トーサ。 カランコエ(チョコレートソルジャー)の育て方や増やし方【トメントーサ種】

ヌクトーサとヌクトルー

トーサ

青味がかった体色にハッキリとした黒いバンド模様が特徴的な種類で、産地によって模様の太さや体色などに違いが見られ、2004年以降はアフリカのタンガニィカ湖南部に生息する個体はキフォティラピア・ギベローサと名付けられ区別されました。 キフォティラピア・フロントーサはいわゆるブルンディ産と呼ばれる種類で、黒いバンド模様は6本、体色の青味はやや薄い種類になります。 この種類はショップなどでも比較的多く流通し、アフリカンシクリッドの入門魚としても愛されています。 体長(サイズ) 約30cm 中・大型シクリッドのキフォティラピア・フロントーサは最大で30cm程度まで成長します。 ちなみにおでこのコブが大きくなるものはオスとされておりますが、ショップなどに流通している幼魚からオスメスを判別するのは難しいでしょう。 不安な方はしっかりとしたショップで店員さんに確認してから購入する事をオススメします。 寿命 約10年 飼育する環境による所が大きいですが、一般的な寿命です。 丈夫で餌をよく食べ大きくなる為、小型魚と比べるとかなり長生きです。 15年以上生きたとの報告もあるのでじっくりと飼い込みたい種類です。 特徴 大型水槽(60cm以上)で単独飼育が好ましい キフォティラピア・フロントーサは気性が荒いシクリッド種の中では比較的温和な方ですが、混泳させる場合はサイズを揃えるなどの注意が必要です。 不安な方は60cm以上の大型水槽で単独飼育がオススメです。 またエサをよく食べ、よくフンをする為、アンモニアや亜硝酸塩などでもダメージを受けてしまうのでろ過不足にならないよう水替えをこまめに行うといいでしょう。 キフォティラピア・フロントーサは水槽が汚れやすく掃除が大変な為、ソイルなどの底床を敷かない、いわゆる 「ベアタンク」水槽での飼育がオススメです。 成長するに伴い変化していく体型、成魚になるにつれ美しくなる姿は非常に飼育しがいがあり、まさにペットフィッシュとして最適です。 5) 基本的に丈夫な種類なので病気にも罹りにくいですが、強いて気を付けると言えば幼魚の頃の白点病でしょうか。 白点病の予防にはやや高めの水温が効果的です。 水質は若干アルカリに傾いた水を好みます。 水を汚しやすいので マメに水替えをしてあげる事が大切です。 餌(エサ) 人工飼料・生き餌など 雑食性の為基本的にはなんでも食べますが、 肉食性の強い餌を好みます。 ヤマトヌマエビや小型魚などは格好の餌となってしまいますのでご注意を。 また、浮遊性のある餌を与え続けると背びれが水面から出てしまう病気、浮き症(いわゆるプクプク病)になる恐れがあります。 その為、餌は沈下性のものにし、なるべく上を向かせないように気をつけると安心です。 繁殖 一般的な飼育環境での繁殖はやや困難 キフォティラピア・フロントーサはメスが卵をくわえて稚魚を育てるマウスブリーダー、いわゆる口内保育を行う魚として知られています。 ただ、狭い環境では同種間で激しく争うことや、性的に成熟するのに7年前後の長い時間がかかるなど、一般的な飼育下での繁殖はかなり難易度が高いです。 熱心な愛好家が池での繁殖に成功したなどの報告がありますが、やはり条件(広さ・水温・水質など)が整わないと難しいでしょう。

