わたし定時で帰ります 第2話 あらすじ。 『わたし、定時で帰ります。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

『わたし、定時で帰ります。』第7話ネタバレあらすじ&感想 定時で帰れない!?結衣

わたし定時で帰ります 第2話 あらすじ

・わたし、定時で帰ります。 (主演:吉高由里子) 《Paravi独占!》 ・凪のお暇(主演:黒木華) 《Paravi独占!》 ・ノーサイド・ゲーム(主演:大泉洋)《Paravi独占!》 ・グランメゾン東京(主演:木村拓哉)《Paravi独占!》 ・義母と娘のブルース(主演:綾瀬はるか) ・逃げるは恥だが役に立つ(主演:新垣結衣・星野源) ・リンカーン芸人大運動会2019 ・水曜日のダウンタウン ・キングオブコント2019 ・リンカーン復活SP ・モヤモヤさまぁ~ず2 ・マツコの知らない世界 ・この差って何ですか? ・ニンゲン観察バラエティ モニタリング ・死役所(主演:松岡昌宏) ・孤独のグルメ(主演:松重豊) ・ミリオンジョー(主演:北山宏光) ・ひとりキャンプで食って寝る(主演:三浦貴大・夏帆) ・G線上のあなたと私(出演:波瑠・中川大志・松下由樹) ・4分間のマリーゴールド(出演:福士蒼汰・菜々緒・横浜流星) ・ハル(出演:中谷美紀・藤木直人・白洲迅)・凪のお暇(主演:黒木華) ・Heaven?~ご苦楽レストラン~(主演:石原さとみ) ・きのう何食べた?(主演:西島秀俊・内野聖陽) ・アンナチュラル(主演:石原さとみ) ・SPEC(主演:戸田恵梨香・加瀬亮) ・下町ロケット(主演:阿部寛) ・リーガル・ハート(主演:反町隆史) ・集団左遷!! 最新の配信状況は 「 」サイトにてご確認ください。 ) 「わたし、定時で帰ります。 」登場人物・キャスト・相関図 (引用:公式サイト) 「わたし、定時で帰ります。 」概要 TBSでは、4月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で『わたし、定時で帰ります。 』を放送することが決定した。 「長時間労働」、「サービス残業」、その先に起こりうるかもしれない「過労死」。 長時間労働の是正や雇用形態にかかわらない公平な待遇を目指す「働き方改革」が近年、多くの関心を集めている。 厚生労働省が声を上げても、「理想と現実は別、残業は仕方ない」と諦めている人や、「残業する美学」を持つ人々も多数存在するのが今の日本社会。 現代社会が抱える、曲がった仕事観や恋愛・結婚観、人間関係、ブラック企業問題、孤独死などの身近にある様々な社会問題を考え直し、「何のために働くのか?」「自分を大切にすること」「仲間を大切にすること」などのシンプルなメッセージを伝えていく。 (引用:公式サイト) 「わたし、定時で帰ります。 」全話あらすじネタバレ・感想まとめ 第1話あらすじネタバレ・感想まとめ 4月16日 放送分 主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。 過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。 理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。 行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。 だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。 ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、双子を育てるワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。 復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せない。 そんな中、制作4部のメンバーがコンペで勝利し、大手飲料メーカーの日本初上陸のPR案件を受託した。 ディレクターには賤ケ岳がなるが、サイト公開の直前にトラブルが発生する…。 一方、賤ケ岳の夫の陽介(坪倉由幸)から、双子が熱をだしたと連絡が入る。 