ポメラニアン 怒る。 ポメラニアンは飼いやすい?性格・飼い方・しつけ・抜け毛までを解説

ポメラニアンの無駄吠えをやめさせる方法

ポメラニアン 怒る

ふんわりモコモコで毛糸玉のようなポメラニアンは、どこから見ても愛らしくまるで「ぬいぐるみ」のよう。 ころんとした胴体に短い足、ケージの中でキュンキュン鳴く姿に、思わず抱きしめたくなってしまいますよね。 その為、「ペットショップで一目惚れして家族に迎えました。 」というてケースも珍しくありません。 しかしこの可愛さこそが、しつけを妨げる最大要因なのです。 「甘噛み」や「無駄吠え」を、可愛いからという理由で大目に見ていると手遅れになるケースも。 中には、手が付けられない状態になっても、子犬の頃の可愛さが忘れられないと、 ジレンマに陥ってしまう飼い主さんも多いとか。 ですが、しっかりとしたしつけは、飼い主と愛犬双方に幸せをもたらしてくれるのですよ。 すり込み期を含めた生後5ヵ月までに、基本的なしつけであるパピートレーニングをクリアしましょう。 上記の4項目は、いずれも警戒心や恐怖心を植え付けない為に欠かせない要素となっています。 一緒に暮らす家族から始めて、犬好きの友人に協力してもらうのも効果的です。 できるだけ多くの人と接して、「人間は怖くない」と教えてあげましょう。 また、人間社会のルールに加えて、犬社会のルールを学ぶ必要もあります。 ママ犬や兄弟たちと離して育てる場合は、パピー教室などに参加するのもお勧めですよ。 ポメラニアンの無駄吠えを、「要求吠え」と分かっていても許してしまう・・・。 そんな飼い主も少なくありません。 なぜなら、ポメラニアンが可愛い過ぎるからなのです。 クリクリのつぶらな瞳でおねだりされたら、思わず要求に応えたくなってしまします。 嘘のように聞こえるかもしれませんが、しつけに困ってトレーナーに相談する飼い主の多くが 「可愛さに負けてしまった」という原因を抱えていることが殆どだそうです。 ですが、その瞬間にアドバンテージを取られてしまっては後の祭りです。 ポメラニアンは叱られている事でさえ注目されていると勘違いしてしまいます。 感情的になって怒れば怒るほど、飼い主が遊んでくれていると勘違いして、さらに興奮してしまう犬も居るのです。

次の

ポメラニアン

ポメラニアン 怒る

1、まずゲージにトイレを引いておきます。 2、そして2時間に1度、ゲージの中に入れておきます。 3、そしておしっこが出るのを待ちます。 おしっこが出たら褒めて出してあげます。 この時ゲージの中で飽きないようにおもちゃなどを入れておきましょう。 おしっこが出来たらご褒美を与えて褒めましょう。 また2時間程経ったらゲージに閉じ込めます。 そしておしっこをしたら褒めてあげる。 この繰り返しですぐにトイレのしつけは完了します。 子犬は2時間に1度のペースでおしっこをしますのでそれを逆手に取るのです。 おしっこが出来たら褒められると言うのを理解してもらいます。 更に詳しく知りたい方は他の記事もあわせて読んで下さい。 子犬期の頃に完璧に慣れさせましょう。 特に「噛みつかない事」は犬としての基本です。 子犬期は甘噛みと言う行為をしますがこれは歯の生え変わりで痒くなるため 飼い主の指などを軽く噛む場合があります。 甘噛みはさせてあげましょう。 しかし、 威嚇行為や恐怖心から来る反抗心で、知らない人が手を出して来たら噛む行為は はじめの内に完璧にしつけておきましょう。 子犬の頃から知らない人に多く触れさせる事でこの行為は無くなります。 勿論、知らない人に恐怖心を与えられてしまうと、 他人は怖い者と認識して常に唸ったり威嚇したりする犬になります。 他人に触ってもらう時は、犬に慣れている人に協力してもらいましょう。 子供は、犬に対してしつこくしたり尻尾を引っ張るなどをする事があります。 これらの行為をされると子供嫌いの犬に育ってしまうので注意が必要です。