次の

キフォティラピア・フロントーサの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【じっくり飼い込む】

トーサ

1匹¥5,000円で3匹で¥15,000円プラス送料手数料です。 結構高くつきました! でも、それなりに値打ちのある魚だと思って導入しました。 「フロントーサ」・・・アフリカ大陸のタンガニイカ湖に生息するアフリカンシクリッドの一種だそうです。 この魚は、結構大きくなる大型種で30cm以上に成長すると言われています。 成魚は、水深30〜40mの岩礁地帯に生息しているそうです。 入荷量が少ないそうで珍しく、アフリカンシクリッドの専門店以外の熱帯魚店ではそう簡単にはお目にかかれません。 見た目縦ストライプのようですが、魚の縞模様は、頭を上に尻尾を下にして見た時に(魚を縦に置いた状態)、縦縞か横縞を判断するそうで、よってフロントーサは横ストライプの魚です。。。 ・ 2007年 1月 5日 ・・・ 追加のフロントーサ到着 本日、オークションで年末落札したフロントーサ2匹が到着しました。 小さい3匹じゃ水槽が淋しいので追加で2匹導入しました。 この追加の2匹は4cmと言う事でしたが、到着したのは3cmほどの小さな固体でした。。。 この2匹は年末超特価と言う事で、送料込みで2匹¥1700円でした。 小さい固体は大きくする楽しみもありますよね! ・ 2 007年 1月 30日 ・・・ フロントーサ 購入時は5cm程度でしたが、1ヶ月経った現在は5mmほど成長したかな?って感じです。 どうやら成長はゆっくりのようです。 小さな固体(約3cm)2匹は見た目とても弱々しく、こりゃダメかな?って思っていましたが、意外と強く逞しく生きています。 アフリカンシクリッドの飼育の基本は弱アルカリ性の水質の維持だそうです。 よって、うちでは上部ろ過器のろ材にサンゴ砂を使用しています。 サンゴは、水をアルカリ性にしてくれますが、溶けて小さくなりそのうちなくなるそうです。 へぇ〜?って感じです。 今の所サンゴのお陰?で、水質はPh7.3の弱アルカリ性を維持しています。 低床のソイルや水草(モス)等は水質を弱酸性に傾けるため、水槽内に入れる事は好ましくないそうです。 でもうちは、小さな固体が2匹入っているので隠れ家にモスを大量に入れています。 消灯後は各魚めいめいがモスの陰に入って眠っています。 小さな固体が5cm位に成長する春頃に水槽をリセットして、モスを撤去してベアタンクで飼育しようと思っています。 ・ 2007年 1月 31日 ・・・ フロントーサ フロントーサは底砂を恐ろしく掘り返します。 誰が掘った穴でも良いようで、違う魚もこの穴に来ています。 通常はボスと思われる大きめの固体とチビだけが水槽前面をうろうろ泳いでいます。 ・ 2007年 2月 4日 ・・・ フロントーサの飼育環境 うちでは、60cm規格水槽に、水温25度設定で3〜5cm程度の稚魚を5匹飼育しています。 水は、底面ろ過直結のコトブキパワーボックス55と上部ろ過器で回しています。 水換えはこの1ヶ月間で1回(約10L)しかしていません。 見た目に水は、スッキリ透き通っていてほとんど汚れていません。 底に溜まった細いフンが意外と緑色なので、コケなども食ってるようです。 餌は、毎日、朝は冷凍赤虫1ブロック、夕方には金魚用の人工飼料を色々与えています。 乾燥エビ(クリル)等も与えますが、まだ一口で食えないので砕いて与えています。 一番のお気に入りの餌は、「」さんちで買った咲ひかり(鯉の餌)です。 よほどエビの臭いがするのか?すごく食いつきが良いです。 でもまぁ基本的には、魚の餌なら何でも食うので飼育は楽です。。。 そして近所に他の魚が来るとパッと色が鮮明に発色します。 これは、周りを威圧する威嚇行動のようです。 結構追いかけ合いを繰り返していますが、ヒレを食いちぎったりウロコを飛ばすような激しい喧嘩はしないようです。 毎日観察していると、色んな事に気が付き結構面白いです。 ついでにPHを測定したところ7.6と、うまく弱アルカリ性をキープしてくれています。 水槽の前に立つと、モスの茂みに隠れちゃいますが、餌を与えると出てきます。 性格は結構、神経質なように思います。 この写真の固体が一番大きなボス君で、目測7cm程度に成長しています。 先日90cm水槽を撤収したので、90cm水槽で使用していたフルーバルの304をこの水槽に設置しました。 上部ろ過器の標準ポンプは性能が低いので撤去。 珊瑚を入れた上部の濾過槽はそのまま使用。 304は結構な流量があるので、上部濾過槽が溢れそうです。 これで、多少ろ過の強化が図れたかな?と思っています。 まぁ元々水はピカピカに輝いていたので、見た目は全然変わりません。。。 一晩でこうなりました。 こいつばかりがでかくなり、他の2匹はビビリまくって逃げています。 そうそう、3cmのチビの1匹も結構大きくなっていますが、もう一匹は常に黒くなって隠れています。 