菅井 裕介。 » 会社概要

» 会社概要

菅井 裕介

会社の主な目的• 芸能タレント、音楽家、スポーツ選手、インストラクター及び映像技術者等の養成並びにマネージメント• 音楽、映画、演劇、演芸、講演の企画、制作並びにその請負又は委託とその興行• ラジオ・テレビ放送番組、インターネットにより提供される情報番組、ビデオ・ソフト、コマーシャルフィルム、コマーシャルソング、出版物、キャラクター、レコード、テープ、楽譜等その他音楽に関する製品の企画、制作、販売、購入並びに版権事業• 劇場、コンサートホール、スポーツ施設の経営• 歌手、タレント、スポーツ選手及びインストラクター等の肖像、署名、愛称等を物品、商品、サービス等に使用し、使用せしめる権利の管理並びに販売• 広告宣伝の代理業務 各事業部紹介 世界で注目されるエンターテインメントの話題作を次々に上演 演劇やミュージカルの企画制作、公演の実施など、古典から新作まで多岐にわたるエンターテインメントを提供しています。 1981年に榊原郁恵主演でスタートしたミュージカル「ピーターパン」の公演は毎夏の恒例となりました。 また、「身毒丸」、「奇跡の人」、「ムサシ」といったストレートプレイや、「スウィーニー・トッド」、「ジキル&ハイド」、「ロミオ&ジュリエット」、「スリル・ミー」、「ラブ・ネバー・ダイ」といったミュージカルのヒットを生み出し、「プロデューサーズ」、「ヘアスプレー」などの大規模なブロードウェイミュージカル作品や南アフリカのパフォーマンス『ドラムストラック』の招聘も手がけ、日本における主要舞台制作会社の地位を確立してきました。 海外においても、「マクベス」、「コリオレイナス」、「シンベリン」などの蜷川幸雄作品のロンドンやニューヨーク公演を成功させ、世界演劇の最高峰といわれる英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーとの共同制作「リア王」など、国際的にも高い評価を得ています。 スポーツ選手・文化人の幅広い活動をサポートとライセンスビジネスへの展開 著名な文化人やスポーツ関係者の活動を多方面から支え、メディアへの出演や出版などの活動をサポートしています。 評論家や作家、学者、医師、ジャーナリストなど、専門分野で活躍する文化人のイメージアップを図るとともに、本業にも寄与できるマネージメントを行うことを最大のポイントとし、メディアへの出演の他、イベントなどを通じて、企業と人、人と人を結びつける文化活動を行っています。 現役のプロスポーツ選手については、メディア対応などを中心にプレーに集中できる環境を整えることを基本方針とし、引退後は新しい分野へ活動の場を広げていくマネージメントも展開しています。

