君 の 名前 で 僕 を 呼ん で あらすじ。 【ネタバレ解説】『君の名前で僕を呼んで』忍れど 死のブレード乱れ 苦き淡チェ・ブンブンのティーマ

映画『君の名前で僕を呼んで』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

君 の 名前 で 僕 を 呼ん で あらすじ

解説とあらすじ・スタッフとキャスト 解説 : 数々のメディアから絶賛されたアンドレ・アシマンの同名小説を映画化。 1983 年の夏。 両親と一緒に北イタリアのヴィラで過ごしていた 17 歳のエリオは、大学教授の父の研究を手伝う大学院生、オリヴァーと出会う。 やがて 2 人は惹かれ合うようになるが ……。 主演のティモシー・シャラメ(「インターステラー」)は、数々の映画賞を受賞し、本作で一躍注目の存在に。 共演のアーミー・ハマー(「コードネーム U. 」)もゴールデン・グローブ賞候補になるなど、高い評価を受けた。 メガホンを取ったのは、「胸騒ぎのシチリア」のルカ・グァダニーノ。 「眺めのいい部屋」のジェームズ・アイヴォリーが脚本を執筆している。 ( KINENOTE ) あらすじ :1983 年の夏。 17 歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は、例年のように両親と一緒に北イタリアを訪れ、母が相続した歴史あるヴィラで過ごしていた。 父パールマン(マイケル・スタールバーグ)は、アメリカで教鞭を取るギリシア=ローマの美術史学専門の大学教授で、母のアネラ(アミラ・カサール)は翻訳家。 自然に恵まれた環境の中で、エリオに高い教養に身に付けさせたいという両親の考えにより、クラシック音楽を編曲したり、ピアノやギターを演奏したり、読書をしたり ……。 その一方で、時には夜遊びをしたり、近くに住むフランス人のマルシア(エステール・ガレル)とふざけ合ったりするのが、エリオの夏の過ごし方だった。 そんな彼の前に、アメリカからやってきた 24 歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)が現れる。 エリオの父は毎年、研究を手伝ってくれるインターンをヴィラに連れてくるのだが、オリヴァーはそのインターンだった。 エリオの隣の部屋に泊まることになったオリヴァーは、これまでのインターンよりも知的で、振る舞いも自信に溢れているように見えた。 そしてある日、マルシアやキアラ(ヴィクトワール・デュボワ)らと共にバレーボールをしている最中、冗談半分のようにオリヴァーがエリオの裸の肩に触れる。 これを機に、互いの存在を意識するようになる 2 人。 時に意地悪をしたかと思えば、互いに気を引こうとしてキアラやマルシアを誘ってみたり ……。 エリオとオリヴァーの間には、まるで不思議な磁石があるように、引きつけ合ったり、反発したりを繰り返した。 そして、ある王女に熱烈な恋をした騎士の物語をアネラが読んでくれたことをきっかけに、ついにエリオはオリヴァーに自分の想いを打ち明ける。 オリヴァーも同じ気持ちを抱いていた。 まばゆい夏の光の中で、激しく恋に落ちる 2 人。 しかし、夏の終わりと共に、オリヴァーの去る日が近づいていた ……。 いいねぇ。 知識人の両親から教育を受けているので、彼には芸術的な素養があり、楽器も扱える。 そんな彼が、多感な青春時代を過ごしていたら、ギリシア彫刻みたいなアメリカ人の登場によってホモセクシャルな性愛を体験することに。 中盤以降のエリオとオリヴァーのネチョネチョシーンは正直、キモイ。 もう少し短い尺でやってもらいたいと思った。 それでも、やっぱりもう少し短くてもよかったのでは。 それは、俺が同性愛者ではないからそう思うのかも知らん。 個人的には、男同士の友情の中にも、ああした情愛を孕んでいる可能性があることは否定しない。 それでも、実際に体験したいとは思わないし、できればそういうシーンは女性同士の絡みで観たいと思う人間なので、やっぱり中盤以降のシーンはきつかった。 この映画においての個人的好感度の高いポイントは、先にも述べた、エリオの親父が少し長めに自己の想いを述べるラスト近くのシーンだ。 あの言は、親父自身が同性愛者であり、それを体験したエリオを羨望の想いも込めて肯定しつつ、同性愛者に対してだけでなく、すべての人間を肯定するような内容であったように思う。 ある程度の人生経験を経た人間が、若者に対して何かを言っているシーンに思える。 少なくとも俺はそういうように理解した。 だから、この映画はできるだけ若い人たちが鑑賞しておくと、より感銘を受ける内容だったのではないかと。 俺が中年だから何も得るものがなかったとか言いたいのではない。 ただ、若さがあるうちに、世間の常識なんぞとは関係ない場で、自身が存在するからこそ得られる様々なことを享受できたほうが、人生面白いだろうなと思う。 そしてそれを享受する年代は、若ければ若いほどいいーーということを言いたいだけだ。 本作のエリオの親父は自分が同性愛者であることを息子に告白していて、それを踏まえてのああいう言葉であったけども、そんな狭い解釈で理解するにはもったいないくらいに、万人に通じることをあの親父は言っていると思った。 貴族的生活ができるってそういうことでもあるんだな。 つまり、余裕があるんだ。 だから、自分のことだけでなく、他人のことも考えられる。