うちには大きい組と小さい組に各1匹づつ黒ずんだ固体が居て、常に隠れてじっとしています。 上の写真の一番奥の固体とか・・・ チビでも水槽前面でよく泳ぐ個体はよく発色していて綺麗です。 うちの水槽の照明は、2灯式ライトの1本に青系のカリビアンブルーを入れています。。 青系のライトを1本入れると水槽水がスッキリ透き通って透明に見えるので、どの水槽にも1本は青系のライトを入れています。 (いました。 今夜の夕食は、ちらし寿司とハマグリのお吸い物です。 我が家のひな祭りの日のメニューです。。。 この4匹はよく泳ぎ、一日中追いかけ合いを繰り返しています。 今日は久し振りに5匹揃った写真が撮れました。。。 普段はモスの中に隠れていて、どこに居るのか解らない状態です。 買った時より少しは大きくなっているかな?って感じで、 とても弱々しく、こいつは長生きできないかもなぁ〜?とか思っています。 ・ 2007年 3月10日 ・・・ フロントーサ アフシク水槽のバックスクリーンを変えてみました。 KOTOBUKIの3D-Screenマラウィの湖底(岩石)です。 オークションで送料込みで¥600円、ちょぃお買い得でした。 他の4匹も4cm〜8cm程度に成長しています。 強さを表す象徴でしょうか? 10cm程度に育ち他の魚より大きくなっています。 今のところ順調に育っているようですが、チビは相変わらず小さいままです。 それでも小さい組の2匹共水槽前面で泳ぐようになりました。。。 でもまぁ大きさが良く解るかな?と思い、UPです。 実は、いくら撮り直しても良いのが撮れなかったんです・・・すんまそん。。。 フロント-さん、相変わらず元気に育っており、 1〜2週間に一度バケツ1杯の水換えと蒸発分の補充を実施しています。 おかげで、ソイル水槽ですが調子が良く、なかなかベアタンクにリセットできずにいます。 魚は、ほんの少し大きくなったかな?って感じですが、見た目はほとんど変わりません。 よってしばらくは、報告をする事が無さそうです。。。 今回は、アフシク水槽らしく、サンゴ砂を10kg敷いたのですが全然足りませんでした。 水作りに金魚にも一役かって貰っています。 水槽に石を入れてやると石の周りから離れません。 石が相当気になるようです。 不思議ですね。。。 そして、どうも石が好きなようなので、大き目の花崗岩を数個入れてやりました。 トンネル状に組んだ石の中にボスが時々入って、せっせとトンネルの中のサンゴを外に運んでいます。 おかげでトンネル内は底の水槽のガラスが見えています。 他の魚もボスがいない時に入っています。 みんなに気に入って貰えたようです。 シンプルで綺麗な水槽となり、見ていて涼しげなので気に入っています。。。 水槽がちょっと淋しいのでアヌビアス・バルテリーを1株入れてやりました。。。 ちんまいのは相変わらず小さいけど隠れず表に出て泳ぐようになってます。 でも、このちんまい子は、力強く生きてくれています。 こんな風に90cm水槽を2個、横に並べて楽しんでいます。 左はアフリカ、タンガニィカ湖をイメージして珊瑚と石を使った白いアフリカン水槽、 右は南米アマゾンをイメージした黒い底砂と流木を使った暗いアメリカン水槽です。 水草は両方アヌビアス・バルテリーとマツモを数本入れています。 水槽構成は両方共同じで、濾過は上部と外部の併用で、外部の排水は直接水槽に戻さず上部ろ過槽で受けています。 ろ材は、エーハイサブストラットプロ(丸い奴)メインで、リングろ材とちょこっと珊瑚を入れてます。 でも静かです。 それが90cm水槽2個&60cmエビ水槽とか・・・とにかくかなりしんどいぃぃ〜って感じです! でも、どんな高価なろ過器を導入するより定期的な水換えが一番だと思っています。 よって、違いはホント底砂だけです。 底砂の色の違いだけで見た目、こんなに違うとはホント意外でした。。。 大きな水槽になって、ボスだけが急成長して15cmを軽く超えたかな?って感じです。。。 2やNo. 3がちょっと前のボス位大きくなって、時々見間違えますが、ボスはもう一回り大きくなってます。 4とNo. 5も少しづつ育っているようですがまだまだ小さいです。 左の頭だけ写ってるのがボスです。 初めはなかなか大きくならなかったですが、長く飼育すればそれなりにでかくなるんですね。 ボスは普段、組んだ石の下に潜り込んでいて、ボス以外の魚がその周りをうろうろ泳いでいます。 各個体が大きくなって見ごたえがありますが、餌の時以外はこのように石の後ろに隠れています。 プレコも一匹入っていますが、ほとんど姿を見せません。 只今ボス(左奥)は20cm弱ってとこでしょうか?・・・最近急に大きくなってます。 1のボスとNo. 2の写真です。 2もボスと見違えるくらいに大きく育ってます。 やっぱ、大きくなる種の魚は大きな水槽で飼うのがよろしいようで、90cm水槽に入れてからどんどん成長している2匹です。