次の

ビットリュージョン(BitRegion)被害者の会

菅井 裕介

今回はアルケミストの情報をまとめていくよ JOKERの活動と案件の特徴 カピバラさんと JOKERとの出会いは Fainantial. org FOIN 時代。 当時は JOKERという組織も知らず紹介も行っていました。 1口130万程でスタート出来た案件ですが、 バイナリー・ユニレベル・達成ボーナスなどのコミッション還元率が驚異的でした。 実際4. 5人紹介出来れば 月収100万はザラで、カピバラさんもすぐに達成しました。 JOKERの教育研修も豊富で、3泊4日で行う TBCという合宿では無料で参加出来ました。 普通では考えられない良い環境だったのですが、会社都合で案件の仕様が大きく変わる事が多く、とても振り回されました。 結局 Fainantial. その後も AliExchangeという仮想通貨取引所の株配当による案件を展開しましたが、こちらも半年程で終了し FOINと同じ末路となりました。 要は JOKERの仕掛ける案件って 失敗してるものが多いんですね。 そんな中で AliExchangeの後に入った今回の新案件。 それが Alchemistというものです。 Alchemistの概要について これは意外だったのですが、 Alchemist(以後アルケミスト)は 株の運用を配信型で 学ぶ情報商材でした。 これまでのお任せ型の案件からは大きく変わり若干拍子抜けしましたが、固くコツコツという印象を受けました。 続けざまに案件が失敗した今、改めて強固な組織づくりをしているかもしれませんね ここからはアルケミストの関係者と金額等に触れていきます。 アルケミストの関係者 主要人物は 井上幸彦氏・美馬脩平氏のお二人です。 まず発起人である 井上幸彦氏。 WEB上では名前が中々ヒットしなかったもの、 『JOKER』『湯田陽太』『株式会社ラベメ』を複合キーワードで検索した所、ところどころで情報は落ちていました。 国立大学を終了後、建築系のメーカーに就職し、ライター・セミナー講師としてのキャリアを積まれてきたそうです。 また学生時代から株式投資の勉強をしてきた様で、アルケミストのマーケティング戦略を担っています。 非常に理系的な話の展開をする方で、『投資とは何か?』から始まり 世界一安全な投資は何か?などと面白い内容も話していました。 次にトレーダーの 美馬脩平氏。 アルケミストの商材は株運用のロジックを体系化したものとなっており、美馬氏の観察銘柄も発信されるそうです。 つまり美馬氏は本案件の超重要人物でもある訳ですが、ネット上でも彼の情報がありました。 ストアカでの講座: 元々医師としての道も目指されていた様で、会社経営もされていました。 () トレーダーの情報は普通はネットにあるものではないので、実績などは確認できませんでした。 コンテンツ価格 アルケミストは情報コンテンツとしての料金が発生します。 入学金の54万円と9800円の月額料(4か月目以降)。 こちらがアルケミストに参加する為の条件になります。 また、アルケミストには独自のカリキュラムがあり スタートから初めの3か月目までは投資の知識・株式投資の基礎・基本テクニックを学びます。 そして4か月目以降からトレードテクニック・補助的指標・メンタルなど様々な内容を学ぶカリキュラムとなっています。 金額ではなく月利での目標に拘っており、能力としての投資スキルを身に着ける事を理念とされていました。 また、アルケミストを紹介する事で発生する紹介料も備わっていました。 JOKERの過去の案件と同じく、バイナリーなどの報酬プランも備わっており、還元率も高い様です。 アルケミストの個人的評価 カピバラさんの印象としては、 JOKERは非常に固い案件を選択したなと感じました。 ただ案件としては 非常に地味であるし、目新しさもなかったです。 試しに初期費用の入学金54万円と4か月目以降の月額費を回収出来るまでの期間を表でまとめてみました。 (初めの3か月は勉強期間として運用はしなかったものとする) 上の表で分かる用に入学金とは別に運用するための元金が必要になります。 仮に50万で自身で運用しても、費用の回収に3年以上はかかります。 一年間で利益を出すためには200万円程の元金が元手として必要となるので 単純計算で250万円の準備金がなければ早期での成功は難しそうです。 また、 紹介料が豊富であるという点もカピバラさん的にはマイナスポイントでした。 アルケミストの理念としては正しい投資知識・能力を自分のものにする点にあるハズ(少なくとも自分にはそう感じました) にも関わらずMLMに拘った報酬体系はその理念とズレてると感じましたし、 JOKERのメンバーが単にアルケミストの営業マンである様に映ってしまいました。 報酬プランを充実させるのではなく(せいぜいアフィリエイト報酬まで)、参入障壁を少しでも下げることに重きを置いたほうが良いというのがカピバラさんの意見です。 今後も新しい情報が入り次第展開していきますので、良ければLINE@のご登録をお願い致します。 (ご相談も受け付けております) 結局どんな案件がいいの? 権利収入を作るという観点から見た場合、運用とは別に入る組織収入は大きな財産になり得ます。 ただ組織収入が発生する案件においては 派手すぎる運用実績や報酬体系だと続かないリスクが内在しています。 会社のサイトにアクセス出来なくなるな等のリスクはほぼ無いと感じました。 また、日本での展開がこれからで、まだ登録者数も100人にも満たないタイミングとなっています。 ビジネスは情報が早ければ早いほど つまりブルーオーシャンな市場程稼ぎやすいです! このタイミングを逃さないためにも是非、こちらの記事で概要を確認してください。 投資の世界で最も重要なのは情報です。 そして情報は下に下に流れるほどその正確性が失われます。 今流行りの案件などにおいても、裏ではこんな人が関わっていてアブナイなんて話も多いです。 カピバラさんは長い年月をかけて、そうした情報を共有できる仲間と巡り合うことが出来ました。 そんな情報をご自身でも積極的に取られていきたいという方は是非こちらのLINE@にご登録ください。

次の

一生お金に困らない! 新・お金が貯まるのは、どっち!?

