トイトレ 進ま ない。 トイトレの方法「一週間でおむつにさよなら!トイレトレーニング講座」を実践したら、あっという間ににおむつが取れた話。

トイレトレーニングが進まない時の6つの方法

トイトレ 進ま ない

ある日、扉を閉めてまたうんちをしようとしていたので、無理矢理脱がせてオマルと共に放置して扉を閉めておきました。 初めはぎゃーぎゃー泣くだけで…無理矢理やってもダメだっていうし…。 段々周りはトイトレ進んで来てるし…。 どうするかなー。 見に行くと、 オマルにうんちがありました。 びっくり!!! 感動してそれはそれは誉めました笑 といってもトイトレは進まない その後、オムツを替えるついでに「オマルでおしっこしてきて~」と言うと おしっこもオマルで成功していました。 でも「おしっこでる!」とは言わないので、こっちがタイミングを見てって感じですけど…。 長女1人に付きっきりになる訳にもいかないので、やったりやらなかったりな日が続いています。 そういえば、しているところにこっそり様子を伺って見ると、オマルに立っておしっこやうんちをしていました。 まぁいつも立ってやってるもんね…。 たまに床が濡れてるのはそういうこと…。 戦いは続く… オマルでうんちしたのは2回。 オシッコは毎日1~2回。 まだ幼稚園と3歳までには日があるので あと半年あまり、娘のやる気頼りで頑張ります!!! その後、 トイトレが終わったのが3歳2ヶ月です。

次の

思うように進まない4歳児のトイレトレーニング。焦るママ必見のやり方やコツ|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

