シャボン 玉 とんだ 歌詞。 童謡「しゃぼん玉」に込められた悲しい意味とは

シャボン玉 歌詞 童謡・唱歌 ※ annualreport2016.candafoundation.org

シャボン 玉 とんだ 歌詞

いろいろ調べてみたところ、この歌は都市伝説ではなくどうやら 本当にあった話に基づいて書かれた歌詞のようです。 そして怖い話というよりは、 作詞者の悲しいお話のようで、こちらについてはwikipediaにも書かれてありました。 それではどんな背景があるのか下記で見てみましょう。 シャボン玉飛んだの悲しいお話 作詞者の野口雨情氏は波乱万丈な人生を乗り越え、1907年に奥さんが子供を産みました。 ですが 1週間程で子供は亡くなってしまい、その後に生まれた二番目の子供も2歳で亡くなってしまったそうです。 その子供たちを忘れられず過ごしていたある日、外で子供達がシャボン玉で遊んでいるのを見て、 「私の子供も元気に生まれていれば、この子たちと同じくらいの歳でシャボン玉をしていたのかも知れない」 と思いシャボン玉にたとえて歌詞を作ったというのが有力な説です。 当時は、現代の医療機器や環境設備、食べ物なども揃っていないので、 生まれて間もない子がすぐに亡くなってしまうのは、珍しいことでありませんでした。 シャボン玉の2番の歌詞 シャボン玉の2番の歌詞は シャボン玉消えた。 飛ばずに消えた。 産まれてすぐに、こわれて消えた となっていますが、意味は歌詞を見てわかる取り、 産まれてすぐに壊れて消えた(亡くなった)と歌詞の意味を解釈することができます。 また、シャボン玉のように次々生まれては次々と壊れていってしまう(小さい頃に亡くなってしまう)という時代背景にもかなさっていると捉えることができます。 ここで気になるのは野口雨情氏の子供が亡くなった時期とシャボン玉の歌ができた年についてです。 子供が生まれる前に、シャボン玉の歌ができているのであればこの説は 間違いですよね。 そこでまたいろいろと調査してみました。 子供とシャボン玉飛んだの年代について 1907年 長女が生まれ1週間で亡くなってしまう 1922年11月 シャボン玉の歌が「金の塔」という雑誌に掲載される 1924年9月 当時2歳で次女が亡くなる 表を見てみると、長女が亡くなってから15年たち、 次女が生まれた年にシャボン玉の歌が雑誌に載ったということになります。 シャボン玉の歌詞は誰に向けられた歌? さてここで気になるのは、シャボン玉の歌詞は誰に向けられた歌なのでしょうか? 考えられるのは• 長女と次女を一緒に遊ばせたかった• 子供達を見て思い出した• 近所や親戚の子が小さい頃に亡くなった などが考えられます。 長女と次女を一緒に遊ばせたかった ちょうど次女が生まれる前後に作られたとされていますので、「姉妹で遊ばせてあげたかった」と思って、シャボン玉の歌を作ったと考えてもおかしくないでしょう。 またその時代は 小さい子が長生きできないことも多々あったようなので、そのような思いも一緒に綴られたと考えられます。 子供達を見て思い出した 近所で遊んでいた子供を見た時にフッと長女のことを思い出した。 この時お腹に次女がいてもいなくても、人はフッと亡くなった人を思いだすことがあると思うので、急に思い出してもおかしくありません。 その時思い出したなら、1番の「屋根まで飛んだ。 屋根まで飛んで壊れて消えた」は 自分たち親のことと考えられ、「生まれてすぐに壊れて消えた」のは 長女と言う考え方もできると思います。 近所や親戚の子が小さい頃に亡くなった こちらも有力な都市伝説として、野口雨情氏の 近所にいた子供や親戚など可愛がってた子が亡くなってしまった説。 先にも書きましたが、この時代は生まれてすぐに亡くなってしまうのは珍しいことではありませんでした。 