子育てと仕事を両立させようと葛藤している賤ケ岳に結衣は…。 (引用:公式サイト) 第3話あらすじネタバレ・感想まとめ 4月30日 放送分 巧(中丸雄一)の実家に挨拶に向かおうとしていた結衣(吉高由里子)のところに、晃太郎(向井理)からファイアーストロング社のCM撮影時に撮られたと思われる動画がSNSで拡散され炎上していると連絡が入る。 結衣は撮影現場で来栖(泉澤祐希)がスマホで撮影していた様子を思い出し、何度も来栖に電話を掛けるが連絡は通じない。 翌朝、何事もなかったように出社した来栖を咎めると、その直後に来栖は結衣を呼び出して辞表を提出する…。 口癖のように「辞めようかな…」と言う来栖に対して、教育担当の結衣はどう向き合うのか…! (引用:公式サイト) 第4話あらすじネタバレ・感想まとめ 5月7日 放送分 福永(ユースケ・サンタマリア)にネットヒーローズの常務・丸杉から制作4部のある社員がひどいサービス残業をしているという話が入る。 部内で結衣(吉高由里子)・晃太郎(向井理)が話しをしていると、児玉(加治将樹)が、吾妻(柄本時生)が深夜のオフィスを自宅にいるかのように過ごす姿を目撃したという…。 結衣たちは吾妻を呼び、無駄なサービス残業や、非効率な仕事ぶりを指摘するが、なかなか直らない。 そんななか、新規案件のヘルプとして、派遣デザイナーの桜宮(清水くるみ)がやってくる。 (引用:公式サイト) 第5話あらすじネタバレ・感想まとめ 5月14日 放送分 ある日ランダー社から緊急の要件だと呼び出される制作4部のメンバー。 先日OKがでたはずの20周年サイトのデザインに「ピンとこない!」と言われ、困り果てる結衣(吉高由里子)たちであったが、「桜宮さん(清水くるみ)に任せておけば問題なし!」と笑顔で中西(大澄賢也)らに言われ、桜宮との関係を不信に思う…。 数日後、吾妻(柄本時生)に呼び出されて外にでると、ランダー社の草加がいて、中西らと一緒に露出の多いユニフォームを着てランニングをする桜宮の動画を見せられる。 (引用:公式サイト) 第6話あらすじネタバレ・感想まとめ 5月21日 放送分 晃太郎(向井理)の独立の噂を聞き、動向が気になる結衣(吉高由里子)たち制作4部のメンバー。 そんな中、新規の案件で来栖(泉澤祐希)がディレクターデビューすることが決定するが、なかなかうまくいかない…。 一方、結衣は巧(中丸雄一)を連れて上海飯店に行き、王丹(江口のりこ)らに結婚の報告をする。 そこに、偶然晃太郎がやってきて…。 (引用:公式サイト) 第7話あらすじネタバレ・感想まとめ 5月28日 放送分 酔っぱらって「(結衣のことを)今でも好きですよ」と言った晃太郎(向井理)に、絶句する結衣(吉高由里子)とフリーズする巧(中丸雄一)。 声もでず、固まっている二人をよそに、晃太郎は突然その場で寝始める…。 一方、福永から予算に見合わない新規案件が制作4部に舞い込んできて…。 (引用:公式サイト) 第8話あらすじネタバレ・感想まとめ 6月4日 放送分 福永(ユースケ・サンタマリア)の昔のクライアントで、赤字必至な星印の案件が厳しい社内審査をなぜか通ってしまう。 ディレクターには賤ケ岳(内田有紀)が任命され、残業を免れない厳しい予算とスケジュールの中、制作4部のメンバーは作業を進める。 そんな中、賤ケ岳に夫・陽介(坪倉由幸)から「おふくろが倒れた…」と連絡が入り、陽介は一人で急遽熊本に帰省することに。 東京に残り、一人で双子育児に仕事に奮闘する賤ケ岳であったが…。 そんな中、赤字必至な星印の案件を進めるうちに、結衣の知らないところでサービス残業をする制作4部のメンバーと福永の姿が…。 残業続きで疲れた部署のメンバーを見かねた結衣もついに残業をするように…。 (引用:公式サイト) 第10話 最終話 あらすじネタバレ・感想まとめ 6月25日放送分 巧(中丸雄一)に「結衣ちゃんとは結婚できない…」と告げられ、途方に暮れる結衣(吉高由里子)。 そんな中、外注先が倒産し制作4部のメンバーは窮地に陥る。 さらに「星印工場」から呼び出された晃太郎(向井理)は契約を進める条件として、福永(ユースケ・サンタマリア)を案件から外すことを要求される。 その事を聞いた結衣は、ついに福永と対決するが…果たして結衣はチームを守ることができるのか? 定時の女が最後に選ぶ、新時代の働き方とはーー、そして巧との関係、晃太郎との恋の行方は? (引用:公式サイト) 「わたし、定時で帰ります。 」公式サイト&SNS 「 わたし、定時で帰ります。 」の公式サイト&SNS情報です。 公式サイト Twitter 公式アカウント Instagram 公式アカウント LINE 公式アカウント 「わたし、定時で帰ります。 」原作情報 「 わたし、定時で帰ります。 」は 朱野帰子さんの小説が原作です。

