魚 へん の 漢字 クイズ。 【難読漢字】魚へんと魚介類の読み方まとめと問題

魚へんの漢字クイズ!魚へんに「冬」と書いて?など15問!

魚 へん の 漢字 クイズ

魚へんの漢字はクイズができるほど多い?【初級】 魚へんが付く漢字は、ほとんどが海の生き物というイメージがありますよね。 確かに海の生き物が多いのですが、もしかしたら海の生き物でないものも出てくるかもしれません。 パソコンで漢字変換をすると出てくるのですが次のように書きます。 鮪 これくらい簡単ですよね。 ちなみに魚へんに「冬」と書くと「このしろ」になります(鮗)。 骨が結構多い魚ですので、南蛮漬けなどでおいしく食べれますね。 鯖 これもどこかで見た事がある漢字だと思います。 ちなみに魚へんに「参」と書いて「アジ」と読みます(鯵)。 塩焼きなどには最適ですね。 魚へんの横に「春」でサワラになるんですね。 ちなみに魚へんに「夏」と書くと・・・そんな漢字はありません。 魚へんに「春でサワラ」「夏なし」「秋でカジカ」「冬でコノシロ」です。 どうして夏だけないのでしょうか・・・不思議ですね。 鯨はよく漢字が使われているのでそこまで難しくないと思います。 魚へんの横に「京」と書くだけで出来上がります。 もしかすると昔は京(都)にいた人しか食べられなかったかもですね。 鯨 ちなみに魚へんに「豊」と書いて「ハモ」と読みます。 魚へんの横に「里」を書くと鯉という漢字になります。 よく知っている人も多いと思います。 鯉 どうでしょう?ここまで簡単だったと思います。 他にも出そうとした問題には 魚へんに虎で鯱(シャチ)、魚へんに念で鯰(なまず)、鯛(タイ)、鮭(サケ)がありました。 それではここまで初級編でしたので次は少し難しくしてみましょう。 魚へんの漢字はクイズができるほど多い?【中級】 ここからは少し難しい漢字を出してみます。 読めそうで読めない魚へんの漢字があると思いますよ。 子供も大好きな 「すし」と読みます。 ちなみに魚へんに雪で「タラ」と読みます。 いわしを漢字で書くことはあまり多くないと思います。 いわしは海の中では 力が弱いので、群れで行動しているんですね。 鰯 魚へんに弱いと書いて「いわし」でした。 つまり蝶のように、もしくは 葉っぱのようにという事で 鰈(かれい) と書きます。 あー知ってるけど読めないという人も多いでしょう。 たこ(蛸)でした。 ちなみに 「烏賊」は「 いか」です。 魚へんの横に「花」と書いて何と読みますか? 冬に食べておいしいのは「ほっけ」です。 ちなみにパソコンでは出ても表示されません。 魚へんの漢字はクイズができるほど多い?【上級】 ここからはほぼ読める人が少ないであろう漢字を出していきます。 難しいのでヒントも出していきますので考えてみましょう。 魚へん漢字クイズ(11)「魵」と書いて何と読む?海の老人です。 海の老人と言えば 「海老」ですよね。 正式には 「魵」ですが常用漢字として「海老」が使われています。 なぜ海の老人?と思う方もいると思いますが、腰が曲がっているでしょう? 魚へん漢字クイズ(12)魚へんに「秋」と書いて? 魚へんに「秋」と書くと「かじか」と読みます。 秋の季節になると出てくる魚ですね。 鰍(かじか)です。 魚へん漢字クイズ(13)鯣を何と読みますか?正月には必ず! 魚へんに易しいと書いて「するめ」になります。 鯣(するめ) どうして易しいのか? これは占うという意味で「易」が使われています。 正月にするめを食べる習慣もここからきているようですね。 リンク クイズ(14)「蛤」と「魚へんの横に吉と書く漢字」は読み方同じ これはパソコンでは登録されていませんでした。 魚へんの横に「吉」と書いてみてください。 すると「蛤」(はまぐり)という漢字になります。 常用漢字が使われることが多いので「はまぐり」を漢字で書く人も少ないでしょう。 クイズ(15)鮐を何と読む?やっぱ下関 鮐 下関が有名と言えば「ふぐ」ですよね。 フグと読むのですが、今では「河豚」の方が多いでしょう。 まとめ ここまで魚へんの漢字にお付き合いいただきありがとうございました。 普段食べるものの中にも難しい漢字がありましたよね。 海豚(いるか)などの難しい漢字もありますが、また次の機会に勉強しましょうね。