なので、可愛がってた子が小さくして亡くなるということはあります。 結論 長女に当てた歌なのか次女に当てた歌なのかはわからず、野口雨情氏の 遺族の間でも意見が分かれているそうです。 また、近所の子が亡くなってその子に向けて書いたという説もありました。 その中に野口雨情氏の歌詞の意味の正解があるかどうかはわかりませんが、どちらにしても、亡くなった子供に対する鎮魂歌(死者の霊を慰めるための歌)という情報が多かったです。 まとめ シャボン玉飛んだは都市伝説でも怖い歌でもなく、 野口雨情氏の気持ちを綴った悲しい歌詞ということでした。 童謡には都市伝説がたくさんありますが、このような悲しい歌もあるんですね。 今では生まれてすぐに亡くなってしまうというのはあまりないですが、そういう国もあると聞きますので、シャボン玉を悲しい歌や怖い歌にせず、「強く風に負けない」強い子になろうと逆に励まされる歌であって欲しいですね。

次の

なっとく童謡・唱歌 中山晋平の童謡(1);シャボン玉,あの町この町,アメフリ,雨降りお月さん・雲の蔭,証城寺の狸囃子 池田小百合

シャボン 玉 とんだ 歌詞

歌詞PDFは、高齢者向けに字を大きくしたA4サイズの歌詞カード集です。 デイサービス、グループホームなどの介護施設や地域のサロンでのレクレーションの時間にご使用ください。 もちろん保育所など、子供の施設でもご利用いただけます。 ( タイトルが 青字 のものは、無料です。 曲のタイトルが赤字のものは、著作権保護期間を過ぎていない曲で有料です。 ) 歌詞PDFのリンクをクリックすると、PDFの形式で歌詞が表示されます。 PDFを保存してA4サイズで印刷してください。 カラーで印刷用に作成していますが、もちろん白黒でも印刷できます。 楽譜PDFは、幼稚園、小学校、介護施設のレクレーションや音楽療法向けの、歌とピアノやギター伴奏のための楽譜です。 歌に入りやすいように、イントロや間奏は簡略化しています。 (無料です。 )大判歌詞PDFとあわせてご利用ください。 楽譜PDFのリンクをクリックすると、PDFの形式で楽譜が表示されます。 PDFを保存してA4サイズで印刷してください。 高齢者レクリエーション用 歌詞 楽譜 曲の説明 司会のヒント 無料 日本人なら誰もが知っている名曲です。 1番は歌詞カード無しでも歌える人が多いのではないかと思います。 参加者に、「あなたの故郷はどこですか?」などと尋ねてまわると、盛り上がるのではないかと思います。 無料 秋を感じさせる童謡です。 歌詞は「どんぐり ころころどんぶりこ」です。 「どんぐり ころころどんぐりこ」と覚えている人がけっこういるのでは? 無料 童話をもとにした歌です。 地道に努力した者が最後に勝つという、人生の教訓を歌っているのでしょうか。。。 出だしの部分を演奏して、イントロあてクイズをしてみましょう。 タイトルは「もしもしカメよ」ではなく「うさぎとかめ」です。 無料 昭和20年ごろから平成の現在まで、小学校の教科書で紹介されている曲です。 リズム的にはすこし凝った曲なのですが、歌うのが難しいということはありません。 ただし、生伴奏の場合は、歌詞の出だしが揃うように注意してイントロを演奏したほうがいいかもしれません。 朧月夜は、月がほのかに霞んでいる情景を指す言葉ですが、実はある季節の季語になっています。 参加者に何の季節か分かるか尋ねてみてください。 (答えは春です。 ) 無料 戦前から現在まで、小学校の教科書で紹介されている曲です。 歌詞が途中で改変されましたが、PDFには最初のものを掲載しています。 歌のモデルとなった川は、東京の代々木、渋谷を流れていた宇田川の支流であるという説があります。 東京の繁華街も、かつてはのどかな場所であったという時の流れには驚かされます。 無料 日本の歌百選にも選ばれている名曲です。 