動画 編集 副業。 副業の動画編集で稼ぐ為の手順とは!?学び方&稼ぐ方法を解説します!!

【おすすめ副業】動画編集で効率的・安定的に稼ぐためのロードマップ

動画 編集 副業

完全在宅!動画編集初心者が副業のYouTube動画編集で月に10万円稼いだ方法 筆者が動画編集を 副業で月に10万円稼いだ方法を、ざっくりとご紹介すると以下の通りです。 動画編集を趣味でやっていることをSNSで発信• SNS経由で知人から 「YouTubeの動画編集をやらないか?」とDMが来る• 即決で「はい、やります」と答える• 単価500円で動画編集の仕事を始める (動画編集が仕事になった瞬間)• ここで月に10万円達成• 知人の紹介で動画編集チームへ招待される• (今ここ!!!) こんな感じです。 はっきり言って、 通常の動画編集を仕事にする流れとは異なっていますね。 でも、だからこそ伝えられることがあると思っています。 ということで、上記をもう少し深掘りしつつ、重要なポイントを見ていきましょう。 ここ凄く重要。 SNSでの発信とは、TwitterやInstagramを活用し、以下のようなことを発信していくということ。 動画編集を仕事としてやりたい• 動画編集した動画をシェア• 上記の発信をみて、動画編集をお願いしたい!という人が現れるかもしれませんし、「動画編集者募集!」のような情報が流れてきた時に、応募へのステップがスムーズに進みます。 動画編集について 発信している人とそうでない人では、チャンスを掴む確率は大きく変わってくるでしょう。 Web上でのSNSとは異なり、 顔と顔を突き合わせた繋がりは、より強い関係性を構築します。 SNS:きっかけを作る• リアルの繋がり:強い関係性を構築 実際に、僕が担当している動画編集の仕事のほとんどが、リアルでの繋がりがある人の案件です。 見ず知らずの人より、 リアルで顔を合わせたことがある人に依頼をしたくなるのが人というものですよね。 ですので、動画編集初心者こそ、そういったリアルの繋がりを大事にしてほしいのです。 もちろん単価を気にすることは大事なのですが、最初のうちは「提供できる価値を高める」ことに集中した方が懸命です。 僕の場合は、「1つの動画に対して新しいことを1つチャレンジする」というルールを決めてやっていました。 お金をもらいながら、動画編集を実践的に学ぶイメージですね。 副業:本業があって、動画編集を副収入にする• 複業:動画編集もメインの仕事のひとつとしてやる この2つの何が違うかというと、 「本気度」だと個人的には思っています。 動画編集という仕事をただの副収入源としてではなく、 メインの仕事と捉えて本気で向き合う。 そんな心構えが重要だと思います。 動画編集を副業でやるメリット・デメリット 実際に動画編集を副業でやってみて感じた、動画編集を副業でやるメリットとデメリットは以下の通りです。 動画編集をやるメリット• 需要がどんどん上がっている• 参入障壁が高く、ライバルが少ない• 最低限の編集は誰でもできる• YouTubeを見てれば学べる• 土日だけでも月5万円は余裕• 純粋に楽しい• 動画編集スキルがつく• 動画編集を本業にもできる 一番のメリットは、作業が楽しいことですね。 これは主観的な意見ではありますが、恐らく動画編集は他の仕事に比べて「楽しい」と感じる人は多い気がします。 動画編集をやるデメリット• 参入障壁が高い• 労働集約型なので、やめたら収入ストップ• クラウドソーシングで案件が充実していない• データのやりとり・管理が大変 動画編集は、機材やソフトを揃えるのが結構大変で、お金もかかります。 そこで参入障壁が高いので、デメリットに感じる人が多いかもしれません。 動画編集を副業でやるメリット・デメリットに関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。 動画編集を副業でやる際の注意点 動画編集を副業でやるに当たって、注意点がいくつかあるので解説していきます。 納期は守ろう 動画編集を副業にするのは、非常におすすめなのですが、注意したいのが「納期」についてです。 これは動画編集に限らず、どんな クライアントワーク型の副業についても同じことが言えますが、納期は守りましょう。 本業が忙しくて〜、本業が残業になってしまって〜、などは言い訳にしかなりません。 副業といえども、仕事は仕事。 編集機材・ソフト代を回収できるか 動画編集をするに当たって、編集機材ソフトなど必要なものはたくさんあります。 正直、かなりお金がかかってきます。 パソコン:20万円• ハードディスク:2万円 編集ソフトは毎年かかってくるので、それを回収できるくらい仕事をする時間があるかも考えましょう。 ただし、お金が全てではありませんので、 スキルアップのために赤字覚悟でやるのも1つの手です。 まずは、 スキルアップをコツコツ行い、副業で月10万円くらいを目指します。 その後、編集の幅と人脈を広げつつ、本業にしていくのもいいでしょう。 動画編集は、他業界との掛け合わせに適している分野でもあるので、自身の可能性を広げるためにも、ぜひ副業からでもチャレンジしてみましょう!.