次の

『君の名前で僕を呼んで』続編映画、主人公エリオの涙で始まる ─ 監督が冒頭の構想明かす

君 の 名前 で 僕 を 呼ん で あらすじ

あらすじ1983年、夏。 家族とともに北イタリアの避暑地にやって来た17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。 一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリヴァーに特別な思いを抱くようになっていくが、夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてきて…。 ネタバレなし感想 ゲイ・ロマンスの話ではないNHKが頑なに「大型連休」と呼ぶゴールデンウィークも終わり(元は映画業界の用語だからというのが理由)、きっと大作映画を鑑賞した人も多いはず。 いや、そう信じています。 この時期は、映画配給会社もお祭り映画的な大作や人気アニメの劇場版をドシバシ投入していますから、映画館が賑やかでいいですね。 しかし、そんな大作の影に隠れながらも、目立たないけど素晴らしい個性を放って輝く秀作だってあります!ということは声を大にして伝えたい。 そんな映画の今年の代表作が間違いなく本作 『君の名前で僕を呼んで』でしょう。 米アカデミー賞で4部門にノミネートし、脚色賞を受賞したことでも映画ファンからの事前の注目は高いですし、名だたる映画監督たちが次々と絶賛コメントを贈るのを見て、当然のように必見リストに私も加えました。 でも、大半の映画を頻繁に観ない層は手を伸ばせないタイプの作品です。 その理由のひとつは、 17歳と24歳の青年同士の恋を描く、いわばLGBTの映画と紹介されているからではないでしょうか。 確かに本作の原作小説は、ラムダ賞(Lambda Literary Award)と呼ばれるLGBTを題材にした文学作品に贈られる賞で、2007年に「Gay Fiction」の賞に輝いています(この賞は1988年から存在し、「Gay Erotica」「Gay Mystery」「Gay Poetry」「Gay Romance」、もちろんレズビアンも、とにかく部門が数多く設定されているのが特徴)。 ただ、これに関してひとつ注釈をいれておくならば、 別に本作はゲイやバイセクシャルを描いた作品ではないということ。 この点に関しては製作陣も慎重に扱っており、「ゲイ・ロマンスの話ではない」と明言もしています。 実際は、溢れんばかりの性的欲求に目覚めていき、そのエネルギーをどこに向けていいかわからずに困惑する少年の話です。 セクシュアリティはとくに問題ではありません。 つまるところ、誰でも共感できる内容になっているので安心してください。 私はこの人の作品は 『ミラノ、愛に生きる』(2009年)と 『胸騒ぎのシチリア』(2015年)の最近の2作しか観たことがなくて、あまり作家性を語れるほど詳しくもないのですが。 でも、この2作だけも非常にクセのある映画を撮る人だなということはわかります。 『ミラノ、愛に生きる』なんてあのクエンティン・タランティーノが絶賛しているのですからね。 それだけでどれほどの個性派なのかは察しがつく人はつくはず。 前2作と比べて本作は かなりわかりやすいタッチになっていると思いますし、見やすいでしょう。 逆に本作を気に入って前2作も観てみようと手を出すと「なんだこれ」状態に陥るかもしれません。 あれのせいで、本作も17歳と24歳だから大丈夫なの?と思ってしまう人もいるかもしれないですが、イタリアの法的には何も問題ないです(そもそも本作は強制わいせつじゃないですけど)。 話を戻して映画ですが、非常に濃厚な130分の中でたくさんの映像が押し込められており、意外に情報量が多い印象でした。 