無料 無料 作曲家、瀧廉太郎の代表曲です。 瀧廉太郎が曲を構想したとされる城跡は、大分県竹田市と富山県富山市の2ヶ所にあるそうです。 無料 童謡にしては少し悲しい感じの曲で、作曲者から娘への鎮魂歌であるという説もあります。 歌の順序は、「シャボン玉とんだ〜」「シャボン玉消えた〜」「風風吹くな」ですが、高齢者の方は、「シャボン玉とんだ〜」の次に「シャボン玉消えた〜」の部分をぬかして「風風吹くな」に進む人が多いので、介護施設などで演奏する場合は、「シャボン玉消えた〜」の部分を飛ばして演奏するのがよいと思います。 「シャボン」は「石鹸」を意味するポルトガル語だそうです。 無料 江戸時代に琴用に作られた曲で、歌詞は2種類あります。 PDFでは1番、2番として掲載しています。 無料 日本の歌百選にも選ばれている名曲です。 「靴が鳴る」のフレーズのところで、リズムにあわせて足を踏み鳴らしてみてください。 無料 日本の歌百選にも選ばれている名曲です。 歌のメロディは覚えているけど、歌詞をよく覚えていないという人がけっこういるようです。 、 無料 日本の歌百選にも選ばれている名曲です。 手遊び歌としても歌われている歌です。 2人ペアで向き合って、音楽にあわせて互いに手を合わせて見ましょう。 無料 卒業式で歌う定番曲です。 無料 童謡の「ももたろう」をもとにした歌です。 後半の歌詞がすこし残酷な気がするので、1番から3番くらいまで歌うのがよいかもしれません。 無料 日本人の誇り、富士山を歌った歌です。 世代に関わらず、誰もが知っている曲です。 無料 戦前、戦争中は軍歌として、戦後はパチンコ店でお馴染みの曲です。 替え歌を歌った人も多いのではないかと思います。 無料 昔は、小学校に入って最初に習う歌がこの歌だったそうです。 無料 雪の情景を歌った楽しい童謡です。 無料 正月の時期に歌われる歌です。 凧は12月中にはあげず、年が明けてからあげるというイメージがあるのですが、みなさんはどうですか? 無料 お月見のときに歌われる日本の伝統的な歌です。 無料 日本の歌百選にも選ばれている名曲です。 無料 満月をテーマにした日本の伝統曲です。 無料 日本の歌百選にも選ばれている名曲です。 「七つの子」は、七歳の子供なのか七匹の子供なのか、考えてみてください。 無料 いろいろとのありそうな童謡です。 無料 少し不思議な感じがする内容の歌詞です。 無料 無料 無料 もともとは外国の曲ですが、日本でもお馴染みの曲で、日本の歌百選にも選ばれている名曲です。 無料 スコットランドの民謡ですが、日本でもお馴染みの曲です。 無料 日本の歌百選にも選ばれている名曲です。 無料 日本の歌百選にも選ばれている名曲です。 無料 無料 無料 無料 歌にあわせて肩たたきの動作をしてみてください。 夕焼小焼 無料 ------ 歌詞は著作権保護期間中のため、歌詞ぬきの楽譜です。 有料 (購入ページにジャンプします) (購入ページにジャンプします) 楽譜は歌詞入りです。 無料 歌詞の著作権保護期間を終了したため、無料公開に切り替えました。 有料 (購入ページにジャンプします) (購入ページにジャンプします) 有料 (購入ページにジャンプします) (購入ページにジャンプします) 有料 (購入ページにジャンプします) (購入ページにジャンプします) 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 夕焼け時に飛ぶ赤とんぼなどなつかしい故郷の風景を題材にした歌です。 幼児の手遊び唄・高齢者リズム体操用 レクレーションでの使い方 歌詞は、高齢者の方にも読みやすいように、大きな字で書かれています。 縮小すると意味がありませんので、A4サイズで印刷してください。 