こける 英語。 話すための英語学習: 「転ぶ/倒れる/つまずく」を英語で

話すための英語学習: 「転ぶ/倒れる/つまずく」を英語で

こける 英語

fall downでいいと思いますよ。 Collins Cobuild英英辞典では ・Fall down means the same as fall. 例文:I hit him so hard he fell down. という記述があります。 シチュエーションにもよりますが、"I terribly fell down when I was enjoying snow-boarding. "とか言えば、リフトから落ちるのよりも滑っていてコケたという方を想像するんじゃないでしょうか。 しかし、fallだけの方が一般的かも知れません。 スケートで転んでも、自転車で落車しても、馬に乗っていて落馬してもぜーんぶfallです。 A ベストアンサー アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 聴いている、は、I am listening toですね。 また、asと言う単語も使えます。 >私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。 I was eating dinner yesterday while watching TV. I was eating dinner yesterday as I was watching TV. と言うような表現ですね。 また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。 I was eating dinner and wataching TV at the same time. I am walking and listening to music at the same time. 直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。 ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。 ですから、この焦点をはっきり出すために、 I'm listening to music at the same time I'm walking. I'm walking at the same time I'm listening to music. と表現できるわけです。 asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 聴いている、は、I am listening toですね。 また、asと言う単語も使えます。 >私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。 I was eating dinner yesterday while wat... 何か目撃したっていうか、そっちに目線をやったみたいな感じなので。 watchは、映画なんかでは使えます。 動きのあるものを見るって感じですかね。 gaze atはlook atと大体同じと考えていいです。 A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー Gです。 こんにちは、暖かい日が続いていますね. 年を取ってくると、No wonder we get old so fast! なんて言う人もいますね. 同じ、時が経つのが早い、と言うフィーリングですね. この「時間が飛んでいってしまう! 」と言う言い方はよく使われますね. ですから、モチベーションでは、You don't have one year but you have ONLY one year!! と言って、時間とは過ぎ去るのが早いもんだ、と言う事をいさめているんですね. だから、毎日を大切にいきなさいと言う事にもなるわけです. これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 A ベストアンサー アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。 こう考えてもいいと思いますよ。 see a movie watch a movie は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now. などですね。 seeは見ると言う経験をする watchは観ると言う行為をする。 I saw the movie 見た経験・事がある I watched the movie. 観た I am seeing the movie now. 使わない (下を参照) I am watching the movie. 観ている I will see the movie. 見る経験を持つ予定 I will watch the movie. 観るつもり I'm gonna see a movie tongiht. 見る経験を持つつもり I'm gonna watch a movie tonight. 観るつもり 上のI'm seeing the movieですが、今進行しているという言い方では使わないですが、未来形としての現在の予定、と言う意味では問題なく使います。 I'm seeing the movie next week with Jackie. と言う感じですね。 確かにwatch a movieと言うとビデオやテレビで見るというフィーリングがありますが、見たという経験を言いたいのであれば、I saw the movie on TVと言う表現は全く問題ないわけです。 テレビで見た経験があるよ、すなわち、テレビで見たよ、と言うことになり、テレビで見たよ、はI watched the movie on TVは、テレビで見た行為をした これも日本語では、テレビで見たよ、となりますね 、と言うフィーリングになるわけです。 I saw him. 彼を そのときの みた経験がある、すなわち、彼を見かけた、と言うことになり、I watched him. と言うと彼を見る行為をした、すなわち、彼を観察した、と言うことになるわけです。 ちょっと断言しすぎたところはあると思いますが、このmovieについてはこのようなフィーリングを元に使っています。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。 こう考えてもいいと思いますよ。 see a movie watch a movie は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now. などですね。 seeは見ると言う経験をする watchは観ると言う行為をする。 I saw the movie 見た経験・事がある I watched the movie. 観た I am seeing the movie now. 使わない (下を参照) I am... A ベストアンサー アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 Anytime Anytime is OK Anytime is OK with me. Anytime is OK for me. などは日本語に近いですね。 OKの代わりにfineやacceptableも使えますね。 You tell me. 何時が良いか 言ってください。 Anytime you like. あなたが好きなときで良いです。 Doesn't matter to me. 気にしないね、と言う事で、質問が何時にする?と言う事なので、何時だってかまわないよ。 と言うフィーリングになります。 You decide. あなたが決めて。 When is the best for you? あなたには何時が良いの?と言う表現をして、あなたの都合で良いよ、つまり、いつでも良いよ、と言う事になります。 あなたが希望する時間で良い、つまり、いつでも良いよ。 となりますね。 You name it. 言ってくれればそれで良い。 すべて表現は違いますが、いつでも良い、そっちが決めて くれれば良い と言うフィーリングを出した表現です。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 Anytime Anytime is OK Anytime is OK with me. Anytime is OK for me. などは日本語に近いですね。 OKの代わりにfineやacceptableも使えますね。 You tell me. 何時が良いか 言ってください。 Anytime you like. あなたが好きなときで良いです。 Doesn't matter to me. 気にしないね、と言う事で、質問が何時にする?と言う事なので、何時だってかまわないよ。 と言うフィーリングになります。 You decide. Q 私は海外のドラマが好きでよく見るのですが、以前から 気になっていたことがあります。 you too の使い方なのですが、例えば初対面の人に会った後、 別れ際に一方が 「I was glad to meet you」 あなたに会えて良かった というようなことを言うと、もう一方が 「you too」 ということがあります。 これはどうしてでしょうか?なぜme too ではないのでしょうか。 普通、「あなたに会えて良かった」と言われたら 「me too(私もです)」と答えるものだと思って いたので「you too」だと「会えて良かった」と言われ 「あなたも(私に会えて良かったわね)」という 意味に感じてしまいます。 「Have a nice day」と言われたら「you too(あなたも)」と 答えるものだと思いますので、「me too」「you too」の 使い方の違いが分からなくなってしまいました。