次の

【高齢者の漢字クイズ】難易度を選べる魚へん漢字クイズ|ハートページナビ

魚 へん の 漢字 クイズ

春の季語です。 鰹(かつお)は干物にすると堅くなります。 そこから魚に堅で鰹の字になりました。 鱧(はも)は中国では雷魚のことを指します。 諸説ありますが、ハモは生命力が強く、豊かなことから、この漢字が当てられたと考えられています。 鮪(まぐろ)は鮪という漢字に有が使われていますが、有の字は広い範囲を囲むという意味があり、広い範囲を回遊する鮪の性質からこの字が使われたと言われています。 鯰(なまず)は念の字が使われていますが、この字には「ねばる」という意味があり、鯰の体がねばねばしてることから魚に念と書いてなまずと呼ぶようになったとされています。 鱈(たら)は 鰔、大口魚とも書きます。 鱈の魚肉は雪のように白いので、鱈という漢字が当てられたと言われています。 鱚(きす)は 鼠頭魚とも書きます。 喜の字が使われているのは、きすの「き」の音を持つからと考えられています。 鮃(ひらめ)は魚に平と書きますが、体が平たいことが由来と考えられています。 平目、比目魚とも書きます。 鰊(にしん)は柬の字が使われていますが、かつては東の字が使われていました。 柬には若いという意味があり小魚を指すのが由来という説があります。 ニシンを 鯡、春告魚と書くこともあります。 鱒(ます)には尊(の異体字)が使われていますが、この字は尊ぶ以外にも筒型の酒器を指すことがあります。 鮅とも書きます。

次の

魚へん漢字クイズ★問題

魚 へん の 漢字 クイズ

魚へんの漢字はクイズができるほど多い?【初級】 魚へんが付く漢字は、ほとんどが海の生き物というイメージがありますよね。 確かに海の生き物が多いのですが、もしかしたら海の生き物でないものも出てくるかもしれません。 パソコンで漢字変換をすると出てくるのですが次のように書きます。 鮪 これくらい簡単ですよね。 ちなみに魚へんに「冬」と書くと「このしろ」になります(鮗)。 骨が結構多い魚ですので、南蛮漬けなどでおいしく食べれますね。 鯖 これもどこかで見た事がある漢字だと思います。 ちなみに魚へんに「参」と書いて「アジ」と読みます(鯵)。 塩焼きなどには最適ですね。 魚へんの横に「春」でサワラになるんですね。 ちなみに魚へんに「夏」と書くと・・・そんな漢字はありません。 魚へんに「春でサワラ」「夏なし」「秋でカジカ」「冬でコノシロ」です。 どうして夏だけないのでしょうか・・・不思議ですね。 鯨はよく漢字が使われているのでそこまで難しくないと思います。 魚へんの横に「京」と書くだけで出来上がります。 もしかすると昔は京(都)にいた人しか食べられなかったかもですね。 鯨 ちなみに魚へんに「豊」と書いて「ハモ」と読みます。 魚へんの横に「里」を書くと鯉という漢字になります。 よく知っている人も多いと思います。 鯉 どうでしょう?ここまで簡単だったと思います。 他にも出そうとした問題には 魚へんに虎で鯱(シャチ)、魚へんに念で鯰(なまず)、鯛(タイ)、鮭(サケ)がありました。 それではここまで初級編でしたので次は少し難しくしてみましょう。 魚へんの漢字はクイズができるほど多い?【中級】 ここからは少し難しい漢字を出してみます。 読めそうで読めない魚へんの漢字があると思いますよ。 子供も大好きな 「すし」と読みます。 ちなみに魚へんに雪で「タラ」と読みます。 いわしを漢字で書くことはあまり多くないと思います。 いわしは海の中では 力が弱いので、群れで行動しているんですね。 鰯 魚へんに弱いと書いて「いわし」でした。 つまり蝶のように、もしくは 葉っぱのようにという事で 鰈(かれい) と書きます。 あー知ってるけど読めないという人も多いでしょう。 たこ(蛸)でした。 ちなみに 「烏賊」は「 いか」です。 魚へんの横に「花」と書いて何と読みますか? 冬に食べておいしいのは「ほっけ」です。 ちなみにパソコンでは出ても表示されません。 魚へんの漢字はクイズができるほど多い?【上級】 ここからはほぼ読める人が少ないであろう漢字を出していきます。 難しいのでヒントも出していきますので考えてみましょう。 魚へん漢字クイズ(11)「魵」と書いて何と読む?海の老人です。 海の老人と言えば 「海老」ですよね。 正式には 「魵」ですが常用漢字として「海老」が使われています。 なぜ海の老人?と思う方もいると思いますが、腰が曲がっているでしょう? 魚へん漢字クイズ(12)魚へんに「秋」と書いて? 魚へんに「秋」と書くと「かじか」と読みます。 秋の季節になると出てくる魚ですね。 鰍(かじか)です。 魚へん漢字クイズ(13)鯣を何と読みますか?正月には必ず! 魚へんに易しいと書いて「するめ」になります。 鯣(するめ) どうして易しいのか? これは占うという意味で「易」が使われています。 正月にするめを食べる習慣もここからきているようですね。 リンク クイズ(14)「蛤」と「魚へんの横に吉と書く漢字」は読み方同じ これはパソコンでは登録されていませんでした。 魚へんの横に「吉」と書いてみてください。 すると「蛤」(はまぐり)という漢字になります。 常用漢字が使われることが多いので「はまぐり」を漢字で書く人も少ないでしょう。 クイズ(15)鮐を何と読む?やっぱ下関 鮐 下関が有名と言えば「ふぐ」ですよね。 フグと読むのですが、今では「河豚」の方が多いでしょう。 まとめ ここまで魚へんの漢字にお付き合いいただきありがとうございました。 普段食べるものの中にも難しい漢字がありましたよね。 海豚(いるか)などの難しい漢字もありますが、また次の機会に勉強しましょうね。

次の