戦場 の メリー クリスマス あらすじ。 映画戦場のメリークリスマスがいいのは音楽だけ!感想とネタバレ

映画「戦場のメリークリスマス」(1983年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

戦場 の メリー クリスマス あらすじ

・あらすじ: 太平洋戦争ただ中の1942年、日本軍はインドネシアに俘虜収容所を建設していた。 その収容所で、オランダ兵デ・ヨンと朝鮮人のカネモトが 騒ぎを起こしたため、日本軍の ハラ軍曹は証人としてイギリス軍中佐の ロレンスとともに彼らの処置にあたっていた。 同じ頃、俘虜収容所にイギリス陸軍の ジャック少佐が送られてくる。 ジャックの世話を命じられた ヨノイ大尉は、彼のわがままな姿勢に困らせられながらも、ジャックという人間に魅せられていく。 ・見どころ: 先日逝去した デヴィッド・ボウイも出演している、 大島渚監督の傑作映画です。 また、 ビートたけしが映画の世界に足を踏み入れようとするきっかけとなった映画としてもこの作品は 記念碑的な作品といえるかもしれません。 現在で言う「お笑い芸人」としての地位を確立させつつあったビートたけしが、大島渚監督の映画に出演するということは当時の人々にとってはデヴィッド・ボウイの出演以上に インパクトのある出来事だったことでしょう。 そのたけしが演じるハラ軍曹がラストシーンでロレンスに言う 「メリークリスマス」というセリフは日本映画史上に残る名セリフであると共に素晴らしい名シーンだったのではないでしょうか。 もうひとつ特筆すべきなのは 坂本龍一の出演です。 こちらも「俳優」という仕事を本業としていない存在ですが、独特の存在感を醸しだしており、彼を起用した大島渚監督はまさに慧眼だったといえるでしょう。 坂本龍一はこの映画の音楽も担当しており、今や映画よりもこちらの音楽の方が有名になっているかもしれません。 ・感想: デヴィッド・ボウイが出演しているということで再評価されるこの映画ですが、「戦争映画」にカテゴライズされる作品でありながら 戦闘シーンが全くありません。 つまり、これは俘虜収容所という「小さな社会」における人間関係を描いた作品であると言い換えることもできます。 収容所の外は全世界を巻き込んだ戦争が続いており、収容所の中もまた決して平和とは言えない 不安定な状態、そんな状況に置かれた人間たちの行動がここでは克明に描かれます。 大島渚監督といえばそのユニークな人柄から多くの人から愛された人物ですが、撮影する作品はどれも人間の内面を鋭くえぐるものが多く、それだけに 賛否両論を集める監督としても有名でした。 人間の本質がどこにあるか、映画の中だけでも明らかにしようと思った監督の姿勢が垣間見える作品です。 「ビデオオンデマンド」ランキング 1位:Hulu 他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い! 月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。 今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。 2位:U-NEXT 月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。 DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。 30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。 3位:amazon プライムビデオ オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。 少し暇つぶしできればいい人向けです。 ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