歌詞が長いものは字が小さい場合があり、読めるかどうか不安なものもありますが、極力大きくしてあります。 また、認知症の方に配慮し、読み仮名をふってあります。 必要な曲 の歌詞を印刷し、クリアフォルダに綴じてください。 グループホームなど人数が少なく、人が固定されている場合は、人数分、クリアフォルダを用意しておくのが良いと思います。 不特定で多人数の場合は、2〜3人に1つわたる様に用意してください。 ページは、できれば 歌う順に並べておくことをお勧めします。 あまり曲が長いとダレますし、たいていの場合は曲の1番、2番しか知らないということが多いので、長い曲は後半の歌詞を割愛している場合があります。 また、詩の内容がレクリエーションにそぐわない場合も割愛していることがあります。 また著作権上の理由から割愛している場合もあります。 詩のバージョンが新旧、数種類ある場合は、古いほうの歌詞を採用するようにしています。 楽譜は、ピアノやギターで伴奏することを意図して作成しています。 イントロや間奏が長すぎると、待ちきれずに歌に入ってしまう人が多いので、極力、イントロと間奏は短くしています。 イントロの最後に「ハイ」と書かれている部分があります。 伴奏を行う人は、実際にここで「ハイ」と合図をかけると、参加者が歌に入りやすくなります。 矢継ぎ早に歌うと疲れますので、曲と曲の間に喋りを入れるように求められることがあります。 その場合、「司会のヒント」の欄を参考にしてください。 唱歌・懐メロ 歌詞 楽譜 曲の説明 司会のヒント 無料 一番馴染みがあるのは、国際的なスポーツの大会で、勝ったときに歌う歌としてでしょうか。。。 無料 クリスマスの時に歌われる定番曲です。 無料 クリスマスの時に歌われる定番曲です。 英語の歌詞を掲載しています。 無料 クリスマスの頃に演奏されるジャズ風の行進曲です。 無料 クリスマスの時に歌われる定番曲です。 無料 行事が終わった時に流れる曲です。 無料 誕生日をお祝いでケーキの蝋燭を消す前に歌う歌です。 無料 お正月の定番曲です。 うれしいひなまつり 無料 ------ 歌詞は著作権保護期間中のため、歌詞ぬきの楽譜です。 有料 (購入ページにジャンプします) (購入ページにジャンプします) 楽譜は、歌詞入りの楽譜です。 無料 無料 「いらかの波と」という出だしのほうです。 無料 「屋根より高い鯉のぼり」という出だしのほうです。 無料 幼児向け 歌詞 楽譜 曲の説明 司会のヒント 無料 誰もが知っている鳩ぽっぽの歌です。 鳩にえさをやるときに歌ったりしますよね。。。 無料 比較的、新しい曲です。 外国曲のようなイメージもありますが、日本人の作曲家によるものです。 無料 赤ん坊に歌ってあげる唄というよりも、子守の苦労を歌った唄です。 無料 誰もが知っている子供の遊び唄です。 無料 日本では色々な歌詞で歌われていますが、もともとはアメリカの民謡です。 無料 保育所、幼稚園でおゆうぎの時間に歌う歌です。 お年寄りでも知っているので、高齢者のレクリエーションでも使用できる曲です。 無料 もともとはドイツの民謡です。 無料 ------ 訳詞は著作権保護期間中のため、歌詞ぬきの楽譜です。 大きな古時計 有料 (購入ページにジャンプします) (購入ページにジャンプします) 楽譜は、歌詞入りの楽譜です。 無料 無料 無料 もともとはイギリスの民謡ですが、日本でも振りつきの童謡、手遊び歌として広く知られています。 かなり高齢の方でもご存じの曲です。 歌詞は著作権の関係で1番しか掲載していません。 昭和30年以前の生まれの方々には馴染みのない曲のようですので、注意してください。 日本であまりにも有名な曲のため、もともとイギリス民謡だということを知らない人が多いかもれません。 参加者にどの国の民謡かあててみるように尋ねてみてください。 キャンプソング.

