アストルフォ。 アストルフォ〔セイバー〕

遊戯王カードWiki

アストルフォ

アストルフォは捕虜にした巨人・カリゴランテを引き回し、賞賛を得る アストルフォ(Astolfo)は主に中世のに登場する騎士。 のであり、王オットー(シャルルマーニュと同世代に存在した()と推定される)の息子。 や、 とはいとこ同士。 古くから武勲詩に名前は見られたのだが、名が知られるようになったのは14世紀ころ成立した叙事詩などによる。 イタリアの叙事詩ではアストルフォはユーモアのある人物となっており、の『、の『』で活躍。 『』では月へ旅行したりもしている。 最後にはローランや他の大勢の騎士とともにで戦死する。 イタリア叙事詩での活躍 [ ] 騎士としての能力はさほど優れているわけではなく、むしろ弱い。 だが偶然、"触れた相手を必ず落馬させる"という「魔法の槍」を得て後かなりの名手となり、武勲をあげるようになった。 さらに、あらゆる魔法を打ち破る方法を記された「魔法の本」、吹けば相手を倒すことができる「角笛」、さらにを入手してしまう。 アストルフォはこれらの魔法のアイテムで王アグリカーネを撃退したり、カリゴランテという邪悪な巨人を捕虜にし、市内を引き回したり(『狂えるオルランド』15歌)という功績をたてている。 これら魔法のアイテムのうち、「魔法の槍」は魔法が掛かっていることを知らずに譲渡し、月への旅行後には「角笛」は音がならなくなり、またヒッポグリフも解放してしまっている。 また、失恋から発狂してしまったオルランドを元に戻すため、への旅行をしている。 なぜ月に行く必要があったのかと言えば、地上で失われた全てのものが月に存在することになっているため(『狂えるオルランド』34歌75節)。 アストルフォはここでオルランドが失ってしまった理性を得るとともに、ついでに自分が蒸発させていた理性を獲得している。 そのため、一時的にアストルフォは聡明な人間になったが、そののち犯した過ちのため、ふたたび理性を取り上げられたという。 なお、アストルフォが月に行くエピソードは一種の皮肉となっている。 というのも、西洋においては月の満ち欠けは人間を狂気に陥れる象徴となっている(「狂気」Lunacyの語源はLuna)ため。 出典 [ ].