次の

戦場のメリークリスマス考察サイト

戦場 の メリー クリスマス あらすじ

戦場のメリークリスマスの最後のシーン。 4年後、ハラ軍曹が処刑される前夜にローレンスと面会するシーンですが、最後にハラ軍曹が笑顔でメリークリスマスって言っていたのはどういう意味で しょうか? かつて自分がローレンスをクリスマスに釈放してあげたことから、本当は今度は自分を釈放してほしい、ということだったのでしょうか? 元々、かなり粗暴で、他の日本軍人たちは多少は英語を喋っていましたが、ハラ軍曹はずっと日本語を喋っていました。 なのに自分が俘虜になると英語を勉強して、喋るようになっていました。 これは立場が逆転して、欧米人に媚びを売ろうとしているのでしょうか? それとも本当は元々外国人とも仲良く?したいという気持ちがあったけど、日本軍人としてあのように振る舞っていたが、敗戦してその必要もなくなったので、本来の自分の姿になったのでしょうか? ハラ軍曹は死ぬ覚悟はできてると言っていましたが、本当に武士らしく死ぬ覚悟をしていたのか、それとも強がっていただけで本当は助かりたかったのでしょうか? みなさんの解釈を教えてください。 戦争が人を狂わせようとも、愛情を見失うとは限らない。 クリスマスがいつの時代も誰にも何処にも たとえ戦場であっても 変わらずに来るのと同じように、本能である愛情は平等・普遍で、人を隔てる後天的な感情 敵国の壁・人種の壁・文化の壁・民族の壁・偏見の壁 を超えられる その象徴がセリアズのヨノイへの抱擁とキス 、というような意味をタイトル『戦場のメリークリスマス』に込めていると考えています。 クリスマスはサンタクロースからクリスマスプレゼントを貰います。 ハラが処刑が決まっていたロレンスとセリアズを独断で釈放していましたが、この時ハラが自分の事をファーザー・クリスマス サンタクロース だと言っていたのは、釈放は俺からのクリスマスプレゼントだという意味と思われます。 最後のハラとロレンスの面会でもハラが「サンキュー、ファーザー・クリスマス」と言っていました。 これはロレンスがハラに会いに来てくれた事そのものをクリスマスプレゼントとして 2人の友情そのものを 、そのプレゼントを運んで来てくれたロレンスをサンタクロースに見立ててお礼を言っているんだと思われます。 2人の友情についての見解は下記リンク先で それは自分のかつてのクリスマスプレゼントのお返しととっていて、ハラとロレンスの確かに存在した友情の証 2人にしか分からないサンタクロースとクリスマスプレゼントの行って来いの関係 だとして喜んでいるんじゃないかと思います。 戦争が人を狂わせると考えているロレンスが ロレンスは皆が間違っていると言っている 、戦争中のハラの傍若無人な振る舞いは戦争で狂わされていたからで 戦後の憑き物が落ちたような姿がハラの本来の姿 、それは戦争に勝った方も負けた方も同じで、裁くべきではないと考えているようで 私なら今すぐあなたを自由にすると言っている 、そんなハラへの同情や裁く側の勝者の自分らへの自責の念のような感情 勝利が辛く思われる時があると言っている があって「神の恵みを」と言った言葉が涙声になってしまったんじゃないかと思います。 ハラもロレンスの悲しみ落ち込む心境を察知したので立ち去るロレンスを呼び止め、「ロレンス 戦時中の呼びつけるようなきつい言い方 、メリークリスマス。 メリークリスマス、ミスターロレンス 戦時中付けた事のないミスターを付け笑顔で優しく言う 」と言ったように思います。 この極端な言い方の変化は、戦時中と変わらぬ元気さと 自分の人生に後悔はないという意味にとれる 、戦後の憑き物が落ちた本来の優しさからで だからミスターを付けた 、それを合わせて全てが俺でそれを受け入れているから大丈夫だとロレンスを励ましたという感じに捉えています。 ラストカットのハラの笑顔もロレンスへの優しさがあるように思える そこにあるのはハラのロレンスへの思いやりと確かに存在した2人の友情への思いもあるように思います。 ハラの独居房にはお経らしきものが置かれていて、数珠を掛けてもいました。 剃髪もその一環かもしれませんが、元々なのかそんな自由があったのかは分かりません 戦争中もお経をあげていたので、それなりの仏教徒なのでしょう。 なので、戦後の憑き物が落ちたような温厚な人物に戻って、本来持っていた信仰心で救いを求めらて、納得はできないが仕方がないと受け入れられて覚悟ができたという見方ができますかね。 下記で最後の面会の場面を再現しつつ見解を書いておりますので、ちょうどご質問に合致するかと思います。 よろしければ一読ください。 更にそこに貼ったリンク先で『戦場のメリークリスマス』というタイトルの意味についての見解も書いています。 こちらもよろしければご一読ください。 僕はこの映画を中学3年の時に1983年に封切りの時に映画館で見た。 当時はビートたけし=たけちゃんマンというイメージが強かったので、 「なんで最後にたけちゃんマンの笑顔なんだ?この映画は全部、『オレたちひょうきん族』と同じように冗談だったということなのか?」 とさっぱりワケがわからなかった。 他の中学校の友達も、 「なんで最後がたけしの笑顔なのかわからない」 と言っていた。 この映画は女性が出てこずに男ばかりの映画で坂本龍一にボウイがキスするシーンがあることから、「ホモ映画」と見ることができる。 坂本龍一のヨノイ大尉はボウイの演ずるイギリス軍セリアス少佐と恋仲であり、たけしの演ずる原軍曹はトム・コンティの演ずるローレンス中佐と恋仲だったのだろう。 収容所で男たちはあのように争っていたが、本当は友情以上の何かを常に感じていたと解釈できる。 だから、原軍曹はローレンスをクリスマスの日に解放した。 それで、ラストシーンでもう一度「メリークリスマス ミスター ローレンス」と言ったのだと思う。 でも、この映画は1983年のカンヌ映画祭で作品賞の本命と見られていたものの、結局、作品賞を取ったのは今村昌平監督の「楢山節考」だった。 なんだが、審査員からは「あり得ない話だ」とか酷評されたらしい。