次の

『わたし、定時で帰ります。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

わたし定時で帰ります 第2話 あらすじ

スポンサーリンク TBSの火曜ドラマ、『わたし、定時で帰ります。 』の第2話が、4月23日に放送されました。 4%と第1話の9. 5%から 0. 9ポイント上昇したようです。 第1話では、東山結衣(吉高由里子)が定時にこだわる理由と、元恋人の種田晃太郎(向井理)とは、 婚約までしていたことが判明しました。 第2話は、結衣の先輩であり、新人時代の教育係だった 賤ヶ岳八重(内田有紀)が、育休から職場復帰をします。 張り切り過ぎている八重の様子に、結衣をはじめ周りの社員は戸惑いを隠せず… 今回は『わたし、定時で帰ります。 』第2話のあらすじ、感想を紹介します。 この記事は、 『わたし、定時で帰ります。 』第2話の ネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。 福永の会社はつぶれかけていて、それを他社が吸収した• 結衣たちには、つぶれかけたとは言えず、福永自身は売却したと説明していた• 2年前に種田が福永の会社を辞めた頃社員が集団退職していた• 業務が停止するほど人が辞めていった 当時社長だった福永に、 何か問題があったとしか思えないというのが愁の見解。 福永は「何でも相談しあえる風邪通しのよいチームをつくっていきましょう」と言い、理解のある上司のようにふるまっているが…。 スポンサーリンク 仕事と私との結婚、どっちが大事なの? ある時結衣は愁の情報から、過去に種田晃太郎(向井理)が24時間休みなく働いていたのは、福永の会社にいたせいではないかと思い当たる。 それに対し種田は、福永の当時のやり方を肯定しつつ、これからは考え直すという福永の言葉を信じて大目に見ようと結衣に話すのだった。 納得いかない様子の結衣。 過去の回想シーン。 両家の顔合わせの食事会の日も仕事に追われ、家で寝てしまっていた種田。 結衣は思わず「仕事と私との結婚、どっちが大事なの?」と聞くと、種田はあっさり「仕事だよ」と答えるのだった。 八重の仕事復帰とトラブル発生 八重の家は双子を育児中。 夫の丸山陽介(坪倉由幸)は育児休暇を取得し、親も呼び、サポート体制は万全。 ・「既婚子持ちでも現場の戦力になるって証明するの」 ・「休みなんかいりません!」 と、八重はやる気満々の様子。 しかし出産前の八重はそんなことはなく、定時帰りの結衣をいつもかばってくれる頼もしい先輩だった。 出産のブランクを埋めようと、すっかり人が変わってしまった八重について嘆く結衣。 そこで恋人の諏訪巧(中丸雄一)が、「結衣がその先輩を大好きなら、助けてあげたら?」とアドバイスをする。 中丸雄一に 「グダグダ言ってないで仕事しろ」 とほっぺつねられたい人生だった。 — あおき。 asyJSAlf9G8MhRp 1話で三谷佳菜子(シシド・カフカ)が担当していた案件を見事受注することが出来た。 三谷がチーフディレクターになるはずが、福永の提案により、八重がなることに。 三谷も先方の希望ならと、しぶしぶ、サブの立場になることを了承する。 しかし八重の仕事出来ますというアピールなどに、三谷は少し引き気味。 チーフディレクターになった八重のやる気はさらに一層増していき、八重の下で働く来栖泰斗(泉澤祐希)たちは、要求や圧がすごいと辟易している。 不満がたまったメンバーは、とうとう結衣に「八重にガツンと言ってほしい」と助けを求める。 世間の思うWebデザイナーとエンジニアのイメージ、なかなか面白い。 エンジニアには若干悪意が含まれてるような気もする笑 — ofuro WEBデザイン barikatahosomem 結衣は八重を呼び出し、話をするが…。 