菅井 裕介

今回はアルケミストの情報をまとめていくよ JOKERの活動と案件の特徴 カピバラさんと JOKERとの出会いは Fainantial. org FOIN 時代。 当時は JOKERという組織も知らず紹介も行っていました。 1口130万程でスタート出来た案件ですが、 バイナリー・ユニレベル・達成ボーナスなどのコミッション還元率が驚異的でした。 実際4. 5人紹介出来れば 月収100万はザラで、カピバラさんもすぐに達成しました。 JOKERの教育研修も豊富で、3泊4日で行う TBCという合宿では無料で参加出来ました。 普通では考えられない良い環境だったのですが、会社都合で案件の仕様が大きく変わる事が多く、とても振り回されました。 結局 Fainantial. その後も AliExchangeという仮想通貨取引所の株配当による案件を展開しましたが、こちらも半年程で終了し FOINと同じ末路となりました。 要は JOKERの仕掛ける案件って 失敗してるものが多いんですね。 そんな中で AliExchangeの後に入った今回の新案件。 それが Alchemistというものです。 Alchemistの概要について これは意外だったのですが、 Alchemist(以後アルケミスト)は 株の運用を配信型で 学ぶ情報商材でした。 これまでのお任せ型の案件からは大きく変わり若干拍子抜けしましたが、固くコツコツという印象を受けました。 続けざまに案件が失敗した今、改めて強固な組織づくりをしているかもしれませんね ここからはアルケミストの関係者と金額等に触れていきます。 アルケミストの関係者 主要人物は 井上幸彦氏・美馬脩平氏のお二人です。 まず発起人である 井上幸彦氏。 WEB上では名前が中々ヒットしなかったもの、 『JOKER』『湯田陽太』『株式会社ラベメ』を複合キーワードで検索した所、ところどころで情報は落ちていました。 国立大学を終了後、建築系のメーカーに就職し、ライター・セミナー講師としてのキャリアを積まれてきたそうです。 また学生時代から株式投資の勉強をしてきた様で、アルケミストのマーケティング戦略を担っています。 非常に理系的な話の展開をする方で、『投資とは何か?』から始まり 世界一安全な投資は何か?などと面白い内容も話していました。 次にトレーダーの 美馬脩平氏。 アルケミストの商材は株運用のロジックを体系化したものとなっており、美馬氏の観察銘柄も発信されるそうです。 つまり美馬氏は本案件の超重要人物でもある訳ですが、ネット上でも彼の情報がありました。 ストアカでの講座: 元々医師としての道も目指されていた様で、会社経営もされていました。 () トレーダーの情報は普通はネットにあるものではないので、実績などは確認できませんでした。 コンテンツ価格 アルケミストは情報コンテンツとしての料金が発生します。 入学金の54万円と9800円の月額料(4か月目以降)。 こちらがアルケミストに参加する為の条件になります。 また、アルケミストには独自のカリキュラムがあり スタートから初めの3か月目までは投資の知識・株式投資の基礎・基本テクニックを学びます。 そして4か月目以降からトレードテクニック・補助的指標・メンタルなど様々な内容を学ぶカリキュラムとなっています。 金額ではなく月利での目標に拘っており、能力としての投資スキルを身に着ける事を理念とされていました。 また、アルケミストを紹介する事で発生する紹介料も備わっていました。 JOKERの過去の案件と同じく、バイナリーなどの報酬プランも備わっており、還元率も高い様です。 アルケミストの個人的評価 カピバラさんの印象としては、 JOKERは非常に固い案件を選択したなと感じました。 ただ案件としては 非常に地味であるし、目新しさもなかったです。 試しに初期費用の入学金54万円と4か月目以降の月額費を回収出来るまでの期間を表でまとめてみました。 (初めの3か月は勉強期間として運用はしなかったものとする) 上の表で分かる用に入学金とは別に運用するための元金が必要になります。 仮に50万で自身で運用しても、費用の回収に3年以上はかかります。 一年間で利益を出すためには200万円程の元金が元手として必要となるので 単純計算で250万円の準備金がなければ早期での成功は難しそうです。 また、 紹介料が豊富であるという点もカピバラさん的にはマイナスポイントでした。 アルケミストの理念としては正しい投資知識・能力を自分のものにする点にあるハズ(少なくとも自分にはそう感じました) にも関わらずMLMに拘った報酬体系はその理念とズレてると感じましたし、 JOKERのメンバーが単にアルケミストの営業マンである様に映ってしまいました。 報酬プランを充実させるのではなく(せいぜいアフィリエイト報酬まで)、参入障壁を少しでも下げることに重きを置いたほうが良いというのがカピバラさんの意見です。 今後も新しい情報が入り次第展開していきますので、良ければLINE@のご登録をお願い致します。 (ご相談も受け付けております) 結局どんな案件がいいの? 権利収入を作るという観点から見た場合、運用とは別に入る組織収入は大きな財産になり得ます。 ただ組織収入が発生する案件においては 派手すぎる運用実績や報酬体系だと続かないリスクが内在しています。 会社のサイトにアクセス出来なくなるな等のリスクはほぼ無いと感じました。 また、日本での展開がこれからで、まだ登録者数も100人にも満たないタイミングとなっています。 ビジネスは情報が早ければ早いほど つまりブルーオーシャンな市場程稼ぎやすいです! このタイミングを逃さないためにも是非、こちらの記事で概要を確認してください。 投資の世界で最も重要なのは情報です。 そして情報は下に下に流れるほどその正確性が失われます。 今流行りの案件などにおいても、裏ではこんな人が関わっていてアブナイなんて話も多いです。 カピバラさんは長い年月をかけて、そうした情報を共有できる仲間と巡り合うことが出来ました。 そんな情報をご自身でも積極的に取られていきたいという方は是非こちらのLINE@にご登録ください。

次の