次の

「~まで」の英語|4つのパターンと期間や距離などで使える例文一覧

こける 英語

これについては 後ほど説明があるよ! まずは英語で オノマトペを説明してみましょう! オックスフォード英英辞典で Onomatopoeiaを検索すると・・・ The formation of a word from a sound associated with what is named. 出典: と説明がされています。 つまり、 示したいものと関連づけられる 音から出来上がった言葉 ということです。 Onomatopoeiaという言葉自体は もともとはギリシャ語で 英語では imitative words または the imitation of a sound とも表現されます。 出典:wikipedia つまり ・oink ブタの鳴き声 ・miaow ネコの鳴き声 ・roar ライオンの鳴き声 ・chirp 小鳥の鳴き声 が代表される。 ということ。 Woof, meow, squeak, tweet, glub, roar! ってなったりします!! 日本語のオノマトペは 音そのものが名詞として感情を表現する のに対して 英語では 動詞だったり形容詞そのもので 感情を表現する そんな例でした。 他にも・・・ 日本語では ・風がそよそよ吹く ・雨がザーザー降る のような表現がありますね。 これを英語で表現しようとすると The wind blows softly gently. って感じ。

次の

「転ぶ」「こける」って英語でなんて言う?

こける 英語

「転ぶ」や「倒れる」は英語では「fall」を使いますが、 以下の3種類をよく目にします。 fall fall down fall over 英語の文章にする場合は、単純に以下のようにします。 I fell. (私は転んだ。 ) I fell down. (同上) I fell over. (同上) 「fall」「fall down」「fall over」の違いですが、 様々な意見・議論があり、正直一つの見解にまとめることができませんでした。 ただ「fall」と「fall down」はほぼ同じ意味と思っていいようです。 「fall」はいろいろな意味やニュアンスがありますし、 名詞だと「秋」にもなりますので、 紛らわしいと思ったら「fall down」を使えばよいのではないかと思います。 あと「down」がついているので、着地したのを強調するという意見も。 「fall down」と「fall over」の違いについては、 人によって意見がまるっきり異なってたりしました。 ・「fall over」は縦のものが横に倒れる場合、 「fall down」はそれも含めて何でも使える。 ・他動詞として使う場合、「fall over 〜」は「〜の上に倒れる」、 「fall down 〜」は「〜のせいで(地面などに)倒れる。 それでも多くの人が共通して言っていたのは、 「fall over」と「fall down」は「very similar」ということです。 コウビルド英英辞典でも「fall」「fall down」とほぼ同じ説明が載っていました。 なお「fall」や「fall down」は「落ちる」でもよく使われます。 「fall」以外には「collapse」という英語もあります。 これは「崩壊する」という意味ですが、 建物が倒れる場合になどに使えます。 「病気で倒れる」場合はなんと言えばよいのでしょうか? 以下英語の例文です。 He suddenly collapsed at the station. (彼は駅で突然倒れた。 ) これは文字通り「倒れた」場合です。 実際には倒れていませんが、病気で寝込んだ場合などは、 以下の英語のように表現すればいいのではないでしょうか。 I'm down with a cold. (私は風邪で寝込んでいます。 ) この辺はいろんな表現がありそうです。 「卒倒する」「気絶する」場合は「faint」を使います。 英語の例文です。 A old man fainted at the street. (1人の老人が道で意識を失って倒れた。 ) 最後に「つまづく」は、 以下の英語を使います。 stumble trip 「trip」は「旅行」という意味ですが、 「つまずく」という意味もあります。 「trip」の原義は「軽く踏む」らしいです。 旅行でつまずきたくはないものですが。。

次の