オセロニア カーバンクル。 カーバンクル (かーばんくる)とは【ピクシブ百科事典】

カーバンクル (伝説の生物)

オセロニア カーバンクル

カーバンクル( Carbuncle)は、上のの1つ。 のの僧侶詩人である ()の著書『アルゼンチナ』()に記録がある。 センテネラは著書において、での自身の目撃談を述べており、その姿を「燃えるのごとく輝くを頭にのせた小さな動物」と記述している。 センテネラはこの生物を求めてパラグアイの川やジャングルを探し回ったが、結局、発見に至ることはなかった。 『アルゼンチナ』にある記述はこれのみで、カーバンクルがか、か、かも一切わかっていない。 スペインの探検家であるゴンサーロ・フェルナンデスはこれを、のの中に秘められているといわれる宝石と結び付けて考えており 、そのことからカーバンクルを竜とする説もある。 においては原典での姿が不明瞭なこともあり、姿はやに近い姿など一定していないが、額に真紅のを持っており、その宝石を手に入れた者は富と名声を得るといわれる。 これが伝承における唯一の共通点として挙げられる。 センテネラの後も何人もの探検家がカーバンクルを探し求めており、富と名声に関する伝承が生まれた後はさらに多くの探検家がカーバンクル捜索に挑んだが、成功した例は確認されていない。 では末期から以降、『』や『』などののとしてある程度、知名度が高まっている。 ゲーム内では、貴重なを持つ、多くの金が得られるなど、希少なとして扱われることが多い。 なお「」の名は、やなどの赤い宝石を指す言葉としても用いられており、この宝石を持つと富と名声が得られるともいわれる。 この伝説の生物にこの名が用いられるようになった後でも、「カーバンクル」の名は宝石の名に用いられることの方が多い。 脚注 [ ] [].

次の

【PR】逆転オセロニア【攻略】: 最初に闘化すべき駒は?カーバンクルの使い道を紹介

オセロニア カーバンクル

カーバンクル( Carbuncle)• 赤い宝石の総称。 ラテン語で「小さな炭」の意味。 などを指すことが多い。 磨き丸く仕上げられた(ガーネット)のこと。 特に(アルマンディン)。 - 16世紀()にスペイン人が南米で目撃したという。 ゲーム『』に登場する召喚獣の一つ。 を参照。 ゲーム『』、『』に登場する代表的な黄色い型の耳を持つキャラクター。 を参照。 細菌感染によって人間の皮膚に生じる(よう)のこと。 カルブンケル。 の漫画作品。。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

