アビーム 外資。 アクセンチュア・BIG4(デロイト・KPMG・PwC・EY)・アビームの「年収・給与・ボーナス・残業代・福利厚生」

退職はいつ?失敗しない転職:アビームとアクセンチュア違い

アビーム 外資

日本発にこだわる日系大手コンサルティングファーム アビームコンサルティングとは、大手ファームは外資系が中心のコンサルティング業界で、東京都千代田区丸の内に本社を構え、「日本発」にこだわる日系総合コンサルティングファームです。 アビームコンサルティングは、元は等松・トウシュロス コンサルティング株式会社として1981年にスタートし、2003年に現在の社名に変更。 2004年にNECと資本提携後、飛躍的に成長を遂げ、2017年現在では資本金62億、連結従業員数4,717名、世界10か国に19拠点を構えるビッグファームとなりました。 アビームコンサルティングの強み アビームコンサルティングの日本発というこだわりは、コンサルティングの進め方ににも表われています。 外資系コンサルティングファームが、海外での事例を日本に持ち込み、ナレッジ化しているのに対し、アビームコンサルティングは「アビームテンプレート」と呼ばれるツールを用意しています。 これはアビームの保有している知見を体系的にまとめたもので、「業務プロセス」、「要件定義ドキュメント」「実機環境」の3つで構成されています。 欧米発ではなく、日本企業がつくったものがほしい、という日本を含むアジア各国のクライアントのニーズに応えるものになっています。 アビームコンサルティング代表取締役社長の岩澤氏は、次のように述べています。 「私たちの仕事のやり方はクライアントの中に入り、内側から企業を変えていく方法です。 すべてがワンセットで、垣根や業際といったものが良い意味でハッキリしない部分が出てくるんですね。 (中略)たとえ話で言えば、欧米流が外科手術なら私たちは漢方治療とでもいいますか(笑)。 日本やアジアの企業には実はこのほうがフィットするケースが多いんです」 参考:「コンサルティング業界大研究」 p172-173 産学社 また、Big4と比較すると、監査法人系のファームではない分、クライアントに区切りがない点が魅力とも言えるでしょうか。 監査法人が有する会計やガバナンスなどのコラボレーションやナレッジの共有に関してはBig4の方が得意とするものの、アビームコンサルティングでは大手金融機関 メガバング など多くがクライアントになっているなど、そのような点に縛りがなくセリングの際も制限がないのはマネージャークラスにとっては大きなメリットでしょうか。 アビームコンサルティングならではアプローチ アビームコンサルティングのコンサルティングアプローチは以下の通りです。 クライアント中心の論理• クライアントとの長期的な関係を重視する• 仕組みづくりよりも、その仕組みを実際に動かす• 個人プレーよりチームワーク重視 参考:「企業研究BOOK 2017 アビームコンサルティング」 p62 日経BPコンサルティング どのコンサルティングファームもクライアントファーストを謳っていますが、アビームコンサルティングでは一貫して、顧客の「リアルパートナー」になることを標榜してきました。 欧米系のファームが「レディメイド」ならば、アビームコンサルティングはよりフレキシビリティの高い「オーダーメード」アプローチをとっているそうです。 また、チームでのアプローチを非常に大切にしているのもアビームコンサルティングの特徴です。 この「チーム」という言葉はアビームコンサルティングを語る際に必ず現れる、非常に重要なキーワードです。 あるクライアントから、「アビームのプロジェクトは、まさに全員野球そのものですね」と評価されるほど、チームでのオペレーションを重視しており、社員に関して「チームを組んで互いに高め合いながら、より大きな成果を上げるという強い意志を持った人が集まっている」とのことで、採用において求める人材像でも「周りを巻き込んで前に進める人」と記載されております。 参考:「求める人材」 また、就職や転職では、「顧客の「リアルパートナー」になること」を標榜しているアビームコンサルティングだけあり、マインドやポテンシャルなど本人の可能性を信じた採用傾向があるようです。 就活 ESも含む から転職の面接まで、多少求めるスキルに及ばない場合でも仕事や人生の価値観など、マインド面を重視した質問が聞かれることがあります。 また、マネジメントクラスでもセリングは加点にはなるものの、0だからといって減点になることはなく、セリングよりもクライアントの課題解決に向けた仕事が可能という点も、アビームコンサルティングならではの魅力でしょうか。 IT支援に大きな強み、教育・研修制度等で入社後さらなるスキルアップも可能 IT支援に強みを持つのがアビームコンサルティングと他の大手ファームとを比較した際の大きな違いでしょうか。 開発フェーズはアウトソースするものの、上流から要件定義まで、あらゆるフェーズまで一手に担うところに特徴があります。 システム導入などに関わったエンジニアの方で、より上流から課題解決を目指したいという方にとっては、理想的なキャリアパスとなるでしょうか。 ITに関する業務経験を使うケースも多く、実際SIerのエンジニア出身の方がプリンシパルにまで昇格されている事例が複数あります。 また、アビームコンサルティングでは、IT未経験・経験者関わらずテクノロジーに関する研修制度も充実しており、社内ではシステム構築スキル、社外ではSAPやOracleなどの資格を無料で習得できるようです。 参考:「キャリア・研修・評価」 2019年度 ただし、公共チームはIT案件が少ないなど、チームによって案件の種類や求められるケイパビリティは異なるため、事前の確認をおすすめいたします。