次の

戦場のメリークリスマス あらすじ

戦場 の メリー クリスマス あらすじ

・あらすじ: 太平洋戦争ただ中の1942年、日本軍はインドネシアに俘虜収容所を建設していた。 その収容所で、オランダ兵デ・ヨンと朝鮮人のカネモトが 騒ぎを起こしたため、日本軍の ハラ軍曹は証人としてイギリス軍中佐の ロレンスとともに彼らの処置にあたっていた。 同じ頃、俘虜収容所にイギリス陸軍の ジャック少佐が送られてくる。 ジャックの世話を命じられた ヨノイ大尉は、彼のわがままな姿勢に困らせられながらも、ジャックという人間に魅せられていく。 ・見どころ: 先日逝去した デヴィッド・ボウイも出演している、 大島渚監督の傑作映画です。 また、 ビートたけしが映画の世界に足を踏み入れようとするきっかけとなった映画としてもこの作品は 記念碑的な作品といえるかもしれません。 現在で言う「お笑い芸人」としての地位を確立させつつあったビートたけしが、大島渚監督の映画に出演するということは当時の人々にとってはデヴィッド・ボウイの出演以上に インパクトのある出来事だったことでしょう。 そのたけしが演じるハラ軍曹がラストシーンでロレンスに言う 「メリークリスマス」というセリフは日本映画史上に残る名セリフであると共に素晴らしい名シーンだったのではないでしょうか。 もうひとつ特筆すべきなのは 坂本龍一の出演です。 こちらも「俳優」という仕事を本業としていない存在ですが、独特の存在感を醸しだしており、彼を起用した大島渚監督はまさに慧眼だったといえるでしょう。 坂本龍一はこの映画の音楽も担当しており、今や映画よりもこちらの音楽の方が有名になっているかもしれません。 ・感想: デヴィッド・ボウイが出演しているということで再評価されるこの映画ですが、「戦争映画」にカテゴライズされる作品でありながら 戦闘シーンが全くありません。 つまり、これは俘虜収容所という「小さな社会」における人間関係を描いた作品であると言い換えることもできます。 収容所の外は全世界を巻き込んだ戦争が続いており、収容所の中もまた決して平和とは言えない 不安定な状態、そんな状況に置かれた人間たちの行動がここでは克明に描かれます。 大島渚監督といえばそのユニークな人柄から多くの人から愛された人物ですが、撮影する作品はどれも人間の内面を鋭くえぐるものが多く、それだけに 賛否両論を集める監督としても有名でした。 人間の本質がどこにあるか、映画の中だけでも明らかにしようと思った監督の姿勢が垣間見える作品です。 「ビデオオンデマンド」ランキング 1位:Hulu 他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い! 月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。 今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。 2位:U-NEXT 月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。 DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。 30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。 3位:amazon プライムビデオ オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。 少し暇つぶしできればいい人向けです。 ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

次の