イシヘンジン 育成。 イシヘンジン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

イシヘンジンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

イシヘンジン 育成

はじめに はじめまして。 無名のポケカプレイヤー、さきがけと申します。 今回は、あまり大型大会などでの入賞経験を見ない、《 イシヘンジン》の可能性について語りたいと思います。 文章がとても長くなっていますので、時間のある時にお読みください。 デッキ原案 まずは、個人的に使っているデッキの原型をお見せします。 枚数は、増やしたり、減らしたりして、自分の中での使用感の良さに合わせているので、この60枚が絶対に正しいというわけではないです。 実際かなり荒いです。 ・カードの採用理由 ポケモン 13枚 うち たね10枚 ・《イシヘンジンv》《イシヘンジンvmax》4-3ここについては、後述の イシヘンジンの長所をご覧下さい。 ・《ミミッキュ》1 GXの特性を止めるために採用しています。 また、後述の《ランドロス》とのシナジーが多少あります。 ・《ヘラクロス》《フィオネ》1-1 相手の盤面を動かしたい時に使います。 《フィオネ》はどうしても前の相手を動かしたい時のみ使います。 《ヘラクロス》は後述のをご覧下さい。 ・《ランドロス》《カプ・レヒレ》1-1 《ランドロス》は、ベンチ狙撃とサイドずらし用。 ベンチにいる《ミュウツー&ミュウGX》に「ちょくげきだん」を一回入れておくと、後出しミミッキュで攻撃できない状態を作り出せます。 《カプ・レヒレ》は、《ズガドーン》意識ですが、相手のデッキにUBが確認出来なかった場合は、《クイックボール》《ポケモン通信》《グズマ&ハラ》のコストにできます。 グッズ 22枚 ・《ふうせん》《げんきのハチマキ》《大きなおまもり》2-2-2 サイド落ち考慮で2ずつ。 場合によって使い分けます。 ・《クイックボール》《しんかのおこう》《ポケモン通信》2-2-2 デッキから持ってくる用。 こちらもサイド落ち考慮で2枚ずつ。 ・《エネルギーつけかえ》《エネルギー転送》2-2 瀕死の《イシヘンジンvmax》から、後続の《イシヘンジンvmax》をすぐに育成するための採用。 ・《ポケギア3. 0》2 当初は4枚採用にしていましたが、そこまで使う必要がなかったので2枚に。 ・《リセットスタンプ》《グレートキャッチャー》1-1 後半戦の妨害用。 《リセットスタンプ》は、打てればいいかな程度に。 《グレートキャッチャー》は、主に《デデンネGX》を呼ぶ用。 ・《ポケモンいれかえ》2 《ふうせん》が2枚ともサイド落ちしたとき用。 《ふうせん》を付けなかった《イシヘンジンvmax》をやむを得ずベンチに下げたい時も使います。 サポート 10枚 ・《ビート》2 序盤のエネ加速用。 可能ならば自2ターン目に使えるようにしたいカードです。 ・《博士の研究》2 多すぎても少なすぎても困るので2枚。 《シロナ》で戻したくないカードがあればこちらを優先して使います。 ・《おじょうさま》1 TRの《おじょうさま》がめちゃくちゃかわいい 小並感。 後1で手札にエネルギーがなかったとき用。 ・《ヤーコン》1 おじさ…なんでもないです。 ・《シロナ》2 手札のカードが今すぐは使わないが、後々必要になるカードで埋め尽くされている時に使います。 これがよくある ・《グズマ&ハラ》2 《格闘道場》とどうぐを持ってくる用。 最初は《ぼうけんのカバン》を使っていましたが、そこまで使う機会がなかったのでこちらに。 スタジアム 2枚 ・《格闘道場》2 言わずと知れた、闘タイプの火力アップ要因。 エネルギー 13枚 ・《基本闘エネルギー》10 枚数はお好みで。 ・《オーロラエネルギー》2 《カプ・レヒレ》が3エネルギーつけて殴らなきゃいけなくなった時と、闘エネルギー使い果たしちゃったとき用。 