【オセロニア】ダイヤモンドカーバンクルの入手方法と使い道|ゲームエイト

オセロニア カーバンクル

最近では、HP条件のないアタッカーも増えており、序盤から高火力をたたき出すこともできる。 HPが高く、火力も出る上、速攻にも対応できる、現状最も安定して勝利を狙えるデッキの1つだ。 S駒ランキング S駒はHP条件がゆるく、相手をオーバーキルできるアタッカー、強力な召喚駒をメインに選定している。 順位 名称 入手法 1 超駒 2 神コレ 3 エヴァコラボ 4 逆コレ 5 召喚コレ 6 プレミアム 7 超駒 8 3周年ガチャ 9 超駒 10 超駒 1位の進化ファヌエルは、攻防、そして盤面すら有利にできる性能で、いるだけでデッキが強くなるレベルの存在だ。 同じく、召喚スキル持ちのジゼルもいっしょに入れてしまうのが最近のトレンド。 召喚駒をさまざまなところに出現させて囁きの倍率を上げ、ダブルコンボなどを狙っていける状況にしていく。 アタッカーは、神単デッキなら実質無条件で発動できるものを優先して選定している。 中でもエヴァコラボの闘化シンジは、闘化ジークフリートとほとんど同じ性能。 入手した場合は、あわせて利用してみよう。 A駒ランキング A駒は、S駒の火力を高めるコンボスキルを持った駒、その中でもスキルが有用なものをメインに選定している。 順位 名称 入手法 1 バトルコイン 2 超駒 3 プレミアム 4 GW 5 カップ戦、バトルコイン 6 ブライダル 7 サマー 8 プレミアム 9 イベント 10 白の塔 エンデガはS駒のヴィクトリア並みの火力が出せる破格の性能。 バフやコンボスキルをかけて戦う、神殴りデッキの強力フィニッシャーとして1位とした。 そのほかは、神デッキに欠かせないバフや防御スキルを持った駒が上位を占める。 このあたりは、調整できるため、進化ルキア対策にもなっている。 また、進化ファヌエル、ジゼルの召喚スキルと合わせやすいアタッカーも評価を上げているという印象。 定番のアルベルダや闘化学園・ウルなど、細かい条件なしでも攻撃できる駒を選定した。 神属性・進化ラニ固定特殊ダメージデッキ 固定特殊ダメージや連続特殊ダメージなど、難しい条件なしで大きなダメージが稼げるスキルを中心に、序盤からガンガン押していく神デッキ。 リーダーの進化ラニは、「自分のHP」に依存してダメージを稼ぐため、HPの低い竜デッキには絶大な効果を示す。 ただし、特殊ダメージ主体で攻撃していくため、盤面防御や罠に弱いところには注意していこう。 S駒ランキング S駒は、出すだけである程度のダメージを稼げる駒がメイン。 代償を編成する場合は、デッキ全体のバランスに気を使っておこう。 順位 名称 入手法 1 超駒 2 超駒 3 代償コレ 4 強駒 5 神コレ 6 超駒 7 幽白コラボ 8 プレミアム 9 希望の唄 10 強駒 闘化ティターニアは、2ターンに渡って2,400の特殊ダメージを与え続ける強力なスキルの持ち主。 このデッキの場合、コンボスキルで闘化ジークフリートのようなスキルを生かせるところも強みだ。 最強クラスの固定特殊ダメージを持つ闘化パールヴァティーも強力。 特にコンボスキルはかなり強いので、2次攻撃で一気に勝負を決めたいときにおすすめだ。 そのほか、代償スキル、連続ダメージスキル、フィニッシャーになれるライフバースト系スキルを持った駒を選定。 速攻に特化させるか、防御にも気を使うか、好みに合わせて使い分けてみよう。 A駒ランキング A駒はスキル、コンボスキル両方でダメージを稼げる駒、いざというときの防御駒などがランクイン。 いつ出しても一定のダメージを稼いでくれる上、コンボスキルでもダメージが狙える。 3周年・メーティスやオーリックも同じ理由で強力。 こちらは代償を受けてしまうが、ガンガン攻めたい場合は、複数入れるのもアリだ。 また、代償スキル持ちが多い場合は、ある程度防御もあった方が安定感は増す。 リンガットやサマー・ハーピストエンジェルなど、防御スキルやデバフスキルでダメージを抑えつつ、コンボスキルで攻撃にも転じられる駒がおすすめだ。 魔属性:闘化ロスカ呪いデッキ 闘化ロスカデッキは召喚したカウンター駒であるルーシーとコンボを連ねて、相手の手駒を一気に呪いにしていく戦い方になる。 進化ヨシノのような割合ダメージを与えるリーダーや、HPの高い神デッキにとっては非常に厄介な存在だ。 先手を取れるとこの上ない強さを発揮する反面、後手になるとなかなかロスカを生かしにくい。 HPの低さを補い、呪いを付与するところまで持っていけるかが重要だ。 S駒ランキング 呪いデッキは、相手に呪いを付与しないと始まらない。 S駒は相手の手駒を複数呪いにできるものを選定している。 順位 名称 入手法 1 超駒 2 強駒 3 超駒 4 ブライダル 5 強駒 6 強駒 7 超駒 8 超駒 9 吸収コレ 10 クリスマス 2ターンに渡って呪いを2つ付与できる闘化ベルゼブブは、呪いデッキだけでなく、魔デッキでも切り札として利用されつつある。 このベルゼブブと相性抜群なのが闘化ロスカ。 ベルゼブブのスキルを発動しやすくできるほか、進化ヨシノや進化ラニへの対策もできる。 リーダーにして先攻初手で出せると非常に強力だ。 呪いを付与するという役割ではないが、進化ルクスリアや闘化オルプネーも強力。 