トイトレ 進ま ない

疲れたら「とりあえずヤメる!」が正解 トイトレ法をご紹介する前にお伝えしたいことが1つ。 それは、 「頑張り過ぎないでね!」 ということです。 トイレトレーニングが上手くいかないと、親子共に疲弊しますよね。 そんな時には、ネバらず、時間を置いて別の方法を試した方が良いと思います。 トイトレを嫌がる子の気持ちを盛り立てるより、 「オッケー!」 と、軽く明るく終了し、別の方法に切り替える方が効率的。 あと、一度嫌がってヤメた方法でも、時間を置いて試すとすんなりいく子もいるそうです。 なので、子供の性格やタイミングなど、どうしようもない原因で失敗することもあるので… 気にしないでヤメちゃう! コレが一番。 その気持ちだけは忘れずに、疲れない育児を心がけましょう。 オムツなんて、子供によっては5歳くらいまで履いています。 焦る必要なし! 成功したのは「 米国式 3日トイトレ」 我が家は3回ほどトイトレに挑戦。 2回失敗して、3回目で成功しました。 その3回目に行った方法が「 米国式 3日トイトレ」です。 「3日トイトレ」とは? 日本でトイトレと言うと、トレーニングパンツを使って時間をかけてやりますよね? 私も最初は、そうしていました。 しかし、2回も失敗して落ち込んでいたところで、適当にYouTubeで動画検索をしていて知ったのが 「 3日トイトレ」で、アメリカでは比較的ポピュラーということ。 英語で「トイトレ=potty training」なのですが、「potty training 3 days」などで調べると、山ほど動画や体験談ブログが出てきます。 一番有名なのは「キャロルクライン Carol Cline さん」の提唱するやり方で、それがイロイロとアレンジされているようです。 メソッドの詳しい説明は有料のようで、動画内にありません。 たったの「3日でトイレトレーニングが完了する」 が特長で、YouTubeには成功者の動画がたくさんアップされています。 3日はトイトレ以外に予定を入れない覚悟と周囲 夫や親など の協力が必要。 床におしっこやうんちを漏らす可能性が高い。 という2点です。 1)はタイミングを図れば何とかなる方も多いでしょうし、我が家のように1日で済んでしまうこともあるでしょうから、大丈夫かな? しかし、 2)がNGという方には難しいかもしれません。 これがゼロで済む子は少ないでしょう。 「3日トイトレ」の方法は? 最も参考にした動画を改めて探したのですが、、、見つからない。 「いや、動画で見たい!」と言う方は「potty training 3 days」などで検索して見てくださいね。 いくつか見た限りでは全く同じ方法の動画は見つからなかったのですが、雰囲気が伝わる動画はたくさんあります。 前半の説明が長い動画も多いので、英語が苦手な方は実際のトイトレが始まる場面まで飛ばして見てみてください。 【準備】• 3日間はトイトレに集中するため、 仕事など用事は一切いれず、上の子供の世話なども家族やベビーシッターに任せる。 便器の前に置く 踏み台を1つ用意する。 パンツを10枚程度は用意する。 【方法】 1)初日午前: トイトレ人形で「トイレ習慣」を認識させる。 楽天で購入 やることは、 「人形のトイレを人間が使うトイレの横に起き、 半日ひたすらパンツを履かせた トイトレ人形で遊ぶ」 というだけ。 単純ですし、子供には楽しいですが、、、親は飽きるし、テンションを保つのが大変。 でも、半日だけですから、頑張りましょう! コツは、 臨場感の演出 です。 時には、人形に わざと床でおもらしをさせ、ママは、 「えー、こんなとことでオシッコ?!きったないねぇ。 」 と 大げさに嫌がり、パンツを脱がせ、子供と一緒に床を掃除する。 2)初日午後〜3日:上半身はいつもの服装、 下半身はパンツだけで過ごす。 パンツを脱ぐ障害になるモノ ズボン、スカート、ワンピース、etc. は履かない。 オムツも一切履かせない 履かせると、楽なので戻りたがるから。 床にお漏らしやウンチをするが、してしまった後だとしても 「うわー、たいへんだー!走れー!!」 と 明るく急かしながら一緒にトイレまで走る。 どこでしてしようとも、必ずトイレまで走って便器に座り、、、と一連の行動はする。 