誰も自分の心配なんかしてない• 妊娠したらそこでリセット• 子どもがいる女の先輩が陰でいろいろ言われてしまう• 男だったら子供がいることなんて問題にすらならない 結局結衣の言うことに耳を貸さないまま、八重が空回りしつつ、進んでいくプロジェクト。 そんな中、則本真希(佐々木史帆)にも指摘されていた問題が大きくなってしまう。 サイトのデザインが競合他社にそっくりなことについて、相談せずに独断で進めたことを指摘されてしまったのだ。 デザインはやり直しとなり、仕事が増えるメンバー。 自分の責任を認め、メンバーに頭を下げ、「もう一度力を貸してほしい」と頼む八重だった。 子どもの発熱と結衣の作戦 メンバーが八重のミスをフォローをしている中、仕事と育児の疲れが溜まり、寝坊してしまった八重。 さらに双子のうち一人が、発熱をしてしまう。 高熱がなかなか下がらないようで、さすがの八重も気になっている様子。 別段やることがない八重に、仲間を信じて、定時で帰宅をするよう促す結衣。 八重は「やっぱり子持ちは・・・と言われる」「ここで帰ったら負け」と、ここまで来ても折れない。 結衣も諦めず、「 何と戦ってるのですか?子どもが心配だから帰りますって堂々と言って下さい」と八重の説得を試みる。 さらに 「私たちを頼ってください」 「失敗したっていくらでも巻き返してやるっていう強くてカッコいい先輩だった」 と言葉を続ける結衣。 それでも「みんなが帰るまでは帰るわけにはいかない」と、まるで意地を張っているかのような八重。 どうしても帰ろうとしない八重に、結衣が取った作戦は… 「 先輩が帰れるように今日は帰ったふりをしよう。 小籠包 おごるから」とメンバーに机の下に隠れてもらうというもの。 八重はそのことに気づきつつも、やっと「 子どもが熱を出しました。 今日は定時で帰ります」と種田に告げることが出来たのだった。 そしてみんなに向かって「ありがとう。 この借りは必ず返すからね!」と帰っていく八重。 いいドラマだ。 急に泣けた。 八重に「みんな、頼りにしてますよ。 」という種田。 それに対し八重は、「 働く母親としてはまだアマチュアだから。 周りに気を使わせてるようじゃ、私もまだまだです。 」と言い、頼もしく育った後輩の結衣を見て、笑顔を見せた。 有紀さん可愛いかった。 焦って空回りしてる感じが すごく伝わってきました。 八重が一人で空回りしてしまう姿が痛々しかったり、周りに迷惑をかけていても、必死で頑張っている姿を見ると頑張れ!と応援する気持ちでいっぱいでした。 また、八重の夫のサポートがさりげなくて、とても良かったです。 こんな夫がいてくれたら、と思いながら見ているお母さんも多かったのではないでしょうか。 必死に頑張り過ぎて心配になるほどでしたが、最後にスッキリとした八重の笑顔が見れて、すごくホッとしました! 私定時で帰ります。 内田有紀の気持ちめっちゃ分かる。 急ぐ必要は無いって分かってるけど休みすぎると居場所が無くなりそうで。 今の職場じゃ無かったら確実にそのまま辞めてしまってるかも。 今まであまり興味なかったセミナーとかめっちゃ行きたいもんな。 2話泣いちゃったよ〜〜。 育児と仕事、じゃなくて育児と「自分らしくいること」の両立が難しいんだ…自分らしくいたいのに周りに「ママ」扱いされるの絶対しんどい…でも周りは周りで「あのひとはママだから」って思わないとやってられないこともある…😭😭 — (葵) caccoaooooi それから諏訪の存在も癒しとなりつつあります。 結衣が悩んでいると、優しくアドバイスする様子が素敵です。 プロポーズ、両親への紹介と二人の仲は順調に進んでいるように見えます。 母親になっても、今まで通り仕事がきちんと出来ることを周りに示し、認めてほしいと思っていた八重。 でも仕事はチームでするもので、仲間を信用することが大事であることを再認識したようです。 それから、結衣が諏訪にプロポーズされるものの、福永に諏訪がライバル会社にいることがバレてしまいました。 この2人が無事に結婚に辿り着けるかも見逃せないポイントですね。 来週は新人来栖の失態、辞める宣言を結衣がどうフォローしていくか、次回が楽しみですね。 昨日、私定時で帰りますを見たけど、共感できることいっぱいのドラマだった。 何気に世の中に影響を与えてくれるといいなぁ。 — すーちゃん sumire884.