前2作に続き、音楽が効果的に使われており、監督の音楽へのこだわりを感じます。 主人公のエリオがトーキング・ヘッズのTシャツを着ていたり、探せばいくらでもでてきそうです。 なんてことはないヨーロッパの一部階級特有のバカンスの光景の中で繰り広げられる情事を、独自の切り口で見せられると、この物語には愛や欲を描く以上の何か意味があるのではと勘繰りたくなりますが、どうやらそんなことはないようで。 監督はインタビューでこんなことを言っていました。 私は作品に対してもっと直感的なアプローチを取っています。 つまり、自分にとってしっくりくることを映像化しようと努めているのです」要するにあまりメタファーを映像に込めるようなメッセージ性の強いスタイルではなく、感情直球型の作品づくり。 もっといえば、 本作はいわゆるヌーヴェルヴァーグに続く監督の映画愛がたっぷり込められた作品になっています。 ジャン・ルノワールに始まり、ベルナルド・ベルトルッチ、モーリス・ピアラ、エリック・ロメール、ジャック・リヴェット…こうした歴史に名を残す映画人の創作物のエッセンスが散りばめられているわけです。 なので、これら系譜の映画作品を知っていればいるほど深く楽しめるのは間違いないでしょう。 なんと89歳! 映画監督として多大なキャリアを歩んできた人ですが、ここまで現代の世相にドンピシャな物語を作れるというのは、やはり年齢なんてハンデにならないことを実感しますね。 本作は序盤から中盤にかけては地味で、なんだかイマイチよくわからないエリオとオリヴァーの関係性を見せられるだけ。 この時点だとLGBT映画だという前情報がないと、何を見せられているのだろうと思いかねないです。 そして、二人の付き合いはひと夏で終わり、季節の変わりとともに離れてしまうのですが、これでオチにしてもよいところ、本作は もう一段階のネタが用意されています。 それはエリオの父の告白。 実は父もまたエリオと同じ側の人間だったということ。 つまり、物語上この父は 「メンター」の役割を果たしていたんですね。 そうやって考えて本作を振り返ってみると、父はエリオとオリヴァーをつなげようと密かに行動をとっていたようにも感じます。 でも、父はその自身の心情と過去を封印し、エリオの母と結婚した。 そして、まさにエリオの想い焦がれるオリヴァーもまた女性と結婚すると電話で報告を受ける。 この2つの事実は、エリオにどんな感情をもたらすのか。 それはラストの表情でじゅうぶん伝わったと思います。 本作は、父・オリヴァー・エリオと3世代の物語性を感じるものでしたし、そう思うと大学教授である父の専門が考古学なのも納得ですね。 なんとしてもエリオには新しい世代として、これまでの世代が成し遂げなかった新しい歴史を切り開いてほしいものですけど…。 エリオを演じたこの22歳の天才俳優。 めちゃくちゃ良いじゃないか…。 劇中の一挙手一投足が全てキュート。 ベッドでジタバタするのは完全に乙女。 本作ではセックスシーンは直接的には描かれていませんが、ハッキリ言って 例のアプリコット・シーン(英語では 「Peach Scene」と呼ばれていて、それで検索するとでてくる)は、セックス以上にエロかったです。 ちなみに、なんかの海外の監督へのインタビューで、あの行為は監督が実際にやったことがあるみたいなことを言っていた気がするけど、見間違いかな…。 当ブログでは、このような行為を推奨するものではなく、安全を保障しません(謎の注意文)。 なんとあの「決してひとりでは見ないでください」でおなじみのイタリアのホラー映画『サスペリア』のリメイクだというじゃないですか。 全然どうなるか想像できないけど、なんか面白そうなことをやってくれそうな気がする。