次の

アドバイスお願いします。飼育中のフロントーサの餌食いがあまりよくありませ...

トーサ

1匹¥5,000円で3匹で¥15,000円プラス送料手数料です。 結構高くつきました! でも、それなりに値打ちのある魚だと思って導入しました。 「フロントーサ」・・・アフリカ大陸のタンガニイカ湖に生息するアフリカンシクリッドの一種だそうです。 この魚は、結構大きくなる大型種で30cm以上に成長すると言われています。 成魚は、水深30〜40mの岩礁地帯に生息しているそうです。 入荷量が少ないそうで珍しく、アフリカンシクリッドの専門店以外の熱帯魚店ではそう簡単にはお目にかかれません。 見た目縦ストライプのようですが、魚の縞模様は、頭を上に尻尾を下にして見た時に(魚を縦に置いた状態)、縦縞か横縞を判断するそうで、よってフロントーサは横ストライプの魚です。。。 ・ 2007年 1月 5日 ・・・ 追加のフロントーサ到着 本日、オークションで年末落札したフロントーサ2匹が到着しました。 小さい3匹じゃ水槽が淋しいので追加で2匹導入しました。 この追加の2匹は4cmと言う事でしたが、到着したのは3cmほどの小さな固体でした。。。 この2匹は年末超特価と言う事で、送料込みで2匹¥1700円でした。 小さい固体は大きくする楽しみもありますよね! ・ 2 007年 1月 30日 ・・・ フロントーサ 購入時は5cm程度でしたが、1ヶ月経った現在は5mmほど成長したかな?って感じです。 どうやら成長はゆっくりのようです。 小さな固体(約3cm)2匹は見た目とても弱々しく、こりゃダメかな?って思っていましたが、意外と強く逞しく生きています。 アフリカンシクリッドの飼育の基本は弱アルカリ性の水質の維持だそうです。 よって、うちでは上部ろ過器のろ材にサンゴ砂を使用しています。 サンゴは、水をアルカリ性にしてくれますが、溶けて小さくなりそのうちなくなるそうです。 へぇ〜?って感じです。 今の所サンゴのお陰?で、水質はPh7.3の弱アルカリ性を維持しています。 低床のソイルや水草(モス)等は水質を弱酸性に傾けるため、水槽内に入れる事は好ましくないそうです。 でもうちは、小さな固体が2匹入っているので隠れ家にモスを大量に入れています。 消灯後は各魚めいめいがモスの陰に入って眠っています。 小さな固体が5cm位に成長する春頃に水槽をリセットして、モスを撤去してベアタンクで飼育しようと思っています。 ・ 2007年 1月 31日 ・・・ フロントーサ フロントーサは底砂を恐ろしく掘り返します。 誰が掘った穴でも良いようで、違う魚もこの穴に来ています。 通常はボスと思われる大きめの固体とチビだけが水槽前面をうろうろ泳いでいます。 ・ 2007年 2月 4日 ・・・ フロントーサの飼育環境 うちでは、60cm規格水槽に、水温25度設定で3〜5cm程度の稚魚を5匹飼育しています。 水は、底面ろ過直結のコトブキパワーボックス55と上部ろ過器で回しています。 水換えはこの1ヶ月間で1回(約10L)しかしていません。 見た目に水は、スッキリ透き通っていてほとんど汚れていません。 底に溜まった細いフンが意外と緑色なので、コケなども食ってるようです。 餌は、毎日、朝は冷凍赤虫1ブロック、夕方には金魚用の人工飼料を色々与えています。 