呪いデッキで不足しがちなフィニッシャー役、緊急のHP回復役として活躍してくれるはずだ。 呪いだけで勝利できるのがベストだが、意外に決めきれないような場面も多い。 そのため、ダメージを大きく稼げるような特殊ダメージフィニッシャーも上位に入れている。 A駒ランキング A駒も基本は呪いメインだが、こちらはコンボスキルでも呪いを付けられるものがほしいところ。 2次攻撃のきっかけとなる駒を上位に選んでいる。 順位 名称 入手法 1 呪いコレ 2 呪いコレ 3 エクストラパック 4 呪いストラクチャー 5 呪いストラクチャー 6 イベント 7 ハロウィン 8 クラス、バトルコイン 9 強駒 10 エクストラパック 呪いコレの新駒翡翠は、相手の手駒を呪わなくても発動できる怨念スキル。 呪いを付与しつつ、罠外しもできるところが優秀だ。 イベントで入手できる闘化お京は、コスト15だが、闘化ラァナと同じ役割を担うことができる。 最近は相手の手駒が呪われていることが条件となるスキルも多いので、編成しておくと役立つ場面が多いはずだ。 手駒ロックの進化ルキア、ハロウィンアルカードは、単純に緊急回避として重宝するだけではなく、呪われた駒を捨てたくても捨てられない状況にできるところも選定理由だ。 竜属性:闘化デネヴ速攻デッキ 闘化デネヴデッキは、X打ちを駆使して序盤からコンボを決めて高火力を出していく竜単デッキ。 数ターンで大ダメージが出せる速さから、終盤に大きく回復する耐久デッキ、闘化ロスカのようなHPの低い魔デッキなどと相性がいいといえる。 一方、HPが低いため、高HPを武器にどっしり構えられることが基本的に苦手。 神駒主体の攻撃的なデッキは、あまり得意ではない。 S駒ランキング S駒は高火力が出せるアタッカー、強力なコンボスキルを持った駒がランクイン。 中でも上位は、多少の不利をはねのける、とんでもない火力を出せる強力駒だ。 順位 名称 入手法 1 超駒 2 超駒 3 超駒 4 強駒 5 超駒 6 プレミアム 7 速コレ 8 逆転コイン 9 ニューイヤー 10 GWガチャ 進化ジェンイーは、高いATKと発動しやすい貫通スキル、最大2. 2倍が出せるコンボスキルと穴がない。 竜駒最強フィニッシャーとして、当分君臨し続けるだろう。 発動しやすさでは若干劣るが、速攻デッキで使うことを考えると進化桜骸丸も高火力。 ジェンイーと両方そろえられると、貫通アタッカーに死角はなくなるだろう。 オルロ・ソルシエと闘化ノイレもとんでもない火力を出せる駒として上位にランクイン。 先攻有利な竜デッキ同士の戦いでも、後攻から逆転を狙える強力駒だ。 最近は、高HPのS駒バフであるヴォルグラーデを編成して、終盤に超火力を出していくデッキが流行している。 持っているなら利用してみよう。 A駒ランキング A駒は、S駒の火力を引き上げられる駒がランクイン。 囁き系のコンボスキルを持った駒がほとんどだ。 順位 名称 入手法 1 竜コレ、初期駒 2 白の塔 3 超駒 4 希望の唄 5 希望の唄 6 ハロウィン 7 エクパ極 8 エクストラパック 9 竜コレ、初期駒 10 カップ戦、バトルコイン 1位は、竜単色デッキにはもはや欠かせない存在となっている、オーラバフの闘化ランドタイラント。 上位互換が出ない限り、当分1位の座は揺るがないだろう。 アタッカーでは、条件なしで貫通スキルが使え、コンボスキルでも2倍が出せる心核の守護者(竜)が非常に優秀。 罠外し、大火力のサポート役として、大活躍してくれるだろう。 そのほかは、竜S駒の火力を伸ばすためのバフ、コンボスキルを持った駒になる。 基本的には、発動しやすい駒を選定している。 S駒によって編成が大きく変わるデッキとなるが、ここでは神・魔・竜をまんべんなく編成したオーソドックスなものをご紹介。 X打ちを駆使することで、かみ合えば大ダメージをたたき出せるが、そこに至るまでがなかなか難しい。 バランスと立ち回りが重要となる、上級者向けのデッキかもしれない。 ランキングでは、その中でも強力なものをピックアップしている。 ランキングには、毒、防御、バフ、デバフなど、スキルで攻撃やサポート役も担える駒を選定。 どれを重視するかで編成するものを決めていこう。 相方ともいえるアタッカーは混合デッキでも使いやすい貫通アタッカーを選定。 ここでも進化ジェンイーは頭1つ抜けた存在だ。 新超駒の闘化アテナは、身代わり駒を召喚できる特殊な性能。 使いこなすはかなり難しいが、うまくいくと序盤から大ダメージを稼ぐことができる。 A駒ランキング A駒はサポート役が多いが、入れすぎると事故になる可能性が高まる。 S駒との兼ね合いを見て、アタッカーも入れる必要があるだろう。 スキルの特殊ダメージ防御も意外に使える。 攻撃、サポートどちらもできるのは金色・アラジン。 状況に応じて使い分けられる汎用性の高さで、上位へのランクインとなった。 そのほか、混合デッキはサポート駒ばかりだと手駒事故になりやすいという理由から、属性に依存しない竜駒アタッカーを多めに選定。 手駒次第では、竜デッキのように打っていけるようにすると、安定感が増すはずだ。 C 2016 DeNA Co. ,Ltd. and Megahouse 新着記事•

次の