トイレタンク 掃除。 トイレタンクの中を見たら掃除をしたくなる理由とその手順

トイレタンク上部・手洗い蓋の掃除方法。水垢が落とせる陶器用スポンジがおすすめ

トイレタンク 掃除

トイレタンクの黒ずみ掃除はどうやるの? トイレタンクの黒ずみは、空気中のカビが繁殖したものです。 カビは普段目に見えないのですが、空気中に存在しており、トイレタンクのような普段から水が溜まっていて湿気の多いトイレタンクは恰好の繁殖場所となってしまうのです。 特に、手洗い器のついたトイレタンクだと、手洗い時には手の汚れを流すのですから、水垢や埃以外にも尿汚れもカビにとっては栄養であり、繁殖を助ける要因になってしまうのです。 ですから、トイレタンクを半年くらい放置するだけで中が真っ黒になるのです。 普段からマメな手入れをすれば良いのですが、それをしなかった場合でタンクを初めて掃除しようとするなら大掛かりな掃除を覚悟した方が良いでしょう。 とはいえ、トイレ掃除が好きな人は少ないでしょうし、なるべく簡単に済ませたいものですよね。 そこで、簡単に済ませる掃除アイテムを最初にご紹介します。 ということで、我が家の問題のトイレタンクを掃除することにしました。 トイレタンクの掃除で簡単な方法を試してみました 我が家のトイレの蓋を取ってみると、こんな感じでした。 タンクの中も酷いのですが、蓋の裏側も物凄く汚れがこびりついています。 とりあえず、今回は手元にあった酸素系漂白剤を使うことにしました。 酸素系漂白剤2分の1カップを入れて、 ペットボトル500ml容器に水を入れたものを タンクに沈めて水位を上げて、1時間放置。 ただ、タンク内だけでなく、上の部分や縁の真っ黒も気になったので、タンク内の漂白剤液を歯ブラシにちょっとつけてゴシゴシ擦りました。 歯ブラシだけではきれいに落ちなかったので、メラミンスポンジの激落ち君を使って落としました。 下の写真は1時間後の様子です。 完璧を求めるなら、耐水サンドペーパーの1000~1500番(数字が大きい方が傷がつきにくいです)を使って落とすのが良いのですが、陶器と言えどもコーティングに傷がつくのが心配なので、メラミンスポンジで出来る範囲の汚れだけ落としました。 完璧ではないけど、最初に比べると雲泥の差です。 そして、トイレの蓋の裏側ですが、最初はトイレの床に新聞紙を敷いて、その上に蓋を逆さにして載せて裏側にタンクと同じ酸素系漂白剤液をつけて洗おうとしたのですが、少し漂白剤を振りかけて水を足したところ物凄い汚れが浮いてきて、しかもアンモニア臭が強く発生して、あまりにも酷い状態になったため、急きょお風呂場へ持っていき、一旦洗い流して中性洗剤(バスマジックリン)で再度掃除し直すことにしました。 そして、汚れと格闘した結果、 こんなにきれいになりました。 こちらも完璧ではないけど、水で何度も洗い流したところ、嫌な臭いが完全に無くなりスッキリしました。 【トイレタンク】 縁の汚れはかなり落ちています。 底については写真では分かりにくいのですが、かなりきれいになっています。 【蓋の裏側】 黒カビはもちろんキレイに落ちていますが、全体的に黄ばんでいたのが、びっくりするくらい白くなりました。 タンクを掃除する前は、通常のトイレ掃除で床や便器をきれいにしても、何故かトイレらしい臭いが取れずに気分が晴れなかったのですが、タンク掃除の後は、トイレの独特の臭いが殆どしていません。 子供も気持ちよくトイレに入ることが出来ておりホッとしています。 トイレタンクの掃除にカビキラーは使えるの? トイレタンク掃除にはカビキラーやハイター等の塩素系漂白剤を使ってはいけない、とされています。 使ってはいけない、という理由は、塩素系漂白剤が金属やゴムを傷める性質があるからです。 確かに黒カビには効果的ではあるのですが、強い成分であり、長時間浸けると確実に金属やゴムを傷めるため、長期的な視点で考えると塩素系漂白剤は使わない方が良いのです。 (トイレの製造メーカーでも塩素系漂白剤は使用しないようにという見解です。 ) でも、実際には黒カビだからカビキラーやハイターが確実でしょ?と使っている人もいるのですよね。 実際に使っている人に聞いたところ、「使って数分から30分程度であれば大丈夫だから短時間で掃除する」という話でした。 また、塩素系漂白剤をつけたところはキレイに水で流すか、何度も水拭きして完全に落とすことも大切です。 当然自己責任ですし、心配だなあと思う場合は使わない方が良いでしょう。 ですから、トイレ掃除の場合は酸素系漂白剤を使うことになっているのですが、酸素系漂白剤も長時間浸けておくと、やはり金属やゴムを傷める可能性はあるので、浸け置き時間は1時間程度にして、きれいに洗浄することが大切です。 「それでも不満。 もっときれいにしたい!」と考える場合は、中性洗剤による洗浄がおすすめです。 ちょっと手間はかかりますが、中性洗剤なら金属やゴムを傷める心配はないので安心して作業できるし丁寧な掃除なので確実にきれいになります。 この方法は、 1 トイレタンクの止水栓を閉める 2 水を流してタンク内の水を全て出す 3 トイレタンクの蓋を開ける(この時点でビニール手袋を着用すること) 4 スポンジに中性洗剤をつけてタンクの底や壁、フロート等の金具まで丁寧に擦って汚れを落とす 5 止水栓を開けて、水を流してきれいにする という手順で行います。 ただ、トイレの種類によってはタンクと蓋がゴムホースでついていたり、中の金具が複雑な構造になっているので元に戻せるよう注意しながら作業してください。 この方法は、「トイレの構造が複雑で元に戻すのが出来そうにない」と感じた場合にはやらない方が良いでしょう。 (トイレは構造が単純なものから複雑なものまで様々あるのです。 ) さいごに トイレタンクは放置すると黒ずみが酷くなってしまうので、定期的に掃除をする方が気持ちよく使えますよ。