乾燥エビ(クリル)等も与えますが、まだ一口で食えないので砕いて与えています。 一番のお気に入りの餌は、「」さんちで買った咲ひかり(鯉の餌)です。 よほどエビの臭いがするのか?すごく食いつきが良いです。 でもまぁ基本的には、魚の餌なら何でも食うので飼育は楽です。。。 そして近所に他の魚が来るとパッと色が鮮明に発色します。 これは、周りを威圧する威嚇行動のようです。 結構追いかけ合いを繰り返していますが、ヒレを食いちぎったりウロコを飛ばすような激しい喧嘩はしないようです。 毎日観察していると、色んな事に気が付き結構面白いです。 ついでにPHを測定したところ7.6と、うまく弱アルカリ性をキープしてくれています。 水槽の前に立つと、モスの茂みに隠れちゃいますが、餌を与えると出てきます。 性格は結構、神経質なように思います。 この写真の固体が一番大きなボス君で、目測7cm程度に成長しています。 先日90cm水槽を撤収したので、90cm水槽で使用していたフルーバルの304をこの水槽に設置しました。 上部ろ過器の標準ポンプは性能が低いので撤去。 珊瑚を入れた上部の濾過槽はそのまま使用。 304は結構な流量があるので、上部濾過槽が溢れそうです。 これで、多少ろ過の強化が図れたかな?と思っています。 まぁ元々水はピカピカに輝いていたので、見た目は全然変わりません。。。 一晩でこうなりました。 こいつばかりがでかくなり、他の2匹はビビリまくって逃げています。 そうそう、3cmのチビの1匹も結構大きくなっていますが、もう一匹は常に黒くなって隠れています。 うちには大きい組と小さい組に各1匹づつ黒ずんだ固体が居て、常に隠れてじっとしています。 上の写真の一番奥の固体とか・・・ チビでも水槽前面でよく泳ぐ個体はよく発色していて綺麗です。 うちの水槽の照明は、2灯式ライトの1本に青系のカリビアンブルーを入れています。。 青系のライトを1本入れると水槽水がスッキリ透き通って透明に見えるので、どの水槽にも1本は青系のライトを入れています。 (いました。 今夜の夕食は、ちらし寿司とハマグリのお吸い物です。 我が家のひな祭りの日のメニューです。。。 この4匹はよく泳ぎ、一日中追いかけ合いを繰り返しています。 今日は久し振りに5匹揃った写真が撮れました。。。 普段はモスの中に隠れていて、どこに居るのか解らない状態です。 買った時より少しは大きくなっているかな?って感じで、 とても弱々しく、こいつは長生きできないかもなぁ〜?とか思っています。 ・ 2007年 3月10日 ・・・ フロントーサ アフシク水槽のバックスクリーンを変えてみました。 KOTOBUKIの3D-Screenマラウィの湖底(岩石)です。 オークションで送料込みで¥600円、ちょぃお買い得でした。 他の4匹も4cm〜8cm程度に成長しています。 強さを表す象徴でしょうか? 10cm程度に育ち他の魚より大きくなっています。 今のところ順調に育っているようですが、チビは相変わらず小さいままです。 それでも小さい組の2匹共水槽前面で泳ぐようになりました。。。 でもまぁ大きさが良く解るかな?と思い、UPです。 実は、いくら撮り直しても良いのが撮れなかったんです・・・すんまそん。。。 