次の

アクセンチュア・BIG4(デロイト・KPMG・PwC・EY)・アビームの「年収・給与・ボーナス・残業代・福利厚生」

アビーム 外資

コンサルティングは 企業全体の変革を支援する業務です。 コンサルティングとは、企業や各種団体が経営を行う上で抱える様々な課題に対して、中立的な立場から現状を分析し、問題と真因を特定し、解決策を提示し、その実現を支援することで企業全体を変革していく業務です。 コンサルティングファームは、企業の医者に例えられますが、病気を診察し、投薬や治療をするように、企業の課題解決だけを行っているわけではありません。 例えば、日本を代表する企業がグローバルでのビジネスを成功させるため、新規事業への進出を成功させるためといった、企業がこれから目指す姿の実現を支援しているのです。 コンサルタントは企業のあるべき姿を定義し、取り組むべきテーマを設定し、共に実現する役割を担っています。 まさに、素敵な会社をもっと素敵にすることがコンサルタントの仕事であり、その積み重ねが未来につながっているのです。 大きな成長が 期待されている市場です。 現在の日本におけるビジネスコンサルティング業界の市場規模は1,800億円から3,000億円程度といわれていますが、業界全体は成長を続け、そのサービス提供範囲は経営戦略、財務会計、業務、IT、組織や人材など多岐に渡っています。 米国のコンサルティング業界の市場規模は6兆円から10兆円程度といわれており、日本やアジアにおいては、これから大きな成長が期待されている業界といえるでしょう。 ITサービスおよびBPOサービスなどを含めた市場規模は5兆円から7兆円規模に達しており、広告業界や旅行業界等の市場規模とほぼ同じ水準であり、大きな市場へと成長しています。 (ユーロモニター、IDC Japan、電通、日本交通公社の調査結果による) コンサルティング対象は サービスで分類されます。 コンサルティングの対象は一般的に「企業」「事業」「業務」「システム」「組織」「人材」に分類することができます。 「業務」と「システム」は、財務会計、生産管理、販売管理、人事管理といった業務プロセスの改革や、ITシステムの導入によって課題を解決します。 最後に、「組織」と「人材」は、人事制度、賃金制度の改定や、組織風土の変革、教育研修プログラムを導入することで組織と人に関する課題を解決します。 サービス種別」でご紹介します。 1960年代 日本におけるコンサルティングファームの誕生 日本におけるコンサルティングファームの発祥は、1966年、ボストン・コンサルティング・グループ(以下BCG)の日本支社です。 その後を追うように外資系ファームが進出してきます。 当時の日本企業は経営戦略を外部に委託するという考え方はなく、相当な苦労がありました。 当時のBCGに入社した堀紘一氏、マッキンゼー・アンド・カンパニーの大前研一氏などは積極的に市場を開拓し、1975年に大前氏が出版した「企業参謀」、1980年にマイケル・ポーター氏が出版した「競争の戦略」などの書籍が、経営トップに広く読まれたこともあり、コンサルティング業界が認知され始めました。 等松・トウシュロスコンサルティング( 現:アビームコンサルティング)など会計事務所系コンサルティングファームが誕生したのも、70年代後半から80年代半ばです。 80年代後半には、金融系のシンクタンクや独立系ファームが誕生します。 2000年以降 サービスの多様化とITによる意思決定へ 2000年代になると、コンサルティング業界の発展とコンサルティングビジネスの定着に伴い、特徴ある特化型コンサルティングファームが誕生し始めます。 特定の業界やマーケティング、新規事業立案といった特定のテーマに強みを持ったファームや、再生支援や財務系に特化したファームなどです。 また、大手のファームから独立したスピンアウトファームも次々と誕生。 また近年では医療、環境、国際標準規格、リスク管理、ブランディング・マーケティング、Webコンサルティングなど業務や業種に特化したコンサルティングを行うファームが増え、サービスの多様性と裾野が広がり続けています。 そして最近では、高度なITを利用したコンサルティングサービスが経営の意思決定に欠かせない存在となっています。 例えば、ビッグデータを多次元解析ツールで分析するBI(ビジネスインテリジェンス)、スマートフォンやタブレットなどのマルチデバイスとソーシャルメディアなどのあらゆるデジタルメディアを対象としたデジタル戦略の立案(デジタルトランスフォーメーション)、クラウドサービスを用いたグローバル展開やITマネジメントシステムなど。 ITが企業変革やグローバル展開に大きな影響を与えています。

