ウイグル 核 実験。 ウイグル自治区とは?ウイグル弾圧問題をわかりやすく!

中国の核実験

ウイグル 核 実験

去る2014年4月30日、5月22日に相次いで爆発事件が起きた中国の新疆ウイグル自治区。 民族間の衝突がたびたび報じられる同地区だが、ウイグル地域はロプノールで地下核実験が行われたことでも知られている。 中国政府の公式発表によると、核実験は水爆実験を含め1964年から96年までに46回行われたとのこと。 そんな のでご報告しておきたい。 ・日本人旅行者も被爆している可能性がある!? ちなみに一説によると、核実験の影響で同自治区のウイグル人を中心に19万人が急死し、中国国内の健康被害者は129万人にのぼると言われている。 さらに、シルクロードを訪れた27万人の日本人旅行者も被爆している可能性があるとされる。 お、恐ろしい……。 ・実際に「エアカウンター」を持ちこんで測定してみた 使用したのはごく普通の、「ST 家庭用放射線測定器 エアカウンター」である。 ……やる気があるのか? いずれにしろロプノール以外の地域で10回ほど測定した結果、以下のような数値となった。 ウルムチ市内: 0. 11~0. 11~0. 12~0. ただしロプノール以外! 計測結果はすべて0. 10~0. なお、中央アジアに接するカシュガル近辺一帯は含んでいない。 さらに精度を求めたいのであれば、当然ながら高品質のガイガーカウンターを持ちこむことをお勧めする。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

アメリカの方が日本より被爆者が多い 原爆の秘密

ウイグル 核 実験

中国がチベットやウイグルを侵略して弾圧を続けていることをオカルトオンラインではシリーズでご紹介してきました。 中国政府はこの事実を認めていませんが、証言があること、そして国連が懸念を表明していることなどから、中国によるチベットやウイグルへの弾圧は事実です。 そして、それは過去の事ではなく今現在も行われています。 強制収容所での教育という名の虐待や虐殺、日常的な暴力や略奪…中国ではチベットやウイグル人であるというだけでむ、命の危険にさらされてしまうのです。 そして、それに対して現実的に何もできない国連や周辺諸国の無力さ…。 ですが、中国が行っことは、実はこれだけではありません。 中国は、あろうことか ウイグル人から奪った土地で核実験を行ったのです。 中国が行った核実験 画像:Pixabay 中国政府が新疆ウイグル自治区と呼ぶ場所は、正式には東トルキスタンという場所です。 1964 年から1996 年の間に、 中国はウイグル人から奪った東トルキスタンの土地で核実験を行いました。 その 回数は46回、通算出力は広島型原子爆弾の1370発分に相当する22メガトンに上りました。 最初の核実験は地表型のもので1964年10月、そしてそれを皮切りに46回・・・。 最後の地下核実験は1996年の行われました。 東トルキスタンの住民は当然反対しますが、その声が聞き届けられることなどありません。 ある分析では、中国による度重なる核実験で100万人が被爆したと言われていますが、正確な被害状況は明かされていません。 長い間、中国での核実験の実態は明らかにされておらず、日本でも報道されることがほとんどありませんでした。 中国がウイグル…東トルキスタンで行った地表で爆発される核実験は、 放射線物質の拡散がひどく汚染の度合いが大きな実験の形式です。 もちろん、地下核実験ならしてもいいということではありませんが、中国は、リスクが高い地表型の核実験をウイグル人から奪った東トルキスタンで実行したのです。 中国の核保有数は3000発 中国が最初に核実験を行った土地は、ロプノール…。 東トルキスタン 新疆ウイグル自治区 にある塩湖が広がる美しい土地でした。 地下核実験と地表型の核実験が行われ、立ち入りが禁止されていました。 中国核保有数に関しては、正確な数字は解っていませんが 3000発程度の核を保有しているのではないかと言われています。 そして、核開発の為に行われた核実験は、東トルキスタンから武力で奪い新疆ウイグル自治区と呼ぶ土地で行われたのです。 核を保有して武力を高める…だけど、自分たちの土地ではしたくないから、近隣国だった東トルキスタンを武力で奪って土地を略奪して繰り返し核実験を行ったようにしかみえません。 そして、その核実験を行った結果3000発もの核を保有する国となったのです。 参考資料: ある羊飼いの証言 日本にある特定非営利活動法人の日本ウイグル協会のホームページに、こんな証言が記載されています。 「その老人は「自分は神を見たことがある」といった。 それは太陽の100倍もの明るさだった。 そして地面が大きく揺れて、凄まじい嵐になったという。 彼は半身ケロイドとなった。 軍人が彼を病院に連れて行き検査をした。 そして彼の羊を百頭以上の羊を全て買い取ったという。 老人は、それから2年後になくなった。 」 引用: この証言を見ていくと、中国は核実験を行うことをこの老人には知らせていなかったように思えます。 そして病院に連れて行って、羊の毛を買い取った…。 まるで、土地だけでなく人や家畜も実験材料にしていたように感じてしまいます。 隠れた被爆国ウイグル"東トルキスタン" 画像:Pixabay 日本は、第二次世界大戦…大東亜戦争でアメリカから2つの核爆弾を投下された"唯一の被爆国"と言われています。 もちろん、被爆国であることは間違いないのですが、唯一かと言われると、そうではないかもしれません。 戦争で核爆弾を投下されたのは日本です。 ですが、東トルキスタン… ウイグルもまた被爆国という見方ができます。 自らの土地で自分たちが核実験を行ったのなら、仮にどんなの被害があってもそれは被爆国ではありません。 ですが、ウイグルは土地を奪われた上に、その土地で核実験を46回もされたのです。 そして、様々な被害が出ています。 当然、土地や水、空気は汚染され、住むことができなくなった地域もあることでしょう。 にもかかわらず、被爆国として認識されることもなく今もウイグル人は苦しんでいるのです。 この事実を、 唯一の被爆国を名乗る日本はどう考えるべなのでしょうか。 参考資料: まとめ 世界で唯一の被爆国と言われる日本…。 それは間違いではありませんが、隠れた被爆国の東トルキスタン 新疆ウイグル自治区 があることを、忘れてはいけません。 土地を奪われて核実験をされ、そして、弾圧を受けているウイグルの現状にもっと目を向ける必要があるのではないでしょうか。