滅多にない。 《グズマ&ハラ》で持ってこれる《基本闘エネルギー》くらいの感覚でいいと思います。 ・《ウィークガードエネルギー》1 になんとか対応する用。 ぶっちゃけ抜いていい気もします。 イシヘンジンの長所 最初に、《イシヘンジン》の強さを語る上で欠かせないのは、言うまでもなくHPです。 現状では、《カビゴンvmax》のHP340に次ぐ第2位のHP330を誇り、弱点を突かれることがない限り一度の技で倒すことはかなり難しいです。 また、進化前の《イシヘンジンv》もHP220と、割と高い数値を持っていて、上の技の効果も相まって耐久力はそこそこあるように感じられます。 この事については後述しますので、そちらもご覧ください 次に、長所としてあげることが出来るのは、技の効果です。 進化前と進化後の簡単な技解説のあと、どのような点について有効なのかを挙げます。 まずは進化前から。 注目すべきは、上の技「ガードプレス」です。 相手に40ダメージを与えながら、次に受ける技のダメージを-20するという、とてもシンプルな技です。 次は、進化後のvmaxについて説明します。 闘エネ1つで使える上の技、「ストーンギフト」は、HPを120回復しながらエネルギー加速を行うことができます。 この"120"という数値は環境の中でも極めて高い回復値であり、《マオ&スイレン》の追加効果と同じ回復量で、多くの場合、この回復のおかげで、確定数を1ターン分増やすことが出来ます。 続いて、下の技「ダイロック」は闘3エネ200ダメージと、やや低めのダメージではあるものの、戦えなくはない、といった感じです。 環境との噛み合い 続いては、環境との噛み合いです。 現在の環境でメジャーなデッキタイプとして挙げられるのは、 ・ザシアン系統 三神ザシアン、ルカメタザシアン、スピードザシアン ・ミュウミュウ 炎型、超型 ・ピカゼク 最近だとタッグコール型? ・ズガドーン 子ズガ、ズカアーゴ ・モルペコ あたりでしょう。 ・対ザシアン まず、《ザシアンv》は技「ブレイブキャリバー」で230ダメージを出すことができます。 まず最初に、というデッキタイプを見ていきましょう。 と呼ばれるデッキタイプでは、これが先行2ターン目に飛んできます。 これではイシヘンジンvmaxになる前に粉々にされてしまいますね。 そこで、前述しましたように、《イシヘンジンv》の技、「ガードプレス」がぶっ刺さります 笑 「ガードプレス」によって受けるダメージを-20した《イシヘンジンv》の実質体力は240になるので、HPを10残して、なんとか「ブレイブキャリバー」を耐えることができそうです。 もし、《ガラルニャイキング》がいたら、おまもりをつけてあげれば耐えることができます。 さて、《ザシアンv》の技を受けることができるのは 少々無理やりですが 示すことが出来ました。 ですが、ただ耐えることが出来るだけでは同しようもありません。 耐えて、倒すところに価値があります。 さて、《イシヘンジン》で《ザシアンv》を狩ることは出来るのでしょうか? できます。 《ザシアンv》のHPは220。 《イシヘンジンv》が耐えるために使う「ガードプレス」のダメージは40。 耐えた後に進化して、「ダイロック」。 ダメージは200。 倒せるんです。 次に、への対処を見ていきましょう。 そこで、とあるカードを挿しておくと、かなりの確率で相手のテンポを遅らせることができます。 それがこちら、 sm11収録の《ヘラクロス》です。 個人的に、今1番アツいカードです 笑 なぜ、多くのデッキに投入されていないのか、とても疑問に思うレベルで強いと思ってます。 技「どひょうがえし」は相手がGX技を切った次のターンに、バトルポケモンを山に返す、という効果です。 では、なぜこれが強いのか、それは、というデッキタイプの性質とこのカードの効果が、まるでパズルのピースかのように噛み合うからです。 