次の

アビームコンサルティングの採用対策。求める人物と厳しい選考内容

アビーム 外資

本ヒューマンデザイン総合研究所では、転職支援事業の運営の過程で大手企業の実態について迫る調査を実施している。 今回のテーマはIT系コンサルティングファームのアビームコンサルティング株式会社(ABeam Consulting Ltd. )である。 本記事の情報は、元アビームコンサルティング社員に対してヒアリングを行い、企業の実態調査を実施した。 アビームコンサルティングは、その名前から外資系のコンサルティングファームと勘違いされがちであるが、日系のコンサルティングファームである。 そのため、企業の運営方針として「日本発、アジア発のグローバルコンサルティングファーム」を掲げている。 更に言えば、社名の頭につく「アビーム」には、「Asian Beam(アジアの光線・アジアの力)」の意味があり、「アジア初・アジア発のグローバルコンサルティングファームとして、力強くあり続けること」への決意が込められているという。 アビームコンサルティングのサービスラインは以下通り。 また、ITが専門領域となっている理由に、親会社のNEC(日本電気)の存在が考えられる。 基本的に、コンサルティングファームというものは、銀行系のコンサルティングファームを除いて子会社に位置するケースは稀である(類似する事例として、NTTデータ子会社のNTTデータ経営研究所、富士通子会社の富士通総合研究所が存在する)。 アビームコンサルティングはNEC(日本電気)の子会社(議決権の99. 9%を保有)であり、日本電気経由で受注する案件も多数存在することも予想される。 以下の情報は元アビームコンサルティング社員に対するヒアリング結果であり、個別にヒアリングを行ったため、個々の意見を箇条書きにしてまとめている。 転職希望者や新卒の就職活動生に役立つ情報提供となれば幸いである。 簡単な例としては、休日に同じプロジェクトのメンバーにメールしても数時間以内に必ず返信が返ってくるといったもの。 会社単位ではなく、プロジェクト単位で激務度合いは大きく変わる。 プロジェクトで求められている業務量やアウトプットの質・深さ、マネージャーの考え方(ハードワーカー思考、メリハリ思考、生産性思考等)等々の様々な要素で労働時間が大きく変動する。 従って、終電帰りやヤクシー帰りが慢性化する時期もある一方、18時に帰れるプロジェクトも存在する。 全ては運と自分の実力次第。 ただ、どれだけ運と実力があっても平日に定時退社ができるようなまったりした環境ではないことだけは留意して入社を決めるべき。 特に、最近では働き方改革の影響もあり、有給が取得しやすい風土になりつつある。 この背景には、複数のプロジェクトを掛け持ちすることがないプロジェクトの推進体制も影響していると思われる。 複数プロジェクトを掛け持ちするファームでは有給の取得は難しいと思われる。 残業が減る分、年収が大幅に減少するケースも見受けられたため、長時間働いてこそコンサルタントというようなオールド型のワーカホリックの人には満足できない環境かもしれない。 