次の

【FGO】アストルフォの評価|必要素材とスキル上げ優先度

アストルフォ

この項は、成分を多く含んでいます。 ここから下はで突っ走ってください。 とは、『』に登場するである。 : :嗣 なお、記事ではこれ以降と表記する。 については の記事を参照。 概要 の武勲に描かれた。 王のにして、十二勇士のひとり。 この世に並ぶ者のない美形ながら、恐るべきお者で、がしているとまでられる。 冒険好きでどこにでも顔を出し、に巻き込まれ巻き起こす。 悪事を働くという発想がなく、やりたい放題でも最悪の事態には踏み込まないというお得な性格。 かと見紛う頭飾りは、傷心の盟友の狂乱を静める為の不可抗ののなんだからね、とは本人の弁。。 コンマテ4でが開されたときの反はとても大きかった模様。 なにしろ設定画ではどうみても。 (めて言っておくが、の通りは 男である・・・はずだったのだが、3巻でのの画面では性別の部分が塗りつぶされており、判断ができなくなった。 ) 氏によると、は美形だったというがあったので、的で性別の分からないようながいいんじゃないかという話をしていたらしい。 その時の初稿では綺麗なをしたものだったが、と少し被っていたので修正をお願いしたところ、上がってきたのがこちらになりました。 さん良いしてますねぇ。 装はというと、胸元に獅子のエンブが施されたに、ーの付いたを上から羽織っている。 小手やの一部、とはく色取られており、としての名残りが感じられる。 を三編みにし、いの飾りを付け、太股をちらりと見せるがフェンな雰囲気を醸し出す。 もうでいいんじゃないのか…? 口元からちらりと見えるも。 伝説 多くの者にされ、豊富なを持つ。 実はやなど他の十二勇士に劣るが、触ったものを転倒させるの、あらゆるを打ち破る法が記された、相手を吹き飛ばす、身体の前半身が鷲で後半身がの・などを手に入れ、これらの具を使った活躍を見せる。 だが持ち前の気前の良さですべて最期の戦いの前に手放している。 『狂えるオンド』では、で失われたのを取り戻すため、にまで探索行に赴いている(には地上で失われたすべてのものがある)。 ここで彼はのと自分のを取り戻して帰還。 だが時間が経つと、彼のはまたしてしまった。 スヴァルの戦いにて戦死。 はで、中に何か液状のものが入っていた瓶を触媒に召喚された。 術を生業とする。 旺盛な性格をしており、常に実体化することを好んでいる。 現界した後は、の静止もそこそこに、をして頻繁に下へと遊びに出かけている。 なお実体化を許してくれているにはの念は抱いているものの、の倒錯的な情表現にはやや辟易している模様。 がしているためなのか注意深く考えることはなく、基本的に即時即決。 行動はい。 思慮分別に欠けているという点で右に出るものがいない、とは本人の弁。 そのためかのの名をぽろっと言ってしまうなどの癖が多々見られる。 反面、助けをめるは見捨てずに手を差し伸べ、強大な敵にも堂々と立ち向かうたる精の持ちでもある。 自身を大きく上回る巨体にも立ち向かい、のしたそのは「すら恐れない」と言われるほど。 が本格化する直前に、的なで自に覚めたユグドミレの魔供給用のが脱走する事件が起き、偶然それを見つけたはの『願い』を聞き届けてこれを保護。 ユグドミレから彼を助けることを決意し、匿いつつ彼とのを築いていく。 ステータス• 出典:• 地域:• :混沌・善 :地• 男 秘密• 体重:・56kg• 特技:• 好きなもの:この世全て• 苦手なもの:潤んだ瞳で訴えかける系の• 敵:なし• 武装:・上・チェ・• 上、現代のではに傷をつけられない。 である「本」によってが大きく向上しており、通常はDである。 であるならば・のものまで乗りこなせる。 ただし、種は該当しない。 :D がしており、あらゆる秘密を堪えることができない。 味方側の名や弱点を喋る、大切なものを忘れるなど 最呪いの類。 このは「直感」も兼ねており、時は 自身にとって最適な展開をある程度感じ取ることが可。 :C- 筋を1させることが可。 ただし、このが発動している場合は1ごとにを負う。 単独行動:B からの魔供給を断ってもしばらくは自立できる。 Bならば、を失っても二日間現界可。 伝承においても自身の強さはさほどでもないためか、パラメータは較的低め。 保有は3巻にて判明。 「」や「」にはが付いているが、使い方次第では十分有用といえるだろう。 のだが、版3巻にあるの画面は混沌の一言。 &を描きたい放題好き放題やっている。 あとなんで性別覧隠した。 内に存在するものに、の衝撃をつけさせる。 相手でも一の隙が生まれる。 対のが以下だった場合、になって四散する。 牙兵程度のなら一掃可。 善の・ェスラがに与え、の大群を追い払うのに使用された。 通常時はに下げられるだが、使用時はを囲うほどの大きさになる。 の穂先を持つ。 殺傷こそ低いものの、傷をつけただけで相手の足を霊体化、または転倒させることが可。 この転倒から復帰するためにはC判定が必要なため、失敗すれば「転倒」が残り続ける。 ただし、1ごとにCの上方修正があるため、成功はしやすくなる。 ではダマンテに譲渡している。 所有しているだけで、自動的にA以下のをすることが可。 か、それに極めて近い大となるとその限りではないが、その場合も名を開放して、書を解くことで打破する可性をつる。 ・・・が、はその名を全に忘却している。 万書もにつけた名前。 で欄を隠蔽できる。 破却宣言(キャッサー・デ・ェスラ) がした万書の名。 おい 一もっちゃいないじゃないか。 一時的にが戻る新の晩にのみ名をし使用できる。 舞い散る片が使用者を包み込み、通常時をかにえる対防御を与える。 通常時はできないかそれに極めて近い大すら打破する可性を掴めるという。 ちなみに名に冠されているェスラとはこの書を授けたであるの師の名。 が雌と番うことで生まれる。 代のであるよりは劣るものの、その突進による粉砕攻撃はAの攻撃に匹敵する。 その価は「あり得ない存在」ということを利用した跳躍による回避にある。 では最期の戦いの前に野生に返している。 においても、様々な宝を用いて大冒険を繰り広げただけはある品え。 単純な破壊に優れた『この世ならざる幻』を除くと、どれも相手には致命傷を与えるほどではない。 しかし散らしに最適な広範囲攻撃のに、の下半身を強制的に霊体化させてしまう上、殺しの書物など、補助的役割としては優秀なをいくつも持ちあわせている。 明かされている部分の設定については基本的に後の東出一郎作の版に踏襲されたが、一開されていたであるの効は変更されている。 出典:• 地域:• :混沌・善• 体重:kg台• 武装:チェ、• : 恐慌呼起こせし(ラ・・) 原典通り、音色を聞いたものを恐怖で出させる効果を持つ。 に抵抗出来る英霊ならば音色を聞いても留まることもできるが、が耐えることは難しい。 通常はにぶら下げるで使用時には大きくなる設定は版にも引き継がれた。 その前のにてちらっと登場していた。 ] 1T 触れれば転倒! ] 5T &威をで[Lv. ] 5T &NPを増やす[Lv. この世ならざる幻() 種別: Qck 敵全体に強な防御視攻撃[Lv. 性 構成は Q3 A1 B1。 性別に対する特攻効果はの区別なく発動しない の的なを除く、が女へ侵入不可など色々複雑。 3のは強だが少々な。 それぞれの発生は毎のの都度の判定である。 強化が追加されが5に増えNPチャージ効果が追加。 まで育てれば周回で役立つ。 頼れるフォ。 セイバーVer 設定やで分かるにて示唆されていたの。 十二勇士最弱の彼をで召喚する数寄者はあまりいないようだ。 破却宣言が使える、つまりがある状態だが、があるが的に考えるのがメンドクため性格はほとんど変わっていない。 言うなれば 「は君の!」である。 :混沌・善 :地• ] 3T &威を[Lv. ] 3T &の集中度を[Lv. ] 3T 対魔:A 自身の弱体耐性を 騎乗:A 自身のQckの性を• ]&封印状態を付与 1T のヘストス ヴーノ が鍛え上げた絶対に破れない網。 カリテが所有しと戦うがの音を受けてし、自分が絡まって。 は捕らえたカリテを町中引っりまわして自慢したという。 として召喚された折にであるとして鍛えなた。 どこにでもいるしどこにもいない、的存在となって敵を撹乱する。 具体的に言うと、が多重分身となる上に、本物がいたりいなかったりいても攻撃を喰らわなかったりする。 さらに最悪なことに一間が経過すると、は倍々で増えていく。 きっとみたいな状況になる 断言。 のを利用した技なので、君を持ってくるのを忘れたこの霊基では使用不可。 性 「の」にてされた限定5。 構成は Q2 A2 B1。 版と同じく性別特攻効果効。 関連動画 関連静画 私 のナイト 攻め担当 Ver 関連立体 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