次の

君の名前で僕を呼んでのあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

君 の 名前 で 僕 を 呼ん で あらすじ

あらすじ 83年、夏。 家族に連れられて北イタリアの避暑地にやって来た17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリバーと出会う。 一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリバーに特別な思いを抱くようになっていく。 ふたりはやがて激しい恋に落ちるが、夏の終わりとともにオリバーが去る日が近づいてきて……。 引用元:映画. com ネタバレをラスト・結末まで Sponsored Link 1983年、夏のイタリア。 バカンスシーズンの別荘地に、17歳のエリオは家族と共にやってきました。 父は考古学を大学で教える教授で、母はドイツ語も話せる知的な美人。 この家族、なんともインテリで会話も上品で、エリオも本を読んだりピアノやギターを弾いたりと知性にあふれています。 そこへ父がアシスタントとして招待したオリバーというアメリカ人の青年がやってきます。 博士課程の学生で知的だけど自由奔放、周りの女性たちの注目を集めるセクシーな美しさがありながら気取らずに皆から好かれています。 でも、エリオは彼の態度が気に入らず、家族の前で彼の真似をしてみせて嫌味を言ったりと失礼な態度を取ります。 両親には仲良くするようにとたしなめられますがそれもまた気に入りません。 このあたりはよくいる普通の17歳の少年です。 だけど、エリオはそんなオリバーが何かと気になります。 ダンスパーティーでオリバーが女性とくっついて踊っていたりキスしたりすると、胸がざわつきます。 Call Me by Your Name う、美しい!映像もだし、俳優もだし、ラブストーリーも、全て! 少なくとももう1回は見なくては!てかNYならギリまだ1館やってるかも。 映画館で見ないとな。 会話の中でエリオは自分の気持ちを吐き出してしまいますが、オリバーに止められます。 でもやはり止められず、休んでいた河原で2人はキスしてしまいます。 オリバーはエリオに落ち着くように言い、その後2人は距離を置いて過ごします。 エリオにはガールフレンドがいました。 オリバーへの気持ちをぶつけるように彼女と寝ますが気持ちのモヤモヤは晴れません。 エリオはオリバーに気持ちを伝えるメモを残しました。 翌日、オリバーから「大人になれ。 深夜に会おう」という返事がありました。 その日は別荘にゲイの友人のカップルが訪ねてきますがエリオは彼らが苦手です。 なんとか失礼にならないよう応対して部屋に戻ります。 幸せそうなカップルが賑やかに帰っていくのをバルコニーからオリバーと2人で見ていると2人の手が触れ合いました。 そして2人は結ばれます。 「君の名前で僕を呼んで。 僕は僕の名前で君を呼ぶから」 翌日、2人の間に気まずい空気が流れます。 オリバーは一人で出かけますが、エリオのことが気になっています。 そこへエリオがやってきて2人は気持ちを確認し、別荘に滞在する間は2人で出かけたり満ちたりた時間を過ごします。 オリバーがイタリア滞在の終わりに遠方に行く時はエリオも同行し、山を登ったりお互いに自分の名前で相手を呼んだり、バカ騒ぎをしたり… でも別れの時が来ました。 駅のホームで2人は抱擁しますが言葉はありません。 And if I should hear that you died, my life as I know it, the me who is speaking with you now, will cease to exist. 