フロント-さん、相変わらず元気に育っており、 1〜2週間に一度バケツ1杯の水換えと蒸発分の補充を実施しています。 おかげで、ソイル水槽ですが調子が良く、なかなかベアタンクにリセットできずにいます。 魚は、ほんの少し大きくなったかな?って感じですが、見た目はほとんど変わりません。 よってしばらくは、報告をする事が無さそうです。。。 今回は、アフシク水槽らしく、サンゴ砂を10kg敷いたのですが全然足りませんでした。 水作りに金魚にも一役かって貰っています。 水槽に石を入れてやると石の周りから離れません。 石が相当気になるようです。 不思議ですね。。。 そして、どうも石が好きなようなので、大き目の花崗岩を数個入れてやりました。 トンネル状に組んだ石の中にボスが時々入って、せっせとトンネルの中のサンゴを外に運んでいます。 おかげでトンネル内は底の水槽のガラスが見えています。 他の魚もボスがいない時に入っています。 みんなに気に入って貰えたようです。 シンプルで綺麗な水槽となり、見ていて涼しげなので気に入っています。。。 水槽がちょっと淋しいのでアヌビアス・バルテリーを1株入れてやりました。。。 ちんまいのは相変わらず小さいけど隠れず表に出て泳ぐようになってます。 でも、このちんまい子は、力強く生きてくれています。 こんな風に90cm水槽を2個、横に並べて楽しんでいます。 左はアフリカ、タンガニィカ湖をイメージして珊瑚と石を使った白いアフリカン水槽、 右は南米アマゾンをイメージした黒い底砂と流木を使った暗いアメリカン水槽です。 水草は両方アヌビアス・バルテリーとマツモを数本入れています。 水槽構成は両方共同じで、濾過は上部と外部の併用で、外部の排水は直接水槽に戻さず上部ろ過槽で受けています。 ろ材は、エーハイサブストラットプロ(丸い奴)メインで、リングろ材とちょこっと珊瑚を入れてます。 でも静かです。 それが90cm水槽2個&60cmエビ水槽とか・・・とにかくかなりしんどいぃぃ〜って感じです! でも、どんな高価なろ過器を導入するより定期的な水換えが一番だと思っています。 よって、違いはホント底砂だけです。 底砂の色の違いだけで見た目、こんなに違うとはホント意外でした。。。 大きな水槽になって、ボスだけが急成長して15cmを軽く超えたかな?って感じです。。。 2やNo. 3がちょっと前のボス位大きくなって、時々見間違えますが、ボスはもう一回り大きくなってます。 4とNo. 5も少しづつ育っているようですがまだまだ小さいです。 左の頭だけ写ってるのがボスです。 初めはなかなか大きくならなかったですが、長く飼育すればそれなりにでかくなるんですね。 ボスは普段、組んだ石の下に潜り込んでいて、ボス以外の魚がその周りをうろうろ泳いでいます。 各個体が大きくなって見ごたえがありますが、餌の時以外はこのように石の後ろに隠れています。 プレコも一匹入っていますが、ほとんど姿を見せません。 只今ボス(左奥)は20cm弱ってとこでしょうか?・・・最近急に大きくなってます。 1のボスとNo. 2の写真です。 2もボスと見違えるくらいに大きく育ってます。 やっぱ、大きくなる種の魚は大きな水槽で飼うのがよろしいようで、90cm水槽に入れてからどんどん成長している2匹です。

次の