次の

【ネタバレ感想】わたし、定時で帰ります。第2話|賤ヶ岳さんの事情と破談の理由

わたし定時で帰ります 第2話 あらすじ

わたし定時で帰ります 2話のネタバレあらすじ 2019年4月23日(火)にTBSで放送の吉高由里子さん主演のドラマ「わたし定時で帰ります」2話のネタバレあらすをご紹介します。 福永は危険? 福永清次(ユースケサンタマリア)、種田晃太郎(向井理)、賤ヶ岳八重(内田有紀)、来栖(泉澤祐希)、の歓迎会が開かれます。 東山結衣(吉高由里子)は「福永は危険です」という愁(桜田通)からのメッセージを思い出しています。 二年前、種田は会社を売却したと語ったが、実は社員が集団退職してしまい、つぶれかけていいたことが判明します。 それと同時期に種田も福永の会社を離れており、「社長の福永に問題があるとしか考えられない」と愁のメッセージにはありました。 結衣は種田が福永の会社にいたことに驚きます。 1話で三谷佳菜子(シシドカフカ)が奮闘していたファイヤーストロングのコンペを勝ち取ったこともあり、飲み会は盛り上がります。 お開きになると、結衣は遠隔でタイムカードを押します。 「そこまでできるのは東山さんだけだよ」と嫌味をいわれつつも結衣は平気な顔です。 先輩の賤ヶ岳、復帰して何か変わった 部屋に帰った結衣は、恋人の諏訪巧(中丸雄一)に「賤ヶ岳先輩は何か変わった」とぼやきます。 新人の頃から定時で帰っていた結衣をかばってくれていたのは賤ヶ岳でした。 諏訪は「今度は結衣ちゃんが助けてあげたら?」と助言します。 ファイアーストロングのプロジェクト会議にて、福永は賤ヶ岳をチーフプロデューサーに抜擢します。 クライアント側の希望であり、三谷より賤ヶ岳に実績があるという理由ですが、種田は意を唱えます。 しかし三谷も認めたため、賤ヶ岳がチーフに決定しました。 結衣と種田の過去 「なんだこれは」と種田は結衣が提出したキャリアプランを突き返します。 そこには、今後のキャリアプランとして、結婚、出産し、産休育休をとりそのあとしばらく時短勤務を希望すると書かれていました。 仕事上のプランの記入を求める種田に気のない返事をしたあと、結衣は種田に、福永の会社にいたことを話題にします。 種田を働かせすぎた福永を責めますが、種田は福永をかばいます。 種田が部屋を出て行ったあと、結衣は彼との過去を思い出していました。 結衣と種田の両親の顔合わせの日、種田は会場に現れませんでした。 心配になった結衣は種田の部屋を訪れ、彼が倒れているのを発見します。 幸い疲労困憊で寝ていただけでしたが、顔合わせのことはすっかり頭にありませんでした。 結衣の「仕事と私との結婚、どっちが大事なの?」という問いかけに対し、面倒そうに福永は答えました。 「仕事だよ」と。 空回りする賤ヶ岳 ファイアーストロングの件でクライアントとの打ち合わせの日、担当の瀬尾がサイトデザインの変更を求めます。 三谷は自分のプロジェクトが賤ヶ岳にとられたようでおもしろくないようです。 これから会社で話を詰めようかという賤ヶ岳でしたが、皆は帰ってしまいます。 結衣はいつものように上海飯店に向かいました。 「やっぱりここだったんですね」という声に振り向くと、三谷が立っています。 二人はハッピーアワーの半額ビールで乾杯します。 三谷賤ヶ岳の様子を結衣に愚痴ります。 結衣も戸惑った様子ですが、「少し肩に力が入りすぎているだけ」とフォローしました。 午後10時過ぎ、やっと仕事を終えた種田、賤ヶ岳、福永も三人で食事をしていました。 ここでも賤ヶ岳は福永にやる気を語ります。 賤ヶ岳と店の入り口で別れた福永は、種田に「ご主人がお荷物か失業中なのかな。 