被評価者の能力や貢献度と評価が連動していないように感じられ、評価者の気分や感覚次第という感じを受ける。 実際、上位層へのアピールが上手かったり、声が大きく目立つ人がプロモーションしている一方、目立つようなことはなく上位層に気に入られない人はプロモーションできていないように見える。 要は気に入られているかどうかだけで評価が決まっているように感じる。 またシニアコンサルタントまでは残業代の支給対象となる。 また、平均的な能力を持って努力家であればマネージャーまではどうにか昇格できる。 しかし、シニアマネージャーとの間に昇格の壁があり、相当の実力あるいは社内人脈がないと昇格することが難しい。 ディレクターやパートナーでは2,000万円を超えるのではないか。 SAPの2025年問題もあり、2025年までは案件の受注が続くと思われる。 但し、ERPシステムのクラウド化に伴う企業の内製化が進めば、この強みは弱みにも成り得る。 IT領域は同業も力を入れており、サービスラインも似通っているため、他社との差別化がしにくい。 やっていることはSIerと変わらないのが実際のところ。 戦略コンサルティング領域を強めていくべきと考える。 最近では、コンサルティングファームというよりはSIerになってしまったように感じられる。 コンサルティングファームにいるようなシステムが関係しない戦略案件を遂行できる経験者が不足している。 基本的にSAPを中心としたERP導入案件がほとんどであり、その他にはRPA導入等のITコンサルタント?SE?としての経験しか積めない。 このため、NTTデータや日立製作所等の一般的な事業会社のSIerの社員と何が違うのかといわれても答えに窮する。 自分の年齢の若かったこと、そして学歴があったことで運良くマーケティングや事業戦略策定等の経験を積める他者からオファーを受けることができたため転職することとした。 一般的な経営コンサルティング業務を中心にキャリアを構築したい人には入社を進めない。 逆に、SAP導入を専門とするITコンサルタントを目指すのであれば最高の環境ともいえる。 SAP導入のプロジェクトは出張が多く、長期間に亘る。 また、長時間労働が基本であることから、プライベートの時間をほとんど確保できない状況にあった。 EAPシステムのクラウド化が進むことが予想されていることもあり、事業会社の社内SEに転職した。 転職後はプライベートを確保できる働き方が実現できているため満足している。 また、年収は減少したが、時給ベースでは上がったかもしれない。 ただ、アビームコンサルティングでの経験が活きて今の職があるため、当時は激務であったが感謝している。 長年に渡り、業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。 本ヒューマンデザイン総合研究所では、 を作成しました。 結論から伝えると、リーマンショックや東日本大震災、コロナショックといった大恐慌でも、業績が悪化しにくい企業のリスト。 言い換えれば、です。 「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。 企業リストの詳細情報は、上記画像からご確認下さい。

次の