ないのですが、もしまたお作りいただくことがあれば是非お試しください。 あと、煮汁に漬ける時は、手順4の後すぐに熱いまま、耐熱のガラスボウル(パイレックス)に移し、あら熱をとってからラップして冷蔵庫で冷やしています。 はなはだ頼りない答えになってしまいましたが、お役に立てれば幸いです。

次の