それとも赤ちゃんががかわいくないのかな」と話し、必死に働く賤ヶ岳が理解できないという口ぶりです。 張り切る賤ヶ岳、メンバーは我慢の限界 一人で張り切りすぎる賤ヶ岳に対し、三谷をはじめプロジェクトのメンバーとの間に温度差が生じてきました。 賤ヶ岳が提案したサイトデザインに似ているものがブラジルの飲料メーカーのサイトで見つかりますが、彼女はクライアントに確認をとることなくそのまま進めてしまいます。 結衣に対しどうにかしてくれと、メンバーの不満が噴出します。 断りきれず賤ヶ岳のところに向かった結衣に、妊娠してプロジェクトを外されたこと、子供がいる女性の先輩への陰口を耳にしたことに対し、「私は悔しいの、男だったら子供がいるかいないかなんて問題にもならないのに」と彼女は心の内を語ります。 そこへ賤ヶ岳の夫、陽介から保育所の書類の件で電話が入ります。 賤ヶ岳が持っていたその書類を陽介に届け、彼の大変な様子を目にします。 結衣は家で諏訪と、賤ヶ岳の様子について話します。 「もっと両親が子供と一緒に過ごせる世の中になるといいのにね」と諏訪は言います。 彼は子供ができたらキャンプに行こうと結衣を誘います。 二人の幸せな未来を思わせる言葉に、結衣は楽しげです。 サイトデザインに問題発生 ファイヤーストロングのCM撮影に立ち合った結衣、賤ヶ岳、来栖ですが、来栖は差し入れのお菓子を食べたり、無断で動画を撮ったりとマイペースに振る舞い、結衣を困らせます。 かいがいしく動き回っていた賤ヶ岳ですが、例のサイトデザインが競合メーカーのデザインと酷似していることが発覚し、クライアントの上層部から厳しく叱責されます。 サイトデザインの件を種田に報告し、「みんな、力を貸して」と巻き返しを図る賤ヶ岳でしたが、メンバーとの間にはすっかり溝ができていました。 屋上で落ち込んでいる賤ヶ岳を、結衣が「完璧な人間なんていません」と励まし、上海飯店に誘いますが、「そんな暇はない」と断られてしまいます。 結衣に幸せな出来事が!しかし以外な人物が現れ… 賤ヶ岳のことが気になりつつも、結衣は諏訪とのデートで遂にプロポーズされました。 しかし幸せいっぱいの二人のもとになんと福永が現れました。 福永に諏訪と結婚予定であることを口止めした結衣ですが、それは種田との婚約が破談になったことで、早めの報告を恐れていたためでした。 そんな結衣に諏訪は「大丈夫、僕たちはちゃんと結婚する」と声をかけ、安心させるように手をにぎりました。 奮闘する賤ヶ岳、しかし子供が熱を出し… 遅くまで仕事をしていた賤ヶ岳は、家に帰ってからも家事に仕事に、手一杯です。 家事を仕上げたあと、ダイニングテーブルで眠ってしまい、会社に遅刻します。 サイトの修正案は種田と三谷が代わりに持って行ったとのことでしたが、賤ヶ岳はメンバーに謝ります。 しかし、皆冷ややかな様子で離れていきます。 そこへ、賤ヶ岳の子供、海が発熱したと知らせが入ります。 保険証を届ける為に、結衣は賤ヶ岳の自宅に向かいます。 その家で結衣は、賤ヶ岳は家庭でも奮闘していたことを察するのでした。 サイトのデザインはなんとかまとまり、賤ヶ岳に早退を勧める結衣でしたが、彼女は「この状況で帰れるわけない」と仕事を続けようとします。 しかし子供が心配でたまりません。 退社時間になっても帰ろうとしない賤ヶ岳に、結衣は再度説得を試みます。 「自分のミスで皆が働いているときに帰れるわけないじゃない」という賤ヶ岳に対し、結衣は一計を案じます。 皆が帰ったら帰るんですよね?結衣のアイディアとは 電話の為に部屋を出ていた賤ヶ岳が戻ると、社員の姿がありません。 皆は予定があると帰ってしまったと結衣は説明します。 