グーグル フォト デメリット。 Googleフォトから写真・動画を削除する方法

解決済み!iphoneの写真を削除したら、googleフォトの写真まで消えてしまった。

グーグル フォト デメリット

スマホの自動バックアップ機能は、イザというときに役に立ちますが間違って撮影したスクリーンショットや写真なども、全てアップロードされてしまう場合もあって面倒な一面もあります。 便利である反面で、設定をちゃんとしておかないと契約しているデータ通信量や、バッテリーも減らして無駄なデータを送るということです。 また、気をつけておかないとGoogleアカウントが知らないうちに、違うものになっていて勝手に知らないクラウド上にアップされてしまうといった怖い面もあります。 今回はそのようなことに気をつけるためにも「Androidスマホのクラウドバックアップを止める方法(Googleフォト編)」をご紹介していきます。 便利な「Googleフォト」の意外なデメリット スマホの写真や動画を、ほぼ無制限にクラウド上に預けることができるアプリ「Googleフォト」。 本体のストレージ容量空けることもできて、トラブルがあってもクラウド上に残っていれば安心です。 問題は、失敗して削除したい写真や動画も全てアップロードされてしまうので、消すときには本体の写真を消して、クラウド上のデータも消して…と二度手間になってしまいます。 また、そんな「消したいような写真や動画」のデータでも、クラウド上にアップロードされて契約しているデータ通信量が減っていくのもイヤですよね。 バッテリーの負担もかかっているわけですし、自動同期設定されているので見られるわけではなくても全ての写真がクラウド上に表示されてしまうのも心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実はGoogleフォトは同期設定をすると、アプリをアンインストールしてもクラウド上にアップされるというデメリットもあります。 Googleフォトの自動同期を止める方法 それではGoogleフォトが自動バックアップをするのを止める方法をご紹介します。 0 Wi-Fi環境下でのみアップロードする設定• アプリのGoogleフォトを開いて左上「三」のメニューから設定をタップ• 「バックアップと同期」をタップ。 「バックアップと同期」をオンにすると、細かな設定ができる画面が表示されます。 モバイルデータ通信でのバックアップの欄の「写真」と「動画」をオフにする これでWiFiのみでバックアップされるようになります。 カメラ性能の向上とともにデータ量も大きくなっていますし、動画であればなおさらです。 クラウド上にモバイルデータ通信でアップする設定はオフにしておきましょう。 「バックアップのタイミング」をタップして「充電中のみ」にしておくと、「WiFiに接続中」で「充電中」という条件のみバックアップされるようになります。 いらない写真と動画は撮ってすぐ消すクセをつけておけば、この方法でデータ通信量とバッテリーを制限して利用できます。 端末設定からGoogleの自動同期を止める方法 ご紹介した方法は「Googleフォトアプリで設定」する方法でした。 ここからは端末設定からGoogleフォトにアップロードするのを停止する方法です。 いちいち全ての写真がアップされるのをやめたい場合に設定しておきましょう。 設定を開いて「アカウントと同期」をタップ• 「Google」をタップ• Googleフォトと連携しているアカウントをタップ• 「Googleフォトのバックアップを同期」のチェックを外す• 他の同期して欲しくない項目があれば、チェックを外しておきましょう このGoogleフォトとの同期をオフにしない限り、アプリをアンインストールしてもアップロードは止められません。 万が一、違うアカウントと連携してしまったりといったトラブル時にも役に立つので覚えておきましょう。 バックアップはWiFi環境下で行う設定にしよう またバックアップアプリなどをインストールしている場合も同様で、それぞれ設定をしておかないと、モバイルデータ通信でも連携してバックアップをしている場合もあります。 それぞれのクラウドアプリの設定を見直して、設定を「WiFi環境下のみ」にしたり、任意で行うようにしておきましょう。 定期的にバックアップ情報を見直すクセをつけておけば、バックアップ先のアカウントも確認できるのでセキュリティのためにも任意でするようにしましょう。

次の

Googleフォトのメリット/デメリット!使わないと損する理由とは?