なので、ザシアンが育ちきる前に、無理やりバトル場に出さざるを得ない状況を作り出せば、相手の大幅なテンポロスを作ることができます。 あとは、同様に立ち回れば勝つことが出来るでしょう。 ただ、に対しては、このデッキはあまり強くないでしょう。 もし、次のターンに《ヘラクロス》を出し、「どひょうがえし」を使うことが出来ても、メインアタッカーのエネルギーを剥がされてしまっては、大したアドバンテージにはならず、結果として五分五分な試合を強いられることになります。 このデッキタイプとの対戦に関しては、正直実力で解決するしかないように思います。 ・ 対ミュウミュウ まずは、のデッキタイプとの相性から見ていきましょう。 レギュレーション変更後のに関して、さほど詳しいわけではないので説明が曖昧になってしまうかも知れません。 このデッキタイプの特徴は、《溶接工》によるエネルギー加速から、高火力技を放つ、ということが挙げられます。 [パーフェクション]のコピー元は、だいたい次のカードになるでしょう。 どれも高打点ですね。 これらの中で、《イシヘンジンv》を確定1発で倒せる技を持っているのは、《リザードンGX》、《マグカルゴGX》、《レシラム&リザードンGX》、《ブースターGX》の4体。 しかし、《リザードンGX》や《ブースターGX》で倒せるのはせいぜい1体で、《マグカルゴGX》はエネルギートラッシュ、《レシラム&リザードンGX》は、次のターン攻撃不可などのデメリット付きで《イシヘンジンv》を、2ターンで2体倒すことはやや難しそうに見えます。 《 超型ミュウミュウ》に関しても、同じような立ち回りで勝てるでしょう。 ・ 対ピカゼク 続いては、について書こうと思いましたが、ここまでかなり文章が長いのと、具体的に示さなくとも、弱点を突いて倒せば良いというのは自明に思えるので、割愛します。 ただ単に書くのが疲れただけなんですけどね…笑 ・ 対ズガドーン さて、次は系統です。 デッキの内容はだいぶ違いますが、やっていることは大して変わらないので、簡単に説明します。 《イシヘンジンv》は、HP220なのでエネルギー5枚要求、《イシヘンジンvmax》はHP330なのでエネルギー7枚要求で、 《ズガドーン 非GX 》 以下、子ズガドーン が確定1発で倒すためには、技コスト込みで少なくとも8枚、《ズガドーンGX》は少なくとも7枚要求されます。 相手のサイドプランにもよりますが、毎ターン連続して倒すにはかなりリソース面でも厳しいでしょう。 対《子ズガドーン》は、ベンチに《ピジョン》を置く型や、《ジラーチ》を置く型がありますが、最後のサイドをとる時に倒せたら良いくらいに考えて、《子ズガドーン》を狩ることを意識した方がよいでしょう。 対《ズガドーンGX》も変わらず、《アーゴヨン》よりも《ズガドーンGX》を狩る方がよいでしょう。 個人的感覚として、《子ズガドーン》のほうが、《ズガドーンGX》よりも戦いにくい気がします。 ・ 対モルペコ ここまでかなり長いので、簡潔に言います。 《リーリエのピッピ人形》枯らせば勝ち 雷タイプは、闘弱点持ち、かつ、炎タイプほどの高火力を持ち合わせていないので、《イシヘンジン》の耐久力でまず耐久しきれないことはほぼないです。 以上、 環境との噛み合いでした。 最後に ここまで《イシヘンジン》の魅力について語ってきましたが、今後のカード次第で、かなり実戦向きになるのではないでしょうか。 イラストもよくみると結構可愛い気がします。 なので、良かったら《イシヘンジン》を使ってあげてください。 ボックスのハズレ枠とか言わないであげてください。 切実 今後の環境に《イシヘンジン》の名前が刻まれることを期待して、終わりの挨拶とさせて頂こうかと思います。 ここまで、乱雑で長すぎる文を読んでくださった方、どうもありがとうございました。 センター試験やばいです笑 感想、質問等ありましたら、リプやDMでお待ちしています。 ・引用元 カード画像・・・ポケモンカードゲーム公式サイトより.