アストルフォ〔セイバー〕

アストルフォ

この項は、成分を多く含んでいます。 ここから下はで突っ走ってください。 とは、『』に登場するである。 : :嗣 なお、記事ではこれ以降と表記する。 については の記事を参照。 概要 の武勲に描かれた。 王のにして、十二勇士のひとり。 この世に並ぶ者のない美形ながら、恐るべきお者で、がしているとまでられる。 冒険好きでどこにでも顔を出し、に巻き込まれ巻き起こす。 悪事を働くという発想がなく、やりたい放題でも最悪の事態には踏み込まないというお得な性格。 かと見紛う頭飾りは、傷心の盟友の狂乱を静める為の不可抗ののなんだからね、とは本人の弁。。 コンマテ4でが開されたときの反はとても大きかった模様。 なにしろ設定画ではどうみても。 (めて言っておくが、の通りは 男である・・・はずだったのだが、3巻でのの画面では性別の部分が塗りつぶされており、判断ができなくなった。 ) 氏によると、は美形だったというがあったので、的で性別の分からないようながいいんじゃないかという話をしていたらしい。 その時の初稿では綺麗なをしたものだったが、と少し被っていたので修正をお願いしたところ、上がってきたのがこちらになりました。 さん良いしてますねぇ。 装はというと、胸元に獅子のエンブが施されたに、ーの付いたを上から羽織っている。 小手やの一部、とはく色取られており、としての名残りが感じられる。 を三編みにし、いの飾りを付け、太股をちらりと見せるがフェンな雰囲気を醸し出す。 もうでいいんじゃないのか…? 口元からちらりと見えるも。 伝説 多くの者にされ、豊富なを持つ。 実はやなど他の十二勇士に劣るが、触ったものを転倒させるの、あらゆるを打ち破る法が記された、相手を吹き飛ばす、身体の前半身が鷲で後半身がの・などを手に入れ、これらの具を使った活躍を見せる。 だが持ち前の気前の良さですべて最期の戦いの前に手放している。 『狂えるオンド』では、で失われたのを取り戻すため、にまで探索行に赴いている(には地上で失われたすべてのものがある)。 ここで彼はのと自分のを取り戻して帰還。 だが時間が経つと、彼のはまたしてしまった。 スヴァルの戦いにて戦死。 はで、中に何か液状のものが入っていた瓶を触媒に召喚された。 術を生業とする。 旺盛な性格をしており、常に実体化することを好んでいる。 現界した後は、の静止もそこそこに、をして頻繁に下へと遊びに出かけている。 なお実体化を許してくれているにはの念は抱いているものの、の倒錯的な情表現にはやや辟易している模様。 がしているためなのか注意深く考えることはなく、基本的に即時即決。 行動はい。 思慮分別に欠けているという点で右に出るものがいない、とは本人の弁。 そのためかのの名をぽろっと言ってしまうなどの癖が多々見られる。 反面、助けをめるは見捨てずに手を差し伸べ、強大な敵にも堂々と立ち向かうたる精の持ちでもある。 自身を大きく上回る巨体にも立ち向かい、のしたそのは「すら恐れない」と言われるほど。 が本格化する直前に、的なで自に覚めたユグドミレの魔供給用のが脱走する事件が起き、偶然それを見つけたはの『願い』を聞き届けてこれを保護。 ユグドミレから彼を助けることを決意し、匿いつつ彼とのを築いていく。 ステータス• 出典:• 地域:• :混沌・善 :地• 男 秘密• 体重:・56kg• 特技:• 好きなもの:この世全て• 苦手なもの:潤んだ瞳で訴えかける系の• 敵:なし• 武装:・上・チェ・• 上、現代のではに傷をつけられない。 である「本」によってが大きく向上しており、通常はDである。 であるならば・のものまで乗りこなせる。 ただし、種は該当しない。 :D がしており、あらゆる秘密を堪えることができない。 味方側の名や弱点を喋る、大切なものを忘れるなど 最呪いの類。 このは「直感」も兼ねており、時は 自身にとって最適な展開をある程度感じ取ることが可。 :C- 筋を1させることが可。 ただし、このが発動している場合は1ごとにを負う。 単独行動:B からの魔供給を断ってもしばらくは自立できる。 Bならば、を失っても二日間現界可。 伝承においても自身の強さはさほどでもないためか、パラメータは較的低め。 保有は3巻にて判明。 「」や「」にはが付いているが、使い方次第では十分有用といえるだろう。 のだが、版3巻にあるの画面は混沌の一言。 &を描きたい放題好き放題やっている。 