次の

トイレクリーニング

トイレタンク 掃除

普段トイレ掃除を定期的にしている方は多いと思うが、タンクの中をマメに掃除している方はどれくらいいるだろうか?それどころかタンクの中を開けて見たことが無いという人の方が多いのかもしれない。 掃除する時はついつい見える所しかやらずに終了していたと言う方でも、自分の家のトイレタンクの中を開けて見たら掃除せずにはいられなくなるはずだ。 実はそれくらい悲惨な状態になっているのだ。 トイレタンクを開けるとヘドロのような悪臭が込み上げてきたり、黒かび、水垢などがびっしりとこびり付いているのがわかる。 便器の黒ずみに毎回悩まされている方もタンク内がきれいになると便器に付く汚れも軽減出来るのだ。 それではこれからトイレタンクに効果的な掃除方法をお伝えしていく。 読みながら実践して見てほしい。 STEP1 トイレタンクの外側は衣類に付いたほこりが原因で汚れが溜まりやすい箇所だ。 水を湿らせた布や流せるトイレクリーナーなどにトイレ用中性洗剤を付けてタンクの外側を拭いていこう。 STEP2 タンクの上側も手洗い器から飛び散った水が固着して水垢が付着しやすい箇所だ。 きれいにふき取っていこう。 STEP3 ハンドルレバーは乾いた布に中性洗剤を付けて拭くとピカピカになる。 又、手洗い器が金具の場合も同じようにやっておこう。 拭き取りが完了したら十分に絞った布で水ふきして終了だ。 1-1. 拭き取り時 の注意点 水拭きする際は中性洗剤を使用してほしい。 なぜなら、タンク内に樹脂タンクが設けられていた場合、アルカリ性や酸性の洗剤を使用すると器具を痛めて水漏れや、水が止まらない等のトラブルが起きる恐れがあるからだ。 確かに、頑固な汚れにはアルカリ性などを使用したほうが強力で洗浄能力は高い。 しかし、手荒れを防ぐためにも中性洗剤を使用したほうがいいだろう。 だが、基本的には問題ないので汚れの具合によって対応してみてくれ。 2.トイレタンク内部を掃除していこう 2-1.トイレタンクのフタの開け方 STEP1 これからトイレタンク内部の掃除をしていこう。 タンクを開けたことが無い方でも簡単なので安心してくれ。 まず、タンクを真上に持ち上げよう。 そのまま外れるはずだ。 もし、タンクと手洗いホースがナットで固定されていたら手で回して外してしまおう。 詳しくは... やでもタンクの開け方を説明しているので参考にしてほしい。 因みにフタはプラスチック製・陶器製のものがあり、陶器製の場合は割れやすいので安全な場所に移動させておこう。 2-2.タンクのフタを掃除しよう STEP2 タンクのフタの裏側には水垢や黒カビが付着していたりする。 上記で説明した手順で汚れを拭き取っていこう。 3.トイレタンクの中はどうなっているの? トイレタンクを掃除する際は一度タンク内の水を全て排水しておく必要がある。 止水栓を閉めてからレバーをまわすだけなので簡単だ。 詳しくはやで解説しているので参考にしてほしい。 4-1.準備しておくもの• トイレ用中性洗剤• ゴム手袋• スポンジ・又は歯ブラシ• サンドペーパー この4点だ。 内部に樹脂製のタンクが設けられている場合は汚れも落ちやすいはずだ。 しかし、タンク内がゴチャゴチャしていて狭く作業しにくいかもしれない。 そういった場合はスポンジよりも歯ブラシで擦った方が効率的だ。 STEP2 きれいになったら止水栓を少し開けて水を溜めるようにしよう。 この時、手洗い管から水が噴出してくるので弱めに調節するか、コップなどで被せてしまうのもありだ。 そしてタンクに水が溜まったらレバーをまわして洗剤泡を流していこう。 4-3.掃除の手順(汚れがひどい場合) STEP1 タンクの中に樹脂製のタンクが設けられていない場合は、スペースも広く掃除もしやすい。 しかし、陶器製のため汚れがこびり付きやすいのも特徴だ。 水が浸かっている部分よりも上の部分で頑固な汚れがこびり付いている。 先程の手順でタンクの水を抜いてからスポンジに中性洗剤を付けて擦っていこう。 しかし、こびり付きがひどく、汚れが取れない場合はサンドペーパーを使って削ってしまおう。 STEP2 汚れが落ちきったら、まわりに付いている洗剤泡を手洗い管のホースを使って流してしまおう。 この時、止水栓を全開にすると勢いが強すぎるので90度位まわすのが丁度いいだろう。 最後に上記と同じ手順でタンクに溜まった水と洗剤泡を流せば完了だ。 4-4.気をつけたいポイント タンクの内部には水を補給したり流すための構造が仕組まれている。 ゴチャゴチャしているのはそのためだ。 よって構造を理解していないと自分で直せなくなるので、あまり触れないようにしよう。 掃除の途中で部品が外れたりすると取り付けできなくなっても困るからだ。 5.定期的に重曹を活用しよう タンク内を掃除しても3ヶ月もすればまた汚れてくるのが現状だ。 上記で説明したようにマメに掃除できるならいいが、より簡単にきれいな状態を保つ方法がある。 5-1. 重曹を入れる でも紹介済みだが便器の汚れはアルカリ性の為、クエン酸が効果的だ。 しかし、同じトイレでもタンク内の汚れにクエン酸を使用してしまうと故障の原因にもなりかねない。 よって重曹を使うようにしよう。 重曹はアルカリ性の性質がある為、便器の汚れは落とせないがタンク内の汚れは違った性質を持っているので重曹が効果的なのだ。 タンク内に2ヶ月に一度くらいのペースで重曹をコップ一杯入れておくだけで汚れを防止することが出来る。 入れておくタイミングは就寝前がおすすめだ。 これを覚えておくだけで毎回、頑固な汚れに悩まされることも無くなるので是非実践してみてほしい。 6.まとめ.