次の

【ポケモン剣盾】イシヘンジンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

イシヘンジン 育成

岩 単タイプ H100 A125 B135 C20 D20 S70 物理受けにはちょうどいい為シングルはサイクル用 岩の塊の癖に早い よく似た種族値のギガイアスよりも一回り耐久は高いものの特性が死んでいる為なんとも言えない。 パワースポット 複数のバトルで隣にいる味方が使う技の威力が1. 3倍になる。 ダブル専用だが、ダブルは特殊技のオンパレードでまず耐えられないので砂を撒いたりして耐久を高める工夫がいる。 6 B140 確4 カイリキー 爆裂パンチ H無振り確2 ユキノオー ウッドハンマー H無振り確2 ナットレイ 鉢巻ジャイロ 確1 ドサイドン 無振り確2 じしん デスバーン 無振り確2 じしん 攻撃技……。 最高火力がストーンエッジ ヒートスタンプやヘビ-ボンバ-を覚えるもののダイマックス状態無効と不安定すぎる。 じばくも覚えるので自主退場に ヒートスタンプ ナットレイ H4 A上方性格A156 確2 H252 無振り確3 アーマーガア H4 確4 H252 乱数4 ヘビ-ボンバ- オーロンゲ H4 A116 確3 火力はゴミ、耐久は特化型鋼高ダメ以外は耐えられる。 起点にされやすいため、じばくは必須だろう。 イシヘンジンは頑張らない型 努力値HB252 A4 性格B上昇 持ち物 鋼半減実 技確定 じゅうりょく じばく 岩石封じ ステルスロック ギガイアス・ナットレイも同様にじゅうりょくじばくが出来るがあちらはアタッカー型の方が使いやすい。 とりあえず、シングルでは制限バトルでしか使いにくい。