あとなんで性別覧隠した。 内に存在するものに、の衝撃をつけさせる。 相手でも一の隙が生まれる。 対のが以下だった場合、になって四散する。 牙兵程度のなら一掃可。 善の・ェスラがに与え、の大群を追い払うのに使用された。 通常時はに下げられるだが、使用時はを囲うほどの大きさになる。 の穂先を持つ。 殺傷こそ低いものの、傷をつけただけで相手の足を霊体化、または転倒させることが可。 この転倒から復帰するためにはC判定が必要なため、失敗すれば「転倒」が残り続ける。 ただし、1ごとにCの上方修正があるため、成功はしやすくなる。 ではダマンテに譲渡している。 所有しているだけで、自動的にA以下のをすることが可。 か、それに極めて近い大となるとその限りではないが、その場合も名を開放して、書を解くことで打破する可性をつる。 ・・・が、はその名を全に忘却している。 万書もにつけた名前。 で欄を隠蔽できる。 破却宣言(キャッサー・デ・ェスラ) がした万書の名。 おい 一もっちゃいないじゃないか。 一時的にが戻る新の晩にのみ名をし使用できる。 舞い散る片が使用者を包み込み、通常時をかにえる対防御を与える。 通常時はできないかそれに極めて近い大すら打破する可性を掴めるという。 ちなみに名に冠されているェスラとはこの書を授けたであるの師の名。 が雌と番うことで生まれる。 代のであるよりは劣るものの、その突進による粉砕攻撃はAの攻撃に匹敵する。 その価は「あり得ない存在」ということを利用した跳躍による回避にある。 では最期の戦いの前に野生に返している。 においても、様々な宝を用いて大冒険を繰り広げただけはある品え。 単純な破壊に優れた『この世ならざる幻』を除くと、どれも相手には致命傷を与えるほどではない。 しかし散らしに最適な広範囲攻撃のに、の下半身を強制的に霊体化させてしまう上、殺しの書物など、補助的役割としては優秀なをいくつも持ちあわせている。 明かされている部分の設定については基本的に後の東出一郎作の版に踏襲されたが、一開されていたであるの効は変更されている。 出典:• 地域:• :混沌・善• 体重:kg台• 武装:チェ、• : 恐慌呼起こせし(ラ・・) 原典通り、音色を聞いたものを恐怖で出させる効果を持つ。 に抵抗出来る英霊ならば音色を聞いても留まることもできるが、が耐えることは難しい。 通常はにぶら下げるで使用時には大きくなる設定は版にも引き継がれた。 その前のにてちらっと登場していた。 ] 1T 触れれば転倒! ] 5T &威をで[Lv. ] 5T &NPを増やす[Lv. この世ならざる幻() 種別: Qck 敵全体に強な防御視攻撃[Lv. 性 構成は Q3 A1 B1。 性別に対する特攻効果はの区別なく発動しない の的なを除く、が女へ侵入不可など色々複雑。 3のは強だが少々な。 それぞれの発生は毎のの都度の判定である。 強化が追加されが5に増えNPチャージ効果が追加。 まで育てれば周回で役立つ。 頼れるフォ。 セイバーVer 設定やで分かるにて示唆されていたの。 十二勇士最弱の彼をで召喚する数寄者はあまりいないようだ。 破却宣言が使える、つまりがある状態だが、があるが的に考えるのがメンドクため性格はほとんど変わっていない。 言うなれば 「は君の!」である。 :混沌・善 :地• ] 3T &威を[Lv. ] 3T &の集中度を[Lv. ] 3T 対魔:A 自身の弱体耐性を 騎乗:A 自身のQckの性を• ]&封印状態を付与 1T のヘストス ヴーノ が鍛え上げた絶対に破れない網。 カリテが所有しと戦うがの音を受けてし、自分が絡まって。 は捕らえたカリテを町中引っりまわして自慢したという。 として召喚された折にであるとして鍛えなた。 どこにでもいるしどこにもいない、的存在となって敵を撹乱する。 具体的に言うと、が多重分身となる上に、本物がいたりいなかったりいても攻撃を喰らわなかったりする。 さらに最悪なことに一間が経過すると、は倍々で増えていく。 きっとみたいな状況になる 断言。 のを利用した技なので、君を持ってくるのを忘れたこの霊基では使用不可。 性 「の」にてされた限定5。 構成は Q2 A2 B1。 版と同じく性別特攻効果効。 関連動画 関連静画 私 のナイト 攻め担当 Ver 関連立体 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の