駅まで迎えに来た母親の車の中で、エリオは涙を流しますが母親は黙ったまま優しく頭を撫でます。 落ち込んでいるエリオにガールフレンドが話しかけます。 彼女はエリオが自分に気持ちがないことに気づいていました。 「友達でいましょう、一生」と言い2人は友情の抱擁をします。 夜、悲しそうなエリオに父が言葉をかけます。 「2人の友情は素晴らしい。 友情以上かもしれない」 2人の関係にきづいていた父は、優しく話しました。 父は昔同じような経験があったようだけれど、自分の気持ちを押し殺していました。 でも、エリオにはその気持ちを恥じずにいて欲しいようです。 冬になり、ハヌカの日にオリバーから連絡があります。 オリバーには2年間交際している恋人がいました。 彼女と婚約したと告げ、エリオは悲しみますがお互い自分の名前で呼び合います。 両親はおめでとう、と言いますがエリオの気持ちを知る2人はそっとエリオを見守ります。 エリオは悲しみにくれながらオリバーを想い、暖炉の火にあたりながらそっと涙を流します。 『君の名前で僕を呼んで』の感想 全体の雰囲気ですが、予告の通りです。 予告を見て「この映画好きかも」と思った方はきっと好きになれる映画だと思います。 あの映像のままの夏の出来事が綴られていきます。 逆に、予告を見て「淡々としている」と思った方はその通り。 大きな展開やどんでん返しはないので、そういうのを期待している方は楽しめないかもしれません。 あらすじに書いてある通り、お坊ちゃんのエリオと魅力的な大人のオリバーの一夏の恋が、美しいイタリアの風景と共に描かれている映画です。 そう言ってしまえばどこにでもあるラブ・ストーリーです。 でも、ここまで評価が高いのは、エリオを演じたティモシー・シャラメの演技がよかったからだと思います。 はじめはオリバーを快く思わなかったのに、それだけに引っ掛かりが多く徐々に惹かれていってしまう。 その様子がすごく繊細に演じられていて、本作の一番の見どころでした。 風景、季節、人物全てが綺麗なのは予告を見ただけでわかる。 原作買おうかな? — 光 queergeekueer 特に、オリバーと結ばれてからのエリオが「この恋愛はいけないんだ」と思ってオリバーに「迷惑かけないから」というところは健気で胸を打たれました。 オリバーはオリバーで、エリオと恋愛関係になってからはそれまでの奔放さは落ち着いて、エリオに嫌われているのではないかと距離を取ったりして慎重になっています。 2人のそういう様子がすごく丁寧に描かれていました。 それから、登場人物がみんないい人。 設定になっている1983年はまだ同性愛者への差別や偏見があったと思います。 それでもエリオの両親は理解をもって2人を見守っていたり、失恋したエリオにかける言葉もすごく深い。 エリオのガールフレンドだった女の子も、傷つきながらもちゃんと友情を失わずにいたりとすごく思いやりがある。 そういったところも、エリオとオリバーの恋愛を際立たせていたと思います。 それから、『ブロークバック・マウンテン』と被るシーンもありました。 オリバーのイタリア滞在の最後に2人で旅行する場面、2人は山を登ります。 そこでお互いを自分の名前で呼び合うところ。 なんだかダブって見えました。 原作ではその後の2人も描かれているそうです。 結婚後のオリバーと再会するようですが、そこもまた『ブロークバック・マウンテン』を彷彿させますね。 ちなみに映画の続編は、原作に合わせて主演の2人がちゃんと年を重ねてから撮るのだそうですよ。 数年後のようですから、またそろそろ撮影が始まるのかもしれませんね。

次の