次の

【ポケモン剣盾】イシヘンジンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

イシヘンジン 育成

はじめに はじめまして。 無名のポケカプレイヤー、さきがけと申します。 今回は、あまり大型大会などでの入賞経験を見ない、《 イシヘンジン》の可能性について語りたいと思います。 文章がとても長くなっていますので、時間のある時にお読みください。 デッキ原案 まずは、個人的に使っているデッキの原型をお見せします。 枚数は、増やしたり、減らしたりして、自分の中での使用感の良さに合わせているので、この60枚が絶対に正しいというわけではないです。 実際かなり荒いです。 ・カードの採用理由 ポケモン 13枚 うち たね10枚 ・《イシヘンジンv》《イシヘンジンvmax》4-3ここについては、後述の イシヘンジンの長所をご覧下さい。 ・《ミミッキュ》1 GXの特性を止めるために採用しています。 また、後述の《ランドロス》とのシナジーが多少あります。 ・《ヘラクロス》《フィオネ》1-1 相手の盤面を動かしたい時に使います。 《フィオネ》はどうしても前の相手を動かしたい時のみ使います。 《ヘラクロス》は後述のをご覧下さい。 ・《ランドロス》《カプ・レヒレ》1-1 《ランドロス》は、ベンチ狙撃とサイドずらし用。 ベンチにいる《ミュウツー&ミュウGX》に「ちょくげきだん」を一回入れておくと、後出しミミッキュで攻撃できない状態を作り出せます。 《カプ・レヒレ》は、《ズガドーン》意識ですが、相手のデッキにUBが確認出来なかった場合は、《クイックボール》《ポケモン通信》《グズマ&ハラ》のコストにできます。 グッズ 22枚 ・《ふうせん》《げんきのハチマキ》《大きなおまもり》2-2-2 サイド落ち考慮で2ずつ。 場合によって使い分けます。 ・《クイックボール》《しんかのおこう》《ポケモン通信》2-2-2 デッキから持ってくる用。 こちらもサイド落ち考慮で2枚ずつ。 ・《エネルギーつけかえ》《エネルギー転送》2-2 瀕死の《イシヘンジンvmax》から、後続の《イシヘンジンvmax》をすぐに育成するための採用。 ・《ポケギア3. 0》2 当初は4枚採用にしていましたが、そこまで使う必要がなかったので2枚に。 ・《リセットスタンプ》《グレートキャッチャー》1-1 後半戦の妨害用。 《リセットスタンプ》は、打てればいいかな程度に。 《グレートキャッチャー》は、主に《デデンネGX》を呼ぶ用。 ・《ポケモンいれかえ》2 《ふうせん》が2枚ともサイド落ちしたとき用。 《ふうせん》を付けなかった《イシヘンジンvmax》をやむを得ずベンチに下げたい時も使います。 サポート 10枚 ・《ビート》2 序盤のエネ加速用。 可能ならば自2ターン目に使えるようにしたいカードです。 ・《博士の研究》2 多すぎても少なすぎても困るので2枚。 《シロナ》で戻したくないカードがあればこちらを優先して使います。 ・《おじょうさま》1 TRの《おじょうさま》がめちゃくちゃかわいい 小並感。 後1で手札にエネルギーがなかったとき用。 ・《ヤーコン》1 おじさ…なんでもないです。 ・《シロナ》2 手札のカードが今すぐは使わないが、後々必要になるカードで埋め尽くされている時に使います。 これがよくある ・《グズマ&ハラ》2 《格闘道場》とどうぐを持ってくる用。 最初は《ぼうけんのカバン》を使っていましたが、そこまで使う機会がなかったのでこちらに。 スタジアム 2枚 ・《格闘道場》2 言わずと知れた、闘タイプの火力アップ要因。 エネルギー 13枚 ・《基本闘エネルギー》10 枚数はお好みで。 ・《オーロラエネルギー》2 《カプ・レヒレ》が3エネルギーつけて殴らなきゃいけなくなった時と、闘エネルギー使い果たしちゃったとき用。 滅多にない。 《グズマ&ハラ》で持ってこれる《基本闘エネルギー》くらいの感覚でいいと思います。 ・《ウィークガードエネルギー》1 になんとか対応する用。 ぶっちゃけ抜いていい気もします。 イシヘンジンの長所 最初に、《イシヘンジン》の強さを語る上で欠かせないのは、言うまでもなくHPです。 現状では、《カビゴンvmax》のHP340に次ぐ第2位のHP330を誇り、弱点を突かれることがない限り一度の技で倒すことはかなり難しいです。 また、進化前の《イシヘンジンv》もHP220と、割と高い数値を持っていて、上の技の効果も相まって耐久力はそこそこあるように感じられます。 この事については後述しますので、そちらもご覧ください 次に、長所としてあげることが出来るのは、技の効果です。 進化前と進化後の簡単な技解説のあと、どのような点について有効なのかを挙げます。 まずは進化前から。 注目すべきは、上の技「ガードプレス」です。 相手に40ダメージを与えながら、次に受ける技のダメージを-20するという、とてもシンプルな技です。 次は、進化後のvmaxについて説明します。 闘エネ1つで使える上の技、「ストーンギフト」は、HPを120回復しながらエネルギー加速を行うことができます。 この"120"という数値は環境の中でも極めて高い回復値であり、《マオ&スイレン》の追加効果と同じ回復量で、多くの場合、この回復のおかげで、確定数を1ターン分増やすことが出来ます。 続いて、下の技「ダイロック」は闘3エネ200ダメージと、やや低めのダメージではあるものの、戦えなくはない、といった感じです。 環境との噛み合い 続いては、環境との噛み合いです。 現在の環境でメジャーなデッキタイプとして挙げられるのは、 ・ザシアン系統 三神ザシアン、ルカメタザシアン、スピードザシアン ・ミュウミュウ 炎型、超型 ・ピカゼク 最近だとタッグコール型? ・ズガドーン 子ズガ、ズカアーゴ ・モルペコ あたりでしょう。 ・対ザシアン まず、《ザシアンv》は技「ブレイブキャリバー」で230ダメージを出すことができます。 まず最初に、というデッキタイプを見ていきましょう。 と呼ばれるデッキタイプでは、これが先行2ターン目に飛んできます。 これではイシヘンジンvmaxになる前に粉々にされてしまいますね。 そこで、前述しましたように、《イシヘンジンv》の技、「ガードプレス」がぶっ刺さります 笑 「ガードプレス」によって受けるダメージを-20した《イシヘンジンv》の実質体力は240になるので、HPを10残して、なんとか「ブレイブキャリバー」を耐えることができそうです。 もし、《ガラルニャイキング》がいたら、おまもりをつけてあげれば耐えることができます。 さて、《ザシアンv》の技を受けることができるのは 少々無理やりですが 示すことが出来ました。 ですが、ただ耐えることが出来るだけでは同しようもありません。 耐えて、倒すところに価値があります。 さて、《イシヘンジン》で《ザシアンv》を狩ることは出来るのでしょうか? できます。 《ザシアンv》のHPは220。 《イシヘンジンv》が耐えるために使う「ガードプレス」のダメージは40。 耐えた後に進化して、「ダイロック」。 ダメージは200。 倒せるんです。 次に、への対処を見ていきましょう。 そこで、とあるカードを挿しておくと、かなりの確率で相手のテンポを遅らせることができます。 それがこちら、 sm11収録の《ヘラクロス》です。 個人的に、今1番アツいカードです 笑 なぜ、多くのデッキに投入されていないのか、とても疑問に思うレベルで強いと思ってます。 技「どひょうがえし」は相手がGX技を切った次のターンに、バトルポケモンを山に返す、という効果です。 では、なぜこれが強いのか、それは、というデッキタイプの性質とこのカードの効果が、まるでパズルのピースかのように噛み合うからです。 なので、ザシアンが育ちきる前に、無理やりバトル場に出さざるを得ない状況を作り出せば、相手の大幅なテンポロスを作ることができます。 あとは、同様に立ち回れば勝つことが出来るでしょう。 ただ、に対しては、このデッキはあまり強くないでしょう。 もし、次のターンに《ヘラクロス》を出し、「どひょうがえし」を使うことが出来ても、メインアタッカーのエネルギーを剥がされてしまっては、大したアドバンテージにはならず、結果として五分五分な試合を強いられることになります。 このデッキタイプとの対戦に関しては、正直実力で解決するしかないように思います。 ・ 対ミュウミュウ まずは、のデッキタイプとの相性から見ていきましょう。 レギュレーション変更後のに関して、さほど詳しいわけではないので説明が曖昧になってしまうかも知れません。 このデッキタイプの特徴は、《溶接工》によるエネルギー加速から、高火力技を放つ、ということが挙げられます。 [パーフェクション]のコピー元は、だいたい次のカードになるでしょう。 どれも高打点ですね。 これらの中で、《イシヘンジンv》を確定1発で倒せる技を持っているのは、《リザードンGX》、《マグカルゴGX》、《レシラム&リザードンGX》、《ブースターGX》の4体。 しかし、《リザードンGX》や《ブースターGX》で倒せるのはせいぜい1体で、《マグカルゴGX》はエネルギートラッシュ、《レシラム&リザードンGX》は、次のターン攻撃不可などのデメリット付きで《イシヘンジンv》を、2ターンで2体倒すことはやや難しそうに見えます。 《 超型ミュウミュウ》に関しても、同じような立ち回りで勝てるでしょう。 ・ 対ピカゼク 続いては、について書こうと思いましたが、ここまでかなり文章が長いのと、具体的に示さなくとも、弱点を突いて倒せば良いというのは自明に思えるので、割愛します。 ただ単に書くのが疲れただけなんですけどね…笑 ・ 対ズガドーン さて、次は系統です。 デッキの内容はだいぶ違いますが、やっていることは大して変わらないので、簡単に説明します。 《イシヘンジンv》は、HP220なのでエネルギー5枚要求、《イシヘンジンvmax》はHP330なのでエネルギー7枚要求で、 《ズガドーン 非GX 》 以下、子ズガドーン が確定1発で倒すためには、技コスト込みで少なくとも8枚、《ズガドーンGX》は少なくとも7枚要求されます。 相手のサイドプランにもよりますが、毎ターン連続して倒すにはかなりリソース面でも厳しいでしょう。 対《子ズガドーン》は、ベンチに《ピジョン》を置く型や、《ジラーチ》を置く型がありますが、最後のサイドをとる時に倒せたら良いくらいに考えて、《子ズガドーン》を狩ることを意識した方がよいでしょう。 対《ズガドーンGX》も変わらず、《アーゴヨン》よりも《ズガドーンGX》を狩る方がよいでしょう。 個人的感覚として、《子ズガドーン》のほうが、《ズガドーンGX》よりも戦いにくい気がします。 ・ 対モルペコ ここまでかなり長いので、簡潔に言います。 《リーリエのピッピ人形》枯らせば勝ち 雷タイプは、闘弱点持ち、かつ、炎タイプほどの高火力を持ち合わせていないので、《イシヘンジン》の耐久力でまず耐久しきれないことはほぼないです。 以上、 環境との噛み合いでした。 最後に ここまで《イシヘンジン》の魅力について語ってきましたが、今後のカード次第で、かなり実戦向きになるのではないでしょうか。 イラストもよくみると結構可愛い気がします。 なので、良かったら《イシヘンジン》を使ってあげてください。 ボックスのハズレ枠とか言わないであげてください。 切実 今後の環境に《イシヘンジン》の名前が刻まれることを期待して、終わりの挨拶とさせて頂こうかと思います。 ここまで、乱雑で長すぎる文を読んでくださった方、どうもありがとうございました。 センター試験やばいです笑 感想、質問等ありましたら、リプやDMでお待ちしています。 ・引用元 カード画像・・・ポケモンカードゲーム公式サイトより.

次の