次の

シャボン玉|コータ (作詞とか する人)|note

シャボン 玉 とんだ 歌詞

シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだの感想【ストーリー】 「夢」「希望」って何? そんなけったいなもん!!アホらし!! と思って生きてきた身寄りのない、梅田駅の降り口に捨てられていた「折口かよ」ちゃんと、 音大ではなく、経済学部卒で作曲家志望のバイトに遅刻、失敗ばかりする、皿も何枚割ったかわからない、人影に隠れてばかりの気弱で「探せば良いところも…ある?はず?」の三浦悠介(ゆうあんちゃん)のラブストーリー。 だけれど、ただのラブストーリーではない。 喫茶店の愉快な夫婦と常連客、おかしくてあたたかい(ゆるい?)宇宙人が出てきて、宝塚のレビューもはじまっちゃって、 (良い意味で)破茶滅茶! 歌のメロディーも音楽もワクワクするし、胸にしみる。 でもちょっとチープ?古い感じ?で、 「懐かし切なトキメキ曲」の数々でした。 めちゃくちゃ笑えるのに第二幕では涙が出てくる。 カーテンコールでは皆すすり泣き。 演者の目にも涙。 私も号泣しましたし、とても余韻に浸れる素晴らしい作品でした。 設定と舞台演出 設定は、初演の1988年頃なので、服装や設定がバブリーな感じ。 遊園地の場面の里美さん(仙名彩世)はスーツに超ミニスカート! そんなカッコで遊園地いく?というような服装で、発言も「私がイタリアにいた頃はー」とかお金持ちアピールが激しく、やったら嫌らしい。 こんな子今時いないよーって感じで面白かった。 また、途中のテレビの中継シーンのボディコンスーツのアナウンサーと秋田のばぁちゃんたちの地方格差?日本国内でのバブルの温度差?服装の差?も笑った。 あと、喫茶店ケンタウロスに売買交渉にきたヤクザの「とりあえず5千万持ってきたぞ!」という発言も、 「えーー!こんな狭い店そんな高値で?親から伝え聞いた不動産バブルってこんな感じだったのね。 」 と実感。 笑 こんなところから、少しの古さと時代を感じました。 (褒めています) 演出は、 元々、本多劇場など小劇場で上演されていた作品なので、 舞台装置もシンプルながら工夫とアイデアがたくさんあり、人力を感じられました。 そのため、大きな舞台装置を使う帝国劇場などのミュージカルより演者の演技力が光ってた!(シアタークリエの狭さもあるのだと思いますが) 遊園地の鏡の迷路のシーンでは、人が鏡を持ちながら移動することによって、悠介やかよ、里美が鏡の迷路に迷っているように演出したり、 宇宙船に乗りこむシーンでは、強いライトを3つほど置きUFOの下にあるランプを表現したり、 丸い大きめのスポットライトで宇宙船内を表現したり、 大きな舞台装置はないけれど、工夫とアイディアで観客の視線と想像力を掻き立てる素晴らしい舞台演出の数々でした。 出演者について 井上芳雄 もうずっと10年間くらいファン!大好き!! でも井上芳雄は何をやっても井上芳雄だ。 と言われていた時期もあったし、ファンだけどそれを否定できない時期もあった。 でも、今回は良い意味で全くオーラがなかった。 元々小劇場で上演されていたから、良い意味で少しチープな作品である本作にプリンスが違和感無く溶け込んでいた。 去年のグレコメのピエールよりも、もっとダサく地味になれてたし、 それでいて組曲虐殺の多喜二先生よりも強く勇敢になっていた。 ちなみに、トート閣下のような冷酷さはありません笑 ひたすらに温かい、優しい、愛情深い男性でした。 カヨちゃんを迎えに行った後に、カヨちゃんを宇宙船に乗せるシーンの、 「大丈夫。 