コレが大切。 それを ひたすら繰り返し、トイレに行く習慣を身体で覚えさせます。 トイレに間に合わなかった場合は、親子で 一緒に掃除し、 「自分は汚いことをした…」 と学ばせます。 ただし、落ち込まないように明るい雰囲気で! 失敗しても決して 怒らない。 「大丈夫よ」も言ってはダメ。 ひたすら「 汚いね。 嫌だね。 」とNGマナーであることを伝えます。 その他のコツとしては;• リビング/子供部屋/庭など、 あらゆるところからトイレまで走る。 本人が「トイレに行く」と言わなくても、 頻繁にトイレに誘う。 お気に入りのジュースなどを含め、できるだけ 水分をたくさん与える。 トイレに 楽しく長居できるように、お気に入りのジュースを便座に座ったまま飲ませたり、絵本を読んだり、歌ったりして、トイレで過ごす。 以上が、私が参考にした動画の内容です。 「3日トイトレ」我が家のアレンジ 私は下記のようにアレンジし、 結果的に1日でオムツが外れましたよ。 【準備】 上記3点にプラスして;• 子供用の 補助便座 普通の便座に取り付けるタイプ を導入。 踏み台は便器両側+洗面台用として 3つ導入。 を行いました。 トイレだけでなく、我が家の踏み台は全てコレです。 特に、踏み台は良い買い物でした。 持ち上げれば自動で折り畳め、お掃除の時にも邪魔にならない! 軽いので、子供が好き勝手に持ち歩いて遊んでいます。。。 笑 【方法】 オネショ対策で寝る際にはオムツを履かせましたが、 「寝付いてからオムツをつけ、オムツをはずしてから起こす」 としました この日の昼寝と翌朝の目覚めに関しては、自然に起きるのを待つのではなく起床時間をコントロールしました。 オムツに戻りたがられるのはイヤだったので、徹底しよう!という意図です。 「3日トイトレ」の感想&結果 結果は、初日に2度トイレに間に合いませんでしたが、それだけで終了。 1日でトイレトレーニングは終了し、その後、日中はトイレで用をたしています。 パンツでも問題なかったのかもしれませんが 、その方が、親子共にストレスが少なかったので。 昼寝は眠りが浅いのか「トイレ!」と言って起きてくれたので、パンツで寝かせていました。 とは言え、毎回走ってギリギリ間に合う…という状態のため、緊張のためか、この日から5日ほどほどウンチが出ず。 「」にも書きましたが、そもそも便秘体質だったため、ちょっとしたストレスや環境の変化で便秘に逆戻りするんですよね。。。 結局、硬くなり過ぎたウンチが排便できず、オムツを履かせて乳幼児用の浣腸を使うハメになってしまいました。 そして、もう1つ、このウンチがキッカケor夜にオムツを使用したためか、トイレで用が足せるのに 日中にオムツを履きたがることがありました。 「お姉ちゃんなのに、ママ悲しいわ」 と言いつつも、時間のない時などには許していたところ、 2ヶ月くらいして 「オムツは赤ちゃんだよね」 と言い出し、 履きたがることもなくなりました。 なので、子供の性格にも寄るでしょうが、 オムツ戻りについては無理をせず、 本人が トイレに自信満々になるのを待っても良いのでは? と、個人的には思います。 過度の無理は親子共にツラいですし、その内、オムツは外れますから。 「3日トイトレ」成功のポイント 拍子抜けするくらい簡単に成功できた「3日トイトレ」ですが、ポイントは;• 事前に1ヶ月かけてトイレへの知識+「トイレ楽しい・カッコいい」を擦り込んだ• ゲームのように楽しく行った の2点が大きかったように思います。 特に「こどもちゃれんじ」は、トイレトレーニングの知識をしつこいほどに擦り込んでくれた優秀な教材。 助かりました! 失敗したのは「トイトレシール」と「トイトレ教材」 「3日トイトレ」で成功する前に試した方法は、下記の2つです; 1 トイレトレーニングのシール 台紙をネットでダウンロードし 「シール、トイレトレーニング」で検索すると無料の台紙が出てきます 、別途シールを買ってトライしました。 娘の場合、シールは欲しがりましたが「トイレで用を足さないとあげない」を納得させることができずに、断念。。。 ただし、「といれっしゃ」の歌などは気に入っていましたし、DVDもよく見てくれたので、子供に トイレの知識を付けるに大活躍。 