次の

ポメラニアンは飼いやすい?性格・飼い方・しつけ・抜け毛までを解説

ポメラニアン 怒る

1 『僕に興味を示してくれた!構ってくれた!』• 『これをすると、飼い主が構ってくれるんだね』と感じる• これは、普段から飼い主に遊んでもらえない犬に多い考え方となる• 2』『なんでそんなに怒るの?』• 『僕、悪いことした?』と感じる• これは事後に飼い主が怒る事で、犬がどんな理由で怒られているのか分からないと感じる考え方となる• 名前を呼んで怒ると、〝名前=怒られている〝と勘違いするようになる これらの他にも、飼い主に怒られる事でポメラニアンはストレスを感じる様になり、精神的ストレスから吠えるなどの問題行動を起こす可能性も考えられていますね。 また、ポメラニアンが飼い主への信頼を無くし、信頼関係にもひびが入る事で、ポメラニアンを飼い主がコントロール出来なくなる事もあります。 信頼関係を一度でも失うと、飼い主の言う事を聞かなくなり、散歩中に他の人や犬に対して吠えるなどの行動を起こして飼い主が『ダメ』と言っても犬は『だから何?』と、問題行動を止めなくなります。 しつけで殴る行動がダメな理由とは? そもそも、親が子を殴る暴力行為は立派な虐待行為であり、正常な人間性を持っている方であれば、ポメラニアンを殴る行動は取らないはずです。 このような方は、自身の感情をコントロールできない傾向にありますので、犬と一緒に暮らす前に、自身の感情をコントロールできる方法を探してみると良いですね。 そうすれば、犬は殴られずに安全となり、飼い主はストレスを溜めないで済むので双方の為となります。 では、ポメラニアンを殴るしつけがダメな理由について、見ていきましょうね。 ポメラニアンが怪我をする• 犬は飼い主に殴られたからといって、『これがダメなんだね』とは考えない・考えれない• 攻撃を受ける事で、飼い主に対し恐怖心や警戒心が生まれる• 信頼関係がゼロに等しい状態となり、飼い主ではなく〝敵〝と判断する• 精神・肉体的ストレスから、様々な病気に掛かりやすくなる このように暴力でしつけを行っても解決する事は無く、ただ飼い主との信頼関係やポメラニアンの肉体や精神を壊すだけとなります。 特に殴るしつけで恐ろしいのが、人間に暴力を振るわれたことにより、ポメラニアンが恐怖心から人間に対して噛むなどの行動を起こす事です。 ポメラニアンからすれば、人が寄ってきた=殴られる、『じゃぁ、先に攻撃してやる!』と防衛本能が働いてもおかしくはありません。 その為、飼い主以外の人間がその子に触れようとすると『僕に触れるな!!』と攻撃し、その結果場合によっては通報されて、ポメラニアンが保健所送りになる事も十分に考えられます。 (今では動物愛護団体が引き取る事が多くなりましたね)飼い主も法的処罰を受ける事になりますが、これは自業自得でしょう。 たまにニュースで犬が人を噛んで、犬と飼い主が捕まる事件がありますよね。 このニュースを知った一部の人間は『バカ犬』と、犬がバカだから事件が起きたと勘違いする人も居ますが、犬は何かしらの原因(社会科訓練の欠如や暴力を受けていたなど)で問題行動を起こしてしまうのです。 そもそも犬からしたら人間のルールやマナーなど知るはずがなく、飼い主が責任を持ってしつけてあげないから、そうした事件が起こるのですね。 その為、犬も怪我をした方と同様に被害者であり、責任は飼い主にあると私は考えています。 もし、自身の子を『バカ犬』と罵っている様でしたら、それは『自分の事も批判しているんだよ』と意識してみると良いですね。 そして、周りの人間にそう言われない様、しっかりと犬の社会性やしつけを行っていくと良いかと思います。 しつけで優しくする行動がダメな理由とは? 優しくする行動。 これ自体がダメではありません、むしろ優しくポメラニアンに接する行動は親として当然の事であり、愛情があるからこその行動だと感じます。 しかし、 しつけに対しても優しくする行動と言うのは〝甘やかす〝事となり、ポメラニアンが『甘っちょろい飼い主だね』と、パートナー間における上下関係で飼い主を下に見てしまう可能性があります。 ポメラニアンが飼い主を下に見てしまうと、以下のような行動を取りがちです。 事後ではなく、トイレなどの失敗をした瞬間にしつける• 低い声で淡々と『コレはダメ』としつける• ポメラニアンにダメと伝える際は、しっかりと目を見て話し、しつける また、お菓子や電源ケーブルなど、犬が食べる・噛むなどをして危険だと感じる物は、日頃からポメラニアンの目の前に無言で人間のお菓子や、電源ケーブルなどの危険なモノなどを持っていって、それらを食べようとしたり噛もうとする場合には『コレはダメなものだよ』と、低い声で犬に対し『ダメ』とハッキリと伝えておきます。 要するに食べたり噛んだりしては危険なもの、に対する事前トレーニングですね。 これにより、飼い主が『良いよ』と声を掛けるもの(食事や犬用オヤツなど)以外は、口にしなくなりますので、飼い主が留守番中でも犬の誤食などによる事故を防止する事が出来ます。 この方法を毎日行うことで、犬が次第に理解して『これは食べたらダメなやつだったね』と感じる様になり、人間の食べ物やコードなどに対し興味を持たなくなります。 これは我が家のポメラニアン達にずっと行ってきた方法で、半年も掛からずに覚える事が出来ました。 これを覚えた我が家のポメラニアン達は、人間のお菓子などを目の前に差し出しても『それ食べたらダメなんでしょ?』と、横目でチラチラとお菓子を確認しつつも顔をプイっと逸らします。 涎は出ているけどね(笑) 特に食べ物に関しては、飼い主が『良いよ』などの声を掛けない限りは、口に入れない様にしつけておくのが事故防止に繋がります。 このようなしつけ以外にもトイレの失敗や無駄吠えなど、しつける事は数多くありますが、 どのしつけに対しても同じ要領で、ポメラニアンが失敗した瞬間に目を見て低い声で『ダメでしょ』と冷静に伝えるだけで、ポメラニアンはしっかりと何がダメなのかを学んでくれようとします。 特にこの方法は、普段からポメラニアンに対し優しく接している飼い主に有効とされており、ポメラニアンは『あれ、普段と雰囲気がなんか違うな』と、感じ『僕、なんかしたっけな?』と飼い主の雰囲気(口調)に違和感を感じる事でポメラニアンに『失敗したんだよ』と、悟らせることが出来ます。 これを何度か続けていくうちにポメラニアンは『これがダメだったのか!』と自身で理解する様になりますね。 犬は飼い主の言葉を理解する事は出来ませんが、飼い主の感情や雰囲気を察する事は出来ます。 その為、犬に私達の考えを理解してもらうには感情や雰囲気を作り出して(怒りの感情はダメだよ!どちらかと言えば〝無〝の感情だね!)、教えてあげるのが最も有効な手段となりますね。

次の