グーグル フォト デメリット

Googleアカウントを持っていれば、誰でも利用できる「Googleフォト」。 Androidスマホならアプリ版が標準搭載されているので、その存在を認知している人も多いのではないでしょうか? しかし、その容量や容量を増やす方法、また容量無制限で利用する方法を知っている人は少ないかもしれません。 そこで今回はGoogleフォトの容量を増やす方法や無制限で利用する方法を紹介してきます。 無料で使えるGoogleフォトの容量制限は15GB! だけど……? Googleフォトで利用できる無料の容量は15GBです。 しかし、これはGoogleフォトだけの容量ではありません。 というのも、Googleアカウントには、1アカウントにつき必ず15GBのクラウドストレージが付与されます。 この15GBの容量をGoogleフォトやGmail、Googleドライブで共有しながら利用するのです。 つまり「Googleフォトの容量=15GB」ではなく、「Googleアカウントの容量=15GB」ということです。 PCでGoogleフォトの空き容量を確認する方法 まずは、Googleフォト(Googleアカウント)の空き容量を確認する方法を紹介します。 Googleフォトの空き容量を確認するには、Googleフォトにアクセスするのではなく、にアクセスしてください。 すると画面左下に「保存容量」という項目があります。 こちらから空き容量を確認できます。 より詳しく保存容量が知りたい人は、「」にアクセスしてください。 スマホでGoogleフォトの空き容量を確認する方法 スマホからGoogleフォトの空き容量を確認する方法も、PC版と変わりありません。 Googleアカウントにログインした状態で「」にアクセスしてください。 PCからGoogleフォトに容量無制限で写真を保存する方法 PCからGoogleフォトに写真を保存する場合は、Googleフォトを開いて画面上部にある「アップロード」から保存したいデータを選択しましょう。 また、ファイルから保存したいデータをドラッグしてもOKです。 ちなみに、Googleフォトに写真を保存する時、「ある設定」をしておけば、15GBを消費せず無制限で写真を保存できます。 Googleフォトで容量無制限で利用するには「高画質」で保存! Googleフォトに写真を保存する時、「設定」から「アップロードサイズ」を高画質モードにしましょう! 1:Googleアカウントにログインした状態でGoogleフォトを開きます。 2:画面左側上部のメニューアイコンをクリックします。 3:「設定」をクリックします。 4:「写真と動画のアップロードサイズ」から「高画質」を選択します。 これで完了です! 【参照】 Googleフォトの容量を増やすには? Googleフォト(Googleアカウント)の容量を増やす方法は月額課金です。 料金表と利用可能容量は上図に示したとおりです。 上図に示されている容量より大容量のクラウドストレージを利用したい場合は、以下をご覧ください。 【参照】 Googleフォトに保存した写真を削除する方法 Googleフォトにアップロードした写真を消去する方法は以下のとおりです。 1:Googleフォトにアクセスします。 2:消去したい写真にチェックを入れていきます。 3:画面上部にゴミ箱のマークが出るのでそちらをクリックしてください。 Googleフォトに保存した写真が削除できない時は? Googleフォトにアップロードした写真が削除できない場合は、まずネット環境が安定しているか確認してみましょう。 ネット環境が安定しているにも関わらず、削除ができない場合は処理に時間がかかっている可能性があります。 少し時間をあけてから再度試してみてください。 こんなに便利にGoogleフォト……デメリットはあるの? 便利で気軽に利用できるGoogleフォトには、本的にデメリットらしいデメリットはありません。 唯一デメリットを挙げるとすれば、高画質モードではなく「元のサイズ」で保存した場合、Googleアカウントの無料利用可能分の15GBを消費してしまう点でしょうか。 Googleフォトのバックアップとは? スマホからかんたんバックアップ! スマホからGoogleフォトのアプリを利用すれば、スマホ内にある写真データを自動でバックアップすることができます。 Androidスマホの場合、Googleフォトのアプリは標準搭載されていることが多いです。 iPhoneの場合は標準搭載されていないので、App Storeからインストールしましょう。 【参照】 スマホでGoogleフォトのバックアップを設定する方法 Googleフォトアプリをスマホで利用する場合、バックアップの設定をしておくと自動でスマホ内の写真をGoogleフォト内に保存(バックアップ)してくれます。 1:Googleフォトアプリを開きます。 2:画面左上のメニューアイコンをタップします。 3:「設定」をタップします。 4:「バックアップと同期」をタップします。 5:「バックアップと同期」をオンにします。 文/高沢タケル.

次の

Googleフォトのメリット/デメリット!使わないと損する理由とは?

グーグル フォト デメリット

ページ上にファイルをドラッグするだけで、後は勝手にアップロード、保存されます。 写真・動画はタイムライン状に時系列順でどんどん保存されていく仕組みで 「コレクション」という名前でフォルダ分けできる仕組みです。 基本は、このコレクションで写真・動画を管理していくのが一番わかりやすいかも。 正直、管理はしづらい このコレクションという管理形態ですが、ぶっちゃけあんまり良くないです。 時系列順にほぼ自動的にソートされるので、「何の動画」という形で管理するのでなく 「いつの動画」で管理をせざるを得ないところがあります。 普通のフォルダとファイル形式で動画を管理できる方が、よっぽど管理しやすいな…。 とりあえず僕が使っていて気付いたのは、動画ファイル単位でのアップロードサイズ制限は 10GBまで。 これ以上のサイズの動画をアップロードしようとすると、スキップされます。 他のクラウドストレージでもだいたい同じぐらい OneDriveなどでもファイル単位の制限は10GBが上限だったので、まあ順当という感じかな。 10GB以上になってしまった動画をアップロードしたいときは、分割するなり圧縮するなりする必要がありそうです。 容量無制限でアップロードできますが、実は動画はアップロードしたままでは保存されず、自動的に圧縮されます。 圧縮されるとはいえ、解像度は 1080pまではしっかり保たれているので、実際の目で見てわかるほど劣化しているようには見えません。 が、ファイルサイズを見てみると、こんな感じ。 右がアップロード前、左がアップロード後です。 1080p 60fpsで撮影した動画ファイル 8. 91GBが圧縮されて 1. 92GBになってます。 なんと劇的な圧縮率。 スポンサードリンク 実際に動画で比較 とりあえず、圧縮前と圧縮後をそっくりそのままYouTubeにアップロードしてみて、見た目がどうなるかを比較してみました。 そうした実データの保存が必要不可欠な場合は、ちゃんとしたファイルとしてのクラウドストレージを利用するほうが良さそうです。 ただ、動画として最低限残しておきたいというレベルであれば、Googleフォトはもう十分すぎるサービスです。 「容量無制限なのに無料」という一文だけで、他の写真・動画ストレージは太刀打ちできないレベルですからね…。 Googleの無尽蔵なストレージ力、半端ないです。 いったいどれだけの容量のデータ領域を保持しているのだろう、おそらく一般市民には想像もできないような天文学的なストレージなのだろうなあ。 ということで、ご参考までに! それでは!.

次の