実は「小龍包おごるから皆かえったふりをしよう」と結衣がメンバーに呼びかけていたのです。 皆、机の下に隠れていることに気付いた賤ヶ岳でしたが、結衣やメンバーの意図をくみ取り、「帰ります」と宣言し退社します。 ぞろぞろと姿を現した社員たちに、結衣は「小龍包を食べに行こう」と提案しますが、皆それには乗らず仕事に戻って行きました。 結衣のもとには、賤ヶ岳からお礼と子供の写真が送られてきました。 大切な日に大事件が…結衣は仕事を取る? 休日、結衣は諏訪の両親のもとを訪れる予定でした。 しかし、種田から緊急連絡が入ります。 メッセージに貼られたリンク先には、ファイヤーストロングのCM現場で、試飲した出演者が「これ後味ゴムじゃん」と発言している動画がありました。 結衣は現場で来栖が動画を撮っていたこと、「面白いのがとれた」と言っていたことを思いだします。 来栖は動画を消さずにSNSに投稿していたのです。 そこへ「今から来れるか?」と種田から電話が入ります。 困ったように諏訪の顔を見やる結衣でした。 ここで2話はおしまいです。 」2話を見た視聴者の方々から感想を寄せていただきました。 賤ヶ岳さんみたいに、自分のポジションが無くなるのが怖くて子供を産んですぐ必死に働く女性って結構いるんじゃないかなと思いました。 周りは全然ママであることを気にしてないのに、賤ヶ岳さん1人がかなり気にして空回りしてる感じが痛々しかったです。 だけど、子育てしながら仕事をするってこんな感じなのかなと思いました。 仕事も育児もこなさなきゃいけないのってすごく大変だろうし、周りにも迷惑かけたくないし、ものすごく精神的に疲れてしまいそうだなと感じました。 だけど、結衣のおかげで賤ヶ岳さんが定時で帰れたのにはとても嬉しくなりました。 賤ヶ岳さんも少しはみんなに頼ってもいいってことをん買ってくれたんじゃないかなと思います。 アラフォーの中でもトップクラスですね!と。 そんな内田有紀さんが演じた賤ヶ岳八重なんですが、女性は頑張って学歴をつけて一生懸命仕事をしても、結婚や出産を機にすべてがリセットしてしまうというのは、確かにそのとおりだと思います。 生物学上、女性には出産がありますからどうしても仕方のないことだとは思うのですが、頑張ってきた女性にとっては納得のいかないことだと思います。 三谷さんの仕事に対する姿勢が少し柔らかくなったことに第2話のストーリーではほっこりできました。 先週の東山結衣の説得により、無理しすぎなくても自分の場所があると安心できるようになったのですね。 」2話の展開予想や期待することなど、視聴者の方々からオンエア前に寄せていただきました。 八重さんのお子さんが熱を出してしまうそうだけど、子育てしながら働くとこういうこともあるのかと、その大変さに気づきました。 子どもの元へ駆けつけたいけど仕事に穴を開けて迷惑もかけられないなんて、どうすることが正しい選択なのかわからないなと思いました。 たぶん八重さんは仕事を選びそうだけど、結衣に子どものところへ行くように説得されるんだろうなと予想しました。 八重さんが心置きなく帰れるように、どんな言葉を結衣が伝えるのかが楽しみです。 復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せない。 そんな中、製作4部のメンバーがコンペで勝利し、大手飲料メーカーの日本初上陸のPR案件を受託した。 ディレクターには賤ケ岳がなるが、サイト公開の直前にトラブルが発生する…。 一方、賤ケ岳の夫の陽介(坪倉由幸)から、双子が熱をだしたと連絡が入る。 子育てと仕事を両立させようと葛藤している賤ケ岳に結衣は…。 tbs. jp わたし定時で帰ります キャストと相関図.

次の