次の

ウイグル自治区とは?ウイグル弾圧問題をわかりやすく!

ウイグル 核 実験

1949年の占領以来、東トルキスタンの人々の生命、土地、財産が中国の軍事・経済発展のために犠牲にされてきた。 ウイグル人の先祖たちが代々暮らしてきた土地は中国共産党政権により核実験場にされ、より肥沃な土地は中国人(漢人)により殖民された。その過程の中で、巨大な石油・ガス・石炭などの豊かな天然資源や希少金属は中国の渇望する経済を満たすために搾取された。中国は、東トルキスタンで核実験を繰り返し軍事力を世界に誇示しつつ、経済発展を遂げ、ついに軍事・経済大国までになった。 その影で核実験のモルモットにされたウイグル人の生命、土地、そして略奪された巨大な資源が犠牲となってきた。 ウイグル人の生命や財産の犠牲の上に、中国の今の軍事・経済発展が成り立っているのである。 中国政府が東トルキスタンで強行した危険極まりない核実験 中国政府は、ウイグルの祖国東トルキスタンのロプノルに建設した核実験場で1964年から1996年にかけて、地表・空中・地下にて延べ46回、総爆発出力(エネルギー)およそ20メガトン(1945年に広島に投下された原子爆弾の1000倍に相当する爆発出力)の核爆発実験を行った。 そのうち、地表核爆発は12回、空中核爆発は11回、地下核爆発は23回となっている。 ロプノル核実験場での最初の核実験(地表核爆発)は1964年10月16日に、最後の核実験(地下核爆発)は1996年7月29日に行われた。 46回もの核実験のうち最大爆発出力は、1976年11月17日の4メガトンの大型地表核爆発である。 1964年から1982年までは、主に地表と空中核爆発が実施された。 1982年から1996年までは、主に地下核爆発が実施された。 長年隠蔽され続けた中国の危険極まりない核実験の実態は、札幌医科大の高田純教授の科学的調査研究によって明らかになってきた。 高田純教授の研究によると、米ソなど核兵器保有国は、地表の核汚染被害として最悪とされるメガトン級の大型の大気圏核爆発を内陸では実施していなかった。 そうした大型の大気圏核爆発が周辺住民にとっていかに危険かを承知していたからである。 しかし、中国は、ロプノルの核実験場で、核爆発災害として最も危険な大型の地表核爆発を含む大気圏核実験を、少なくとも20回以上実施している。 特に、メガトン級の大型核爆発が地表およびその近傍で複数回実施された。 中には、ソ連がカザフスタンの内陸で行った最大爆発力の核実験の十倍もの爆発力を持つ大型核実験もある。 ロプノルの核実験場から1000キロ以上も離れているカザフスタンの土地でさえ、中国の地表核実験から飛来する核分裂生成物の放射線影響により胎児影響の危険性が高まる危険な放射線線量(人体が吸収する放射線のエネルギー量)を少なくとも2度受けていることがロシアとカザフスタンの調査報告で指摘されている。 また、高田純教授の調査研究でもそれが科学的に証明されている。 しかも、広島の空中核爆発の場合、同程度の危険性を持つ放射線線量を受けたのは爆発ゼロ地点から半径2キロ範囲内の地域に限られていたという。 広島の事例と比較して、ロプノルの核実験での放射線影響がいかに広範囲にまで危険性をもたらしたのかはこの例からも想像できる。 1986年にソ連で起きたチェルノブイリ原発事故で大量の放射能が大気中へ放出され、原発周辺だけでなく二百キロメートル以上離れた所にも高濃度汚染地域が広がり、その影響で子供たちの間にがんや機能障害などの深刻な被害をもたらしたことはよく知られている。 高田純教授の研究によると、ロプノルでの地表核実験で、爆発直後に発生した全放射能はチェルノブイリ原発事故で環境へ漏洩した全放射能の400万~650万倍もあるという。 ウイグル人を襲った核の悲劇:数十万人が急性死亡、数百万人が急性放射線障害 中国政府は東トルキスタンで46回もの危険な核実験を強行したが、いずれの場合でも周辺住民に事前に予告し避難させるなどの安全対策を取ることはなかった。 それどころか、ウイグル人には核実験そのもの存在さえ知らせてこなかった(現地のメデイアではそれを報じることは許されていない)ので、ほとんどのウイグル人住民は核実験の実験事実も被害状況も一切知らずに暮らしている。 