君の辛いこと苦しみは宇宙旅行をたった10日この人たち(宇宙人)としているうちになくなるよ」 の寂しい気持ちを押し殺して、カヨちゃんのことを思っていうこのセリフの優しい言い方。 まるでフカフカの羽でできたクッションに包まれるような、安心感があったなぁ。 カヨちゃんの 「あいらぶゆーあんちゃん! 」 に対する、 「なまっているよ!」 の、嬉しいけど別れが辛い、 でも、笑いながらの絞り出すような涙まじりの返し。 こんな台詞回しの演技の芳雄初めて見れて嬉しかった。 あと、やっぱり!歌唱力は相変わらず凄まじく美しかった。 「たとえば流れ星見つからなくても、いつの日か夢は叶う」と歌い出した瞬間雰囲気・空気がガラッとかわって、 人生に絶望しながら歩んできたカヨちゃんが、 この人となら「夢」や「希望」を持てる。 私も持って良いんだ。 と思えていったのだと感じた。 これからも推し続けることを決意しました。 咲妃みゆ はじめましての女優さん。 海宝さんとYouTubeでa whole new worldを歌ってた 声が綺麗で顔の可愛い元トップ娘役さん。 というイメージしかありませんでした。 けれど、舞台に出てきた咲妃さんは、 タカラジェンヌさんらしい 綺麗で清らかでお姫様、お妃様、キラキラ~ という感じは全くせず、 言葉遣いの悪い、スリで生計を立てる屈折した性格のカヨそのもので、 振り幅の広さに驚き。 また、悠介に出会って「夢」を見つけ歩んでいく溌剌とした姿、 刑期中・刑期後の疲れ果てたボロボロの姿、 悠介と手を繋ぎ共に歩んでいく未来を見つめ「夢」を叶えていく表情、 演技力の高さにさらに驚き。 またまた、歌えば、歌のお姉さんのような綺麗で伸びやかな明るく美しい歌声。 正直歌唱力のない女優さんとだと、芳雄は少し手加減して音量調整しながら歌っているなぁーと感じることも多々あるけれど、 咲妃みゆさんとは手加減なしで、 思いっきり歌っていたので、咲妃さんの歌唱力の高さをかんじた。 (どこからかんじてるんだ!って感じですよね笑) 仙名彩世(ゆきちゃん) 生では、初めての女優さん。 でも、一応花組時代のメサイアのルウと、 エリザベートのヴィンデッシュ嬢の演技は、 DVDで拝見したことがあったので歌・ダンス・演技力の三拍子揃った逸材ということは把握していました。 そのため、生で拝見するのを楽しみにしていた女優さんです。 まず、遊園地のシーンでスーツにハイヒール、高そうなブランドバック姿。 歌えば高い歌唱力 でも喋れば、ちょっとやらしいプライドの高そうな嫌な女。 話し方まで嫌らしい笑 次は、宝塚レビューのシーン。 さすが元トップ。 ダンスのキレが凄まじい。 指先・細部まで神経がしっかり行き渡っている滑らかさ、そして顔と姿形の煌びやかさ、オーラが他の演者さんと比にならない程光り輝いていました。 あのシーンは、ゆきちゃんがいるから輝いて、締まって見えたのだと思いました。 そして、UFO目撃情報のリポーター役。 ボディコン・ミニスカ、トサカあたまに濃いメイク。 似合ってるめちゃくちゃバブルスタイル似合ってる。 リポーターらしい大袈裟な話し方と、自分を可愛く見せようとする角度のつけかた、秋田のマイペースなおばぁちゃんたちに明かにイラつく顔。 それでも、曲げない「自分可愛でしょ?」という表情と話し方と仕草。 ゆきちゃん!最高でした。 ここまで、コミカルな演技ができるなんて予想していませんでした。 ヴィンデッシュ嬢の気高いけれど狂っている姿、 ルウの強い信仰と意志と愛を持つ清らかな姿、 私が知っている中のゆきちゃんには、この演技はなかったので、上から目線ですが半端じゃない伸びしろを感じました。 主役ではなく、脇に欠かせない名ミュージカル女優になっていくんだろうな。 と願いも込めて思いました。 ミス・サイゴンのエレンも楽しみ!! 