次の

動画編集の副業がなぜ一番熱いのか?【稼ぎ方も徹底解説します】

動画 編集 副業

皆さんは「副業」と聞いたときに、どんな仕事を思い浮かべますか? 本業の合間に行う飲食店などでのアルバイト、アクセサリー作りなどの内職、インターネットでのアンケート回答やモニター調査…。 これらはすべて定番ですが、わりと競争率の高い副業ですよね。 できることなら まだ競争率が低く、需要の高い副業を探して効率よく稼ぎたいところ。 そこで今回は現代日本において需要が急上昇している、 動画編集を副業として強くおすすめします。 動画編集のお仕事は、結婚式で使用されるウェディングムービーの制作、最近急増しているYouTubeに投稿する動画の編集まで多岐にわたっており、まさに今狙い目の市場です。 SNS等を通じての個人での契約はもちろん、大手副業サイトであるクラウドワークスやココナラなどを通じて動画編集代行へ応募することもできます。 今回は動画編集で副業する方法、動画編集で副業する際のおすすめサイトを紹介します。 見たい場所へジャンプ• 動画編集の副業をおすすめする理由 皆さんの中にも「1日に1度はYouTubeを見る」、「休日はHuluやNetflixを見て一日が終わる」という人は多いのではないでしょうか。 実際に動画の市場は常に伸び続けており、今ではYouTubeやNetflixなど 動画サイトの存在がすっかり私たちの生活の一部になっています。 ちなみに2018年の動画広告の市場規模は 1843憶円となっており、5年前と比べるとなんと 5~6倍ほど。 動画の市場がどれくらい大きくなっているか分かりますね。 最近はYouTuberが大流行していて、中にはヒカキンのようにYouTuberとしての仕事だけで生活している人もいます。 動画編集の求人に応募する 基本的にはクラウドソーシングで募集している動画編集の案件に依頼するのがベストですね。 やでは動画編集できる人を募集している案件があります。 実際、クラウドワークスやランサーズで募集されている案件は単価が高く、 ある程度実績を積むと自分が提案しなくても向こうから直接依頼されます。 動画編集の技術さえあればクラウドソーシングは稼ぎやすく、 月1~5万ほどは余裕で稼げてしまいます。 自分の技術を発信する クラウドソーシングで動画編集の仕事を受けるにはがおすすめですが、まずは自分の技術を知ってもらう必要があります。 どれだけ動画編集の技術がある人でも、その人の存在を知ってもらえないと稼ぐことができません。 そのため、twitterやインスタで自分の作った動画を投稿しましょう。 」ってことなんだね! Youtuberに営業する これはちょっと変わった手法ですが、Youtuberの人に 「動画編集を代行します」とDMを送ってみるのも1つです。 基本的にYoutuberは1人で撮影~編集までやっていて、動画編集をしてくれる人材を求めています。 僕がこの間みたものだと、Youtuberが「動画編集者を募集してます!」という動画を出すこともありましたので、Youtuberの動画編集は需要は高いことが分かります。 Youtubeに限らず動画メディアはこの先どんどん大きくなるので、 動画編集の仕事はこの先増えていくことでしょう。 また、Youtuberの方に動画編集代行を提案する際には「あなたの動画をいつも見ています、〇〇さんの編集を再現することが可能です」ということを伝えましょう。 Youtuberの方に「自分の動画の雰囲気や編集の仕方を分かっているから期待できる!」と思われて、受注しやすくなります。 動画編集の副業におすすめのサイト 動画編集の稼ぎ方を紹介したところで、早速動画編集の仕事を始めましょう! 今回は僕がおすすめする動画編集に最適なサイトを紹介します。 クラウドワークス は日本最大級のクラウドソーシングと言われており、動画編集の仕事もたくさん募集されています。 実際に募集されている案件は ココナラ 自分の技術をサービスとして売るフリマアプリ、。 ココナラで募集されているサービスをいくつか見てみたのですが、 Youtubeの動画編集~結婚式のムービー製作まで幅広いサービスがありました。 中でも ココナラは結婚式のムービー製作の需要が特に高いので、結婚式のムービー製作を出来る人には特におすすめのサービスと言えるでしょう。 ただ結婚式ムービー製作はライバルが多いので、 始めたては相場より単価を下げて受けるべきです。 誰かの思い出に残るようなムービーを作るって素敵な仕事ですよね。 スキルのフリマ!.