中国政府は長年、現地を公開せず、核実験の事実や被害の実態を公表してこなかった。 長年隠蔽され続けた中国の危険極まりない核実験の実態は、札幌医科大の高田純教授の科学的調査研究によって明らかになってきた。 高田純教授は、世界で最も不透明な中国の核実験災害の科学的な分析・評価を行い、ロプノルで実施された核実験の影響で周辺に居住するウイグル人らの急性死亡は19万人にのぼるほか、急性の放射線障害(特に白血病、甲状腺がんなど様々ながん、死産や奇形児)など甚大な影響を受けた被害者は129万人に達するとの調査結果をまとめている。 しかも、これはメガトン級の大型地表核爆発がもたらした被害状況を反映している調査結果であり、ほかの核実験もあわせると犠牲者数はそれ以上となるという。 中国共産党機密情報では核実験で75万人死亡説も流れているほどである。 高田純教授の科学的な調査研究によると、ロプノルでのメガトン級の大型地表核爆発では、核実験からの放射性降下で(放射能に汚染された大量の粉塵が周辺居住地区や風下に降下したため)致死リスクを負う線量レベルAの区域の範囲は風下200~300キロメートル、急性放射線障害が発生する線量レベルBの区域の範囲は風下400~500キロメートル、胎児影響の危険性が高まる線量レベルCの区域の範囲は風下1200~1400キロメートルにも及ぶという。 核実験場からこれらの距離では多数の村や町が存在しており、多くのウイグル人が暮らしている。 しかも、中国の核実験は核防護策がずさんで、被災したウイグル人に対する十分な医療的なケアも施されておらず、上記129万人のうち多くが死亡したとみられる。 広島に投下された原爆被害の数倍を超える規模であるとされている。 1998年に英国テレビ局のドキュメンタリー番組に協力(潜入取材に参加)し、中国のロプノルでの核実験による後遺症の実態を世界に向けて告発したことで知られるウイグル人外科医アニワル・トフティ氏(1999年に英国に亡命)は次のように指摘する。 「ウルムチの病院の腫瘍専門外科勤務だった私は、病床に占めるウイグル人の割合が極めて大きいことに気付いた。 調査してみると、ウイグル人の悪性腫瘍発生率は、中国の他の地域の漢人と比べ、35%も高かった。 漢人でも、東トルキスタンに30年以上住んでいる人は、発生率がウイグル人と同程度に高かった。 取材で潜入した複数の村では、放射能汚染の影響とみられる数々の悲惨な光景を目の当たりにした。 特に東トルキスタン南部では、内臓異常で腹やのどなどが肥大化した人が大勢いる村があった。 先天性異常の大脳未発達で、歩くことも話すこともできない障害児ばかりが生まれる村もあった。 」 ロプノルでの核実験は国際社会の圧力で1996年以降は中止されたが、放射能の影響は現在でも残っている。 中国政府は「核実験による周辺への悪影響はない」との立場を繰り返しており、核実験による放射能汚染や後遺症の存在を認めていない。 海外の医療団体の調査立ち入りも認めておらず、核実験の汚染を除去しょうという努力も一切していない。 ウイグルでもチェルノブイリ同様、悪性リンパ腫や白血病に罹る人々が急増し、障害を持って生まれてくる子供たちの数も非常に増えている。 ロプノルでの核実験にかかわった軍人らには中国政府による補償の実施が伝えられているが、ウイグル人の核実験被災者は医療を含む一切の補償を受けておらず放置されたままである。 なお、中国の核実験災害とウイグル人の被害状況については、中国の核実験災害に対する科学的調査研究結果をまとめた書籍「中国の核実験」(高田純著、医療科学社、2008年 に詳細が記述されている。 衝撃的なドキュメンタリー動画:death on the silk road (フリーの映像ジャーナリストに与えられる世界でもっとも名誉ある賞「ローリー・ペック賞」を受賞した英国テレビ局のドキュメンタリー番組。 日本語字幕付き。 ) 【ウイグル】中国の核実験 潜入調査 その1 【ウイグル】中国の核実験 潜入調査 その2 【ウイグル】中国の核実験 潜入調査 その3 【ウイグル】中国の核実験 潜入調査 その4 【関連記事】•

次の