次の

トイレ掃除には重曹を使おう!効果的な重層の使い方

トイレタンク 掃除

重曹には研磨剤の役割があります。 重曹をかけてこすることで、汚れがきれいにおちますよ。 便器を磨く 便器の中にまんべんなく重曹をパラパラと振りかけてからブラシで擦ります。 それでも黄ばみが落ちない場合は、クエン酸を水に溶かしてスプレーを作り、クエン酸水を振りかけて少し待つと黄ばみが落ちやすくなります。 さらに汚れがヒドい場合は、トイレットペーパーにクエン酸を染み込ませて、汚れの上にパックをします。 こちらもしばらく待ってから一回流し、たわしで擦りましょう。 ほとんどの汚れはこれできれいに取れるはずです。 トイレタンクに重層を入れる 日々のトイレ掃除を簡単に済ませるには、トイレタンクの中に重層を入れておく方法もおすすめです。 トイレのタンクにカップ1杯くらいの重曹を入れて、しばらく置いてから流すだけ。 気になる汚れはその際に擦って落としてしまいましょう。 トイレタンク内もキレイになるので一石二鳥ですよ。 掃除の後は消臭 重曹には消臭効果がありますので、サニタリーボックスの中に少し入れておくと良いですね。 また、重曹に好きなオイルを垂らすだけで自分好みの消臭剤を作ることができます。 トイレの消臭剤類は高いところに置いても効果は出ないので、なるべく低い位置に置いておきましょう。 トイレ掃除に重層を使ってキレイを保とう 無害である上、研磨剤や消臭剤としても使えるお掃除には欠かせない重曹。 重層スプレーや重層洗浄剤を作っておけば、掃除の際に役立ちます。 トイレ掃除も重層を使ってラク〜にすませてしまいましょう。 ぜひ毎日のトイレ掃除に取り入れてみて下さいね。

次の