こどもちゃれんじのトイトレは、他の方法を組合せるのに良い!とは思います。 いずれも失敗してしまいましたが、方法そのものが悪かったわけではなく、上記で成功されている方もいらっしゃいます。 要は、子供の性格や状況、そして、トイトレの時期が、勝敗を分けるのでは?と、今になっては思います。 トイトレは2歳の夏〜3歳過ぎ目安にゆっくりと。 トイレトレーニングと言えば「2歳の夏」。 「2歳=幼稚園に通う前」+「夏=薄着でおもらしをした時などの処理が楽」ということ。 しかし、我が家の場合には; 3歳=親の指示&会話がよく理解できる というタイミングが成功の要因!と考えています。 …と言っても、これは結果論。 2歳半前から、こどもちゃれんじやトイトレシールで失敗を重ね、その結果として気づいたことです。 なので、一概に最適年齢は言えませんが、トイトレは; 2歳の夏が一般的だけど、3歳になってからでもOK! だと思います。 便秘っ子のトイトレはオムツを併用 娘は極度の便秘体質 詳細は「」参照。 オリゴ糖でだいぶ改善はしたものの、 ストレス等で便秘になってしまうことも。 また、便秘まではいかなくても、 便が少し硬くなるとトイレでの排便は嫌がりますね。 歩き回ってお腹の違和感や痛みを紛らわせたいのに、座って踏ん張っていないといけないのはツラいようです。 「昨日もウンチ出ていたし、硬くないはず…」という時には、 「トイレでできたらカッコいいし、ママ嬉しいな!」 などと言って、再度トイレでの排便を薦めますが、しつこくはしません。 しつこくしても、 ウンチやトイレへのプレッシャーを与えるだけですから。 便秘が解消されれば、トイレでの排便にも抵抗がなくなるのは確実ですし、年齢が解決してくれるかもしれません。 なので、便秘の子に関しては、 おしっこさえトイレでできればOK! だと思います。 ウンチは焦らずオムツを併用し、幼稚園の先生などにもご協力をお願いしましょう。 格安ですが高純度でオススメですよ。 トイトレの失敗には、メリットもある! 冒頭でもお伝えしましたが、子供がトレーニングを嫌がったら 中断しても良いと思います。 トイトレに何回か失敗したとしても 「 トイレに行かなきゃいけないんだ」 ということを子供が学べれば、それだけで 次へのステップになりますよね? むしろ、 無理強いをされた嫌な記憶だけが残るようなら、その方が オムツ外れを遅らせたりなど、悪影響が心配されるでしょう。 娘の場合には、サクッと2回ほどトイトレに失敗した後、3歳 親との会話や様々な状況理解が達者になる時期 を迎えて再トライしたのが良かったのでは? 「トイレにいかなきゃいけない」ことを失敗体験+こどもちゃれんじとYouTubeで学んだ上で、親の 指示や 褒め言葉などを しっかり理解しながらトレーニングができたので、1日という予想外の速さでオムツが外れたのだと思います。 トレーニングパンツは要らなかった… 私の場合「大量に買ったけど使わなかった…」というのが トレーニングパンツ トレパン。 6層・4層・3層を各々4枚ずつ購入したのに、全くの無駄。 理由は;• 1日でオムツが外れた• トレーニング自体も普通のパンツ使用• 3層・4層は結局漏れる という4点です。 普通のパンツでトレーニングをすれば、必ずお漏らしで家などを汚しますので、それが数週間も続くのは耐えられませんからね。 とは言え、「せっかく買ったし、夜使えるかしら?」と履かせてみたところ、トレパンに厚みがあるせいか、 「 トレパン=オムツの仲間」 と娘が認識し、 トイレに行ってくれない!というトラブルがありました。 おまけに、娘の膀胱が十分な量のオシッコを貯められるようになっていたためか 「 3層・4層は漏れる 6層はOK 」 というのもあり、結局は1回ずつ試しただけに終わりました。 個人差はあるのでしょうが、最初に大量まとめ買いはしない方が良いのかも?と思ったので、お伝えしておきます。 以上が、我が家のトイレトレーニングの全貌です。 お子さんの性格や状況により合う方法は違うかもしれませんが、参考になれば嬉しいです。 トイトレは大変ですよね。。。 無理し過ぎず頑張りましょう!.