濱田めぐみ ミュージカル界の至宝。 演技力も歌唱力も申し分ないのに、喋ればやかましいおばちゃん。 今回の役は、悠介とカヨがアルバイトする喫茶店のちょっとお節介な奥さんの役です。 旦那様役は、福井晶一さん。 劇団四季時代に、アイーダのラダメスとアイーダを演じた伝説のコンビです。 (あと、昨年のレミゼでのバルジャンとファンティーヌ、コンビ。 また、宝塚のレビューのシーンでは、 花組元トップ娘役の横で堂々と歌って踊ってしていました。 ゆきちゃんの輝きとダンスには到底敵いませんが、50歳手前だとは思えない華麗なダンスを見せてくれました。 濱めぐさんは、歌も演技も素晴らしいけれど何よりも、 舞台が好き。 ミュージカルが好き。 お芝居が好き。 というのがどの作品を見ていても感じられ、 どの作品でも、どの演者さんよりも全力投球なのが見れるので、大好きです。 あと、芳雄との福岡コンビ軽快トークも大好き。 上原理生 2011年のアンジョルラスの、歌声と存在感に圧倒された方。 その後も革命家てきな血気盛んな役どころが多かったけれど、 今回は悠介の恩師の音楽家先生と宇宙人。 音楽家先生の役は、モジャモジャヘアにモジャモジャ髭。 芸術家らしく少しえらそうなかんじだけれども、悠介の才能を認め、信じ、助けてくれる方。 一方の宇宙人は、ボス的な存在。 宇宙人服なので、手足の長さとスタイルの良さがよくわかりとても似合っていました。 深い厚みのある歌声を発揮できる場面は数えるくらいしかなかったけれど、 地球に降り立った宇宙人仲間に?部下?に指示を出す際の声に深みと厚みがあり、 地声からして良い声なのね!と今更発見できました。 おまけ。。 明日海りお 出演者さんではありません。 お客さんです。 10列目ほどの席に着席していくなか、その中の1人の方が3列目まで進んで行きました。 すらっとしていて綺麗な人だぁ・・・。 とぼんやり見ていたのですが、 見覚えがある…。 「!??明日海さん!!」 他の方も気付いてガヤガヤ。 私の、隣の方もオペラグラスで確認し「みりおさんですね。 周りのガヤガヤもあまり気にされず、先に着席されていた組子さんと話しながらゆっくり着席。 着席後も楽しそうに談笑。 開演直前で私は、軽くパニック。 ずっと憧れていた方にプライベートで会えるなんて…。 後頭部しか、もはや見えなくても、頭の小ささ、髪の艶々さ、なんといってもオーラは一般人ではなく、THE TOP OF TOP でした。 黒いセーターに大きいネックレスにパンツスタイル。 足長い。 カッコ良い! 黒縁メガネをかけていましたが、美しい。 スタンディングオベーションもして、終演までしっかりおり、 みりおさん見たさ、撮りたさに狭い出口が更に狭くなっても、 嫌な顔もせず並んでゆっくりと歩き、 出口へときえていきました。 いつかまた遭遇したいです笑 さいごに 宇宙人まで絡んでくる!と聞くと、 ものすごく壮大な作品!? と、はじめは私も思いましたが、ありふれた日常や、今隣にいてくれる人をもっと大切にしたいと思え、そして、愛おしいく思えるようになる作品です。 また、 「諦めることは誰にだってできる」じゃぁ私には何が出来る? 微笑みを絶やさず、夢を持ってこれからも腐らず歩んで行こう! そんな大切なことに気付かされ、考えさせられた作品でもあります。 またぜひ近いうちに再演してほしいです。 このミュージカルは音源化されているので、気になる方は是非手にとってみてください。 1月17日の公演に撮影が入っていたようなので、もしかしたら映像化されるのかもしれないですね!速報を待ちましょう! よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします。

次の