次の

副業の動画編集で月19万円!稼ぐためにした「たった2つのこと」【1万円相当の特典付き】|takagimovieman|note

動画 編集 副業

自分で動画を作るって楽しそう! 動画編集がおすすめの理由 これから動画市場は伸びてくる 2020年には5Gの時代に入り、今まで動画を見る視聴者は通信制限を気にしなければいけませんでしたが、その制限がなくなっていきます。 それにより、動画市場は今後、爆発的に伸びていくと言われています。 また、動画は写真や文章に比べ、情報量が多くマーケティングツールとしても注目が集まってる存在です。 ネットの動画広告であれば、視聴者数や広告の再生数なども把握出るため、企業にとっても便利なツールでニーズが非常に高いです。 これからの時代がどうなるのかを考え、前もって準備をしておくということが稼ぐことに大事な要素になるでしょう。 スキルを持っている人材が少ない 動画編集は以前よりも身近になってきてはいるものの、動画編集で仕事を請負えるだけのスキルを持ってる人材は少ないです。 今後、動画市場は伸びるのに、人材が不足しているという絶好のチャンスでもあります。 スキルを持つ人材が少なければ、一件あたりの単価も高く仕事を受注することができ、副業として充分稼ぐことができます。 「これから稼げる副業をしたい」「新しく何か副業を始めたい」という方に動画編集の副業はおすすめです。 動画編集は誰にでもできる 動画編集と聞くと、難しそうに思う方も多いですが、やってみるとそこまで難しいものではありません。 簡単なカットやテロップ入れであれば数日でできます。 またYoutuberなどの動画編集も1週間あれば編集できるぐらいにスキルを身につけることができます。 もちろん、細かい動きをつけるとなれば、それ以上の時間はかかりますが試行錯誤していくことでどんどん編集スキルは身につきます。 まずは1回挑戦してみよう! 動画編集の勉強の仕方 専門スクールに通う 高いレベルのスキルをつけたい人であればやはりスクールに通うのが一番です。 スクールであれば映像制作や動画編集など様々なスキルを身につけることができます。 スクールは専門学校だけでなく、 TechAcademyなどといった数ヶ月で動画編集スキルが学べるものもあります。 また、スクールであれば学費はかかりますが、独学で学習するよりもストイックになって学ぶことができるので「一人だとなかなかできない」という方にもおすすめです。 独学で勉強する 今ではCMやYoutubeなど動画を見る機会はいくらでもあり、そこからカットやテロップの入れ方を真似し、 独学で勉強するということも可能です。 もちろん多少の時間はかかりますが、自分のペースでスキルをつけたい方は独学で勉強する選択肢もありです。 またYoutubeには動画編集に必要な編集方法も投稿されてあります。 自分で動画を作り、わからないところは調べてやってみるといったように試行錯誤しながら編集スキルをつけていきましょう。 動画編集の仕事で稼ぐ方法 Youtuberの動画編集代行をする 今ではYoutuberとして生活している人は何百人といます。 Youtuberの方は数多くの動画を撮影し、全ての動画に編集を加えるとなると、多大なる時間が必要になります。 自分の作品をSNSなどでアップし、そこからYoutuberに直接営業をかけることで仕事がもらえることもできます。 Youtuberの動画編集の相場は 1本あたり3000円〜5000円です。 また、売れっ子Youtuberであれば、お金はあるけど時間がない。 という方も多く、その人たちにとって動画編集の代行は非常にありがたい存在です。 一人のYoutuberの専属編集者になれば 月に30万以上稼ぐこともできます。 自分が編集した動画が高評価だとモチベーションにも繋がるね! クラウドソーシングを利用する 動画編集の仕事はアプリなどネット上で見つけることができます。 クラウドソーシングを使えば、動画編集を依頼したい人を見つけることが簡単にできます。 動画編集の内容も料理系や旅行、ビジネス系など様々あります。 自分がしたい編集の仕事を見つけて稼ぐこともできますね。 クラウドソーシングで人気なサービスとして クラウドワークスや ランサーズなどがあるので登録しておきましょう。 エージェントに登録する エージェントとは、 個々のスキルや希望にマッチした仕事を紹介し、面倒な契約処理なども代行してくれるサービスのことです。 エージェントに登録することで動画編集の仕事をより早く見つけることができます。 企業運営の映像編集やSNS向け動画配信コンテンツの編集など多岐に渡って仕事があります。 「スキルはあるけど仕事がなかなか見つからない」ということにはならない為にもエージェントサイトには登録しておきましょう。 また、エージェントではクラウドソーシングよりも高い案件が受注できたり中には福利厚生を受けられることもあるのでサポートとしても充実しています。 大手エージェントサイトでは レバテックフリーランスや Midworksなどがあります。

次の