次の

トイレトレーニングが進まない時の6つの方法

トイトレ 進ま ない

Contents• トイトレが進まない原因 トイトレをしていてなかなか思うように進まないとき、汚れた衣服や布団などを洗っているとなんだかイライラしてしまいますよね。 「なんで上手くトイレで出来ないの?」 「なんでお漏らししちゃうの?」 などと考えていると自然とため息や涙が出そうになることもありますよね。 でも、 トイトレが 上手く進んでくれないのにはある理由があったんです。 それは 「子供にとって今がトイトレのタイミングではなかった 」ということです。 トイトレを始める平均年齢は 2歳~3歳といわれています。 ですがこれはあくまでも平均の話で、子供のはそれぞれ成長速度が違います。 体の準備は整っていても、子供が全くトイレに興味なかったりトイレで排出することのメリットを理解できなければ意味がありません。 しっかり歩けて意思疎通ができるからといって、トイトレを始めるタイミングと結びつけてしまうのはやめましょう。 スポンサードリンク トイトレが進まない時の対策 トイトレが思うように進まないときの対策を紹介します。 まず、子供にとってトイレとはどういうものなのか、トイレは何をする場所なのか理解させるために 動画などを見せてみましょう。 こういった 動画などを見せることでトイレに興味を持ってくれる子供は多いです。 そしてトイレに興味をもってくれたら、実際にトイレで排泄させます。 この時、うまく排泄出来たら子供の好きなシールなどをわたしてトイレの中で「よくできたね」とほめながらシールを集めてもらいましょう。 シールが10枚集まれば好きなお菓子を買ってあげるなど、ご褒美をつけてもいいですね。 こうすることで達成感ややる気を引き出すことができますよ。 ぜひ試してみてくださいね。 スポンサードリンク トイトレが思うように進まずぶち切れそうになった時は? イライラしてはいけない、そう思っていてもトイトレがうまく進まずに怒ってしまうこともあります。 そういうときって、自分に焦りがあるときですよね。 なぜか「はやくおむつをとらなければ」と焦っていることが多いんです。 でも、考えてみてください。 小学生になってもおむつをつけている子っていないですよね。 成長につれてトイレで排泄できるようになってきます。 あまり 怒り過ぎてしまってもトイトレ自体を嫌がってしまえば、パンツをはくこともトイレに行くことも嫌になってしまう子供が多いです。 焦らず、ゆっくり、気を長くして付き合ってあげましょう。 「 諦めた気持ち」でいれば、子供が失敗しても、それは当たり前だ!という風に思えますよ。 どうしてもイライラしてしまう時はもうばっさりやめてしまってもいいんです。 一旦休んでまた再開しても問題ないです。 それくらい気長に取り組むことで、イライラを軽減することができますよ。 スポンサードリンク トイトレの悩みと経験者のママのアドバイス 実際にトイトレで悩んでいる人の声と、それに対する経験者のママのアドバイスです。 同じような方は参考にしてみて下さいね。 トイトレでぶち切れそうな悩み 3歳になったばかりの女の子がいて、夏だと洗濯物が乾きやすいからトイトレを始めるのにいいよというアドバイスをもらったので、さっそくトイトレを開始しました。 でも、おしっこの間隔も掴めないことと、娘がいう事を聞いてくれず、なかなかトイレに行けません。 「トイレ行こう?」と聞いても「出ない」「いかない」を押し通され、「じゃあおしっこ出そうになったら教えてね?」と言っても難しいようで、そのままお漏らしをしてしまいます。 無理やりトイレに連れて行こうとすると暴れまわり泣かれてしまうし、お漏らしばかりになってしまい心が折れてしまいそうです。 そしてついに、ブチ切れて怒鳴り付けてしまいました。 トイトレは叱ってはいけないと、毎日我慢していましたが、溜まっていたものが爆発してしまいました。 もうトイトレをするのが嫌で投げ出しそうです。 どうしたらいいでしょうか? スポンサードリンク 先輩ママのアドバイス このお悩みに対して先輩ママからのアドバイスを紹介します。 声かけやシールを使ってトイレを楽しいものに! 大丈夫です!誰でもすぐにトイレが出来るようにはなりません。 大変なのに頑張ってますね。 でも、 まだ夏は始まったばかりですよ! 私もトイトレでは苦労をしましたが、自分の場合は、「 おしっこしたい」と言ってくれたら「ありがとう」と言うようにしていました。 子供は単純なので、褒められたり感謝をされると喜んでくれます。 なので、また同じように教えてくれるようになりますよ。 また、 表をつくって上手く出来たらシールはったりするなど、楽しみながら出来る工夫をしてみるのも手です。 娘さんがやる気になってくれるように誘導してみましょう。 スポンサードリンク 気長に付き合いましょう すぐにトイトレは成功しないものですよ。 なので、気長に付き合ってあげましょう。 失敗してしまうとママは大変かもしれませんが、子供が失敗してもトイトレ自体が楽しいものだと思えるように可愛いパンツを買うのがオススメです。 一緒に洗って、一緒に干して、そういったことも楽しんでみるのもいいかもしれませんね。 何度も同じことを言いますが、トイトレはすぐには成功しません。 大人は、気長に根気よくこちらは付き合うだけです!できなくて当たり前だという気持ちで臨めば、期待をしすぎなくていいかもしれませんね。 頑張ってくださいね! いかがでしたか? トイトレは、ある程度理解ができるようになってから始めた方が進めやすいですが、それでもすぐに出来る子はほとんどいません。 なので、 どのお母さんもきっと同じようなイライラの気持ちを抱えています。 でも、イライラして怒ってしまうと、子供にとってはトイレが嫌だという印象がついてしまって逆効果になってしまうこともあります。 イライラを軽減させるためにも半ば諦めた気持ちで取り組めば、トイレに成功した時に心から「えらいね!できたね!すごい!」と褒めてあげることが出来ますよ。 トイトレはすぐには成功しない! そう思って、気長に取り組みましょう。 スポンサードリンク.

次の